【呪術廻戦】五条悟の六眼(りくがん)を考察!目隠しの理由や失う可能性は?

呪術廻戦で六眼(りくがん)を駆使して相手の能力や術式を見抜くことができる五条悟は、目隠しの理由や六眼を失う可能性についても囁かれるようになります。無下限呪術などの術式・能力を披露して圧倒的な強さを放っている五条悟は、誰に対してもフランクに接することができる呪術高専の教師となっていました。そこで、呪術廻戦で白髪で美しく端正な顔立ちをしている五条悟の六眼(りくがん)を考察!目隠しの理由や六眼を失う可能性は?強さや術式、アニメ声優なども紹介します。

【呪術廻戦】五条悟の六眼(りくがん)を考察!目隠しの理由や失う可能性は?のイメージ

目次

  1. 五条悟とは?
  2. 五条悟の六眼とは?
  3. 五条悟が六眼を目隠しで隠す理由や元ネタ
  4. 五条悟は六眼を失う?
  5. 五条悟の術式や強さ
  6. 五条悟のアニメ声優
  7. 五条悟に関する感想や評価
  8. 五条悟の六眼まとめ

五条悟とは?

呪術廻戦で美しい目をしている五条悟は、相手の術式や能力を瞬時に見抜いてしまうという六眼(りくがん)を生まれつき持っていました。誰もが戦う上で手に入れたい能力であったため、幼少期から五条悟の六眼(りくがん)を巡って様々な陰謀が企てられるようになります。誰もが欲しがる六眼を隠すために戦い以外では布やサングラスによって目を隠すようになってしまったのかもしれません。

目隠しの理由や六眼を失う可能性についてもさまざまに考察されるようになった五条悟は、かなりの甘党となっています。どのような状況でも決して諦めずに戦うことができる五条悟は、年上に対してもかなり失礼な態度を取ることができる本質を追求するタイプのキャラとなっていました。そこで、呪術廻戦でユニークな言動を披露している五条悟の無下限呪術などの術式・能力や六眼(りくがん)、アニメ声優、強さなども紹介します。

呪術廻戦の作品情報

呪術廻戦の概要

テレビアニメにおいて2020年10月~2021年3月に渡って放送された「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」は、TBS系列や毎日放送ほかから全24話によって展開され大人気となりました。テレビアニメが放送されたことで注目を集まるようになった呪術廻戦は、2021年12月24日には「劇場版 呪術廻戦 0」というアニメ映画が公開予定となっています。テレビアニメや劇場版においても話題となるメディアミックスとして人気となりました。

全国書店員が選んだおすすめコミック2019において第1位になった呪術廻戦は、週刊少年ジャンプ(2018年14号から)によって連載されている漫画が原作となっています。単行本において17巻まで刊行されている呪術廻戦は岩手県出身の芥見下々さんによって描かれました。人間の負の感情によって誕生した呪霊や呪術師との戦いが描かれているバトル・ダークファンタジーとなっており、6000万部の累計発行部数を記録しています。

呪術廻戦のあらすじ

人を外見で判断しない、真理を見抜く力を持っている虎杖悠仁は、祖父を失ってしまってからも祖父の教えに沿って自分に与えられた力を周囲のみんなのために使用する心優しい青年となっています。高校に呪霊が登場した際にも自分の命を惜しまずに先輩や友達を助けようとしていました。そのため、宿儺の指を食べて融合してしまった際にも特級呪術師の五条悟の助けによって死刑を免れることができ、呪術師になることにしました。

五条悟のプロフィール

呪術廻戦で端正な顔立ちを持っているイケメンの五条悟は、生まれつき六眼(りくがん)を持つ人物となっていました。特殊な能力を持って誕生した五条悟は、その能力を悪用しようとする人物たちに命を狙われるという過酷な日々を送っていたのです。六眼を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力にも注目が集まっている五条悟は、日本において四人しか存在していない特級呪術師の一人でもありました。

  • 名前:五条悟(ごじょうさとる)
  • 等級:特級呪術師
  • 所属:都立呪術高専の一年生のクラス担任
  • 年齢:28歳
  • 生年月日:1989年12月7日
  • 外見:端正な顔立ち、白髪で細身の男性
  • 特徴:六眼(りくがん)を持っている
  • 親戚:乙骨憂太(特級呪術師)
  • 出身:御三家・五条家

