暗黒大陸編の内容と今後の展開を予想!主要人物も一覧で紹介【ハンターハンター】

人気連載漫画「ハンターハンター」の新章となる暗黒大陸編は、五大厄災という強敵と登場人物の多さ、帝国の王位継承権による登場人物それぞれの思いや思考が複雑に絡み合う物語となっており、ファンの間でも理解するのが難しいという声が上がっている作品となっております。ですが、物語の内容は評価の高いレビューが多い作品ともなっております。そんな「ハンターハンター暗黒大陸編」のあらすじと新たな登場人物を一覧でご紹介いたします。

暗黒大陸編の内容と今後の展開を予想!主要人物も一覧で紹介【ハンターハンター】のイメージ

目次

  1. 暗黒大陸編・ハンターハンターとは?
  2. 暗黒大陸編のあらすじ内容をネタバレ
  3. 暗黒大陸編の主要登場人物一覧
  4. 暗黒大陸編の今後の展開を予想
  5. 暗黒大陸編の五大厄災とは?
  6. 暗黒大陸編のその他の謎をネタバレ考察
  7. 暗黒大陸編に関する感想や評価は?
  8. 暗黒大陸編の内容と今後の展開まとめ

暗黒大陸編・ハンターハンターとは?

人気連載漫画「ハンターハンター」の暗黒大陸編が大きな話題となっております。登場キャラクターの多さや物語内容の複雑さ、そして今までの伏線に対してどのように回収する物語が描かれるのかは、ファンの間で多くの考察とレビューが上がっている作品となっております。そんなハンターハンターについてご紹介いたします。

Thumb水見式の念能力診断とは?性格分析や各系統の長所・短所も紹介【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターの作品情報

少年ジャンプに連載され、大変人気となっている漫画作品「ハンターハンター」は、1998年に連載を開始している長期連載作品となっています。冨樫義博さんの作品となっているハンターハンターですが、大きな話題になることの多い作品となっております。話題となる一つには休載が長く、そして頻繁に行われている作品として話題になり、連載が再開するとウェブニュースでも報じられるほど人気の作品となっております。

暗黒大陸編は何巻から?

そんな人気連載漫画作品である「ハンターハンター」はそれぞれ「ハンター試験編」から始まり「ゾルディック家編」・「天空闘技場編」・「くじら里への里帰り編」・「ヨークシン編」・「グリードアイランド編」・「キメラアント編」・「会長選挙アルカ編」・「暗黒大陸編」の9章で構成されています。暗黒大陸編は32巻から始まります。

その中でも「暗黒大陸編」は登場人物が多く、作者の冨樫義博さんのコメントで「登場人物が多くなる」ことが公表されています。そして人気作家漫画の「キャプテン翼ジュニアユース編」よりも多くのキャラクターが登場すると公表しているため、200人以上のキャラクターが登場すると、ファンの間では多くレビューが上がっています。

暗黒大陸編のあらすじ内容をネタバレ

「暗黒大陸」の内容とは

ハンターハンターの世界では、公表されている世界地図があります。ですがその地図は世界の一部だと言われており、主人公のゴンたちが活動している世界の外側にさらに大きな大陸が広がっていると言われております。外側の世界に広がる大陸には水に沈めると発電する「無尽石」を始め「万病に効く香草」や究極の長寿食「ニトロ米」、さらにあらゆる液体の元となり得る「三原水」や錬金植物「メタリオン」といった資源があります。

これらの資源を手にした国は反映することはもちろん、世界と独占するほどの資源と言われており、世界各国が開拓に挑戦してきました。ですが過去の149回に及ぶ渡航で帰還まで至ったのは5回のみで、さらに帰還した生存者も災厄となり、成果と呼べる実績を得られませんでした。

