【ブリーチ】平子真子のかっこいい魅力と強さは?卍解・能力や名言も紹介

BLEACH(ブリーチ)では、かなりオシャレな平子真子はかっこいいと話題になっています。仮面の軍勢のリーダーを務めている彼は、100年前は護廷十三隊において五番隊の隊長を務めるほどの強さを持っていたのです。しかし、部下の裏切りによって虚が出現してしまった平子真子は、自分と同じ境遇となってしまった死神と一緒に戦うことになります。そこで、おかっぱ頭が印象的でかっこいい彼の魅力やかつては隊長を務めていたほどの彼の強さ、卍解での能力や名言も紹介します。

【ブリーチ】平子真子のかっこいい魅力と強さは?卍解・能力や名言も紹介のイメージ

目次

  1. 平子真子とは?
  2. 平子真子のかっこいい魅力
  3. 平子真子の強さや卍解・能力
  4. 平子真子のかっこいい名言集
  5. 平子真子の声優
  6. 平子真子に関する感想や評価
  7. 平子真子のかっこいい魅力まとめ

平子真子とは?

BLEACH(ブリーチ)で第一印象ではかなり胡散臭い雰囲気を漂わせている平子真子は、意外にも仲間を大切にする常識人でした。ひょうきんな性格の彼は非常に頭の回転が速く、瞬時にさまざまなことを的確にこなすことができます。かつて死神だった頃は、護廷十三隊において五番隊の隊長を務めるほどの強さと能力を持っていたのです。100年前の当時はおかっぱ頭ではなく、美しい金髪の長髪となっています。

BLEACH(ブリーチ)で関西弁を話すユニークな性格の平子真子は、サラサラのおかっぱ頭をしておりかなりオシャレなキャラクターであったためにかっこいいと評判でした。そこで、ベルトなどの装飾品に気を遣ったり、ネクタイをラフにかっこよく着こなしたりする平子真子のかっこいい魅力と強さ、卍解での能力や心に沁みる名言、彼の声を担当している声優の小野坂昌也さんもご紹介します。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

全698話(686話+過去編12話)に渡って描かれた「BLEACH(ブリーチ)」は、2001年36・37合併号~2016年38号に渡って連載させた漫画となっています。週刊少年ジャンプによって連載されていた「BLEACH(ブリーチ)」は、広島県出身の漫画家である久保帯人さんによって描かれた漫画となっており、漫画以外にゲームやテレビアニメとしても展開されていきました。

全74巻まで刊行されたBLEACH(ブリーチ)では、虚によって母を奪われた黒崎一護が死神になって凶悪な虚や暗躍している死神を倒すために仲間と共に戦い成長していく姿が描かれています。2004年10月~2012年3月に渡ってテレビアニメとして放送されたBLEACH(ブリーチ)は、テレビ東京の業績に貢献した作品として高く評価されました。また、平成16年度においては第50回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞しています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

心優しく正義感の強い黒崎一護は人の魂を喰らう虚によって母親を失います。母の死をきっかけに強くなることを決意した彼は、複雑な過去を持つ朽木ルキア(女死神)と出会い、死神の力を分けてもらいながら強くなるために訓練をしていきました。彼は本人も知らなかった両親からの特殊な血を受け継いでおり、死神としてどんどんと力を増していきます。それによって凶悪な虚を仲間と助け合いながら倒していけようになりました。

平子真子のプロフィール

BLEACH(ブリーチ)で破面篇において姿を現したのが平子真子です。彼は、仮面の軍勢のリーダーとして活躍していました。仮面の軍勢とは、かつて死神として活躍していたものの、あることがきっかけとなって虚の力が発現してしまった死神の集団を意味しています。仮面の軍勢のリーダーを務めている彼も100年前は護廷十三隊において五番隊の隊長を務めていた人物だったのです。

  • 名前:平子真子(ひらこしんじ)
  • 役職:仮面の軍勢のリーダー
  • 誕生日:5月10日
  • 斬魄刀:逆撫(さかなで)
  • CV(声優):小野坂昌也
  • 身長:176㎝
  • 体重:60kg
  • 100年前の過去:護廷十三隊において五番隊の隊長

しかし、部下の裏切りによって虚が発現してしまった犠牲者でもありました。関西弁を話す平子真子は、男性でありながら金髪でサラサラのおかっぱ頭をしており、個性的な雰囲気を漂わせています。また、地毛がオレンジ色の黒崎一護の高校に転入してきました。一見胡散臭い雰囲気を漂わせている彼ですが、非常に頭の回転が速く、仲間を大切にするかなりの常識人だったのです。

仮面の軍勢とは?