御三家の一つとなっている五条家出身の五条悟は、呪術高専の東京校の生徒となった乙骨憂太とは遠い親戚関係となっていました。常にいいかげんな言動を放って周囲を混乱させる要素を持っている五条悟は、呪術師の中でも最強の能力を持った呪術師の一人となっています。ふざけたような態度やいいかげんな言動を放っている五条悟は、六眼(りくがん)によって瞬時に相手の能力や呪術を見抜いてしまうという能力を持っていたのです。

五条悟の過去

呪術廻戦で無駄に軽いノリで周りを振り回す傾向がある五条悟は、現在は呪術高専の一年生の担任を務めています。しかし、10年前は呪術高専の東京校の生徒だったのです。当時二年生だった五条悟は親友と呼べる夏油傑という存在がいました。同級生となっていた二人は常に一緒に任務を遂行することが多くなっていたので、お互いの強さや能力、術式においてもよく理解している関係となっていました。過去編は8巻~9巻となっています。

六眼(りくがん)を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力にも注目が集まっている五条悟は、学内においてもトップクラスの夏油傑をかなり信用しており、二人はやんちゃなコンビとして圧倒的な強さを披露していました。学内には先輩もいましたが、先輩を上回る強さや能力を持っていたため、呪術師界においてトップを務めている天元様からも直接任務を与えられる存在となっていたのです。

最強コンビといわれていた軽薄な振る舞いの五条悟と意外と真面目で紳士的な振る舞いをする夏油傑は、お互いを信頼しながら最強の呪霊と戦っていきました。しかし、ある少女の護衛において死にそうになった五条悟は覚醒してどんどん強くなっていきました。ある少女の護衛の失敗と死によって心が壊れてしまった夏油傑は、最悪の呪詛師となってしまいます。かつての親友の暴走によって五条悟は夏油傑を葬ることになりました。

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

五条悟の六眼とは?

六眼の読み方は「りくがん」

呪術廻戦で生まれつき五条悟が持っている能力としては、相手の術式を見抜くことができる六眼をあげることができます。相手の手の内を全て見抜いてしまう六眼の読み方は「りくがん」となっていました。9巻では「りくがん」となっているのに対して、8巻では「ろくげん」となっています。そのため、「眼」という漢字を「限」と読み間違えてしまったのではないかと考察している人も多くいました。

美しい碧眼を持っている五条悟は、相手を一目見ただけで扱う術式を見抜いてしまうという能力を持っている六眼(りくがん)の持ち主となっています。その他には、どのような微かな呪力でも察知してしまう力もあったのです。さらに、呪力を緻密に操作してしまう恐ろしい能力も持っていました。美しい碧眼の六眼(りくがん)は、これさえ持っていれば最強といわれるほどの素晴らしい能力でもあったのです。

自他ともに認める最強呪術師である五条悟は、六眼(りくがん)を持っていたことで幼少期は命を狙われてしまうという恐ろしい体験をして育ちました。六眼を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力にも注目が集まっている五条悟は、誰もが欲しがる六眼を手にしていたため標的となってしまいますが、誰も五条悟の命を奪うことはできなかったのです。幼少期から最強の力を持っていたため周囲を寄せ付けなかったのです。

六眼と五条家の関係

呪術廻戦で凛々しくかっこいい姿を披露している五条悟は、呪術界で御三家の一つとなっている五条家の出身となっています。五条家に誕生した全ての人が六眼(りくがん)を持っているわけではありません。御三家の一つである五条家においても六眼を持って誕生した五条悟は、400年ぶりと喜ばれていました。そのため、五条家においても五条悟は貴重な存在だったのです。

六眼を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力についても話題となっている五条悟が誕生する400年前に存在していた六眼の持ち主は慶長年間の五条家当主となっていました。六眼を持って誕生した五条悟は、「無下限呪術」という術式を扱うことができますが、無限を自在に操ることができるためには六眼が不可欠だったのです。原子レベルの繊細な呪力操作が必要となってくる無下限呪術は相当珍しい術式となっていました。

