ハンターハンターのカキン王子の念能力・守護霊獣一覧まとめ!王位継承戦を徹底考察

「ハンターハンター」の暗黒大陸編ではカキン王国の14人の王子たちによる王位継承戦が行われます。王子たちはそれぞれの念能力や守護霊獣を使い、生き残りをかけた戦いに挑みます。ここでは「ハンターハンター」暗黒大陸編のカキン王国の14人の王子たちの強さと念能力・守護霊獣を一覧でまとめました。さらにカキン王国・王位継承戦について徹底考察していくと共に、王位継承戦の主役とも言われるハンター・クラピカについても見ていきます。

ハンターハンターのカキン王子の念能力・守護霊獣一覧まとめ!王位継承戦を徹底考察のイメージ

目次

  1. ハンターハンターのカキン王子の念能力一覧
  2. ハンターハンターのカキン王子の守護霊獣一覧
  3. ハンターハンターの王位継承戦とは?
  4. ハンターハンターのカキン王子の関係
  5. ハンターハンターの王位継承戦に関わる勢力
  6. ハンターハンターの王位継承戦で生き残る王子は?
  7. ハンターハンターのカキン王子に関する感想や評価は?
  8. ハンターハンターのカキン王子の念能力・強さまとめ

ハンターハンターのカキン王子の念能力一覧

週刊少年ジャンプで連載中の「ハンターハンター」の暗黒大陸編に登場するカキン王国の14人の王子たちが持つ念能力と守護霊獣を紹介します。「ハンターハンター」の暗黒大陸編では王位継承戦が描かれています。カキン王国ホイコーロ王の指令である次期国王にふさわしい人物を決める王位継承戦に挑むにあたり、王子たちは各自守護霊獣を出現させるための儀式を行います。

「壺中卵の儀式」によって王子たちには守護霊獣が発現します。カキン国の14人の王子たちは、王位継承戦で戦うために、自身に備わる念能力に加えて守護霊獣の力によって、生き残りをかけた王位継承戦を戦い抜きます。ここではその王位継承戦についても考察していきます。

念能力一覧まとめ:第1王子ベンジャミン

第1王子ベンジャミンの念能力は「星を継ぐ者(ベンジャミンバトン)」です。他人の念能力を引き継ぐことができる能力です。ただし誰でもいいということではありません。ベンジャミンが念能力を継ぐことができるのは、カキン国王軍学校の卒業生で、ベンジャミン私設兵団所属の念能力者。さらにベンジャミンに忠誠を誓った者だけです。その者が死んだとき、ベンジャミン王子は、その念能力を引き継ぎます。

ベンジャミンが使える念能力の1つ目は「ムスカの裏窓の鳥(シークレットウィンドウ)」で、諜報活動をします。鳥の形をした念獣で種類は3つ、中でもミミズクは、調べる相手に触れることで活動が始まります。相手の発言、行動をすべてテレパシーでベンジャミンに送ります。念能力の2つ目は「ビンセントの虚空拳(エアブロウ)」で、片方の手から念能力を出すことは分かっていますが、詳細は不明です。

念能力一覧まとめ:第2王子カミーラ

第2王子カミーラの念能力は「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」です。自分の死亡後に効力が発揮される能力で強い念を発し、攻撃をしてきた相手の命を奪い、蘇生することができます。カミーラはこの念能力のため、自分は無敵だと相当な自信を持っていましたが、ベンジャミン暗殺未遂により捕まりました。生きたままで捕まってしまうとこの念能力は行使できません。

念能力一覧まとめ:第3王子チョウライ

第3王子チョウライに念能力はありません。しかしチョウライもベンジャミンやカミーラと同様、王になるという野望を持っています。そのためベンジャミンやカミーラの念能力の情報を集めています。

念能力一覧まとめ:第4王子ツェリードニヒ

第4王子ツェリードニヒは念能力は持っていませんでした。そのため彼は念能力を得ようと護衛のデータから指導を受けます。データは、ツェリードニヒの邪悪に満ちた性格から、彼に念能力を教えてはいけないと思いますが、彼の習得スピードは驚異的でした。数日で習得した念能力は「刹那の10秒」で、絶の状態のとき目を瞑るとそこに10秒先に起こる未来を見ることができます。

