【ハンターハンター】ツボネはゾルディック家執事!声優や異次元すぎる能力を考察!

ハンターハンターのツボネは、ゾルディック家に仕えている執事ですが、ただの執事ではなく、かなり強い能力をもっています。ハンターハンターの作中には、数多くの強い能力を持ったキャラクターが登場しますが、その中でもゾルディック家の執事・ツボネの能力が異次元過ぎると話題になっています。この記事では、そんなハンターハンター・ゾルディック家の執事・ツボネの強いといわれている能力や、アニメ・ハンターハンターのゾルディック家執事であるツボネの声優についても詳しくご紹介します。

【ハンターハンター】ツボネはゾルディック家執事!声優や異次元すぎる能力を考察!のイメージ

目次

  1. ツボネが登場するハンターハンター
  2. ツボネはどんなキャラ?
  3. ツボネの声優
  4. ツボネの念能力
  5. ツボネの念能力は強いのか考察
  6. ツボネに関する感想や評価は?
  7. ツボネの声優や能力まとめ

ツボネが登場するハンターハンター

ハンターハンターの作品情報

ハンターハンターは、週刊少年ジャンプに連載中(現在休止中)の人気少年漫画です。ハンターハンターの原作者である冨樫義博さんは、同じく週刊少年ジャンプの看板作品であった「幽遊白書」の作者で、冨樫さんの描く漫画はどれも飛びぬけて面白いため、どんなにハンターハンターの休載が繰り返されようと、ファンの心は離れ行かないと言われています。中には、ネームでもいいから掲載してほしいと願っているファンもいるほどです。

ハンターハンターはその人気から、アニメやゲーム、舞台化など様々なメディアに展開され、アニメにいたっては、1作目を新にリメイクした第2作目が放送されました。1998年に連載が開始されいますが、休載が多いため、いまだ36巻までしか刊行はされていません。ファンの中には、ハンターハンターの最終回をむかえるまでに、冨樫さんが死んでしまうのではと心配している人も多いといいます。

ハンターハンターのあらすじ

ハンターハンターの主人公・ゴンは、くじら島というのどかな場所で里親のミトさんと、祖母と一緒に暮らしていました。ずっとこの生活が続くかと思われましたが、あるとき、森で出会った「カイト」というプロハンターから、父親であるジンが生きているという話を聞きます。ジンが優秀なプロハンターということを知ったゴンは、自分もハンターになってジンに会いに行きたいと願うようになりました。

そして、里親であるミトを説得し、ハンター試験を受けることにしたのでした。試験会場に向かう道中で、同じく会場にむかう途中のクラピカとレオリオという男性出会います。3人は意気投合し、試験会場で出会った「キルア」というゴンと同い年の少年とも仲良くなります。4人は助け合いながら試験を次々とクリアしていきました。しかし、キルアは最終試験で違反をしてしまい不合格なってしまいました。

最終試験で、キルアの兄・イルミがあらわれ、そのイルミのせいでキルアの様子がおかしくなったのでした。キルアは実家に帰り、勝手にハンター試験を受けた罰で、次兄のミルキに拷問をされます。「キルアは少しは悪いと思ったから殴られてやった」と言い返し、自力で拘束を解いて父・シルバに「ゴンと友達になりたい」と打ち明けます。一方ゴンたち3人は、キルアを取り戻そうと、キルアの実家である「ゾルディック家」を訪れます。

しかし、正式な入り方をしないと「ミケ」という凶暴な巨大な番犬に食い殺されてしまいます。門番に正式な入り方を教えてもらい、力をつけて正式な入り方で敷地に足を踏み入れることができました。さらに進むと、カナリアという執事が待ち構えており、ゴンたちを排除しにかかります。しかし、いくら殴っても退かないゴンにおされ、進入を許してしまいました。カナリアもキルアを救って欲しいと願っていたのです。

そして、ゴンたちは同じくキルアを慕う執事長「ゴトー」から手荒な歓迎を受けるも、父親から外出を許されたキルアが到着し、4人は再び旅に出るのでした。クラピカとレオリオはそれぞれの目的のため途中でわかれます。ゴンとキルアは天空闘技場という、勝利するとお金がもらえる場所に挑戦して資金稼ぎをします。そこで出会った「ウイング」という人物から、念能力について教わることになりました。

