【シャーマンキング】ハオ組のメンバー一覧!持霊・強さやプロフィールまとめ

『シャーマンキング』に登場するハオと言えば、原作漫画とアニメにおける最後が異なることや、なぜかハオが女装した姿「プリンセスハオ」が描かれたことで一時期話題になったキャラです。そこで、今回はハオの最後に大きな影響を与えることとなるハオ組について紹介。『シャーマンキング』のシャーマンファイトにおける三代勢力の1つ「ハオ組」のメンバーや持霊・強さ、キャラの名前など一覧形式で一挙公開していきます。

【シャーマンキング】ハオ組のメンバー一覧!持霊・強さやプロフィールまとめのイメージ

目次

  1. シャーマンキングのハオとは?
  2. シャーマンキングのハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧
  3. シャーマンキングのハオ組メンバーの持霊や強さ一覧
  4. シャーマンキングのハオ組の立場や目的
  5. シャーマンキングのハオの最後はどうなった?
  6. シャーマンキングのハオのアニメ声優
  7. シャーマンキングのハオ組に関する感想や評価
  8. シャーマンキングのハオ組のキャラまとめ

シャーマンキングのハオとは?

『シャーマンキング』はかつて週刊少年ジャンプから講談社へと移籍し、2021年現在は続編となる『シャーマンキングスーパースター』まで連載されている人気作品となりました。今回は『シャーマンキング』の序盤から登場しているハオを始め、ハオが率いるハオ組について紹介していきます。それではまず『シャーマンキング』のあらすじや作品情報、ハオのプロフィールから見ていきましょう。

シャーマンキングの作品情報

シャーマンキングの概要

『シャーマンキング』とは、霊能力者(シャーマン)である麻倉葉を主人公に据えたファンタジー漫画です。本作を手掛けたのは日本のイラストレーター、漫画家として活動する武井宏之。彼が手掛けた漫画『シャーマンキング』は2021年7月現在まで、単行本全32巻、2001年版と2021年版アニメとして発表されており、累計発行部数が3800万部を突破する人気作品となっています。

シャーマンキングのあらすじ

ここでは『シャーマンキング』のあらすじを簡単に見ていきましょう。本作は幽霊とさまざまな交流ができる霊能力者(シャーマン)の名門麻倉家の当主麻倉葉と、森羅学園中等部に通う平凡な少年・小山田まん太が出会った頃から物語が展開していきます。まん太は葉が、シャーマンの頂点を決めるシャーマン同士の戦い「シャーマンファイト」に参戦することを知ったことで、彼を通してシャーマン同士の激戦を目撃することになるのでした。

ハオのプロフィール

『シャーマンキング』に登場するハオ/麻倉葉王は、本作の黒幕的な存在です。シャーマンとしての精神の強さの源となっているのが人類への怒りと悲しみで、その正体はかつてG.Sを使って人類を滅ぼそうとした大陰陽師・麻倉葉王でした。

そして人類を滅ぼした後は「シャーマンキングダム」という霊能力者(シャーマン)だけの世界を作ろうとしていたのです。そのため、それを止めようとする主人公・麻倉葉を初め、ハオに恨みを持っているその他キャラから命を狙われています。

TVアニメ『SHAMAN KING』公式サイト

シャーマンキングのハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧

これまで『シャーマンキング』の物語において重要な立場にあるハオについて紹介しました。では、ハオが多大な影響を与え、シャーマンファイトで主人公・麻倉葉たちの前に立ちはだかったハオ組について見ていきましょう。ここからはハオ組メンバー14名のプロフィール・名前を中心に一覧形式で紹介していきますので是非ご覧ください。

ハオ組のキャラ一覧①BoZ(杉本良・米田善)

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、1人目はロックユニットとしてコンビを組んでいる杉本良(すぎもとりょう)と米田善(よねだぜん)です。エレキビワを持参しているのが杉本、マイクを持参しているのが米田とそれぞれの特徴があります。シャーマンファイトの本選トーナメントでは「土組」として参加しており、トーナメント終了後はBoZを改め「ぼず」として活動するようになりました。

