【進撃の巨人】ミカサの頭痛の原因が判明?頭痛シーンから検証!ループ説も?

「進撃の巨人」はテレビアニメ、実写映画なども製作された大人気漫画です。今回はそんな「進撃の巨人」に登場するキャラクター、ミカサ・アッカーマンを中心に解説をしていきます。「進撃の巨人」のループ説となったミカサの頭痛シーンについて徹底検証!ミカサの頭痛がループの原因になっているのかどうか探っていきます。さらにアッカーマン一族としての覚醒についても詳しく解説していきミカサ・アッカーマンの魅力に迫っていきます。

【進撃の巨人】ミカサの頭痛の原因が判明?頭痛シーンから検証!ループ説も?のイメージ

目次

  1. ミカサ・アッカーマンとは?
  2. ミカサの頭痛の原因を頭痛シーンから検証
  3. ミカサの頭痛とループ説とは?
  4. ミカサの覚醒とアッカーマンの力
  5. ミカサ死亡説とは?
  6. ミカサの父親と母親
  7. ミカサの頭痛に関する感想や評価は?
  8. ミカサの頭痛の原因まとめ

ミカサ・アッカーマンとは?

「進撃の巨人」は、アニメや実写映画などにもなった大人気作品です。今回はそんな「進撃の巨人」で主要キャラクターとして活躍をしているミカサ・アッカーマンを中心に解説していきます。ミカサ・アッカーマンは作中で頭痛に悩まされているシーンが描かれていました。ミカサ・アッカーマンの頭痛シーンはループに繋がっているのではないかとも考察していきます。そんな頭痛シーンについて徹底的に迫っていきます。

進撃の巨人の作品情報

ミカサ・アッカーマンの頭痛シーンは「進撃の巨人」の謎に迫る重要なシーンでした。そんなミカサ・アッカーマンも活躍している「進撃の巨人」は一体どういう作品なのでしょうか。ここからは、「進撃の巨人」の概要・あらすじについて解説をしていきます。

進撃の巨人の概要

「進撃の巨人」は、諫山創による漫画作品でした。別冊少年マガジンにて2009年から連載がスタートしています。現在までに29巻の単行本が発売されていて、2019年4月時点で国内累計発行部数8000万部を突破していました。また、関連スピンオフ作品も非常に多く「進撃!巨人中学校」はアニメ化もされていました。作中では、人間と巨人との戦いや葛藤を中心にダーク・ファンタジーが展開され、シリアスな世界観が描かれています。

2011年に第35回講談社漫画賞少年部門を受賞しています。作中で描かれている過激な戦闘描写に関して「人体の断面を描かない」という程度の表現規制を受けていることが明らかになっていました。テレビアニメは、2013年から放送され2019年までにシーズン3までが公開されています。また、2015年には実写映画が公開、他にもライトノベルやゲームなど様々なメディアミックスが展開されています。

進撃の巨人のあらすじ

主人公エレン・イェーガーはウォールマリアから突出したシガンナ区で両親とともに生活をしていました。医者である父親のグリシャ、そして母親のカルラ、さらに幼馴染のミカサ・アッカーマンがエレンの家族です。エレンは壁の外の世界に憧れを抱いていました。壁の外には人間を食べる巨人がいましたが、そんな壁の外を調査する部隊・調査兵団という組織にエレンは入りたいと願います。しかしカルラやミカサからは反対されます。

調査兵団の死亡率は非常に高いものでした。巨人と直接接する機会も多く、カルラは猛反対します。けれどエレンは幼馴染のアルミンと外の世界について語り合うなど外の世界への憧れを捨てていないようでした。845年。平和だった壁の中は突如危険に晒されます。大きな壁すら超える超大型巨人が出現したのです。超大型巨人は、エレンの暮らしているシガンナ区の壁を突き破りました。壁に出来た穴から巨人が大量に侵入します。

巨人に逃げ惑う人々の前に、さらに「鎧の巨人」が登場します。エレンの母親・カルラも巨人の犠牲となってしまいました。人類は、ウォール・マリアを放棄し活動区域をウォール・ローゼまで下げます。目の前で母親を巨人に食べられたエレンは巨人に対し復讐を誓いました。ミカサ・アッカーマン、アルミンと一緒に第104期訓令兵団に入団します。しかしエレンは立体機動装置が上手く扱えず窮地に追い込まれてしまいました。