無限を自分の味方にしてしまう無下限呪術を活用するためには六眼が必要不可欠であるため、何を考えているのか掴みにくい性格の五条悟のみが唯一使いこなすことができる術式となっていたのです。相手の術式を全て見抜いてしまったり、無限を味方にして自分に攻撃を放てなくしたりすることができる六眼の持ち主の五条悟は、呪詛師にとっては恐ろしい存在となっていました。そのため、幼少期から命を狙われるようになったのです。

六眼の能力

能力①初めて見る術式を見破る

呪術廻戦で五条家においても400年ぶりの逸材だといわれている六眼(りくがん)を持って誕生した五条悟は、六眼を利用することで相手の術式を瞬時に見破る、呪力を操作することができました。そこで、特級呪術師として圧倒的な強さを披露している五条悟の六眼(りくがん)の能力を紹介します。五条家においても滅多に誕生しない六眼には、初めて見る術式を見破るという素晴らしい能力がありました。

六眼を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力にも注目が集まっている五条悟は、呪術高専の東京校の生徒だった際に上記の画像のように分身男の術式を瞬時に見破ってしまいます。いいものを持っているものの、かなり弱かったためそのことに疑問を抱いていました。分身男が自分の術式を披露していないのに、見抜かれてしまったため、不思議に思ってなぜ知っているのかと聞いた際にはクールに目がいいからと答えていました。

穏やかに話すことができる五条悟からは、圧倒的な自信と最強の強さがにじみ出ていました。サングラスを外して戦う姿勢を見せた五条悟は、圧倒的な強さによって分身男である呪詛師を倒してしまいます。呪霊や呪詛師との戦いにおいて相手の術式を見破ることができれば、対応策もおのずとわかってきます。お互いに術式を扱える人物となっているため、相手の術式を見抜けることはかなり有利に戦えることになりました。

能力②呪力の雰囲気を読み取る

呪術廻戦で圧倒的な強さを披露している五条悟は、六眼(りくがん)を駆使することで呪力の雰囲気を読み取る能力も手にすることができました。失う可能性や無下限呪術などの術式・能力についても話題となっている五条悟は、普通の高校生である虎杖悠仁が宿儺の指を食べてしまった際にも瞬時にそれを確認することができています。また、渋谷事変を計画した偽夏油と出会った際にもすぐに見破ることができていました。

かつての親友である夏油傑とそっくりであるものの、何かが異なる偽夏油の登場によってさすがの五条悟も混乱してしまいます。しかし、かつて自分が親友である夏油傑をたしかに倒した記憶を辿り、六眼によって呪力の雰囲気を読み取ったことで自分が知っている夏油傑でないことを見抜きました。通常の相手とは異なり偽夏油の場合はさまざまな私情が入り混じってしまったため時間がかかり、封印されてしまうことになったのです。

たった、1分の時間を偽夏油に与えたことで五条悟は、封印されてしまいました。五条家においても400年ぶりの誕生となった六眼の五条悟は、呪力の雰囲気を読み取ることができるからこそ、夏油傑の身体を乗っ取った偽夏油を見抜くのに時間がかかってしまったのです。最強といわれている六眼では、相手の術式を見破るほかに、呪力の雰囲気を読み取る、緻密な呪力操作をすることができるという能力を持っていました。

五条悟の六眼の色は何色?

呪術廻戦で日本人離れした容姿を持っている男性の五条悟は、黙っていれば誰もを魅了してしまうような美しさを放っていました。彼はあまりにも美しいイケメンの姿を隠すかのように、戦闘時以外はサングラスや布で目を覆っています。そこで、圧倒的な強さを披露している五条悟の六眼(りくがん)の色を紹介します。1巻での登場当初は目隠しをしている五条悟は謎めいたキャラクターとなっていました。

黒い布によって目を覆っていたため、そのような雰囲気の顔をしているのかは不明な状態となっていたのです。しかし、原作漫画4巻の表紙では片目だけを披露していたため、かなりのイケメンではないかと注目を集めるようになります。六眼を失う可能性や無下限呪術などの術式・能力も話題となっている五条悟は、片目を披露しただけで多くの女性を魅了してしまう美形を披露したのです。その時はネイビーや紺色のような目の色でした。

