ヒソカが死亡した原因と真相をネタバレ!生き返った理由は?【ハンターハンター】

ヒソカが死亡した原因と真相をネタバレ!冨樫義博による少年漫画HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)は累計発行部数7000万部を突破しており、アニメも制作されている人気漫画です。本記事では、HUNTERXHUNTER(ハンターハンター)のヒソカが死亡した原因と真相をネタバレでご紹介します。また、ヒソカが念を利用して生き返った、クロロとの戦いのネタバレやヒソカ死亡に対する感想や評価もまとめています。

ヒソカが死亡した原因と真相をネタバレ!生き返った理由は?【ハンターハンター】のイメージ

目次

  1. ヒソカ死亡の原因・真相を調査
  2. ヒソカVSクロロの勝負をネタバレ
  3. ヒソカ死亡をクロロが確認しなかった理由は?
  4. ヒソカ死亡後の今後の展開を考察
  5. ヒソカが抜けた幻影旅団の次のメンバーは?
  6. ヒソカ死亡に対する感想や評価は?
  7. ヒソカ死亡ハンターハンターネタバレまとめ!

ヒソカ死亡の原因・真相を調査

本記事では、ハンターハンターのヒソカが死亡した原因と真相を調査し、ネタバレでご紹介します。また、ヒソカが生き返った理由や、クロロとの勝負のネタバレについてもまとめています。ハンターハンターを読んだことがある方も、そうでない方も是非ご覧ください。

ヒソカ死亡の原因

ここでは、ヒソカ死亡の原因や真相を調査していきます。ヒソカが死亡した原因はクロロとの対戦です。ハンターハンターの登場人物の中で実力者のヒソカは、同じく強者の幻影旅団のボス・クロロと戦いたいと考えている描写がありました。しかし、ヒソカは念願のクロロとの戦いが原因で死亡することになりました。ヒソカとクロロの戦いは天空闘技場で行われました。

クロロの能力・盗賊の極意(スキルハンター)は他人の能力を盗んで使用することが可能です。クロロが新たに使用した栞のテーマ(ダブルフェイス)と、流星街の長老の能力・番いの破壊者(サンアンドムーン)、シャルナークの携帯する他人の運命(ブラックボイス)などがヒソカを死亡させる原因になりました。

ヒソカ自身の念に命令

ヒソカはクロロとの戦いが原因でかなりのダメージを受けています。にもかかわらず、生き返ることができたのはヒソカが自身の念に命令したためでした。ハンターハンターではこれまでにも、死後さらに強まる念の説明がされています。

ヒソカはクロロとの戦いが原因で死んだ後に、自身の能力・伸縮自在の愛(バンジーガム)と薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)で心臓マッサージを行いました。ヒソカはクロロの攻撃によって確実に死亡したあと、自身に命令した念によって復活を果たします。

ヒソカ死亡後の決意

ヒソカはクロロとの戦いが原因で死亡し、自身に命令した念によって生き返ったあと、幻影旅団を皆殺しにすることを決意しています。生き返ったヒソカはマチから、戦う相手と場所を選ぶように言われます。しかし、ヒソカは戦う相手と場所は選ばないと決意したのです。ヒソカは「幻影旅団に会ったら殺すまで闘う」とマチに告げ、それを幻影旅団に知らせるように言いました。

Thumbハンターハンター・ヒソカVSクロロ!因縁の対決ついに決着? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ヒソカVSクロロの勝負をネタバレ

天空競技場が爆破

ここでは、天空闘技場の爆破についてネタバレで紹介します。ヒソカとクロロの戦いは天空闘技場で行われました。爆破が原因で多くの観客が巻き込まれています。ほとんどの観客は逃げ回り、避難していますが、天空闘技場には取材陣も押しかけています。ヒソカが死亡したという報道もされています。