装置の不備を乗り越えたエレンはその後も訓練を重ねます。訓練兵となってから3年。エレンは訓練兵を卒業することになりました。同期と壁の上で談笑しながら作業をしていた最中、悲劇が再び訪れます。超大型巨人が現れたのです。エレンはその場にいた104期訓練兵を指揮しますが、次々とやられアルミンを助けるためにエレンも犠牲になってしまいます。しかし、それがきっかけとなり眠っていた巨人の能力が目を覚ましました。

ミカサ・アッカーマンのプロフィール

ミカサ・アッカーマンは「進撃の巨人」のヒロインです。東洋の血が流れているハーフであり、右手首には一族が代々受け継いできた刺繍が刻まれています。9歳の時、エレンに守られてからミカサの世界はエレンを中心に回っていました。ミカサは、エレンからもらったマフラーを常に大切にしています。非常に無口な性格をしていましたが、104期訓練兵の中では一番優秀であり訓練兵を首席で卒業していました。

エレンが危険な目に合いそうになった時はたとえ上司であろうと容赦無く攻撃をしています。エレンと同じく幼馴染であるアルミンのことは全面的に信頼しているようで、アルミンの指示には素直に従う場面も描かれています。また、優れた戦闘能力は訓練兵を卒業したての時点でも評価されていて上司からは「並みの兵士百人分と等価」だと言われていました。

進撃の巨人 作品公式サイト

ミカサの頭痛の原因を頭痛シーンから検証

「進撃の巨人」のキャラクター、ミカサ・アッカーマンは作中で度々頭痛に悩まされているシーンが描かれていました。現在、作中ではこのミカサ・アッカーマンの頭痛の原因について明かされていません。ここからはミカサのこれまでの頭痛シーンや頭痛とアッカーマン一族の関係性などを中心に、ミカサの頭痛の原因に迫っていきます。

ミカサのこれまでの頭痛シーン

ミカサ・アッカーマンの頭痛シーンはこれまでに度々作中に登場していました。一番初めに描かれた頭痛シーンは、第2話「その日」で登場します。平和だった壁内に巨人が侵入し、育ての親でありエレンの実の母親カルラがミカサの前で巨人に食べられてしまいます。その時ミカサが頭痛に襲われているシーンが描かれていました。

続いてミカサの頭痛シーンが登場したのは第5話「絶望の中で鈍く光る」です。避難できず危険な状態に陥っていた一般人の親子を助けた時ミカサは頭痛に襲われています。第7話「小さな刃」にも頭痛シーンが登場していました。この時ミカサはエレンの死を聞き暴走した結果ガス欠で落下してしまいます。その後暫く頭痛シーンは描かれていませんでしたが、第29話「鉄槌」で女型の巨人にエレンが食べられた際頭痛が発生していました。

第45話「追う者」では、エレンが裏切ったライナーによって連れ去られたことを聞いた時頭痛が発生していました。第83話「大蛇」では、瀕死状態のアルミンを見た時に頭痛に襲われています。第109話「導く者」ではルイーゼの敬礼を見た時、第112話「無知」ではアッカーマン一族の習性をエレンから聞かされた時に頭痛に襲われる様子が描かれていました。

アッカーマンは頭痛持ち?

ミカサが度々頭痛に襲われることから、アッカーマン一族が頭痛持ちなのではないかという考察もされていました。しかし、ミカサと同じアッカーマン一族であるリヴァイが頭痛に襲われているというシーンはこれまで作中で描かれていません。さらに、リヴァイの伯父であり同じくアッカーマン一族であるケニーも頭痛に襲われた描写はありません。そのため、ミカサの頭痛の原因とアッカーマン一族は関係ないと考えられます。

頭痛は東洋の一族だから?

