【ワンピース】ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者?過去やローとの関係も考察

週刊少年ジャンプで連載されている『ワンピース』に登場するドンキホーテ・ドフラミンゴには、弟がいます。弟のロシナンテはドンキホーテ海賊団の最高幹部で、2代目コラソンをしていました。この記事では、コラソンをしていたドフラミンゴの弟であるロシナンテが一体何者なのかを解説します。また、元ドンキホーテ海賊団に所属していたトラファルガー・ローとの過去や関係性も紹介します。

【ワンピース】ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者?過去やローとの関係も考察のイメージ

目次

  1. ドフラミンゴはワンピースの七武海の1人
  2. ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者?
  3. ドフラミンゴとコラソンの過去
  4. ドフラミンゴとコラソンとローの関係を考察
  5. ドフラミンゴの弟の声優は?
  6. ドフラミンゴの弟に関する感想や評価は?
  7. ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者まとめ

ドフラミンゴはワンピースの七武海の1人

ワンピースの作品情報

ドフラミンゴは『ワンピース』の空島編から登場したキャラクターです。その後、ドレスローザ編で本格的に登場し、ドフラミンゴの過去やトラファルガー・ローとの関係性が明らかになりました。ここでは、ドフラミンゴについて描かれている『ワンピース』についての作品情報をまとめました。

ワンピースの概要

『ワンピース』は週刊少年ジャンプで連載されている海賊冒険漫画です。1997年から尾田栄一郎によって連載されています。『ワンピース』は世界的にも人気な作品で、発行部数はギネス世界記録にも登録されています。1999年にはアニメ化され、2019年にアニメ20周年を迎えました。また、2017年に連載20周年をむかえた際には、ハリウッドのトゥモロースタジオ制作により実写ドラマ化されることが発表されてます。

ワンピースのあらすじ

『ワンピース』はルフィという主人公が、海賊王を目指して航海を始める物語です。かつて海賊王といわれたゴールド・D・ロジャーは、それまで誰もたどり着いたことのなかったラフテルに到達したことで海賊王と呼ばれるようになりました。ルフィもまたラフテルを目指すために旅を続け、仲間を集めます。イーストブルーでの戦いは主に海賊や海軍が敵でした。

しかし、危険な海といわれるグランドライン突入後は世界政府を敵に回し、さらには七武海や海賊の頂点ともいわれる四皇と戦うことになります。

ドフラミンゴのプロフィール

ドンキホーテ・ドフラミンゴは、金髪でサングラスをかけた身長305cmもある大男です。年齢は初登場時が39歳で、ドレスローザ編の時は41歳でした。ドフラミンゴは海軍公認の海賊・王下七武海の一人でもあり、海賊達からは「天夜叉」といわれています。また、闇取引の裏の顔も持ち合わせており、闇のブローカーとしては「ジョーカー」と呼ばれています。

ドンキホーテ海賊団では船長をしており、ドレスローザでは国王として君臨していました。ドフラミンゴは悪魔の実の能力者で、超人系のイトイトの実の能力が使えます。イトイトの実は覚醒させており、まわりの建物なども糸に変化させることができます。ドフラミンゴが使うことができる覇気は覇王色の覇気、見聞色の覇気、武装色の覇気の3つです。

ドフラミンゴは元々は天竜人なのですが、父・ホーミングの意向によってマリージョアを出て人間として暮らしていました。しかし、そこで天竜人に恨みを持つ人々にひどい仕打ちを受けてしまいます。ドフラミンゴはなんとか天竜人に戻ろうとしますが、世界政府から見放されてしまいます。

ドフラミンゴは自分が選ばれた存在であるにも関わらず、それを世界に否定されてしまったことで「世界の破滅」を望むようになりました。基本的に元天竜人で人間よりも上だという意識を持っているのですが、唯一個人的に叱りつけてくる海軍のつるには頭が上がらない一面もあります。