ヒソカVSクロロの決着

ここでは、戦いの決着についてネタバレで紹介します。ヒソカとクロロの戦いの決着は、ヒソカが死亡することで終わりを迎えました。クロロはヒソカとの戦いにおいて、複数の能力を使用しています。盗賊の極意(スキルハンター)はクロロが持つ能力で、盗んだ他人の能力を具現化した本に閉じ込め、使用することが可能です。本を右手で持っていなければならない、2つ以上の能力を同時に使えないというルールがありました。

栞のテーマ(ダブルフェイス)は盗んだ能力を2つ同時に使用することが可能になり、栞をはさむことでそのページの能力が使えるため、右手が塞がることがありません。栞のテーマは番いの破壊者(サンアンドムーン)という両手を使用する能力を得たために、新たに追加されました。神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)は幻影旅団・コルトピの能力で左手で触れたものをコピーし、右手から出現させることができます。

人間の証明(オーダースタンプ)は人形を操作することが可能で、持ち主は不明です。携帯する他人の運命(ブラックボイス)は幻影旅団・シャルナークの能力でアンテナを刺すことによって、人間を操ることが可能です。番いの破壊者(サンアンドムーン)は爆発させることができ、持ち主は流星街の長老です。転校生(コンバートハンズ)は相手が自分の姿になる、自分が相手の姿になることが可能で、持ち主は不明です。

クロロは沢山の能力を使用し、ヒソカに勝ちました。ヒソカはクロロの攻撃を受け、ボロボロの姿で発見されました。損傷はひどいものの、ヒソカと分かるくらいの原型はとどめています。シャルナークがヒソカの死は、窒息死と結論づけました。ヒソカのことをあまりよく思っていない様子だったマチも、最後はヒソカの顔を綺麗にしてあげています。クロロはヒソカとの対戦後、すぐにその場を去ったようです。

一騎打ちではなかった?

ここでは、一騎打ちではなかった可能性についてネタバレで紹介します。ヒソカとクロロの戦いが描かれたあと、実は一騎打ちではなかった?という考察がファンの間で話題になりました。クロロは自身の使用する能力について細かくベラベラと喋っており、自分の勝利を確信しているシーンもあります。

また、ヒソカがクロロとの戦いが終わったあと、幻影旅団を皆殺しにする決意を固めていることからも、クロロと幻影旅団の共闘説が囁かれています。しかし、共闘したのではなく、能力を一時的にクロロに貸しただけではないか?という見方もあり、真相は明らかになっていません。

合理主義のクロロ

クロロは幻影旅団や流星街出身の人間を大切にしているものの、他人のことは考えていません。ヒソカとの戦いの舞台・天空闘技場を爆破によって観客を巻き込み、観客はパニックになり逃げまわっています。さらにクロロは天空闘技場の審判を利用しています。同じくヒソカも他人のことは考えていないため、天空闘技場は大変な騒ぎになりました。

ヒソカの戦術

ここでは、ヒソカの戦術についてネタバレで紹介します。ヒソカはクロロとの戦いで「どうせ死ぬなら」と考えました。死後に強まる念で確実に生き返ることができるのかはヒソカにとっても不明でした。しかし、ヒソカはどうせ死ぬなら試してみようと考えたのです。ヒソカは死ぬ前に、自身の念に命令し、死んだあとに念による心臓マッサージで復活しました。

シャルナークとコルトピが死亡

ここでは、シャルナークとコルトピの死亡についてネタバレで紹介します。ヒソカはクロロとの対戦後、シャルナークとコルトピを殺害しています。シャルナークはクロロと、今後の暗黒大陸やカキンについて電話で話していました。ヒソカは先にコルトピを殺害し、コルトピの首を持ってシャルナークの前に現れました。

コルトピの首を見たシャルナークは一瞬驚き、その隙にヒソカに殺害されました。2人ともあっさり殺されてしまい、シャルナークはブランコに括られ、コルトピは首を切断されるという無残な姿になってしまったのです。

ヒソカの蜘蛛狩りがスタート

ここでは、ヒソカの蜘蛛狩りついてネタバレで紹介します。クロロとの戦いを終えたヒソカは、マチに幻影旅団を見かけたら殺すことを告げています。ヒソカに対してマチはブチ切れていますが、ヒソカの決意は変わっていません。シャルナークとコルトピを殺害し「あと10人」と呟いています。ヒソカはマチに言った通り、幻影旅団を見かけ次第、その場で「殺すまで闘う」ようです。

