約束のネバーランドというタイトルの意味は?約束とは?今後の展開を予想考察

「約束のネバーランド」は週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画です。今回はそんな「約束のネバーランド」というタイトルの意味について詳しく解説をしていきます。「約束のネバーランド」に登場する鬼と人間の関係や、エマとノーマン・人間と鬼が交わした約束の内容から「約束のネバーランド」というタイトルの意味について考察をしていきます。さらにネバーランドが登場するピーターパンや設定が似ている映画から「約束のネバーランド」の今後の展開も予想していきます。

約束のネバーランドというタイトルの意味は?約束とは?今後の展開を予想考察のイメージ

目次

  1. ネバーランドのタイトルの意味考察
  2. ネバーランドの約束の意味考察
  3. ネバーランドの今後を予想考察
  4. ネバーランドが登場するピーターパン
  5. ネバーランドの番号の意味考察
  6. ネバーランドに関する感想や評価
  7. ネバーランドのタイトルの意味考察まとめ

ネバーランドのタイトルの意味考察

週刊少年ジャンプで連載されている大人気少年漫画「約束のネバーランド」について紹介をしていきます。今回はそんな大人気漫画のタイトルの意味を中心に考察していきます。ネバーランドというのはピーターパンにも登場する単語です。そんなネバーランドという単語がつけられているタイトルについての考察や、今後の展開を予想していきます。

ネバーランドの意味とは?

「約束のネバーランド」という作品のタイトルにも登場する「ネバーランド」の意味について考察をしていきます。「ネバーランド」とは、「ピーターパン」に登場する架空の国です。ピーターパンやティンカーベルがこの世に誕生する前から存在していると言われている国であり、どうやって誕生したのかそしてどのような人たちが暮らすようになったのかという詳しい設定については明かされていません。

約束のネバーランドの意味&鬼との関係

ここからは「約束のネバーランド」の設定について詳しく解説をしていきます。「約束のネバーランド」は孤児院で育てられた子供達が残酷な運命に対して立ち向かっていく姿を描いています。この世界では人間と鬼という二種類の生き物が存在し、子供達を翻弄していきました。物語は、人間を食用の家畜として飼育するグレイス=フィールドという鬼によって運営されている農園から始まりました。

鬼と人間は対等ではない

「約束のネバーランド」の設定について詳しく解説をしていきます。「約束のネバーランド」の世界では鬼という種族が存在し、その鬼は人間のことを食べる生き物でした。エマ達が住んでいたハウスは農園と呼ばれ高級な家畜を飼育するための施設だったのです。このように「鬼」が権力を握っている世界で人間は弱者であり鬼と人間の立場は対等ではありません。

鬼と人間は対等な立場

「約束のネバーランド」に登場する殆どの鬼は人間のことを食べます。そのため鬼と人間の立場は対等なものではありませんでした。しかしそれはあくまでも鬼の世界の話です。「約束のネバーランド」には人間の世界というものも存在しています。1000年ほど前に二つの世界は分裂し、現在では互いの世界を行き来できないようになっています。そうした約束をしたという点では鬼と人間の関係は対等だと言えます。

出水ぽすか先生&白井カイウ先生のインタビュー

「約束のネバーランド」という作品のタイトルに込められた意味のヒントとして原作者である白井カイウ先生と出水ぽすか先生のインタビューが挙げられていました。このインタビューでは「約束のネバーランド」の今後の展開についても言及されています。エマ達が脱獄した後の設定やストーリーの意味が「約束のネバーランド」というタイトルになっているそうで、「約束のネバーランド」の今後の展開がますます話題となりました。

TVアニメ「約束のネバーランド」公式サイト

ネバーランドの約束の意味考察

今回は週刊少年ジャンプで連載されている「約束のネバーランド」のタイトルを中心に紹介していきます。「約束のネバーランド」というタイトルには一体どのような意味が込められているのでしょうか?ここからはそんな「約束のネバーランド」の意味について詳しく解説をしていきます。

ネバーランド(理想郷)を作る約束

ネバーランドには理想郷という意味もありました。これは、人間と鬼との間で交わされた約束が関係しているのではないかと言われています。人間は自分達の世界に干渉しないことと引き換えに農園というネバーランドを鬼に与えます。鬼にとって、エマやノーマン立ち退いた農園はご馳走がゴロゴロ転がっている理想郷です。このことから、鬼にとってのネバーランドという意味も込められているのではないかと言われていました。

