【ハンターハンター】ネフェルピトーの強さと念能力は?最後やアニメ声優は?

『ハンターハンター』のネフェルピトーは強さと念能力などが注目されている人気キャラクターです。壮絶な最後を迎えるネフェルピトーはアニメ化された際の声優などにも注目が集まっています。ファンに強烈な印象を残したキャラクターなので、ネット上でも高い人気を誇っています。今回は『ハンターハンター』の人気キャラクター『ネフェルピトー』の強さと念能力、名言、他のキャラクターとの関係、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

【ハンターハンター】ネフェルピトーの強さと念能力は?最後やアニメ声優は?のイメージ

目次

  1. ネフェルピトーが登場!ハンターハンターとは?
  2. ネフェルピトーの強さ
  3. ネフェルピトーの念能力
  4. ネフェルピトーの最後
  5. ネフェルピトーの声優
  6. ネフェルピトーと他キャラの関係
  7. ネフェルピトーの名言
  8. ネフェルピトーに関する感想や評価
  9. ネフェルピトーの強さと念能力まとめ

ネフェルピトーが登場!ハンターハンターとは?

『ハンターハンター』に登場するネフェルピトーは「キメラアント編」で圧倒的な存在感を見せるキャラクターであり、ネフェルピトーの強さや個性は多くのファンに衝撃を与えました。衝撃的な展開が連続の『キメラアント編』の中でも注目の存在となっています。ここではネフェルピトーが登場する『ハンターハンター』の基本情報やネフェルピトーのプロフールなどを見ていきましょう。

ハンターハンターの作品情報

『ハンターハンター』は7200万部を突破しているメガヒット漫画であり、テレビアニメ化はもちろん劇場版アニメやゲーム、OVA(オリジナルビデオアニメーション)なども制作されている人気コンテンツとなっています。『幽遊白書』で知られる漫画家・冨樫義博が描いた作品であり、緻密な伏線や衝撃的な展開の連続、念能力によるバトル、長期休載など多くのことが話題になっている作品です。

ネフェルピトーのプロフィール

ネフェルピトーのプロフィールを見ていきましょう。キメラアントの王『メルエム』の直属護衛軍の一人であり、三人いる護衛兵の中で最初に産まれた軍団長でもあります。外見は猫型で生まれてすぐに念能力を手に入れます。通称は『ピトー』で、護衛兵の中では圧倒的な範囲に広げることができる円を使って侵入者の監視を担当しています。念能力の系統は『特質系』で、水見式では葉っぱが粉々になくなってしまいました。

かわいいけど強い

ネフェルピトーはかわいいけど強いと言われているキャラクターです。登場した当初は無邪気で残虐、カイトを殺して死体を愛でるなど読者に絶望感を与えるキャラクターでした。しかし、回を追うごとに人間味が増していき、最終的にはコムギを守るために身を挺してゴンに立ち向かうなど可愛く健気な姿で多くのファンを獲得しました。

可愛い見た目とは裏腹に圧倒的な強さを持っていて、ネテロやゼノですら最大限の警戒をするほどの実力者です。体のなまったネテロは『わしより強くねー』と言っており、作中でも最強クラスの強さと考えられています。可愛いのに強いという面が多くのファンを惹き付けており、『ハンターハンター』屈指の人気キャラクターとなりました。

性別は謎?

『ハンターハンター』には性別が不明なキャラクターが多く登場します。美少年として人気のクラピカやキルアの兄弟であるアルカやカルトなどはその例で、ネット上ではいまだに議論されている話題です。ネフェルピトーも登場した当初は中性的なキャラクターとして描かれていましたが、徐々に女性的な体型として描かれていきました。

アニメではこうした傾向が顕著であり、より女性的な体型で描かれています。ネフェルピトーの性別については言及がなく、ファンの間では女性、男性、中性の三つのタイプで議論側が分かれています。

ネフェルピトーの性格

ネフェルピトーの性格は『無邪気』というのがまず挙げられます。戦闘が好きで、念能力について積極的に調べてカイトのことを急襲しています。その後はカイトとの戦闘を『楽しかった』と無邪気に回想する姿や女王討伐に暗躍するネテロたちと闘いたいともだえる姿が描かれています。