暗黒大陸へ潜入

ここでは、暗黒大陸への潜入についてネタバレで紹介します。暗黒大陸には十二支んや、クラピカ、レオリオ、カキン国関係者など多くの人物が向かっています。クロロはシャルナークとの電話で暗黒大陸について話していました。幻影旅団は暗黒大陸に潜入することになり、クロロはヒソカを見つけたら殺す気でした。こうして幻影旅団はヒソカを探すことになります。

生き返るのはあり?なし?

他の漫画ではご都合主義と考えられてしまうのが生き返りの展開です。ありか?なしか?は、読者によっても分かれる意見ではあるものの、ハンターハンターでは「死後に強まる念」があるため、決してタブーなことではありません。

ハンターハンターでは、これまでにも死後に強まる念についての説明がされています。そのため、ヒソカが死後強まる念によって心臓マッサージをし、生き返ったのはストーリー上、不自然というわけでもなく、「あり」ということになります。

1巻から登場したキャラが死ぬ可能性は?

ハンターハンターは休載も多いものの、長く連載されている人気漫画です。ヒソカとクロロの対戦後、シャルナークやコルトピのように重要なキャラクターがあっさりと死んでいます。そのため、1巻から登場したキャラクターが死ぬ可能性がまだまだあるのでは?と予想されています。1巻から登場しているだけに思い入れの深いキャラクターが多く、不安という声もあります。

ハンターハンターの作者・冨樫義博はクラピカや幻影旅団がどうなるか?という問いに、全員死ぬと答えています。また、ヒソカは幻影旅団を皆殺しにすると決めており、幻影旅団はヒソカを狙っています。さらに、ヒソカやクロロ、幻影旅団が向かう暗黒大陸行きの船にはクラピカも乗っています。1巻から登場していたキャラクターが死ぬ可能性は高いかもしれません。

マチを殺さなかった理由

ヒソカはクロロとの戦いが終わり、マチに幻影旅団を皆殺しにすると告げていますが、なぜ殺さなかったのでしょうか?ヒソカはシャルナークとコルトピを一瞬で殺害しています。そのため、同じように殺害することも可能だったはずです。ファンの間では、ヒソカはマチをメッセンジャーとして利用したのでは?と言われています。

さらにヒソカはこれまでにもマチに気があるような雰囲気を見せています。食事に誘ったり、語尾にハートマークがついていたりと、マチを気に入っていたから殺さなかったとも考えられています。

作者・冨樫義博の解説

冨樫義博はハンターハンター34巻のあとがきで、ヒソカとクロロの戦いについて言及しています。ヒソカとクロロの戦いの解説ではあるものの、共闘説などの真相が明らかにされたわけではありません。冨樫義博は、ヒソカとクロロの戦いにおいて、やりたかったことが複数あったこと、勝つと宣言させた通りに勝つこと、旅団の誰かを死亡させたかったことなどを書いています。

解説の通り、クロロはヒソカに勝つと宣言し、実際に勝利しています。幻影旅団の一員だったシャルナークとコルトピもヒソカによって殺害されています。さらに、ヒソカはマチを殺したがっていたものの、冨樫義博はマチを残した方が後々の展開で面白くなりそうだと考えたそうです。

Thumbハンターハンター・マチをヒソカが見逃した理由とは?可愛い画像も! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ヒソカ死亡をクロロが確認しなかった理由は?