念能力一覧まとめ:第5王子ツベッバ

第5王子ツベッバは、念能力の系統・強さはともに不明です。ツベッバ王子は理屈っぽく神経質ですが、理想を一途に追いかける性格なので、それをヒソカのオーラ別性格診断で判断すると「操作系」「具現化系」「強化系」なのでは?と考えられています。また上の画像のように、薬品の実験をしている様子が描かれているため、そういった技能を生かせる念能力なのではないかと、推測されています。

念能力一覧まとめ:第6王子タイソン

第6王子タイソンは、念能力の系統・強さともに不明です。タイソンはタイソン教団を作り、そこでは「愛で世界が救われる」という教えを説いています。王位継承戦でも、その教義によって愛で船内を満たせば何とかなると思っています。警護人のほとんどは、若くて容姿の整った男性です。

念能力一覧まとめ:第7王子ルズールス

第7王子ルズールスは、念能力の系統・強さともに不明です。ドラッグ常習者のルズールスですが、冷静な自己分析と物事を的確に判断するという人物です。第1王子のベンジャミンに対して警戒心を持っています。

念能力一覧まとめ:第8王子サレサレ

第8王子サレサレは、念能力の系統・強さともに不明です。サレサレはマイペースでおおざっぱな性格なので「操作系」「放出系」なのではないかと考えられています。また、いつも美女たちに囲まれていることから、人の心を掴む能力に長けているとも言われています。

念能力一覧まとめ:第9王子ハルケンブルグ

第9王子ハルケンブルグは、名称は明らかになっていませんが、アーチェリーを扱う念能力を持っています。オーラによって、大きな弓を出現させ、自分の「意志」を込めて放つと敵の「意志」を奪い、戦意を喪失させることができます。さらに、念能力の矢で貫かれた敵を自分の部下にすることができます。

この念能力は外傷を与えることはできませんが、戦闘において有利に働きます。しかし、この念能力には大きな代償が伴い、部下一人の体と引き換えに発動できます。つまり、部下一人の命と引き換えに使える技ということです。

念能力一覧まとめ:第10王子カチョウ

第10王子カチョウは王子と言われていますが、性別は女性でフウゲツとは双子の姉妹です。カチョウの念能力は系統・強さともに不明とされていますが、カチョウの性格がためらいなく他人に嘘をつける性格であるため、ヒソカのオーラ別性格分析を考慮すると「変化系」である可能性が高いと考えられているそうです。

念能力一覧まとめ:第11王子フウゲツ

第11王子フウゲツも双子の姉妹であるカチョウ同様、王子と呼ばれていますが女性です。フウゲツの念能力についてご紹介すると、移動できる能力です。「魔法の抜け道(マジックワーム)」という抜け道を作り、移動することができます。

念能力一覧まとめ:第12王子モモゼ

第12王子モモゼは女性で、編み物を習慣としています。念能力については不明です。弟は第13王子マラヤームです。母セヴァンチ王妃がマラヤームばかりを大事にし、警護人もすべてマラヤームにまわしてしまったので、モモゼは殺害されました。

念能力一覧まとめ:第13王子マラヤーム

第13王子マラヤームの念能力は系統・強さともに不明ですが、ミステリアスで王子としてのカリスマ性もあることから「特質系」なのでは?と考えられているそうです。

念能力一覧まとめ:第14王子ワブル

第14王子ワブルはまだ赤ちゃんなので、念能力は系統・強さともに不明です。また、赤ちゃんであるため、どのような性格なのかもまだ不明です。

『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ハンターハンターのカキン王子の守護霊獣一覧

ここまで各王子の念能力を紹介してきました。ここでは各王子の守護霊獣を見ていきます。王子は「壺中卵の儀」を行うと、自身を守る「守護霊獣」を発現させることができます。この「守護霊獣」は、それぞれの王子の特性に応じた脳力を持ちます。また、形もそれぞれで、王子たちのオーラがエネルギーの基となっています。この「守護霊獣」は、王子たちの目には見えず、また王子自身で操ることはできません。

