【ボルト】 ミツキの声優は木島隆一!ヒプマイなどの出演作品や演じたキャラを紹介

『ボルト』のミツキの声優は木島隆一であり、ヒプマイなどのアニメ出演作品などで高い評価を獲得しています。木島隆一の演じたキャラも好評を博しており、ヒプマイでの活躍で大ブレイクを果たしています。今回は人気アニメ『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)』の人気キャラクター・ミツキの声優・木島隆一の基本情報やヒプマイなどの出演作品、ミツキの魅力や正体、ネット上の感想などを紹介していきます。

【ボルト】 ミツキの声優は木島隆一!ヒプマイなどの出演作品や演じたキャラを紹介のイメージ

目次

  1. ボルトのミツキとは?
  2. ボルトのミツキの声優は木島隆一!出演アニメも紹介
  3. ボルトのミツキの親や正体
  4. ボルトのミツキのかっこいい魅力
  5. ボルトのミツキの声優に関する感想や評価
  6. ボルトのミツキの声優まとめ

ボルトのミツキとは?

『BORUTO(ボルト)』の謎多き仲間として登場するミツキは圧倒的な人気を獲得しており、美少年忍者として注目されています。特に今注目されているのは、アニメ『BORUTO(ボルト)』でミツキ役を担当した声優であり、2020年には『ヒプマイ』の愛称で知られるラップアニメで大ブレイクを果たしたことで再注目されています。ここではまずミツキが登場する『BORUTO(ボルト)』の基本情報を見ていきましょう。

BORUTO(ボルト)の作品情報

『BORUTO(ボルト)』は超メガヒット漫画『NARUTO -ナルト-』の続編にあたるスピンオフ作品であり、アニメや漫画、劇場版などで展開されたヒット作品です。世界中でヒットした『NARUTO -ナルト-』の続編なので圧倒的な注目が集まっている作品となっていて、数多くの魅力的なキャラクターを生み出している作品として知られています。

BORUTO(ボルト)の概要

『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)』は『NARUTO -ナルト-』の作者である岸本斉史が原作・監修を担当し、長年アシスタントを務めた池本幹雄が作画を担当しています。まず劇場版として公開されて、その後『週刊少年ジャンプ』で2016年23号から2019年28号まで月一回の連載がなされて、現在は『Vジャンプ』に移籍して連載されています。

BORUTO(ボルト)のあらすじ

ボルトは里の英雄にして、七代目火影となった『うずまきナルト』の息子として親への反感を覚えながら生活していました。忍者の世界にも平和が訪れており、里同士は友好的な関係を築きながら新たな世代へと時代は移っていました。そんな中でも下忍としてボルトは様々な任務をこなしており、サスケとサクラの娘であるサラダ、謎めいた存在であるミツキと共にスリーマンセルを組み、中忍試験に臨もうとしていました。

ミツキのプロフィール

ミツキのプロフィールを紹介していきます。『新世代木ノ葉忍』の一人であり、木ノ葉の里ではうずまきボルトとうちはサラダとのスリーマンセルを組んでいます。ミツキはいまだに秘密が多いですが、誕生日は7月25日、好きな食べ物はスクランブルエッグ趣味はデータブックや読書、カードゲームという事が公表されています。初登場回は『七代目火影と緋色の花つ月』であり、謎の存在としてキーパーソンとなっていました。

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ボルトのミツキの声優は木島隆一!出演アニメも紹介

ここからは『ボルト』のミツキの声優である木島隆一について見ていきましょう。実力派の声優として知られる木島隆一のアニメ出演作も紹介していきます。木島隆一はアニメ出演作の他に話題になる一面を持っています。木島隆一はアニメ声優としても評価が高まっていますが、『豚』に関しては声優界の仲間やファンからも『豚好き声優』として認知されている変わり者として知られています。

木島隆一のプロフィール

木島隆一(きじまりゅういち)は1985年3月29日生まれの35歳(20202年現在)の男性声優であり、『マウスプロモーション』に所属しています。北海道出身、江陵高等学校卒業、血液型O型であることを公表しており、マウスプロモーションの養成所で声優としての基礎を固めました。声優としての活動を本格化させたのは2010年からであり、芸歴は10年目を迎えて中堅声優として高い評価を獲得しています。