近代五大陸「V5」とカキン帝国の内容

ハンターハンターの世界では近代五大陸として「V5」に名を連ねているベゲロセ連合国、サヘルタ合衆国、オチマ連邦、ミンボ共和国、クカンユ王国ですが、過去にそれぞれの国で暗黒大陸を目指した歴史があります。ですがどの国も失敗に終わっており、世界でも大きな国のV5は「暗黒大陸不可侵条約」を締結しました。それによって、どこかの国だけが成功して独占できないようになっている世界となっています。

ですが、V5に加盟していないカキン帝国が突如として暗黒大陸進出を公言しました。それによってV5の各国はカキン帝国の資源独占を危惧し、V5への加入を条件に渡航を許可することとなりました。新たにV6として各国の協定を結び、暗黒大陸での成果を加盟している6国で分配することとなりました。

「ハンターハンター暗黒大陸編」あらすじ内容1

ハンターハンター暗黒大陸編のあらすじ1は、カキン帝国の国王ホイコーローが暗黒大陸進出を表明することで動き出します。暗黒大陸には膨大な資源があるとされており、暗黒大陸進出を表明したカキン帝国を危惧する各国と、進出に帯同したいと申し出るハンターが多く集まることになりました。

そんな騒動の裏にいたキャラクターが「ビヨンド・ネテロ」となります。ハンター協会の会長であったネテロ会長の息子で、ネテロ会長がなくなった今、禁止されていた暗黒大陸の渡航を実現させるためV5に加盟していないカキン帝国をバックホーンに使い、暗黒大陸渡航を画策していました。

そして、そのビヨンドの行動を予期していたネテロ会長は、死ぬ前にハンター協会の最高幹部となる「十二支ん(じゅうにしん)」にビヨンドよりも先に暗黒大陸の攻略を命令ではなく要望として映像を届けました。十二支んではメンバーが2人脱退となっています。その2人を補うためにレオリオに要望が出されました。条件付きで快諾したレオリオは、条件の一つとしてもう一人の十二支んにクラピカを推薦します。

その条件をハンター協会が承諾し、十二支んの要望をクラピカに届けますが、クラピカは断ります。ですが十二支ん側からクラピカへ「緋の目のコレクター情報」の条件を提示され、仲間の目を集めているクラピカは、情報と引き換えに十二支んへの加入を承諾することとなりました。

「ハンターハンター暗黒大陸編」あらすじ内容2

「緋の目」を集めているのはカキン帝国の第四王子ツェリードニヒでした。その時、カキン帝国では王位継承を巡った対立が起こっており、その対立を「暗黒大陸に到着するまでに生き残っていたもの」に王位継承すると発表されました。それによって各王子が対立することとなります。そして、王子たちはそれぞれハンターを護衛に雇う依頼を一斉に出しましたが、どの募集がどの王子のものかわからないようになっていました。

ツェリードニヒに近づきたいクラピカは、ハンター仲間に緋の目奪還計画の支援を頼みます。依頼されたハンターは6人となっています。イズナビはクラピカの師匠にあたるキャラクターで王子の募集で第6王子の護衛を担当することとなりました。同じくハンゾーも参加します。ハンゾーはクラピカと同期のハンターとなっており第12王子の護衛を担当することとなります。

バショウにも支援依頼が届きました。ノストラードはクラピカが若頭の組織でその組織の一員のバショウも参加します。担当は第7王子となります。同じくノストラード組からセンリツも参加となり、第10王子の護衛を担当します。そしてキルアの紹介でビスケも参加することになります。ビスケはキルアとゴンの念の師匠にあたります。ビスケは第13王子の護衛担当となります。そしてクラピカ自身は第14王子の護衛担当となりました。

「ハンターハンター暗黒大陸編」あらすじ内容3

一方で、十二支んを脱退した2名のうち、野心家でデンジャラスなキャラクターのパリストンは自分の派閥のハンターを集めて暗黒大陸を目指します。パリストンは面白いことがしたいという目的で世界中に、キメラアント編で手に入れた5000体のキメラアントを放ち混乱を楽しみたいのではないかという推測レビューが上がっています。