守護霊獣一覧:第1王子ベンジャミン

ベンジャミンの守護霊獣(念獣)は、エイリアンのような外見をしており、飛行する能力もあると考えられています。そのため、かなりの強さを持っているのでは?と推測されているそうです。しかし、実際のところその能力や強さの詳細はわかっていません。

守護霊獣一覧:第2王子カミーラ

カミーラの守護霊獣(念獣)は、操作系で強制型の念能力を扱うタイプです。カミーラの守護霊獣は、所定の条件を満たすものを思いのままに操ることができます。この守護霊獣は、カウンタータイプであり、ご主人のカミーラ事態の能力の強さも相まってかなりの強さを持っている守護霊獣なのでは?と推測されているそうです。

守護霊獣一覧:第3王子チョウライ

チョウライの守護霊獣(念獣)は、毎日1枚コインを落とします。このコインは、コインを所有した者がある条件を満たせば、能力が現れるものです。チョウライが所有していても効果がなく、チョウライが他人(臣下)に分け与えてこそ能力を発揮するものです。チョウライは自身に念能力はありませんが、守護霊獣との複合型具現化系の能力者ということになります。

ただし、チョウライに対して忠誠を誓っているかどうかが能力が現れる条件となります。チョウライが国王になったとき、このコインを国民に分け与えることで、国民に能力が現れるということで、チョウライが国王になった後に発揮される能力です。

守護霊獣一覧:第4王子ツェリードニヒ

ツェリードニヒの守護霊獣は、身体は馬で顔は人の顔で、口の中を見るともう一つ顔があります。ツェリードニヒの妨げになる者を徹底的に排除していきます。また、嘘も簡単に見破り、その人間を異形な者に変えるなどの能力があります。

守護霊獣一覧:第5王子ツベッバ

ツベッバの守護霊獣は、車輪の足を持つ変える型です。この守護霊獣の能力は、変化系で能力を出すには「共同研究者(パートナー)」が必要です。能力は、守護霊獣の体の中で、薬品を作ることです。

守護霊獣一覧:第6王子タイソン

タイソンの守護霊獣は、教祖タイソンの経典の習得者に目玉ジャクシを憑け、その者のオーラを集めます。そして守護霊獣は、オーラを貰ったお返しに幸福を授けるのです。タイソン経典の習熟の度合いによって幸福が加減されます。

守護霊獣一覧:第7王子ルズールス

ルズールスの守護霊獣は、敵の欲望に応じて姿を変えて罠を仕掛けます。敵がその欲望に満足すると、能力が発せられるという具現化系です。形は幼虫のような虫系です。

守護霊獣一覧:第8王子サレサレ

サレサレの守護霊獣は、拡散式という形をとります。常に白い煙を吐き出し、サレサレに好意を持つ者がその煙をある程度吸い込むと、その者の頭に守護霊獣の分身が現れます。その分身を持つ者が新たにサレサレに好意を持つ者とある程度過ごすことで、また分身ができます。つまりこの守護霊獣の能力は、サレサレを信奉する者を増やしていくというものです。

守護霊獣一覧:第9王子ハルケンブルグ

ハルケンブルグの守護霊獣は、相互協力という型です。ハルケンブルグの元に羽の印を持つ者が多数集まると、それぞれの力が高まる相乗効果が起きます。そしてその者たちが気を一つにして能力を発揮したとき、その能力は他の念能力に比べて圧倒的な強さを持っています。

守護霊獣一覧:第12王子モモゼ

モモゼの守護霊獣は、ネズミのような形で、半強制の操作型でしたが、モモゼが亡くなってしまい、その能力などはよく分からないままでした。

守護霊獣一覧:第13王子マラヤーム

マラヤームの守護霊獣は超巨大です。移動できる能力ということで、マラヤームの部屋がそのまま異空間に移動したことがあります。

Thumbオイト王妃がかわいい!クラピカとの関係や念能力の覚醒を考察【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターの王位継承戦とは?

