【BLEACH】卍解の強さランキング!最強の斬魄刀・能力をネタバレ考察

BLEACH(ブリーチ)のバトルの醍醐味と言われるのがど派手な卍解です。斬魄刀によってその能力は千差万別存在し、始解と連動したもの、全く異なる能力になるものまで幅広いものが存在しており最強の卍解がなんなのか、強さランキングが気になるという人も多くなっています。今回はBLEACH(ブリーチ)に登場する卍解について、その強さをランキング形式で紹介しつつ、卍解時のセリフなどもまとめて紹介していきます。

【BLEACH】卍解の強さランキング!最強の斬魄刀・能力をネタバレ考察のイメージ

目次

  1. 卍解とは?
  2. 卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP20~16
  3. 卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP15~11
  4. 卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP10~4
  5. 卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP3
  6. 卍解のかっこいいセリフ一覧
  7. 卍解に関する感想や評価
  8. 卍解の強さランキングまとめ

卍解とは?

BLEACH(ブリーチ)における死神の最終奥義として登場したのが卍解です。今回は卍解について、その強さをランキング形式でまとめて紹介していきます。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

卍解が登場するBLEACH(ブリーチ)は2001年から2016年にかけて久保帯人先生が週刊少年ジャンプにて連載していた死神を題材にしたバトル漫画です。ワンピース、ナルトと共に2000年代のジャンプを支えた三本柱に数えられるほどの作品で、人気と共に評価も高く小学館漫画賞少年向け部門を受賞するなどの実績も残している作品になっています。

メディアミックス展開も積極的に行われ、アニメやミュージカル、ゲームなど幅広く展開、メディアミックスで原作では描ききれなかったキャラクターの側面が補完される事もあるなどいずれも高い評価を受ける作品になっています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

S級霊媒体質の高校生、黒崎一護は朽木ルキアとの出会いから死神を知り、死神代行として活動する事になります。しかし事情があったとはいえ人間の黒崎一護に死神の力を与えた事で朽木ルキアは連行される事になってしまい、黒崎一護と仲間たちはルキアを救出するべく尸魂界に侵入する事になります。その際の修行で黒崎一護が到達したのが今回紹介する卍解です。

卍解の概要

卍解は死神が使用する斬魄刀の力を解放する第二形態に当たる能力であり、「卍解」というフレーズと共に真の名前を呼ぶ事で発動する能力です。その強さは戦闘力を5~10倍にすると言われるほどであり、習得も簡単ではない為、死神の中でも習得しているのは護廷十三隊の隊長格に匹敵する一部の者のみになっています。

習得は厳しいものの死神の強さの1つの基準になる為、明言こそされていないものの護廷十三隊の隊長になるには必須条件とみなされる能力である反面、その能力のバリエーションは幅広く、始解と連動したものから無関係のものまで存在しまた使用する事で必ずしも有利が取れるわけではなく、場合によっては周囲への悪影響から使用を控える者もいるほどの能力になっています。

BLEACH 千年血戦篇 テレビ東京アニメ公式

卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP20~16

20位:風死絞縄

卍解最強ランキング20位は護廷十三隊九番隊副隊長の檜佐木修兵の風死絞縄(ふしのこうじょう)です。檜佐木修兵は漫画原作連載時は卍解を習得しておらず、最終章である千年血戦篇にて卍解を習得したと思われる描写があったにも関わらず結局最後まで卍解する事がなかった謎の卍解になっていました。その後、発売された小説にて能力の詳細が判明した卍解になっています。

風死絞縄は発動すると使用者の檜佐木修兵と対象に鎖が巻き付き、お互いダメージを与える度に卍解発動時にまで回復する代わりに霊圧を失っていくという耐久勝負に持ち込む事ができる卍解になっています。檜佐木修兵自身も能力の影響下に入りますが、自身の意志で解除する事もできるなど自由が利き、その能力は総隊長となった京楽から「縛道系卍解の極地」と言われるほどになっています。

