ワンピースのペドロは生きてる?生存の可能性と爆発・死亡について考察

日本で一番有名な漫画としても知られる<ワンピース>!ルフィの熱い物語が多くのファンを魅了しています。今回特集するのはゾウ編で出会ったミンク族のペドロです。ペドロはゾウの一件が終わるとルフィにホールケーキアイランドまで同行します。しかし、そこで悲劇がおこりました。ペドロはビッグマム海賊団の追撃を押さえるため、自ら爆弾を装備し、大爆発を起こして死亡します。ワンピースでペドロはまだ生きてるのか?生存説を検証します!その他、ペドロの人間関係やゾウ編など画像と共に紹介します!

ワンピースのペドロは生きてる?生存の可能性と爆発・死亡について考察のイメージ

目次

  1. ワンピース・ペドロは生きてる?生存の可能性と爆発・死亡説を検証!
  2. ワンピースとは?
  3. ワンピースは実際の海賊も登場する海賊マンガ!
  4. ワンピースのあらすじ
  5. ワンピースのペドロとは?
  6. ワンピースのペドロのプロフィール
  7. ワンピースのペドロの概要
  8. ワンピースのペドロのミンク族とは?
  9. ワンピースのペドロの強さ
  10. ワンピースのペドロとの出会い
  11. ワンピースのペドロとの行動~ゾウ編~
  12. ワンピースのペドロの過去
  13. ワンピースのペドロ、再びホールケーキアイランドに上陸
  14. ワンピースのペドロの結婚式での活躍
  15. ワンピースのペドロ、自爆を選び死亡
  16. ワンピースのペドロは生きてる?死亡説と生存説を紹介
  17. ワンピースのペドロの人間関係
  18. ワンピースのペドロの魅力
  19. ワンピースのペドロのイラスト画像!
  20. ワンピースの爆発したペドロは死亡or生存?生きてるか考察してみた!

ワンピース・ペドロは生きてる?生存の可能性と爆発・死亡説を検証!

日本でも世界でも絶大な人気を誇る漫画『ワンピース』に関する記事です。今回はそのワンピースの中でもゾウ編で出会ったミンク族の戦士・ペドロの生存について考察していきます。ペドロはホールケーキアイランド編でルフィたちについて行きますが、仲間を逃がすために自ら爆弾を身につけ爆発、死亡したとされています。しかしペドロは本当に死亡したのか?実は生きているのではないかと言われているため、生存説を検証します!

ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)

ワンピースとは?

ワンピースの原作は漫画で、1997年から週刊少年ジャンプに連載されています。作者は尾田栄一郎さんです。連載から2年後の1999年にテレビアニメ化され、以後2018年の現在にいたるまで19年間アニメは放送されています。ジャンプの歴代作品の中でも『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に続いて第2位の長期連載となっており、2018年に900話を突破しました。コミックス単行本は2018年6月現在で89巻まで刊行されています。

国内累計発行部数は2017年10月時点でなんと3億6000万部です。これは日本の漫画では過去最高の発行部数となっています。さらにワンピースの人気は日本だけにとどまりません。海外でも累計発行部数は7000万部を突破しています。66巻の初動週刊売上が国内出版史上最高記録、最も多く発行された単一作家に夜コミックシリーズとしてギネス世界記録になるなど、ワンピースは数々の偉業を成し遂げてきた歴史に残る漫画です。

Thumbワンピースのキャラクター・登場人物一覧!人気キャラランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースは実際の海賊も登場する海賊マンガ!

