【呪術廻戦】狗巻棘には悲しい過去がある?おにぎりの具で話す理由をネタバレ考察

呪術廻戦で中性的なかわいい要素も魅力の一つとなっている狗巻棘には悲しい過去がある?と注目を集めるようになります。呪言やおにぎりの具で話す理由のネタバレ考察も話題となっている狗巻棘は呪言の使い手だったのです。何気なく発した言葉によって周囲を傷つけてしまった幼少期を過ごしている狗巻棘は、意図せず周囲を傷つけないように気を付けるようになりました。そこで、心優しい狗巻棘の悲しい過去やおにぎりの具で話す理由、片腕の欠損などネタバレ考察していきます。

【呪術廻戦】狗巻棘には悲しい過去がある?おにぎりの具で話す理由をネタバレ考察のイメージ

目次

  1. 狗巻棘とは?
  2. 狗巻棘の悲しい過去を考察!おにぎりの具で話す理由は?
  3. 狗巻棘の術式や能力をネタバレ
  4. 狗巻棘は死亡した?片腕が欠損?
  5. 狗巻棘を実写化する場合のキャスト予想
  6. 狗巻棘のアニメ声優
  7. 狗巻棘に関する感想や評価
  8. 狗巻棘の過去まとめ

狗巻棘とは?

呪術廻戦で他の呪術師と違って細身で女性のような中性的な要素も秘めている狗巻棘には悲しい過去があったようです。温厚で心優しい性格の狗巻棘は、自分の意に反して何気なく発した言葉によって周囲を傷つけてしまった悲しい過去を持っていました。呪言師の末裔である狗巻棘は、呪力を自分の声にのせることができました。そのため、言霊を強制的に増幅することで自分が放つ言葉を現実化できる力を持っていたのです。

言葉を放つだけで相手を殺したり、操ったりすることができる恐ろしい能力を持っている狗巻棘は、心優しく温厚な性格であるため自分の能力によって周囲が意図せずに傷ついてしまう状況に苦悩することになります。そのため、周囲を傷つけないおにぎりの具で話すことになったようです。そこで、片腕が欠損した狗巻棘の悲しい過去や強力な力を持つ呪言、おにぎりの具で話す理由、能力や術式をネタバレ考察していきます。

呪術廻戦の作品情報

呪術廻戦の概要

「劇場版 呪術廻戦 0」という映画が2021年12月24日公開予定となっている「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」は、週刊少年ジャンプ(2018年14号から)によって連載されている漫画となっています。作者である岩手県出身の芥見下々さんは体調不良になってしまったために、2021年29号から一旦休載されたことで多くの人から心配されるようになりました。しかし、2021年35号からは復活して連載が再開されています。

単行本において17巻(2021年10月)まで刊行されている呪術廻戦では、人間の負の感情によって誕生する呪霊と戦う呪術師の姿が描かれています。呪術師は呪力を持っていない非術師を守るために戦っていますが、守られている非術師は次々と呪霊を誕生させるという矛盾があったのです。5000万部の累計発行部数を記録している呪術廻戦は、みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019において大賞を受賞しています。

呪術廻戦のあらすじ

純粋で物事の本質を見ることができる虎杖悠仁は両親の顔を知らずに育っていますが、頑固でありながら心優しい祖父に大切に育てられました。祖父が死亡した後も人懐っこい性格の虎杖悠仁は、仲間を大切にすることで周囲と上手くやっていくことができたのです。仲間を助けようとした虎杖悠仁は持ち前の身体能力を駆使し呪霊と戦うことになりますが全く歯が立たず、宿儺の指を食べたことで危険人物となってしまいます。

狗巻棘のプロフィール

呪術廻戦で呪言(じゅごん)の使い手である狗巻棘には悲しい過去があったようです。呪言師(じゅごんし)」の末裔であり狗巻家出身の狗巻棘は、幼少期から自分の話した言葉で意図せず周囲の人間を傷つけてしまうという恐ろしい体験をしていました。そのため、それ以降は言葉を慎み、言語を使用する際には呪言に影響しないおにぎりの具の言葉を使用して仲間とコミュニケーションを取るようになったのです。