ハンターハンター王位継承戦とは、カキン王国の次期国王となる者を決める戦いです。カキン王国の王位継承戦は、ブラック・ホエール号という超大型の船で行われます。カキン国王は豊富な資源と、移住するための土地の確保を目的に、国民を乗せて「暗黒大陸」を目指します。国王は、その船の中を王位継承戦の舞台としました。

カキン国王「ホイコーロ」には14人の王子がいます。年齢など関係なく14人の王子全員が王位継承戦に参加し、最後にたった一人生き残った者が国王になれるのです。この戦いは途中で辞退することはできません。船中での戦いということもあり、逃げる場所のないところで戦い、勝利した者こそ将来王になるにふさわしい強さと器量を兼ね備えた王子だと認められるのです。

ハンターハンター王位継承戦①14人の王子の殺し合い

この王位継承戦はカキン王国の伝統で、王子たちは年齢・性別の区別なく参加しなければなりません。王子の母である王妃たちも王位継承戦において重要な役割を担います。王妃たちは年齢による序列があり、また王子たちも第1王子のベンジャミンから赤ちゃんのワブル王子まで、年齢が様々です。当然赤ちゃんのワブル王子は、圧倒的に不利となります。

そのためワブル王子の母オイト王妃は、ワブルを守るため警護人を雇い、王位継承戦に参加させました。王位継承戦は、王子同士が直接攻撃することはできません。そのため王子に付いている警護人同士の戦いがメインとなります。また、王子の守護霊獣同士も直接攻撃できないことになっています。そこで第14王子ワブルの警護人であるクラピカが、警護人同士の戦いのメインとなっていきます。クラピカについては次で見ていきます。

ハンターハンター王位継承戦②主役はクラピカ

ワブル王子の警護人クラピカは王位継承戦においての主役です。彼はツェリードニヒ王子が持っている「緋の目」を取り返すという目的があります。クラピカは、少数民族「クルタ族」出身です。ある時、幻影旅団によって一族が滅亡させられ、「緋の目」も奪われたのです。クラピカはワブル王子を護衛することと同時に「緋の目」奪還のために戦います。

クラピカの経歴についてまとめると、クラピカはクルタ族で、幻影旅団によって滅ぼされました。その際、幻影旅団はクルタ族の眼球「緋の目」を奪い去りました。生き残ったクラピカは仲間の「緋の目」を取り返すことを誓います。「緋の目」はクルタ族の特徴で、感情が昂揚するとき瞳が緋の色に輝きます。クラピカの瞳が緋の色になると、具現化の能力が発動されます。

クラピカの能力をまとめると、5本の鎖が右手に現れます。親指「ホーリーチェーン」は傷を癒す力が強化されます。人差し指「スチールチェーン」は相手の念能力を奪い、中指「チェーンジェイル」は相手の念能力を封じます。薬指「ダウジングチェーン」は相手の嘘を見抜き、物や人物を発見したり、銃弾を避けることもできます。そして小指「ジャッジメントチェーン」は相手の心臓に鎖を打ち込み、相手の動きに制限をかけます。

仲間の仇を討つためクラピカは、ハンター協会の中で最高の強さを持つ集団「十二支ん」に加入しました。加入したきっかけは、クラピカが「十二支ん」に入れば「緋の目」を持っている人物の情報を教えるという条件を、ミザイストムに持ちかけられたからです。クラピカの特徴は、洞察力に優れ、冷静で鋭い判断力を兼ね備えたハンターの中でも随一の頭脳派です。

ハンターハンター王位継承戦③警護兵の存在

王位継承戦で王子や王妃たちは護衛として警護兵を用意しますが、序列が上位の王子や王妃は、護衛以外にも下位の王子や王妃を監視するための警護兵を用意します。クラピカが護衛しているワブル王子には、モモゼ王子の母セヴァンチ王妃が送り込んだ監視を含む7人の監視がついています。ベンジャミン王子の母ウンマ王妃は、ドゥアルズ、トウチョウレイ、カットローノをフウゲツ王子の監視に送り込んでいます。

ここで各王子の警護兵をまとめると、警護兵は「私設兵」と「王妃所属兵」と「ハンター協会員」の3つのケースがあります。「私設兵」は、王子たちが自身の人脈を使い集めた直属の部下です。「王妃所属兵」は、国王軍からそれぞれの王妃たちに振り分けられた部下です。「ハンター協会員」は、王子たちが直接雇っている部下です。