ミカサの頭痛の原因として、東洋の血筋が関係しているのではないかという考察も挙げられていました。ミカサは、東洋人の血を引いているハーフです。アッカーマン一族が頭痛の原因でないことを考慮に入れると東洋人の血が頭痛と関係しているのではないかと考えられます。しかし、エレンはアッカーマン一族の習性から頭痛が起こることがあるという説明をしていました。これはエレンの嘘ではないかと考えられています。

ミカサの頭痛の原因は家族とエレン

ミカサの頭痛はループを引き起こしているのではないかとも考えられていました。そんなミカサの頭痛の原因として家族に対する思いや、エレンに対する思いが挙げられています。ミカサにとって家族やエレンは特別な存在です。113話ではエレンがミカサの頭痛に対し嘘をついていたことがアルミンによって明らかになりました。このことからも、ミカサの頭痛とエレンは何らかの関係があるのではないかと考えられています。

Thumb【進撃の巨人】ミカサはヤンデレ?エレンへの執着心がすごい! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ミカサの頭痛とループ説とは?

「進撃の巨人」で度々描かれているミカサの頭痛シーンは未だ多くの謎に包まれています。ミカサの頭痛の原因は判明していませんが、この頭痛シーンが「進撃の巨人」でループを引き起こしているのではないかと考えられていました。ここからはミカサの頭痛とループ説の関係を詳しく紹介していきます。

アッカーマンはループしている?

「進撃の巨人」の読者の中には、ミカサがループしているのではないかと考えている方もいました。ミカサが頭痛に襲われているシーンはこれまでに度々描かれています。ミカサが頭痛に襲われるシーンは作中の中でも重要な場面であることが多いと言われていました。そのため、ミカサが頭痛に襲われる時ループしているのではないかと考えられているようです。作中にもループ説の伏線と思われるシーンが描かれています。

ループ説と思わせるシーン

ミカサの頭痛がきっかけとなり、ループしているのではないかと考えられるシーンは第1話で登場していました。夢から目覚めたエレンは目の前にいたミカサに向かって「髪が伸びていないか」と声をかけています。兵士時代のミカサはショートカットヘアとなっていますが、訓練兵になる前第1話のミカサはロングヘアーです。エレンがショートカットのミカサを知っている時代からループしてきたのではないかと考えられます。

また、「進撃の巨人」第1話ではエレンが「長い夢を見ていた気がする」という発言をしています。このエレンとミカサの会話からも、ループが発生しているのではないかと考えられていました。

エレン・クルーガーの台詞とは?

ミカサの頭痛はループ説と関係しているのではないかと考えられていました。その原因の一つとして、エレン・クルーガーのセリフが挙げられていました。エレン・クルーガーはエレンの父親であるグリシャ・イエーガーと過去に接点のあった人物です。グリシャは元々壁の外にある世界からやってきた人間でした。エルディア復権を目論んでいたグリシャは始祖の巨人を奪還しようとしますが、マーレ側に計画がバレてしまいます。

グリシャはマーレによって巨人化されようとしていましたが、その時エルディア復権派としてマーレ兵に潜り込んでいたクルーガーがグリシャの前に現れます。グリシャはクルーガーによって助けられました。その際クルーガーは「ミカサやアルミンみんなを救いたいなら使命を全うしろ」と発言しています。ミカサ、アルミンはエレンの幼馴染です。この発言から、「進撃の巨人」がループしているのではないかと言われていました。

ループのきっかけはミカサの頭痛?

ループ説とミカサの頭痛は大きく関係していると考えられていました。ミカサの頭痛がきっかけとなってループが発生している可能性があるのです。作中ではミカサの頭痛シーンが何度も描かれていましたが、原因や影響については未だ明かされていません。ミカサの頭痛には親しい人間の死も関わっていました。そのため、親しい人間を死なせないためにミカサの頭痛を起点としてループが発生していると考えられています。

Thumb進撃の巨人のループ説は確定?理由・裏付ける根拠や否定説もネタバレ考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ミカサの覚醒とアッカーマンの力

「進撃の巨人」のヒロインでありながら、未だ多くの謎に包まれているミカサ・アッカーマンですがアッカーマン一族そして東洋人の血を継いでいることが明らかになっていました。ミカサと同じアッカーマン一族として作中に登場するのはリヴァイとケニーです。ミカサ、リヴァイ、ケニーは作中でも別格の戦闘力を誇っていました。ここからはミカサの覚醒とアッカーマンの力について詳しく解説をしていきます。

アッカーマンは偶然の副産物

アッカーマン一族は、ミカサやリヴァイをはじめとして作中でもかなりの戦闘力を誇っています。そんなアッカーマン一族は、ある条件を満たすと覚醒すると明言されていました。覚醒するとかなりの力を発揮できるアッカーマン一族は、エルディアが王を守るためにしていた実験から生まれた偶然の産物でした。かつてエルディアはユミルの民を弄くり回したという過去がありアッカーマンの能力はその過程で生まれたとされています。