  • 名前:狗巻棘(いぬまきとげ)
  •       CV(声優):内山昂輝
  • 年齢:17歳
  • 誕生日:10月23日
  • 身長:170㎝弱
  • 血液型:不明
  • 等級:二級呪術師(0巻)→準一級呪術師(本編)
  • 所属:東京都立呪術専門高等学校二年
  • 好きなこと:悪ノリ

おにぎりの具で話す理由のネタバレ考察にも注目が集まっている狗巻棘は、温厚で心優しかったため意図せず人を傷つけてしまう自分をコントロールすることに力を注ぐようになります。目立たないように活動することで自分の力で周囲の人を傷つけないようにしたのです。普段は目立たないように振舞っている狗巻棘ですが、身体能力が高いため、仲間のために自分の力を使用することに関しては喜びを感じていました。

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

狗巻棘の悲しい過去を考察!おにぎりの具で話す理由は?

狗巻棘は代々呪言師の狗巻家に生まれる

呪術廻戦で穏やかな性格を持っている狗巻棘の悲しい過去を考察しながらおにぎりの具で話す理由なども探っていきます。意図せず周囲を傷つけてしまったという悲しい過去を背負っている狗巻棘は、恐ろしい呪言の使い手となっています。自分の発する言葉だけで相手を傷つけることができる狗巻棘は、代々呪言師の狗巻家に生まれました。彼は呪言師の末裔だったのです。

そのため、幼少期には自分の力を認識しておらず大きな問題を引き起こします。おにぎりの具で話す理由などのネタバレ考察にも注目が集まっている狗巻棘の悲しい過去は、彼に代わって兄貴分的な存在のパンダが呪術廻戦の0巻で紹介していました。生まれた時から呪言を使用することができた狗巻棘は、幼少期は自分の力を理解していなかったために、自分が傷つけたくない人まで傷つけてしまうという悲しい体験をしています。

意図せず大切な仲間や周囲の人々を呪ってしまったことで、深い悲しみを背負うことになりました。そのため、許嫁である里香に憑りつかれてしまった乙骨憂太が高専へ編入してきた際には、自分の幼少期の悲しい体験と重なってしまったため何かと気遣っていました。心優しく仲間を大切にする狗巻棘は、大切な仲間を傷つけないためにさまざまな工夫をするようになります。

狗巻棘がおにぎりの具で話す理由は過去が関係している?

呪術廻戦で「しゃけ」、「おかか」などおにぎりの具の語彙を使用して話す狗巻棘には悲しい過去がありました。自分の気持ちとは裏腹に自分が発した言葉によって相手を傷つけてしまうというものです。呪言の使い手である狗巻棘は、何気なく発した自分の言葉が相手を傷つけてしまうほどの力を持っているとは幼少期は知らずにいました。そのため、意図せず周囲の大切な人を呪ったり、傷つけたりしてしまったのです。

自分の意志とは関係なく周囲を傷つけてしまった経験を持つ狗巻棘は、呪言に関係のないおにぎりの具で話すことで周囲の仲間や大切な人を傷つけないで済むという方法を見つけました。心優しい狗巻棘がおにぎりの具で話す理由は過去が関係していたのです。さまざまなネタバレに注目が集まっている狗巻棘は、自分の術式や能力を正しく認識することで不用意に人を傷つけない方法を見つけることができました。

幼少期の狗巻棘の状況を認識しているパンダは、彼に代わって通訳的な役割も担ってあげていました。ふわふわの外見を持っているパンダは、自分のことを話すことができない狗巻棘の代わりに過去の悲しい事情を説明してあげています。呪いのこもらない言葉を見つけるにはかなりの苦労をしたようですが、おにぎりの具で話すことで周囲を傷つけないことを発見したのです。それ以来は仲間とはおにぎりの具で話すようになりました。

狗巻棘のおにぎりの具の意味

呪術廻戦で周囲の仲間や大切な人を不本意に傷つけないようにおにぎりの具で話す狗巻棘は、悲しい過去の経験から多くの学びをすることができました。呪言を放つことができる狗巻棘は、戦いの時以外は呪言を使用しないようにしています。普段仲間と話す際にはおにぎりの具の語彙を使用するようになったのです。そこで、かわいらしい要素が満載の狗巻棘のおにぎりの具の意味を紹介します。

