【ブリーチ】灰猫は松本乱菊の斬魄刀!解号は「唸れ灰猫」!卍解や能力・技を考察

BLEACH(ブリーチ)で気分屋でわがままで馬鹿でぐうたらと言われている灰猫は、松本乱菊が愛用している斬魄刀となっています。その性格はお酒が大好きな乱菊にそっくりだとも言われていました。「唸れ灰猫(うなれはいねこ)」が彼女の斬魄刀の解号となっています。刀身を灰とすることができる灰猫は、幼馴染みである市丸ギンの斬魄刀である卍解の解放時での神殺鎗と似たような能力を持っていました。そこで、BLEACH(ブリーチ)で気まぐれな性格である灰猫の卍解や能力、さまざまな技を考察していきます。

【ブリーチ】灰猫は松本乱菊の斬魄刀!解号は「唸れ灰猫」!卍解や能力・技を考察のイメージ

目次

  1. ブリーチの灰猫を使う松本乱菊とは?
  2. ブリーチの灰猫は松本乱菊の斬魄刀!解号は?
  3. ブリーチの灰猫の卍解や能力・技
  4. ブリーチの灰猫を使う松本乱菊の戦績
  5. ブリーチの灰猫を使う松本乱菊のかわいい魅力
  6. ブリーチの灰猫を使う松本乱菊の声優
  7. ブリーチの灰猫に関する感想や評価
  8. ブリーチの灰猫まとめ

ブリーチの灰猫を使う松本乱菊とは?

BLEACH(ブリーチ)でわがままでぐうたらな灰猫を斬魄刀として扱っている松本乱菊は、十番隊において副隊長を務めていながらも仕事をよくさぼっているために十番隊で隊長を務めている日番谷冬獅郎によく叱られていました。上司であり後輩の日番谷冬獅郎は、身長が133㎝と非常に小柄でありながら天才的な能力を持っていたのです。神童と呼ばれた彼は隊長に史上最年少で就任しています。

かつて、不真面目な上司であった一心に仕えていた乱菊は、上司には振り回され、部下で後輩である日番谷冬獅郎からはため口で生意気な口を利かれかなり苦労していたのです。しかし、現在は立場が逆転し仕事をさぼってはよく上司となった日番谷冬獅郎から注意をされるようになりました。そこで、気分屋で馬鹿な性格を持っている灰猫(斬魄刀)での卍解状態の際の能力や技、解号などを考察していきます。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

全698話(686話+過去編12話)に渡って展開され全74巻まで刊行された「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプによって2001年36・37合併号~2016年38号に渡って連載された漫画となっています。広島県安芸郡出身の漫画家である久保帯人さんによって描かれたBLEACH(ブリーチ)では、母の仇を討つために死神になった黒崎一護が常に険しい表情をしながら虚を倒すために仲間と共に奮闘している姿が描かれていました。

漫画以外にゲームやテレビアニメとしても展開されているBLEACH(ブリーチ)は、「BLEACH “B” STATION」という関連ラジオ番組が2005年4月~2010年12月にかけて製作、放送され注目を集めました。単行本の作中や巻頭に時々詩を使用しているBLEACH(ブリーチ)は、1億2000万部の世界累計発行部数を記録しており、世界中で熱烈な支持を集める作品へと成長しています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

霊感が非常に強い黒崎一護は純粋な人間ではない、特殊な血統の持ち主でした。そんな彼は太陽のように明るく優しい母親を人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)によって亡くします。凶悪な虚は死神にならないと殺すことができないと知った彼は古風な言葉遣いをするルキアから死神の力を借りながら次第に死神としての力をつけていきました。彼は母の死の張本人となった諸悪の根源の命を絶つべく戦うことになります。

松本乱菊のプロフィール

BLEACHで仕事をよくさぼっては怒られている灰猫は、護廷十三隊において十番隊の副隊長を務めています。かつての上司であった隊長は志波一心(現在:黒崎一心)でしたが、彼は自分を庇って虚化してしまった真咲を助けるために死神の力を使い果たし人間となりました。そのため、彼の後任となる隊長は年齢的には彼女でしたが、上司である一心から隊長の器ではないと言われ後輩だった日番谷冬獅郎が隊長になっています。

