【名探偵コナン】烏丸蓮耶は誰に化けている?光彦・阿笠栗介など候補キャラは?

烏丸蓮耶は誰に化けているのでしょうか?この記事では名探偵コナンの黒の組織のボスの正体だと言われている烏丸蓮耶について考察していきます。烏丸蓮耶は若返って誰かに化けていると言われていますが、誰に化けているのでしょうか?光彦説や阿笠栗介説など、主要な黒の組織のボスの正体候補についてまとめて考察していきます。さらに、烏丸蓮耶の正体に関する伏線も考察していきますので、ぜひチェックしてみてください!

【名探偵コナン】烏丸蓮耶は誰に化けている?光彦・阿笠栗介など候補キャラは?のイメージ

目次

  1. 烏丸蓮耶とは?
  2. 烏丸蓮耶は誰に化けている?
  3. 烏丸蓮耶の正体ではないと作者が否定したのは?伏線も考察
  4. 烏丸蓮耶の初登場やボスだと判明した経緯
  5. 烏丸蓮耶らしき老人の登場シーン
  6. 烏丸蓮耶に関する感想や評価
  7. 烏丸蓮耶は誰に化けているのかまとめ

烏丸蓮耶とは?

この記事では名探偵コナンの黒の組織のボスである烏丸蓮耶が誰に化けているのかを考察していきます。烏丸蓮耶の正体は阿笠栗介や光彦という説もありますが、本当なのでしょうか?そして、その前にまずは名探偵コナンの作品情報と、阿笠栗介や光彦説のある烏丸蓮耶のプロフィールを紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください!

名探偵コナンの作品情報

名探偵コナンの概要

大人気漫画の名探偵コナンは1994年から連載開始し、2024年現在も続いています。鳥取県出身で1963年6月21日生まれの漫画家・青山剛昌先生が作者です。青山先生は「YAIBA」や「まじっく快斗」などの名作も手がけています。名探偵コナンはアニメ化されており、毎年4月には劇場版アニメも公開されて大人気です。また名探偵コナンのテレビドラマ版も過去に制作され、注目を集めました。

名探偵コナンのあらすじ

高校生探偵・工藤新一はシャーロック・ホームズのファンで、幼馴染には毛利蘭がいました。そのような駆動新地は、ある事件に巻き込まれ毒薬を飲まされて体が小さくなってしまいます。それからは「江戸川コナン」という名前で自分の正体を隠し、父親が探偵の仕事をしている毛利蘭の家で暮らすことになります。コナンは自分を小さくした黒の組織を探しながら、様々な難事件に挑んでいきます。

烏丸蓮耶のプロフィール

烏丸蓮耶とは名探偵コナンに登場する人物で、黒の組織のボスであることが明らかになったキャラです。烏丸蓮耶は半世紀前に謎の死を遂げたとされる大富豪で、99歳で死亡したと言われています。しかし実際には40年前の時点ではまだ生きており100歳を超えていたのではないかと言われています。彼の素顔は不明ですが、カラスの紋章がトレードマークとなっているようです。

名探偵コナン

烏丸蓮耶は誰に化けている?

黒の組織のボスであることが判明した烏丸蓮耶は、現在も生きているなら140歳程度の年齢になります。140歳は当然死亡している年齢ですが、名探偵コナンでは若返りの薬「アポトキシン4869」が存在します。烏丸蓮耶も「アポトキシン4869」を使っているとしたら、若返って生きている可能性は十分にあります。

そのため、ここからは烏丸蓮耶が若返って誰に化けているのかを考察していきます。烏丸蓮耶の正体候補には光彦や阿笠栗介など、様々な説がありますのでぜひチェックしてみてください!

烏丸蓮耶の正体候補①光彦

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の一人目は光彦です。光彦はコナンたちの同級生の小学1年生の男の子で、少年探偵団のメンバーです。誰にでも敬語を使い、礼儀正しい男の子です。両親ともに教師で、中学生の姉・朝美がいます。歩美と哀の二人に好意を持っていますが、自分の気持ちに悩んでいるようです。

そのような光彦が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は小学生の割に頭が良すぎることです。また、光彦の名字である「円谷」の英訳すると「ピカドール」となり、ピカドールとはお酒のテキーラを意味しているからです。さらに、携帯のプッシュ音が「七つの子」であることから「七歳の子供」、つまり光彦を意味しているのではないかという説もあります。

烏丸蓮耶の正体候補②阿笠栗介

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の二人目は阿笠栗介です。阿笠栗介は阿笠博士の叔父です。彼は50年前に亡くなった大富豪で、人嫌いでからくりが好きな性格でした。妹の阿笠定子とは仲が良く、彼女が別荘で面倒を見ていました。作中での登場は肖像画でした。阿笠博士が少年探偵団を連れて行った別荘で発見された肖像画には阿笠博士に似た顔立ちの栗介と、優しそうな笑顔の定子が描かれていました。

