ダンまちのベル・クラネルは赤い瞳がかっこいい!魅力やレベル5の強さを考察

シリーズ累計の発行部数が1000万部を突破した「ダンまち」こと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の主人公・ベル・クラネルは最速兎と呼ばれ、かっこいいと評判のキャラです。そして、レベル5になる日も近いと言われ、その成長が大変期待されているキャラでもあります。今回は「ダンまち」の主人公・ベル・クラネルのかっこいい魅力や、レベル5到達も近いと言われる強さやスキルを紹介していきます。また、ベル・クラネルと登場人物との関係や装備についてもみていきます。

ダンまちのベル・クラネルは赤い瞳がかっこいい!魅力やレベル5の強さを考察のイメージ

目次

  1. ダンまちのベル・クラネルとは?
  2. ダンまちのベル・クラネルのかっこいい魅力
  3. ダンまちのベル・クラネルのレベル5の強さ
  4. ダンまちのベル・クラネルと他の登場人物の関係
  5. ダンまちのベル・クラネルの装備
  6. ダンまちのベル・クラネルに関する感想や評価は?
  7. ダンまちのベル・クラネルのかっこいい魅力まとめ

ダンまちのベル・クラネルとは?

ダンまちの作品情報

ここでは「ダンまち」こと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の作品情報やあらすじ、その登場人物であり主人公のベル・クラネルのプロフィールを紹介していきます。

ダンまちの概要

「ダンまち」は、大森藤ノ先生により、2013年からSBクリエイティブのGA文庫から刊行されているライトノベルです。ちなみに、イラストはイラストレーター兼漫画家、デザイナーのヤスダスズヒト先生が担当しています。

「ダンまち」は大森藤ノ先生のデビュー作であり、Google Play ベストオブ2013に選ばれ、第4回GA文庫大賞や第3回ラノベ好き書店員大賞の第1位、第2回SUGOI JAPAN Awardのラノベ部門の第1位を獲得した作品です。さらに「ダンまち」は2018年10月時点で、シリーズの累計発行部数が1000万部を突破したことを公表しています。

コミカライズ版も2013年からはスクウェア・エニックスのガンガンONLINEやヤングガンガンなどで掲載されており、2014年には同出版社から外伝なども刊行されています。さらに、アニメも2015年4月〜6月にTOKYO MXなどで放送されており、2019年7月からはアニメ第2期の放送も予定されています。また、2019年2月には映画「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」が公開されました。

ダンまちのあらすじ

主人公のベル・クラネルがやって来た迷宮都市「オラリオ」は「ダンジョン」と呼ばれる大きな迷宮が象徴的でした。ベルは幼い頃、祖父から英雄譚を聞かされていたことがきっかけで、冒険者に憧れており、「ダンジョン」で冒険者となるためにオラリオにやって来たのでした。こうして、ベル・クラネルの冒険者としてスキルを磨き、強くなっていくストーリーが始まります。

ベル・クラネルのプロフィール

当初、オラリオにやって来たばかりのベルを入れてくれるファミリアはなかなか見つからず、途方に暮れていました。そんなベルでしたが、ヘスティアという女神と出会います。そして、ヘスティアが主神をしている「ヘスティア・ファミリア」の最初のメンバーとして、ベルは加入させてもらうことができたのでした。ベルは、強さを持った冒険者となって生計を立てることと、女の子とダンジョンで出会うことを目標としていました。

ヘスティア・ファミリアでに加入してからのベルはスキルを積むため、1人でダンジョンを冒険を始め、ある日、冒険中にベルはミノタウロスに襲われます。そこへ、アイズ・ヴァレンシュタインという少女剣士が現れ、ベルは助けられます。そして、ベルはアイズに一目惚れするのでした。

アニメ「ダンまち」シリーズ公式サイト

ダンまちのベル・クラネルのかっこいい魅力

かっこいい魅力①赤い瞳の最速兎

ベル・クラネルのかっこいい魅力、1つ目は赤い瞳を持ち、「最速兎」と呼ばれることです。ベルは、迷宮都市「オラリオ」の史上最速のレベル2に到達した人物として「ダンまち」の世界の冒険者たちの間で有名になりました。それまでのレベル2に到達した最速記録は半年で、記録保持者はアイズでした。