ワンピースは大海賊時代をテーマとした漫画です。登場人物も実際に過去生存していた海賊が多く登場します。ワンピースの世界でただ1人「偉大なる航路(グランドライン)」を制覇した海賊王ゴール・D・ロジャーという人物がいました。ロジャーは海軍に処刑される寸前、「俺の財宝か?探せ!この世の全てをそこへ置いてきた!」と言い放ちます。これを聞いた海賊たちは「ひとつなぎの大秘宝」を求めて海へと乗り出しました。

Thumbワンピースの懸賞金ランキング!麦わらの一味など最新・完全版ネタバレ一覧 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのあらすじ

イーストブルーのフーシャ村に住んでいる画像の少年モンキー・D・ルフィがワンピースの主人公です。彼もまた「海賊王」に憧れて海賊になりたいと思いを募らせている少年の一人でした。そんなある時、ルフィはフーシャ村に長期滞在していた海賊「赤髪」シャンクスと仲良くなります。そのシャンクスが村の酒場PARTYS BARにおいていた果物のようなものを食いしん坊のルフィはこっそり食べてしまいます。

しかし、これは果物ではありませんでした。画像の不思議なフルーツはワンピースの世界に存在する「悪魔の実」と呼ばれるもので特殊な能力を得る代わりに、海に嫌われてカナヅチになってしまうというものでした。ルフィが食べたのはゴムゴムの実であり、これを機にルフィは全身が伸び縮みするゴム人間になったのです。

その後、ルフィは山賊たちに喧嘩を売ったせいで、捕らえられてしまいます。シャンクスたちがルフィを助けにきますが、負けた山賊はルフィを連れて海へと逃亡、腹いせに泳げないルフィを海へと投げ捨てました。溺れているルフィの近くに来たのは「近海の主」と言われている画像の巨大魚です。この巨大魚に食べられそうになったその時、シャンクスが間一髪のところでルフィを助けました。

「失せろ」シャンクスは巨大魚をにらむと、それに恐れをなした巨大魚は再び海へと帰っていきます。ルフィをなだめるシャンクスでしたが、ルフィは大泣きしています。画像のようにシャンクスには片腕がなかったのです。シャンクスはルフィの命が助かっただけでいいといって、ルフィに自分のトレードマークである麦わら帽子を渡し「立派になって返しに来い」と伝え、出航していきました。

それから10年の時が経ちました。ルフィは17歳になっています。10年間でゴムゴムの実の能力を使いこなせるようになったルフィはいよいよ海賊としてフーシャ村を出航することに決めます。小さな舟に乗って海へ乗り出すと、そこに現れたのは10年前にシャンクスの腕を食らった近海の主です。「ゴムゴムの銃(ピストル)」ルフィはパンチを繰り出して近海の主を倒し、海賊王への道を歩み始めたのでした。

Thumbワンピースの「編」の時系列順番・何巻で読めるか一覧!人気ランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのペドロとは?

ワンピースにはたくさんのキャラクターが登場しますが、今回紹介するのは新世界編で一味と出会い、大活躍をする画像の獣・ペドロです。ペドロはホールケーキアイランドで自らの身に爆弾を巻き付けて爆発、死亡したとされています。しかし、中には生きてる、生存しているとの噂もあるため、ペドロが死亡しているのかそれとも生きてるのかについても触れていきたいと思います。

ワンピースのペドロのプロフィール

ワンピースのペドロは「木の上のペドロ」という異名を持っています。ルフィたちが出会った年齢は32歳です。懸賞金はなんと3億8200万ベリーもついています。ルフィら麦わらの一味がペドロと出会ったのはドレスローザ編の後のゾウ編ですから、ルフィより懸賞金は下であるものの、ゾロより上で一味の中だと2番目に位置する強者です。元々ノックス海賊団という海賊の船長を務めていましたが現在はミンク族戦闘員です。

ワンピースのペドロの概要

今まで載せてきた画像から分かるように、ペドロは男(オス)です。ミンク族で、画像のクジラの森の守護神であるネコマムシの旦那の部隊である「侠客団(ガーディアンズ)」の団長を務めています。なぜ「木の上のペドロ」と言われているのか?それはペドロはよく高ところから辺りを見回し、偵察などを行っていたからです。ノックス海賊団時代にペコムズたちと旅をしていた経験もあります。ノックスとはラテン語で「夜」という意味です。

ワンピースのペドロのミンク族とは?