ドフラミンゴの家族構成

ドフラミンゴは天竜人の両親の間に生まれました。実の家族には父ホーミングと母、弟のロシナンテがいます。しかし、父の意向でマリージョアを出て普通の人間として生活するようになります。人間としての生活は過酷なもので、やがてドフラミンゴは父を恨むようになりました。ドフラミンゴはトレーボルとの出会いをきっかけに実の家族と決別し、新しく自分の家族を作りました。それがドンキホーテ海賊団です。

それからドフラミンゴは、ドンキホーテ海賊団の古参メンバーに対しては家族同然に立場関係なく接しました。実際に声の高いピーカが部下に笑われた時は、「家族を笑う者はおれが許さん…!!!」と激怒していました。トレーボルはそのことを自慢げに語っていましたが、ローからは家族のように接して都合の良いように利用されているだけであり、「自分の都合のいい集団を家族と呼んでいる」と非難されています。

ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)

ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者?

コラソンの本名はロシナンテ

ドフラミンゴの弟・コラソンの本名はロシナンテです。コラソンというのは、ドンキホーテ海賊団の最高幹部に属する人物達の立場の名称で、コラソンが本名ではありません。弟のロシナンテはドフラミンゴに似て身長293cmと大柄な体つきをしています。金髪でいつも頭には紺色のフードを被っており、顔にはピエロのようなメイクをしています。

服装は、コラソンにちなんだハートの模様のシャツの上から、黒の羽根がついたコートを着ています。ドンキホーテ海賊団に所属している時はサングラスも着用していました。ドンキホーテ海賊団では子供嫌いを装っており、子供を見ると蹴ったり投げ飛ばしたりして、冷酷な男として知られていました。

弟のロシナンテはドンキホーテ海賊団ではクールなイメージを持たれていましたが、かなりのドジっ子でタバコを吸っていると羽根のコートに火が燃え移ったり、椅子から頻繁に転げ落ちていました。ローはドジっ子も潜入のための芝居なのかと思っていましたが、ドジっ子は芝居ではなく元からの性格によるものでした。

ドフラミンゴの実の弟

コラソンことロシナンテはドフラミンゴの実の弟で、ホーミングの次男です。過去には一緒に育った時期もありましたが、父を殺したドフラミンゴから逃げ、生き別れた状態になっていました。

コラソンは海軍中佐

コラソンこと弟のロシナンテは、8歳のときに父を殺した兄から逃げているところを、海軍のセンゴクに拾われました。センゴクは当時中将で、ロシナンテを実の息子のように育て、やがてロシナンテは海軍に入隊します。ロシナンテのマリンコードは「01746」で、センゴクの直属の部下になり、海軍中佐にまで上り詰めました。

その頃、ロシナンテの兄が作ったドンキホーテ海賊団が勢力を伸ばしていたため、弟としてドンキホーテ海賊団に潜入することになりました。ロシナンテはセンゴクとのみ連絡をとっており、電伝虫を使う時は「おかき」「あられ」という合言葉を使っていました。センゴクは『ワンピース』のドレスローザ編終盤に、ロシナンテを知る者としてローの前に現れています。

ロシナンテがドンキホーテ海賊団に潜入している間、子供たちに暴力を振るっていたのは、子供たちを助けるためでした。ロシナンテは、まだ幼い子供たちに辛い思いをさせればドンキホーテ海賊団から逃げ出すだろうと思っていました。しかし、ローやベビー5、バッファローにはこれらの暴力は効きませんでした。

コラソンは能力者

コラソンことロシナンテは悪魔の実「ナギナギの実」の能力者です。ロシナンテが能力者であることは、ローの過去の回想で判明しており、ドフラミンゴは弟が能力者であることを知りませんでした。「ナギナギの実」の能力は超人系で、自分の音を消したり、周りの音を消すことができます。ロシナンテはドンキホーテ海賊団に潜入している間、この能力を駆使していました。