そんな危ないパリストンを抑止するために、もう一人の十二支んを脱退したキャラクターであるジンがパリストンの徒党に加わります。金を渡す代わりにジンをナンバー2として認めさせるという強引な手法によってパリストン派に参加することになりますが、目的はパリストンの暴動を抑止することにあります。そしてジンのもう一つの思想として「暗黒大陸に興味がある」という自由人の発想も参加理由の一つとして描かれています。

「ハンターハンター暗黒大陸編」あらすじ内容4

そして暗黒大陸進出を企てたビヨンドは、V5各国は危険視しているため、V5からハンター協会へビヨンドの監視を依頼することになりました。ハンター協会所属の十二支んはビヨンドの監視と緋の目奪還計画を実行することになります。ここでハンター協会にビヨンド側の内通者がいるのではないかとクラピカは考えました。丁度行われているハンター試験で未然に防ぐためにダウジングによって炙りだすことにしました。

そしてハンター試験ではビヨンド側のハンターはもちろん、パリストンが送り込んだキメラアントも送り込まれており、クラピカの判断によって未然に試験からふるい落とすことに成功します。ですが、十二支んの中にも内通者がいるのではないかと考えたクラピカは、新たに参加して自分を推薦したレオリオを省いた10人をダウジングで精査します。

そこで十二支んのサイユウが内通者だと発覚します。ここで処分をすることにはなりませんでしたが、サイユウへの注意を払いながら動いていくこととなりました。その頃、ヒソカは幻影旅団の団長であるクロロと天空闘技場で対峙することになっています。

ここで決着がつくこととなります。クロロの爆弾人形に囲まれヒソカは倒され死亡してしまいます。ですがただでは転ばないヒソカでえす。死ぬ直前に自身の臓器に能力をかけ、強制的に復活を遂げ、欠損した手足をも復元し、死ぬ前よりも能力が強化されての復活を遂げました。

ここからヒソカが幻影旅団のメンバーを狩り始めることになります。最初にシャルナークとコルトピがヒソカにやられてしまいます。そしてヒソカの「あと10人」というシーンが描かれていますが、幻影旅団で現在生きているのは9人です。明かされていない1人がいるのではないかと、ファンのあいだで話題になっているシーンとなっています。

暗黒大陸の内容に主人公とメイン人物のゴンとキルアは登場しない?

ハンターハンター暗黒大陸編は現在、暗黒大陸に上陸するまでが公開されていますが、この段階ではゴンとキルアが物語に関連して登場しておりません。ゴンは、オーラが出せなくなっていました。フェネルピトーとの戦いで力を使い過ぎたことが原因だと考えているファンが多くいます。そのため、ゴンはふるさとであるミトの家に帰って暮らしています。ハンターとして免除されていた膨大な手続きをしながらの生活となっております。

そしてハンターハンターでゴンのパートナーとして登場する人物のキルアは兄弟であるアルカと再会した前回までのあらすじがあります。そのアルカとともに世界各国を巡る旅行中となっています。このため、暗黒大陸編での登場はまだ先になると考えているファンの考察が上がっております。

暗黒大陸編の主要登場人物一覧

ハンターハンター暗黒大陸編では特に多くの登場人物が出てきます。暗黒大陸編の主観はクラピカとなります。そこに今まで登場した人物が勢ぞろいする形となっています。冨樫先生は200人以上になるようなコメントを発表しているので暗黒大陸上陸までの新しい登場人物を一覧でご紹介します。また、権力争いも上がっておりますのでこちらも整理してご紹介いたします。

登場人物1「ビヨンド=ネテロ」

ハンター協会の会長であったアイザック=ネテロの息子がビヨンド=ネテロとなります。カキン帝国が暗黒大陸進出を表明しましたが、その裏にいたのがビヨンドとなります。自身の暗黒大陸渡航のためにカキン帝国を使ったと考えられており、策略家としての一面が描かれています。