そのような阿笠栗介が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、数十年前に亡くなった大富豪と言われる烏丸蓮耶と一致するからです。阿笠栗介は50年前に巨額の富をどこかに隠して亡くなった人物ですが、烏丸蓮耶として生存しているのではないかと言われています。

烏丸蓮耶の正体候補③大黒連太郎

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の三人目は大黒連太郎です。大黒連太郎は、美國島で行われた儒艮祭りの参加者名簿に名前だけ登場した人物です。参加者名簿には経済界の大物ばかり名を連ねていたようです。そのような大黒連太郎が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、黒の組織の「黒」が名前に入っているからです。

また、儒艮祭りの参加者名簿に「宮野志保」や「黒澤陣」など黒の組織の幹部らしき名前があったことも挙げられます。さらに、12巻に収録されている「ゲーム会社殺人事件」では「大黒ビル」という名前のビルが登場しています。そして黒の組織の一員である「テキーラ」がそこに現れ、取引の場所として使用していたのです。「大黒」という名前が一致していることも、正体候補の理由となっています。

烏丸蓮耶の正体候補④酒巻昭

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の四人目は酒巻昭です。酒巻昭は映画監督として有名だった人物で、すでに亡くなっています。そのような酒巻昭が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、24巻に収録されている「黒の組織との再会」での酒巻昭の追悼会が関係しています。酒巻昭の追悼会には黒の組織のメンバーであるベルモットや呑口議員が参加していました。

さらに、酒巻昭の名前には「酒」の文字が含まれています。また、映画監督としての代表作「虹色のハンカチ」も虹が七色であり、黒の組織のボスのメールアドレスが「七つの子」に関連しているのではないかと言われています。これらのことから、酒巻昭が烏丸蓮耶の正体ではないかと言われているようです。

烏丸蓮耶の正体候補⑤白鳥警部

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の五人目は白鳥警部です。白鳥警部は警視庁捜査一課のエリート刑事です。白鳥警部は映画「時計じかけの摩天楼」で初登場し、その後原作とアニメでもレギュラーキャラとなりました。元々は法律家を目指していましたが、少年時代に出会った少女の言葉に感銘を受けて刑事になることを決めたようです。その時の少女の正体は後に小林澄子であることが判明し、二人は現在では恋人同士になっています。

そのような白鳥警部が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、「白鳥」という名前です。「白鳥」という名前は白=ホワイト、鳥=バードと英語にすると「ホワイトバード」になります。ホワイトバードとは白ワインの一種であり、白鳥警部も黒の組織の一員で若返った烏丸蓮耶ではないかと言われているようです。しかし、白鳥警部は映画からの逆輸入キャラであることや恋愛模様も描かれていることから烏丸蓮耶説は低いかもしれません。

烏丸蓮耶の正体候補⑥エドワード・クロウ

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の六人目は、エドワード・クロウです。エドワード・クロウは21巻に収録されている「最初の挨拶」に登場する容疑者の一人でした。フリージャーナリストで、年齢は51歳です。作中では特に目立つ人物ではありませんでした。しかし、そのようなエドワード・クロウが烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、名前にあります。

名前にある「クロウ」とは「カラス」という意味であり、そのことから黒の組織と関連があるのではないかと言われているようです。さらに、エドワード・クロウが登場した回のタイトルは「最初の挨拶」です。「最初の挨拶」はシャーロック・ホームズの「最後の挨拶」が由来ではないかと言われており、黒の組織の烏丸蓮耶としての「最初の挨拶」という意味合いもあるのではないかと言われています。

烏丸蓮耶の正体候補⑦黒羽盗一

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の七人目は、黒羽盗一です。黒羽盗一は天才マジシャンであり、その正体は初代怪盗キッドです。8年前にマジックショーの最中に事故死したとされていますが、その死には謎が多く残されていました。また、黒羽盗一は息子の黒羽快斗や弟子の工藤有希子やベルモットに変装術を教えていました。さらに工藤優作とライバル関係にあったりと、様々な人物との関わりがあります。

そのような黒羽盗一が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、ベルモットが弟子入りしていたことやに工藤優作とライバル関係であったことが挙げられます。さらに黒羽盗一は死んだとされていましたが、生存している可能性は十分にあります。黒羽盗一がもし烏丸蓮耶の正体であれば、物語は盛り上がること間違いなしとなるためです。