戦闘能力ではなく単純な霊圧勝負に持ち込む為、元より檜佐木修兵より霊圧の低い相手には絶対に負けない卍解ですが、裏を返せば自身より強い霊圧を持つ相手には使用法が難しい卍解になっています。

19位:黄煌厳霊離宮

卍解最強ランキング19位は護廷十三隊一番隊副隊長を務めていた雀部長次郎忠息の黄煌厳霊離宮(こうこうごんりょうりきゅう)です。山本元柳斎重國に忠誠心の高い雀部長次郎が隊長に昇格しない為に習得から2000年以上秘匿し続けていた事もあり、本人ではなく千年血戦篇にて滅却師ドリスコール・ベルチが発動した能力になっています。

発動すると楕円形の霊子が上空に現れて落雷を放つという能力を見せていますが、相対した山本元柳斎重國が「この程度では断じて無い」と発言している事から実際にはもっと別の能力があったのではないかと考察されている能力になっています。雀部長次郎本人が本来の能力を発揮していれば或いはもっとランキング上位に食い込めた可能性もある卍解になっています。

18位:雀蜂雷公鞭

卍解最強ランキング18位は護廷十三隊二番隊隊長の砕蜂の使用する雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)です。始解とは対照的に使用者の砕蜂の身の丈の2倍はあるような巨大な大きさの標準付きの大砲であり、スピード重視で白打をメインにしている砕蜂にとっては自身の戦闘スタイルに合わない能力として砕蜂も使用を好んでいない卍解になっています。

単純な威力だけなら今回紹介する卍解の最強ランキングでも上位に位置できるポテンシャルはありますが、「重すぎて動けない」「使用者の体力を大きく奪い3日に1発撃つのが限度」「反動が大きすぎる」などデメリットが大きすぎ、単独での戦闘ではまず使えない卍解になっています。

17位:龍紋鬼灯丸

卍解最強ランキング17位は護廷十三隊十一番隊三席の斑目一角の龍紋鬼灯丸(りゅうもんほおずきまる)です。斑目は剣八の元で戦って死ぬ事を望んでいる為、異動して昇進しないように普段は例え負けてでも卍解を隠しており、破面篇にて他の死神に見られない状況になって初めて使用しました。その見た目は始解の三節棍のように3つに分かれてそれぞれが巨大な刃を持った巨大な形状になっています。

その能力は攻撃をする、或いは受ける衝撃を持って霊圧を上げていくという単純なもので、戦闘狂の斑目一角と非常に相性の良い卍解になっています。反面、壊れやすい卍解で長時間戦闘しなければ真価を発揮しない事は大きなデメリットとなっており、また最大限威力が高まったとしてもその威力が卍解の中で最強というわけでもないのが難点の卍解です。

16位:黒縄天譴明王

卍解最強ランキング16位は護廷十三隊七番隊の隊長狛村左陣が使用する黒縄天譴明王(こくじょうてんげんみょうおう)です。発動すると狛村左陣の後ろに巨大な鎧武者「明王」を召喚し、自身の動きと連動して戦わせるというもので、他に主だった特殊な能力も持たない完全パワータイプの卍解になっています。

明王の巨大さからくる単純なパワーだけなら卍解の中でも上位に位置しますが、狛村左陣と完全にリンクしている卍解だけにどちらかが傷を負えばもう一方にも反映されてしまうという弱点を持った卍解になっています。ただその弱点は裏を返せば、狛村左陣さえ回復すれば明王も回復するという事であり、卍解の中で唯一自己修復が可能な卍解であるともされています。

Thumb【BLEACH】黒崎一護の卍解「天鎖斬月」を徹底解説!斬魄刀の戦闘能力や技は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP15~11

