【呪術廻戦】禪院真依の術式と能力は?初恋の相手や双子の姉・真希との関係も考察

呪術廻戦で皮肉屋の性格を持っている禪院真依の術式と能力に注目が集まっています。彼女には双子の姉である真希の存在がありましたが、幼少期は仲が良かったもののあることをきっかけに憎しみを持つ関係となってしまいました。呪術界御三家の一つである禪院家に生まれたものの呪力があまり強くない真依は、家の中では雑用係を強いられ辛い幼少期を過ごしていました。そこで、呪術廻戦で女性らしい真依の初恋の相手や双子の姉・真希との関係、術式や能力、髪型などを紹介します。

【呪術廻戦】禪院真依の術式と能力は?初恋の相手や双子の姉・真希との関係も考察のイメージ

目次

  1. 呪術廻戦の禪院真依とは?
  2. 呪術廻戦の真依の術式や能力・領域展開
  3. 呪術廻戦の真依の髪型の変化や初恋相手を考察
  4. 呪術廻戦の真依と姉の禪院真希の関係
  5. 呪術廻戦の真依の登場回と活躍シーン
  6. 呪術廻戦の真依のアニメ声優
  7. 呪術廻戦の真依に関する感想や評価
  8. 呪術廻戦の真依まとめ

呪術廻戦の禪院真依とは?

呪術廻戦でスタイル抜群の禪院真依は、美しい容姿を持っているもののかなりの皮肉屋の性格を持っている扱いにくい女性となっています。高校二年生の真依は、呪術界において御三家の一つとなっている禪院家出身となっているため、彼女が扱うことができる術式や能力にも注目が集まるようになりました。しかし、呪力を銃などの武器に籠めて打ち出すことはできるものの、それほどの力を持っていなかったのです。

そのため、禪院家26代目当主である禪院直毘人の姪でありながら幼少期は双子の姉である真希と雑用係をさせられたり、落ちこぼれ扱いされたりして辛い生活を送っていいました。ずっと一緒だと約束した姉が家を出て一人取り残されてしまった真依は約束を破った姉の真希を憎むようになります。そこで、穏やかで女性らしい口調で話している真依の初恋の相手や双子の姉・真希との関係、髪型、彼女が扱う術式や能力なども紹介します。

呪術廻戦の作品情報

呪術廻戦の概要

呪術師たちと具現化した呪い(呪霊)との戦いが繰り広げられている「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」は、週刊少年ジャンプ(2018年3月・14号)によって連載された漫画です。2021年1月の時点で14巻まで単行本で刊行されている呪術廻戦は、岩手県出身の漫画家である芥見下々さんによって描かれています。注目を集めるようになった呪術廻戦には、「東京都立呪術高等専門学校」という漫画も連載されました。

「東京都立呪術高等専門学校」はジャンプGIGAによって    2017 vol.1~vol.4に渡って連載され、全1巻の単行本が刊行されています。バトル・ダークファンタジーが描かれている呪術廻戦のテレビアニメは、TBS系列や毎日放送によって2020年10月から放送されました。JC累計発行部数を2020年5月時点で450万部記録している呪術廻戦は、全国書店員が選んだおすすめコミック2019において第1位になっています。 

呪術廻戦のあらすじ

祖父に育てられた虎杖悠仁は人懐っこく素直な性格の高校生です。両親の顔を知らずに育った彼は常人離れした身体能力を持っていました。育ての親だった祖父が亡くなったことで孤独になった虎杖悠仁は死について考えるようになります。1000年も誕生しなかった両面宿儺の器となることになった悠仁は、特級呪物である両面宿儺を受肉しました。自分が人の役に立つ力を持っていると知った悠仁は、呪術師として生きるようになります。

禪院真依のプロフィール

呪術廻戦で禪院家26代目当主である禪院直毘人の姪となっている禪院真依は、京都府立呪術高等専門学校に通う高校二年生となっています。女性でありながら170㎝の身長を持っている真依は、穏やかで女性らしい口調で話すことができる美しい女性となっていますが、作中ではかなりの毒舌を披露していました。皮肉屋の性格を持っている真依には、呪術高専東京校に通っている同じく二年生の双子の姉(禪院真希)がいました。