アッカーマン一族の習性

覚醒すると凄まじい力を発揮するアッカーマン一族の習性について解説をしていきます。アッカーマン一族は巨人の姿にならなくても巨人と同等の力を発揮することが出来ると言われていました。覚醒後のアッカーマン一族は作中でもかなりの戦闘力を見せています。また、特定の人物を宿主とし宿主を一生守るという習性もあるようです。ミカサにとっての宿主はエレンだと考えられていました。

アッカーマンの覚醒は条件を満たせば発動するということが明らかになっています。覚醒後、アッカーマン一族は頭痛に悩まされることになるとエレンは説明しました。しかしこの頭痛の箇所に関しては113話でアルミンがエレンの嘘ではないかと発言しています。作中でも同じアッカーマンであり覚醒済みのリヴァイ、ケニーの頭痛シーンは描かれていないことから、頭痛とアッカーマンの習性は関係ないと考えられていました。

ミカサの覚醒は幼少期

アッカーマン一族は条件を満たすと覚醒すると言われています、ミカサも幼い頃既に醒していました。ミカサが覚醒したのは、両親が殺されゴロツキに攫われた時です。助けに来たエレンがゴロツキと戦いますが殺されそうになってしまいます。ミカサは、その瞬間覚醒しました。エレンから聞こえてきた「戦え」というメッセージにミカサの体が反応しています。「道」によって経験を会得し覚醒したような描写がされていました。

覚醒の条件

ミカサ、リヴァイ、ケニーと作中に登場しているアッカーマン一族は全員覚醒を経ています。ある条件を満たすとアッカーマン一族は覚醒すると言われていました。アッカーマン一族が覚醒する条件として、死に直面する或いは誰かに命令される、誰かを守らなくてはいけなくなる状態になった時に力が覚醒するのではないかと言われていました。しかし覚醒する条件については、作中では明確に説明されていませんでした。

Thumb進撃の巨人のアッカーマン一族の強さの理由・秘密を解説!巨人科学の副産物で誕生した? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ミカサ死亡説とは?

「進撃の巨人」の作中で描かれているミカサの頭痛の原因については未だ明らかになっていませんでした。ミカサに関する謎は頭痛だけではありませんでした。「進撃の巨人」のヒロインとして、作中で圧倒的な戦闘力を見せているミカサ・アッカーマンですが死亡するのではないかと予想されています。アッカーマン一族として覚醒しているミカサの死亡説についてここからは詳しく解説をしていきます。

ミカサや役目を終えたら死ぬ?

頭痛の原因などが未だ明かされていないミカサですが、死亡説も噂されていました。ミカサの死亡説には原作者である諫山創の発言が大きく影響していました。諫山創は「役目を全うしたキャラクターは躊躇なく殺せる」と発言しています。この発言通り、「進撃の巨人」では重要なキャラクターが作中で死んでいます。そのため、ミカサも作中での役目を全うしたら死んでしまうのではないかと言われていました。

ミカサの役目とは?

作中におけるミカサ・アッカーマンの役割は主人公であるエレン・イェーガーを守ることではないかと考えられていました。これまでにミカサは、エレンを守ることを最優先で行動してきました。アッカーマン一族の修正も影響していますが、ミカサの個人的な感情でもあると考えられています。ミカサがエレンを守る必要が亡くなった時、ミカサ・アッカーマンは作中で死亡してしまうのではないかと言われているようでした。

謎の多きミカサは死亡しない?

原作者である諫山創の発言から、役目を全うしたキャラクターは死亡すると考えられていました。しかし、ミカサはこの条件に当てはまらない可能性があると考えられています。「進撃の巨人」には、ミカサの頭痛を起点としたループ説が噂されていました。ミカサがループを発生させている原因だと考えると、ミカサ・アッカーマンは役目を全うしても死なない可能性があります。

さらにミカサは「進撃の巨人」の中でも謎多き登場キャラクターでした。度々描かれている頭痛の原因についても未だ明らかになっていません。また右手首に刻印された東洋人である証の刺繍や、ミカサと関連している東洋人の歴史など作中ではミカサに関連している謎が多く残されていました。そのため、頭痛の原因や東洋人についてなどミカサに関する謎が明かされるまでは、死亡しないのではないかと言われています。

ミカサの死亡フラグとは?

