【鬼滅の刃】鱗滝左近次の年齢は?お面の下の素顔・強さやアニメ声優も調査

鬼滅の刃で常に天狗のお面を被って登場している鱗滝左近次の年齢は?と話題になっています。さらに、渋くてかっこいいアニメ声優やお面の下の素顔、かつて水柱として活躍していた強さにも注目が集まるようになりました。そこで、還暦を越えていると考えることができる鱗滝左近次の年齢は?現役時代からお面を被っているという鱗滝左近次のお面の下の素顔、強さや声が渋くてかっこいいと評判のアニメ声優についても紹介します。

【鬼滅の刃】鱗滝左近次の年齢は?お面の下の素顔・強さやアニメ声優も調査のイメージ

目次

  1. 鱗滝左近次とは?
  2. 鱗滝左近次の年齢やお面の下の素顔
  3. 鱗滝左近次の強さや能力
  4. 鱗滝左近次のアニメ声優
  5. 鱗滝左近次のかっこいい魅力
  6. 鱗滝左近次の初登場回と名言・名セリフ
  7. 鱗滝左近次に関する感想や評価
  8. 鱗滝左近次の年齢まとめ

鱗滝左近次とは?

鬼滅の刃で厳しい物言いが目立つ鱗滝左近次は、相手を思うからこそ厳しい現実を教えようとする育手(そだて)としての責任をしっかりと果たそうとしていました。年齢やお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次は、言動は厳しいものの弟子を思いやる気持ちが強いためそのことを見抜くことができる彼の弟子たちは誰もが師匠である鱗滝左近次を尊敬しており大好きだったのです。

かつては水柱として活躍していた鱗滝左近次は、現役を引退して育手として隊士たちを育てているものの強さは一向に衰えていませんでした。還暦を過ぎているだろうと予測することができるほどの年齢を重ねているにも関わらず機敏でタフな動きを披露しています。そこで、声が低くて渋いと評判の鱗滝左近次の年齢は?アニメ声優やお面の下の素顔、水柱としての強さ、かっこいい魅力、名言・名セリフなども紹介します。

鬼滅の刃の作品情報

鬼滅の刃の概要

第1巻~第7巻(原作漫画)の冒頭までが「竈門炭治郎 立志編」というテレビアニメ化された「鬼滅の刃(きめつのやいば)」は、2019年4月~9月に渡って放送されました。TOKYO MXほかで放送された鬼滅の刃が好評だったために、「遊郭編」という第2期のテレビアニメも2021年に放送が決定しています。第1期のテレビアニメに先駆けて鬼滅の刃では、「鬼滅の刃 兄妹の絆」という特別上映版が2019年3月から限定公開されました。

オリコン年間コミックランキング2019で第1位となった鬼滅の刃は、1億5000万部の累計発行部数を記録する漫画へと成長しています。子供から大人まで楽しめるわかりやすい内容が社会現象にまで発展した鬼滅の刃は、週刊少年ジャンプ(2016年11号~2020年24号)によって連載されました。福岡県出身の漫画家である吾峠呼世晴さんによって描かれた鬼滅の刃は、全23巻まで単行本で刊行されています。

鬼滅の刃のあらすじ

普通の人間のように生活することができなかった鬼舞辻無惨は、完璧な肉体を手に入れるために鬼となってしまったようです。彼は自分を正当化するために次々と鬼を誕生させていきました。炭焼きをして過ごしてきた竈門炭治郎の家族も鬼のボスである鬼舞辻無惨によって惨殺されてしまいます。奇跡的に生き残った妹は鬼にされてしまったため、人間に戻すために兄である炭治郎はさまざまな鬼との戦いをしていくようになりました。

鱗滝左近次のプロフィール

鬼滅の刃で年齢やお面の下の素顔などにも注目が集まっている鱗滝左近次は、常に天狗のお面を被って登場しています。どのような時にも素顔を見せない鱗滝左近次は、あまりにも顔立ちが優しすぎることからかつて鬼にバカにされたことが原因で天狗のお面を被るようになったとされています。弟子となった炭治郎に対して厳しい口調で接する鱗滝左近次は、将来的に凶悪な鬼と戦う隊士に生き続けてほしいという思いを持っていたのです。