さらに母性も持っている姿が描かれます。王からコムギを任されて、涙を流す姿もありました。ゴンに追い詰められて自身を傷つけてでもコムギを守りました。その姿にキルアは母親のようだと感じ、初登場した時よりは明らかに人間味の強い性格に変貌していました。

『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ネフェルピトーの強さ

ここではファンが最も注目しているネフェルピトーの強さについて見ていきましょう。ネフェルピトーは登場時はネテロよりも強いと言われ、カイトを殺すなど相当な怪物として描写されていました。実際には、成長したゴンに反撃する間も無く敗北してしまったために、本当の戦闘力は分からずじまいでした。そのためファンの間ではネフェルピトーの強さを考察する声は数多くあります。

強いが経験が足りないピトー

ネフェルピトーは強いが経験が足りないという意見もあります。ピトーはすでに成人のように見えますが、実はまだ生まれたばかりです。カイトとやった時は生まれてから数日から数週間、ゴンとやった時点でせいぜい数ヶ月となっており強いが経験は圧倒的に足りないことは明白です。百戦錬磨のプロハンターと闘うとこうした経験の差が大きく出ると指摘されています。

ヒソカに勝てない?

『ハンターハンター』屈指の人気キャラクター『ヒソカ』は多くのキャラクターと比較されており、強さの基準ともなっています。これまでヒソカは過小評価される傾向にありましたが、クロロとの対決で評価は一変しています。さらに作者である冨樫義博は護衛軍の軍団長クラスではヒソカやイルミに及ばないという公式見解をインタビューで述べています。そのためインターネットではヒソカに勝てないというのが定説となっています。

強さ①王直属護衛軍として最初に誕生

ネフェルピトーの強さ①は『王直属護衛軍として最初に誕生』です。ネフェルピトーは護衛軍の中で最も早く生まれています。護衛軍のリーダーはプフのように思えますが、最初に生まれたのはネフェルピトーです。そのためネフェルピトーは誰よりも早く能力を手に入れ、念能力の知識もいち早く手に入れています。王直属護衛軍として最初に誕生というアドバンテージはかなり大きいと考えられます。

王にも念を指南しようとするなど、念に関しての知識はかなりのものとなっています。護衛軍の中で最初に生まれた事には意味があると考えられており、円を広範囲に広げられるほどの監視能力の高さが買われてのことだったとも考えられています。

強さ②脳から情報を得る

ネフェルピトーの強さ②は『脳から情報を得る』です。キメラアントは念についてはほとんど知識を持っておらず、念についての情報を手に入れる方法にも苦労していました。しかしネフェルピトーはプロハンターであるぽっくるの脳を直接いじり、強制的に情報を吐かせるという残虐な方法で脳から念能力についての情報を獲得しました。このやり方は、この方法を察知したノヴが恐怖で心が折れるほど残虐な方法でした。

強さ③独特の存在感

ネフェルピトーの強さ③は『独特の存在感』です。ネフェルピトーは圧倒的な存在感を見せていますが、その正体は禍々しいオーラにあります。この凶悪なオーラはキルア曰く、ヒソカよりもイルミよりも禍々しいとされています。ノヴはネフェルピトーのオーラを感じただけで、心が折れてしまいました。カイトもネフェルピトーを一目見ただけで、身の危険を感じたほどの存在感を持っています。

強さ④ピトーの方が強い?ネテロとの戦い

ネフェルピトーの強さ④は『ピトーの方が強い?ネテロとの戦い』です。ネテロはネフェルピトーを見て『わしより強い』と語りました。この時、ネテロはカラダがなまっていたためにこう言った発言をしていますが、実際に対峙した時にはネフェルピトーが攻撃する間も無く吹き飛ばされてしまいました。ピトーの方が強いと言われてしまいますが、実際にはピトーは万全の体調のネテロには勝てないと考えられています。

強さ⑤作中でトップレベル

ネフェルピトーの強さ⑤は『作中でトップレベル』です。ネフェルピトーの強さが作中でトップクラスであることは間違いありません。しかし最強クラスの念の使い手かというとそうではありません。ジン・フリークスやクロロ、メルエムと言った使い手の方が上だというのが定説です。しかし、キルアやゴンと比べれば、その強さは圧倒的なものとなっています。

Thumbハンターハンターのキャラ・登場人物一覧!最強の念能力と強さランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーの念能力