  • 名前:松本乱菊(まつもとらんぎく)
  • 役職:護廷十三隊において十番隊の副隊長
  • 斬魄刀:灰猫(はいねこ)
  • 誕生日:9月29日
  • 体重:57kg
  • 身長:172㎝
  • 好きな食べ物:干し柿
  • 嫌いな食べ物:筍
  • CV(声優):松谷彼哉

巨乳で金髪の美人である彼女は、髪型がショートヘアになったりロングヘアになったりよく変わっているのも特徴です。幼少期から隊長である一心がいなくなってしまうまではショートヘアでしたが、後輩である日番谷冬獅郎が隊長となってからは髪を長く伸ばしています。千年血戦篇では短くなっていますが、10年後にはまたロングヘアになっていました。また、話数が進むごとにバストのサイズもアップしているようです。

松本乱菊の性格

BLEACHの作中でトップクラスのボリュームのある胸を持っている乱菊は、姉御肌の性格を持っていますがかなりマイペースでいい加減なところもありました。灰猫という斬魄刀を扱うことができる彼女は、史上最年少で隊長になった優秀な日番谷冬獅郎とは異なり、隙あらば仕事をさぼるという副隊長でもあったのです。仕事をさぼっては隊長の日番谷冬獅郎に怒られていますが、本人は全く気にしていませんでした。

休日となると呉服屋に行くかお酒を飲みに行く彼女は常に金欠状態となっていたのです。そのため、お酒を飲むことが大好きな彼女は同じようにお酒が好きな九番隊において副隊長を務めている檜佐木修兵や一番隊において隊長を務めている京楽春水と一緒に飲みに行っては奢らせていました。大好きなお酒を飲むためであればさまざまな機転を利かせることができたのです。

好奇心旺盛で少々図々しい性格をしている彼女ですが、面倒見がよい姉御肌の性格も持っていっため絶大な信頼を寄せていた市丸ギンに裏切られて落ち込んでいた三番隊において副隊長を務めていた吉良イヅルをいたわり、戦いが終わった際には一緒にお酒を飲んでいます。マイペースでありながらも周囲を気遣うことができる豪快な性格の彼女は周囲の男性からもかなり惚れられていました。

松本乱菊の死亡説

BLEACHの千年血戦篇において姿を見せていた乱菊は、星十字騎士団の1人であり滅却師の蒼都(ツァン・トゥ)との戦いの際に、灰猫を駆使しますが大きなダメージを負って敗北してしまいました。彼女は星十字騎士団の1人であり「Z」と呼ばれているジゼル・ジュエルによって、その後ゾンビにされてしまいます。ゾンビになった彼女は、仲間であり十二番隊で隊長を務めている涅マユリ(くろつちまゆり)に襲い掛かっていました。

そのため、敗北しゾンビ化してしまった彼女は死亡説が飛び出すことになります。最終的には隊長である日番谷冬獅郎と共にゾンビ化が解除され元の死神に戻ることができました。しかし、ゾンビ化の解除にはその人の寿命を使用されることになったために、寿命をかなり縮めての復活となっています。最終話においては元気な姿で登場しているため、死亡説が流れた乱菊ですが復活して生きていました。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ブリーチの灰猫は松本乱菊の斬魄刀!解号は?

