【進撃の巨人】ウォール・マリア最終奪還作戦まとめ!壁の巨人の歴史や壁の名前の由来は?

進撃の巨人ではウォール・マリアが突破されたことによって、巨人から侵攻されてしまいました。これにより100年間守られていた平和は壊れてしまいます。それから5年が経ち、いよいよ主人公のエレン達は兵力を揃えてウォール・マリア奪還作戦を決行します。ここではウォール・マリア奪還作戦や生存者などのネタバレを紹介します。また、これまでの巨人との戦いや壁の秘密、巨人の歴史などについてもまとめています。

【進撃の巨人】ウォール・マリア最終奪還作戦まとめ!壁の巨人の歴史や壁の名前の由来は?のイメージ

目次

  1. ウォール・マリアは進撃の巨人の壁の1つ
  2. ウォール・マリア最終奪還作戦をネタバレ考察
  3. ウォール・マリアと他の壁の巨人の歴史
  4. ウォール・マリア・ローゼ・シーナの名前の由来
  5. ウォール・マリア最終奪還作戦の生存者
  6. ウォール・マリア最終奪還作戦に関する感想や評価
  7. ウォール・マリア最終奪還作戦まとめ

ウォール・マリアは進撃の巨人の壁の1つ

進撃の巨人の作品情報

ウォール・マリアの奪還作戦や壁の秘密について解説する前に、まずは原作の進撃の巨人の作品概要やあらすじに関して紹介します。

進撃の巨人の概要

進撃の巨人は2009年から別冊少年マガジンで連載されている少年漫画です。原作は諫山創による漫画ですが、スピンオフ作品として小説や漫画も数多く出版されています。また、2013年からはアニメ化、2015年には実写映画化されました。

進撃の巨人のあらすじ

845年、人類は巨大な壁の中に暮らしていました。壁の外には人間を捕食する巨人がいます。壁によって人々は巨人の脅威を免れていました。しかし、ある日突然壁を破壊されてしまい、巨人の侵入を許してしまいます。主人公のエレンは母を捕食され、巨人を一匹残らず駆逐することを決意しました。それからエレンは巨人との戦いに身を投じていきます。

ウォール・マリアは一番外側の壁

進撃の巨人にはウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナの3つの壁が登場します。ウォール・マリアは一番外側の壁で、その内側に、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナという順番で並んでいます。内側になるにつれて裕福な人々が住んでおり、一番危険なウォール・マリアは大勢の一般市民が暮らしていました。

ウォール・マリアは壁の中でも一番人口密度が高いエリアです。巨人からの襲撃からウォール・ローゼへ逃げて来た人々は食糧難にあい、口減らしのために一般市民が巨人討伐に向かわせられることもありました。アルミンの祖父も口減らしで亡くなっています。

かなり強固な壁

ウォール・マリアはとても強固な壁で、100年間巨人から人間を守ってきました。壊すにはとてつもないパワーが必要です。実際にシガンシナ区が襲われた時も、超大型巨人は壁を直接狙ったのではなく出入り口を蹴って破壊しました。

とはいえ、壁の外壁は100年前のままなので壊れそうになっているところもありました。駐屯兵団はそんな壁の修復もしていました。しかし、壁を崇拝するウォール教が修復を邪魔していたため、きちんとした修復はできていませんでした。

TVアニメ「進撃の巨人」Season 3

ウォール・マリア最終奪還作戦をネタバレ考察

ウォール・マリア最終奪還作戦とは

ここではウォール・マリア奪還作戦のネタバレを紹介します。ウォール・マリアが巨人の侵攻を許したのは、845年のことです。シガンシナ区が突破され、その後ウォール・マリア内にも巨人が侵攻してきました。この襲撃の時はちょうど調査兵団が壁外調査に出向いていたため、巨人に戦い慣れていない駐屯兵団が対応することになりました。

そのため、すぐに巨人の侵入を防いだり、巨人を倒すことができず多くの死者を出しました。主人公のエレンはウォール・マリアの外側にあるシガンシナ区に住んでおり、一番最初に巨人の被害に遭いました。ウォール・マリアの奪還作戦はそれから5年後の850年に行われました。

それまで調査兵団は変人の集まる兵団だと言われて資金繰りなども難しかったのですが、王政に対するクーデターに成功し、調査兵団の功績が認められました。これにより調査兵団へ転属するものが続出し、ウォール・マリア奪還作戦における人員も集まりました。さらにライナー・ベルトルト・ジークへ対抗するための新兵器も開発されます。

また、エレンが自由に硬質化ができるようになったことで、対巨人兵器をつくることができました。この対巨人兵器によって人が直接巨人と戦うことなく巨人を討伐することができるようになりました。さらにレイス家が生み出した地下の光る鉱石を使って、巨人が動かなくなる夜間に順路開拓を進めることができました。