2人の潜在能力は高く、常人をはるかにしのぐスピードで念能力をものにしていきました。そして、ウイングは「裏ハンター試験に合格した。」とゴンに告げるのでした。ハンター試験は終わっておらず、この念能力をマスターしてからが本物のハンターになれるという裏ルールがあったのでした。天空闘技場をあとにした2人は、ミトのまつくじら島に帰りました。するとミトは、ジンがゴンに残した箱を渡してきました。

そこにはカセットテープが入っており、中にはジンのゴンへのメッセージが録音されていました。そして、ジンが仲間とつくった「グリードアイランド」というゲームに挑戦するように指示しました。ジンに会えるかもしれないと考えたゴンは、キルアとともにグリードアイランドを入手することに決めました。グリードアイランドはオークションでかなりの高値で取り引きされており、ゴンたちはその会場のある街にむかいます。

ヨークシンにたどり付いた2人は、レオリオと合流し、資金稼ぎに奔走します。そのころクラピカは、一族の仇である幻影旅団を抹殺し、えぐりとられた仲間の眼球「緋の眼」を取り戻すために「ノストラードファミリー」というマフィアの用心棒となります。幻影旅団は、オークションの商品を略奪しようと考え、保管場所に向かいますが、そこはフェイク会場だったのでした。クラピカはそこで、一人の団員を拘束しました。

クラピカはその団員を殺し、ゴンとキルア、レオリオもクラピカを助けるため協力します。そして、クラピカは団長をもとらえ、団員に接触したり、念を仕えないような念をかけます。そのため、団長は旅団を離れ、幻影旅団の団員は、念を解除する除念師を探す旅に出ました。その後、どうにかグリードアイランドを手に入れたゴンとキルアは、グリードアイランドの仮想世界に入っていきました。

そこで出会った「ビスケ」という見た目は少女ですが、正体は筋肉隆々の女性に出会い、念能力を鍛えてもらいながら、グリードアイランドをクリアしていきます。クリアしたゴンは、グリードアイランドのアイテムを使い、ジンに会おうとしますが、そこにいたのはカイトでした。ゴンとキルアはカイトの仕事を手伝うことにしました。そして、キメラアントという生物が人間を襲っていることをしります。

ゴンたちは退治に出向き、キメラアントたちを倒していきます。しかし、敵の本拠地に近づいたとき、突如としてキメラアントが飛び掛り、カイトは腕を斬りおとされてしまいました。怒り狂うゴンをキルアが気絶させ、戦闘はカイトに任せ、キルアたちは逃げ延びました。カイトを救うには力不足だとハンター協会の面々から言われたゴンたちは、ナックル、シュートというプロハンターに挑みます。

ナックルとシュートに勝てるぐらいの実力をつけらば、カイト救出の時に連れて行ってやると言われたゴンたちは、ビスケの修行のもと懸命に訓練します。しかし、ついに勝つことは出来ず、モラウとノヴというプロハンターにカイト救出を頼みます。なんとかカイトを救出しましたが、カイトは敵の手によって戦闘マシーンにされてしまい、以前のカイトの面影はありませんでした。

ゴンとキルアはカイトを治させるため、キメラアント討伐にむかいます。作戦をたてながら、キメラアントの城に潜入し、キメラアントの王の側近と戦います。ゴンはカイトと戦ったキメラアント「ピトー」に、カイトを治させようとしますが「すでに死んでいるから無理だ」と言われてしまいます。絶望したゴンは急成長をとげ、自身の命と引き換えるかのようなすさまじい念能力を身にまといます。

そして、ピトーを完膚なきまでに殴り殺し、ゴンは力を使い果たし瀕死の状態と成り果ててしまいました。キメラアントの王も、ハンター協会の会長・ネテロの心臓に埋め込まれた爆弾がばらまいた毒により、命を終えました。キルアはゴンを治すため、実家にもどり、弟であるアルカの力を使おうと考えます。アルカには「ナニカ」という人格があり、ナニカは人の願いを叶える力があるのです。

ナニカはお願いをきくと、ほかの人物に相応の見返りをもとめ、応じないと関係のある人物も含め死んでしまうというデメリットがありますが、アルカとナニカはキルアに懐いており、キルアのお願いには見返りを求めません。ゾルディック家の面々はナニカの力を恐れ、キルアとナニカを家に連れ戻そうとしますが、キルアの機転により失敗に終わりました。

