【ハイキュー】月島蛍がかっこいい!名シーンやバレーにハマるまでの軌跡も紹介

バレーを題材としたスポーツ漫画『ハイキュー』には、月島蛍という長身のバレー選手が登場します。月島蛍は長身を活かしたブロックが得意な選手です。また、『ハイキュー』に登場するキャラクターの中でもイケメンでかっこいいと人気です。この記事では、月島蛍のかっこいいシーンや名言・名セリフを紹介します。その他にも、月島蛍の基本的なプロフィールやアニメの担当声優などもまとめています。

【ハイキュー】月島蛍がかっこいい!名シーンやバレーにハマるまでの軌跡も紹介のイメージ

目次

  1. ハイキューの月島蛍がイケメンでかっこいい
  2. ハイキューの月島蛍のかっこいい名セリフや名シーン・名言集
  3. ハイキューの月島蛍がバレーにハマるまでの軌跡
  4. ハイキューの月島蛍と山口や影山・日向との関係
  5. ハイキューの月島蛍の卒業後
  6. ハイキューの月島蛍のアニメ声優
  7. ハイキューの月島蛍に関する感想や評価
  8. ハイキューの月島蛍はかっこいいキャラだった

ハイキューの月島蛍がイケメンでかっこいい

ハイキューの作品情報

この記事で紹介する月島蛍は、『ハイキュー』という漫画に登場するメインキャラクターの一人です。『ハイキュー』は古舘春一によって週刊少年ジャンプで連載されている漫画です。ここでは月島蛍のイケメンでかっこいいシーンや名言、声優などを紹介する前に『ハイキュー』の作品情報をまとめています。

ハイキューの概要

『ハイキュー』は2012年2月20日から連載開始され、2020年7月20日に完結予定の漫画です。8年もの長期間の連載で人気が衰えることなく最終章に突入しました。『ハイキュー』はバレーボールを題材としており、高校生の部活を通した青春を中心として描かれています。

ハイキューのあらすじ

『ハイキュー』の主人公・日向翔陽は春高バレーの試合で「小さな巨人」といわれる選手に憧れてバレーを始めます。しかし日向の地元では男子バレーができる環境がなく、自己流で練習をしていました。中学3年生のときにやっとメンバーが揃い、初の公式戦に挑みます。しかしそこで影山飛雄という天才セッターがいる北川第一に負けてしまいます。日向は影山にリベンジを誓い、烏野高校へ入学します。

月島蛍のプロフィール

月島蛍とは、烏野高校バレー部に所属する高校1年生です。ポジションはミドルブロッカーで、190.1cmの高身長です。また、相手のプレーの分析が得意なタイプでもあります。幼馴染の山口からは「ツッキー」と呼ばれています。公式でイケメンという設定があり、特に同じ学校の女子生徒から人気のようです。『ハイキュー』の読者からもイケメンでかっこいいと人気です。

アニメ『ハイキュー!!』公式サイト

ハイキューの月島蛍のかっこいい名セリフや名シーン・名言集

月島蛍の名言①「無理に決まってんじゃん…」

「無理に決まってんじゃん…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の73話で描かれたワンシーンのセリフです。『ハイキュー』の73話では東京遠征が決まります。遠征前のバレーの練習では同じMBの日向と月島蛍が烏養に呼ばれ、白鳥沢の牛島に対抗できるようなブロッカーになってもらうと言われました。

日向はやる気満々でしたが、月島蛍はどうせ無理に決まっているとやる気がありませんでした。この名言はその時のセリフです。バレーにハマる前の月島蛍らしいセリフでした。この時月島蛍が白鳥沢戦でバレーにハマるとは思わなかったという方も多いようです。

無理に決まってんじゃん…

月島蛍の名言②「カッコ悪…」

「カッコ悪…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の88話で描かれたワンシーンのセリフです。88話では月島蛍の過去が明かされました。月島蛍はずっと自分の兄が烏野高校でエースとして活躍していると思っていました。しかし実際は兄が月島蛍にがっかりさせないように嘘をついていたことが判明します。月島蛍はベンチにすら入れず応援席に居る兄をかっこ悪いと思いました。この名言はその時のセリフです。