ミカサはこれまでに作中で死亡フラグを二つ立てていました。一つ目は第7話「小さな刃」で登場します。壁内が再び超大型巨人に襲われた際エレンは巨人に食べられてしまいます。アルミンだけが生き残り、ミカサにエレンの死を伝えました。ミカサは、顔色を変えず動機を鼓舞します。「戦わなければ勝てない」とエレンと似たような台詞を口にしていました。エレンの意志を継ぐようにミカサは同期を率いて飛び出していきます。

動揺していなかのように見えたミカサですが、冷静ではありませんでした。ミカサの尋常ではない速度の移動を見た104期訓練兵は驚きますが、この時ミカサはエレンの死に同様して冷静さを失っていました。立体機動装置のガスの量も気にせず、飛び続けたミカサはガス欠に陥り飛ぶことが出来なくなります。墜落したミカサは巨人と遭遇しました。「いい人生だった」とミカサはエレンとの幸せな日々を振り返り死を受け入れています。

ミカサの二つ目の死亡フラグは第50話「叫び」で登場しています。エレンは、スパイだった同期のライナー、ベルトルトによって連れ去られてしまいます。調査兵団は、ライナー達を追い詰め奪われたエレンを奪還することに成功しました。しかし、エレンの奪還に成功した場所は壁外です。壁の外には多くの巨人がいました。エレンを奪還した調査兵団は、壁の外にいた巨人達に周りを囲まれてしまいます。

さらに獣の巨人も登場し、激闘が繰り広げられます。幼い頃からエレン達を見守ってきたハンネスもミカサの前で巨人によって殺害されてしまいます。圧倒的な巨人を前に、調査兵団は次第に逃げ道を失っていきました。そんな中ハンネスの死を目の前にしたミカサも、死を覚悟します。自分の死を覚悟したミカサは、これまで伝えられなかった想いをエレンに伝えました。これが二つ目の死亡フラグのシーンでした。

Thumbエレンとミカサ(進撃の巨人)の関係は?二人の関係と今後について考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ミカサの父親と母親

「進撃の巨人」の巨人に登場するミカサ・アッカーマンには多くの謎があります。そんな中、ミカサがアッカーマンの血族であり東洋人とのハーフでもあるということが明らかになっていました。ミカサの父親はアッカーマン一族であり母親が東洋人であるということも判明しています。そんなミカサの両親に関する情報について詳しく解説をしていきます。

父親はアッカーマンの血族

ミカサ・アッカーマンの父親は、アッカーマン一族の血を引いた人物でした。アッカーマン一族は、覚醒すると格段の戦闘能力を発揮するようになります。シガンナ区の森で静かに暮らしていましたが、ある日やってきた強盗に殺害されてしまいました。父親は、玄関の扉を叩いた客人を出迎えようと扉を開けた瞬間刺されてしまいます。読者の中にはアッカーマン一族にも関わらず父親の力が弱いという意見もあがっていました。

作中に登場するアッカーマン一族はミカサの父親を除き、かなりの戦闘能力を発揮しています。アッカーマン一族の習性として条件を満たしたら覚醒するというものがありました。ミカサの父親は、条件を満たしていなかったのではないかと考えられています。ミカサの父親は驚く間も無く殺されてしまっています。そのため、条件だと思われる死に直面する危機を察知する前に死んでしまったのではないかと言われていました。

力に目覚める前に死んでしまったミカサの父親ですが、同じく作中でアッカーマン一族の血筋として登場するケニーの分家であるということが明らかになっていました。このため、ミカサとリヴァイはかなり近い親戚であるということが予想されていました。

母親は純血の東洋人

ミカサの母親は、ミカサと夫とともにシガンナ区にある森で静かに暮らしていました。東洋人という種族の血を引いている人物であり、ミカサにはアッカーマン一族と東洋人両方の血が流れています。東洋人に関する謎は作中でもあまり多くは明らかにされていません。しかしこの東洋人の血が頭痛の原因なのではないかとも考えられていました。さらにミカサの母親は貴重な純血の東洋人であることが明らかとなっています。