その一方で大胆で豪傑な性格も描かれております。ハンター協会に狙われていると考え先制でハンター協会を訪れます。そして最高幹部である十二支んを前に演説をした姿は、亡くなった父親にも当たる前会長のネテロを彷彿とさせるオーラで十二支んでさえも心を揺さぶられるシーンが描かれています。

登場人物2「ジン=フリークス」

主人公のゴンの父親に当たる人物で、二ツ星ハンターです。ハンターでも星がつくのはごく一部とされていますが、その星を2つ付けられている世界でもトップクラスのハンターとなっています。ジンは元十二支んのメンバーでもあります。そして同じく元メンバーのパリストンの暴挙を阻止するため、そして暗黒大陸への関心もあってパリストンの徒党に参加して暗黒大陸を目指すこととなります。

登場人物3「パリストン=ヒル」

元十二支んのメンバーであり、ハンター協会の元副会長でもあるパリストンですが、十二支んを脱退しています。頭の切れる策略家としての反面、ウザがられる一面も描かれており、ほかの十二支んメンバーからは嫌われています。ですが野心家のパリストンはキメラアントを5000体確保している実力者で、暗黒大陸に行く理由がわからないままとなっていますが、ビヨンド側の思想を持っている人物でもあります。

登場人物4「カキン帝国国王ナスビ=ホイコーロー」

暗黒大陸進出を表明したカキン帝国の国王ナスビ=ホイコーローは8人の正妻と14人の正室子がいます。今回の暗黒大陸渡航で生き残った王子に王位継承をすると発表したことから、暗黒大陸へ向かう船で王位継承戦が秘密裏に行われます。ですが王家に伝わる念獣を王子たちに付ける事によって直接傷つけることのできない状況を作っている策略家な一面も描かれています。

登場人物5「第一王子ベンジャミン」

大柄で、ライオンを腕で絞め殺すシーンも描かれている第一王子のベンジャミンは、自身も念能力を習得している王子です。護衛は私設団となっており、継承戦前にはツェリードニヒに電話をして「直々に殺す」と宣戦布告をしています。母親はウンマで、王位継承戦に前向きな王子となっております。

登場人物6「第二王子カミーラ」

カミーラは女性の登場人物ですが、王子として呼ばれております。わがままで自己中心的な性格で、王位を狙っている王子の一人となっております。母親はドゥアズルで第九王子は弟にあたりますが、王位継承戦を知ると、母親に第九王子殺害を指示するシーンが描かれており、王位継承戦に前向きな王子となっております。

登場人物7「第三王子チョウライ」

優しさと残酷さを兼ね備えていると言われているチョウライは、カキンの王子の中でも人格者として慕われているシーンが描かれています。チョウライは念に対する知識がありませんが、クラピカと接触して念についての情報収集を行うシーンも描かれており、王位継承戦に前向きな王子となっています。母親はトウチョウレイとなっています。

登場人物8「第四王子ツェリードニヒ」

緋の目を集めている人物で、クラピカのターゲットにもなっているのがツェリードニヒです。かなりのキレ者で他の王子の思想や性格から行動を予測しているシーンも描かれています。その一方で、殺人を趣味としているシーンも描かれている狂人となっています。ツェリードニヒも他の王子を一掃するために継承戦に前向きな王子となっています。母親はウンマとなっています。

登場人物9「第五王子ツベッパ」

薬品を扱うシーンが描かれているツベッパですが、邪魔な上位の王子を排除して自身も王位を狙っている王子です。そんな中、上三人の王子を醜いとしてツェリードニヒに共闘を持ちかけましたが、保留にされてしまっています。ツベッパも王位継承戦に前向きな王子となっております。母親はドゥアズルとなっています。

