【約束のネバーランド】バイヨン卿が狩猟場を運営する理由は?最後は死亡した?

約束のネバーランド(約ネバ)にはバイヨン卿というキャラクターが登場します。バイヨン卿は約束のネバーランドでは鬼として登場し、レウウィスというキャラクターとも深い関係があります。そんなバイヨン卿の最後の死亡シーンや、様々な情報をまとめてご紹介していきたいと思います。バイヨン卿はレウウィス大公と親しい関係にあり、二人は約ネバの物語の中で重要キャラとして活躍しました。重要鬼キャラクターであるバイヨン卿とレウウィスについて注目です。

【約束のネバーランド】バイヨン卿が狩猟場を運営する理由は?最後は死亡した?のイメージ

目次

  1. 約束のネバーランドのバイヨン卿とは?
  2. 約束のネバーランドのバイヨン卿の過去や狩猟場を運営する理由
  3. 約束のネバーランドのバイヨン卿の最後は死亡した?
  4. 約束のネバーランドのバイヨン卿の謎を考察
  5. 約束のネバーランドのバイヨン卿の権力を考察
  6. 約束のネバーランドのバイヨン卿に関する感想や評価
  7. 約束のネバーランドのバイヨン卿まとめ

約束のネバーランドのバイヨン卿とは?

約束のネバーランドにはバイヨン卿というキャラクターが登場します。バイヨン卿は約束のネバーランドの作中では重要キャラクターの一人として登場していた人物なので、バイヨン卿について知ることで物語をより楽しむことが出来ます。

約束のネバーランド(約ネバ)の作品情報

約束のネバーランド(約ネバ)の概要

約束のネバーランドとは約ネバという愛称で親しまれている超人気漫画作品です。約束のネバーランドは食料として育てられている人間の子供たちが脱出する為に活動するという内容の作品になっており、作中には鬼と呼ばれている人間を食べる化け物が多数登場します。3人の天才的な頭脳を持っている少年・少女たちが、頭脳を使って鬼と戦いそして生き延びていくハラハラドキドキの物語を楽しむことが出来ます!

約束のネバーランドは現在アニメ化もされており、テレビアニメ版は一期の放送が終わり二期の放送も決定しています。原作は既に完結していますが、実写映画作品の製作&公開も決定し今後は映像作品が注目を集めていくことが予想出来ます。今後も盛り上げっていく作品が約束のネバーランドです。

約束のネバーランド(約ネバ)のあらすじ

3人の天才的な少年少女エマ・ノーマン・レイが生活している孤児院のGFハウスは、他にも30人ほどの子供たちが何不自由なく生活しています。そんなGFハウスのルールはただ一つ「ハウスの敷地から出てはいけない」だけです。ある日コニーという子が里親が決まったのでハウスを旅立つことになりました。コニーはママのイザベラに連れられて敷地の外に続く門へと向かいました。ノーマンとエマはコニーがぬいぐるみを忘れてたので届けに行きます。

コニーの元へ着いたエマとノーマンは、ぬいぐるみを渡すためにコニーがいるであろう迎えの馬車の荷台を覗きます。そこには死んでいるコニーが乗っており、ママが誰かと会話しながら戻ってきます。ママが会話している人物は鬼で、子供たちは鬼の食料としてハウスから出荷されていました。エマとノーマンは隠れてハウスに戻り、そしてレイを仲間に加えてハウスからの脱出を目指します。

バイヨン卿のプロフィール

バイヨン卿とは約束のネバーランドに登場する鬼の一人です。約束のネバーランドに登場する鬼というのは様々なランクがあり、鬼の中にも地位が存在しています。バイヨン卿は鬼の中でも貴族階級に位置しており、様々な鬼を従えている人物となっています。バイヨン卿は鬼の中でも貴族という事もあり、風格漂う人物で言葉遣いなどにも上品さを感じることが出来ます。バイヨン卿は農園を管理している鬼の一人です。

約束のネバーランドの世界は鬼と人間の世界が存在しており、1000年前に二つの世界は交わらないように別たれています。その時代からバイヨン卿は鬼の世界で作られた人間の農園を管理する一族に選ばれ、そしてバイヨン卿は長年にわたって管理し続けて約束のネバーランドに登場した現在も鬼として食用児たちを恐怖に陥れています。

Thumb【約束のネバーランド】アニメの続きを漫画で読むなら何巻から?その後のあらすじは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿の過去や狩猟場を運営する理由

今から約束のネバーランドに登場するバイヨン卿の過去や狩猟場を運営する理由についてご紹介していきたいと思います。バイヨン卿は他の鬼の農場を管理している鬼たちとは違っており、農園という形ではなく狩猟場として人間の子供たちを管理しています。なぜ圧倒的に人間よりも強い鬼であるバイヨン卿達は農場ではなく狩猟場という形で子供たちを管理しているのかはバイヨン卿の過去に隠されています。

