約束のネバーランドのママ・イザベラの魅力や過去とは?死亡説や生きている可能性は?

少年ジャンプで連載中の「約束のネバーランド」では、食用人間として育てられた子供達の脱出劇が描かれています。今回はそんな「約束のネバーランド」に登場するGFハウスのママ・イザベラについて詳しく紹介をしていきます。「約束のネバーランド」でエマ達からママと呼ばれているイザベラは、同じ人間ですが正体は飼育監でした。そんな「約束のネバーランド」のキャラクター・ママの秘密や過去、そしてエマ達との別れ際最後の瞬間に描かれたいい人としての一面から、死亡説まで解説をし、ママ・イザベラの魅力に迫っていきます。

約束のネバーランドのママ・イザベラの魅力や過去とは?死亡説や生きている可能性は?のイメージ

目次

  1. 約束のネバーランドとは?
  2. 約束のネバーランドのママ・イザベラとは?
  3. 約束のネバーランドのママの魅力
  4. 約束のネバーランドのママの過去
  5. 約束のネバーランドのママの最後
  6. 約束のネバーランドのママに関する感想や評価
  7. 約束のネバーランドのママ・イザベラまとめ

約束のネバーランドとは?

「約束のネバーランド」は週刊少年ジャンプに連載されアニメ化もされた大人気少年漫画です。今回はそんな「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママことイザベラについて紹介していきます。エマ達の飼育監として登場したママ・イザベラの正体と秘密、そして作中で描かれた最後のシーンや死亡説まで解説していきます。さらにエマ達との最後のシーンで見せたいい人であるという一面も紹介していきます。

約束のネバーランドの作品概要

死亡説も出ているママが登場する「約束のネバーランド」の概要を紹介していきます。「約束のネバーランド」は、原作白井カイウ・作画出水ぽすかによる漫画作品です。2016年から週刊少年ジャンプで連載され「約ネバ」の愛称で親しまれています。この作品では孤児院で育てられた子供達が、過酷な運命に争う姿が描かれています。ジャンプのセオリーである「友情・努力・勝利」の鉄則が変わった角度から描かれていました。

約束のネバーランドのあらすじ

最後はいい人だったという一面も描かれたママ・イザベラが登場する「約束のネバーランド」のあらすじを紹介していきます。物語は、孤児達が集団で暮らしている孤児院グレイス=フィールドハウスから始まりました。このGFハウスではママと呼ばれる院のシスターが子供達を育てています。そんなママことイザベラのもとで育った子供達の中では、血の繋がりこそは無いものの兄弟のような絆が芽生えていました。

「約束のネバーランド」に登場するGFハウスの子供達は普段から特殊なテストを受けていて6〜12歳までの間に里親に出されていました。ハウスの中でも最年長のエマ、ノーマン、レイは常にトップクラスの成績を誇る優秀な子供達です。そんな中、ハウスのメンバーであったコニーが里親の元へ送り出されることになりました。コニーの忘れ物を届けに行ったエマ、ノーマンはそこでハウスの秘密やママの正体を知ってしまいます。

『約束のネバーランド』公式サイト|集英社 - 週刊少年ジャンプ

約束のネバーランドのママ・イザベラとは?

今回は「約束のネバーランド」に登場するママことイザベラの正体や秘密について紹介していきます。イザベラは、エマ達が暮らしていたGFハウスの飼育監として作中に登場しました。穏やかで理想のママだったイザベラですが、その正体は鬼のために子供達を差し出す人間だったのです。ここからはそんなママことイザベラの年齢やプロフィールといったキャラ設定、イザベラの秘密、またレイの父親についても考察をしていきます。

イザベラのキャラ設定

子供達が残酷な運命に立ち向かっていくという姿が描かれた「約束のネバーランド」では、ママという存在のキャラクターが登場します。ママとはハウスと呼ばれている孤児院で、子供達の面倒を見ている人物のことです。主人公エマ達にとってのママはイザベラでした。常に優しく穏やかなイザベラのことを子供達は非常に慕っていましたが、その正体は食用人間を育てる飼育監だったのです。そんなママの設定を解説していきます。

イザベラのプロフィール

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママことイザベラのプロフィールを紹介していきます。エマ達が暮らしていた孤児院GFハウスのママとして優しく穏やかに振舞っていたイザベラですが、その正体は子供達を監視し食用人間に育てる飼育監だったのです。ママとしての腕前は非常に優秀で、イザベラが育てた子供達は高級品の中でも特に上物な肉として扱われています。頭のキレもよく、エマ達を翻弄していきました。