そして、ナニカの力でゴンは元に状態に戻り、父親であるジンとも会うことができたのでした。ジンはハンター協会の会長の補佐である十二支んのメンバーであり、新しい会長を決める総選挙に出ていました。カイトはキメラアントに生まれ変わっており、なぜか少女の姿になっていました。ゴンはカイトと再会し、激励をしてもらいます。そして、ジンは「世界樹のてっぺんで待っている」とゴンにメッセージを残しました。

常人ではとても登りきれないほどの世界樹でしたが、ゴンはラクラクと登っていきます。頂上には巨大な鳥の巣があり、ジンはそこでゴンを待っていました。ゴンはカイトの話しや、今までの冒険の話を楽しそうにします。するとジンは、「この世界樹は、成長が止まっている」「本物の世界中は、この星の空を突き抜けるほどの大きさだ」ということをゴンに告げます。

さらに「この世界は、本当の世界の一部でしかなく、未知の大陸が海の向こうに広がっている」といいます。ゴンはその話を聞いてワクワクします。ジンは未知の大陸「暗黒大陸」を探索したいと語ります。暗黒大陸は、あまりに危険なため、渡航を禁止され、その存在をも隠蔽された大陸です。しかし、強く渡航を禁止していたネテロが死亡したため、息子であるビヨンドが渡航をしようと騒ぎ立てます。

ビヨンドは、世界的財源をもつ「カキン帝国」をスポンサーにつけ、暗黒大陸渡航をもくろみました。ネテロの遺言ビデオに「ビヨンドを監視せよ」という遺言が残されていたため、十二支んはビヨンドを拘束します。しかし、ビヨンドは何か策があるのか余裕の表情です。レオリオとクラピカも十二支んに入り、協力を誓います。

ジンも暗黒大陸へ渡航しようと考えており、元十二支んのパリストンを中心とする探検隊のメンバーに入り、仲間からも信頼されるようになります。クラピカは、仲間の緋の眼が、カキンの第四王子のもとにあると知り、接触するために募集されていた王子の護衛に応募します。しかし、その王子は末子の第14王子だったのでした。クラピカは14王子を守りながらも、緋の眼をとりもどす方法を考えます。

船内にはカキン国王やカキン王子が全員乗っており、国王の後継者を決める試練も始まっていました。国王となる王子以外は死亡するしかないという非情は試験であり、王子たちはどうやって自分が生き残るかを考えます。さらに、幻影旅団の団員を殺したヒソカも乗船しており、追ってきた旅団員たちも全員乗船しています。

試練がはじまり、次々と命を落とす王子、ヒソカを探す旅団たち、新たなる敵など、様々な展開が繰り広げられます。果たして、クラピカは無事緋の眼を取り戻すことが出来るのでしょうか?連載の再会が切望されています。

『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ツボネはどんなキャラ?

強い能力の持ち主・ツボネはゾルディック家執事

ツボネとは、漫画・ハンターハンターの主人公の一人である「キルア・ゾルディック」の実家である「ゾルディック家」に仕える執事です。老婆ながらにして、屈強な肉体を持ち、その強い特殊な念能力でゾルディック家に仇なすものを排除しています。ゾルディック家の当主の命令には忠実にしたがい、ますが、情を捨てきれないところがあり、特にキルアには厳しくも甘くなってしまう面も見せます。

キルアに対して「キルアぼっちゃん」と呼べるのはツボネだけであり、キルアも口うるさいツボネを苦手としながらもツボネのことを信頼している様子です。ツボネは通常の執事とは違い、当主・シルバの直属の執事です。そのため執事長である「ゴトー」の下に属しておらず、ゴトーからは「ツボネ先生」と尊敬の意味を込めて呼ばれています。

ハンターハンターの作中には、数多くの強い能力を持ったキャラクターが登場しますが、その中でもゾルディック家の執事であるツボネの念能力は強いと言われており、また、その強いと言われている能力も、一風変わったものになっています。次の項目から、ハンターハンター内に登場するゾルディック家執事・ツボネの強いと言われている能力や、アニメ・ハンターハンターのツボネの声優についてなど、詳しくご紹介していきます。

強い能力を持つツボネが執事を務めるゾルディック家とは?

