【呪術廻戦】冥冥は弟の憂憂を溺愛する1級術師!強さ・術式や登場回を紹介

『呪術廻戦』には魅力的で個性溢れるキャラクターが多く登場しています。特に特級呪術師である五条悟が大人気のようですが、五条の強さには劣るものの1級呪術師・冥冥も魅力的で、かなりの強さを誇るキャラクターです。冥冥は弟の憂憂を溺愛している部分が印象的ですが、普段は余裕も感じさせる大人の女性の雰囲気を持っています。当記事では、そんな冥冥の強さや必殺技、術式を紹介していきます。また、登場回も紹介していますので合わせてご覧ください。

【呪術廻戦】冥冥は弟の憂憂を溺愛する1級術師!強さ・術式や登場回を紹介のイメージ

目次

  1. 冥冥は弟の憂憂を溺愛する1級術師
  2. 冥冥の術式や技・強さ
  3. 冥冥の登場回や登場シーン
  4. 冥冥は死亡する?
  5. 冥冥に関する感想や評価
  6. 冥冥まとめ

冥冥は弟の憂憂を溺愛する1級術師

『呪術廻戦』に登場する冥冥は大人の女性の雰囲気を持ったキャラクターです。1級呪術師でありながらも、あまり目立った行動をするキャラではありませんでしたが、渋谷事変における夏油との戦闘では圧倒的な強さを披露していました。ここからは、冥冥の強さや必殺技、術式などを『呪術廻戦』の作品情報と共に紹介していきます。

呪術廻戦の作品情報

呪術廻戦の概要

『呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)』は、2018年から「週刊少年ジャンプ」にて連載されている呪術・バトル漫画です。本作は、「ジャンプGIGA」で連載されていた『東京都立呪術高等専門学校』を正式な前日譚とした作品で、物語では本編に登場する最強呪術師・五条悟や特級呪詛師・夏油傑が登場しています。

呪術廻戦のあらすじ

ここでは『呪術廻戦』のあらすじを簡単に紹介していきます。舞台は人間の負の感情から生まれた呪霊と、それを祓う呪術師が存在している世界です。主人公は、圧倒的な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁。物語は虎杖が通う高校に眠る「呪物」の封印が解けた時からスタートしました。虎杖は封印が解けたことで現れた人を襲う化物・呪霊から人を守るべく戦いに身を投じます…

冥冥のプロフィール

『呪術廻戦』に登場する冥冥とは、五条や庵の先輩にあたる1級呪術師です。長い白髪をした見た目と、飄々としながらも金に汚い性格が特徴。虎杖が通う高専の協力者ではあるのですが、普段は個人から報酬を受け取って活動しています。

冥冥は弟の憂憂を溺愛している

冥冥の最大の特徴が「お金を最優先にすること」です。京都姉妹校交流会が開催された時に、五条達と生徒を守る役目を担っていたのですが、そこで「お金以外のしがらみは理解できない」と言い放っていました。そんな性格が影響し、預金額は既に約2億5000万円に達しているようです。

五条に守銭奴と評されるほどお金に強い執着心を見せる冥冥ですが、そんな彼女が唯一お金以外に興味を示すのが実の弟「憂憂」です。憂憂のことを溺愛しており、それも常に任務に連れて行くほどでした。

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

冥冥の術式や技・強さ

強さ①黒鳥操術

冥冥の術式は「黒鳥操術(こくちょうそうじゅつ)」です。鳥と視野を共有することを可能にする術式で、共有した映像をモニターに映すこともできます。実際に京都姉妹校交流会で鳥の視覚を共有して周囲の探索をおこなっていたため、補助的な役割で利用することが多いようです。

そのため、攻撃手段としてはそれほど強力ではありません。しかし、冥冥はその欠点を若い頃に無くそうと体を必死に鍛えた結果、術式無しでも戦えるようになりました。

強さ②必殺技は神風(バードストライク)

冥冥の必殺技は「神風(バードストライク)」です。神風とは、術式で生み出した鳥に自死を強制させた上で、相手に体当たり攻撃を仕掛ける技です。この技は命をかける縛りを使いこなしているからこそできるもので、本来微弱である鳥の呪力制限を消し去っています。

そのため、特級呪霊を屠るほどの強さを誇ります。実際に必殺技「神風」を防ぐことができた人間は、五条以外存在しないとのことでした。

強さ③領域展開はできる?

冥冥の戦闘スタイルは夏油との戦いでしか見ることができていないため、彼女が領域展開を使用可能かどうか明らかになっていません。ただ、これから冥冥の戦闘シーンが増えてくると考えられるため、今後領域展開を披露する可能性は十分にあります。ちなみに、冥冥の弟である憂憂は、シン・陰流「簡易領域」を使う事が出来ます。

Thumb【呪術廻戦】キャラクターの強さランキング!最強の登場人物は誰?能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

冥冥の登場回や登場シーン

冥冥の登場回①5巻

『呪術廻戦』の単行本5巻では、術式で生み出した鳥と視覚を共有して団体戦をモニター越しで見ている冥冥の姿があります。五条や歌姫たちと交流会の様子をモニタリングしており、生徒たちの特徴を分析していました。分析した結果、真希の実力が2級術師に値すると評価しています。どうやら、冥冥は京都高の学長・楽巌寺からお金を受け取っているようで、その任務として虎杖周りの映像を意図的に途切れさせている様子でした。