イザベラの年齢

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママことイザベラの年齢について紹介をしていきます。GFハウスで子供達に対し優しいママを演じていたイザベラの年齢は31歳であるということが明らかになっていました。12歳になると出荷されるという原則があるハウスですが、女の子でママに能力を認められ推薦されるとママ候補生として生き残れるようです。イザベラも、ママ候補生として生き抜いてママになったようでした。

イザベラの飼育監

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママ・イザベラのキャラ設定について解説をしていきます。作中では現在、イザベラがハウス出身の人間であるということが明らかになっています。さらにクローネがグランマに密告をした時「かつての私のように制御できていれば問題ない」と言われていました。このことから、幼い頃孤児院で過ごしていたイザベラのママはグランマであったということが分かります。

イザベラの秘密

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママことイザベラについて紹介をしていきます。「約束のネバーランド」に登場するイザベラはエマ達のママとして、上質な食用人間を育てていましたがそんなイザベラもハウス出身の人間でした。最後はいい人としての一面が描かれ、現在は死亡してしまったと考えられているキャラクターですが、ここからはイザベラの秘密とレイとの関係について詳しく解説をしていきます。

レイの母の正体はイザベラ

アニメ化もされ話題となった「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、ママことイザベラの秘密を紹介していきます。「約束のネバーランド」に登場するイザベラの秘密としてレイの母親であるということが挙げられていました。レイはハウスの中でも特別な存在でした。常に成績上位をキープし、ママと取引をしていたキャラクターです。そんなレイには幼児期健忘が起こらず胎児の頃の記憶がありました。

そしてレイはイザベラが妊娠していた頃に子守唄として歌っていたレスリーの歌を口ずさみます。イザベラしか知らないはずの歌をレイが知っていたのです。その歌を歌うレイを見て、レイこそが自分の子供であったということに気が付いたイザベラは絶望したような表情になりました。

イザベラはグランマの娘

「約束のネバーランド」でエマ達のママとして登場したキャラクター、イザベラの秘密について紹介をしていきます。最後にはいい人であったということもわかったイザベラはグランマの娘なのではないかと言われていました。シスター・クローネが密告をした時のグランマのセリフは「かつての私のように実子であっても制御できているのなら問題ない」という意味にも捉えられるため、グランマの娘説が出ていました。

レイの父親を考察

「約束のネバーランド」に登場し、エマ達を飼育監として追い詰めていったキャラクターイザベラの秘密について紹介をしてきました。イザベラの秘密の一つには、レイの母親であったということが挙げられています。イザベラしか知らないはずの曲を口ずさんでいたことにより、レイがイザベラの息子であったということが明らかとなっていましたが、レイの父親は誰なのでしょうか。ここからはレイの父親について考察をしていきます。

考察①鬼

「約束のネバーランド」でエマ達を追い詰めた飼育監イザベラの息子だということが明らかとなったレイですが、父親についての情報は一切明かされていません。そんなレイの父親候補の中には、鬼もあがっていました。ママことイザベラは非常に優秀な女性でしたが鬼の世界では身分が低いことには変わりありません。そんな人間を相手に鬼が子供を産ませているのではないかという考察もされていました。

考察②農園出身者

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、レイの母親はイザベラであるということが明らかになっています。そんなレイの父親候補の中には農園出身者も挙げられていました。ママになれるのは農園の中でも優秀な女子だけです。そんなママの相手ということもあり、父親も優秀な農園出身者だったのではないかと考えられています。食用人間を産むために、生き残っている男性がいる可能性は十分に考えられます。

考察③ピーターラートリー

「約束のネバーランド」で、飼育監として登場し最後にはいい人だということも明らかとなったイザベラの息子レイの父親について考察をしていきます。レイの父親候補の中には、ピーターラートリーもあげられていました。ピーターラートリーは鬼と人間界を繋いでいる人物です。このピーターの兄が、ミネルヴァでした。重要人物であるピーターがレイの父親であるという可能せは十分に考えられます。

Thumb約束のネバーランドのレイの父親と母親の正体は?生存の可能性も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのママの魅力