灰猫は松本乱菊の斬魄刀

BLEACHにおいて干し柿が好物な乱菊が使用している斬魄刀は、灰猫(はいねこ)となっています。ぐうたらでわがまま、気分屋で馬鹿な性格を持っている灰猫は、刀を灰と化すことができる能力を持っていました。灰となった刀は、柄を振ることによって灰が降りかかった所を見事に斬ることができたのです。彼女の斬魄刀となっている灰猫は、灰そのものを操作する能力を持っていました。

そのため、遠距離から攻撃をすることも可能だったのです。さらに、彼女の斬魄刀である灰猫での攻撃力も非常に高く、斬魄刀の解放状態の際には鉄筋やコンクリートを簡単に切断していました。彼女が愛用している斬魄刀は、遠距離からの攻撃を得意とした攻撃力も非常に高い能力を持っています。

松本乱菊の斬魄刀の始解

BLEACHで筍が大嫌いな乱菊は、彼女の斬魄刀である灰猫を始解させることができます。解号を唱えることによって始解を発動させることができ、1段階目の解放が行われていました。始解状態の灰猫は刀身が灰になるため、その灰を敵に纏わりつかせることによって切り刻むことを可能としています。灰をコントロールする際には柄を振ることで切り刻んでいました。

細かな灰によって切り刻まれるために刀1本で斬られるのとは異なり、大きなダメージを与えることができます。始解状態の灰猫は切れ味も抜群で、鉄やコンクリートも簡単に斬り刻んでいました。刀身を灰にすることができる彼女の技は、朽木家の当主を務めている朽木白哉が放つ千本桜と似ていると噂になっています。しかし、この2つの斬魄刀は似ているようでありながら2つの違いがありました。

刀身が灰となる灰猫に対して、刀身が桜吹雪のように見える朽木白哉が放つ千本桜は細かい刃が花弁のように見えるだけだったのです。さらに、大きな違いは、柄を振らなければ灰で斬ることができない灰猫に対して、千本桜に関しては触れるだけであらゆるものを切り刻むことができる桜吹雪自体が細かな刃となっていました。2つの斬魄刀は似ているようでいて大きな違いがあったのです。

松本乱菊の斬魄刀の解号は「唸れ灰猫」

凶悪な虚を倒すためには斬魄刀が必要でした。隊士に与えられた斬魄刀には扱う隊士の個性がそのまま反映されるようになります。そのため斬魄刀を解放して戦うには解号が必要でした。ゾンビ化した時の姿が美人だったと評判の乱菊が愛刀としている灰猫は「唸れ灰猫(うなれはいねこ)」が解号となっています。この解号を唱えることで力を解放することができました。

斬魄刀の解放をする際に必要な解号は、特定のキーワードと斬魄刀の名前によって構成されて作られています。しかし、たまに解号を必要としないものもあります。持ち主の個性が反映されている武器となっているため、一般的な法則はあっても必ず全てが同じではなかったのです。

Thumb【ブリーチ】大前田希千代の斬魄刀・五形頭(げげつぶり)を考察!能力や強さは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫の卍解や能力・技

BLEACHで明るい性格の乱菊は、灰猫という斬魄刀で虚と戦っています。作中で彼女は始解によって解放した灰猫によって戦っていますが、卍解での解放や解放後の能力、技などにも注目が集めっています。そこで、まだ登場していない卍解での解放状態での能力や斬魄刀で放たれている技などをご紹介しましょう。虚を倒すには欠かすことができない斬魄刀の2つの解放を習得することが隊長への近道でもあったのです。

灰猫の卍解は習得中?

BLEACHで悪霊である虚を倒すためには斬魄刀の力が必要でした。斬魄刀を授けられた隊士でも「始解」と「卍解」の両方の解放がすぐにできるものではありません。1段階目の解放となる始解よりもさらに能力が必要となるのが卍解という解放でした。そのため、隊長クラスになるには両方の解放ができる力が必要でした。すぐに仕事をさぼろうとする乱菊は作中で卍解を使用せず始解の状態で全て戦っています。

そのため、彼女が自らの実力をグレードアップさせる必要がある卍解を習得しているのかに注目が集まるようになりました。BLEACHの漫画では最後まで彼女が卍解での能力を使用しているシーンは描かれていないため、卍解の習得がまだなのではと噂されるようになります。しかし、彼女の卍解は習得中であることが「BLEACH13BLADEs.」には記載されていました。