  • 名前:禪院真依(ぜんいんまい)
  • 階級:三級呪術師
  • 身長:170㎝くらい
  • 血液型:不明
  • 誕生日:不明
  • 所属:京都府立呪術高等専門学校二年
  • CV(声優):井上麻里奈
  • 性格:女性らしく穏やか、皮肉屋

術式や能力、初恋の相手なども注目を集めている真依は三級呪術師として活躍しています。彼女は呪術界御三家の一つである禪院家に誕生しているものの生まれつきほとんど呪力を持っていない姉である真希同様、落ちこぼれ扱いされる辛い幼少期を過ごしていました。髪型にも注目が集まっている真依は、幼少期は姉を慕っていましたが一人で家を出ていった姉を憎むようになり、常に見下すような態度を取っています。

禪院真依の煽り口調がすごい

呪術廻戦で皮肉屋の性格を持っている禪院真依は、煽り口調がすごいと注目を集めるようになりました。術式や初恋の相手、髪型なども話題となっている真依は、女性らしく穏やかな口調で話すことができるものの、基本的には上記の画像のような毒舌を放って周囲を見下していたのです。特に被害に遭っていたのは、双子の姉である真希でした。

禪院家から飛び出していった姉の真希とは別々の高校へ通っていますが、姉妹校の交流会などで会った際には常に姉である真希を落ちこぼれ扱いして見下していました。幼少期に一緒に雑用係をしていた真依は姉を慕い頼りにしていたため、自分を置いて出ていってしまった姉を許すことができずにずっと恨み続けてきたのです。そのため、性格が歪んでしまったようです。一人残された真依は、相当辛い思いをしたのかもしれません。

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

呪術廻戦の真依の術式や能力・領域展開

強さ①構築術式

呪術廻戦で禪院家出身の真依の術式や能力はどのようになっているのでしょうか?そこで、呪術廻戦で三級呪術師として活躍している真依の術式や能力・領域展開などを紹介します。初恋の相手なども噂されている禪院真依の術式は「構築術式」となっていました。「構築術式」とは無から物体を作ることができる術式となっています。

髪型などにも注目が集まっている真依は呪術界においては優秀な家系に誕生しているものの、本人の実力はそれほど優秀ではなかったために、呪力を籠めた弾丸は一日に一発しか作ることができませんでした。リボルバー式のピストルを出力用の武器として使用している真依は、ピストルの弾を全部使用したと相手に油断させて自らの呪力で作り出した弾丸を放って相手の意表を突くという作戦で戦っていたのです。

強さ②領域展開はできる?

呪術廻戦で幼少期に落ちこぼれ扱いされていた禪院真依の術式は構築術式となっていますが、それでは、領域展開はできるのでしょうか?作中において初恋の相手や双子の姉・真希との関係などにも注目が集まっている真依が領域展開ができるのかどうかの詳細はまだ描かれていません。そのため、使用できるのかできないのかは明らかになっていませんが、今後領域展開を習得して戦いにおいて披露することは十分可能でしょう。

かわいい髪型をしている真依は、まだ高校二年生であるため修業次第では十分領域展開を使用することができるようになると考えることができます。構築術式という高度な術式を扱うことができる真依は、呪力を籠めた弾丸を一日に一つ作ることで精いっぱいとなっていますが、それほどの能力を持っているのであれば、結界内で生得領域の具現化をする領域展開はそれほど難しくないでしょう。

Thumb【呪術廻戦】憂憂(ういうい)はどんなキャラクター?術式や冥冥との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依の髪型の変化や初恋相手を考察

真依の髪型の変化の理由

呪術廻戦で女性として魅力的な雰囲気を放っている禪院真依は、髪型の変化や初恋の相手についても注目を集めるようになりました。そこで、呪術廻戦で数々の毒舌を放っている魅力的な真依の髪型の変化や初恋相手を考察していきます。術式や能力に関しても話題となっている真依は、初登場した際には下記の画像のような少し長めのショートカットとなっています。大人の女性を思わせるような素敵な髪型となっていました。