ここではネフェルピトーの念能力について見ていきましょう。ネフェルピトーは生まれてすぐに念能力を持つキメラアントに触れただけで念を発現させました。そして、ゴンたちと同期のプロハンターであるポックルから念に関する能力を聞き出すと、あっという間に念を習得します。水見式ではネフェルピトーは特質系であり、『ヒソカよりもイルミよりも禍々しいオーラ』を放っています。

操作系寄りの特質系

特質系の系統のピトーですが、能力は操作系寄りのものが多く、ピトーは操作系寄りの特質系能力者と見なされています。実際にピトーの体を修復する能力は特質系ですが、その他の能力は死体を操作したり、自身を操作するなど操作系寄りの能力を使用します。

念能力①黒子夢想(テレプシコーラ)

操作系寄りの特質系 ・念能力①は『黒子夢想(テレプシコーラ)』です。ピトーが戦う時に使用する戦闘用の能力であり、自らを操作して強制的に身体能力をあげる技となっています。またカイトの死体を一定の条件下で操作する能力も『黒子夢想(テレプシコーラ)』の能力のひとつと考えられています。

死後強くなる念

ネフェルピトーの『黒子夢想(テレプシコーラ)』は死後強くなる念として発動します。『制約と誓約』によって強くなったゴンに殺されたあとも、王を守るために念は発動し、死体となったピトーの体を操作しました。これは生前のピトーの王への思いが反映されており、キメラアントとしての本能が念に強く働いたモノと考えられています。

念能力②玩具修理者(ドクタープライス)

ネフェルピトーの念能力②は『玩具修理者(ドクタープライス)』です。ネフェルピトーの特質系の能力の真骨頂であり、カイトとの戦闘後にカイトを甦らせるために作った能力です。結果的には魂を復活させることはできなかったために、体を治癒する能力となりました。死亡していなければ基本的にはどんな怪我も直せると見られますが、『玩具修理者(ドクタープライス)』発動時には他の能力が一切使えないというリスクがあります。

Thumb【ハンターハンター】ピトーのかわいい画像まとめ!人気の理由と強さ・能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーの最後

ネフェルピトーの最後はかなり壮絶なモノとなっています。登場した当初は無敵で無慈悲、凶器に満ちていたピトーも徐々に人間味が増していきました。そして、討伐軍が突入したあとに思いもよらない展開がピトーを待っています。外への警戒を怠らなかったピトーですが、ネテロとゼノの突入を許してしまうばかりか、ネテロの攻撃によって王とは引き離され、王の大切な客人であるコムギに瀕死の重傷を負わされてしまいます。ここからはそこからのネフェルピトーの最後を見ていきましょう。

最後①心の変化?涙を流すピトー

ネフェルピトーの最後①は『心の変化?涙を流すピトー』です。コムギが瀕死になったことでネフェルピトーは王が暴走すると考えます。しかし、王は冷静でした。ピトーの治癒能力である『玩具修理者(ドクタープライス)』でコムギを直すように指示します。このときの王の揺るぎない自信とピトーへの絶対的な信頼に対してピトーは無意識に涙を流してしまいます。

カイトを殺したり、女王蟻を見捨てたりと無慈悲な怪物という印象を持たれていたピトーですが、王の前では涙を流すほどの忠誠心を見せました。王がコムギと関わり、心の変化を見せたように、ピトーにも変化があったとも考察できます。ピトーの流した涙は様々な受け取り方ができますが、プフやユピーも王に認められて涙を流しているため、キメラアントとしての本能が流した涙の可能性もあります。

最後②ゴンを怖れるピトー

ネフェルピトーの最後②は『ゴンを怖れるピトー』です。王の期待に応えるためになんとしてもコムギを直さなければいけないピトーの前に現れたのは、カイトを壊されて復讐に燃えるゴンでした。ピトーはゴンにコムギを直すまで待つように懇願します。そして、ゴンは直すまで待つといいますが、このときのゴンの揺るぎない覚悟に危機感を覚えます。

ゴンのすべてを見透かしたような言動に恐怖し、最後には『王のためにもゴンを殺さなければ』と覚悟を決めました。それほどまでにゴンの放つオーラや覚悟の強さは暗く強力なものだったのです。コムギの治療を最後まで終えるために、自らの体を傷つけたピトーでしたが、最後の最後でピトーはゴンとの一騎打ちを決めます。