「ナギナギの実」の能力は戦闘に直接的に有利なものではありません。しかし、暗殺や諜報には適した能力です。実際にロシナンテは「オペオペの実」を奪ったシーンで、爆発音や破壊音を全て消して建物内に侵入しました。さらにドンキホーテ海賊団の情報を海軍に伝達する時も、この能力が使われていたのではないかといわれています。

『ワンピース』の作中で使われた「ナギナギの実」の能力は「サイレント」と「凪(カーム)」です。「サイレント」は自分の周りにドームを作ることでその内側が防音壁になる能力です。ドームの中にいる者は外の音が聞こえず、外にいる者は中の音が聞こえません。「凪(カーム)」は触れたものから発せられる全ての音を消すことができる能力です。

Thumb【ワンピース】ナギナギの実は音を遮断する能力!コラソンの技や強さを考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドフラミンゴとコラソンの過去

迫害されていた家族

ここではドフラミンゴと、弟のロシナンテの過去を解説します。ドフラミンゴと弟のロシナンテは父・ホーミングの意向により、天竜人をやめて普通の人間として暮らすことを選びます。しかし、人間たちは天竜人を憎んでいました。元天竜人として立派な家と蓄えをもらっていたドンキホーテ一家でしたが、家は燃やされ、家族はリンチにあってしまいます。

幼少期に母を失う

ドフラミンゴの過去の回想では、母を亡くしていることが分かっています。ドンキホーテ一家は人間達に襲われたことで貧しい生活を余儀なくされます。劣悪な環境で暮らしたことによって、2人の母は病気を患ってしまいました。この病気が原因で、母は亡くなってしまったのです。

ドフラミンゴが父親を殺害

ドフラミンゴは天竜人を憎む人々から迫害を受け続け、さらには母親までも失ってしまいました。そのことにより、やがて天竜人をやめて人間として生きる決断をした父親を恨むようになっていきました。そのころ、迫害を受けていたドフラミンゴにも友人が出来るようになります。それがトレーボルでした。トレーボルはドフラミンゴに銃を渡し、これを使ってマリージョアに帰るよう提案します。

ドフラミンゴは、全ての元凶であるホーミングをトレーボルからもらった銃で殺害しました。そして首を切ってマリージョアに持ちこみます。しかしそれでも天竜人に戻ることはできず、さらには世界政府の秘密を知っていることを理由に殺されそうになりました。その経緯を聞いたトレーボルは、ドフラミンゴには悪のカリスマの才能があると確信し、ドフラミンゴ海賊団結成を提案します。

生き別れたドフラミンゴとコラソン

ドフラミンゴが父を殺したことで、弟のロシナンテはドフラミンゴの元から逃げ出しました。それまでは、ドフラミンゴはロシナンテのことを「ロシー」と呼び、ロシナンテはドフラミンゴのことを「兄上」と呼んで慕っていました。しかしこの後生き別れたことで、兄弟はまったく違う人生を歩むことになります。

相反する人生

ドフラミンゴはトレーボルやヴェルゴ達の導きにより、ドフラミンゴ海賊団の船長として名を轟かせるようになりました。一方でロシナンテはセンゴクに拾われ、海軍として順調にキャリアを積みます。同じ過去を持ちながらも、最終的には敵同士の立場になってしまいました。

Thumbワンピースのコラソンの正体はドンキホーテ・ロシナンテ?伏線・謎を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドフラミンゴとコラソンとローの関係を考察

考察①スパイになったコラソン

ローは、ドレスローザ編でドフラミンゴを倒すためにルフィと同盟を組みました。ローの過去にはドフラミンゴとの因縁があり、それにはコラソンことロシナンテが大きく関わっていました。ここでは、3人が一体どんな関係性なのかを紹介します。センゴクの元で育った弟のロシナンテは、ドンキホーテ海賊団にコラソンとして潜入します。

弟として兄のドフラミンゴを止めるためだとロシナンテは言っていますが、それまでにドフラミンゴを直接的に止めるような素振りはしていませんでした。どちらかというと、ドンキホーテ海賊団の情報を海軍に流し、何を企んでいるのかを知るための潜入だったと思われます。