その後、京都姉妹校交流戦において登場した際にはかなりバッサリ短くカットされており、初登場とは異なった大人の女性の魅力を放っています。彼女はショートカットがよく似合うキャラクターとしても人気を集めるようになりました。初恋の相手などにも注目が集まっている真依は、基本的に美人であるためバッサリカットしたショートカットも似合ってしまうのでしょう。

髪型が変化していることで髪型が安定しないキャラとしても話題となりました。作者いわく髪型が変わったことに対して重大な理由は特にないようで初登場での髪型が真依のキャラにいまいちしっくりきていなかったために少し変更しただけのようです。毒舌がかわいいと評判の真依は、登場する度にかわいいと人気のキャラとなっていますが、髪型もどんどん短くなってかっこいい雰囲気も披露していました。

真依の初恋相手を考察

伏黒恵

呪術廻戦で実は純粋で傷つきやすい性格の禪院真依の初恋相手としてさまざまな噂が立っていますが、彼女の初恋の相手は誰なのでしょうか?そこで、大人の魅力を放っている真依の初恋の相手を考察していきます。高校二年生でありながら大人っぽい雰囲気を放っている真依の初恋の相手としては、無表情でありながらかっこいい魅力が満載の「伏黒恵」をあげることができるでしょう。

術式や髪型も話題となっている真依は、初登場した際に真面目で冷静に振舞うことができる伏黒恵に好印象を抱いているようでした。真面目な性格の伏黒恵は、筋肉ムキムキの東堂から突然女性の好みを聞かれた際にもしっかりと真面目に答えています。

素っ気ない雰囲気の伏黒恵ですが、外見ではなく揺るがない人間性のある女性が好みであるといい放っていた際にかわいい真依からはハートが飛び出していました。そのため、好意を抱いたことは間違いないでしょう。しかし、かなり余裕たっぷりに振舞っているため好意を抱いているものの、ドキドキするような初恋ではないのかもしれません。

禪院真希

呪術廻戦で姉に対してかなりの執着心を抱いている禪院真依の初恋の相手は、姉である「禪院真希」と考えることもできるでしょう。あくまでも初恋であるため、幼少期であった場合は相手が女性である可能性も考えられます。幼少期にバカにされたり、蔑まれたりして育っている真依は、かなり甘えん坊な妹となっていました。二人は辛い幼少期を一緒に過ごしているため、相当な信頼関係が芽生えていたようです。

甘えている真依に対して姉である真希は時に男らしいセリフを放って妹の面倒を見ていました。怖がりで臆病だった真依は、男らしく勇ましい姉である真希に対して外へ出かけた際に自分と手を繋いでくれるように頼んだり、自分を独りぼっちにしないように頼んだりしています。それらのやり取りを見る限り、初恋の相手であってもおかしくはないでしょう。

禪院扇

呪術廻戦で特別一級呪術師である禪院扇は、女性らしくかわいいと評判の禪院真依やその姉である真希の父親となっています。神経質そうな表情をしている禪院扇は、毒舌がかわいいと人気の真依の父親となっていますが、彼女がファザコンだった場合は父親である禪院扇が初恋の相手と考えることができるかもしれません。しかし、幼少期はほとんど接点がなかったようなので、父親が初恋の相手の可能性は低いでしょう。

禪院家において26代当主である直毘人の弟が禪院扇とされています。父親である禪院扇は渋谷事変終了後から登場しているキャラクターとなっており、それ以前は娘である真依の回想シーンにおいて名前のみ登場していました。親子の関係はあまり詳しく描かれていませんが、当時悲惨な幼少期を過ごしている真依は雑用係をさせられているため、父親に初恋をする可能性はほとんどないとも考えることができます。

Thumb【呪術廻戦】存在しない記憶は虎杖の術式?発動条件や順平・東堂の伏線なども考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依と姉の禪院真希の関係

姉の禪院真希は落ちこぼれ?