ハオ組のキャラ一覧②ダマヤジ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、2人目はドラキュラのような見た目をしたダマヤジ/山田光司です。彼は葉たちの言葉でボリスの逆鱗に触れてしまったため、ボリスに殺されてしまいました。葉たちの前に姿を現した後すぐに死亡しているため、ほとんど登場シーンがありません。キャラ被りで殺害されたことを含め、本選トーナメントにも出場せずに退場するなど哀れなキャラとなりました。

ハオ組のキャラ一覧③ボリス・ツェペシュ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、3人目はドラキュラのような見た目が特徴的なボリス・ツェペシュです。戦時に英雄視されたものの、戦後に「串刺し公・吸血鬼」というレッテルを張られてしまったヴラド・ツェペシュの子孫にあたります。

吸血鬼を迫害する民衆に対抗するのがツェペシュ一族という関係性を打ち破ったのが500年前のハオでした。この事実がツェペシュ一族が忠誠を誓ったきっかけとなったため、ボリス・ツェペシュもそれに則りハオ一派として活動することになっています。

ハオ組のキャラ一覧④ビッグガイ・ビル

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、4人目は元アメフト選手のビッグガイ・ビルです。本名はビル・バートン。ハオ一派内にある「月組」のメンバーの1人として活動しており、元アメフト選手らしい大柄な体格とタフさが特徴的でした。ちなみに霊能力に目覚めたのは、転落事故に遭った際に助かったことがきっかけとなっているようです。

ハオ組のキャラ一覧⑤ハン・ザンチン

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、5人目は長い眉毛と髭が特徴的なハン・ザンチンです。ハオ組の中でも1、2位を争う体の大きさで、性格も暴力的。どうやら長い眉毛や髭は昔から長かったわけではないようなので、シャーマンとの関係があるのかもしれません。ハオ組メンバー内では「食」を仕切ったり、本選トーナメントでは「月組」のメンバーとして参加していました。

ハオ組のキャラ一覧⑥ペヨーテ・ディアス

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、6人目はメキシコの伝統的な帽子とギターを持っているのが特徴的なペヨーテ・ディアスです。本選トーナメントではハオ組の「土組」のメンバーとして出場しています。1戦目にホロホロと蓮、チョコラブで構成された「THE 蓮」のチームにあたり敗北していました。

ハオ組のキャラ一覧⑦ターバイン

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、7人目は顔を布で覆って素顔を隠しているのが特徴的なターバインです。本名はモハメド・タバルスィー。本選トーナメントには「月組」のリーダーとして出場しており、どうやらシャーマンとして活動する前に中東における戦争を経験したことがあるようです。戦闘時には手の平に付けているランプから必殺技「ビーム」を繰り出していました。

ハオ組のキャラ一覧⑧オパチョ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、8人目はハオ組の中で最も幼いオパチョです。赤ちゃんの頃にハオに拾われたため本名は不明ですが、オパチョという名前はハオが1000年前に出会った元人間「乙破千代(おはちよ)」の名前が由来となっています。本選トーナメントにはハオと共に「星組」のメンバーとして登場しており、他人の心を見る力と遠隔地情報を把握する力を発揮していました。

ハオ組のキャラ一覧⑨ブロッケン・マイヤー

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、9人目はブロックのような頭部と体で身を包んでいるのが特徴的なブロッケン・マイヤーです。彼が持つ膨大な巫力は、体の大部分を失ったことで得たもので、本来の不自由な体はオーバーソウルで動かされています。

幼い頃のハオを育てたのがブロッケンであり、失った手足もハオに燃やされたという過去があるようです。それでも自由を与えてくれたハオに対して感謝し続けるなど義に厚い性格がうかがえます。

ハオ組のキャラ一覧⑩カンナ・ビスマルク

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、10人目はマチルダとマリオンにとってのお姉さん的存在であるカンナ・ビスマルクです。ハオ組のメンバーからは「カナちゃん」と呼ばれ、「花組」のリーダーを務めていました。

どうやら、彼女は幼少期からの霊感体質が原因で「魔女」と言われ迫害されてきた過去を持つようです。マチルダとマリオンも同じような境遇があるため、この共通点が三人の絆を深める要因となっているのでしょう。

ハオ組のキャラ一覧⑪マチルダ・マティス

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、11人目はホウキを抱えているのが特徴的なマチルダ・マティスです。なぜホウキを持っているのか、ホウキの使い道も分かりません。花組メンバーの三人の中で最も表情豊かなキャラですが、彼女もカンナ同様「魔女」として迫害されてきた過去を持つため、その過酷な環境を克服しようとする精神的な強さがうかがえます。