おにぎりの具で話す理由のネタバレにも注目が集まっている狗巻棘は、「しゃけ」や「おかか」というおにぎりの具の語彙をよく使用しています。仲間との会話でよく使用している「しゃけ」とは、「イエス」などの肯定的な意味合いの際に使用していました。それとは対照的に「おかか」とは「ノー」を意味するような否定的な意見をいいたい際に両腕をクロスさせて×を作りながら使用しています。

おにぎりの具の語彙はその他にもたくさん登場していますが、それぞれその時の会話の状況を見ながら判断することになりました。その中でも少し明らかになっているのはがんばる、やるぞなど気合を入れる際には「明太子」を使用しており、その他にも「すじこ」や「高菜」、「昆布」などもありました。その他のおにぎりの具の語彙は作者から意味が公開されていないため、状況に応じて考察する必要があるようです。

狗巻棘は短髪だった?

呪術廻戦で呪術高専の東京校へ通っている二年生の狗巻棘は、現在はショートボブのような少し長めの髪型となっていますが、登場当初は短髪を披露していました。悲しい過去や呪言にも注目が集まっている狗巻棘は、呪術廻戦の0巻では高専の一年生として登場していますが、下記の画像のように短髪だったのです。しかし、この髪型は主人公である虎杖悠仁と似ているということから見分けがつきにくいといわれるようになります。

そのため、本編においては二年生として登場している狗巻棘は、おしゃれにも目覚めたという設定で現在のような髪型になったようです。おにぎりの具で話す理由のネタバレも話題となっている狗巻棘は、短髪の時もかわいいと人気でしたが、現在のショートボブの髪型になったことでより洗練されたおしゃれ感がアップしたと人気のキャラクターと成長していきました。

ショートボブの髪型にしたことで中性的な魅力が放たれるようになり、かっこいいけれどかわいい要素も満載のキャラクターとなりました。登場当初、呪術廻戦の0巻では短髪を披露している狗巻棘ですが、本編の呪術廻戦1巻以降は現在のショートボブの髪型になり新たな人気を得るようになります。身体能力が高く、かわいい魅力とおしゃれな要素も加わった狗巻棘は、男性からも女性からも高い支持を集めるようになりました。

狗巻棘と乙骨の関係

呪術廻戦で許嫁を目の前で交通事故で失ってしまった乙骨憂太は、自分に危害を加える相手に怨霊となった里香から仕返しされるという状況に恐怖を感じるようになります。周囲の目を気にしてビクビクしていた乙骨憂太は次第にいじめられるようになりました。彼が怖がっていたのは周囲のいじめっ子ではなく、自分に危害を加える相手が自分を守ろうとする怨霊となった里香に殺されてしまうことだったのです。

怨霊となった里香に憑りつかれた乙骨憂太は、その呪力を買われて高専の東京校へ編入することになりました。呪術廻戦の0巻の2話では、高専の東京校へ編入してきた乙骨憂太に対して自分の悲しい過去と重なると感じた狗巻棘は、彼に優しく接するようになります。編入してすぐに呪霊と戦うことになった乙骨憂太は先輩の狗巻棘と一緒に向かいますが、準1級レベルの呪霊だったことから乙骨憂太はかなり怯えてしまいます。

悲しい過去を背負っている狗巻棘は、自分に自信が持てずに怯えてしまう乙骨憂太の気持ちが手に取るように分かったため、彼を庇いながら戦っていきました。一旦、戦いから離脱して再戦を果たそうとしますが、怯え切っている乙骨憂太を見た先輩の狗巻棘は、彼を一人で帰らせようとします。戦闘に慣れていなかったため、危険から遠ざけようと考えたのです。その気持ちを察した乙骨憂太は戦う気持ちを持つことができました。

呪言やおにぎりの具で話す理由のネタバレにも注目が集まっている狗巻棘は、相手の状況をよく見極め優しい心で接したことで乙骨憂太の気持ちを奮い立たせることができたようです。呪霊に怯えていた乙骨憂太でしたが、自分ができるサポートをしながら狗巻棘と一緒に協力して戦うようになりました。最終的に呪霊を二人で倒したことで二人は喜びを共有しハイタッチしています。二人の距離がぐっと縮まった瞬間でした。