松本乱菊の戦闘能力

スタイル抜群で十番隊においては副隊長を務めている乱菊の戦闘能力は、BLEACHでは一般的な副隊長クラスということができるでしょう。自在に灰猫を扱うことができる彼女ですが、かつての隊長であった一心が彼女には隊長はふさわしくないと言ったのは性格的な面と隊士としての素質が今一つだったからと考えることができます。卍解を扱うことができない彼女の戦闘能力はあまり高いとは言えません。

しかし、現在卍解の能力を習得中の彼女は、さらに戦闘能力を高めることができる可能性は秘めていると考えることができます。隊長クラスになると卍解の習得は必須となっていました。そのため、卍解の習得をすることができれば隊長になれる可能性も大幅にアップするのです。漫画では卍解が習得されていないため戦闘能力も今一つですが、卍解の習得ができた時にはたくましい成長を遂げることになるでしょう。

松本乱菊の技は猫輪舞

ゾンビ化した際の姿も美人だと高い評価を得ていた乱菊は、斬魄刀の灰猫によって「猫輪舞(ねこりんぶ)」という必殺技をBLEACHで放っていました。彼女は、敵の周囲には灰状にした斬撃を放つことで高速旋回させた竜巻を作り上げることができるのです。その竜巻に触れた敵は粉々に切り刻まれることになりました。

この必殺技は破面編において攻撃的な性格のフランチェスカ・ミラ・ローズや怒りっぽいエミルー・アパッチ、緑がかった黒い髪でお淑やかな雰囲気のシィアン・スンスンらとの戦いの際に放たれていました。仕事をよくさぼる乱菊と灰猫との相性は似た者同士な性格のためか犬猿の仲となっています。

お互いにそっくりでありながらもお互いをけなし嫌っていたのです。彼女に屈服する前の灰猫は乱菊のことを「おばさん」と呼んでおり、ギャルっぽい口調で生意気だったために対立するようになったのでしょう。

Thumb【ブリーチ】二枚屋王悦は斬魄刀を創った男?強さ・能力や一護との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫を使う松本乱菊の戦績

松本乱菊の戦績①吉良イヅル戦

BLEACHで尸魂界篇においてお酒が大好きな乱菊は三番隊で副隊長を務めている吉良イヅルと戦っています。やや気弱な性格の彼は尸魂界において中心的な都市となっている瀞霊廷(せいれいてい)の出身であり、下級貴族の生まれでした。上司の言うことには絶対だと考えている彼は、三番隊で隊長を務めていた市丸ギンに対しても厚い忠誠心を誓っていったため裏切られた際には相当落ち込んでいます。

自分の感情を押し殺してまで自分より上の立場の意見を尊重してしまう生真面目な性格だったために、どんどんと自分に対しての自信を失う傾向にあったのです。気弱な彼はその性格を冷徹な藍染に上手に利用され、自分も知らないうちに暗躍することになりました。そんな彼は姉御肌の性格を持っている乱菊との戦いによって、自分の行動を冷静に見直す機会を得ることができたために目を覚ますことになります。

灰の刀を自在に操ることができる乱菊は、生真面目な性格ゆえに融通が利かず騙されて利用されていた吉良イヅルとの戦いにおいて常に有利に攻撃を仕掛けていました。同じ斬魄刀を扱う死神同士の戦いの際には、相性というものがあります。侘助という斬魄刀を使用する吉良イヅルとの戦いでは圧勝によって勝利を収めていました。彼女との戦いによってようやく目を覚ますことができた彼は乱菊と一緒に飲みに繰り出しています。

松本乱菊の戦績②ナキーム戦

おかっぱ頭で無口なナキーム・グリンディーナとの戦いは現世で行われていました。顔半分の右側を仮面で覆っている彼は、かなり太った体格をしています。仲間のシャウロンと一緒に攻撃をしてきた彼は、蹴り技を得意としており、全身の体重を足に乗せて放つ蹴りは強烈であったために要注意でした。蹴り技が得意な彼は、腕には自信がないらしく殴打を苦手としています。