カッコ悪い

月島蛍の名言③「止めなくてもいいんですか…」

「止めなくてもいいんですか…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の89話で描かれたワンシーンのセリフです。89話ではやる気のない月島蛍を見かねた山口から、皆がバレーを頑張るのはプライドがあるからだと言われます。山口のことがかっこいいと思いましたが、それでも月島蛍にとっては納得できませんでした。そこで月島蛍は木兎と黒尾になぜ必死にバレーをするのか意見を聞きに行きます。

すると木兎に弱いからバレーが楽しくないのではないかと言われてしまいます。実際に木兎もストレート打ちができるようになるまでバレーを楽しんでいませんでした。そして木兎はもし自分の力を120%出せる瞬間が来たなら、それは月島蛍がバレーにハマる瞬間だと言います。木兎は月島蛍の意見を否定するわけでもなく経験上の話をしただけですが、この言葉が月島蛍を変えるきっかけとなりました。

「止めなくてもいいんですか」

その後梟谷と練習試合をする時、烏養は「4番のスパイクは止められなくても手に当てるだけでもいい」と言いました。しかしそれに反論したのが月島蛍でした。この名言はその時のセリフです。いつもは自分からやる気を出そうとはしませんが、この時から月島蛍の中でバレーに対する意識が変わります。

月島蛍の名言④「自分で言うのはともかく…」

「自分で言うのはともかく…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の106話で描かれたワンシーンのセリフです。106話では夏休みが終わって数日後が描かれており、練習中に日向は月島蛍に話しかけました。日向は「月島だったらウシワカ止められるか!?」と聞きます。月島蛍は全国トップ3のエースを相手にして止めるのは無理だと言います。

自分で言うのはともかく、他人に"無理"って言われると腹立つよね

しかし誰かが牛島を止めなければ白鳥沢を止めることはできません。まだ代表決定戦進出が決まっただけで青葉城西との試合も控えている状態です。今から白鳥沢のことを考えるなんて余裕だと思いましたが、日向はどっちみち倒さなければならない相手だと言います。そして「月島で無理ならおれがやってやる…!」と宣言します。その言葉は月島蛍のやる気に火をつけました。この名言はその時のセリフです。

月島蛍の名言⑤「負けると思ったんだ…」

「負けると思ったんだ…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の153話で描かれたワンシーンのセリフです。153話では白鳥沢との試合が始まったものの、開始早々から牛島の攻撃にブロックが機能していない状態でした。そこで月島蛍は合同練習の時のことを思い出します。リエーフは黒尾に牛島を止めることができるかと質問しました。

黒尾は木兎のように手の内が分かっているわけではないので、10本に1本は止められるかもしれないと話します。期待はずれの返答にがっかりするリエーフに、相手を完璧に攻略するのではなく、チームが盛り上がっている時や絶望的な時にチャンスを作り出すことが大事だと黒尾は言いました。しかし月島蛍はそれで1点をもぎ取ってもただの1点でしかないのではないかと思います。

そして試合のシーンに戻ります。やはり月島蛍は牛島のボールを止めることができず、さらには突き指までしてしまいます。その時、当たり前のように負けると思ってしまいました。この名言はその時のセリフです。1セット目は落とそうと諦めかけた直後、西谷がまさに黒尾が言っていたようなチャンスを作り出します。

負けると思ったんだ それが当然であるように

それを見た月島蛍は考え方を変え、負けると思っても諦めずにさらなるチャンスを掴むために試合をしながらタイミングをはかり続けました。以前の月島蛍なら諦めそうなシーンですが、苦しい状況でも戦い続ける姿はイケメンでかっこいいと評判です。この名言は月島蛍の成長に繋がるセリフでもありました。

月島蛍の名言⑥「一人時間差…」

「一人時間差…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の157話で描かれたワンシーンのセリフです。157話で月島蛍は天童に日向と比較されて「普通の方」呼ばわりされます。月島蛍はその挑発を受けて、先程まで日向が翻弄されていた天童の攻撃を一発で止めてみせました。この名言はその時のセリフで、挑発し返す時の表情がイケメンだと評判のシーンでもあります。