15位:白霞罰

卍解最強ランキング15位はBLEACHヒロインの1人、朽木ルキアの白霞罸(はっかのとがめ)です。ルキアは登場当時は死神としてはまだ若い事もあり卍解を習得していませんでしたが、黒崎一護のそばで激闘を繰り広げてきた事、兵主部一兵衛の指導により最終章・千年血戦篇にて卍解を習得するに至っています。

その能力は射程距離内にいる敵を一瞬で凍らせて破壊するという能力で、ルキアの斬魄刀の始解、袖白雪を純粋に強化した形の能力になっています。解除に時間がかかるというデメリットも同様ですが大きな違いは、ルキアの容姿を大きく変化させる事にあります。髪まで純白となり白い装束をまとった姿になり、アニメオリジナルの斬魄刀異聞篇で登場した袖白雪本体に非常に近い見た目になります。

14位:狒狒王蛇尾丸/双王蛇尾丸

卍解最強ランキング14位は護廷十三隊六番隊副隊長の阿散井恋次の持つ狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)です。BLEACH作中で2番目に登場した卍解で、大蛇のような見た目の蛇腹剣になっています。その形状から相手を斬るのではなく叩き潰す事に特化した能力になっており、また始解の時点で弱点になっていた蛇腹剣の構造をパーツそれぞれを恋次の霊圧で接続する事でカバーしており、実質的に破壊されても修復ができる卍解になっています。

しかし千年血戦篇にて実は狒狒王蛇尾丸は恋次の事を半分しか認めておらず、本来の卍解の力の半分しか解放していない事が明らかになります。その真の卍解の名は双王蛇尾丸(そうおうざびまる)です。それまでの蛇腹剣と違い、右手にオロチ王の力が宿った直剣を、左手に狒狒王の力が宿った大きな腕を持ち、双方の力を組み合わせて戦う卍解であった事が明らかになりました。

13位:清虫終式・閻魔蟋蟀

最強の卍解ランキング13位は護廷十三隊の元九番隊隊長にして、愛染と共に裏切った東仙要の清虫終式・閻魔蟋蟀(すずむしついしき・えんまこおろぎ)です。発動と同時に東仙要と共に対象を巨大なドーム状の空間に閉じ込め、その空間内にいるものの触覚以外の五感および霊圧感知能力を完全に遮断するという能力になっています。この能力の対象外になるには「清虫」を触れている必要があります。

その為、実際には清虫が触れる事になる斬る瞬間には相手に感覚が戻ってしまい、使用した剣八にはそこを付かれて破られる事になります。比較的序盤で登場した卍解としてはチートにも近い能力を持っていますが、東仙要が虚化などの能力を優先した為に登場機会が少なく、それ故に強さの度合いが分かりにくい卍解になっているとされています。

12位:更木剣八の卍解(名称不明)

最強の卍解ランキング12位は名称不明の更木剣八の卍解です。長らく卍解に至っていない唯一の隊長としてそれでも尚その地位を確固たるものにしていた更木剣八が661話にてついに得た卍解ですが、他のBLEACH(ブリーチ)作中で卍解を会得した者と違い、斬魄刀によって力を解放されるという方法で卍解に到達しました。BLEACH(ブリーチ)作中唯一使用者が卍解したにも関わらず卍解の名前が分からない卍解になっています。

詳細は不明ながら、卍解を解放した更木剣八は肌が赤黒く鬼のように変化し、自我を失って本能のままに戦い続けるという能力になっています。どこまでが剣八の力でどこからが卍解の力なのか分かりづらいながらもその強さが目を引く能力になっています。ただ斬魄刀側で力の解放具合を制御しており、これを失敗すると剣八の右腕が引きちぎれてしまうという現象を引き起こすなど名前を含めて謎の多い卍解になっています。