ゾルディック家とは、暗殺を家業としている殺し屋一家の住む家です。ククルーマウンテンという場所にゾルディック邸は建っており、観光名所にもなっています。そのためバスツアーも開催されており、怖いものしらずの挑戦者たちがゾルディック邸への門を訪れては、敗れています。ゾルディック邸への門は、片方2トンもあり、その先にはさらに重い門が次々と立ちはだかっています。

その門を通らずに、ほかのルートから敷地内に入った場合は「ミケ」と呼ばれる巨大な番犬に食い殺されるシステムとなっています。ハンターハンターの主人公・ゴンは、ミケと友達になろうとしますが、ミケの目を見た瞬間、凍り付いてしまいました。どんな生き物とも心を通わすことの出来たゴンですら、「怖い、戦いたくない」と冷や汗をたらしていました。

ミケに感情はなく、機会のように命令を忠実に守るようにしつけられており、いつも餌をあげている門番にすらルールを破れば躊躇なく襲い掛かると門番は語りました。正式なルートを通って敷地に入っても、さらなる門番(執事)がおり、当主の許しなし入ってきた侵入者を容赦なく排除します。

しかし、冷酷な殺人者などではなく、キルアを慕っており、ゴンがキルアを家から連れ出そうとしていると知った際には、「キルア様を助けて」と涙ながらに訴える執事もいました。ゾルディック家は、キルアの両親と5人兄弟で構成され、その他キルアの高祖父、曽祖父と祖父母も同居していると言われています。しかし、そのうち祖母は名前はおろか姿さえも登場していません。

代々暗殺家業を営んでおり、金にならない無用な殺生は基本的に行いません。キルアの祖父が、ハンター協会の会長・ネテロに雇われてキメラアントの城に奇襲をかけたさいは、無関係の人間の少女・コムギを負傷させてしまい、悔やむ場面もありました。基本的に、キルアの祖父と父親は、冷酷な殺し屋ではありますが、完全に人間の心を捨てているわけではなく、情に深いところも持ち合わせているようにも見えます。

しかし、キルアの母親と、長兄・イルミ、次兄・ミルキは母親にそっくりで、無関係な人間を巻き込むことなどなんとも思わない冷酷ぶりを見せています。そのため、私情は挟まないように心がけているツボネも「母親にのイルミ様はどうも好きになれない」と思っています。四男のアルカは、暗黒大陸から襲来した謎のガス生命体「アイ」に寄生され、「ナニカ」という別の人格を持ちます。

ナニカの能力はいつどの瞬間現れるかわからず、おねだりを聞いてくれないと、その聞いてくれなかった人と、その人と関りがある人たちが死ぬという恐ろしい力を持ちます。その力をコントロール出来ないと判断したシルバたちの判断により、アルカはゾルディック家の奥深くに監禁されています。しかし、兄・イルミの洗脳を解いたキルアにより、アルカは救出され、現在はキルアと2人で仲良く旅をしています。

末子である「カルト」は、他の兄弟に比べて感情を表にだすことが多く、キルアをゴンたちにとられたと思い、やきもちを焼いている様子も見られます。兄を取り戻すため、幻影旅団に入団し、すぐにナンバー1、2になれると思っていましたが、幻影旅団の強い能力を目の当たりにし、自分の力が未熟だということを認めました。現在は兄・イルミも幻影旅団に入団しており、ヒソカを殺すために共闘しています。

ゾルディック家の強い執事・ツボネの孫娘はアマネ

ツボネには孫娘・アマネがおり、ツボネと同じくゾルディック家の執事として仕えています。キルアの父親であるシルバの命により、キルアとアルカの監視を行いました。表面上は、私情に流されないよう冷静を装いますが、キルアに対して雇い主以上の感情を持っており、キルアを慕うカナリアに対して対抗心をもやす一面もあります。

Thumbハンターハンターの名言と名場面まとめ!ジンやクラピカなどの名セリフを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ツボネの声優

ハンターハンター・ゾルディック家の執事ツボネの声優は谷育子

アニメ・ハンターハンターで、ゾルディック家の執事であるツボネの声優をつとめたのは、声優・谷育子さんです。声優・谷育子さんは、主に中高年の女性や、地位の高い女性などの声優を担当することが多いですが、「スポンジ・ボブ」では、少年の役を演じたこともあります。声優・谷育子さんは、基本的にアニメよりは洋画の吹き替えの声優することが多いようです。

ハンターハンター・ゾルディック家の執事の声優:谷育子のプロフィール

ハンターハンターのツボネの声優である谷育子さんは、79歳にしていまだ現役で活躍しているベテラン声優です。高校を卒業後に、1960年の映画「武器なき斗い」でデビューを果たすと、劇団俳優座に入団しました。その声質を活かし、主に洋画に吹き替えを多く担当する声優となりました。