呪術廻戦で二級呪術師以上の実力はあるものの四級呪術師として扱われている禪院真希は、双子である禪院真依の姉となっています。家を出て東京にある呪術学校に通い修業をするようになった真希ですが、当時は呪力を生まれつき持っていなかったためにかなりの落ちこぼれとして扱われていました。呪霊でさえも見ることができないため幼少期から双子の妹である真依と一緒に雑用係をさせられ、見下されて育ちます。

凛々しく強い精神を持っていた真希は、自分を虐げ粗末に扱った禪院家を見返すために立派な呪術師となって名を上げるために家を出る決意をしたようです。呪力は持っていないものの、特殊な眼鏡をかけることで呪霊を視認することができるようになりました。

術式が扱えない呪力を持っていない彼女は、上手に呪具を活用することで邪悪な悪霊と戦うことができるようになります。呪力は持っていないものの、生まれつき身体能力が高かった彼女は、呪具の扱いであれば誰にも負けない能力を持っていました。実家を飛び出してしまった真希は、数々の妨害を受けるようになり二級呪術師以上の力を持っているもののその実力は認められていません。

禪院真依は呪術師になりたくなかった?

呪術廻戦で辛い幼少期を過ごしている禪院真依は、姉である真希をかなり慕っていました。そのため、虐げられてり雑用係をさせられたりしても真希と一緒であれば全く問題なかったようです。しかし、姉である真希は、自分を見下した禪院家を見返すために家を飛び出し呪術師になるために修業を積むようになります。姉である真希が家を飛び出して呪術師を目指してしまったために、妹の真依も呪術師の修業をさせらるようになりました。

昔は仲が良く姉を慕っていた真依が姉を見下し恨むようになったのは自分を独りぼっちにして飛び出してしまったことはもちろん、なりたくなかった呪術師として生きなければならなくなったからかもしれません。落ちこぼれとして扱われ雑用係をさせられていた真依でしたが、それよりも辛かったのは、姉と一緒にいられなくなったことだったようです。

Thumb【呪術廻戦】加茂憲倫は偽夏油の正体?術式・強さや虎杖悠仁との関係を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依の登場回と活躍シーン

登場回と活躍シーン①2巻

呪術廻戦でかわいい魅力を放っている真依の登場回と活躍シーンをそれぞれ紹介しましょう。皮肉屋の性格を持っている真希は、2巻の16話において筋肉ムキムキの東堂と一緒に姉妹校交流会の打ち合わせのために東京校へ来た際にバッタリ二級呪術師で素っ気ない態度の伏黒恵や感情が表に出やすい釘崎野薔薇らと鉢合わせています。その際も毒舌の真依は、相手が怒るようなセリフと放って煽っていました。

登場回と活躍シーン②3巻

呪術廻戦の3巻では17話~18話において登場している真依は、一緒に東京校へ訪れた東堂が生真面目な性格の伏黒恵と戦い始めたことで、丸腰の釘崎野薔薇と戦い始めました。しかし、姉である真希が訪れたことで圧倒されるようになります。激しく戦っていた東堂でしたが、ファンである高田ちゃんの個別握手会に行く時間になったためにさっさと撤退していきました。

登場回と活躍シーン③4巻

呪術廻戦の4巻では32話~34話にかけて登場している真依は、京都府立呪術高等専門学校の生徒として姉妹校となっている東京都立呪術専門高等学校へ姉妹校交流会にためにやってきました。前回とは異なり東堂以外の京都府立呪術高等専門学校の生徒らと一緒に登場しています。彼女たちは凶悪な両面宿儺の器となった虎杖悠仁を殺すことを企んでおり、隙を狙って攻撃を仕掛けようとしていました。

登場回と活躍シーン④5巻

呪術廻戦の5巻においては35話~36話において京都府立呪術高等専門学校の仲間と共に虎杖悠仁を取り囲んだ真依でしたが、あっさりと攻撃をよけられてしまいます。何を考えいるのか理解しにくい東堂が怒り出したことで再び撤退することになりました。5巻においてはその他にも39話~42話においても登場してさまざまな活躍を披露していました。42話では姉である真希と戦い敗北したことで今までの心の内を吐露しています。