BLEACH(ブリーチ)において面倒見のよい性格を持っている平子真子は、仮面の軍勢のリーダーを務めています。仮面の軍勢とは、かつて死神として活躍していたものの虚との戦いや部下らの陰謀によって虚の力が発症してしまった死神の集団となっていました。虚の力が発症(発現)してしまった死神は、次第に虚の人格が誕生するようになります。

この人格をコントロールすることができないと元の人格が虚の人格に飲み込まれてしまうことになりました。平子真子は、それを回避するために虚化を会得します。本来の人格を失わないようにするには虚の人格をコントロールすることが重要だったのです。

かつて護廷十三隊において五番隊の隊長を務めていた彼でしたが、虚が発症して仮面の軍勢のリーダーを務めるようになってからは護廷十三隊の味方になることもなく第三勢力として独立していながらも、正義感の強い一護の味方であることは表明していました。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

平子真子のかっこいい魅力

かっこいい魅力①初登場

BLEACH(ブリーチ)の中でも重要なキャラクターとなっている平子真子は、尸魂界から戻ってきた黒崎一護が学校に通い始めた際に転校(初登場)してきました。尸魂界とは死後の世界でありよほどの大罰を犯していない限りは誰もが行くことができる天国・極楽・浄土のような場所を意味しています。彼が転校初日に自己紹介した内容が下記のセリフとなっていました。

「扁平足の平に、小野妹子の子、真性包茎の真に、辛子明太子の子で平子真子でぃす。よろしくーゥ」

意外と簡単に説明できそうな「平子真子」という名前をあえて複雑に説明していることからかなりヤバイ感性の持ち主ではないかと周囲の学生はかなり引いてしまったのです。また、くにゃくにゃした脱力感が漂う動きもしていたためかなり怪しい人物として初登場していました。しかし、高い霊能力を持っている黒崎一護だけは、彼が普通の人間でないことを瞬時に見抜き、注意するようになります。

かっこいい魅力②普段はふざけている

BLEACH(ブリーチ)で強烈なインパクトのある自己紹介をしていた平子真子は、ひょうきんな性格を持っていたためにいつもふざけては周囲を笑わせていました。ノリが軽く冗談が大好きは彼は、一見変わり者のように見えますが、独特な個性は持っているもののかなりの頭の切れる常識人だったのです。しかし、そのような面は一切見せないかのように関西弁で胡散臭い雰囲気を漂わせていました。

普段は面白い話をしたり、冗談を言ったりして楽しく笑いに満ちた生活を送っている平子真子でしたが、非常に仲間思いだったために仲間が負傷したりピンチに陥ったりした際には、一気に表情が変わりシリアスなモードに切り替わっています。また、警戒心が強く相手の行動を見抜く力がある彼は戦闘シーンにおいては全てを見通して戦っているため圧倒的な強さを放っていたのです。

100年前には護廷十三隊において五番隊の隊長を務めていた彼は、ふざけた雰囲気を醸し出しながらも面倒見がよい性格だったために部下の観察も怠りませんでした。副隊長を務めていた表面的には穏やかな性格で周囲から慕われていた藍染惣右介に関してもかなり警戒しており、裏があることを見抜いていたのです。しかし、頭脳明晰な藍染惣右介はそれさえも見抜きその裏をかいたために平子は虚化してしまいました。

かっこいい魅力③仮面の軍勢のリーダー?