ハオ組のキャラ一覧⑫マリオン・ファウナ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、12人目はドールマスター(人形使い)のマリオン・ファウナです。彼女は常に無表情ですが、周りから愛称「マリ」と呼ばれていることから親しまれているのが分かります。ツインテールに片目の眼球が取れてしまっている人形を抱えているため、第一印象のインパクトが大きいです。本選トーナメントでは同じ「花組」のカンナ、マチルダと共に出場していました。

ハオ組のキャラ一覧⑬ラキスト・ラッソ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、13人目はハオの敵対組織・X-LAWSの創始者でありながらもハオ組に属しているラキスト・ラッソです。ハオ組の一員になるきっかけとなったのは、彼がハオに戦いを挑んで敗北したことでした。

そして組織に属すことになった理由には彼が持つ思想が影響しており、それというのが勝者、敗者双方に「正義」があるということです。元X-LAWSということもあり強者として分類されており、その実力ゆえにハオとオパチョから信頼されています。本選トーナメントでは「星組」のメンバーとして出場しました。

ハオ組のキャラ一覧⑭アナホル・ポッキ

『シャーマンキング』に登場するハオ組メンバーのプロフィール・名前一覧、14人目は「ナイルズ」のリーダーを務めていたアナテル・ポッキの弟であるアナホル・ポッキです。名前と鼻が高いという特徴が兄弟そっくりですが、兄弟の見極め方は兄・アナテルの鼻の方が3㎝高いということです。ハオ組のメンバーとして活動することになったのが兄を殺害したアイアンメイデン・ジャンヌへの復讐でした。

Thumbシャーマンキングのハオは巫力最強!その圧倒的な強さを徹底解析 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオ組メンバーの持霊や強さ一覧

持霊一覧①魑魅魍魎

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、1つ目に紹介するのはBozの持霊・魑魅魍魎です。この持霊は小鳥や昆虫などの雑霊に分類され、小石などを媒介にしてオーバーソウルさせます。そのため数が多いのが特徴的で、まとまった数で仕掛けてくる攻撃が厄介です。そしてBozの歌である「ちみ・ちみMORYO」と「ちみ・ちみMORYO RE-MIX」の演奏を基準にして攻撃します。

持霊一覧②タラバガニの霊

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、2つ目に紹介するのはダマヤジの持霊・タラバガニの霊です。タラバガニの霊はカメラを媒介にしているようですが、ダマヤジ自体が登場と共にボリスに殺されたため、どのような霊なのかその詳細は不明となっています。

持霊一覧③ブラムロ・吸血コウモリ

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、3つ目に紹介するのはボリスの持霊・バンパイアハンターのブラムロと吸血コウモリです。バンパイアハンターのブラムロはハンターという名前の通りボリスの一族を苦しめた霊ですが、一族に敗れた後に自我崩壊まで調教されたためオーバーソウルができるようになっています。

ブラムロは血を媒介とするオーバーソウルであり、吸血されると吸血鬼になるという吸血鬼伝説をそのまま再現したような状態にすることができます。それを可能とする能力が、相手の傷口に血を介在して霊を憑依させるというものです。そしてボリスが持つもう一つの持霊・吸血コウモリはツェペシュ一族の先祖霊が精霊化したものとなっています。

持霊一覧④チームメイツ

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、4つ目に紹介するのはビッグガイ・ビルの持霊・チームメイツです。この持霊はかつてビッグガイ・ビルと共にバス転落事故で巻き込まれたチームメイトで、総勢21人の選手がビッグガイの持霊として登場します。そしてビッグガイの必殺技「ビッグタッチダウン」は大柄なアメフト選手21人が同時に攻めてくるというもので、かなりの迫力がありました。

持霊一覧⑤凶凶

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、5つ目に紹介するのはザンチンの持霊・凶凶です。この持霊はパンダの霊で、ザンチンが持っている銅鑼(ドラ)を媒介にしてオーバーソウルします。それによって破壊力抜群の攻撃「ドラクマネコ」を繰り出すことが可能となります。攻撃技には「黒いパンダの両手」と「黒いパンダの手」といった2つの名前がありました。