「約束のネバーランド」は週刊少年ジャンプで連載されている大人気少年漫画です。今回はそんな「約束のネバーランド」にママとして登場するキャラクター、イザベラの正体や秘密などを中心に紹介していきます。イザベラは飼育監としてエマ達を追い詰めていきますが、最後にはいい人としての一面が描かれていました。死亡説も出ているイザベラですが、ここからはそんなイザベラの魅力を詳しく解説していきます。

魅力①完璧で優秀

「約束のネバーランド」で飼育監として登場するキャラクター、イザベラの魅力について紹介をしていきます。イザベラの魅力の一つには完璧で優秀という一面が挙げられていました。イザベラは史上最年少で飼育監となっていたことが明らかになっています。また歴代上物育成数もトップであり非常に優秀な女性でした。グランマにも信用されているイザベラは、エマ達の策略を見抜くなど頭の回転も速いキャラクターです。

魅力②怖い一面

「約束のネバーランド」でエマ達の飼育監として登場するキャラクター、イザベラの魅力を紹介していきます。イザベラの魅力の一つとして怖い一面が挙げられていました。イザベラは笑顔で子供達を育てる優しいママを演じていましたが、「優しいママ」という表の表情とは裏腹に非常に怖い一面も持っていました。愛情を注いできた子供が鬼に食べられるために出荷されても何事もなく笑顔でいるという点が怖いと言われていました。

魅力③いい人

「約束のネバーランド」にエマ達のママとして登場するイザベラの魅力を紹介していきます。イザベラの魅力の一つとして、いい人だという点が挙げられていました。イザベラは子供達が脱走しないようにあらゆる手を尽くしますが、エマ達にその上を行かれてしまいます。そんなエマ達が崖を渡るために使ったロープを回収し残された子供達に寄り添ったイザベラは最後の最後で愛していたエマ達に味方をしたいい人でした。

Thumb【約束のネバーランド】シスター・クローネの顔芸が面白い!過去や人気の秘密は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのママの過去

今回は、アニメ化もされ注目が集まっている作品「約束のネバーランド」に登場するイザベラについて紹介をしていきます。イザベラは、エマ達の飼育監として「約束のネバーランド」に登場しました。脱走しようとするエマ達の行く手を阻見ますが、最後のシーンではいい人だったという一面も描かれています。そんなイザベラもハウス出身でした。ここからは、ママとして登場したイザベラの過去を詳しく解説していきます。

過去①イザベラの幼い頃

「約束のネバーランド」に登場する飼育監、イザベラの過去について紹介をしていきます。ママとして子供達を見張っていたイザベラもかつてはハウスで暮らしていた子供の一人でした。ハウスには優秀な女子がママの推薦を受けてママ候補になれるという制度が存在しています。飼育監として優秀な成績を収めているイザベラがママになった経緯には、ハウス時代の友人であるレスリーという人物が大きく影響しているようでした。

レスリーの存在

「約束のネバーランド」に登場するママ・イザベラの過去について紹介をしていきます。ハウスで暮らしていた時代、イザベラにはレスリーという名前の親友がいました。レスリーは歌を作ることが得意で、イザベラはそんなレスリーが作った歌が大のお気に入りだったようです。レスリーが出荷される直前、イザベラはレスリーが作った目標を達成するための手助けをします。レスリーの最後の目標はイザベラのヒーローになる事でした。

イザベラも脱獄していた

飼育監として、エマ達を追い詰めていくイザベラの過去を解説していきます。イザベラもエマ達と同じようにGFハウス出身の人間でした。ハウス時代には、脱走することも考えていたようです。しかし、壁の向こうにある断崖絶壁を見てイザベラは脱走することを諦めました。そして、12歳になる直前当時イザベラのママをしていたグランマからこの世界の正体について聞かされ、イザベラはママになることを決意したのです。

イザベラと歌の関係

正体が飼育監でありながらもいい人としての一面も描かれていたイザベラの過去を解説していきます。ハウス時代の親友レスリーの曲は、イザベラしか知らない特別なものでした。脱走を諦めママになることを決意したイザベラを支えたのがレスリーの曲です。レイを妊娠している時も、イザベラはレスリーが作った曲を口ずさんでいました。この曲があったからこそイザベラは強い女性として生きることが出来ていたのです。

過去②ママを目指した理由

最後にはいい人としての一面も描かれたイザベラですが、そんなイザベラがママとして飼育監になったのには理由がありました。その理由は、鬼が人間を食べるという世界を変えることが出来ない以上、食べられない人間としてせめて生き続けたいからというものでした。イザベラには生きることに対する執念が生まれていたのです。