BLEACH(ブリーチ)では、虚化してしまった死神達が意外と多く誕生しています。虚化してしまった死神らは、同じ境遇同士が集まっていつしか仮面の軍勢という集団を結成しました。仮面の軍勢とは、何らかの事情で虚化してしまった死神の集団を意味しています。虚の力が発現してしまった死神はほとんどがかつて護廷十三隊において平子真子のように隊長や副隊長を務めていました。

天下をとることを目指している藍染惣右介は自分の上司でる平子真子以外にも実験によって多くの死神を虚化させていました。隊長クラスでは、ナルシスト的な要素を持った鳳橋楼十郎(三番隊)、アフロヘアーが魅力の愛川羅武(七番隊)、筋肉質で銀色の髪を持つ六車拳西(九番隊)らが犠牲になってしまいます。副隊長クラスでは関西弁と名古屋弁を話す矢胴丸リサや、ツインテールの猿柿ひよ里、緑色の髪の毛の久南白です。

鬼道衆で副鬼道長だった温和な性格の有昭田鉢玄も虚化した1人で、多くの実力を持ったメンバーが彼の犠牲となっていました。全員が冷酷な藍染惣右介によって虚化しているため彼を相当恨んでいました。その中でリーダーを務めていたのが危機的状況では瞬時に的確な指示を出すことができる平子真子です。彼はメンバーと同等の関係を築いており、いつもふざけているもののいざという時に頼りになると皆からも信頼されていました。

かっこいい魅力④藍染の策略にハマってしまった?

BLEACH(ブリーチ)でかつて金髪の長髪だった平子真子は、五番隊の隊長を務めていた際に、穏やかな雰囲気の藍染惣右介が副隊長として姿を現します。頭が切れる彼は、瞬時に表面的に穏やかさを醸し出している藍染惣右介が危険な人物であることを察しました。しかし、彼の企みまでは見抜くことができずに、自分を警戒していることも全て見抜いていた藍染惣右介によって虚化してしまったのです。

全てを手に入れて天下を自分のものにしようと考えている藍染惣右介は、死神の虚化の研究を常に行っていました。虚化してしまった平子真子は、虚の人格が誕生したことで肉体が消滅しそうになります。しかし、死神への援助を行う闇商人である浦原喜助によって新たな力を手に入れて死神として復活しました。駄菓子屋の店主である浦原喜助が作り出した崩玉を奪った藍染惣右介は不死身となりさらに強さを増してしまいます。

かっこいい魅力⑤千年血戦での活躍

天下をとろうとしていた藍染惣右介を倒したことで五番隊の隊長に復帰した平子真子は、最終章となっている千年血戦篇でも戦いを繰り広げていました。副隊長を務めていた雛森桃と一緒に戦っていた彼は、長い黒髪の滅却師であるバンビエッタ・バスターバインを追い詰めますが、彼女の不意打ちによってマグマに飲み込まれてしまいます。

しかし、逆撫の強さによってうまく攻撃をかわしていたので平子真子は無事でした。その後は星十字騎士団の1人であるジェラルド・ヴァルキリーと戦います。圧倒的な強さを見せる彼の攻撃を副隊長を務めている雛森桃が受けそうになったのを庇った平子真子は、瀕死の状態となっていましたが最後は復活したようです。

かっこいい魅力⑥仲間との関係

漫画においてはひょうきんで周囲を温かい気持ちにしてくれる平子真子は、2番目の解放となる卍解を放つ機会がなく凶悪な藍染惣右介に倒されてしまいます。それによって虚化してしまったためにその他の虚化した死神と一緒に仮面の軍勢を結成しました。仮面の軍勢の仲間達はかつて護廷十三隊時代からの長い付き合いとなっています。そのため、仮面の軍勢の仲間同士では互いに愛称で呼び合っていました。

仮面の軍勢のリーダーを務めているのは平子真子でしたが、彼は支配したり仕切ったりするタイプではありません。兄妹や友達、家族のようなみんな平等な雰囲気で楽しく過ごしていました。かつて一緒に護廷十三隊時代から戦ってきた仲間同士であると共に、冷酷な藍染惣右介によって虚化してしまった同じ境遇であったために、仲間意識がさらに芽生え、戦いの際にも意気投合して協力し合うことができたのです。

かっこいい魅力⑦死神に復帰

「見えざる帝国」で指導者として活躍していたユーハバッハは、周囲からは陛下と呼ばれ恐れられていました。「見えざる帝国」とは滅却師で構成されており、卍解を奪うことができるメダリオンら星十字騎士団と共にユーハバッハは尸魂界に侵攻しました。尸魂界での戦いでは、総隊長を務めていた山本元柳斎重國をはじめ、何人かの隊長も死亡してしまいます。