844年、ミカサは母親からある印を腕に刻まれました。右手首に記された刺繍は東洋一族がこれまで長い歴史の間代々受け継いできたものです。母親は、ミカサに自分の子供ができたときは同じように印を伝えるよう教えています。母がミカサに印を刻んでいる時、家に強盗が押し寄せました。純血な東洋人であるミカサの母親を売り飛ばそうと誘拐しにきたのです。しかし強盗は、ミカサの母親の腕を斧で切り殺害してしまいました。

ミカサは歴史を受け継ぐ人物

ミカサの母は東洋人の末裔でした。アッカーマン一族は、歴史を受け継ぐことなく現在まで生き延びていましたが東洋の一族は違います。東洋人は歴史を受け継いでいくことを決めたのです。そんな東洋人の血を引き継いだミカサは、歴史を受け継ぐ人物だとも言われていました。東洋人の証である右手首の刺繍の秘密も作中では明らかになっています。ミカサの右手首の刺繍はとある東洋の一族の家紋でした。

27巻では、ミカサの右手首の刺繍の謎が明かされています。ミカサの右手首にされていた刺繍の模様は「三つ組み筋違い」という模様でした。ある日ミカサの前にやってきたキヨミはミカサに同じ模様の刺繍を見せます。そして、刺繍が「ヒィズル国将軍家」という一族の家紋であるということが明かされました。パラディ島のなかで東洋の血を継いでいる人間は、ミカサだけです。このことが今後の鍵になるのではと言われています。

Thumbミカサとリヴァイの兄妹説の真相は?進撃の巨人のアッカーマン一族とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ミカサの頭痛に関する感想や評価は?

ミカサの頭痛シーンは第1話から登場しています。作中では、エレンがミカサにアッカーマン一族の習性を話す際頭痛のことについても触れていました。しかし、このエレンの頭痛に関する説明がでまかせだったのではないかという感想もあがっています。

ミカサの頭痛に関する感想の中にはこちらのようなものもありました。アッカーマン一族の習性として宿主を守るというものがあります。ミカサの頭痛は、エレンの行動を本心では理解しかねていて反発を表しているのではないかという意見もありました。

ミカサの頭痛に関する感想の中には、こちらの方のように頭痛に種類があるのではないかと考えている感想もありました。未だ明らかになっていないミカサの頭痛の原因ですが、頭痛にはいくつかの原因と種類があるのではないかと言われています。作中で効果音として描かれている「ズキズキ」と「ズキン」の違いにも注目していました。

ミカサの頭痛はミカサ固有の現象として描かれているため、アッカーマン一族とは関係ないのではないかという感想もありました。作中に登場するリヴァイ、ケニーといった他のアッカーマン一族達が頭痛に苦しんでいる様子はありません。そのため、ミカサの頭痛の原因は、東洋人の血が関係しているのではないかと述べられていました。

ミカサの頭痛に関する感想の中には、ルートが分岐しているのではないかと考えている感想もありました。ミカサの頭痛とループ説の関係については多くの読者が考察をしています。ミカサに頭痛が起きるとき、本来のルートから分岐しているのではないかと考えている方もいるようです。

ミカサと同じくアッカーマン一族の血を引いているリヴァイですが、エレンの言うアッカーマン一族の習性が当てはまっていないように感じている読者の方もいるようです。リヴァイはミカサのように頭痛に悩まされておらず、誰かに強く執着している様子もありませんでした。そのため、作中で以前ピクシス司令が言っていた嘘と真実を織り交ぜるというものをエレンがわざと実行していたのではないかと考えられていました。

ミカサの頭痛の原因についてはまだ謎が残されたままでした。エレンは、巨人の力を使い過去へ行くことができます。ミカサの頭痛とエレンのこの力が関係しているのではないかと考えられていました。ミカサに頭痛が起こったシーンでは、未来のエレンがミカサを見ていると予想している意見もあります。

ミカサの頭痛の原因まとめ

今回は「進撃の巨人」に登場するミカサ・アッカーマンの頭痛についてを中心に解説をしてきました。ミカサの頭痛は作中の様々な場面で登場しています。頭痛の原因としては東洋人の血が関係しているのではないかと考えられているようでした。ミカサについては未だ謎に包まれています。頭痛の原因や、ミカサの役目については今後作中で描かれると考えられていました。そんな「進撃の巨人」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