グリムジョー一派として活躍しているナキーム・グリンディーナは、仲間のシャウロンと一緒に隊長を務めている日番谷冬獅郎と副隊長を務めている乱菊に襲い掛かってきました。現世で戦うことになった彼女は、戦いによっての影響を現世に及ぼさないために2割も霊力を抑制して戦っていたのです。そのため、実力を出して戦うことができなかった彼女は、序盤劣勢に陥りました。

しかし、現世に大きなダメージを与えずに戦う方法を見つけた彼女は、「限定解除」を行うことで本来の実力を出して戦うことができたために、右半分に仮面を被っている大柄のナキーム・グリンディーナを灰猫によって灰で纏い切り刻むことに成功しています。最終的には圧倒的な強さを見せつけて勝つことができました。

松本乱菊の戦績③アパッチ、ミラ・ローズ、スンスン戦

ゾンビ化した時の方が美人だとも言われている乱菊は、冷静沈着な性格のティア・ハリベルの部下3人と戦っています。十刃の中では唯一の女性となっているティア・ハリベルには3人の部下がいました。ちなみに、十刃とは天に立つという野心を抱いている藍染惣右介の部下に当たる大虚(数字持ちの)の中で特に戦闘能力に優れた成体破面を意味しています。

そんな慎重な戦いを進めることができるティア・ハリベルにはオッドアイのエミルー・アパッチ、筋肉質なフランチェスカ・ミラ・ローズ、美しくお淑やかな雰囲気のシィアン・スンスンの3人の部下がおり、明るい性格の乱菊は彼女の部下である3人と戦っています。彼女の上司となる隊長の日番谷冬獅郎は、十刃の1人となるティア・ハリベルと戦うことになりました。

上司である隊長の日番谷冬獅郎が十刃の1人であるティア・ハリベルとの戦いに集中できるように、副隊長を務めている乱菊は彼女の部下3人を相手に戦うことになったのです。初めは有利に戦いを進めていた乱菊ですが、さすがに3人を相手にするのは無理がありました。彼女たち3人が合体したことで「アヨン」という獣が誕生し、腹部に大怪我を負ってしまった乱菊は、重傷となり負けてしまいます。

松本乱菊の戦績④蒼都(ツァン・トゥ)戦

星従事騎士団の1人である蒼都(ツァン・トゥ)との戦いでは、十番隊にいおいて隊長を務めている日番谷冬獅郎と一緒に戦っていますが、圧倒的な蒼都の強さに苦戦を強いられます。史上最年少で隊長になった日番谷冬獅郎と一緒に戦った彼女でしたが、一般的な副隊長クラスの力を持った乱菊は全く敵わなかったのです。口の左部分に切り傷を持っている蒼都は、非常に無口な男性であり最終決戦までは全く話をしていませんでした。

史上最年少で隊長になった日番谷冬獅郎に対しては能力を認めているようで少し会話をしています。ユーハバッハへの忠誠を誓っている彼は、圧倒的な力の差を見せつけてお酒が大好きな乱菊を倒しました。彼によって敗北した乱菊は、意識不明となり瀕死の状態となってしまいます。そんな彼女をゾンビ化したのが星十字騎士団の1人であり触角のような髪の毛を持っているジゼル・ジュエルでした。

見た目は可愛らしい女性に見えるジゼル・ジュエルの正体は男性でしたが、女性願望が非常に強い人物です。彼にはゾンビにしてしまう能力があったために、瀕死の状態となった乱菊はゾンビ化されてしまい仲間に襲い掛かる一面もありましたが、最終的には自分の寿命と引き替えに復活をしています。彼女はそれほど飛びぬけた力を持っているわけではありませんが、副隊長としての任務はしっかりとこなしていました。

Thumb【ブリーチ】更木剣八の強さは未知数?斬魄刀・卍解や草鹿やちるとの関係も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫を使う松本乱菊のかわいい魅力

かわいい魅力①スタイルの良さ

幼少期に魂を大幅に奪われても死神としての力を失うことがなかった乱菊は、とてもスタイル抜群だったために男性はもちろん女性からも高い支持を集めていました。非常にグラマラスな彼女は、172㎝という女性にしてはかなり高い身長を持っています。体重は57kgとなっており、少々重いような印象を与えるかもしれませんが身長とのバランス、グラマラスなスタイルを考えるとバランスが良い体型といえるでしょう。