アイズの半年でも異例のスピードと言われていましたが、ベルはミノタウロスとの過酷な死闘を制し、見事倒したことから1ヶ月半でレベル2に上がりました。そして、ベルは凄まじいスピードでレベル2に上がった記録保持者として名を馳せました。また、ベルの容姿は、白髪と赤い瞳が特徴的です。そのため、兎を連想されることが多く、「世界最速兎(レコードホルダー)」と呼ばれ、冒険者たちの尊敬の的となっています。

かっこいい魅力②スキル・英雄願望

最速兎ベル・クラネルのかっこいい魅力、2つ目は英雄願望というスキルを持っているところです。ベルはミノタロスとの激戦を制したことで、レベル2に上がり、新しいスキルも手にしれました。その新しいスキルというのが英雄願望(アルゴノゥト)です。

ヘスティアが言うには、英雄願望というスキルは、幼い頃から英雄に憧れてきたベルが英雄になるために習得したスキルで、使用状況に適した英雄を強く想像することで、不条理な全ての出来事を覆すことの出来る絶対的な強さを秘めているそうです。

かっこいい魅力③アイズとの関係

最速兎ベル・クラネルのかっこいい魅力、3つ目はアイズとの関係です。「ダンまち」の登場人物・アイズはベルの憧れの女性で、まだまだ駆け出しの冒険者にも関わらずレベル5の持ち主です。ミノタウロスとの戦いで命の危機に瀕したベルはレベル5という圧倒的強さを持ったアイズに助けられ、一目惚れします。アイズに助けられた日、ベルは「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」というスキルを発現させます。

「憧憬一途」とは、相手への想いの強さに比例して効果が増すスキルで、副次効果として魅了無効化してしまうという凄まじいスキルでした。このスキルの効果に伴い、ベルは驚くべきスピードでのレベルアップを遂げていきます。このことから、アイズの存在はベルにとって、レベルアップに大きな影響を与える存在と考えられています。

かっこいい魅力④アステリオスとの関係

最速兎ベル・クラネルのかっこいい魅力、4つ目はアステリオスとの関係です。「ダンまち」の登場人物・アステリオスは異端のミノタロスでレベル7と推定されていました。

ベルはアステリオスとの戦いでの功績が認められ、レベル4になりましたが、とてもベルの敵う相手ではありませんが、アステリオスに負けたくないという思いからベルは新たなスキルを発現します。こうして、ベルは闘牛本能(オックス・スレイヤー)という新たなスキルを発現したのでした。

かっこいい魅力⑤出生の秘密

最速兎ベル・クラネルのかっこいい魅力、5つ目は出生の秘密を持っていることです。両親のいないベルは幼い頃、祖父と田舎で暮らしていました。幼い頃から祖父から英雄譚を聞かされていた影響で、ベルは英雄や冒険者に強い憧れを抱いており、祖父がモンスターに襲われ亡くなった後、1人でオラリオにやって来たのでした。

アニメのベルの回想場面では、祖父の口元しか描かれておらず、ベルの祖父は誰なのか?ということは「ダンまち」ファンの間で、様々な議論が行われてきました。ベルの祖父として有力視されているのが、ゼウスです。ゼウスはゼウス・ファミリアの主神を務める男神です。そして、ベルの祖父は亡くなった振りをして実は生きていると考えられており、ヘルメスの言動からもベルの祖父として確実視されています。

Thumbダンまちのゼウス・ファミリアの強さは?ヘルメスの孫発言の真相も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ダンまちのベル・クラネルのレベル5の強さ

レベルはダンまちでは一番重要

レベルは「ダンまち」の作中では一番重要な要素だと言われています。それというのも、ベルが目標とするようにダンジョンの稼ぎで生計を立てれるようになるためには、レベルアップは必要不可欠です。もし、冒険者のレベルが1だった場合、13階層から下の階層で戦うことは出来ません。

また、冒険者の平均的なレベルはレベル1で、それより上のレベルはエリートの冒険者と見なされます。「ダンまち」の作中でベルが、レベル1からレベル2にレベルアップしたときには、力や素早さ、魔力など強さやスキルが飛躍的にアップする姿が描かれていました。

そのことからも、冒険者にとってレベルアップは特別なものであり、レベルが上がるとまるで別人のように強さ・スキルが増すことが分かります。そのため、レベルの差は冒険者同士にとって絶対的な実力差となり、レベルが「ダンまち」作中で一番重要と言われる理由となっています。

ダンまちのレベルアップとは?