一人時間差 うちの野生児は騙せても僕には通じないんでよろしくどうぞ

月島蛍の名言⑦「ほんの僅か…」

「ほんの僅か…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の163話で描かれたシーンのセリフです。月島蛍は白鳥沢との試合で着実にチャンスを掴むタイミングを見計らっていました。チャンスを掴むために月島蛍は2セット目の序盤から白鳥沢に気持ちのいい点が取れないようにしていました。レシーブで防がれたり点が決まってもブロッカーがワンタッチすれば、点が気持ちよく決まったという達成感は得られません。

ほんの僅か、いらだちと焦りを含んだ綻びを、まってたよ。

月島蛍は牛島のボールを防げなくても、気持ちのいい試合をさせないようにワンタッチをし続けていました。こうして白鳥沢を無意識に苛立たせ、わざと失敗させるように促しました。この名言はその時のセリフです。トスが乱れたのを見逃さず牛島のスパイクをブロックしたことで烏野は2セット目を勝ち取る事ができました。

月島蛍の名言⑧「ブロックとは…」

「ブロックとは…」という月島蛍の名言は、『ハイキュー』の167話で描かれたシーンのセリフです。3セット目も好調な滑り出しで烏野は点を決めていきます。その後を白鳥沢も追いかけます。天童は月島蛍のブロックを躱して点を決め、「ブロックは読みと嗅覚ダヨ?」と挑発します。その挑発に対して月島蛍はこの名言で返しました。

ブロックとはシステムです

Thumb【ハイキュー】全国大会で優勝した高校は?烏野の結果とその後もネタバレ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍がバレーにハマるまでの軌跡

バレーにハマるまでの軌跡①兄・明光との過去

『ハイキュー』の88話では月島蛍の過去が明らかになります。月島蛍には明光というイケメンの兄がいました。兄は中学でバレー部の主将を務め、エースとして活躍していました。月島蛍はそんな兄のことが大好きで尊敬していました。明光は中学卒業後、当時白鳥沢に匹敵するほどの強豪校だった烏野高校へと進学してバレー部に入部します。

明光は1年生からレギュラー入りを目指して居残りの自主練をしていました。それから1年が経つ頃、月島蛍は明光にポジションを聞きました。明光は中学の時と同じだと言います。それを聞いた月島蛍は高校でもエースとして活躍しているのだと思いました。しかしある時、学校で明光のことを山口と話していると、同じクラスの生徒が試合を観に行ったけど月島という選手は居なかったと言いました。

その言葉に苛立った月島蛍は試合を観に行くことにします。しかしコートに明光の姿はなく、応援席にいました。その姿に月島蛍はショックを受け、明光とほとんど会話をしなくなってしまいます。

バレーにハマるまでの軌跡②合同合宿

月島蛍は梟谷グループの合同合宿で木兎・黒尾・赤葦の3人に絡まれます。黒尾はブロックを飛んでほしいと言って自主練習に誘いました。最初は断っていた月島蛍でしたが、黒尾から挑発されて練習に参加することになりました。しかし練習ではブロックが弱いと木兎から指摘され、更には黒尾から日向と比較されてしまいました。それを聞いた月島蛍は「日向と自分では才能が違う」と言って練習を抜けます。

黒尾はやる気を出させるために挑発したつもりでしたが、まさか身長が高くて頭脳も持ち合わせている月島蛍が日向を敵わない存在として見ているとは思いませんでした。月島蛍は皆が練習をしている姿を見て「たかが部活だろ」と吐き捨てて体育館を去りました。

バレーにハマるまでの軌跡③先輩のもとへ

山口はやる気を出さない月島蛍を心配し、本音をぶつけました。山口の言っていることは理解できるものの、月島蛍はそれでも皆がなんのために頑張っているのか納得できませんでした。そこで木兎達の元へ向かい、たかが部活にどうして必死にやるのか聞きました。