最後③覚醒したゴンの攻撃で死亡

ネフェルピトーの最後③は『覚醒したゴンの攻撃で死亡』です。ネフェルピトーはコムギの治療を終えるとカイトの治療をすると言います。ゴンとピトーはカイトの体の元に向かいました。カイトを前にピトーはゴンに衝撃の事実を伝えました。『彼はもとには戻らない』。ピトーの能力は肉体を修理するだけで死んだ人間を生き返らすものではなかったのです。

絶望したゴンを前に、自らの傷を直すピトー。万全の状態で戦おうとした時、ゴンは『制約と誓約』を使い、ピトーを倒せるレベルにまで成長します。圧倒的なオーラの量と外見の変化にピトーは驚くも、王のために引くわけにはいきませんでした。覚醒したゴンはたったの二撃でピトーを瀕死に追い詰めます。

死に際に立たされたピトーが思うことは、『殺されるのが自分でよかった』ということでした。ピトーにとって優先すべきは王であり、ゴンの力を最後まで使い果たさせることができれば満足でした。ついに死亡したピトーでしたが、死後強くなる念によってゴンを攻撃し続けます。ゴンの最大級のジジャン拳を食らい、最後の力も使い果たし跡形もなくなったところでピトーは完全に死亡しました。

Thumbハンターハンターのキメラアント編の最後・結末は?ネタバレあらすじまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーの声優

ここではアニメ『ハンターハンター』でネフェルピトーの声を担当した藤村歩について見ていきましょう。アニメ『ハンターハンター』は声優も注目される作品で、様々なキャラクターたちの声優が話題になっています。『キメラアント編』は初のアニメ化という事もありネフェルピトーの声優もファンには注目されているので、ここでは藤村歩のプロフィールと出演作品をまとめていきましょう。

声優・藤村歩のプロフィール

ネフェルピトーの声優を担当した藤村歩(ふじむらあゆみ)は1982年9月3日生まれの37歳(2020年現在)の女性声優で、「賢プロダクション」に所属しています。東京都出身で専門学校『東京ミュージック&メディアアーツ尚美』を卒業し、『スクールデュオ』の5期生でもあり、声優としての基礎は確かなものとなっています。「ねえさま」、「あゆ姉」、「ふじゅ」という呼び名で親しまれています。

尊敬する声優として挙げているのは家弓家正と一城みゆ希であり、いずれも実力派の声優として長年活躍している人物となっています。アニメやゲームなどの声優として2006年から活動していた藤村歩ですが、2019年4月1日に無期限休業することが所属事務所から発表されました。賢プロダクションのサイトでは、「諸般の事情」としか伝えられないためにファンの間では動揺が広がっています。

声優・藤村歩の出演作品

藤村歩の出演作品を見ていきましょう。声優としてのデビュー作は2004年に発売されたPlayStation2用ゲームソフト『幻想水滸伝IV』であり、2006年には『あさっての方向。』の五百川からだ役でテレビアニメデビューを果たしています。その後はコンスタントにテレビアニメに出演し続け、2007年『風のスティグマ』の神凪綾乃役や『ハヤテのごとく!』の春風千桜などメインキャラクターを演じる機会も増えていきました。

2010年代に入るとメインキャラクターとして『聖痕のクェイサー』の織部まふゆ役や『イナズマイレブンGO』の影山輝役などシリーズ物への出演が増えていきます。また『キルラキル』の満艦飾又郎や『HUNTER×HUNTER』のネフェルピトー役など人気作品への出演も多く、近年の出演作に『ほしの島のにゃんこ』や『キラキラハッピー ひらけ!ここたま』などがあります。

Thumbキルラキルのアニメ声優を一覧で紹介!主人公・流子や四天王を担当したのは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーと他キャラの関係

読者のトラウマ?カイトの殺害

ここからはネフェルピトーと他キャラの関係について見ていきましょう。ネフェルピトーは王が産まれる前から登場しており、キメラアントの強さを印象づけるキャラクターであったことから他のキャラクターと比較する声も多く上がっています。特にカイトとの関係は注目されており、さまざまな考察が行われています。コムギとの関係はストーリーに直結する重要なものなのでコムギとの関係も見ていきます。