  • 名前:鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)
  • 所属:鬼殺隊
  • 役職:元隊士で現在は隊士を育てる育手(そだて)
  • 階級:水柱
  • 年齢:不明(還暦を越えている?)
  • CV(声優):大塚芳忠
  • 容姿:天狗のお面を常につけている
  • 特徴:嗅覚が鋭い、匂いによって感情も理解できる
  • 弟子:冨岡義勇、竈門炭治郎

強さやアニメ声優にも注目が集まっている鱗滝左近次は、現役の隊士の頃は水柱として活躍していました。現在は弟子となった冨岡義勇が水柱として後を引き継いでいます。熟練剣士である鱗滝左近次は、現役時代から天狗のお面を被って鬼たちと戦っていました。陽だまりのような温かい心を持っている炭治郎と同様に嗅覚がとても鋭い鱗滝左近次は、鬼にさえも同情してしまう炭治郎の性格を匂いを通して理解しています。

「鬼滅の刃」公式ポータルサイト

鱗滝左近次の年齢やお面の下の素顔

鱗滝左近次の年齢

鬼滅の刃の原作漫画において1巻の2話、アニメでは2話で登場している鱗滝左近次は、現在は鬼殺隊の現役を退いて隊士たちを育てるという育手として活躍しています。そこで、常に凛々しくかっこいいと評判の鱗滝左近次の年齢やお面の下の素顔などを紹介しましょう。まずは年齢について探っていきます。水色の生地に雲柄の旅装束のような姿を披露している鱗滝左近次は、常にお面を被っているため素顔が見えない状態となっています。

お面の下の素顔や強さにも注目が集まっている鱗滝左近次の年齢は、正式には公開されていませんでした。アニメ声優についても話題となっている鱗滝左近次は、白髪の短髪となっているため相当年齢を重ねていると考えることができます。また、話し方に貫禄があり年配風でもありました。育手として活躍している彼は、弟子たちに指導している際にも数々の経験をもとに話しているためかなりの年月を過ごしていると考えられます。

現役の水柱として鬼を退治していたのが47年前といわれているため、還暦は簡単に超えているのかもしれません。短髪の白髪に加えて話し方や話の内容などから考察していくとかなり年齢を重ねた老人と考えることができます。育手として多くの弟子を指導していることからもかなり年配の人物だといえるでしょう。妹を助けたい一心の炭治郎が最終選考へ向かった際には手鬼によって死亡している弟子が数多くいたことがわかりました。

鱗滝左近次のお面の下の素顔は不明?

鬼滅の刃で鬼殺隊においてかつて水柱として活躍していた鱗滝左近次は、当時から天狗のお面を被って鬼と戦っていたようです。そのため、彼は現役時代から素顔を明らかにしないで生活をしていました。年齢や強さにも注目が集まっている鱗滝左近次は、お面の下の素顔が描かれている画像が登場していないため、素顔が明らかになっていない人物の一人となっています。

アニメ声優についても話題となっている鱗滝左近次は、キツネが好きであるため弟子たちにはキツネのお面を彫ってお守りのように与えていました。独身でかつて水柱として活躍していた鱗滝左近次は、生涯を鬼の討伐のために捧げている人物だといっても過言ではないでしょう。彼は育手として教えて稼ぎ出したお金や現役時代に水柱として得たお金は自分のためには使用しておらず、全て弟子のために使用していました。

言動は厳しいものの、思いやりがあって心優しい鱗滝左近次は、優しい顔をしていたようです。寡黙で修業に厳しい彼は、鬼を殺すような雰囲気を持っていなかったのかもしれません。隊士としての現役時代から天狗のお面を被って鬼と戦ってきた鱗滝左近次のお面の下の素顔は、テレビアニメや原作漫画、公式のファンブックなどを見ても描かれていませんでした。お面の下の素顔は明らかになっていませんが今後披露されるかもしれません。

鱗滝左近次がお面を被る理由

鬼滅の刃で弟子に対して厳しい言動を貫いている鱗滝左近次は、常に凛々しい天狗のお面を被って登場していますが、その理由について紹介します。最終選別において長い間鱗滝左近次の弟子たちを喰らってきた手鬼は、水柱として活躍していた鱗滝左近次によって捕らえられた鬼となっています。不自由な生活を強いられることになった手鬼は鱗滝左近次を恨むようになり、それ以降キツネのお面を持った弟子を襲っていました。