木兎は自分が一生懸命やるのは自分の力が120%発揮された時の快感を得るためだと説明します。もし月島蛍にもその瞬間が訪れるのなら、それが「バレーにハマる瞬間」だと言いました。

バレーにハマるまでの軌跡④バレーに対する意識の変化

木兎の言葉を聞いた月島蛍はバレーに対する意識が変わっていきます。練習試合で木兎にスパイクを打たせなかった月島蛍を見た音駒の監督は、「厄介な雛鳥が殻を破り始めたかな?」とその変化に驚いていました。それから月島蛍はもっとブロックの精度を高めるために、兄の社会人バレーチームに混ぜてもらうなどして積極的に自主練習を始めました。

バレーにハマるまでの軌跡⑤白鳥沢戦

月島蛍がバレーにハマる瞬間が訪れたのは白鳥沢戦です。白鳥沢の牛島のブロックを真っ向勝負で防ぐのはほぼ不可能の状態でした。しかし月島蛍は止められなくてもワンタッチすることを意識しました。こうすることで相手に気持ちのいいプレーをさせず、ストレスを溜めるよう仕向けたのです。苛立ちと焦りで一瞬プレーが乱れた瞬間を狙い、月島蛍は牛島の攻撃をブロックすることに成功します。

その瞬間、月島蛍は木兎が言っていた「バレーにハマる瞬間」を体感しました。この「バレーにハマる瞬間」の月島蛍はイケメンでかっこいいと人気です。

Thumb【ハイキュー!!】月島明光の優しいお兄ちゃんキャラの魅力!能力や過去・名言を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍と山口や影山・日向との関係

月島蛍と山口の関係

月島蛍と山口は小学生の時からの幼馴染です。仲良くなったきっかけは、山口をいじめている生徒を見て「カッコ悪」と笑ったことです。いじめっ子は盾突きますが、身長が高い月島蛍に驚いて捨て台詞を吐いて逃げていきました。山口は複数人のいじめっ子を相手に一人でそれを言えることがかっこいいと思いました。それから山口は月島蛍と仲良くなりました。

月島蛍と影山の関係

月島蛍は、中学時代に仲間から見捨てられた影山のことを皮肉って「王様」呼ばわりしています。そのため仲良しというわけではなく、むしろ頻繁に言い争いをしていました。しかし同じチームとして戦っていくうちに、なんだかんだ勉強に付き合ったりするなど仲間としては良好な関係を築いているようです。

月島蛍と日向の関係

月島蛍は一方的に日向のことを嫌っていました。それはバレーに対する思いがまっすぐでひたむきだったからです。しかし『ハイキュー』の10巻以降は月島蛍の心が変化したので、ミドルブロッカー同士一緒に練習することが多くなりました。宮城県1年生選抜強化合宿で勝手に日向がついてきた時は、文句を言いつつも面倒を見ていました。

Thumbハイキューの月島蛍の魅力・画像まとめ!バレーにハマった瞬間がかっこいい | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍の卒業後

卒業後①仙台フロッグスに所属?

『ハイキュー』の最終章からは高校卒業後の月島蛍が描かれています。現在は大学生ですが、来年から仙台市博物館への勤務が決まっています。月島蛍はバレーを続けており、仙台フロッグスというチームに所属しています。仙台フロッグスはV.LEAGUE Division2なので日向や影山が所属するチームのワンランク下のチームになります。しかし年々力をつけており、Division1への昇格にも期待されています。

卒業後②ビールは飲まない?