11位:皆尽

卍解最強ランキング11位は卯ノ花烈の皆尽(みなづき)です。漢字での表記こそ違うものの、始解と完全に同じ名前をしているという珍しい卍解になっています。詳細は不明ながらも、卍解発動時には斬魄刀の刀身に血が滴るという描写がありました。それまで意識的にも無意識的にも自身の力をセーブしてしまっていた更木剣八の斬魄刀を始解させる事に成功している事から相当の戦闘能力を持った卍解であると推察されています。

Thumb【ブリーチ】六車拳西の卍解・鐵拳断風は弱い?能力は?強さや技を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP10~4

10位:神殺鎗

卍解最強ランキング10位は護廷十三隊を裏切り愛染についたフリをしていた市丸ギンの神殺槍(かみしにのやり)です。始解を純粋に強化したタイプの卍解で、その攻撃範囲は実に13kmにも及ぶ他、音速の500倍もの速さで伸縮するのが大きな特徴となっています。というのが当初に明かされた能力でしたが実はこれらは市丸ギンの嘘で、伸縮する能力こそ変わらないものの真価は別にある事が明かされる事になります。

神殺槍の真価は、伸縮の際に一瞬だけ塵になる事にあり、刺した相手に斬魄刀の破片を残しその斬魄刀の破片が毒になるというものでした。防ぐのが不可能という意味では非常に強力な卍解ですが、市丸ギンが長らくその正体を隠していた事と明かした直後に死亡した事もあってその強さが一端しか見えてないとされる卍解になっています。

9位:大紅蓮氷輪丸

卍解最強ランキング9位は護廷十三隊十番隊隊長の日番谷冬獅郎が持つ大紅蓮氷輪丸(だいぐれんひょうりんまる)です。氷雪系の斬魄刀であり、始解と同じ系統の能力を持っているタイプの卍解で、西洋の龍を日番谷冬獅郎自身が纏うかのような外見になります。天候をも変えてしまう程の攻撃の規模と破壊力を誇っていますが、まだ日番谷冬獅郎自身が成長過程にある事もあり、その能力の全容は見えていない卍解でした。

元々は千年血戦篇まで日番谷冬獅郎の背後に現れる氷の巨大な花のような結晶が消えたら卍解が解けてしまうと考えられていましたが実はこの結晶が消える事でようやく真価を発揮できるようになる事が明らかになります。この状態の大紅蓮氷輪丸は日番谷冬獅郎が歩いた空間のあらゆる物体を完全に凍結させる程絶大な威力を誇っています。まだまだ伸び代があるのが末恐ろしい卍解です。

8位:金色疋殺地蔵

卍解最強ランキング8位は涅マユリの金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)です。BLEACH(ブリーチ)作中で初めて描かれた卍解でもあります。卍解すると巨大な赤子の上半身のような見た目になり、周囲に致死性の毒を撒き散らす能力を持っています。ただ金色疋殺地蔵の真価は持ち主の涅マユリによる改造にあります。

本来卍解は完全に破壊されると元には戻りませんが金色疋殺地蔵は涅マユリによって様々な改造が施され、また破壊される度に修繕されています。その改造の極地といえるのが「魔胎伏印症体」と呼ばれる改造体で、戦闘中にマユリが取り込んだ情報を元に最適な疋殺地蔵を生み出すという能力を与えられています。涅マユリの技術力も相まっての強さを持っているのが金色疋殺地蔵です。

7位:逆様邪八宝塞

卍解最強ランキング7位は平子真子の逆様邪八宝塞(さかしまよこしまはっぽうふさがり)です。平子はBLEACH(ブリーチ)本編の過去編にて隊長であった為、卍解を習得しているものと考えられていましたが本編中にはついに使用される事がありませんでした。しかし小説版にてついに使用される事になったのがこの逆様邪八宝塞でした。

その能力は「周囲の人物の認識を逆転する事で同士討ちを誘発する」というもので、特に1対多の乱戦に強い卍解になっています。逆に言えば味方も巻き込んでしまうタイプの卍解である為、BLEACH(ブリーチ)本編ので多かった多人数戦には向かない卍解であると平子真子自身も理解している為使われる事がなかったのでした。癖の強い卍解ながら、始解が対個人向けなのも合わせて非常に厄介な卍解の1つです。