スタイル抜群な彼女は、ウエストが細くくびれている上に、ボリュームのある豊満なバストを持っているのが特徴です。また、ヒップもボリュームがあり女性らしいグラマラスな体型を持っていました。ちなみに、バストが92㎝、ウエストが64㎝、ヒップが93㎝というスリーサイズを持っている彼女は身長、体重などの全てのバランスを見てもスタイル抜群であることがわかります。

かわいい魅力②日番谷との関係

幼少期から天才的な力を持っていた日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)は、早くして氷の力に目覚めてしまいます。彼は幼少期に知り合いだった乱菊にその力によって祖母を殺してしまいそうで悩んでいることを相談していました。明るい性格の乱菊は彼の力を活かすために死神になる提案をしています。その話がきっかけとなって2人は死神を目指すようになり、いつの間にか先輩後輩の立場から上司と部下という関係になったのです。

当時、十番隊の隊長を務めていたいたのは一心(現在:黒崎一心)でしたが、お酒が大好きで仕事をよくさぼる乱菊は副隊長、天才的な才能を持っている日番谷冬獅郎は3番手となっていました。しかし、自分の後任の隊長にふさわしいのは日番谷冬獅郎だと常々一心は言い放っていたのです。そのため、自分を助けて虚化してしまった真咲を助けるために自分の死神の力を使用した彼は辞めることになり日番谷冬獅郎に後任を任せています。

生真面目な日番谷冬獅郎が隊長になり、上司と部下の関係となった2人でしたが先輩後輩だった頃と関係は全く変わることはありませんでした。隙を見てはデスクワークをさぼろうとする乱菊を真面目で隊長を務めている日番谷冬獅郎が叱りつけるという状況が頻繁に起きていましたが、当の本人は全く気にしていなかったのです。2人は幼少期から常に一緒に過ごしてきたため信頼関係が厚くほのぼのとした雰囲気も漂っていました。

かわいい魅力③市丸ギンとの関係

かつて三番隊で隊長を務めていた市丸ギンとは幼少期から一緒に過ごした幼馴染みの関係となっています。お腹を空かせて道端で倒れ込んでいた乱菊に自分の大好物である干し柿をあげたのが幼少期の市丸ギンでした。それがきっかけとなって2人は仲良くなり、一時期は一緒に暮らしていたのです。彼女が干し柿が大好きなのは死にそうになっていた時に実は心優しい市丸ギンから干し柿をもらったからなのかもしれません。

冷酷で自分勝手は藍染惣右介の実験のために大幅に魂を削り取られてしまった乱菊に密かに心を寄せていた市丸ギンは、彼女を守るためにそれ以降は死神となって強くなることを目指すようになりました。彼と出会うまでは自分の誕生日でさえも知らなかった乱菊ですが、細く切れ長の目を持った市丸ギンは自分との出会った日を誕生日にすればいいと彼女の誕生日を決めてあげたのです。

愛する女性を守るため、死神の修業のために乱菊の元を去った彼でしたが、彼を慕っていた乱菊は自分も死神を目指して真央霊術院に入学し学ぶようになります。しかし、全てにおいて優秀だった市丸ギンは6年かかる学びを1年で終了させてまた離れ離れになってしまいました。最終的には彼女の魂の一部を取り返すために宿敵である藍染の部下になって倒す機会を狙い攻撃を仕掛けますがその願いも叶わず死亡します。

Thumb【ブリーチ】 読者のネタにされるキャラ・名言集!愛されるいじられキャラは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫を使う松本乱菊の声優

松谷彼哉のプロフィール

グラマラスなスタイル抜群の乱菊の声を担当したのは声優の松谷彼哉さんです。松谷彼哉さんは声優以外に女優としても活動をしています。声優としては、グラマーで大人の色気が漂っている美人の役を演じることが多くなっていました。また、海外ドラマの吹き替えが声優の仕事の中心となっています。女優としても活動している松谷彼哉さんは劇団昴にとどまらず、幅広いジャンルの舞台にも積極的に出演していました。