「ダンまち」のレベルアップについて、もう少し詳しくみていきます。ダンまちの世界で、レベルアップとなると、基礎アビリティのステイタス数値は初期化されます。しかし、そのステイタス数値は裏ステイタスとして残り続けます。つまり、レベルアップの際に、裏ステイタスも加算されていくので、レベルが上がるにつれて冒険者はどんどん強さやスキルを増していくとされています。

ベル・クラネルとヒュアキントスの戦い

ベル・クラネルとヒュアキントスの戦いは「ダンまち」最大の番狂わせと呼ばれています。当時、レベル2だったベルが、レベル3のヒュアキントスを破ったのです。これについて、レベルアップ時に加算される裏ステイタスにより、ベルのアビリティ値がチート級だったのではないか?という説が考察されています。

そのように言われるのは、ヒュアキントスよりレベルが下のはずのベルがヒュアキントスより敏しょうに動けていたことが根拠となっているようです。普通の冒険者ならレベル差のある相手に対して、絶対勝てないはずなので、ベルが裏ステイタスにより凄まじいアビリティ値を有しているのではないか?と考えられているそうです。

ベル・クラネルがレベル5になったら強い?

ベル・クラネルは原作14巻の時点で、レベル4のリューと対等以上に戦えています。リューもレベル4の中ではトップクラスの強さを誇ることから、ベルがレベル5になる日も近いのではないかと言われています。また、13〜14巻あたりでの活躍が凄まじく、幾度も困難を乗り越え、レベル5までアップするのに必要となる実績が充分に積まれつつあるのではないか、と言われることもベルがレベル5になると噂の原因となっています。

また、ベル・クラネルがレベル5になったときの強さやスキルについて、ベル・クラネルはレベル5のアイズのチート級の強さを誇る魔法スキルや器用さや敏しょうさにはやや及ばずながらも、レベル5になったベルなら力の強さや耐久性ではアイズよりスキルが上回るのではないかと推定されています。

このように、各数値で差が出るものの、ベル・クラネルはレベル5になることで、ようやく念願のレベル5のアイズに強さ・スキルが追いつけるだろうと考えられています。

Thumbダンまちの登場キャラクターまとめ!かわいい女性キャラもランキングで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ダンまちのベル・クラネルと他の登場人物の関係

登場人物との関係①リリルカ・アーデ

最速兎ベルと関係のある登場人物1人目は、リリカル・アーデです。リリカルは小柄な体格の小人族の女性で、その小柄さと、ベルを「ベル様」と呼び尊敬している姿から小さな子どもに見られることが多々ありますが、実際の年齢はベルより1歳上の15歳です。レベルはレベル1で、変身魔法「シンダー・エラ」や、一定の重量を補正し、たくさん物を持てる縁下力持というスキルを使えます。

また、リリカルがベルと出会ったのは、以前所属していたソーマ・ファミリアでサポーターをしているときでした。その後、アポロン・ファミリアとの戦争遊戯がきっかけで、ヘスティア・ファミリアに加入。現在は、パーティーの参謀・サポーターを担当しており、上層においては後衛としても活躍しています。

登場人物の関係②ヴェルフ・クロッゾ

最速兎ベルと関係のある登場人物2人目は、ヴェルフ・クロッゾです。ヴェルフは自称「戦える鍛冶師」と名乗る鍛冶師の青年で、戦闘では大刀を振り回し、パーティー内では前衛を任されています。レベルはレベル2で、発展アビリティである「鍛冶」をマスターしています。そして、魔剣血統(クロッゾの血統)というスキルと、強制的に相手の魔法を暴発させる魔法「ウィル・オ・ウィスプ」を駆使し、戦闘で活躍します。

性格は職人気質ですが、気さくで面倒見の良いお兄さんタイプで、元々は鍛冶師集団のヘファイストス・ファミリアのメンバーでしたが、アポロン・ファミリアの戦争遊戯をきっかけにヘスティア・ファミリアへ移りました。ベルとは、ベルがヴォルフ製作の装備を探していたときに偶然出会いました。そして、ベルと専属契約を結び、それから交流が始まりました。