ワンピースに登場するペドロの種族「ミンク族」とはどんな種族なのでしょうか?ミンク族について紹介します。ミンク族というのは、いわゆる半獣人です。体や顔つきは動物ですが、コミュニケーションは取れますし、二足歩行も可能です。画像のようにぱっと見チョッパーやアラバスタで出会ったようなゾオン系の能力者に見えますが、悪魔の実は食べておらず、ゾウに住む特殊な種族となっています。

ミンク族は非常に戦闘能力が高い種族として有名です。ミンク族の全員が『エレクトロ』と言われる特殊な技を持ちます。これは名前の通り、電気に関する技で、触れた相手に電流を流すものです。その電流もかなりのもので、雑魚キャラであれば一撃で戦闘不能になります。そのような特性を持つことからミンク族は「生まれながらの戦闘種族」「弱者という概念すらない」と言われています。

ワンピースのミンク族の真の姿

ワンピースのミンク族には「真の姿」と言われるものがあります。それが「月の獅子(スローン)」と言われるものです。ミンク族は満月を直視することで、この姿に進化できるようになります。画像はキャロットがスローンになった姿です。満月の光はミンク族を高揚させて、内部にある野生の心を呼び覚ますといわれています。スローンになると、髪の毛が増えて身長が伸びます。そして、戦闘能力も格段に上がります。

しかし、デメリットもあります。スローンはいわば暴走状態なのです。凶暴性が一気に増し、コントロールできなければ一晩中暴れまわります。そして何とそのまま戦いつかれて死亡してしまうのです。スローンに変化しても死亡せずに、生存し続けるには制御する訓練が必要です。しかし、いくら訓練をしても体への負荷が非常に大きいため、長時間の変身はできません。満月の光から目をそらすことで元の姿に戻ることができます。

動物としての側面も多い

ミンク族は半分人間、半分獣ですが、本能的な部分は獣の部分が大きいです。牛のミンクはひらひらと動いているものを見ると突進したくなったり、ゴリラのミンクがバナナが好きなど、動物によって様々です。一方で、ミンク族は「ミンク」というくくりであって「各動物」というくくりではないため、子供はどの獣のミンクが生まれるか分からないようです。犬のミンクから牛のミンクが生まれるということもあります。

ワンピースのミンク族の文化

ワンピースのミンク族には「ガルチュー」という挨拶があります。これはいわゆる、外国人が良くする「ハグ」の様なもので、あいさつ代わりに頬を擦りつけてきます。男女(オス・メス)関係なくするため、サンジはこのことを天国と称していました。個人差はありますが、部族全体で非常に明るく、義理を大切にする人が多いです。人間のことを「毛が薄い猿のミンク」と思っているため、かなり友好的です。

それ以外に特に目立った性格はなく、画像のように宴を楽しむ姿も見受けられます。敵と対面した際に長期戦に持ち込んで作戦を練る聡明な者や、周りに気を遣いながら物事を進めるものもいます。男女(オスメス)で話し方が微妙に違い、相手の事を「そティアら」「ゆガラら」と不思議な呼び方をします。

ワンピースのペドロの強さ

ミンク族自身の戦闘能力が非常に高い上に、ペドロは剣技も一龍であるため高い戦闘能力を誇っています。攻撃スピードが非常に早く、ミンク族が生まれながらに持っている「エレクトロ」を纏った攻撃を仕掛けます。「木の上のペドロ」と呼ばれているように、非常に身軽で移動速度が速いです。普通の敵であれば速すぎて攻撃を当てることができません。また、しっぽを使って空中で軌道を変えることもできます。

仲間は気遣うものの、自身の身にそれほど執着はなく、危険を冒した攻撃も非常に多いです。特に爆弾を使う攻撃は自分も爆発に巻き込まれて志望する可能性がある中で繰り出します。懸賞金は先ほど述べたように3億8200万ベリーで、元弟分、現ビックマム海賊団幹部懸賞金3億3000万ベリーのペコムズと戦えるのはペドロしかいないといわれるほどの実力者です。