ネフェルピトーの他のキャラクターとの関係性で最も多く取り上げられるのはカイトとの関係です。ピトーはカイト殺害の張本人であり、カイトの殺害のシーンは読者のトラウマとして記憶されています。カイトは人気キャラクターであり、彼の死はピトーを語る上では欠かせないものとなっています。カイトの死は完全に読者の予想外であったため、カイトの死の連載当時はかなりの衝撃を与えました。

ピトーとカイトの関係

ピトーとカイトの関係はファンにも注目されている関係性です。ピトーにとっては初めての対戦相手であり、死亡したカイトのために『玩具修理者(ドクタープライス)』の能力を作り出すほど彼に入れ込んでいました。カイトにとっては殺されてしまった相手ですが、転生後のカイトはゴンにピトーを倒してくれたことのお礼を言っています。しかし、カイト自身はピトーを恨んでいることはなく、自分が弱かったと達観した考えを見せました。

カイトの強さについて

カイトの強さはファンの間でも意見が別れています。作中では中堅どころの強さであるというのが大多数の意見ですが、この中堅どころというのが誰に当たるのかは議論となっています。ナックルやシュートが中堅という声もあれば、モラウやノヴが中堅という声もありカイトの強さはかなり難しい問題となっています。戦闘向きの能力でもあるカイトはゴンとキルアがいなければ、ピトー相手でも殺されることはなかったとも言われています。

ナックルと同じくらい?

カイトの強さはナックルと同じくらいという声もありますが、これは多くのファンが否定しています。死後に転生することのできる能力というのは非常にレベルが高い能力であり、モラウやノヴなどと同等かそれ以上という意見の方が多くあります。ピトーに対しても片手を失っても善戦していた様子を見ていると、戦わずして戦意喪失したノヴよりは上という意見が圧倒的となっています。

メルエムへの忠誠心

ネフェルピトーは王『メルエム』のために生まれたキメラアントであり、メルエムへの忠誠心は他の何よりも優先されます。メルエムのためならば死んでもいいと考えており、メルエムのためにゴンに殺されても王が生きていることへ安堵するほど高い忠誠心を見せています。ネフェルピトーを含めた王直属護衛軍は王のためにのみ存在し、王のために死ぬことも厭わないキメラアントであることが死に際にも明らかになっています。

コムギとの関係

王『メルエム』が生きる理由とまで言ったコムギとの関係についても見ていきましょう。シャウアプフはメルエムにとって悪影響与える存在だとみなし、たびたびコムギの暗殺を実行しようとしていました。しかし、ネフェルピトーはコムギには警戒心を抱くことはなく、王の命令に従ってコムギを命がけで守り抜きました。そしてゴンとの交渉の結果、見事にコムギを守り抜くことに成功したのです。

Thumbハンターハンターのコムギの最後・死因は?メルエムとの出会いと活躍も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーの名言

ここではネフェルピトーの名言を紹介していきましょう。名言を多く生むことでも知られている『ハンターハンター』の中でも『キメラアント編』は時に名言が多いエピソードとなっています。ネフェルピトーはキメラアント編初期から登場しているキャラクターで、最初から最後まで名言を多く残したキャラクターです。無邪気なものから覚悟を決めた名言まで、幅広い名言を残しました。

名言①「殺されるのが…」

殺されるのがボクでよかった

ネフェルピトーの死に際のセリフです。王を守るために生まれてきたネフェルピトーは「制約と誓約」によって圧倒的な力を持つまでに成長したゴンによって惨殺されます。その際に圧倒的強さを誇るゴンが王と闘わなくてよかったと心の底から安堵します。自分は死んでも王が生きれば『種』としては成功と言えるので、死に際にすら王のことを優先するキメラアントの生き様は多くの読者に強い印象を与えました。

名言②「うんっ僕ちょっと…」

うんっ 僕 ちょっと強いかも?