Thumb【呪術廻戦】高田ちゃんはかわいい長身アイドル!正体は術師?本名・年齢やモデルは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘の術式や能力をネタバレ

狗巻棘の使う術式は呪言

呪術廻戦でかわいい魅力を放っている狗巻棘の術式や能力をネタバレしていきます。心優しい狗巻棘の術式や能力を知らない方はネタバレにご注意ください。身体能力が高く優秀な呪術師の一人である狗巻棘が扱うことができる術式は呪言となっています。高等術式の一つである呪言を幼少期から使用できた狗巻棘は、不本意ながら周囲を傷つけてしまうという悲しい過去を背負っていました。

蛇の目と牙の呪印が口に施されている狗巻棘は、普段は周囲に危害を加えないように口を服で覆っていますが、戦いの際には口を披露して呪言を放っています。言霊を強制、増幅することができる呪言を使用できる狗巻棘は、相手の動きを止めたり、自爆させたりする言葉を放つだけで相手をコントロールすることができたのです。携帯電話においても呪言は有効で、拡声器を使用した際には遠くまで呪言の力を放つことができました。

狗巻棘の呪言の弱点

呪術廻戦で強力な力を持っている呪言は、安易に使用するだけで周囲の人々を傷つけてしまうことはもちろん、自分自身でさえも危険にさらされるという弱点を持っていました。喉への負担がかなり大きかったのです。強い呪言を放つことで、格上相手との戦いの場合は吐血していました。格下でも声が枯れてしまいます。最悪の場合は放った呪言が自分に返ってきてしまうという恐ろしい弱点を持っていたのです。

狗巻棘の使用した呪言一覧

呪術廻戦でおにぎりの具で話す理由のネタバレや悲しい過去についても注目されている狗巻棘が使用した呪言一覧を紹介します。6巻の46話ではものを止める際に「爆ぜろ」といい放っていました。0巻の2話では相手の身体を捻れさせる「捻れろ」や相手に圧力をかけて潰す「潰れろ」を放っています。0巻の3話では相手を下に堕とす「堕ちろ」も使用していました。3巻の17話、6巻の45話、12巻の100話では「動くな」を放っています。

その他には、5巻の43話において玉犬の術式解除をする際に「戻れ」、眠らせる際に「眠れ」を使用していました。6巻の44話で強制的に退避させる際には「逃げろ」と放っています。6巻の46話では、物を止める際に「止まれ」、相手を吹き飛ばす際に「ぶっ飛べ」という呪言を放っていました。

Thumb【呪術廻戦】東堂葵はかっこいいし強い!気持ち悪いけど人気の理由や名言・声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘は死亡した?片腕が欠損?

考察①狗巻棘の片腕が欠損する

呪術廻戦で悲しい過去のネタバレにも注目が集まっている狗巻棘の片腕が欠損するという事件が起きてしまいます。呪言を放つことができる狗巻棘は、137話の堅白において上記の画像のように片腕が欠損した状態で登場しました。おにぎりの具で話す理由も話題となっている狗巻棘は、渋谷事変において片腕を欠損してしまったようです。その後は呪札で欠損した片腕をぐるぐると巻かれていました。

考察②狗巻棘の腕は誰に切り落とされた?

呪術廻戦でおにぎりの具の語彙を使用して話す理由のネタバレにも注目が集まっている狗巻棘は、片腕を誰に切り落とされてしまったのでしょうか?悲しい過去を背負っている狗巻棘は、上層部の企みによって片腕を切り落された、人懐っこい性格の虎杖悠仁が宿儺と入れ替わってしまった際に伏魔御廚子に巻き込まれて片腕を失ってしまったなどさまざまな理由を考察することができますが、事実は明らかになっていません。

Thumb【呪術廻戦】パンダのかわいい赤ちゃん姿は何話?幼少期や子供時代の生い立ちは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘を実写化する場合のキャスト予想

キャスト予想①吉沢亮

呪術廻戦で呪言の使い手である狗巻棘が実写化する場合のキャスト予想に注目が集まっています。悲しい過去を背負っている狗巻棘はかなりの美形キャラとなっているため、端正な顔立ちとルックスで多くの女性や男性を魅了してきている吉沢亮がピッタリだという声も多いようです。彼は漫画作品の実写映画化において多くのキャストを務めているため、その可能性は高そうです。