詳しくは「ペドロの過去」で後述しますが、昔、懸賞金4億2900万ベリーの現ペコムズの相方・タマゴ男爵と対峙し、左目を奪っています。ホールケーキアイランド編で再びタマゴ男爵と対峙しますが、敵がエレクトロ対策をしているにもかかわらず、ペドロが優勢でその実力は本物です。

ワンピースのペドロとの出会い

ワンピースでペドロがでてくるのはゾウ編からです。総勢5600人を超える「麦わら大船団」を結成したルフィーはサンジやナミたちを追って次の島であるゾウを目指します。このゾウは島という名の超巨大な動物の「ゾウ(象)」であり、1000年以上生きているこのゾウは日々移動してるのでした。一方、先に10日前に象についていたサンジらの前に衝撃の光景が広がっています。ゾウの背中にあった村はすでに壊滅状態にあったのでした。

ゾウの背中にあった国は「モコモ公国」とよばれるミンク族の国でした。ここにワノ国の侍がいるという情報を聞きつけた百獣海賊団の「災害」と称される3人のうちの1人、旱害のジャックが侵攻してきたのです。侍はここにはいないと言い張るミンクに居場所を吐かせようとミンク族とその国もろとも破壊したのでした。辺りにはジャックによって毒ガスが充満していました。そしてその中で生きてる戦士の一人がペドロでした。

ジャックが使った毒ガス兵器は「KORO」というものです。そしてこれはシーザーが開発したものでした。ゾウにはシーザーも同行していたため、早速毒を消すように命令し、中和ガス「ROKO」によって空気中の毒は無くなります。死亡寸前のペドロはなんとかイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那を助けてくれとゾウにたどり着いた一味に伝えます。それでも生きてることが不思議なくらいの状態であったペドロをチョッパーは治療します。

ペドロに言われ、その先に目をやると、そこに映ったのは画像のような光景でした。イヌアラシ公爵はジャックの拷問によって左足を切り落とされています。そしてネコマムシの旦那は左手を切断されていました。二人の戦闘能力はすさまじく、ジャックと同等に戦うほどであり苦戦を強いられたため、毒ガスが使われたのです。チョッパーらは早速磔にされている2人をおろし、かろうじで生存している2人の治療を始めます。

医療の心得がない他のメンバーもチョッパーのつくった解毒薬をもって走り回ります。サンジも料理を作って、ミンク族の人々に振舞いました。そしてイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那の二人ともが眼を覚まし、ようやく国に落ち着きが戻ります。ペドロは麦わらの一味に涙を流しながら感謝するのでした。こうして、ペドロを中心としたミンク族と麦わらの一味衝撃的な出会いを果たしたのです。

ワンピースのペドロとの行動~ゾウ編~

時系列でいうと、サンジたちがゾウに着く前日まで6日間ミンク族とジャックの戦闘が繰り広げられました。そして最後の6日目に毒ガスが使用されます。毒ガスが使用された翌日にサンジらがゾウに到着します。サンジら到着してからルフィらがゾウに到着するまでに要した時間は10日です。そしてこの10日のうちに起こったことと言えば、サンジがビッグ・マムのお茶会に招かれ、一味を離れたことでした。

そのことを知ったルフィらはサンジをビッグ・マムから奪還することを決めます。ペドロを含め、ミンク族は非常に義理堅い種族です。自分の命を岳ではなく、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那、そしてモコモ公国全体を救ってくれた麦わらの一味には返しきれない恩があるペドロは麦わらの一味に同行してサンジの奪還に協力することに決めます。また、ペドロにはビッグ・マム海賊団に関する知識があるのでした。

ワンピースのペドロの過去

ペドロにはどのような過去があるのか考察していきます。実はペドロは海賊王ゴール・D・ロジャーが生きてるときに面識があるのです。時は遡る事26年、ペドロは現在32歳であるため、当時は6歳でした。この時イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那がロジャー海賊団にロードポーネグリフを見せている場にいたのです。ペドロ自身はその時にゴール・D・ロジャーや光月おでんと一緒に海へ出ることを望んでいます。