年齢やお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次は、現役時代に手鬼と戦っている際の画像が披露されています。その時点ではすでに天狗のお面を被って登場しているため素顔は見ることができません。強さやアニメ声優にも注目が集まっている鱗滝左近次がお面を被るようになったのは、凶悪な鬼に優しすぎる顔を指摘され、バカにされたことが原因となっていたようです。

心根が優しい鱗滝左近次は、鬼がバカにしたくなるほどの優しそうな顔をしていたのでしょう。優しい顔をバカにされたという過去を持っている鱗滝左近次は、戦いに集中することができるようにそれ以降天狗のお面を被るようになったようです。鬼に優しい顔をバカにされたというエピソードは、公式ファンブックや大正コソコソ話によって披露されました。優しい顔の画像は公開されていませんが、ますます注目されるようになります。

Thumb【鬼滅の刃】魘夢の性別は男?女?セリフやアニメ声優・キメツ学園の設定から考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次の強さや能力

強さ①元水柱

鬼滅の刃で嗅覚が鋭い鱗滝左近次は、現在は鬼殺隊の隊士となる候補生を育てる育手として活躍していますが、かつては水柱として多くの鬼を退治してきたという実績を持っている人物となっています。年齢やお面の下の素顔も話題となっている鱗滝左近次は、水柱であったため鬼殺隊の中では最高位の実力者だったのです。強さやアニメ声優にも注目が集まっている鱗滝左近次は、水の呼吸を操ることができます。

水の呼吸を操ることができる鱗滝左近次の日輪刀は、美しい水色となっていました。まだ、鬼殺隊の隊士になるために炭治郎が試験となる最終選別に向かう際には、自身の水色の美しい日輪刀を貸していました。最終選別に向かう炭治郎にお守りのキツネのお面を彫ってあげたり、自らの日輪刀を貸してあげたり、厳しい言動とは裏腹に弟子を思いやる優しさにあぶれている人物でもあったのです。

強さ②第一線から引いているとはいえ強い

鬼滅の刃で還暦を余裕で越えているであろう年齢では?と噂されている鱗滝左近次は、第一線から引いているとはいえかなり強い育手となっていました。お面の下の素顔やアニメ声優に関してもさまざまに囁かれている鱗滝左近次は、刀を持っている炭治郎との稽古の際にも、全く武器を持たず丸腰で臨んでいます。丸腰の状態でも、軽々と炭治郎を投げ飛ばし、圧倒的な強さを披露していました。

山奥へ炭治郎を連れてい行った際にも、酸素が薄い場所でありながらもスイスイと走って行ける脚力を披露しています。若い炭治郎からもこの人は何歳なんだろう?と思われるほど、超人的なタフさと能力を持っていました。

最終選別において長い間人間を食べ続けている手鬼を捕まえた時期が47年前となっているため、鬼となった妹と登場した炭治郎が彼の元へ来た際には確実に60歳は越えていると考えることができます。現役を退いてもこれほどまでの力を発揮できるということは、水柱として活躍していた際には相当な実力者であったことが想像できるでしょう。

Thumb【鬼滅の刃】魘夢(えんむ)の過去と鬼になった理由は?人間時代は描かれていない? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次のアニメ声優

大塚芳忠のプロフィール

弟子を思いやる優しい心を持っている鱗滝左近次のアニメ版の声を担当したのは声優の大塚芳忠さんです。声優の大塚芳忠さんは、声優の他にナレーターとしても活動をしています。幼少期から漫画好きだった大塚芳忠さんは、小学校へ入ってからは近所の子供たちに読み聞かせをするほど本が大好きだったようです。高校卒業後特にやりたいことがなかった大塚芳忠さんは、アルバイト先でプロデューサーと出会い芝居の道へ進みます。

  • 名前:大塚芳忠(おおつかほうちゅう)
  • 身長:173㎝
  • 血液型:A型
  • 出身地:岡山県
  • 愛称:ほっちゅん
  • 生年月日:1954年5月19日
  • 職業:声優、ナレーター
  • 声優デビュー:1983年
  • 所属事務所:クレイジーボックス

声優の大塚芳忠さんは、バリトンの声種を持っており2017年には、第11回声優アワードにおいて助演男優賞を受賞しています。テレビアニメや洋画の吹き替えの他に、バラエティー番組や報道などのナレーションを担当することも多くなりました。低く慈愛溢れる声質に定評がある大塚芳忠さんは、狂気的な高くシャウトするような声も出すことができます。幅広い演技を披露することができるためさまざまな役を演じています。