壮絶な戦いでしたが少しずつ落ち着きを取り戻し、護廷十三隊についても隊長などの人員の補充がされていきました。護廷十三隊の味方となっていないものの、虚化してしまった一護の味方としてすべての元凶である藍染惣右介を倒すために奮闘した平子真子は、隊長に復帰することになります。その他の仮面の軍勢メンバーである目つきが悪い六車拳西やローズと呼ばれている鳳橋楼十郎も隊長に復帰しました。

Thumb【ブリーチ】更木剣八の強さは未知数?斬魄刀・卍解や草鹿やちるとの関係も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

平子真子の強さや卍解・能力

平子真子の強さや能力

面倒見のよい性格の平子真子が扱っている斬魄刀は「逆撫」です。「逆撫」は、甘い匂いを周囲に放つ能力を持っています。その甘い匂いを嗅いだ者は、全ての向きにおいて実際に斬られた向きと真逆に見せることができる能力となっていました。全ての向きとは、前後左右、上下などあらゆる見えている方向を意味しています。また、反響によって地形の把握をさせないように音も逆にする能力を持っていました。

五感の全てを混乱させることができる能力を持っている平子真子は、相手を混乱させながら有利に戦うことができたのです。相手が得意とする上下や左右なども逆に切り替えていくことで相手は大混乱してわけがわからなくなってしまいました。しかし、強敵である藍染惣右介との戦いの際には、彼の斬魄刀の能力によって封じられ、催眠状態にされてしまいます。そのため、本来の力を発揮することができませんでした。

平子真子の卍解は小説版で登場

かなりオシャレな平子真子は、「逆撫」という斬魄刀を活用していましたが、残虐な性格を持つ藍染惣右介との戦いにおいて、能力を封じられてしまったために本来の強さである卍解を放って攻撃することができていません。卍解を解放する前にすべての能力を封じられて倒されてしまったのです。そのため、彼の卍解の強さがどれほどのものかは漫画では紹介されずに終了してしまいました。

しかし、「BLEACH Can’t Fear Your Own World Ⅲ」という小説において平子真子の本来の強さを発揮することができる卍解の強さや能力が明らかにされています。2段階目の解放となる卍解では、周囲の味方と敵の認識を逆転させてしまう「逆様邪八宝塞(さかしまよこしまはっぽうふさがり)」を放っていました。

これによって、同士討ちを誘発させることができます。多数同士の戦いではリスクが高い卍解ですが、多数の敵に対して1人で立ち向かうにはかなり有利になりました。もしも、自分の目的のために多くの死神を実験している藍染惣右介に対して卍解の強さを放つことができた場合は状況が変わっていたかもしれません。

Thumb【ブリーチ】井上織姫の声優は誰?能力や一護との関係・結婚などキャラ情報も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

平子真子のかっこいい名言集

平子真子の名言①「誰もついて来えへんかったら…」

小説版において卍解を披露していた平子真子が、かつて隊長を務めていた頃に隊長になったばかりの浦原喜助に対して放った名言が下記のセリフとなっています。いつもはひょうきんで周囲を笑わせている彼ですが、時に真剣にかっこいい名言を放っていました。常にヘラヘラして頼りない雰囲気の浦原喜助に対して放った彼の名言は心に突き刺さるものが多く、多くの人が彼の名言で感動したようです。

「誰もついて来えへんかったら器やなかったちゅうだけの話や」

隊長になった際には周囲の目を気にするよりも自分がどう生きたいかをはっきりと明確にすることが重要だということを伝えている名言となりました。上司に平子真子を持っていた当時副隊長の藍染惣右介は、自分のわがままによっての意志を貫いて大きく成長しますが、悪の道へと進んでしまいます。上司としてかなり優秀な平子真子は、この名言によって多くの部下たちを支えていました。

平子真子の名言②「あかんわ…」

「あかんわ 俺らはあんたらの味方ちゃう 俺らは藍染の敵 ほんでもって 一護の味方や」

多くの死神を虚化した藍染惣右介を倒すために駆け付けた平子真子は、総隊長を務めている山本に自分達の味方なのかと問われた際に放ったのが上記の名言となっています。虚化してしまった手前はっきりと味方だとは話してしませんが、遠回しに味方であることを伝えていました。現世に追いやってしまった山本は気まずい気持ちを持っていたようですが、器の大きな平子真子は自分の信念を貫こうとしてしたのです。