ワンピースのペドロが17歳の時

しかしロジャーから「お前はまだ待機だ」と言われ、ロジャーが死亡した後もペドロはその時を待つことになります。そして約15年前、ペドロが17歳の時についに行動を起こします。自分が使えるネコマムシの旦那の役に立とうとポーネグリフ探しの旅へと出港するのです。ペコムズも一緒でした。共にポーネグリフを探しに行ったそのミンク族の団体は「ノックス探検隊」と名付けられました。

ネコマムシの旦那のためにでた旅でしたが、実はワンピースの世界ではポーネグリフを研究すること自体が違法行為となっています。これを知らなかったペドロたちは必然的に海賊と同じ扱いになり、懸賞金までかけられてしまいます。こうしてノックス探検隊はノックス海賊団となってしまったのです。そして10年前のペドロ22歳の時、一つの分岐点が訪れます。5年間旅をしていた仲間が疲弊してくるのです。

ワンピースのペドロが22歳の時

そこでノックス海賊団は二手に分かれます。旅を諦めるものはペコムズについて行きました。そして引き続き旅を続けるものはペドロとゼポについていきます。ゼポと言うのはトラファルガー・ローのハートの海賊団幹部ベポの兄です。そして27歳の時、ビッグ・マムのトットランドに到着したとき、そこでペコムズと再会します。ペコムズは旅から離脱した後、ビッグ・マムに助けられ、現在生きてる状態でした。

ワンピースのペドロ、タマゴ男爵と交戦

そこでペドロはポーネグリフを狙ってタマゴ男爵と交戦します。その結果、タマゴ男爵の左目を傷つけることに成功しました。しかし、四皇に敵うはずもなく、最終的には屈します。ビッグ・マムはこれに怒り、死のルーレットを使用、100年分の寿命をよこせと言ってきます。ゼポは寿命30年分を奪われ死亡しました。そこにペコムズがやってきてペドロが生存できるように懇願します。その結果10年減り、残り60年分となりました。

自分の目を差し出すペドロ

それでもなんとしても生存して帰りたかったペドロは、自分がタマゴ男爵から左目を奪ったことを詫びて、自分の左目をえぐり取ります。これに感心したビッグ・マムは奪い取る寿命をさらに10年へらし、50年分としました。ペドロから50年分の寿命が吸い取られます。取られた後もペドロは死亡せずに生存していました。こうしてペドロはぎりぎり生きている状態でゾウに帰還します。ペドロはの生存への執念は敵も一目置いていました。

ワンピースのペドロ、再びホールケーキアイランドに上陸

そんな過去を持つペドロはホールケーキアイランドに再び上陸します。ホールケーキアイランドでは最初、ブルックと二人でロードポーネグリフの写しを手に入れる係を担当します。ブルックと二人でホールケーキ城に侵入しますが、ペドロはここで囮を買って出ました。素早い移動と爆弾を用いた爆発攻撃を繰り出しながら、城の中を混乱に陥れさせます。そのかいもあって見事ブルックはロードポーネグリフの写しを手に入れます。

ペドロ、再びタマゴ男爵と交戦

爆発を利用して逃げ回るペドロでしたがそこに立ちはだかったのがタマゴ男爵でした。因縁の二人は5年ぶりに刃を交えます。「今回は目じゃ済まんぞ!!」お互いの生存をかけた激しい攻防が繰り広げられました。そこにチョッパーたちの助けが入ります。ペドロは得意の爆発攻撃で自爆したと見せかけて、鏡の世界へと逃げました。

ワンピースのペドロの結婚式での活躍

そしてサンジとプリンの結婚式の日がやってきます。早速作戦通り混乱が起き、ペドロが相手にするのはシャーロット家四男のシャーロット・オーブンとなりました。敵はネツネツの実の能力者で体を高熱にして襲っていきます。苦戦していましたが、なんせ広場全体が大混乱を起こしていたため、途中で対峙するのをやめ、ルフィの援護に回っていました。そんな時ホールケーキ城が倒壊するという悲劇が起きます。