考察②弟を愛したドフラミンゴ

ドフラミンゴの過去の回想では、弟のロシナンテとの関係は良好でした。むしろロシナンテはドフラミンゴを慕っており、ドフラミンゴもまたロシナンテを恨みを持つ人間達から守ろうとしていました。少なからずも家族としての愛はあり、ロシナンテがドンキホーテ海賊団を裏切った時も「なぜおれが実の家族を二度も殺さなきゃならないんだ!!!」と叫んでいます。

考察③ローとの出会い

ロシナンテはローと出会ったことで、兄を裏切り、さらには兄を止めるという任務を放棄します。ローの回想によってその過去が明らかとなりました。ローは幼い頃バスターコールにより故郷を失ってしまいます。世界を恨むようになったローは、自分の体に手榴弾を巻きつけ、ドンキホーテ海賊団に乗り込みました。全てに絶望しているローを見たドフラミンゴはローを気に入り、時期コラソンとして育てることを決めます。

ある日、ローはベビー5とバッファローと本名について話をしていました。ローの本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」といいました。それを聞いていたロシナンテはローを路地に連れ込みます。そこで口がきけないはずのロシナンテが急に喋り始め、ローは驚きました。ローはロシナンテがドフラミンゴを騙していたことを知り、戸惑います。

ロシナンテはローにドフラミンゴのようになるなと言いました。しかしローはドフラミンゴのようになるためにドンキホーテ海賊団に入ったのです。言うことを聞くわけがありませんでした。しかし、ロシナンテはローに「お前は宿命の種族"Dの一族"だ」と語り、D一族に関する言い伝えを教えました。そんなことを話されても、突然のことにローは理解が追いつきませんでした。

考察④ローの病気とオペオペの実

ローは一度はロシナンテの元から逃げ出したものの、ロシナンテはローを無理矢理連れて病気を治すための旅に出ました。ローは珀鉛病で寿命はあと持って3年といわれていました。ロシナンテはD一族であるローを生かすために、ドフラミンゴから遠ざけてまずは治療に専念することにしたのです。しかし、大きな病院や有名な病院を回っても、ローの病気は治りませんでした。

それどころか、珀鉛病は感染するという間違った知識を持った医者が多く、全ての病院から追い出されてしまったのです。ローは病院の人々達から「ホワイトモンスター」と迫害され、病院へ行くことも嫌になっていました。それでもロシナンテはローを励ましながら病院を回り続けました。最初はDのためにとローを連れ回していましたが、やがて幼いローの境遇が可哀想だとロシナンテは同情するようになりました。

考察⑤コラソンの死

ローはロシナンテの本音を知り、親しみをこめて「コラさん」と呼ぶようになります。そんな時、ドフラミンゴから「オペオペの実」の情報が手に入ります。ドフラミンゴは、ロシナンテにオペオペの実を食べるように命じましたが、ロシナンテはすでに能力者なので食べることができません。ロシナンテはドフラミンゴよりも先に「オペオペの実」を手に入れてローの病気を治し、2人で身を隠そうと言いました。

しかし、突然ローの容態は悪化してしまいます。なんとか2人はスワロー島にたどり着き、ロシナンテは「オペオペの実」を横取りしにバレルス海賊団を襲撃します。「オペオペの実」は奪えたものの、ドジを踏んで負傷してしまいます。瀕死のロシナンテは「オペオペの実」をローに食べさせ、海軍へドンキホーテ海賊団の情報を渡すように言いました。

しかし、ローがドンキホーテ海賊団の情報を渡したのは、海軍に潜入しているドンキホーテ海賊団の最高幹部で元コラソンのヴェルゴでした。これによりロシナンテが裏切り者であることが完全にバレてしまいました。ロシナンテは能力を使ってローを隠し、自分が盾となって最期はドフラミンゴの手によって殺されてしまいました。

考察⑥ドフラミンゴを憎むロー

このような過去を持つローはドフラミンゴに対して憎しみを抱いていました。ローはドレスローザ編で、ドフラミンゴを討つためだけに生きてきたとまで言っています。それだけローにとってロシナンテは家族のように大切な存在だったのです。

Thumb【ワンピース】オペオペの実の能力と技を考察!不老不死を可能にする最強の悪魔の実? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドフラミンゴの弟の声優は?