烏丸蓮耶の正体候補⑧服部平蔵

烏丸蓮耶は誰に化けているのか、正体候補の八人目は、服部平蔵です。服部平蔵は大阪府警本部長で、西の高校生探偵・服部平次の父親です。その推理力や剣道の腕前は西の高校生探偵の服部平次にも劣りません。仕事柄、冷静沈着でキレ者な服部平蔵ですが、妻の服部静華にはとても甘く頭が上がらない一面もあります。

そのような服部平蔵が烏丸蓮耶の正体候補だと言われる理由は、息子の服部平次が全く黒の組織に目をつけられていないからです。服部平次は42巻で仮装パーティーを行う船の上で「工藤新一」に変装したことがありました。その際にウォッカの目の前で変装を解き、服部平次だということを明かしていました。このことはウォッカもジンに報告していましたが、その後服部平次が黒の組織に狙われることはありませんでした。

その後も服部平次は目立つ行動をしていますが、黒の組織にマークされることはありません。なぜマークされないのか、それは服部平次の父親が烏丸蓮耶だからなのではないかと言われています。

Thumb【名探偵コナン】白乾児(パイカル)の効果とは?灰原が大人の姿に戻ったのはいつ? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

烏丸蓮耶の正体ではないと作者が否定したのは?伏線も考察

烏丸蓮耶の正体ではないと作者が否定したキャラ

黒の組織の烏丸蓮耶の正体ではないと作者が否定したキャラはこれまでに何人もいます。否定されたキャラは主要キャラだと江戸川コナン、毛利蘭、鈴木園子、阿笠博士、灰原哀です。その他には刑事や警察関連キャラだと高木刑事、佐藤刑事、千葉刑事、宮本由美、三池苗子、山村ミサオです。

FBIのキャラクターでは、ジョディやキャメル、ジェイムズ・ブラックは烏丸蓮耶ではないと作者が明言しているようです。他にも、黒羽盗一やジン、ウォッカ、ベルモット、工藤優作、妃英理などは烏丸蓮耶の正体とは関係ないと作者が明言しているようです。このように、烏丸蓮耶ではないと作者が確定したキャラはたくさんいました。

烏丸蓮耶の正体に関する伏線

烏丸蓮耶の正体に関する伏線は様々なものがあります。代表的なものの一つがボスのメールアドレスのプッシュ音「七つの子」です。「七つの子」という童謡は「からすなぜなくの」という歌詞からはじまります。「からす」は烏丸蓮耶のトレードマークであったことから、「七つの子」も伏線になっていたと判明しました。

Thumb【名探偵コナン】阿笠定子は阿笠博士の伯母!ベルモット説・黒幕説など正体を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

烏丸蓮耶の初登場やボスだと判明した経緯

烏丸蓮耶の初登場

烏丸蓮耶の初登場シーンは何巻だったのでしょうか?烏丸蓮耶の初登場シーンは、30巻「集められた名探偵 工藤新一VS怪盗キッド」でのことでした。小五郎、蘭、コナンは「黄昏の館」で開かれる晩餐会に参加することになりましたが、そこには小五郎以外にも5人の有名な探偵が呼ばれていました。しかし、探偵たちは次々に命を落としていきます。コナンは館の秘密と招待した人物の正体を探ろうと奮闘します。

そのようなストーリー展開の「集められた名探偵 工藤新一VS怪盗キッド」に登場する「黄昏の館」に烏丸蓮耶は深くかかわっていました。「黄昏の館」は烏丸蓮耶の別荘だったのです。黄昏の館では、40年前に99歳で死亡したとされる烏丸蓮耶を偲ぶ会が行なわれていました。烏丸蓮耶を偲ぶ会では烏丸蓮耶の集めた美術品を競売するオークションが開催されており、3日間行われるはずでした。

しかし、2日目の夜に館にずぶぬれの二人の男が訪れます。二人はマリファナを持っており、そのマリファナによって参加者たちの殺し合いが始まったのでした。このような惨劇があったのが烏丸蓮耶の黄昏の館だったのです。

また、黄昏の館では40年前にまだ生きていた烏丸が自分の死期を悟り、隠された財宝を探していたということも判明します。烏丸は考古学者を集め財宝探しをさせていましたが、その財宝が見つかることはありませんでした。さらに、焦っていた烏丸は見せしめのために考古学者を次から次に殺していたようです。その事件は烏丸によって隠蔽されたのか、表沙汰になることはありませんでした。

烏丸蓮耶が黒の組織のボスだと判明した経緯

黄昏の館で殺人を起こし120歳になるまでには死亡したとされる烏丸蓮耶が黒の組織のボスだと判明した経緯を解説していきます。烏丸蓮耶が黒の組織のボスだと判明したのは、羽田浩司殺害事件のダイイングメッセージが発端でした。羽田浩司とは17年前に殺害されたプロ将棋棋士であり、羽田秀吉を養子にした人物でもあります。そのような羽田浩司の死には黒の組織が深く関わっていることが判明します。