Thumb約束のネバーランドの鬼の正体や伏線・種類は?人間を食べる理由が発覚? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのママの最後

「約束のネバーランド」は週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もされた注目作品です。これまでのジャンプの路線とは一線を画す作風ですが、今回はそんな「約束のネバーランド」に登場するキャラクター・イザベラについて紹介をしていきます。食用人間を育てるための施設GFハウスの飼育監だったという正体が明らかになったイザベラですが、ここからはそんなイザベラの最後や死亡説について詳しく解説をしていきます。

イザベラの最後の切ない想い

「約束のネバーランド」に登場するイザベラの最後を解説をしていきます。正体が飼育監であるということも明らかとなっていたイザベラは、脱走しようとしているエマ達を壁の上で発見します。エマ達は壁から崖へと渡っている途中でした。自分に背を向け崖へと渡る子供達を見てイザベラは負けを認めます。そして最後には「ただ普通に愛せたらよかった」といういい人としての一面が現れたセリフを残していました。

イザベラの死亡説

イザベラは崖に渡った子供達を追うことなく、子供達が使用したロープを回収し残された4歳以下の子供達に寄り添っていました。そんな最後が描かれているイザベラは死亡したのではないかと言われています。特上二人、そして大勢の子供達を逃してしまったイザベラの罪は非常に重いものです。そのため鬼によって殺され死亡したという可能性が考えられます。しかし、イザベラが死亡したとは明確に言及はされていませんでした。

イザベラの生存説

人物紹介で載っている

レイの母親であるという秘密を抱えていた「約束のネバーランド」に登場するキャラクター・イザベラは、いい人だという一面もありましたが死亡説があがっていました。イザベラは死亡したと言われていますが、まだ単行本に掲載されている人物紹介の欄に載っていました。話が進み登場人物が多くなっているにも関わらず登場するということは、死亡ではなく生存を意味しているのではと言われています。

ノーマンが生きている

正体が飼育監であることも明らかとなったイザベラの死亡説について紹介をしていきます。イザベラはその後死亡したのではないかと言われていましたが、作中では出荷されたはずのノーマンが生きているということが明らかになっています。このことからもイザベラは死亡しておらず、何らかの形で生き残っているのではないかと言われていました。今後イザベラがノーマンのようにストーリーに再び登場する可能性は十分に考えられます。

小説でイザベラのその後が書いてある

いい人としての一面も描かれていたイザベラの死亡説について紹介していきます。イザベラはその後死亡したのではないかと言われていましたが小説版約束のネバーランド「ママたちの追想曲」では、イザベラのその後を示唆している文章が描かれていました。「イザベラは毅然として立ち上がった。今日が、最初の朝だ」という文面から、イザベラが生きていてエマ達の助けとなる日が来る可能性は十分にあると考えられています。

クローネとの再開

レイの母親であるという秘密を抱えていたイザベラの死亡説について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」には番外編もありました。番外編では死んでしまったクローネとイザベラのお茶会の様子が描かれていたのです。既に死亡している場面が描かれているクローネと再会しているシーンから、イザベラも死亡している可能性が考えられていました。この番外編は本編のシリアスな空気とは異なりコメディ風に描かれています。

Thumb約束のネバーランドのノーマン生存説を考察!人間世界で生きている? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのママに関する感想や評価

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、イザベラに関する感想や評価について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」のキャラクター・イザベラに関する感想の中には、イザベラが特上肉としてティファリに捧げられるのではないかと考察をしている感想もありました。「約束のネバーランド」ではティファリという特上肉が捧げられる儀式があり、本来はエマ達特上肉が捧げられる予定でした。

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、イザベラに関する感想や評価について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」のキャラクター・イザベラに関する感想の中には最初から悪い人の気配はしなかったという感想もありました。

「約束のネバーランド」に登場するキャラクター・イザベラに関する感想や評価について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」のキャラクター・イザベラに関する感想の中には、生存を賭けた争いに明け暮れていたイザベラの思春期に同情しているものもありました。

約束のネバーランドのママ・イザベラまとめ

今回は「約束のネバーランド」に登場するキャラクター、イザベラの正体や秘密について紹介をしてきました。「約束のネバーランド」に登場したイザベラは飼育監であり、さらにはレイの母親であったという秘密も暴かれています。「約束のネバーランド」では現在イザベラは死んだと考えられていますが生存している可能性も十分考えられます。そんなイザベラが登場する「約束のネバーランド」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