持霊一覧⑥マリアッチ仲間

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、6つ目に紹介するのはペヨーテ・ディアスの持霊・マリアッチ仲間(カルロス、サパタ、アントニオ、ホセ、ジョアン、パンチョ、ミゲル)です。通常は骸骨の人形ですが、本選トーナメントではBoZのメンバー2人の体を媒介にしてオーバーソウルさせていました。

また、切り札に「巨大なガイコツ人形」を媒介にして持霊をオーバーソウルさせる「グランデファンタスマ」があります。どうやらペヨーテのオーバーソウルは死者のシンボルである「骨」であり、人形ではないようです。

持霊一覧⑦ジン

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、7つ目に紹介するのはターバインの持霊・ジンです。願いを叶えてくれるランプの精霊ジンは、ターバインのことを名前ではなく「ご主人様」と呼んでいます。ご主人様ことターバインの手のひらに付けられているランプが媒介となっていました。そしてジンが叶えてくれる願いは100%の確率で遂行される優れたものですが、その願いが叶えられるのは1日数回程度という制限があります。

持霊一覧⑧MAMA

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、8つ目に紹介するのはオパチョの持霊・MAMAです。この持霊は羊の霊で、MAMAの皮製ヘアバンドとオパチョの髪の毛を媒介にしています。画像でも分かる通り、オパチョが羊の霊を全身に纏うようにオーバーソウルするため、オパチョの顔以外、全て羊の姿になります。かわいい容姿とは裏腹に、竜を跳ね飛ばしてしまうほどの突破力と威力を持っていました。

持霊一覧⑨ブロックス

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、9つ目に紹介するのはブロッケンの持霊・ブロックスです。大量のネズミの霊で、名前の通りブロックを媒介にしています。どうやら媒介になるブロックにはネズミの小骨が仕込まれているようで、ブロック1つ1つにオーバーソウルさせるようです。

そしてオーバーソウル「組替自在魂(DIE BLOCK)」はDIEタンクやDIEザウルスなどざまざまな形状に変化させることができるため、想像力次第で組み合わせのパターンが無限に広がると言えるでしょう。

持霊一覧⑩アシュクロフト

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、10個目に紹介するのはカンナの持霊・アシュクロフトです。アシュクロフトは中性の騎士の霊で、煙を媒介にします。甲冑は媒介と見せかけるためのフェイクでした。どうやら甲冑の中のアシュクロフトの姿は性格が悪いおじいちゃんのようで、たまおの持霊・コンチとポンチなどの動物霊を見下している様子もしばしば見受けられます。戦闘時には騎士らしくランス(槍)を武器にしていました。

持霊一覧⑪ジャック

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、11個目に紹介するのはマチルダの持霊・ジャックです。ジャックは殺人鬼の霊でカボチャ頭の人形を媒介にしています。オーバーソウル「切り裂きジャック」は「ゲタルゲタルムインゲタル」という呪文を唱えることで発動させることができ、戦闘時は全身に仕込まれたナイフを使った攻撃技「トリック・オア・トリート」を仕掛けます。

持霊一覧⑫チャック

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、12個目に紹介するのはマリオンの持霊・チャックです。チャックは拳銃に憑りついていた西部開拓時代のガンマンで、若くして亡くなったとのことでした。オーバーソウルへと至るにはマリオンの母親が作った左目の眼球が外れた人形を媒介にしています。そしてオーバーソウルすることで「マグナムクラフト」という攻撃技を繰り出します。

持霊一覧⑬堕天使ルシフェル

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、13個目に紹介するのはラキストの持霊・堕天使ルシフェルです。堕天使ルシフェルは機動天使の試作機でした。コンプハンターから射出する弾丸にオーバーソウルします。オーバーソウルした状態では、マルコとの戦いでも圧倒的な強さを発揮しており、X-LAWSのメンバーの天使たちの中でも最強を誇る機体と言えるでしょう。

持霊一覧⑭アムネリス

ハオ組メンバーの持霊や強さ一覧、14個目に紹介するのはアナホル・ポッキの持霊・アムネリスです。アムネリスは過去のエジプト女王が精霊化したとされており、人間ではなくネコの姿をしています。鞭を媒介にしてオーバーソウルさせるとネコからスフィンクスの姿となり、背中から翼を生やして飛行したり目から光線を出すことができます。攻守に優れた持霊とオーバーソウルと言えますが、あまり登場シーンはありませんでした。