さらに、羽田浩司が死の間際に残したダイイングメッセージ「PUT ON MASCARA」にはある意味が込められていました。「PUT ON MASCARA」から「PTON」を抜くと「U MASCARA」となります。「U MASCARA」はアナグラムになっており、並び替えると「CARASUMA」となります。つまり、羽田浩司のダイイングメッセージは「烏丸蓮耶」を指しているのです。このことは新一の父・工藤優作が推理しました。

Thumb【名探偵コナン 黒鉄の魚影】ピンガの正体や変装能力は?ジンやラムとの関係を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

烏丸蓮耶らしき老人の登場シーン

登場シーン①呼吸器をつけた老人

烏丸蓮耶らしき老人の登場シーン1つ目は、1090話と1096話です。呼吸器をつけた老人のシルエットが登場します。呼吸器をつけた老人は車に乗っており、サングラスをつけた謎の男が運転手をしていました。呼吸器をつけた老人のセリフから、彼らは警察関係者ではないことやメアリー世良を探っていることがわかります。この老人の正体は不明ですが、烏丸蓮耶なのではないかと言われています。

登場シーン②烏と杖の老人

烏丸蓮耶らしき老人の登場シーン2つ目は、1102話です。1102話ではスマホの画面を杖で破壊している老人が登場します。スマホの画面にはキッドキラーの江戸川コナンの活躍を称えるネット記事が表示されており、それを見た老人が杖で破壊していました。さらに、老人の後ろには烏のような鳥がいました。このことから、老人はコナンか怪盗キッドに恨みを持っているのではないかと言われており、烏丸蓮耶の可能性もあります。

登場シーン③新幹線で安室と密談した老人

烏丸蓮耶らしき老人の登場シーン3つ目は、1115話です。1115話では新幹線でバーボンと密談する老人が登場します。バーボン(安室)は新幹線で誰かと待ち合わせをする予定で、1人新幹線に乗り込みます。すると、その新幹線には発車時刻が迫っているにもかかわらず誰も乗っていなかったため、バーボンは驚きます。そして、突然車内で着信音が鳴り響きます。その音を頼りにスマホを探し、バーボンは電話に出ます。

電話口からは「窓の外を見よ」という声が聞こえ、その言葉の通りに窓の外を見ると隣の線路に停車中の新幹線の中にスマホで電話をしている老人の姿がありました。その老人は電話越しに「江戸川コナンを調べあげろ」とバーボンに命令し、その後すぐに老人の乗った新幹線は発車しました。また、安室はその後ずっと鳴り響いていた電話に出ます。

電話の相手は黒田管理官であり、「何かあったのか」と聞かれても降谷は今あったことに関して報告しませんでした。このことから、バーボン(安室)が密談していた相手は公安関係者ではないことがわかります。さらに、密談していた老人はかなり慎重な性格であることや安室の緊張ぶりから、烏丸蓮耶である可能性が高いのではないかと言われています。

Thumb【名探偵コナン】工藤優作の推理ショーのあらすじと犯人をネタバレ!変装していたのは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

烏丸蓮耶に関する感想や評価

それでは、最後に名探偵コナンの烏丸蓮耶に関する感想や評価について紹介していきます。烏丸蓮耶の正体に関しては光彦を推す声が多くありました。光彦には不可解なことが多く、烏丸蓮耶の正体ではないかと疑っている方は多いようです。

また、烏丸蓮耶の正体は光彦ではなく、団野皆介なのではないかという感想もありました。このように、アポトキシン4869を飲んで小さくなった烏丸が団野皆介になっていると予想している方もいるようです。

また、烏丸蓮耶の正体は阿笠栗介なのではないかという声もありました。烏丸蓮耶が亡くなった時期と阿笠栗介が亡くなった時期が一致していることや、烏丸蓮耶と阿笠栗介はどちらも大富豪であったことなどから、烏丸蓮耶の正体は阿笠栗介だと予想している方も多いようです。

Thumb【名探偵コナン 黒鉄の魚影】ピンガは死亡した?最後のシーンから生きてるのか考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

烏丸蓮耶は誰に化けているのかまとめ

この記事では名探偵コナンの烏丸蓮耶が誰に化けているのかを考察してきました。烏丸蓮耶の正体は阿笠栗介や光彦という説もありましたが、本当のところはまだ判明していません。もしこの記事を読んで烏丸蓮耶の正体が阿笠栗介や光彦なのか気になった方がいましたら、ぜひ名探偵コナンの漫画やアニメをチェックしてみてください!

Thumb【名探偵コナン】松田陣平と佐藤美和子の関係をネタバレ解説!二人は両思いだった? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