登場人物の関係③ヤマト・命

最速兎ベルと関係のある登場人物3人目は、ヤマト・命です。命は怪物贈呈を行ったパーティーの一員で、ベル一行が18階層まで行き、彷徨った元凶です。命の危機に瀕した中で、自分たちのことを許してくれたベルたちに深い感謝の念を抱いており、アポロン・ファミリアの戦争遊戯をきっかけに、1年という期限付きでヘスティア・ファミリアに移籍しました。

命のレベルはレベル2で、発展アビリティである「耐異常」、敵の影を探知するスキル「八咫黒烏」と、眷属を探すスキル「八咫白烏」を持っています。そして、超重力魔法「フツノミタマ」、円月蹴や絶花といった体術にも長けています。

登場人物の関係④サンジョウノ・春姫

最速兎ベルと関係のある登場人物4人目は、サンジョウノ・春姫です。春姫は狐人の女性で、生まれは極東の国の貴族です。命とは幼馴染で、幼少期にアマテラスの逆鱗に触れ、色々あってオラリアへと流れ着きました。レベルはレベル1でスキル・発展アビリティともにありません。

しかし、対象の人物のレベルを一時的にアップさせる「ウチデノコヅチ」と、しっぽの数だけ魔法の対象を増やすことの出来る「ココノエ」という魔法を使うことが出来ます。春姫は元々、イシュタル・ファミリアで娼婦見習いでした。しかし、それは表向きで、実は彼女の持つ魔法「ウチデノコヅチ」が目当てで捕らえられていたのでした。春姫はアポロン・ファミリアの戦争遊戯を機に、ベルらと出会いました。

登場人物の関係⑤女神フレイア

最速兎ベルと関係のある登場人物5人目は、フレイヤは美の女神で、オラリオでトップの実力を有すると称される「フレイヤ・ファミリア」の主神です。フレイヤは、かつてないほどの純真な魂(イノセント)の色を持ったベルのことを非常に気に入り、異様なまでの執着を見せています。

それゆえ、ベルが魔導書をゲット出来るように画策したり、レベル4になったベルに対して「女神の伴侶」という称号を与えようと企んだり、他の神々に対し、ベルのことを「私のモノ」だと主張したりと、ありとあらゆる困難をベルに与え、ベルを困らせます。ただ、ベルはその困難がレベルアップのきっかけとなりました。

アポロン・ファミリアとの関係

アポロン・ファミリアは、買収したソーマ・ファミリアを伴い、ベルとヘスティアの暮らす教会跡を破壊。そして、逃げ回るベルらのことを追いかけ回した挙げ句、リリカルを連れ去りました。リリカルを救うため、ベルらはアポロンの戦争遊戯の申し出を受けます。

そもそも、アポロン・ファミリアが戦争遊戯を仕掛けたのは、最速でのレベルアップを果たしたベルが18階層にて階層主との戦う姿を見た、主神アポロンがベルを気に入り、自分のものにするためでした。戦争遊戯に向けてベルはアイズに特訓してもらい、ヘスティアは仲間を募ります。

そして、ベルらはソーマ・ファミリアを襲撃し、リリの奪還に成功。その後、戦争遊戯でベルがアポロン・ファミリアで団長を務めるヒュアキントスを負かし、アポロン・ファミリアを解散させます。アポロンはオラリオを永久追放処分となり、全財産を没収されました。さらに、関わったメンバーをヘスティア・ファミリアへ加入させました。

Thumbダンまちのシル・フローヴァの正体はフレイヤ?同一人物説やかわいい魅力を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ダンまちのベル・クラネルの装備

装備①兎鎧(ぴょん吉)シリーズ

最速兎ベルの装備1つ目は、兎鎧(ぴょん吉)シリーズという、鍛冶師のヴェルフ製作の防具です。この装備はヘファイストスからセンスの悪いネーミングが残念だと指摘されるほどの売れ残っていたものです。しかし、ベルはこの装備の軽量かつ強固な作りが自身に非常に合っていると直感し、即時購入しました。