木島隆一のヒプマイなどの出演作品や演じたキャラ

木島隆一の出演作品や演じたキャラをまとめていきましょう。木島隆一のデビュー作は2010年の『オオカミさんと七人の仲間たち』のモブキャラであり、その後『けいおん!!』の夜店店主などの出演作でキャリアを築きます。その後、2014年までは『NARUTO -ナルト- 疾風伝』や『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』などでモブキャラやゲストキャラクターの声優としての仕事をこなしていきました。

木島隆一がブレイクし始めたのは2015年ごろであり、この年には『ゴッドイーター』の空木レンカや『GON -ゴン-』のリーダーなどの出演作でメインキャラクターをこなしました。2016年には『タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜』の水城旬、2017年には『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のミツキで業界内でも高い人気を獲得しました。

2017年に始まったラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』に起用され、伊弉冉一二三を演じました。2020年にはアニメ『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』でも伊弉冉一二三を演じ、木島隆一の代表作となりました。女性恐怖症のホストという難役を見事に演じ、ラップなどの歌唱もファンに絶賛されました。2019年に『なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-』で演じた文殊菩薩と共に、木島隆一の代表作とみなされています。

木島隆一の夢は豚?

木島隆一の独特な一面として知られているのが『豚になりたい』と明言するほどの豚好きです。声優界随一の豚好きとして広く知られており、イベントやラジオなどでも『豚好き』と語るなど自他ともに認める豚大好き声優となっています。豚をテーマにした初の冠番組である『木島隆一のこのブタ野郎』を2019年に始め、『豚になりたいんです』と本人が主張したために、このタイトルになったことを明かしています。

Thumbボルト(BORUTO)の登場人物・全キャラクター一覧!親や家族構成・声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ボルトのミツキの親や正体

ここからは『ボルト』のミツキの親や正体などを見ていきましょう。ミツキは『ボルト』の世界でも異質の存在であり、その正体はナルトファンならば見逃せないものとなっています。ボルトともサラダとも違った悩みを抱えており、作中で成長していく姿が描かれ好評を博している存在となっています。

ミツキの親は大蛇丸?

ミツキの親は「伝説の三忍」の一人である大蛇丸です。大蛇丸は若いころは三代目火影の弟子としてその才能を遺憾なく発揮し、その後危険な思想のため里を追われた大罪人でした。サスケを闇の世界に誘い、様々な人体実験を繰り返した存在として恐れられていました。第四次忍界大戦後には、自身の実験に没頭しており、その目的は新たな命を作り出すことでした。

ミツキの初登場は劇場版『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』であり、その時は謎の能力と下忍とは思えない強さを持っている存在として描かれていました。その出自についても明かされていないため、公開前には何らしらの秘密を抱えていると推測されていました。そして、『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』のオチとしてミツキの親が大蛇丸であることが明かされます。

大蛇丸が母親なのか父親なのかについては明かされていないので、大蛇丸と面識のあるサラダは大いに混乱していました。大蛇丸は人体に強い興味を持っているので、ミツキもただの人間である可能性は低いと考えられていました。

ミツキの正体は人造人間?

ミツキの正体はいわゆる「人造人間」であることが読み切り外伝『満ちた月が照らす道』で明かされました。特殊な『胚』から作られた生命体であり、幾度の失敗を経てミツキは人間の肉体と心を持って生まれました。ミツキの本当の名前は『巳月』であり、大蛇丸によって命名されています。大蛇丸の実験室には何体もの『ミツキ』と同じ実験体が保存されています。

ボルトもサラダもその出自については悩みを抱えており、偉大過ぎる両親の存在に苦悩する場面も多く描かれていますが、ミツキはそれ以上に自身のアイデンティティーについて悩みを抱えています。人造人間として急速に成長しており、大蛇丸が切望していた人間らしい感情を獲得しています。

Thumbナルトのミツキの父親は大蛇丸?その正体や仙人モードの強さ・忍術を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ボルトのミツキのかっこいい魅力

ここからは『ボルト』のミツキのかっこいい魅力をまとめていきましょう。ミツキはクールなイケメンであり、かっこいい魅力が多いキャラクターとしても知られています。主人公であるボルトとの関係性は良好となっていて、強さなども注目されています。圧倒的な戦闘センスと優しい心を持つ特殊な存在として人気の高いキャラクターとなっています。