エマとノーマンの再会の約束

「約束のネバーランド」のタイトルに込められた意味について考察をしていきます。二巻のカバー下にある仕掛けがされていました。カバー下の絵には「Promised」という単語が書かれています。この段階でエマ達はハウスからの脱獄を計画、そして三巻ではノーマンの出荷が決まります。このことからノーマンがエマに対して生きて再会するということを約束したのではないかと言われていました。

人間と鬼が交わした約束

「約束のネバーランド」というタイトルに込められている意味を考察していきます。現在は鬼の世界と人間の世界が存在している「約束のネバーランド」の世界ですが1000年以上前は一つの世界でした。人間と鬼がお互いを攻撃し合っていましたがある時人間が鬼に対して互いの世界を棲み分けるという提案をしました。鬼はその提案を受け入れ、人間の世界に干渉しないということを「約束」していました。

鬼が人間を養殖する理由

人間との約束によって鬼は人間のことを狩れなくなってしまいました。しかし鬼は人間を食べる種族です。人間を食べたいという欲求を満たすために鬼は人間を養殖するという手段に出ます。エマ達がいた農園以外にも鬼の世界にはたくさんの施設があるそうです。鬼と人間の世界が分断された時、一部の人間だけがおいていかれてしまいました。このことについては鬼と人間の「約束」に大きく関わっているのではないかと言われています。

鬼の世界と人間の世界は往来可能?

「約束のネバーランド」のタイトルに込められた意味について解説をしていきます。「約束のネバーランド」では鬼と人間が互いに干渉しないという「約束」をしていました。しかし鬼と人間の世界の行き来は可能だということが明らかになっています。これにはウィリアム・ミネルヴァという人物が大きく関わっているようでした。ウィリアム・ミネルヴァは、鬼と人間の世界を行き来しているという可能性が非常に高い人物です。

ウィリアム・ミネルヴァはピーターパン?

「約束のネバーランド」のタイトルの意味について考察をしていきます。「約束のネバーランド」にはウィリアム・ミネルヴァという人物が登場しました。ウィリアム・ミネルヴァは、「約束のネバーランド」の中でもピーターパンのような役割を担っているのではないかと言われていました。ネバーランドという単語は「ピーターパン」に登場する単語です。そのため、ピーターパン的な役割をもつ人物が登場すると考えられます。

ウィリアム・ミネルヴァが約束の鍵?

「約束のネバーランド」というタイトルに込められた意味について考察をしていきます。「約束のネバーランド」にはウィリアム・ミネルヴァというキャラクターが登場しました。ミネルヴァこそが鬼に相互不干渉の約束を提案した人物なのではないかと言われています。提案者の肩にはフクロウが乗っていました。ミネルヴァがモールス信号として使っている記号もフクロウです。そのため同一人物だと考えられていました。

Thumb約束のネバーランドの鬼の正体や伏線・種類は?人間を食べる理由が発覚? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネバーランドの今後を予想考察

今回は週刊少年ジャンプに連載されている「約束のネバーランド」について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」のタイトルには様々な意味が込められていると言われていました。そんな「約束のネバーランド」のタイトルの意味について考察をしてきましたが、ここからは「約束のネバーランド」の今後の展開について予想していきます。

映画・アイランドと設定が酷似?

「約束のネバーランド」は2005年に公開された映画「アイランド」に設定が似ていると言われていました。ここからは映画「アイランド」から「約束のネバーランド」の今後を予想していきます。

アイランドと外の世界

「約束のネバーランド」と「アイランド」の設定を解説していきます。「アイランド」と似ている部分の一つには外部との関係が挙げられていました。「約束のネバーランド」では孤児院にいる子供達が外の世界に対して憧れを抱くように教育されていきます。一方「アイランド」ではアイランドこそが楽園だと教育されていました。しかしどちらも地獄であるという点が二つの作品に共通しています。

コミュニティとハウス

「約束のネバーランド」と「アイランド」の共通点を紹介していきます。「約束のネバーランド」のハウスと「アイランド」のコミュニティは共通点がありました。それは、どちらも徹底した管理が行われているということです。またその中で暮らしている住人達は、不自由もストレスもなく暮らすことができます。

クローン説

「約束のネバーランド」と「アイランド」の共通点を紹介していきます。この二つの作品の共通点としてクローン説が挙げられていました。「約束のネバーランド」は「アイランド」との共通点がかなりあります。このことから「アイランド」のように「約束のネバーランド」に登場する人間達も全てクローンなのではないかと言われていました。

脱獄が目的

「約束のネバーランド」と「アイランド」の共通点を紹介していきます。「約束のネバーランド」と「アイランド」の共通点として脱獄が目的という点が挙げられていました。多くの共通点があるこの二作品ですが、そのどちらも脱獄をすることが目的となっています。