6位:花天狂骨枯松心中

卍解最強ランキング6位は護廷十三隊八番隊隊長にして後に総隊長にもなる京楽春水が使用する花天狂骨枯松心中(かてんきょうこつからまつしんじゅう)です。鬼道系の斬魄刀であり、子供の遊びを現実化する能力であった始解の流れに対し、卍解の花天狂骨枯松心中は大人の遊びである演劇を4つの段階に分けて劇の筋書きを進めるように相手を殺す技になっています。

京楽が長らくこの技を使用しなかったのはこの卍解も対象は領域範囲内である為、味方を巻き込んでしまうおそれがある為で、あらゆる攻撃を一切受け付けないリジェ・バロの完聖体すらも貫通してダメージを与えました。味方に配慮する必要こそあるものの、使えばほぼ相手は死ぬという圧倒的な強さを誇る卍解になっています。

5位:しら筆一文字

卍解最強ランキング第5位は零番隊の兵主部一兵衛が持つしら筆一文字です。卍解の概念が登場する以前に「最初に進化した斬魄刀」となった為、「卍解」ではなく「真打」の言葉で発動するという特徴を持っています。しら筆一文字は始解の一文字と対になる能力を持ち、黒い墨を使って相手の名前を塗りつぶしてしまう始解に対して、白い墨を使って相手に新たな名前を与えるという能力になっています。

名前を与えられた者は、その与えられた物と同等のものになってしまう為、相手から能力を奪う事もできる程に強力な卍解です。ただ出番が限りなくすくなくデメリットなども様々なものが考察されており、強力ながら最強かどうかが分からないと言われる卍解の1つになっています。

4位:観音開紅姫改

卍解最強ランキング4位は浦原喜助の観音開紅姫改(かんのんびらきべにひめあらため)です。尸魂界篇から卍解ができる事は示唆されていた浦原喜助ですが長らく使っておらず、千年血戦篇の終盤になってようやく使用しました。その能力は浦原喜助の側に現れる巨大な女神像に触れたものを作り変えるという能力になっています。

終盤の登場で条件や縛りなどは不明なもののその応用範囲は広く、能力強化に回復、相手の術を破ったり人体だけでなく空間にまで作用させる事ができると言ったチート性能を持っています。判明している能力の詳細だけ見れば確実に最強の一角に相応しい卍解の1つです。

Thumb【BLEACH】逆様邪八宝塞は平子真子の卍解!原作漫画で出さなかった理由は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解の強さ・最強の斬魄刀の能力ランキングTOP3

3位:天鎖斬月

卍解最強ランキング3位は主人公黒崎一護の天鎖斬月です。その出自から様々な能力を持っている一護ですが、卍解としては非常にコンパクトで独自の死覇装に変化し、卍解としての戦闘能力を凝縮する事で超速での戦闘を可能にするという卍解になっています。元々はルキア救出の為に急ぎ習得したものである為、長時間使用するとスピードが落ちてしまう弱点がありましたが、戦闘経験の中で克服しています。

「最後の月牙天衝」を使った事で1度は死神の力を失った黒崎一護ですがその後死神として復帰、その後滅却師との戦いの中で、死神、滅却師、虚の力をそれぞれに宿した「真の斬月」を得ましたが、卍解を解放した瞬間にユーハバッハに折られてしまいました。ただユーハバッハ自身「恐るべき能力」と評している事から圧倒的な強さを持っていたのは間違いありません。