バイヨン卿の過去

バイヨン卿は鬼としては生粋の戦闘民で、人間と鬼が共存していた世界の時に鬼として人間を狩り続けていた人物です。バイヨン卿は人間を食べることに対して生きがいを感じており、人間を食べることだけではなくバイヨン卿は人間を「狩る」という事が好きでした。後に鬼と人間の世界が分けられた時にバイヨン卿は自分の生きがいに対して疑問を持つようになっています。

バイヨン卿は人間と戦う鬼の中でも左京クラスの強さを持っており、そして他の鬼からも尊敬される戦闘民として慕われていました。しかし毎日農場から送られてくる人間の調理された肉を食べ、農場を管理する立場になっていたのでバイヨン卿はレウウィス大公という人物から馬鹿にされてしまいます。そんなことが過去にあったバイヨン卿は農園を管理する立場を放棄しています。

バイヨン卿が狩猟場を運営する理由

バイヨン卿は元々農園を管理している人物で、人間の肉を安定して食べている鬼でした。しかし農園から送られてくる人間の肉を食べる生活に飽き飽きにしています。バイヨン卿は農園を管理することを辞めており、狩猟場を管理することを考えて狩猟場を作り出しました。バイヨン卿の作り出した狩猟場というのは一部の鬼しか知らない場所であり、秘密で運営されているのでほとんどの鬼は知りません。

バイヨン卿は人間の肉を食べることには固執しておらず、人間を狩ってそのうえで肉を食べることに意味があると考えています。農園から送られてきた肉を食べてもバイヨン卿は「味がしない」と呟いていました。狩猟場で生きた命を狩ってから食べることで、バイヨン卿は自分が鬼として生きていることを実感しています。バイヨン卿にとって農場から送られてくる肉を食べて生きていくことは、死んでいるのと同じのようです。

Thumb【約束のネバーランド】ノーマンは出荷後も生きてる?ミネルヴァ説と生存の理由を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿の最後は死亡した?

約束のネバーランドに登場するバイヨン卿は最後はどうなってしまったのかについてご紹介していきたいと思います。約束のネバーランドの作中でバイヨン卿は重要キャラクターとして主人公たちと戦っており、約束のネバーランドの見どころシーンを多く作り出しています。バイヨン卿は約束のネバーランドの作中で最後はどのようにして死亡したのかなどの死亡説に関する情報に注目です!

死亡説①倒れた場所はゴールディ・ポンドの敵の本拠地

約束のネバーランドの作中にはゴールディ・ポンドという場所が登場します。ゴールディ・ポンドとは約束のネバーランドの作中ではバイヨン卿の管理している秘密の狩猟場が存在している場所です。ゴールディ・ポンドは超危険地帯で、一度ゴールディ・ポンドで狩猟場に入れられてしまうと脱出は困難になります。そんなバイヨン卿のゴールディ・ポンドにてバイヨン卿は死亡して最後を迎えています。

死亡説②食用児達の反乱

バイヨン卿の管理している狩猟場というのは、鬼であるバイヨン卿達がより人間を狩ることを楽しめるために狩猟場に閉じ込めている子供たちに武器を渡し戦いになるように物資を調達させています。なので狩猟場にいる子供たちは常に鬼が狩場にやってくると戦いを繰り広げていました。鬼たちは常に子供たちとの戦いを楽しみ、そして子供たちは犠牲者を出しつつも何とかグループとして固まって生き続けています。

そんな約束のネバーランドに登場するバイヨン卿の狩猟場の戦いですが、遂に子供たちが鬼たちを倒すために作戦を練り上げてバイヨン卿を含めた強力な鬼たちの予想もつかないような戦いを仕掛けて反乱を起こしました。狩猟場にて常連としてやって来ていた鬼が子供たちに殺されます。鬼の弱点は子供たちには知られてないと思っていましたが、実は子供たちを手引きしているルーカスという大人が居て、その人物の入れ知恵で反乱が成功しました。

死亡説③ザックとの戦い

約束のネバーランドの作中で発生したバイヨン卿達との戦いのシーンでは、子供たちは様々な作戦を立ててバイヨン卿達を打倒しようとしました。子供たちの中にはザックという鬼を倒せるほどの強さを持っている少年が居て、ザックはバイヨン卿に対して毒で攻撃を仕掛けます。毒攻撃によってバイヨン卿の動きを止めてトドメヲ刺すという予定でしたが、バイヨン卿は何故か毒攻撃を受け付けない鬼でした。