ハンター協会員「十二支ん」のメンバーのクラピカもワブル王子の警護人です。警護人の中にはクラピカの協力者がいます。その警護人をまとめると、タイソン王子にはイズナビ、モモゼ王子にはハンゾーですが、モモゼ王子の死後はビスケと共にマラヤーム王子につきました。ベンジャミン王子自身も第1王子という有利な立場を利用して、軍を動かし、各王子の元にスパイを置いています。

クラピカが守るワブル王子の母オイトは、王子を国王にするつもりはなく、王位継承戦を戦わず船からの脱出を目指しています。クラピカはワブル王子を無事船から脱出させることですが、最大の目的は「緋色の目」を取り返すためツェリードニヒ王子と戦うことです。しかし王位継承戦で一番攻略しにくいと言われているのが、ツェリードニヒ王子です。

ワブル王子だけでなくカチョウ王子とフウゲツ王子、そしてマラヤーム王子も王位継承戦を戦わず船からの脱出を望んでいます。

ハンターハンター王位継承戦④守護霊獣の存在

王位継承戦を戦う王子たちには、守護霊獣という存在があります。次期国王を決める王位継承戦に臨むためにカキン王ホイコーロは「壺中卵の儀」を行いました。それは、王子たちの身の内に守護霊獣を宿らせるための儀式です。守護霊獣の強さは王子それぞれの器量の大きさ・強さで決まります。王にふさわしい強さと器量を持つ者を見極めるための王位継承戦なのです。

各王子の守護霊獣については先に紹介しました。守護霊獣には戦う条件が決められています。その条件とは、守護霊獣同士は直接戦わないこと、守護霊獣がついている人間への攻撃禁止です。この条件の下、王子たちは間接的な戦いを強いられます。ただし王子の警護兵を襲うことは許されています。

Thumb十二支んのメンバー一覧と強さランキング!念能力や声優も紹介【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターのカキン王子の関係

「ハンターハンター」の暗黒大陸編で王位継承戦を戦うカキン王国の14人の王子たちの関係性について見ていきます。カキン国王ホイコーロには8人の王妃がいます。王子たちの中には、同じ母(王妃)を持つ兄弟姉妹がいます。

ハンターハンターカキン王子の関係①母親が同じ

母親が同じ王子をまとめると、第1王子ベンジャミンと第4王子ツェリードニヒの母は、ウンマ王妃です。第2王子かミーラ、第5王子ツベッバ、第7王子ルズールス、第9王子ハルケンブルグの母は、ドゥアズル王妃です。第12王子モモゼと第13王子マラヤームの母は、セヴァンチ王妃です。第10王子カチョウと第11王子フウゲツは双子で、母はセイコ王妃です。

他の王子の母をまとめると、第3王子チョウライの母はトウチョウレイ王妃で、第6王子タイソンの母はカットローン王妃です。第8王子サレサレの母はスィンコスィンコ王妃で、第14王子ワブルの母はオイト王妃です。このように、カキン王ホイコーロの王妃は8人います。ベンジャミンとツェリードニヒのように同じ母親から生まれた王子もいますが、この二人は相当仲が悪く、むしろ最悪な関係と言えます。

カミーラとツベッバは、弟のハルケンブルグと仲が悪く、ハルケンブルグは母のドゥアズル王妃ともうまくいっていません。しかしカチョウとフウゲツの双子は仲が良いです。仲の悪い兄弟・姉妹もいれば、仲の良い者たちもいるということです。

ハンターハンターカキン王子の関係②権力の差

カキン王ホイコーロの王妃たちは、一見平等に見えますが、実際は権力の差が厳しく定められています。最上位の王妃は、ベンジャミン王子とツェリードニヒ王子の母・ウンマ王妃で、最下位の王妃は、ワブル王子の母・オイト王妃です。上位の王妃は、自分よりも下位の王妃や王子を監視することができます。

最下位のオイト王妃とワブル王子には、上位7人の王妃から計7人の監視役を付けられています。その法則で、オイト王妃のすぐ上のセヴァンチ王妃にはその上位の王妃6人から監視が付けられています。しかし自分より下位の王妃が1人現れる毎に、1人の自分を守る警護人を付けることができるので、セヴァンチ王妃には1人の警護人と6人の監視役が付くということになります。セイコ王妃には2人の警護人と5人の監視が付いています。