登場人物10「第六王子タイソン」

世界を愛で満たしたいと考えているのがタイソンです。護衛はイケメンぞろいとなっていますが、タイソンは念能力に知識がなく、護衛の能力も期待ができない状況となっています。タイソンは独自の路線を進んでいる王子で王位継承戦にもあまり前向きではない姿が描かれています。母親はカットローノとなっています。

登場人物11「第七王子ルズールス」

アフロヘアーが特徴的な王子です。継承戦にはあまり乗り気ではないシーンが描かれている一方、自身の兵隊をハンター試験に潜り込ませるなどなにかを企んでいる王子となっています。母親はドゥアズルとなっています。そして、クラピカの依頼でバショウが護衛に入っている王子となっています。

登場人物12「第八王子サレサレ」

王位継承戦に興味を持っていない王子のサレサレは複数の女性を侍らせているダメ王子のような姿で描かれています。継承戦よりも遊んでいたいと考え、継承戦を放棄する構えとなっています。母親はスィンコスィンコとなっています。

登場人物13「第九王子ハルケンブルグ」

争いを望まないハルケンブルグは殺し合いによる継承戦に否定的で辞退を申し出るシーンも描かれています。ハルケンブルグは本を数多く所有している知的な王子で人望も厚いとみえれうシーンが描かれておりますが、王子たちと仲が悪いですが、その中でツェリードニヒと繋がりがある王子となっています。母親はドゥアズルとなっています。

登場人物14「第十王子カチョウ」

カチョウは第十一王子のフウゲツと双子のため、フウゲツとは仲がよいシーンが描かれています。フウゲツと共闘しながら継承戦に望んでいきます。護衛にはクラピカからの要請にてセンリツが護衛についています。母親はセイコとなっています。

登場人物15「第十一王子フウゲツ」

子供の時にカチョウととった写真を見つめて泣いているシーンが描かれているフウゲツは大人しい登場人物となっています。争うことを悲しいと考えていて継承戦にはあまり前向きではないのではない登場人物となっています。母親はセイコとなっています。

登場人物16「第十二王子モモゼ」

お嬢様キャラクターのモモゼは登場シーンが少なかった王子となています。王位継承戦では最初に犠牲者となってしまった王子となっています。護衛はクラピカの要請によってハンゾーがついていました。母親はセヴァンチとなっています。

登場人物17「第十三王子マラヤーム」

まだ子どもの王子であるマラヤームは、ハムスターを飼っているシーンが描かれています。クラピカの要請でビスケが護衛となっています。王位に就いてはまだ理解ができないまま継承戦となってしまっています。母親はセヴァンチとなっています。

登場人物18「第十四王子ワブル」

まだ赤ちゃんであるワブルですが、クラピカ自身が護衛についています。王位継承戦が始まると周囲が騒がしくなる中、クラピカの護衛によってワブルと母親のオイトが生き延びています。クラピカの念能力によってオイトは念能力について体感することもできていますが、ワブルからクラピカも驚くような黒いオーラが出ているシーンも描かれています。

守護霊獣

カキン帝国の王位継承戦にあたって、各王子にカキン帝国に伝わる壺を使ってそれぞれ、霊獣と呼ばれる守護霊獣がついています。霊獣は各王子の性格や器をあらわしており、それぞれ違った能力を持っています。ですが、王子同士が直接手を出せないよう、霊獣同士は戦うことはなく、霊獣が宿っている相手を攻撃もしない。というルールがつけられていました。今後の物語の鍵となる霊獣にもぜひ注目です。

暗黒大陸編の今後の展開を予想

暗黒大陸編のあらすじから、今後の展開をあらすじ予想してご紹介いたします。ファンの間で様々なあらすじ考察レビューがあがっておりますが、冨樫先生の作品は予想を超えるあらすじ展開になることでも有名となっております。みなさんも一緒にぜひ注目です。