調査兵団のメンバーと目的

調査兵団側の目的をネタバレすると、ウォール・マリアの奪還とエレンの家の地下室の二つの目的がありました。エレンが巨人化した原因は父・グリシャでした。グリシャはエレンに自分を食わせ、地下室の鍵を持たせていました。エレンが最初に巨人化して地下牢に閉じ込められた時から、エルヴィンはその鍵が巨人の真実を掴むことができる手がかりになると思っていました。

故郷組みのメンバーと目的

アニ・ライナー・ベルトルトの当初の目的をネタバレすると、マーレにとって脅威となる始祖の巨人の奪還でした。しかし、エレンが巨人化したことで作戦を変更し、始祖の巨人について探るアニとエレンに接近するライナー・ベルトルトに分かれました。しかしアニが拘束されてしまったことで、ライナーとベルトルトは目的をエレンの誘拐に絞ります。

その後エレンは始祖の巨人を持っていることが判明します。ライナーはアニの救出を優先させたいと思ってしまいましたが、ジークの命により当初の目的である始祖の巨人の奪還を最優先にすることにしました。ライナー・ベルトルト・ジーク・ピークはウォール・ローゼに隠れ、調査兵団がエレンを連れてウォール・マリア奪還作戦を行うのを待っていました。

出発前夜の最期の晩餐

出発前夜の最期の晩餐には高級な肉が振る舞われました。ここでは出発前夜の晩餐についてネタバレを紹介します。サシャが肉を争奪する様子を見たハンジ達はドン引きしながら肉に食らいつきます。この肉は2ヶ月分の食費を費やして用意したものでした。

コニーは、こんなに食い意地を張るサシャでも肉を分け与えようとしていたことがあったと、トロスト区襲撃直前の会話を思い出します。エレンはあれからまだ3ヶ月しか経っていないということに驚きます。マルロは自分も前線で戦いたいとジャンに話していました。ジャンは次の世代に引き継がなければならないため、新兵は基本的に後方に下がらなくてはならないと説明します。

そしてエレンに対して「使えねえのは突撃しかできねえ死に急ぎ野郎」と言って喧嘩を売ります。しかし、リヴァイがエレンとジャンに強烈な蹴りを入れて喧嘩を止めました。その後エレン・ミカサ・アルミンは食堂から出て話します。エレンは、それぞれが出来ることを考えて成し遂げていくことが重要だと話しました。アルミンもそれに同意します。

そしてアルミンは巨人を駆逐したら、外には海や炎の水、氷の大地、砂の雪原があると言います。幼い頃はそれを見るために調査兵団を目指していたと言いました。そして本当にそれらがあることを絶対に証明してやるとエレンに宣言します。そんな3人の会話をリヴァイはこっそりと聞いていました。

トロストからシガンシナへ

ウォール・マリア奪還作戦は夕方から開始され、調査兵団はウォール・ローゼのトロスト区を出発しました。ここではシガンシナ区到達までのネタバレを紹介します。巨人の活動が活発化されない新月の夜を狙ってトロスト区を抜けます。巨人は太陽の反射光である月明かりでも動く可能性があるため、新月を選びました。

夜は光る鉱石で道を照らしながら慎重に進んでいきます。皆フードをかぶり、だれがエレンなのか分からないようにしていました。夜が明ける頃、ようやくシガンシナ区に到着します。調査兵団は馬から離れて立体機動でウォール・マリアの壁に移り、シガンシナ区の外門を目指します。その時、アルミンが壁に焚き木の跡が残っていることに気づきました。

エレンにより穴は塞がれた

シガンシナ区の壁周辺にはまったく巨人がいませんでした。調査兵団は不審に思いますが作戦を続行し、エレンがシガンシナ区の壁の穴を塞ぎます。ここではウォール・マリアでのそれぞれの戦いについてネタバレを紹介します。その頃アルミンは敵が潜伏していることを推測していました。エルヴィンはアルミンの指示で潜伏している敵を探し出すことを命じました。

アルミンの指示で壁の中を調査すると、壁の中にはライナーが潜んでいました。ライナーが出てきた瞬間にリヴァイが首を狙いますが、ライナーは巨人化してしまいます。さらにトロスト区側のウォール・マリア内では、突如獣の巨人が無垢の巨人を従えて侵攻してきました。獣の巨人は投石によってシガンシナ区からトロスト区側のウォール・マリアに通じる穴を塞ぎ、兵力を二分化してしまいます。

エルヴィンはウォール・ローゼ内の獣の巨人をリヴァイに任せ、シガンシナ区方面はハンジとアルミンが指揮を取るように指示しました。鎧の巨人は獣の巨人の加勢をするつもりでしたが、エレンが巨人化して囮になることでシガンシナ区での戦いを強制されます。また、アルミンは超大型巨人がまだ姿を表していないことを懸念していました。