2位:千本桜景厳

卍解最強ランキング2位は護廷十三隊六番隊隊長朽木白哉の千本桜景厳(せんぼんざくらかげよし)です。始解の千本桜を純粋に強化したタイプの卍解で、1000本もの斬魄刀を花びらのように操る卍解になっています。この花びらのような斬魄刀は朽木白哉の思うままに操る事ができ、相手の周囲を覆うようにしたり、逆に自身の周りを巡らせて防御に使用したりといった応用力の高い卍解です。

全ての刃を操るのは難しく、「無傷圏」を設けて使用しているという弱点こそありますが、遠距離戦にも対応できる他、白兵戦まで行う事ができるレンジの幅広さも魅力で、卍解の中でも非常に珍しい非常にバランスの取れた卍解になっています。使い勝手の良さも含めてまさに最強の卍解に相応しい卍解の1つです。

1位:残火の太刀

卍解最強ランキング1位は護廷十三隊総隊長の山本元柳斎重國が使用する残火の太刀です。始解の時点で刀身を覆っていた炎が消え黒焦げの刀に変化するという見た目的には劣化したように見えるのが特徴の卍解ですが、本質的には黒崎一護の天鎖斬月と近く卍解のエネルギーを凝縮したタイプの卍解になっています。触れた物を燃える間もなく消し飛ばす程の圧倒的なパワーを持った卍解です。

その影響力は凄まじく、残火の太刀が発動すると尸魂界全体を異常気象が襲い、氷雪系の斬魄刀はその能力を使う事ができなくなる程で、長時間使用すれば尸魂界そのものが消滅する可能性すら示唆されている卍解になっています。山本元柳斎重國はこの残火の太刀を4つの形態に分けて使用しておりどれも相応の威力を誇るまさに最強の卍解になっています。

Thumb【BLEACH】日番谷冬獅郎の名言・名セリフ集!斬魄刀や卍解の能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解のかっこいいセリフ一覧

卍解のセリフ一覧①山本元柳斎重國

卍解最強ランキングでも1位になった山本元柳斎重國の残火の太刀ですが解号もかっこいいと言われています。山本元柳斎重國の解号は「万象一切灰燼と為せ(ばんしょういっさいかいじんとなせ)」です。

卍解のセリフ一覧②砕蜂

護廷十三隊二番隊隊長にして隠密機動総司令官を務めている砕蜂の解号はシンプルで「尽敵螫殺(じんてきじゃくせつ)」になっています。

卍解のセリフ一覧③市丸ギン

護廷十三隊三番隊隊長の市丸ギンは解号が2つあるのが特徴になっています。始解をする時の解号は「射殺せ(いころせ)」ですが、卍解した際、相手の体内に遺した刃の毒を回す解号として「死せ(ころせ)」という解号も使用しています。

卍解のセリフ一覧④卯ノ花烈

卍解の詳細も不明な護廷十三隊四番隊隊長の卯ノ花烈ですが、実は解号も明らかになっていなかったりします。卍解を習得すると始解する際に解号を唱える必要がなく、後衛での治療などが多い事が解号が不明の要因になっています。

卍解のセリフ一覧⑤藍染惣右介

護廷十三隊五番隊隊長にして尸魂界篇から続く事件の黒幕である藍染惣右介ですが、実はBLEACH(ブリーチ)作中、1度も卍解を使わなかった隊長の1人になっています。元仮面の軍勢から隊長になった者には卍解が不明なものも居ますがBLEACH(ブリーチ)連載開始時点での隊長で卍解を使用していないのは藍染惣右介と浮竹十四郎だけになっています。一応解号は明らかになっており「砕けろ」というものになっています。

卍解のセリフ一覧⑥朽木白哉

今回の卍解最強ランキングでも2位につけた護廷十三隊六番隊隊長の朽木白哉の卍解の解号は「散れ」とシンプルに一言です。

卍解のセリフ一覧⑦狛村左陣

卍解で唯一の回復能力を持つ狛村左陣の卍解、黒縄天譴明王ですがその解号は「轟け」とシンプルなものになっています。

卍解のセリフ一覧⑧京楽春水

卍解の解号の中でも特異な存在になっているのが京楽春水の「花天狂骨枯松心中」です。その解号は「花風紊れて花神啼き、天風紊れて天魔嗤う(なかぜみだれてかしんなき てんぷうみだれててんまわらう)」というものになっています。実はこの解号は「花天」の方しか読んでいない事が明らかになっており、京楽春水の持つ卍解の秘密が込められた解号になっています。