大塚芳忠の主な出演作品

声優の大塚芳忠さんの主な出演作品には、EDENS ZEROのジギー役や神之塔 -Tower of God-のヘドン役、バキのビスケット・オリバ役、ゴールデンカムイの鶴見中尉役、D.Gray-man HALLOWのブックマン役、ささみさん@がんばらないの月読神臣役、THE IDOLM@STERの高木順二朗役、秘密 〜The Revelation〜の長嶺昌親役、NARUTO -ナルト- 疾風伝の自来也役、蒼天の拳の張大炎役などもがありました。

Thumb【鬼滅の刃】朱紗丸(すさまる)の死亡理由は無惨の呪い?過去や最後のシーンを考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次のかっこいい魅力

かっこいい魅力①炭治郎の育手

年齢やお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次は、かつての弟子であり現在の水柱である冨岡義勇(とみおかぎゆう)から紹介された炭治郎に鬼殺隊の隊士になれるための修業をしてあげていました。鬼との戦いにおいてとどめを刺すことができない炭治郎の優しさにこの子は鬼殺隊の素質がないと判断した鱗滝左近次は、次々と過酷な修業を与えていったのです。

アニメ版の声が渋くてかっこいいと評判の鱗滝左近次は、どんな辛い修業でも少しずつ克服していく炭治郎に驚きながらも最後の試練を与えることにしました。上記の画像のような大岩を剣で斬るようにいい放ったのです。

自分の弟子が手鬼によってどんどん死亡していく状況が続いていたため、育手である鱗滝左近次は無理な試練を与えることで最終選別を諦めるだろうと思っていました。しかし、妹を必ず人間に戻すという目的を持っている炭治郎は、かつての弟子であった凛々しく勇ましい錆兎(さびと)や心優しくかわいい真菰(まこも)たちに修業をつけてもらうことで最終的に大岩を斬ることができたのです。

かっこいい魅力②禰豆子にかけた暗示

かっこいい魅力が満載の鱗滝左近次は、嗅覚が鋭かったために自分の元にやってきた炭治郎や妹の禰豆子についても匂いによってそれぞれの考えや気持ちを汲み取ることができる人物となっています。陽だまりのような温かい心を持っている、鬼が相手であっても同情することができる炭治郎にだんだん好感を持つようになった鱗滝左近次は、鬼になってしまった妹の禰豆子が人間を食べないように暗示をかけていました。

「人間は皆家族であり、家族を守り、家族を傷つける鬼を許すな」

アニメ声優やお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次は、彼らを後押しするかのように、人間を食べずに済むように深い眠りに落ちている禰豆子に上記のような暗示をかけたのです。この暗示によって人間を見るたびに鬼になった禰豆子は、自分の家族を思い浮かべるようになります。家族を大切に思う気持ちが強い禰豆子は、家族を傷つけようとする鬼を許すまいと気持ちを新たに戦えるようになりました。

かっこいい魅力③無限城編での活躍

無限城編において現役の隊士でないものの参加することになった鱗滝左近次は、鬼との最終決戦のために現役の隊士たちをサポートする覚悟を持って臨んでいました。彼は派手好きな音柱である宇髄天元(うずいてんげん)やかつて柱として活躍していた煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)らと一緒に拠点防衛役として参加しています。人情味あふれる鱗滝左近次は鬼となってしまった禰豆子の護衛をすることになっていました。

無限城編では兄である炭治郎の危機を察知した妹の禰豆子は、瞬時に飛び出していきます。彼女の護衛をしようとやってきていた鱗滝左近次は、突然走り出した禰豆子の後を追いかけますが、鬼としての素晴らしい能力に目覚めている禰豆子の身体能力は非常に高まっていたため追いつくことができなませんでした。戦いが終わった禰豆子は安心したかのように鱗滝左近次に抱きついていました。

Thumb【鬼滅の刃】鱗滝左近次の手紙が登場するのは何巻何話?泣けると話題の内容も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次の初登場回と名言・名セリフ

鱗滝左近次の初登場回は何話?