そのため、エレンは鎧の巨人を壁から離れた位置へと誘導し、新兵器の雷槍を使ってライナーを戦闘不能にしました。一方でトロスト区側のウォール・マリア内では、新兵たちと馬を守るディルク班が無垢の巨人の相手をしていました。リヴァイは敵が動く前に馬を移動するように指示します。しかしその時、戦闘不能となったライナーが叫び声を上げます。

それを合図にシガンシナ区に樽が投げ込まれ、ベルトルトが出てきます。アルミンはベルトルトと話そうとしましたが失敗し、ベルトルトは大きな爆発とともに巨人化しました。一方で獣の巨人は投石による攻撃を開始しました。多くの兵士が投石によって死亡してしまいます。

エルヴィンは新兵たちを囮に使って、獣の巨人に奇襲をかける作戦に出ます。シガンシナ区では、アルミンが自ら囮になって超大型巨人の体力を消耗させた隙に、エレンに超大型巨人を討伐させる作戦を決行しました。

調査兵団と故郷組みそれぞれのダメージ

調査兵団はほとんどの兵力を失いました。エルヴィンは死んでしまい、ハンジ班もハンジ以外のモブリット達は超大型巨人の爆風によって死亡します。囮になった新兵はフロックしか生き残っていませんでした。一方でマーレの戦士たちはベルトルトをアルミンに食べられてしまい、ジークもリヴァイによって戦闘不能となります。始祖の巨人の奪取も失敗してしまいました。

Thumb進撃の巨人は面白い?つまらない?漫画の評価や感想・口コミからその魅力を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ウォール・マリアと他の壁の巨人の歴史

壁は巨人だった

100年も巨人から守り続けていた壁の正体をネタバレすると、その正体は巨人でした。その昔、始祖の巨人が超大型巨人を操り、円形に並べて壁を作ったといわれています。この巨人達のおかげで簡単に外にいる無垢の巨人からも突破されませんでした。初代王は他国に対して、何かあればこの壁となっている幾人もの超大型巨人を呼び覚まして侵攻すると脅していました。

壁の正体を知るもの

壁の正体を知る者達をネタバレすると、まず始祖の巨人を継承してきたレイス家の人間は確実に知っています。また、壁の修復を邪魔していたウォール教のニック司祭も知っていました。ニック司祭は壁の秘密を脅されても口を割りませんでした。しかし、ニック司祭が情報をもらすのではないかと危惧した第一憲兵団はニック司祭を拷問し、殺害します。

このことから、王都にいる憲兵団の中でも第一憲兵団の何人かは壁の秘密を知っている可能性があります。特に偽物の王を用意し、実際に国を動かしていた行政区の人間達は知っていると思われます。

ウォール・ローゼとウォール・シーナ

ウォール・ローゼはウォール・マリア内にある壁です。長さは2,400kmあります。ウォール・マリアが侵攻されたときは、ウォール・マリア内の住人のほとんどがウォール・ローゼに避難しました。ウォール・シーナはウォール・ローゼ内にある壁です。長さは1,570kmほどしかありませんが、安全で王家や中央憲兵団などの富裕層が暮らしています。

壁の中の世界

壁の中の世界は外界から100年ほど文化が遅れています。これは外界との接触がなかったり、武器や科学などの進歩を第一憲兵団が阻止してきたからです。実際に空を飛んで壁の外から出ようとしたアルミンの両親は政府に殺されています。

Thumb【進撃の巨人】名シーン・名場面まとめ!エレンやミカサなど名言と共に振り返る | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ウォール・マリア・ローゼ・シーナの名前の由来

始祖ユミルの娘の名前

ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナの名前の由来はユミルの娘の名前だといわれています。そもそもユミルとは何者なのかネタバレすると、エルディア人の先祖で悪魔から巨人の力を授かったといわれる人物です。ユミルには娘がいるような描写がありました。この3人の娘の名前が由来となっているのではないかといわれています。

女性がモチーフ

それぞれの壁の門には女性をモチーフにした紋章が記されています。ウォール・マリアはティアラを着用したハーフアップの女性がモチーフとなっています。ウォール・ローゼの紋章は頭に飾りをつけている髪の長い女性がモチーフとなっています。ウォール・シーナの紋章はティアラを着用し、髪をアップにしている女性がモチーフとなっています。

Thumb【進撃の巨人】ニック司祭の目的や死んだ真相を考察!ウォール教と壁の秘密とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ウォール・マリア最終奪還作戦の生存者