冥冥の登場回②6巻

『呪術廻戦』の単行本6巻では、京都姉妹校交流会が終わっていないため、引き続き学生たちの状況把握に努めている冥冥の姿があります。しかし、後半で特級呪霊である花御が団体戦に乱入する不測の事態が発生してしまいました。そこで、冥冥はエリア内にいる学生たちの位置を特定するために、そのまま閲覧室でのモニタリングを続行しています。

冥冥の登場回③7巻

『呪術廻戦』の単行本7巻では、呪霊たちによる襲撃の結果報告の場に参加する冥冥の姿があります。冥冥は交流会で起きた特級呪霊による襲撃事件の「被害共有会議」に参加し、伊地知から現場で発生した生徒への被害報告を受けていました。

冥冥の登場回④8巻

『呪術廻戦』の単行本8巻では、東堂と共に虎杖・釘崎・伏黒・真希・パンダの5人を1級呪術師に推薦している冥冥の姿があります。64話の冒頭シーンでは東堂と卓球をしながら、虎杖たちの推薦について話していました。

冥冥の登場回⑤10巻

『呪術廻戦』の単行本10巻では、冥冥が虎杖と共に待機している姿と、呪霊・改造人間と戦闘を繰り広げている姿があります。冥冥は五条が単独で呪霊の元へ向かっている時に虎杖と共に待機していましたが、虎杖が待機命令に異を唱えたため、その時の意見を冥冥が取り入れた結果、明治神宮駅前に移動することになりました。

そして、虎杖が地下2階で帳を守っている呪霊と戦っている時に、冥冥は地下4階へと向かいます。それから帳を解除した虎杖と合流して地下5階に向かい、そこにいた改造人間と戦闘になりました。

冥冥の登場回⑥11巻

『呪術廻戦』の単行本11巻では、呪詛師と遭遇している冥冥の姿があります。冥冥を始末しようと、彼女の前に呪詛師が現れました。そこで、冥冥は呪詛師との戦いに身を投じます。

冥冥の登場回⑦12巻

『呪術廻戦』の単行本12巻では、呪詛師との戦闘で勝利した冥冥の姿があります。冥冥は呪詛師に命の重さと命の価値が何に比例するのか?と問いかけます。しかし、呪詛師はそれを即答できなかったため、冥冥はあっさりと倒してしまいました。

Thumb呪術廻戦のあらすじをネタバレ解説!見どころ・面白さや感想をまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

冥冥は死亡する?

冥冥と夏油傑の戦い

冥冥は『呪術廻戦』の単行本12巻で特級呪霊たちのリーダーである夏油傑(げとうすぐる)と遭遇していました。その後、冥冥は夏油傑が呼び出した疾病呪霊「疱瘡婆」と戦うことになりますが、結果的に苦戦を強いられながらも祓うことに成功します。

冥冥に死亡フラグ?生存する?

冥冥は憂憂と強力して疾病呪霊「疱瘡婆」を倒すことに成功したのですが、呪霊を呼び出した張本人である夏油との戦闘が残っていました。しかし、夏油は特級呪霊に位置付けられる実力者です。一方、冥冥は1級呪術師であったため、この実力差よって読者から死亡フラグが立てられることになりました。

その後、夏油との戦闘で生死不明の状態となったのですが、133話で冥冥と憂憂の生存が確認されます。どうやら、憂憂の術式で生き延びたようで、現在はマレーシアのクアラルンプールにいます。

Thumb【呪術廻戦】夏油傑は最悪の呪詛師!強さ・正体や五条悟との関係を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

冥冥に関する感想や評価

こちらの感想では『呪術廻戦』の冥冥が魅力的と言われています。あがっている画像は何かを読んでいる冥冥を見ることができるのですが、かなり落ち着きのある女性といった印象を受ける方はきっと多いことでしょう。どこか余裕のある所に魅力を感じているのかもしれません。

こちらは『呪術廻戦』の表紙に関する感想です。感想では「呪術だけ表紙が載っていない」ということに疑問を持っているようですが、最終的に冥冥の魅力の強烈さが原因だと言われています。おそらく、これは冥冥の容姿に関して言われているのでしょう。中身も見た目も魅力的な女性であることが分かります。

こちらは『呪術廻戦』の虎杖たちに放った冥冥のセリフに関する感想です。「好きに動いていいよ 合わせるから」という冥冥のセリフからは、かなりの余裕が感じ取れます。さすが特級呪霊を圧倒する実力を持つだけあって、頼りがいのある先輩と言えるでしょう。

Thumb呪術廻戦は面白い?つまらない?評価・感想とおすすめのポイントを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

冥冥まとめ

『呪術廻戦』に登場する1級術師・冥冥について、弟・憂憂との関係性や強さ、術式、登場回などを交えつつ紹介してきましたがいかがでしたか?冥冥の最大の特徴が「お金を最優先にする」ということです。

なにやら渋谷事変で行方不明となった後、日本から撤退してマレーシアにいることが判明し、さらに誰かと電話をしていたことから何やら不穏な動きをしていることが分かります。夏油との戦いで圧倒的な強さを見せているため、今後はどのような形で登場するのか?冥冥の動向に引き続き注目していきましょう。

Thumb【呪術廻戦】領域展開とはなに?登場した使えるキャラと技・能力を一覧で紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