ハンターハンター・ゾルディック家の執事の声優:谷育子の他の出演作

声優・谷育子さんは、主に洋画の声優を務めることが多く、数多くの吹き替えを担当しています。中でも有名なのは「ハリーポッター」の「マギー・スミス」役となっています。アニメでは、ムーミンのママの声優や、人気長寿アニメ「サザエさん」の磯野フネ役の代役として磯野フネの声優を担当したこともありました。

Thumb【ハンターハンター】ピトーのかわいい画像まとめ!人気の理由と強さ・能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ツボネの念能力

ツボネの念能力は大和撫子七変化

ツボネの念能力は「大和撫子七変化(ライダーズハイ)」という能力で、ツボネ自身の身体をバイクのような形に変化させて、本物の乗り物のように人を乗せることができます。この能力は、変化したあとにツボネ自身で身体を動かすことはできないため、他の念能力者が自分のオーラを使い操作する必要があります。

ライダーズハイにカナリアとアマネが乗車した際は、キルアの能力「電光石火」をはるかに上回るほどのスピードを出しました。

ツボネの念能力は珍しい?

自らの身体を乗り物に変化させるという能力は、ハンターハンターのキャラクターの中では、今のところツボネのみとなり、非常に珍しい能力となっています。ハンターハンターの作中では、バイクや小型のヘリに変化をし、ミサイルまでも発射することができました。

Thumbマラヤーム=ホイコーロの守護霊獣(念獣)は?能力を考察【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ツボネの念能力は強いのか考察

ゾルディック家執事:ツボネの強い念能力①変身できる乗り物

ツボネの念能力「ライダーズハイ」は、もしかするとどんな乗り物にも変化が出来るのかもしれません。さらに、操縦者のオーラの強さによって強度も変わりますので、軍用兵器に変化したツボネに、トップクラスの念能力者が乗車すれば、ライダーズハイは、最強に近い念能力ともいえるのです。

ゾルディック家執事:ツボネの強い念能力②使い所

ハンターハンターの作中で、バイクに変化したツボネにアマネとカナリアが乗車しただけで、キルアの電光石火をしのぐスピードを見せたので、それ以上のオーラをもつキャラが乗った場合は、誰も追いつけないほどのスピードが出せる可能性があります。

そのため、使いどころとしては、追尾や逃走の際に活用したり、前述したとおり、軍用兵器に変化して、強力なオーラをもつ能力者に乗車させて戦うなど、サポートと戦闘、両方の場面で使いどころがあると考えられます。

ゾルディック家執事:ツボネの強い念能力③制限の有無

万能かと思われるツボネの念能力ですが、あまりに強い念能力に対して、制限がついてしまうことがハンターハンターの定番設定ですので、ツボネの身体以上の大きさを超えるものには変身できない可能性もあります。ツボネは人間の姿の時に2メートル以上の身長がありますので、どんな強力な乗り物に変化しても、2メートル以上の大きさには変化できない可能性があります。

Thumbハンターハンターのハンゾーの強さや念能力・系統を考察!強くなった理由は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ツボネに関する感想や評価は?

ハンターハンターのツボネが、キルアのために流した涙に感動したという感想です。私情をはさんではいけないとわかりつつも、ついキルアへの想いが溢れてしまったツボネに涙を誘われた視聴者は多いようです。

ジブリアニメ「天空の城ラピュタ」の登場人物であるドーラと、ツボネが似ているという感想です。性格は真逆のようですが、髪形など、共通点は多く、2人とも大好きだと語っています。

Thumbハンターハンターのレイザーの強さは?登場シーンと念能力14人の悪魔を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ツボネの声優や能力まとめ

ハンターハンターのツボネは、キルアの実家であるゾルディック家の執事で、厳しいながらもキルアに愛情をもって接しています。また、その念能力は自らの身体を乗り物に変えることができ、操縦者のオーラの力によって強弱が変わるといいます。ツボネはゾルディック家の執事なので、今後活躍の場があるかは疑問ですが、その能力にはまだ謎が多く含まれています。

キルアを想うツボネの心に討たれたファンも多く、ツボネの再登場を望む声も多いため、もしかしたらまたツボネの能力や活躍が期待できるかもしれません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