映画・アイランドで今後を考察

「約束のネバーランド」は「アイランド」と多くの共通点がありました。ここからはそんな「アイランド」の展開から「約束のネバーランド」の今後の展開を予想していきます。「約束のネバーランド」が今後アイランドと同じ展開を迎えるのなら本部で生まれている赤ちゃんを救い出す、或いは子供達だけでネバーランドを作るという約束をすると考えられます。

映画・アイランドのストーリー

「約束のネバーランド」と似ている映画「アイランド」のストーリーを紹介していきます。主人公リンカーンは閉鎖的なコミュニティで暮らしていました。そして地上の楽園と言われている「アイランド」へ行くことを夢見ています。ある時施設を探検していたリンカーンは驚くべき事実を目にします。その後施設を脱獄したリンカーンが仲間達を救うというストーリーでした。

Thumb約束のネバーランドとドラマ・私を離さないでが似ている?それぞれの設定を比較紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネバーランドが登場するピーターパン

今回は「約束のネバーランド」について紹介をしています。映画「アイランド」から「約束のネバーランド」の今後について予想してきましたが、ここからは「ネバーランド」という単語が登場する「ピーターパン」について解説をしていきます。

ピーターパンの怖い設定

「約束のネバーランド」のタイトルに登場する「ネバーランド」という単語は「ピーターパン」に登場する単語です。ここからはそんな「ピーターパン」の怖い設定について詳しく解説をしていきます。

ネバーランドの子供は殺される

「ピーターパン」にある怖い設定を紹介していきます。ピーターパンの仲間には子供しかいませんでした。その理由は成長した子供を殺しているからだと言われています。1911年に発売された「ピーターパンとウェンディ」では規則違反という理由で成長した子供達を殺されるという説明があります。

ピーターパンのあらすじ

「ピーターパン」のあらすじを紹介していきます。ある夜、ウェンディ達の前にピーターパンが訪れました。ピーターパンは自分の影を探してウェンディ達の家にやってきたようです。ウェンディは翌日から一人暮らしをするように言われていました。そこでピーターパンはウェンディ達をネバーランドへと連れていきます。

Thumb約束のネバーランドのあらすじと感想をネタバレまとめ!伏線や相関図も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネバーランドの番号の意味考察

今回は週刊少年ジャンプで連載されている「約束のネバーランド」について紹介をしていきます。ここからは「約束のネバーランド」に登場する認識番号の意味について詳しく解説をしていきます。

逆にすると認識番号に

エマ達の首に書かれている番号は認識番号です。末尾が全員4であるということから逆さまに読むと認識番号になります。イザベラの年齢から考えればどれぐらいのスパンで子供達が送られてくるのか計算することが出来るようです。

主要キャラクターの番号

「約束のネバーランド」に登場する主要キャラクター達の認識番号を紹介していきます。エマは49136、ノーマンは49122、レイは49118、そしてイザベラが48537、クローネが48681でした。

レイとイザベラの番号差

イザベラとレイは年齢的に20年ほどの差があります。そしてこの二人の識別番号の差は、581でした。この581を20で割ると一年間で約29人農園に送られてきたということになります。

クローネの年齢と番号

認識番号からはクローネの年齢も推測することが出来ます。イザベラとの認識番号の差は144です。認識番号から計算すると二人の年の差は6〜5年ではないかと考えられていました。そのためクローネの年齢は27〜26歳ほどだと推測できます。

Thumb約束のネバーランドのフィルの正体をネタバレ!死亡の可能性・その後や伏線を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ネバーランドに関する感想や評価

「約束のネバーランド」に関する感想を紹介していきます。「約束のネバーランド」に関する感想の中には永遠に子供の世界、大人になれない世界という意味も込められているのではないかという感想もありました。

「約束のネバーランド」に関する感想について紹介をしていきます。「約束のネバーランド」に関する感想の中には各話のタイトルについている数字の列が気になるという感想もありました。

「約束のネバーランド」に関する感想を紹介していきます。「約束のネバーランド」に関する感想の中には、施設を脱獄したあとエマ達が自分たちで新しい世界を作るという意味が込められているのではないかということを指摘しているものもありました。

ネバーランドのタイトルの意味考察まとめ

「約束のネバーランド」のタイトルに込められた意味について今回は解説をしてきました。「約束」にはエマとノーマン、そして人間と鬼の約束といった意味が込められていました。映画「アイランド」と同じ展開になるのではないかと言われている「約束のネバーランド」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