コラソンの声優は山ちゃん

コラソンことロシナンテの声優は山寺宏一が担当しました。ロシナンテは元々人気の高いキャラクターではありましたが、作中では過去編のみの登場数が少ないキャラクターです。それにもかかわらず、ベテランの山寺宏一が声優を担当したことで注目を集めました。

山寺宏一のプロフィール

山寺宏一はアクロスエンタテインメントに所属している声優です。主に吹き替え作品に出演しており、これまでにトム・ハンクスやウィル・スミス、ブラッド・ピットの吹き替えを担当しました。またテレビでも活躍しており、1997年から子供向け番組の『おはスタ』でメインMCを担当しました。その後も声優だけに限らず、テレビや舞台に俳優・タレント・司会者として幅広く活動しています。

山寺宏一の主な出演作

山寺宏一の主な出演作品には、『それいけ!アンパンマン』の名犬チーズ役とジャムおじさん役、『らんま1/2 』の響良牙役、『新世紀エヴァンゲリオン』の加持リョウジ役、『スティッチ!』のスティッチ役、『ヤッターマン』のナレーションとヤッターワン役、『ルパン三世』の銭形警部役などがあります。

変幻自在の声の持ち主

山寺宏一は「七色の声を持つ男」としても知られており、人の声だけでなく効果音や動物の鳴き声などさまざまな声を出す事ができます。そのため、役柄も人間だけでなく動物の役を担当することもあります。実際に、『それいけ!アンパンマン』ではめいけんチーズ役を、『らんま1/2』では豚になってしまった響良牙(Pちゃん)役も山寺宏一が担当しています。

Thumb【ワンピース】ドフィはドフラミンゴの愛称?他の呼び名や過去も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドフラミンゴの弟に関する感想や評価は?

ドフラミンゴの回想では、幼少期のロシナンテが描かれ、ローの回想では26歳の時のロシナンテが描かれました。特にローの回想では悪い偶然が重なってしまい、ロシナンテがドフラミンゴによって殺害されてしまいます。この過去の回想は何度見ても泣いてしまうという方が多くいました。

ドフラミンゴの過去やロシナンテのことが詳しく描かれていた『ワンピース』のドレスローザ編は、泣く要素がたくさんあるストーリーです。ドンキホーテ兄弟やローの過去だけに関わらず、その周辺キャラクターの過去に対しても泣いてしまったという方もいました。

ロシナンテとドフラミンゴは同じ環境で育ったにも関わらず、真逆の考え方をしていました。ロシナンテは「心優しい父と母から…なぜあんなバケモノが生まれたのかわからない」と、終始ドフラミンゴのことを理解できていないようでした。同じように育った兄弟だからこそ、なぜドフラミンゴが暴走しているのかロシナンテには理解できなかったのではないかという考察もありました。

Thumbワンピースのドンキホーテ・ドフラミンゴの魅力は?天夜叉の強さと素顔を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドフラミンゴの弟・コラソンとは何者まとめ

ドフラミンゴの弟のコラソンことロシナンテは、ドンキホーテ海賊団に潜入している海軍でした。同じ境遇の中で育った兄弟でしたが、2人は全く違う考え方をしていました。ローは幼い頃にロシナンテから命を救ってもらった恩があり、ドフラミンゴに仇を討つために生きていました。ロシナンテはローの人生を変えた人物の一人で、大切な存在でした。

ロシナンテについては、『ワンピース』の76巻の763話から77巻の767話まで描かれています。ロシナンテがどんな人物だったのかより詳しく知りたい方は、ぜひ本編も読んでみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