登場回と活躍シーン⑤6巻

呪術廻戦の6巻の52話では厳つい雰囲気の東堂と優れた身体能力を持っている虎杖悠仁が戦っていました。準一級術師であり顔に大きな傷を負っている庵歌姫は、邪悪な心を持っている呪詛師を倒そうと斬りかかっています。そこに登場したのが姉である真希と心を通わすことができるようになった真依と素直な性格の釘崎野薔薇でした。しかし、己の欲望のため力を用いる呪詛師は逃亡してしまいます。

登場回と活躍シーン⑥7巻

呪術廻戦の7巻の54話では姉妹校交流会の二日目が描かれています。野球戦が行われることになったため、ショートカットが似合う真依は、ファースト・5番として参加しました。試合中仲間の東堂はデッドボールを受けてしまいます。しかし、デッドボールを放ったのは敵であるものの姉の真希であったために「ナイスピッチー」と声をかけていました。姉である真希とは昔のように仲良くなることができたようです。

Thumb【呪術廻戦】帳とは漆黒の結界術!これまでに帳を下ろした事例・シーンを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依のアニメ声優

井上麻里奈のプロフィール

  • 名前:井上麻里奈(いのうえまりな)
  • 血液型:AB型
  • 生年月日:1985年1月20日
  • 出身地:東京都
  • 職業:声優、歌手
  • 声優デビュー:2004年
  • 身長:162㎝
  • 所属事務所:シグマ・セブン

姉である真希のことが大好きなかわいい真依のアニメ版の声を担当したのは声優の井上麻里奈さんです。声優の井上麻里奈さんは、声優の他に歌手としても活動をしています。学習院大学法学部政治学科を卒業した井上麻里奈さんは、2003年に開催されたソニーミュージックSDグループ声優オーディションを受けてグランプリを受賞しました。その後は歌手や声優としてデビューを果たしさまざまな活動をしています。

井上麻里奈の主な出演作品

声優の井上麻里奈さんの主な出演作品には、銀盤カレイドスコープの本城ミカ役やがくえんゆーとぴあ まなびストレート!の上原むつき役、さよなら絶望先生の木津千里役、魔法少女リリカルなのはシリーズのエリオ・モンディアル役、あかね色に染まる坂の霧生つかさ役、スキップ・ビート!の最上キョーコ役、魔法遣いに大切なこと 〜夏のソラ〜の浅葱ほのみ役、戦場のヴァルキュリアのアリシア・メルキオット役などがありました。

Thumb【呪術廻戦】呪術界の御三家とは?各家系の特徴・呪術師や相伝術式まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依に関する感想や評価

呪術廻戦に登場している真依がかわいいと感想を寄せている人は多くいました。ショートカットが似合う大人の雰囲気を漂わせている真依は、基本的に毒舌であるためそこがかわいいとコメントしている人もいます。幼少期に自分を置いて家を出てしまった姉である真希を恨んでいましたが、再び戦い自分の思いを話せたことで昔のように心を通わせることができたようです。

呪術廻戦でスタイル抜群で女性らしい雰囲気を漂わせている真依ちゃんは美人だと感想を寄せている人もいます。毒舌な真依は、意外とツンデレでかわいいとコメントしている人もいました。実は傷つきやすく臆病な性格の真依は、毒舌を放ち相手を見下すことでバランスを取っていたのかもしれません。落ちこぼれ扱いされても姉である真希と一緒だったことで我慢できたようです。

呪術廻戦で和服姿の真依がかわいいとコメントしている人もいました。嘘つきといい放っている真依の声が良すぎると感じている人もいます。また、大っ嫌いといい放っている声も好きだと感想を寄せている人もいました。ツンデレで純粋な心を持っている真依がかわいいと感じた人は多かったようです。

Thumb【呪術廻戦】釘崎野薔薇の死亡説の真相は?生存の可能性は?安否不明の今後を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真依まとめ

呪術廻戦でスタイル抜群で勇ましい姿を披露している真依は、毒舌がかわいいと評判の高校生となっています。穏やかで女性らしい口調で話す真依は、幼少期に慕っていた姉が家を飛び出して自分を独りぼっちにしてしまったことでかなりひねくれてしまったようです。皮肉屋な性格になってしまった真依でしたが、長い間ふたをしてきた自分の気持ちを打ち明けたことで姉とも心を通わせるようになりました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