脱出を試みた一味でしたが、ペロペロの実の能力者であるシャーロット・ペロスペローが先回りしています。そしてブルックやチョッパーは飴で固められて死亡寸前でした。サニー号も飴で固められたため、脱出不可能になります。

ワンピースのペドロ、自爆を選び死亡

追い込まれた一味を助けるためにペドロはついに決心します。もともとペドロは先が長くありませんでした。現在32歳、ビッグ・マムに50年の寿命を取られたので、実際は82歳と同じです。ペドロは最初から生存して帰るつもりはありませんでした。そこでルフィたちに未来を託し、ペドロは身に着けていた爆弾を使ってペロスペローを巻き込む大爆発を起こします。ペロスペローの能力は解除されるも、ペドロは死亡しました。

ワンピースのペドロは生きてる?死亡説と生存説を紹介

画像のように大きな爆発を起こしてペドロは現時点では死亡したとされています。しかし、ペドロは本当に爆発に巻き込まれて死亡したのでしょうか?実は生きてるのでは?という生存説も存在します。ペドロは死んでるのか、生きてるのか、死亡説・生存説を紹介します!

ペドロ生存説①:回想以外でメインキャラが死亡することはほとんどない

ペドロ生存説の1つ目はワンピースにおいてメインキャラクターが回想以外で死亡することはほとんどないということです。唯一死亡したキャラは画像の頂上戦争時のエースです。ワンピースファンにとっても衝撃の展開であったといわれています。一方で、回想で死亡したとされていたサボですら現在生きてる状況です。ペドロも主要人物になってきたため、爆発を受けても生きてるのではと言われています。

ペドロ生存説②:アラバスタでペルが生きてる

2つ目はアラバスタ編でペルが爆弾を運び、超巨大な爆発に巻き込まれたにも関わらず生きてることから、ペドロも生きてるのではないかと言われています。画像のように完全に覚悟を決めて爆発に巻き込まれたペルですが、その爆発が大きすぎて自身が吹き飛ばされたことで九死に一生を得ました。ペルはゾオン系で、ペドロは獣人であることから体が丈夫という点でも生きてるのでは?と騒がれています。

ペドロ生存説③:寿命は戻る

ペドロ生存説の3つ目は寿命が戻るというものです。これは爆発に巻き込まれて死亡したということとは直接関係ありませんが、ペドロは50年の寿命を奪われたことから実質82歳であり、先が長くないと言われています。しかし、奪われた寿命でビッグ・マムはホーミーズを生み出しており、ペドロの寿命が入ったホーミーズを倒すと寿命を奪い返せるのです。そのこともありペドロの寿命はのび、生きてるのではないかと噂されています。

ペドロの死亡説を紹介

死亡説をいくつか紹介します。1つ目は画像のようにペドロは最初から生きて帰るつもりがなかったことです。ペルは爆弾を運んでいましたが、ペドロは爆弾を着ています。爆発で飛ばされることは無いのではと言われています。2つ目はキャロットが後を継ぐというものです。ペドロの覚悟を受け、キャロットはスローンとなり一味を助けます。キャロットが後を継ぐことで、ペドロの死に意味が出てくるとも考えられています。

ワンピースのペドロの人間関係

ここではペドロの人間関係を紹介します。どのようなキャラクターと関わりがあったのか関係の深いキャラクターを画像と共に紹介します!