  • 名前:松谷彼哉(まつたにかや)
  • 血液型:AB型
  • 生年月日:1970年3月20日
  • 出身地:北海道小樽市
  • 出生地:北海道札幌市
  • 所属事務所:劇団昴
  • 職業:声優、女優
  • 身長:163.5㎝

グラマーで大人の色気が漂っている役を演じることが多い松谷彼哉さんですが、かなりの天然系で常に周囲を癒す存在となっているようです。ぬいぐるみが大好きな彼女は、多くのぬいぐるみを持っており友達のように溺愛しています。女優として女囚役を演じることになった「プレイング・フォア・タイム」では、長い髪をバッサリと切って丸坊主で舞台に臨み周囲を圧倒していました。

松谷彼哉の主な出演作品

声優の松谷彼哉さんの主な出演作品には、烈火の炎の音遠役や南海奇皇のナイエル役、アイカツ!の光石織姫役、ふたりはプリキュアのクイーン役、L/R -Licensed by Royal-のマチルダ役、東のエデンの森美朝子役、牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-のマリー役、探偵学園Qの山咲夏実役、シンデレラボーイのキャシー役、アイカツオンパレード!の光石織姫役などがありました。

松谷彼哉は女優や作詞家としても活躍

ぐうたらでわがままな性格の斬魄刀を扱っている乱菊の声を担当している声優の松谷彼哉さんは、女優や作詞家としても活躍しています。劇団昴に所属している彼女は、そこでの舞台に出演するのはもちろん東宝製作によるミュージカルや蜷川幸雄さんが演出を手掛けている作品にも積極に出演しており、女優としても幅広い分野で活動をしていました。

また、アドベンチャーゲームとなっている「サクラ大戦紐育レビュウショウ」にも出演して注目を集めています。女優や声優としてさまざまな活動をしている松谷彼哉さんは、LUNA SEAのファンでもあり、多くの音楽を愛する作詞家としても活躍していました。

Thumb【ブリーチ】ノイトラ・ジルガは第5十刃!帰刃の強さや更木との戦いを解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫に関する感想や評価

気分屋でわがままな性格の斬魄刀である灰猫を好きだと感想を寄せている人もいました。刀身が灰となることで自在に敵の身体に纏うことができる灰猫は、柄を振ることによって切り刻むことができる鋭い刃を持った斬魄刀だったのです。切れ味の鋭さから周囲のビルなどのコンクリートや鉄なども見事に切り刻んでいました。

幼馴染みで心優しい市丸ギンはかつて三番隊で隊長を務めていましたが、彼が扱っていた斬魄刀は神槍となっています。凶悪で最強の力を持った藍染惣右介にもその実力を認められた彼の神槍とわがままで馬鹿な性格の灰猫は同じ系統の刀となっていたため、そこがブリーチでは最高のオシャレだと高く評価している人もいました。

ブリーチのテレビアニメをこよなく愛している人は、ぐうたらで気分屋の性格を持っている灰猫の恋の行方を心配している人もいました。わがままで馬鹿な性格を持っている灰猫は、その持ち主である乱菊とは同じような性格を持っていたため度々衝突し犬猿の仲となっていましたが、そのぐうたらでわがままな性格を逆に魅力と捉えている人もいたため彼女の恋の行方が気になったようです。

Thumb【ブリーチ】井上織姫の声優は誰?能力や一護との関係・結婚などキャラ情報も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの灰猫まとめ

ブリーチでお酒が大好きな乱菊の斬魄刀となっている灰猫は、ぐうたらで気分屋、わがままで馬鹿な性格を持っていましたが、この性格は持ち主の乱菊にそっくりだったのです。刀身を灰と化すことによってどんな相手でも柄を振ることで切り刻むことができた灰猫の活躍によって明るい性格の乱菊は多くの虚と渡り合うことができました。似た者同士であるため時に喧嘩をすることもありますが、最高のパートナーのようです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