今後の展開あらすじ予想1

ハンターハンターの主要登場人物であるゴンとパートナーのキルアが出てきていないことから、暗黒大陸に上陸してから合流するのではないかと考えているファンが多く見受けられています。そして暗黒大陸編では過去に登場したキャラクターが数多く登場しております。そのため、外の世界として位置づけられている暗黒大陸をまとめている強靭なボスがラスボスとして登場すると考えているレビューが多く上がっています。

今後の予想あらすじ展開2

ヒソカがクロロと天空闘技場で決闘したあと、生き返ったシーンが描かれており、クロロ率いる幻影旅団はカキン帝国が暗黒大陸を目指すために乗船している船のお宝を盗むと公言しています。そのため、ヒソカも船に乗船していると考えられており、幻影旅団とヒソカの決着も着く物語ではないかと考えているファンの考察も多く上がっております。

今後の予想あらすじ展開3

ハンターハンター暗黒大陸編では多くの登場人物が描かれています。その中にはかなり前に登場した人物も多く、長く続いたハンターハンターの最終章が「暗黒大陸編」になるのではないかと考えているファンも多く見受けられます。長く伏せられていた「クラピカの人差し指の能力」やジンの「何度か暗黒大陸に行っている」という伏線が回収されて最終話につながっていくのではないかとファンの間で考察されています。

暗黒大陸編の五大厄災とは?

五大厄災とは、暗黒大陸に存在しているリターンを守っている物体です。その姿はモンスターや蛇、そして病原菌までありますが、その強さは人類を滅亡させる厄災レベルとなっています。そしてこのリターンというのは、人類が開発できないレベルのものとなっており、新世界の各国はリターンを手に入れるために暗黒大陸を目指していました。

ですが、強力な五大厄災の前に強力な部隊が壊滅させられたり、病原菌に感染してしまったりと、どの国もリターンを持ち帰ることができずに、渡航を禁止する協定を結んでいました。ハンター協会の会長であったネテロ会長でさえ達成できなかったリターンの持ち帰りを拒んだ五大厄災の攻略が暗黒大陸のキーポイントとなっています。

五大厄災1「ガス生命体アイ」

五大厄災その1は、ガス生命体アイです。アイは、自分の願いを叶えてくれた相手をお礼になんでもお願いを叶えるという物体です。ですが、難しい願いをすると、アイからの願いも難易度が高いものになります。そしてアイのお願いを断り続けると、既に叶えた願いの難易度によって死ぬ人間が出てしまう能力があります。無理な願いをしてしまうと厄災となってしまう物体となっています。

五大厄災2「人飼いの獣パプ」

五大厄災その2は、人飼いの獣パプです。パプは「快楽と命の等価交換」という名前がつけられていますが、詳しい情報はまだ公開されておりません。ですが異名の通りであれば、快楽を与える代わりに命を吸い取る厄災だと考えるファンのレビューが多く上がっています。また、人間を操る能力なのではないかという考察も多く見受けられている災厄となっています。

五大厄災3「双尾の蛇ヘルベル」

五大厄災その3は、双尾の蛇ヘルベルです。殺意を伝染させる魔物という異名が付けられている五大厄災で、ヘルベルの攻撃を受けると殺意を連鎖的に伝染させて人類を滅亡させてしまう可能性のある厄災と考えられています。

五大厄災4「不死の病ゾバエ病」

五大厄災その4は、不死の病ゾバエ病です。病原体と考えられて、ゾバエ病の男性が登場するシーンが描かれています。自給自足で食事をせずに50年以上生きているその患者は、自身を食して生存しています。このゾバエ病では人類滅亡を考えにくい五代災厄の中でも異色の厄災となっています。

五代災厄5「植物兵器ブリオン」

五大厄災その5は、植物兵器ブリオンです。人間の体に頭が球体となっていて、強そうには見えませんが、以前に強力な特殊部隊が一掃されたと言われている強さを誇っています。ただし、迷宮都市を守っているため、普段は攻撃をしてこないため、危険度は低いとされています。