カイトを殺した後のネフェルピトーの衝撃的なセリフです。このセリフはファンにトラウマを与えたほどの絶望的なセリフで、カイトの死と共に圧倒的な印象を残しました。ネフェルピトーはカイトのファンにとっては仇敵で、このシーンは多くのファンが名シーン、名言に挙げる有名な場面です。『キメラアント編』は衝撃的な場面の連続ですが、このシーンが最も衝撃的というファンも多くいます。

名言③「確かめてくる…」

確かめてくる 僕がどれだけ強いか

ネフェルピトーの無邪気さが分かる名言です。護衛軍として生まれ、生まれてすぐに念能力を獲得したネフェルピトーは自分の強さを試せる相手を探していました。その標的となったのがカイトであり、ゴンの暴走が始まるきっかけともなった有名なセリフです。このセリフからトラウマになる読者を大量に生んだシーンが始まっており、ファンの印象に残っている名言として知られています。

Thumbハンターハンターの名言と名場面まとめ!ジンやクラピカなどの名セリフを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーに関する感想や評価

ここではネット上でも人気の高いネフェルピトーに関するネット上の感想や評価などについて紹介していきましょう。衝撃的な登場でファンに強い印象を与えたネフェルピトーはネット上でも非常に人気が高く、様々な声が挙がっているキャラクターです。ネフェルピトーの絶望的な強さやかわいい外見、壮絶な死に際など様々な事が注目されているので、ネフェルピトーに関するそういった声をまとめていきます。

ネフェルピトーが強すぎる!

ネフェルピトーが強すぎるという声はネフェルピトーに関する声の中でも最も多い感想の一つです。ネフェルピトーはカイトやネテロなどよりも強いという圧倒的な力を見せつけたため、登場当時は多くのファンを絶望させました。ネット上には『ネフェルピトー強すぎる』という声や『ネフェルピトーの強さは連載見てたころは絶望的だったな』という声などが挙がっています。

ネフェルピトーがかわいい

ネフェルピトーがかわいいという声が数多く挙がっています。回を追うごとに可愛くなっていくネフェルピトーには多くのファンがついており、ネット上でもネフェルピトーは可愛いキャラクターとして同人誌などの対象になることも少なくありません。ネット上には『ネフェルピトーが一番かわいい』という声や『ネフェルピトーがかわいいんだけど』という声などが挙がっています。

ネフェルピトーは重要キャラクター

ネフェルピトーはストーリーにおいても重要キャラクターと見なされています。ネフェルピトーはカイトを殺し、キメラアントの強さを見せつけてゴンに絶望を与える役として重要視されています。ネット上には『ネフェルピトーはゴンをゴンさんにさせたりとかなり重要なキャラですね』という声や『ネフェルピトーは「キメラアント編」でもかなり重要なキャラクターだよな』という声などが挙がっています。

ネフェルピトーがトラウマになってる!

ネフェルピトーがトラウマになってるファンの多くいます。ネフェルピトーは人気キャラクターだったカイトを殺したことでファンに強い印象を残しており、カイトの首を持って笑うネフェルピトーがトラウマになってしまったファンも多くいます。ネット上には『ネフェルピトー トラウマで未だにまともにあの巻読めない』という声や『カイトの件でネフェルピトーがトラウマになっている』という声などが挙がっています。

ネフェルピトーの声優も好評!

ネフェルピトーの声優も好評を博しています。ネット上には『ネフェルピトーの声優も演技すげえ』という声や『ネフェルピトーの声優が藤村歩でよかったと思ってる』という声などが挙がっています。さらに藤村歩の休養にも様々な声が挙がっていて、『藤村歩さん休んでるし Twitterも消えてるし心配』という声など詳細な理由を明かさず無期限で休養に入った彼女の体調を心配する声も多く集まっています。

ネフェルピトーの死がスゴい

ネフェルピトーの死がスゴいという声も多く挙がっています。ネフェルピトーは登場時も多くの衝撃を与えていますが、『キメラアント編』の最終盤でゴンによってもたらされる死に際も壮絶でファンは多くの衝撃を受けました。ネット上には『ネフェルピトーですね。殺すときも死ぬときも両方エグい』という声や『ネフェルピトーの死に際が壮絶』という声などが挙がっています。

Thumbハンターハンターの強さランキング!最強キャラは誰?【2019年最新版】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネフェルピトーの強さと念能力まとめ

今回は『ハンターハンター』の人気キャラクター『ネフェルピトー』の強さと念能力、名言、他のキャラクターとの関係、ネット上の感想などを紹介してきました。ネフェルピトーの強さは作中でもトップクラスであり、初登場時の読者の絶望感は今でも語り継がれています。ネフェルピトーは死亡してもなお、いまだにネットで人気のキャラクターなので、ネフェルピトーにも注目して『ハンターハンター』をお楽しみください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