ザックは約束のネバーランドの作中でバイヨン卿を仕留めるためにはアドリブで作戦を作って成功させるしかない!と考え、自らをおとりにしてバイヨン卿を子供たちの基地に誘導しました。バイヨン卿は狩りの興奮もありザックの作戦にまんまとハマってしまいます。バイヨン卿は人間の子供なら通れるような狭い通路を通って無理やりザックを追ってきたので、バイヨン卿のたどり着いた基地は鬼であるバイヨン卿にとっては身動きが取れません。

死亡説④最後の戦い

バイヨン卿の約束のネバーランドの作中での最後は子供たちによって討ち取られてしまうという最後でした。子供たちは作戦を成功させて基地にバイヨン卿をおびき出し、そこでバイヨン卿は身動きが取れないまま子供たちを指揮していたルーカスとオリバーに挟まれて弱点に銃で攻撃を受けました。バイヨン卿は弱点の核を攻撃されつつも、狩りを通じて自分の生命を感じることが出来たので「楽しい」と心の中で呟きました。

約束のネバーランドの作中には、様々なキャラクターが登場しますがその中でも鬼として人間を食べている人物たちは人間を食べることに関しては、食べることが出来れば何でも良いという人物しかいません。しかしバイヨン卿は人間と戦いそして食べるという事が鬼として生きている証と考えていました。人間にとって悪人のバイヨン卿ですが、憎めない鬼としての生き様を通していたので最後までカッコイイ生き様を魅せつけていました。

Thumb約束のネバーランドのママ・イザベラの魅力や過去とは?死亡説や生きている可能性は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿の謎を考察

約束のネバーランドの作中に登場するバイヨン卿はレウウィス大公という重要人物と深い関係があります。バイヨン卿の謎について考察していきましょう!バイヨン卿はレウウィス大公とは作中で親しい関係であることが予想できるシーンが描かれており、どんな関係なのか非常に気になります。バイヨン卿は重要キャラクターとして約束のネバーランドで活躍しますが、レウウィス大公も同じくらい重要キャラなので二人の関係について迫っていきましょう!

考察①レウウィス大公との関係

レウウィス大公とは約束のネバーランドの作中に登場する鬼キャラクターの一人です。レウウィス大公は黒い衣服と帽子を着用しており、約束のネバーランドに登場する鬼の中ではバイヨン卿と同じく貴族階級に位置しています。レウウィス大公は貴族の中でも特に強い鬼で知られており、かつて人間と鬼が共存していた世界では人間を狩ることに対してだれよりも強く心が惹かれている人物が約ネバのレウウィスでした。

レウウィス大公とバイヨン卿は実は旧知の中でお互いに人間と鬼が共存していた世界の時は、鬼として人間を狩ることに最も喜びを感じていました。しかし人間と世界を分けた後には、レウウィスはバイヨン卿が多数の農場を管理している鬼になったということを嘆くシーンがありました。レウウィス大公だけはバイヨン卿が本当は人間を狩って鬼としていきたいと感じているのを理解していたようです。

考察②バイヨン卿の強さは?

バイヨン卿は鬼の中でもトップクラスの強さを持っているキャラクターです。バイヨン卿はレウウィス大公ほどではありませんが、戦略を立てて敵と戦うことを得意とし更に身体能力も非常に高いので一筋縄で倒せる鬼ではありません。作中では入念に作戦を立てて反乱を起こした狩猟場の子供たちの作戦も、バイヨン卿は打ち砕いて子供たちの中でもリーダー格の人間たちに重傷を負わせていました。

鬼として登場するキャラクターの中ではトップ3に入っているであろう実力者のバイヨン卿は、鬼として人間と戦い続けていたので他の鬼よりも野生に近い感性を持っていました。他の鬼たちは農園で生産されている人間たちの肉を食べて生きていますが、バイヨン卿の場合は秘密の狩猟場で子供たちと生死をかけた戦いを繰り広げていたので、鬼としての戦闘力に磨きがかかっています。

Thumb約束のネバーランドのフィルの正体をネタバレ!死亡の可能性・その後や伏線を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿の権力を考察

約束のネバーランドに登場する鬼であるバイヨン卿の権力などについてご紹介していきたいと思います。バイヨン卿は鬼の中でも貴族なのでかなりの権力を持っています。鬼の中でも階級が分けられており、上位階級である貴族のバイヨン卿はどれほどの権力を持っているのか非常に気になります。バイヨン卿の権力が気になる!という方はバイヨン卿の権力についての考察内容をチェックしてみて下さい!

考察①特権とは何?