凛々しく勇ましい鱗滝左近次が初登場したのは原作漫画においては1巻の2話となっています。テレビアニメにおいては2話から渋くてかっこいい姿を披露していました。年齢やお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次は、かつての弟子であった冨岡義勇からの手紙によって炭治郎の元に現れます。お堂で出会った鬼との戦いを見ていた鱗滝左近次は、鬼に同情してしまう炭治郎に鬼殺隊は無理だろうと考えていました。

鱗滝左近次の名言①「妹が人を食った時やることは2つ…」

「妹が人を食った時やることは2つ。妹を殺す、お前は腹を斬って死ぬ。鬼になった妹を連れて行くというのはそういうことだ」

お堂において鬼と炭治郎との戦いを見ていた鱗滝左近次は、優しすぎる炭治郎に対して鬼となってしまった妹が人間を食べてしまった際の覚悟を聞いていました。即座に答えられない炭治郎に放たれた名言が上記のセリフとなっています。お面の下の素顔や強さに注目が集まっている鱗滝左近次は、判断が遅い炭治郎にしっかりと覚悟を持たせようとしていました。

鱗滝左近次の名言②「お前を最終選別に行かせるつもりは…」

「お前を最終選別に行かせるつもりはなかった。もう子供が死ぬのを見たくなかった。お前に、この岩は斬れないと思っていたのだが…よく頑張った。炭治郎、お前は、凄い子だ」

アニメ版の声が渋くてかっこいいと人気の鱗滝左近次は、大岩を斬るという最終試練を乗り越えた炭治郎に対して、素直に上記の名言を放って褒めてあげていました。弟子たちが次々と死亡してしまっていた状況で心が折れそうになっていた鱗滝左近次でしたが、心優しく強い心を持った炭治郎ならやれるかもしれないと思うようになります。お面の下の素顔や強さが話題となっている鱗滝左近次の本音が語られた名言となっていました。

鱗滝左近次の名言③「よく、生きて戻った」

「よく、生きて戻った」

自分が大切に育てた弟子たちが手鬼によって次々と死亡していくという現実に心を痛めていた鱗滝左近次の元に、妹を必ず人間に戻すと決めていた炭治郎は無事に帰ってきました。ボロボロの身体を引きずるように帰ってきた炭治郎に目覚めた禰豆子が飛びつき、その二人を天狗のお面を被った鱗滝左近次は、涙を流しながら抱きしめていました。その時に放たれた感動的な名言が上記のセリフとなっています。

Thumb【鬼滅の刃】鱗滝左近次の素顔は公式で発表されてる?お面で隠している理由は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次に関する感想や評価

強さやお面の下の素顔にも注目が集まっている鱗滝左近次がかっこいいと感想を寄せている人もいました。アニメ声優も話題となっている鱗滝左近次は、声が渋くてかっこいいとコメントしている人もいます。厳しい言動が多い鱗滝左近次ですが、それは凶悪な鬼との戦いがどれほど厳しいのかを分からせるものとなっていました。心根が優しい鱗滝左近次は、最終的にはお守りにキツネのお面を彫ってあげています。

22話を見た人は、天狗のお面を被っている鱗滝左近次がいい人すぎてかっこいいと感想を寄せていました。年齢や強さにも注目が集まっている鱗滝左近次は、優秀な弟子をたくさん育てている育手となっています。手鬼によって死亡してしまった弟子の子供たちも多くなっていましたが、皆師匠である鱗滝左近次が大好きだったのです。

全部をさらけ出して生きていくのもかっこいいけれど、ちょっと謎めいている鱗滝左近次みたいな人の方が魅力的だとコメントしている人もいました。掘り下げたくなるような、もっと知りたくなる鱗滝左近次が好きだと感想を寄せていいる人もいます。優しすぎる顔を持っているため天狗のお面を被るようになった鱗滝左近次の素顔を見たいと考えている人もいました。

Thumb【鬼滅の刃】下弦の鬼の豪華声優陣を一覧で紹介!プロフィールや出演したアニメは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鱗滝左近次の年齢まとめ

年齢が明らかになっていない鱗滝左近次は、47年前に手鬼を倒しているため現在では60歳という還暦を余裕で越えているだろうと考えている人も多くいました。優しすぎる顔を持つ鱗滝左近次は、鬼にバカにされたことで生涯に渡って天狗のお面を被るようになります。厳しい言動が披露されている鱗滝左近次ですが、心根が非常に優しいため多くの弟子からも慕われる存在となっていました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