その後、ヴェルフがベルの高速な戦闘スタイルにマッチするように改良を重ね、バージョン5まで製作されました。ただ、ヴォルフはどれだけバージョンアップしても、毎回力作が壊されてしまうため、頭を抱えてしまいます。そのため、ヴォルフは最新のバージョン5では自腹で費用をかけ、最高の防御力を有する装備へと改良しました。

装備②ヘスティア・ナイフ

最速兎ベルの装備2つ目は、ヘスティア・ナイフという武具です。このヘスティア・ナイフは、強くなりたいというベルのためにヘスティアが、ヘファイストスに土下座を長時間続けた末に制作してもらったという代物で、価格は2億ヴァリスと高額です。

そのため、ヘスティアはヘファイストスに対して、420回払いの35年ローンという借金を負っており、ヘファイストスが主神を務めるファミリアの支店「バベル」にて、労働する約束となっています。

また、ヘスティア・ナイフは特殊で、ヘスティアが主神を務めるファミリアの恩恵を受けるベルしか扱うことが出来ません。そして、装備する者、ベルの成長に連動し、より強固な武具となっていく生きたナイフでもあります。これをヘファイストスは邪道と呼びますが、強くなりたいというベルの想いを叶えてあげたいヘスティアの想いが込められた武具となっています。

また、ヘスティア・ナイフは刃の表面には神々が使う神聖文字が刻まれており、その文字の解読がブームになっていたダンまちファンの間で話題になったそうです。ヘスティア・ナイフに刻まれた神聖文字は、ひらがなとカタカナを組み合わせたものとして表されていました。小説ではこの文字について描かれていませんでしたが、アニメではヘスティア・ナイフに刻まれた文字は意味のあるものとして描かれており、大反響が合ったそうです。

装備③牛若丸シリーズ

最速兎ベルの装備3つ目は、牛若丸シリーズという武具です。このシリーズの牛若丸という短剣は、初めてベルが退治したミノタウロスの角をもとに製作されました。ミノタウロスの角には、貴重な鉱石であるアダマンタイトが僅かながら含まれており、そのおかげで攻撃力・頑丈さともに最高の短剣に仕上がりました。

その後、ヴェルフは牛若丸二式という、最初の牛若丸を作った時に半分余ったミノタウロスの角を基に作られた武具を製作。ヴェルフがアビリティ鍛冶を身につけてから制作されたため、最初の牛若丸と比べものにならないほど攻撃力が上がり、ヘファイストスが第三等級武装に認定したほどの仕上がりとなりました。

Thumbダンまちの全巻あらすじと感想をネタバレ!小説の魅力とアニメストーリーも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ダンまちのベル・クラネルに関する感想や評価は?

こちらのツイートは「ダンまち」の主人公・ベルが可愛く控えめ、とても芯が強く、かっこいいところが大好きだという感想です。

こちらのツイートは「ダンまち」の主人公・ベルはさすがにまだレベル4だろうけれど、すでにレベル5に到達するほどの偉業を成し遂げたのではないか?あとはアクティビティを挙げるだけなのでは?など、ベルのレベル5到達までの成長が気になるという感想です。

こちらのツイートは「ダンまち」の主人公・ベルと、登場人物との関係についての感想です。ベルが「ダンまち」に多く登場する女キャラたちに振り回されつつも、アイズ一筋に頑張っている姿が評価されています。また、ベルの強さがどれだけになったのか、ベルの今後がとても楽しみなのだそうです。

Thumbダンまち2期が2019年夏に放送決定!放送日はいつ?アニメの内容はどこまで? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ダンまちのベル・クラネルのかっこいい魅力まとめ

いかがでしたか?「ダンまち」のベル・クラネルのかっこいい魅力や、レベル5に近い強さやスキルなどをみてきました。また、ベルと他の登場人物との関係や装備などもみてきました。ベルは赤い瞳の最速兎と呼ばれ、かっこいいキャラとして人気があり、アイズを一途に想っていることが分かりました。また、レベル5到達も近いと言われ、今後の成長が期待されていることが分かりました。

また、女神フレイヤやアポロンに気に入られ、大変振り回されていること、鍛冶師のヴォルフが作った装備を着けていることも分かりました。成長が期待される「ダンまち」の主人公・ベルの今後の活躍に期待しましょう!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