バイヨン卿のような貴族鬼たちの特権としては高級農園の人間の肉を食べることが出来るということです。人間が農場で育てられている約束のネバーランドの世界は、人間を飼育している農園が多数あります。その中でも自分の意志を持っている子供たちというのは良い環境で育てられた子供たちで、高級農園の商品です。そういった高級農園の人間というのは、バイヨン卿のような貴族の鬼でしか食べることが出来ません。

バイヨン卿に与えられている特権は他の鬼にとっては喉から手が出るほど欲しい特権となっており、普通の平民の鬼たちはチューブで繋がれて意思もなく人間として最低の扱いを受けて育てられた食用児しか食べていません。バイヨン卿に与えられている特権というのが特別である証明の出来るエピソードとしては、高級農園から生きた人間を仕入れて狩場を作っているという点です。

考察②地位・資金はどうやって得た?

約束のネバーランドの作中で人間は鬼にとって特別な存在である!ということを鬼であるソンジュは語っていました。約束が築かれる以前の世界は、鬼にとって人間は狩らなければ手に入らない存在で、もちろん人間はそのころは大人の男性などもいるので今よりもかなりの勢力で鬼に対抗していました。なので鬼にとって人間の肉というのは貴重な食糧であり、そんな人間の肉をバイヨン卿の一族は売り払って資金を得ていたのかもしれません。

人間の肉を一定供給することが出来る一族という事で、鬼の中でも貴族として成り上がりそして人間の世界と約束を結んで決別した後には、人間の肉を供給する為に農場を任されるようになったのではないでしょうか。鬼のトップに君臨しているのは、鬼の中でも最強の強さを持つ存在である女王です。バイヨン卿は女王たちからも信頼されている貴族として君臨しています。

Thumb約束のネバーランドとドラマ・私を離さないでが似ている?それぞれの設定を比較紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿に関する感想や評価

上記のバイヨン卿に関する感想をツイッターに投稿されている方は、約ネバの物語はバイヨン卿が登場する物語が好きだ!という感想を投稿されています。約ネバの作中でバイヨン卿が登場するゴールド・ポンドのエピソードは最初から最後まで楽しめる人気エピソードです。バイヨン卿は約ネバの作中での戦いで最後は死亡してしまいましたが、鬼として最後までプライドを持って生き抜いていましたので人気キャラとして死亡しています。

上記のバイヨン卿に関する感想をツイッターに投稿されている方は、約ネバの作中に登場するキャラクターの中ではバイヨン卿がかなりカッコイイキャラクターだから見てほしい!という感想を投稿されています。バイヨン卿は鬼の中でも死亡する最後まで鬼として生き抜いており、鬼として人間と向かい合って生きていました。自分の鬼としての生きがいを最後まで貫き通していたバイヨン卿の死亡シーンに惹かれたファンも多いかもしれません。

上記のバイヨン卿に関する感想をツイッターに投稿されている方は、バイヨン卿のデザインがカッコ良くて好きだという感想を投稿されています。バイヨン卿はかなり強い鬼として主人公たちの前に立ちふさがり、そしてスマートでカッコいいデザインなので戦闘シーンも映えます。鬼の中でも貴族ということもあり、バイヨン卿は風格ある姿のキャラクターとして描かれていますので、バイヨン卿が好きな方が多いかもしれません。

Thumb約束のネバーランドへの海外の反応は?最終回第12話の感想や第2期放送決定の反応 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

約束のネバーランドのバイヨン卿まとめ

約束のネバーランドに登場するバイヨン卿の最後の死亡シーンや様々な情報についてまとめてご紹介しました。約束のネバーランドは約ネバという愛称で親しまれており、現在は完結している人気少年漫画です。約ネバは鬼の世界に食料として育てられている子供たちの物語を描いており、作中では多くの子供たちが鬼によって殺されてしまいます。約ネバは衝撃の展開を多くご覧になることが出来る作品になっています。

バイヨン卿は約ネバの作中では鬼として人間の子供たちを管理している人物です。そんなバイヨン卿ですが、狩猟場を作って疑似的に人間の狩りを楽しんでおり、人間と鬼が共存していたころの世界の戦いを堪能しています。バイヨン卿は武器を使って抵抗してくる子供たちとの戦いを3日に1度は行っているので、戦いの感は鈍っておらず鬼の中でもトップクラスの強さを持っています。ですがバイヨン卿は最後に死亡しています。

バイヨン卿は自分が狩場で管理している子供たちに逆襲を受けてしまい、逆に罠にはめられて最後は死亡しています。バイヨン卿は最後に死亡する時に「楽しい」と感じており、かつて鬼として人間と対等に戦っていた時代を思い出していました。バイヨン卿は最後の死亡シーンに一番の幸福を感じています。バイヨン卿のように魅力的なキャラは多く登場するので、約ネバは新作アニメも控えているのでファンの方は最新情報に注目しておきましょう!

TVアニメ「約束のネバーランド」公式サイト

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