上記のように各王妃は序列に従って、それぞれ監視役と警護人が付いています。最上位のウンマ王妃と第2位のドゥアズル王妃に所属する警護人は、下位の王妃と王子の監視役からの報告を受けます。最上位のウンマ王妃の第1王子ベンジャミンは、国王軍の軍事最高副顧問といことで、国王軍に所属している私設兵を各王子の下に送り込み、命を狙わせるなど、王位継承戦においてベンジャミンとウンマ王妃は圧倒的に有利となっています。

こうして序列によって決められている権力ですが、同じ母を持つ同士は、その権力に従わなくてもよいことになっています。つまり第1王子ベンジャミンと第4王子ツェリードニヒは同じ母なので、ツェリードニヒ王子にはベンジャミン王子の権力は及ばないということです。

ハンターハンターカキン王子の関係③ハルケンブルグとツェリードニヒ

第9王子ハルケンブルグは、第4王子のツェリードニヒを慕っていますが、ツェリードニヒは彼に対して何の思いもありません。それは王位継承戦のことを聞いたツェリードニヒの言葉で分かります。ツェリードニヒは、これでやっと心置きなく全員を一掃できると言ったのでした。二人の王子は親しい間柄に見えますが、そう思っているのはハルケンブルグだけのようです。

Thumb暗黒大陸編の内容と今後の展開を予想!主要人物も一覧で紹介【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターの王位継承戦に関わる勢力

「ハンターハンター」の暗黒大陸編で描かれる王位継承戦は、カキン王国のブラック・ホエール号の船中で行われますが、そこには14人の王子と大勢の国民の他に、様々な勢力が乗り込んでいます。ここではその勢力について見ていきます。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力①十二支ん

「十二支ん」はハンター協会の幹部で、ネテロ会長が認める最高の強さを持つ12人の集団です。十二支を基にしてあり、それぞれ十二支にちなんだコードネームが付けられています。十二支んは、故ネテロ会長の遺言である暗黒大陸攻略と、V5から指令されたビヨンド・ネテロの監視のためカキン帝国のブラック・ホエール号に乗り込みました。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力②幻影旅団

幻影旅団は、ヒソカを殺害するためブラック・ホエール号に乗り込みました。幻影旅団にとって暗黒大陸はどうでもよく、何よりもヒソカ殺害が最優先事項です。それと共にブラック・ホエール号に積み込まれている財宝を狙っています。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力③シュウ=ウ一家

カキン王国の3大マフィアの一つである「シュウ=ウ」一家は、第3王子チョウライをバックに、ブラック・ホエール号の第4層を仕切っています。組長はオニオール=ロンポウで、国王ホイコーロとは異母兄弟です。若頭はヒンリギ=ビガンダノフです。ヒソカ殺害を目論む幻影旅団が暴走することで、それぞれの勢力の力関係が、乱れるのを防ぐため、ヒソカを幻影旅団より先に見つけようとします。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力④エイ=イ一家

カキン王国の3大マフィアの一つである「エイ=イ」一家は、第4王子ツェリードニヒをバックに、ブラック・ホエール号の第3層を仕切っています。組長はモレナ=ブレードで念脳力の持ち主です。モレナの念脳力は、キスをすることでその相手に自身の能力を移し、移された相手が人を殺すとその相手はレベルアップします。そのレベルが100になるとその相手も自身の集団を作ることができます。

「エイ=イ」一家もまた「シユウ=ウ」一家と同じように、幻影旅団の暴走を防ぐため、ヒソカを幻影旅団より先に見つけるため奔走します。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力⑤シャ=ア一家

カキン王国の3大マフィアの一つである「シャア=アー」一家は、第7王子ルズールスをバックに、ブラック・ホエール1号の第5層を仕切っています。組長はブロッコ=リーで、国王ホイコーロと異母兄弟です。若頭はオウ=ケンイです。「シャア=ア」一家も他の3大マフィアと同様、幻影旅団より先にヒソカを発見するため、動いています。