平子真子の名言③「一人で背負うな…」

「一人で背負うな 厚かましい これは 俺ら全員の戦いや」

関西弁を話すひょうきんな性格の平子真子は、冷静に周囲の状況を分析することができるため、正義感が強い一護が一人で何もかも背負って頑張ろうとする姿を見て放った名言が上記のセリフとなっています。ぶっきらぼうな言い方をあえてしている平子真子は、砕けた言葉を放つことで相手が自らハッと気づくようにしていました。温かさがこもってるリーダーとしての器量を感じる名言となっています。

Thumb【ブリーチ 】アランカル編の登場キャラクターを紹介!アニメの見所や主題歌も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

平子真子の声優

小野坂昌也のプロフィール

  • 名前:小野坂昌也(おのさかまさや)
  • 愛称:ヤング師匠、まさやん、やんぐさん
  • 血液型:O型
  • 生年月日:1964年10月13日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 所属事務所:青二プロダクション
  • 職業:ナレーター、声優、DJ
  • 声優デビュー:1985年

一風変わったヘアスタイルの平子真子の声を担当していたのは声優の小野坂昌也さんです。小野坂昌也さんは、声優以外にもナレーターやDJなど幅広く活躍されています。お笑い芸人を目指していた彼でしたが断念します。俳優を目指した彼は俳優養成所と勘違いをして青二塾大阪校に入塾しました。その後は声優として活動をスタートしています。大阪出身の小野坂昌也さんは大阪弁で話すキャラクターを多く担当していました。

小野坂昌也の主な出演作品

声優の小野坂昌也さんの主な出演作品には、ツヨシしっかりしなさいの井川ツヨシ役や、美少女戦士セーラームーンのジェダイト役、SLAM DUNKの安田靖春役、相田彦一役、TRIGUNのヴァッシュ・ザ・スタンピード役、カードキャプターさくらのケルベロス役、テニスの王子様の桃城武役、ボボボーボ・ボーボボの首領パッチ役、創聖のアクエリオンのピエール・ヴィエラ役などがありました。

Thumb【ブリーチ】 毒ヶ峰リルカはかわいいツインテール少女!技・強さや声優は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

平子真子に関する感想や評価

オシャレでひょうきんな性格の平子真子を大好きと感想を寄せている人は多くいました。一風変わったヘアスタイルをしている彼は一見胡散臭い雰囲気を漂わせていますが、頭の回転が速く、仲間を大切にすることができる常識人だったのです。そのため、数々の感動的なかっこいい名言も放っていました。斬魄刀においても強さを発揮している素晴らしい元隊長であり、仮面の軍勢のリーダーでもあったのです。

胡散臭い皮を被った実はよい奴だと高い評価を得ている平子真子は、面倒くさい奴に好かれて可哀想という感想も寄せられていました。打算なしに生真面目な一護の味方として戦った人物であるために、多くの人から支持を集めています。面倒見のよい彼は多くの部下や仲間からも慕われている人格者でもあったのです。

関西弁を話す平子真子がかっこよすぎるというコメントもありました。また、関西弁を話すキャラクターだから好きという人もいました。かなりオシャレな彼は注目を集めており、彼のオシャレを参考にしている人もいたようです。男性でありながら金髪のおかっぱ頭をしている彼は、ひょうきんで頭がよかったため、隊長やリーダーとしても活躍できたのでしょう。

Thumbブリーチのミュージカル(ブリミュ)のキャストや曲は?評価・感想も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

平子真子のかっこいい魅力まとめ

金髪のおかっぱ頭をしている平子真子は、一風変わったヘアスタイルをしているため転校当初はかなり引かれていました。しかし、ひょうきんでオシャレな彼はかっこいいと話題を集めるようになります。また、面倒見がよく仲間思いの彼はかなりの常識人でもあったのです。頭の回転が速く、状況をを的確に見抜く力も持っていたために人を感動させるような心に響く名言を多く放つことができたのでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