ネコマムシ

最初に紹介するのはネコマムシです。ペドロの主人でもあります。ネコの獣人ですが、画像を見る限りライオンや恐ろしい生き物にしか見えません。イヌアラシとともに交代でミンク族の指導者をしています。イヌアラシに対してネコマムシは「夜の王」と言われています。その戦闘能力は恐ろしく、悪魔の実によって獣となった百獣海賊団幹部、懸賞金10億ベリーのジャックすら投げ飛ばす力をもっています。

キャロット

次に紹介するのはキャロットです。同じくミンク族でウサギの女の子です。ペドロと一緒にホールケーキアイランドに麦わらの一味とともに上陸しました。画像のように非常に可愛く楽しい子ですが、繰り出されるエレクトロ攻撃はかなり凶悪です。また、ホールケーキアイランドアイランド編ではスローンに返信し、麦わらの一味の危機を救いました。このスローンの制御はペドロに教わっています。

ペコムズ

ペコムズはビックマム海賊団の戦闘員です。懸賞金は3億3000万べりーとなっています。前述したように、もともとはペドロの弟分で、ロードポーネグリフを追って一緒に旅に出ていました。しかし、途中で別れ、ビッグ・マムに助けられたことでビッグ・マム海賊団の傘下に入ります。ママを盾に強気な言動をとりますが、ペドロには優しいほか、他のミンク族同様義理堅く公国を救った麦わらの一味に感謝しています。

タマゴ男爵

タマゴ男爵はビッグ・マム海賊団の戦闘員です。現在はペコムズとよく行動を共にしています。足長族であるため、画像の通り足が非常に長く、全身ピンクのタキシードにピンクの防止、そしてサングラスをかけています。このサングラスの下にペドロにやられた左目が隠れています。懸賞金は4億2900万ベリーでd、タマタマの実の能力者です。語尾に「ボン」「ジュール」などの不思議な言葉をつける癖があります。

ビッグマム

ビッグ・マムことシャーロット・リンリンは四皇の1人です。四皇の中では唯一の女性となっています。懸賞金は現在不明ですが、初めて懸賞金がついたのが6歳で5000万ベリー、幼少期ですでに5億ベリーと破格の値段がついています。ソルソルの実の能力者で、人の寿命を奪い、その寿命を無機物に埋め込むことで命を与えるという恐ろしい能力です。ペドロやベポの兄であるゼポもこの能力によって寿命を削られました。

Thumbペコムズの行方と今後は?能力・懸賞金や仲間になる可能性は?【ワンピース】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのペドロの魅力

ここまでペドロについていろいろと考察してきましたが、ここでペドロ魅力を調査したいと思います。ペドロの魅力とは一体何なのでしょうか?

ペドロの魅力:とにかく強い!

やはり、最初はペドロがとても強いことです!ミンク族という戦闘民族に生まれ、ネコマムシの軍隊である侠客団の団長を務めるだけあって、その戦闘能力は天下一品です。過去にはビッグマムの前にひれ伏していますが、タマゴ男爵とのタイマン勝負ではペドロが優勢です。懸賞金も3億8200万ベリーと元ノックス海賊団の船長としてふさわしい金額となっています。

ペドロの魅力:漢気がある!

2つ目のペドロの魅力は漢気があるということです。32歳とかなり年齢がいっていることもあって、自分の責任というものに対して非常に重みがあります。助けてもらった恩を返すために行きたくもないホールケーキアイランドに再び上陸し、ブルックとの作戦では囮を引き受け、そして最後は一味を逃がすために自爆までしました。このペドロの姿は男なら誰もが憧れる姿なのではないでしょうか?

ワンピースのペドロのイラスト画像!

そんなかっこいいペドロのかっこいいイラストを紹介します!絵師さんたちはペドロをどのように描いたのでしょうか?

これはモコモ公国がジャックによって壊滅させられたところにチョッパーらが上陸し、ペドロが助けを求めているシーンです。ペドロの真剣さが伝わってくる感動的なイラストになっています。

実際のストーリーとは少し違いますが、サンジを助けるかっこいいペドロが描かれています。男前のペドロに女性も多く魅了されるのではないでしょうか?

ワンピースの爆発したペドロは死亡or生存?生きてるか考察してみた!

ペドロについて多くの事をまとめてみました。自爆を選んで爆発に巻き込まれたペドロですが、死んでしまったのでしょうか?それとも生きているのでしょうか?ワンピースはついにワノ国編へと入りました。ペドロがもし生きているならここで再登場する可能性があります。今後のワンピースから目が離せません!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