Thumbシャーマンキングの強さランキング! 巫力最強キャラはハオ?アンナ? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオ組の立場や目的

考察①ハオ組の立場

優れたシャーマンだけの世界「シャーマンキングダム」を作ろうとした過去を持つハオを筆頭に組織されたハオ組ですが、今回のシャーマンファイトではどのような立場にあるのでしょうか?結論から言うと、ハオを筆頭にしたハオ組はシャーマンファイトでの優勝候補という立場にあります。

優勝候補ということなので、当然優勝を阻止しようとする組織が存在しており、「X-LAWS」や「ガンダーラ」といった組織から排除対象となっていました。また、優勝候補としての立場以外にも、ハオに個人的な恨みを持つシャーマンもシャーマンファイトに参加しているので、個人的に動くシャーマンにも追われています。

考察②ハオ組の目的

続いて紹介するのはハオ組の目的です。その目的というのがハオをシャーマンファイトで優勝させ、シャーマンキングにすることと、ハオが理想とする「シャーマンキングダム」を作り出すということです。その他にもハオの力を増大させるため、スピリットオブファイアに捧げる魂の収集も目的としています。

Thumb【シャーマンキング】プリンセスハオとは?伝説の夢オチ最終回をネタバレ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオの最後はどうなった?

優勝候補としての立場にあるハオ組を率いるハオは、『シャーマンキング』における最強キャラですが、彼の最後はアニメと原作漫画ではそれぞれ内容が異なります。では、ここからハオがどのような最後を迎えたのか?『シャーマンキング』の原作漫画、完全版、アニメとそれぞれの内容を紹介していきます。

ハオの最後①原作漫画

では初めに原作漫画におけるハオの最後を見ていきます。まず、ハオは千年前から転生を繰り返しているため、ハオの強さと主要キャラの強さに差があり過ぎることでハオに全く歯が立たない状態でした。そのため、葉たちはシャーマンファイトの二回戦で辞退し、ハオが優勝する寸前を狙うという方針に変更します。なぜなら、シャーマンキングになるシャーマンは、直前で仮死状態になるからです。

そして葉たちは十祭司たちを倒し、ハオの元に向かいますが、葉たちの巫力の消費が激しかったためカリムのプラントで一泊することになりました。その夜、アンナとまん太が話す姿があり、アンナはハオについて「あいつはバカでしつこくてどうしようもなくちっちゃい眠り姫」と言いました。

その後、マン太は睡眠時に夢を見ます。その夢というのは、葉を始めとした仲間とプリンセスハオ(女装したハオ)が集まるというものでした。これが原作の最終回でありハオの最後となっており、かなり中途半端な展開になってしまっています。

ハオの最後②完全版

続いては原作漫画の完全版を見ていきます。ハオは最終決戦でシャーマンキングとして覚醒を遂げていました。G.Sで天変地異をも起こすことができるため、五大精霊を持霊にした葉達でさえも圧倒されてしまいます。そもそも、ハオがなぜ人間に憎しみと悲しみを抱くようになったのかというと、そのきっかけとなったのがハオの母親を殺されたことでした。

この事実がハオの最後に大きく関係しており、最終戦でその憎しみの原動力になった母親から愛情を受けたことで、ハオの憎しみが消えていきます。そしてハオは「シャーマンキングとして残された時間で、お前たちがどう地上を変えるのか見守ってやる」と言いました。その後、ハオと猫が再会し物語の幕が閉じます。

ハオの最後③アニメ

最後にアニメ版におけるハオの最後を見ていきます。まず、ハオはメイデンのシャマシュを捕食したことで星の聖地に行き、グレートスピリッツと一体化しました。そこでハオは強大な力を手にしたことで、シャーマンファイトに参加する必要が無くなります。

ところが、その後葉たちの元にやってくるものの、仲間たちから貰った力によって阿弥陀丸と一体化した葉の力が増大し、その力によってハオは真っ二つにされてしまいました。これがアニメ版におけるハオの最後となります。

Thumbシャーマンキングの最終回をネタバレ!アニメ・漫画の違いと完全版での真の結末を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオのアニメ声優