卍解のセリフ一覧⑨東仙要

登場回数こそ少なかったものの卍解を使っている東仙要ですが、その卍解「清虫終式・閻魔蟋蟀」の解号は「鳴け」の一言だけになっています。

卍解のセリフ一覧⑩日番谷冬獅郎

その見た目から人気も高い日番谷冬獅郎の卍解「大紅蓮氷輪丸」ですが、その解号は「霜天に坐せ」というものになっています。

Thumb【BLEACH】京楽春水のかっこいい魅力とは?強さや斬魄刀・卍解を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解に関する感想や評価

ここからは既にBLEACH(ブリーチ)を視聴した人の卍解に関しての感想を紹介していきます。卍解はBLEACH(ブリーチ)において最終奥義に位置する技ですが、バトル漫画の性であるインフレを卍解をするキャラと最後の最後までしないキャラで分ける事でそれぞれのキャラの色や卍解の特色が分かれているのが良かったという声が多くなっています。

本人の考えや能力もあって敢えて使わないというパターンもあり、藍染惣右介のようにラスボス級の戦闘能力を持ちながら敢えて卍解を使用していないキャラもいる事、長らく謎だったキャラの卍解登場シーンは熱くなったとする声も多くなっています。

今回紹介したのはあくまでも強さ順のランキングですが、それぞれの卍解にファンがいる程にバリエーションに飛んでいるのがBLEACH(ブリーチ)の良さに繋がっているという感想も見られます。人気度合いで言うとやはり積極的に使用されている黒崎一護の「天鎖斬月」や日番谷冬獅郎の「大紅蓮氷輪丸」などの人気が高くなっています。

また最終奥義でありながらBLEACH(ブリーチ)作中での出来事や経験によってさらに卍解の力を引き出すようになる展開はバトル漫画の王道ながらもかっこいいという声も多くなっています。特にキャラ人気も高い日番谷冬獅郎の卍解である大紅蓮氷輪丸の真価が発揮されたシーンや朽木ルキアの白霞罰を初めて使用したシーンなど前後の流れも合わせて人気が高いシーンになっています。

BLEACH(ブリーチ)は長期連載だった事もあり、全てのエピソードがアニメ化されているわけではなく、卍解によってはアニメ化されている内容までに使用していなかったものもあり、千年血戦篇がアニメ化される事が発表された際には千年血戦篇で初登場した卍解がどのような演出で描かれるのかが気になるという声もあります。

千年血戦篇はBLEACH(ブリーチ)最後のエピソードだけに多くのキャラの卍解が明らかになっており、アニメ化の要望も多かっただけに分割でもいいから最初から最後までカットせずにアニメ化してほしいという声も多くなっています。

Thumb【BLEACH】朽木白哉の卍解・千本桜景厳の能力と強さは?戦績もまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

卍解の強さランキングまとめ

BLEACH(ブリーチ)における卍解は死神の最終奥義であり、それぞれのキャラクターの個性にもなっている斬魄刀の解放状態です。系統も姿かたちも千差万別であり、中には周囲の環境に大きな影響を与えるものも存在する程の物になっています。ど派手な見た目になるものも多く卍解状態で使用する技なども人気を集める要因になっています。

アニメにおいてもそれぞれに細かな演出があるものになっておりBLEACH(ブリーチ)を象徴するものなのでまだBLEACH(ブリーチ)を視聴していない人はそれぞれのキャラクターの卍解にも注目しながら視聴してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