暗黒大陸編のその他の謎をネタバレ考察

ハンターハンターの暗黒大陸編は、物語の最終章ではないかという考察が多く見受けられます。長期連載の中で回収されていない伏線も多く貼られていますので、その内容とネタバレ考察をご紹介します。

5000体のキメラアントとあらすじ内容

パリストンは世界中にキメラアントを忍び込ませる計画を立てていました。ですがその計画は、ジンがパリストンと直接遊ぶことによって一度止まっています。ですが、キメラアント5000体はパリストンの管理下になっていて、今後の展開が気にされている伏線となっております。

センリツが登場した理由とあらすじ内容

久しぶりに登場した人物の一人であるセンリツは、闇のソナタと呼ばれる奏でると人を死に追いやる楽器を探しているハンターです。そのセンリツが登場したということは、今まで回収されていない闇のソナタが暗黒大陸と関連していると内容を考察しているファンのレビューも多く上がっています。

ハンゾーが登場した理由とあらすじ内容

久しぶりの登場となった人物がもうひとりいます。ハンゾーも久しぶりの登場となっております。ハンゾーは隠者の書という巻物を探しているハンターでした。一般庶民では入れないところにあると言われている隠者の書も暗黒大陸やカキン帝国、もしくはV5の国々と関連して伏線の回収がされるのではないかと考えているファンの考察も見受けられます。

クルタ族襲撃と緋の目奪還あらすじと展開考察

クルタ族は隠れてくらいしている部族でした。ですが、ある日幻影旅団の襲撃によってクラピカ以外のクルタ族は全員殺されてしまいます。そしてクルタ族特有の「緋の目」は多くのコレクターがいました。その一つ一つを弔いとして回収しているのがクラピカです。暗黒大陸編で幻影旅団とクラピカが同じ船上に居ることと、コレクターであるツェリードニヒが登場しているため、この伏線も回収されると考えるファンも多く見受けられます。

五大厄災アイとナニカ

キルアとともに世界を旅行中のナニカには、五大厄災のアイが取り付いています。これによって、五大厄災のつながりから、キルアたちも暗黒大陸を目指すと考えているファンの考察レビューも多く上がっております。登場人物が暗黒大陸で合流すると物語が最終章になるという考察レビューが多く見受けられます。

暗黒大陸編に関する感想や評価は?

ハンターハンター暗黒大陸編に関する感想レビューが多く上がっています。登場人物が多く登場しているだけでなく、あらすじも複雑で王位継承権や思念、それぞれの目的も絡まり大変複雑なあらすじとなっております。そんなハンターハンター暗黒大陸編の感想レビューをご紹介します。

あらすじの複雑さから、何度も読み直しているファンが多く見受けられます。二度目、三度目でも新たに発見があるのもハンターハンター暗黒大陸編の楽しさとしてレビューが上がっています。

休載が多い作品としても知られているハンターハンターですが、連載が再開するとやはりファンからは待ち遠しいという声とともに、暗黒大陸編は難解な内容のあらすじから、何度も読み直す面白さでファンからは喜びのレビューも多く見受けられる作品となっています。

さらに、五大厄災の能力や強さは不明なままの部分も多く、今後の物語の内容展開に大きく左右する部分となっており、ファンの間では五大厄災についてのレビューや考察も多く上がっております。

暗黒大陸編の内容と今後の展開まとめ

ハンターハンター暗黒大陸編では物語の内容が複雑で、何度も読み直さなければ理解ができないというレビューが多く上がっている作品となっておりますが、その分待っていた期間も含めて楽しめるといった感想レビューが多い作品となっております。

今後の内容展開では、クラピカの悲願達成はもちろんのこと、主人公であるゴンやそのパートナーであるキルアの合流も見所の一つとなっています。さらに、過去に登場した人物が再度集まっている集大成のような物語となることが考察でも上がっているため、物語の内容展開により一層注目です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