①時間がなかった

クロロはなぜ、ヒソカの死亡を確認しなかったのでしょうか?ヒソカが死亡したことをクロロが確認しなかった原因として考えられる1つ目は、時間がなかったというものです。天空闘技場は爆破されて騒動が起きました。クロロはこの場にとどまるのは危険と判断し、すぐにその場を去ったのではないか?と言われています。すぐに去ったため、ヒソカの死亡を自分で確認する時間がなかったのかもかもしれません。

②仲間を信頼していた

ヒソカが死亡したことをクロロが確認しなかった理由として考えられる2つ目は、仲間を信頼していたというものです。クロロ自身はすぐに天空闘技場を去っています。クロロは信頼している幻影旅団の者がヒソカの死亡を確認すれば、わざわざ自分で確認する必要はないと考えたのかもしれません。シャルナークはヒソカを見て、死んでいることをきちんと確認しています。

クロロや幻影旅団の者にとっても、ヒソカの死後に強まる念によっての復活は想定外だったのかもしれません。クロロが自身で確認したとしても、気づかなかった可能性もあるため、幻影旅団の者が悪いわけではありませんが、念には念を入れておけばヒソカが生き返っても対処できていたかもしれません。

③油断をしていた

ヒソカが死亡したことをクロロが確認しなかった理由として考えられる3つ目は、油断をしていたというものです。クロロはヒソカとの対戦に備えて、完璧な準備をしていました。ヒソカにトドメをさしたとき、ヒソカの心臓は止まっていました。シャルナークも、ヒソカは窒息死したと説明しています。

クロロは、死後に強まる念の存在は知っていたものの、ヒソカが使用したとは考えなかった。あるいは、ヒソカが死後に強まる念を使用した可能性も考えていたとして、死んでから生き返るまでの間が空いていたことで、油断してしまったのかもしれません。

Thumbハンターハンターのキャラ・登場人物一覧!最強の念能力と強さランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ヒソカ死亡後の今後の展開を考察

幻影旅団を殲滅

ヒソカはクロロと対戦したあと、幻影旅団を殲滅させる方向で動いています。シャルナークとコルトピがあっさり殺害されたことから、戦闘に不向きな団員は同じ道を辿る可能性があります。幻影旅団の中でも強い団員とヒソカとの戦いに注目が集まっていますが、クロロとの再戦は他のメンバーを殺したあとに行うのではないか?と予想されています。

登場していない2人の団員

幻影旅団のクロロ、フェイタン、ノブナガ、シズク、フィンクス、フランクリン、カルト、ボノレノフ、マチ以外に登場していない2人の団員が存在します。幻影旅団からヒソカが抜けて代わりにメンバーになったのはカルトですが、パクノダとウボォーギンの代わりに入団した人物は明かされていません。

クロロの表情

ヒソカとの対戦を終えたクロロは、暗黒大陸行きのブラックホエール号に乗っています。シャルナークと電話で会話していた通り、ヒソカとの対戦後、すぐに暗黒大陸を目指すことを前もって決めていたクロロは意味深な表情を浮かべています。

シャルナークとコルトピの死を悲しんでいるようにも、ヒソカを今度こそ殺すと決意しているようにも見える、その表情を見た他の乗客は、「今にも誰か殺しそうな顔をしている」と指摘し、ひどい顔だと言っています。

クロロが暗黒大陸へ向かう目的

クロロはなぜ暗黒大陸に向かっているのでしょうか?クロロが暗黒大陸に行く目的で考えられているのは、幻影旅団は盗賊のため、お宝を目的に乗り込んだというものです。暗黒大陸は危険な場所であると同時に何らかのお宝がある可能性が高いようです。

占いの内容にも注目

ノストラード組・組長の娘、ネオン・ノストラードは、占いの能力を持つ少女でした。クロロはネオンから盗んだ天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)を使用して、幻影旅団のメンバーを占ったことがあります。その結果、シャルナークは電話に注意したほうがいいというものでした。

シャルナークは実際に、クロロと電話している際に殺害されています。もう一度占おうにも、天使の自動筆記は本から消えています。能力の持ち主が死亡すると、盗んだ能力は使えなくなるためです。

Thumb暗黒大陸編の内容と今後の展開を予想!主要人物も一覧で紹介【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ヒソカが抜けた幻影旅団の次のメンバーは?