『ハイキュー』の最終章で月島蛍は、影山と日向が出場する試合を観に来ていました。そこに山口と谷地が宮治のおにぎり専門店で買ったおにぎりを持って現れます。山口が「ツッキービール飲む?」と聞くと、月島蛍は「僕はカルーアミルクしか飲まない カルーアミルクをバカにする人間とも飲まない」と言います。大人になってお酒を嗜むようになったものの、ビールのような苦いお酒は苦手なようです。

Thumb【ハイキュー!!】最終回はいつ?間近とされる理由や結末・その後をネタバレ予想 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍のアニメ声優

内山昂輝のプロフィール

アニメ『ハイキュー』で月島蛍を演じているのは声優の内山昂輝です。内山昂輝は1990年8月16日生まれの男性声優・俳優で、劇団ひまわりに所属しています。若々しい声質が特徴的な声優で、「声質が老けない声優」としても知られています。2011年には声優アワード新人男優賞、2015年には東京アニメアワードでアニメオブザイヤー声優賞を受賞しました。

ちなみに声優の村瀬歩(日向翔陽役)と石川界人(影山飛雄役)がパーソナリティを務めるラジオ『ハイキュー!!烏野高校放送部』でもゲスト出演しています。ラジオでは声優の裏話なども語っているのでぜひ聴いてみてください。

内山昂輝の主な出演作品

声優の内山昂輝の主な出演作品には『ソウルイーター』のソウル=イーター役、『僕のヒーローアカデミア』の死柄木弔役、『ユーリ!!! on ICE』のユーリ・プリセツキー役、『鬼滅の刃』の累役、『Free!-Dive to the Future-』の桐嶋郁弥役、『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』の織斑一夏役、『心が叫びたがってるんだ。』の坂上拓実役、『キングダムハーツ』のロクサス役などがあります。

Thumb黒尾鉄朗のキャラの魅力と髪型の秘密とは?パニーニ事件の真相や名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍に関する感想や評価

『ハイキュー』の10巻は月島蛍がバレーにどう向き合っていくのか描かれており、また月島蛍の過去も明らかになりました。特に月島蛍の過去は泣けて、山口との友情に感動するといわれています。月島蛍のイケメンでかっこいいシーンもたくさんありました。そのため、月島蛍が好きな方の中には10巻がお気に入りだという方もいました。

月島蛍はイケメンでかっこいいという公式設定があります。二口は月島蛍のように公式でイケメン設定はないものの、『ハイキュー』の読者からはイケメンでかっこいいと人気のキャラクターです。そんな月島蛍と二口が並んだコマが『ハイキュー』の341話で描かれました。月島蛍は試合中で二口はその試合を部室で見ているだけですが、ブロッカーについて二人が全く同じことを言っているシーンでした。

それまで月島蛍と二口は公式の試合で戦う時以外はほとんど交流はありませんでした。しかし同じブロッカーで敵を分析しながらプレーするスタイルはとても似ています。思わぬ共通点を持つイケメン二人に、もっと絡んで欲しいという声もありました。

『ハイキュー』で描かれた数々の試合の中でも、特に人気なのが春高での音駒戦です。音駒戦では月島蛍と黒尾の師弟対決が描かれています。二人は合同合宿の時にいつも一緒に第三体育館で練習しており、月島蛍にとってブロックの師匠は黒尾でした。そんな二人の夢の対決が音駒戦で見ることができるので、興奮しすぎて思わず一回本を閉じたという方もいました。

アニメ『ハイキュー』で月島蛍の声優を担当している内山昂輝の演技も絶賛されていました。声優が声を当てるだけでも、月島蛍の成長や変化が分かりやすくなります。特に『ハイキュー』の10巻以降の内容がアニメ化された時は、月島蛍の声の変化に驚いている方もいました。

声優の内山昂輝は特に意識していないそうですが、月島蛍の表情がよく変わるようになってセリフが多くなったからそう感じるのではないかと語っています。

Thumbハイキュー木兎光太郎のかっこいい画像まとめ!梟谷学園エースの魅力とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハイキューの月島蛍はかっこいいキャラだった

『ハイキュー』の月島蛍は初登場時からイケメンでかっこいいと人気でしたが、本当にバレーを好きになってからはさらにイケメンでかっこいいシーンが増えます。特に月島蛍が成長するきっかけとなったシーンが描かれている『ハイキュー』10巻はファンの間で人気です。

また、月島蛍は他校の選手とも積極的に関わっているので、他校選手とのやり取りも面白いと評判でした。アニメでは声優の内山昂輝の演技も好評です。ぜひアニメ・漫画共に月島蛍の登場回をチェックしてみて下さい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