高山みなみのプロフィール

  • 本名:新井 泉(あらい いずみ)
  • 生年月日:1964年5月5日
  • 出身地:東京都足立区
  • 職業:声優、歌手、ナレーター
  • 所属事務所:81プロデュース

『シャーマンキング』のハオ組を率いるハオの声を演じた声優は、81プロデュースに所属しながら声優、歌手、ナレーターとして活動する高橋みなみです。声優としてのデビュー作は『学園特捜ヒカルオン』で、1987年から2021年現在に至るまで活動中です。

そして現在は人気声優の1人として今もなお活動しており、代表作には『名探偵コナン』の江戸川コナン役を初め、『魔女の宅急便』のキキ/ウルスラ役、『忍たま乱太郎』の猪名寺乱太郎役、『ドラえもん』のスネ夫のママ役などがあります。

高山みなみの主な出演作品

  • 1987年~:ミスター味っ子(味吉陽一 役)
  • 1989年~:らんま1/2(天道なびき 役)
  • 1990年~:楽しいムーミン一家(ムーミン・トロール、ムーミンパパ 役)
  • 1990年~:まじかる☆タルるートくん(江戸城本丸 役)
  • 1991年~:ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年(ター 役)
  • 1992年~:お〜い!竜馬(坂本竜馬 役)
  • 1993年~:ジャングルの王者ターちゃん♡(リサ・コーガン[27]、エリザ 役)
  • 2005年~:DIGITAL MONSTER X-evolution(ドルモン/ドルガモン/ドルグレモン/アルファモン 役)
  • 2007年~:ゲゲゲの鬼太郎(鬼太郎 役)
  • 2008年~:機動戦士ガンダム00(カティ・マネキン、赤ハロ、ダビッド 役)

Thumbシャーマンキングの豪華すぎる声優一覧!再アニメ化のキャストは誰になる? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオ組に関する感想や評価

こちらは『シャーマンキング』のハオ組メンバーに関する感想です。この感想を見ると、どうやらハオ組の皆が揃っていることやハオと話している様子を気に入っているのが分かります。そしてハオがおこなう鬼畜の所業を考慮しても魅力的だと言われているので、もしかするとハオ組のメンバーも同じような心境の者がいたことも考えられます。

こちらは『シャーマンキング』のハオ組メンバーと主人公・麻倉葉たちに関する感想です。どうやらハオ組のメンバーと葉たちが仲良くする結末を望んでいるようです。それほどハオ組のメンバーに魅力を感じているということでしょうか?『シャーマンキングフラワーズ』では花組のメンバーにハオ組がいるので、他にも葉たちと関わっているハオ組メンバーがいるかもしれません。

こちらは『シャーマンキング』のハオ組を率いるハオに関する感想です。感想ではハオの目的に関して言及されており、ハオの目的は何だったのか?と言われています。ハオは序盤から登場したキャラですが、意外とハオ組メンバーの印象の強さや数に圧倒されたことで、ハオの目的を忘れている方は多いのかもしれません。

ThumbSHAMAN KING THE SUPER STARはシャーマンキングの新章!あらすじをネタバレ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

シャーマンキングのハオ組のキャラまとめ

『シャーマンキング』に登場するハオ組のメンバーを一覧で紹介しつつ、持霊・強さやプロフィールをまとめてきましたがいかがでしたか?『シャーマンキング』の物語において500年に1度開催される、シャーマンキングを決める戦い「シャーマンファイト」は最も重要なイベントです。勝ち抜かなければシャーマンキングになることはできません。

当記事で紹介したハオを筆頭に組織されたハオ組は、シャーマンファイト出場者の中でも「X-LAWS」、「ガンダーラ」を含めた三大勢力として絶大な力と影響力を持っていました。そしてハオ組のメンバーは総勢16人もいます。

ただ、ハオがメンバーの中で信頼しているのはオパチョとラキストだけのようです。なぜ2人だけしか信頼できないのか?その理由をハオ組へと加入することになった経緯や理由などを考慮しつつ、考察してみるのも良いかもしれません。また、今回はハオの最後や目的も紹介しているので、続編となるフラワーズやスーパースターでハオのその後の動向やハオ組メンバーについて調べてみると良いでしょう。

Thumbシャーマンキングの歴代OP曲まとめ!ED・挿入歌もまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