幻影旅団の生存者

幻影旅団の生存者はクロロ、ノブナガ、フィンクス、フェイタン、マチ、ボノレノフ、フランクリン、シズク、ヒソカのあとに入団したカルトです。

幻影旅団の死亡者

幻影旅団の死亡者はパクノダ、ウボォーギン、シャルナーク、コルトピです。この内、シャルナーク、コルトピはヒソカによって殺害されました。

候補説①人間の証明or転校生の持ち主

幻影旅団の次のメンバーの候補者1人目は、人間の証明(オーダースタンプ)か、転校生(コンバートハンズ)の持ち主です。クロロの盗賊の極意(スキルハンター)では、能力の持ち主が死亡すると使えなくなります。そのため、シャルナークのように一時的にクロロに能力を貸していた、人間の証明か転校生の持ち主であり、幻影旅団の新しい団員になったのではないか?と言われています。

候補説②流星街の長老

幻影旅団の次のメンバーの候補者2人目は、流星街の長老です。クロロはヒソカとの戦いにおいて流星街の長老の能力、番いの破壊者(サンアンドムーン)を使用していました。クロロは流星街の長老は死んだと語っていますが、幻影旅団と共に共闘したのではないか?という疑問を抱いたファンもいます。つまり、流星街の長老は生きていて幻影旅団の一員になり、クロロが嘘をついているということになります。

候補説③アベンガネ

幻影旅団の次のメンバーの候補3人目は、グリードアイランド編に登場したアベンガネです。アベンガネはクロロの除念を行っています。クロロに対するクラピカによる念を除念するために、ヒソカが見つけてきた人物です。アベンガネは除念の際にクロロと接触しているため、もしかすると幻影旅団のメンバーになったのではないか?と言われています。

候補説④イルミ=ゾルディック

幻影旅団の次のメンバーの候補者4人目は、イルミ=ゾルディックです。クロロはヒソカとの戦いにおいて、シャルナークの能力・携帯する他人の運命(ブラックボイス)を使用していました。クロロが使用した針のデザインが、シャルナークが普段使用しているアンテナではありませんでした。

さらに、その針がイルミ=ゾルディックの物に似ているため、共闘説が囁かれることになりました。しかし、後に修正されて、針はシャルナークのアンテナになっています。

候補説⑤新しい団員

ヒソカが抜けたあとの幻影旅団に、新しい団員が入った可能性もあります。その場合、全く新しいキャラクターか、すでに登場しているキャラクターの可能性もあるのではないかと予想されていました。

幻影旅団にイルミが入団

幻影旅団にイルミ=ゾルディックが入団しました。幻影旅団にはイルミ=ゾルディックの家族・カルトも入団していますが、イルミ自身が入団することになった理由は、ヒソカ本人からの依頼です。

ヒソカはターゲットを自分自身とし、イルミが自分の殺害に成功すれば報酬が入る「婚前契約」を行いました。イルミもヒソカも本気で挑むため、イルミは幻影旅団の前で、ヒソカの居場所を知らないと語っています。ファンからは暗黒大陸編でイルミ対ヒソカが見られるかもしれないと期待されています。

Thumbウヴォーギンの強さと念能力!クラピカに敗北した理由と最後は?【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ヒソカ死亡に対する感想や評価は?

ここでは、ハンターハンターを読んだ人のヒソカ死亡に対する感想や評価を紹介します。ハンターハンター34巻のクロロとヒソカの勝負はヒヤヒヤさせられたという感想がありました。

ハンターハンターを読んだ人のヒソカ死亡に対する感想や評価に、34巻が面白すぎるというものがありました。ハンターハンター34巻はヒソカ対クロロが描かれており、「凄い」と評価する人が多くいました。

ヒソカ死亡ハンターハンターネタバレまとめ!

本記事ではハンターハンターのヒソカが死亡した原因と真相を、ネタバレでご紹介しました。また、ヒソカが生き返った理由や、クロロとの勝負の結末、ヒソカの次に幻影旅団に入った人物は誰なのか?などについてもまとめました。ハンターハンターを読んだことがない方は、この機会に漫画を是非ご覧ください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