キャスト予想②ゆうたろう

呪術廻戦で悲しい過去を背負っている狗巻棘の実写化する場合のキャスト予想としては、「ゆうたろう」をあげることができるでしょう。かわいらしい魅力を放っている小柄な体格のゆうたろうは、中性的な魅力を放っている狗巻棘にはぴったりの俳優だという声もあがっています。俳優やモデルとしてマルチに活躍しているゆうたろうは雰囲気が狗巻棘にぴったりだと高い評価を得ていました。

Thumb【呪術廻戦】東堂葵に死亡フラグ?左腕損傷で術式が使えない?治る可能性と今後を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘のアニメ声優

内山昂輝のプロフィール

  • 名前:内山昂輝(うちやまこうき)
  • 生年月日:1990年8月16日
  • 血液型:A型
  • 身長:177㎝
  • 性別:男性
  • 出身地:埼玉県
  • 所属事務所:劇団ひまわり
  • 職業:声優、俳優
  • 声優デビュー:2001年

呪術廻戦でおにぎりの具で話す理由のネタバレや悲しい過去にも注目が集まっている狗巻棘のアニメ版の声を担当したのは声優の内山昂輝さんです。声優の内山昂輝さんは、中性的な魅力を放っているかわいい要素と男らしい強さや身体能力を持っているギャップのある狗巻棘を見事に演じていました。声優の内山昂輝さんは、幼少期から劇団ひまわりに入団し子役として活動しています。少年役の吹き替えも多く担当していました。

内山昂輝の主な出演作品

声優の内山昂輝さんの主な出演作品には、すばらしきこのせかい The Animationのネク役、桜庭音操役やメガトン級ムサシの雨宮零士役、文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜のヨージ役、彼方のアストラのウルガー・ツヴァイク役、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのべネディクト・ブルー役、将国のアルタイルのバヤジット役、RS計画 -Rebirth Storage-の佐神凛役、ばらかもんの木戸浩志役などがありました。

Thumb【呪術廻戦】狗巻棘が腕を切断されたのはいつ?犯人は宿儺?治る可能性を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘に関する感想や評価

呪術廻戦で呪言の使い手であるかわいい魅力も放っている狗巻棘がかっこいい、丸吞みしたいレベルだと感想を寄せている人もいました。悲しい過去を背負い、おにぎりの具で話すことで周囲の大切な仲間や家族を守ろうとしている狗巻棘は、外見のかっこ良さに加えて心も純粋で心優しかったため、たちまち人気のキャラクターとなっていきました。

呪術廻戦ではさまざまにかっこいい、強いキャラクターが登場していますが、その中でもかっこいい狗巻棘が呪術廻戦では一番好きだと感想を寄せている人もいました。呪言を活用して敵と戦っている狗巻棘は、幼少期には自分の力の意味を理解していなかったため、不本意ながら周囲の人々を傷つけてしまうという悲しい過去を過ごしています。現在ではおにぎりの具の語彙を使用することで解決策を見つけたようです。

呪術廻戦で悲しい過去を背負っていながらもその経験を活かし、編入してきた乙骨憂太を優しく導いている狗巻棘は、新オープニングの姿がまじでかっこいいと感想を寄せている人もいました。14話に登場している姿がかっこいいと感じた人もいたようです。おにぎりの具で話す理由にも注目が集まっている狗巻棘は、エンディングではかわいいと評判になっています。

Thumb【呪術廻戦】乙骨憂太の髪型はダークグレーのマッシュショート!オーダー方法は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

狗巻棘の過去まとめ

呪術廻戦で悲しい過去のネタバレやおにぎりの具で話す理由にも注目が集まっている狗巻棘は、幼少期から呪言の使い手となっていたため、不本意ながら周囲を傷つけてしまうという体験をしています。自分の術式や能力を正しく理解できる年齢ではなかったために、自分の力をコントロールすることができなかったのです。心優しい狗巻棘はそれによって苦悩することになりますが、過去の悲しい経験は彼を大きく成長させました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