ハンターハンター王位継承戦に関わる勢力⑥V5

近代5大陸の代表をV5と言います。V5は、ベゲロセ連合国、サヘルタ合衆国、オチマ連邦、ミンボ共和国、そしてクカンユ王国の5つの国です。現実の世界で言えば、日本を含めた先進7ヵ国(G7)というような意味です。V5は、200年前に外の世界への進出を禁止する不可侵条約を結びました。

しかしカキン王国が帝国主義から民主主義の国に生まれ変わったことで、これまで不可侵条約によって禁じられていた暗黒大陸への移住を宣言し、渡航を決めました。V5は、カキン王国と平和的に事を収めるため、カキン王国を入れてV6としました。

Thumbクラピカの性別は男?女?公式の発表や気になるシーンを考察【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターの王位継承戦で生き残る王子は?

カキン王の王子14人による王位継承戦で、最後の一人となるのは、誰なのでしょうか?ここでは、年齢、立場、能力などから有利と見られる第1王子ベンジャミン、第2王子ツェリードニヒ、そして第3王子ハルケンブルグの上位3名について考察していきます。

ハンターハンター生き残る王子予想①ベンジャミン

第1王子ベンジャミンについて見ていきます。ベンジャミンは、カキン王国軍の最高顧問という地位にあります。念能力も「星を継ぐもの」ということで、多くの能力を継ぐことができます。軍を動かせる立場なので、圧倒的に有利となります。ベンジャミンの性格的にも、国王にふさわしいものだと言われています。

ハンターハンター生き残る王子予想②ツェリードニヒ

第4王子ツェリードニヒは、驚異的な速さで念能力を習得するなど、その能力はまさに天才的です。同じ母を持つ兄弟だというのに、ベンジャミンとは非常に仲が悪いです。生き残る可能性が一番高いと言われるベンジャミンを倒すのは、ツェリードニヒではないか?と言われています。

ただしツェリードニヒの性格には問題があり、表向きは知的な人格者を装っていますが、実は人体収集をしていて、クルタ族の「緋の目」を持っているとされています。ツェリードニヒには残忍な裏の顔があります。念能力を授けたデータは「決して念能力を会得してはいけない」人物であると言っています。

ハンターハンター生き残る王子予想③ハルケンブルグ

第9王子ハルケンブルグは非常に聡明で、しかも強力な守護霊獣を持っています。しかしハルケンブルグは、王位継承戦に反発を覚えています。カキン王国の王制改革を考えていて、支援する者も多くいます。王位継承戦を辞退しようとしますが、戦いに勝利し国王になれば改革に着手できると思うようになります。

第1王子ベンジャミン、第4王子ツェリードニヒ、そして第9王子ハルケンブルグという3名を、生き残ると予想してみましたが、他の王子が勝利する可能性もあり、王位継承戦は益々混戦状態となっています。

Thumb ハンターハンター・クラピカの指の能力から残りの寿命まで徹底考察! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハンターハンターのカキン王子に関する感想や評価は?

「ハンターハンター」の暗黒大陸編で活躍するクラピカがお気に入りで、また、カキンの王子たちの中ではカミーラが一番好きだということです。「ハンターハンター」は、何度読んでもおもしろいという感想です。

「ハンターハンター」の暗黒大陸編で登場するカキン王国の王子たちが強くていい、という感想です。カキン王国の王子たちは、代々王位継承戦を戦ってきたということで、その子孫も皆、強くて当たり前なのでしょうと言っています。

カキン王国の王子たちの守護霊獣の中で、ツェリードニヒ王子の守護霊獣が一番好きという方です。この守護霊獣の口の中に、もう一つの顔が見えています。この顔については、ファンの間で様々な推測がなされています。

ハンターハンターのカキン王子の念能力・強さまとめ

いかがでしたか?「ハンターハンター」暗黒大陸編のカキン王国で行われる王位継承戦を見てきました。王位継承戦に参加する14人の王子たちは、念能力と守護霊獣を持って生き残りをかけた戦いに挑みます。ここでは王子たちの念能力と守護霊獣を紹介し、王位継承戦を考察してみました。また、十二支んのメンバー・クラピカが、主役として活躍を見せます。何度読んでも楽しめるという「ハンターハンター」をどうぞお楽しみ下さい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