ミツキの魅力①ボルトが好き

ミツキのかっこいい魅力①は『ボルトが好き』です。ミツキは大蛇丸からボルトについて聞き、強い興味を示していました。実際に、アカデミーや任務でボルトと接するようになってからは『ボルト好き』を隠さなくなっています。ボルトのために隠していた力を使ったり、一つ一つの仕草を分析したりなどボルトに事が気になってしょうがない一面を見ています。

ミツキの魅力②仙人モード

ミツキのかっこいい魅力②は『仙人モード』です。ミツキは生まれながらに仙人モードを会得していることが判明していますが、あまりにも圧倒的な力のため周囲には隠しています。しかし、ボルトの危機を救うために、これまで隠していた『仙人モード』に変身するシーンは多くのファンに好評な名シーンとなっています。

ThumbBORUTO(ボルト)の声優一覧!主要登場人物や過去キャラも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ボルトのミツキの声優に関する感想や評価

ここまではヒプマイなどのアニメ出演作や魅力を見ていきましたが、ここからは『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』のミツキの声優・木島隆一に関するネット上の感想や評価などを紹介していきます。ボルトの親友であり、仲間であるミツキの声優はネット上でも注目されており、その出演作での演技やヒプマイでの活躍、豚好きの声優としての一面が注目されるなど様々なことが話題になっています。

ボルトのミツキの声優は大ブレイク中!

ボルトのミツキの声優・木島隆一は大ブレイク中であり、ヒプマイ声優として大注目の存在となっていま。ネット上には『木島隆一はヒプマイで大ブレイクしてんな』という声や『木島隆一はいま大ブレイク中のヒプノシスマイクの伊弉冉一二三の声帯』という声、『木島さんマジでブレイクしてやがるな』という声などが挙がっています。

木島隆一のラップがスゴイ!

木島隆一のラップがスゴイということも大きな話題になっています。ラップシーンが見どころである『ヒプマイ』では圧巻のラップシーンを見せて、ヒプマイファンに絶賛されました。ネット上には『木島隆一は歌だけじゃなくてラップパートも上手い』という声や『木島さん、ラップパートも完璧だったな』という声、『ミツキの中の人がラップしてるの、私も最初気づかなかった』という声などが挙がっています。

木島隆一といえば『豚』?

木島隆一といえば『豚』というファンも多くいます。木島隆一は声優界きっての豚好きとして知られており、自身のラジオ番組にも『豚』という言葉を入れたほどです。そのためネット上でも豚好きに関する感想が多く集まっています。ネット上には『木島隆一といえば豚だよな』という声や『豚推しの木島隆一さん!』という声、『木島隆一と豚は切っても切れない関係なんだよな』という声などが挙がっています。

ミツキの演技も好評!

ミツキの演技も好評を博しています。ミツキは『ボルト』の中でも人気のメインキャラクターであり、複雑な生い立ちであるミツキを見事に演じました。ネット上には『ミツキのクールな演技がめっちゃ好きなんだよな』という声や『演技力は半端ない!木島さんを好きでよかったしミツキを好きになってよかった』という声などが挙がっています。

木島隆一の演じ分けがスゴイ!

木島隆一の演じ分けがスゴいと絶賛されています。静かでミステリアスなミツキとラップを歌うホスト・伊弉冉一二三を見事に演じ分けている木島隆一にはファンからも驚きの声が集まりました。ネット上には『一二三君とミツキ君同じ声だ 木島さんだ』という声や『木島さんてボルトのミツキのイメージだったから一二三ですごい違うからほんと演技すごってなった』という声などが挙がっています。

Thumbボルトの淨眼(右目)の正体・能力とは?開眼の経緯や白眼との違いも考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ボルトのミツキの声優まとめ

今回は人気アニメ『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)』の人気キャラクター・ミツキの声優・木島隆一の基本情報やヒプマイなどの出演作品、ミツキの魅力や正体、ネット上の感想などを紹介してきました。ミツキは独特の存在感を放つキャラクターなので、ミツキの声優の木島隆一にも注目してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