生存者①エレン

ウォール・マリア奪還作戦をネタバレすると、鎧の巨人との戦いでは新兵器の雷槍を持ったジャン達と協力しながら戦闘不能にしました。超大型巨人に対しては巨人から人間に戻り、立体機動装置で超大型巨人を倒しました。

生存者②リヴァイ

ウォール・マリア奪還作戦をネタバレすると、エルヴィンの囮作戦によりリヴァイは無垢の巨人を倒しながら獣の巨人に近づくことができました。圧倒的な力の差を見せつけ、獣の巨人を倒します。

生存者③アルミン

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、アルミンは超大型巨人を倒すために蒸気に炙られ続けて瀕死状態なりました。一時期はエルヴィンとアルミンのどちらを生かすかで揉めましたが、リヴァイの判断によってアルミンが生存し、超大型巨人を継承しました。

生存者④ジャン

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ジャンは作戦を皆に指示し、雷槍を使って鎧の巨人を倒すことに成功しました。車力の巨人がライナーを奪いに来た時は、ハンジによって命を救われました。

生存者⑤コニー

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、コニーは雷槍でジャン達と共に鎧の巨人を倒しました。アルミンが超大型巨人を引きつけている間も、邪魔しないように鎧の巨人の相手をしていました。

生存者⑥サシャ

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、サシャもジャンやコニーと一緒に鎧の巨人と戦います。しかし、途中で鎧の巨人からの攻撃で負傷して意識を失いますが、生存していました。

生存者⑦ハンジ

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ハンジは超大型巨人の爆風で死んだかに思いましたが、モブリットがハンジを庇って井戸に落としていたため、生存していました。ジャン達と鎧の巨人の戦闘に駆けつけ、雷槍を撃ち込みました。

生存者⑧ミカサ

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ミカサは主に鎧の巨人との戦闘をしていました。鎧の巨人が真っ先に超大型巨人の方へ向かおうとした時も足に命中させ、その後鎧の巨人を倒すなど大きく貢献しました。

生存者⑨フロック

フロックはウォール・マリア奪還作戦の新人で唯一生き残りました。ネタバレをすると、フロックは投石によって倒されたエルヴィンを見つけ出し、まだ息があるのを確認してシガンシナ区へ向かったリヴァイの元に行きます。

フロックは悪魔のような囮作戦を決行できるエルヴィンこそが、巨人を滅ぼすために必要な人物だと思っていたのです。しかし、リヴァイの判断により生き返らせたのはアルミンでした。

生存者⑩ライナー

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ライナーは一人で進撃の巨人に勝つことができませんでした。それに加えて雷槍による攻撃を受けたため、ジャン達に倒されてしまいます。ハンジによって、殺されそうになっていましたがジャンがそれを止めて拘束されるだけとなりました。その隙にピークが駆けつけ、ライナーを回収しました。

生存者⑪ジーク

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ジークはリヴァイによって瀕死の状態となっていました。しかし、側にいたピークが駆けつけてジークを回収します。ジークはピークに乗ってその後ライナーの回収に向かい、そのまま撤退しました。

生存者⑫ピーク

ウォール・マリア奪還作戦のネタバレをすると、ピークはほとんど戦いに参加していません。おそらく脱出手段として参加していたと思われます。そのため、特に酷い怪我なども負っていません。

Thumb進撃の巨人の9つの巨人の強さを考察!一番強いのは?最強ランキングを検証 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ウォール・マリア最終奪還作戦に関する感想や評価

ウォール・マリア奪還作戦、は進撃の巨人の読者にも人気の回です。エレンが巨人を駆逐してやると心に誓ってから5年、やっとその目的を果たすことができました。ウォール・マリア奪還作戦では、エレンだけでなくアルミンなど他のキャラクターも存分に活躍しています。

ウォール・マリア奪還作戦は成功しましたが、多大なる犠牲が出てしまいました。生存者はたったの9人です。民衆はウォール・マリア奪還に喜びましたが、戦場で戦ったエレン達は素直には喜べることではありませんでした。

ウォール・マリア奪還作戦では、エルヴィンやモブリット、マルロなど、これまで何度も出てきた重要なキャラクターが死亡してしまいました。特にエルヴィンは長年の夢を目の前にして亡くなってしまったため、ショックだったという方もたくさんいました。

Thumb【進撃の巨人】ユミルの民の正体を考察!エルディア人やマーレ人との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ウォール・マリア最終奪還作戦まとめ

ウォール・マリアの奪還作戦は、5年をかけてやっと達成することができました。特にエレンが巨人化してからはマーレの戦士達も本格的に動き始めたため、エレンが訓練兵を修了してからはわずか1年で奪還することができました。しかしその際に捕らえられたのは超大型巨人だけで、鎧の巨人、獣の巨人、車力の巨人には逃げられてしまいます。今後はマーレの動向にも注目です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