特級呪術師として活躍している五条悟の素顔が披露されたのはテレビアニメ「急襲」第7話となっています。特級呪霊である漏瑚との戦いにおいて「無量空処」という領域展開を放とうとした五条悟は、ついに両目を披露することになりました。その時の五条悟の六眼の色は、やや翡翠(ひすい)色に近い宝石のように透き通った碧眼となっていました。宝石のように輝く六眼を披露した五条悟は、一気にモテキャラとなってしまいます。

Thumb【呪術廻戦】夏油傑の公式イメソンを紹介!日本語訳や歌詞の意味を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟が六眼を目隠しで隠す理由や元ネタ

考察①五条悟が六眼を目隠しで隠す理由

呪術廻戦で謎めいた言動が多い五条悟は六眼(りくがん)を駆使して戦っているため、多くの呪霊や呪詛師たちが恐れる存在となっていました。そこで、イケメンでかっこいいと評判の五条悟が六眼を目隠しで隠す理由や元ネタを紹介します。六眼を失う可能性や無下限呪術などの能力・術式にも注目が集まっている五条悟は、六眼によって相手のあらゆる情報を得ることができました。

そのため、戦闘においては圧倒的に有利に戦うことができますが、目隠しをしない状態で過ごした場合は日常生活においてはかなり疲れてしまう状態となるようです。五条悟の六眼によって脳が焼き切れるほどの消費をすることになるからです。無限を味方にすることができた五条悟は、オートマチックに情報を得られる状況まで能力を高めることができました。

覚醒した五条悟は、そのままの状態では呪力を消費し過ぎて自滅してしまうことになるため目隠しをしていると考えることができそうです。敵対する相手の術式を見破ったり、呪力の雰囲気を読み取ったり、緻密な能力操作ができる五条悟は、意識的に休まなければ身が持たない状態まで覚醒してしまったのでしょう。そのため、日常生活においては目隠しをしていると考えることができます。

考察②五条悟の六眼の元ネタ

呪術廻戦で美しい碧色の六眼(りくがん)を持っている五条悟は、宝石のような輝く瞳を披露していました。そこで、白髪・長身でかっこいいと評判の五条悟の六眼の元ネタを考察していきます。六眼(りくがん)を失う可能性や無下限呪術などの術式についても注目が集まっている五条悟は、輝く宝石のような六眼を持っていますが、仏教の五眼が元ネタになっているのではと考えることができそうです。

大乗仏教において、修行の段階では5つの能力によって区別されています。その5つの段階とは、仏眼(ぶつげん)、法眼(ほうげん)、慧眼(えげん)、天眼(てんげん)、肉眼(にくがん)の眼に例えたものとなっていました。仏眼(ぶつげん)は最上位となっており、全てを備えた眼を意味していました。その下の法眼(ほうげん)は菩薩の持つ眼を意味し、慧現(えげん)は真理の平等を見抜く眼となっています。

その下の天眼(てんげん)ではあらゆることを見通すことができる眼を意味し、その下の肉眼(にくがん)は通常の人が持つ目とされており、現実世界の形のあるものしか見ることができない眼を意味していたのです。仏眼(ぶつげん)は全てを見通す眼であり5つの眼を兼ね備えていることになります。六眼とはその仏眼すらも超越していることを意味する眼を意味しているのかもしれません。

Thumb【呪術廻戦】日車寛見は元弁護士の死滅回游プレイヤー!術式・式神や強さを考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟は六眼を失う?

考察①五条悟は罠にハマり封印された

呪術廻戦で美しい碧眼を持っている五条悟は極悪な考えを持っている偽夏油に封印されてしまったことで、六眼(りくがん)を失う可能性についてもさまざまに考察されるようになりました。そこで、無下限呪術などの術式・能力も話題となっている五条悟の最強の強みとなっている六眼を失う可能性について考察していきます。渋谷事変において最強だと自他ともに認められている五条悟は罠にハマり封印されてしまいました。

無限を味方にしている五条悟を封印することは至難の技となっています。しかし、かつての五条悟の親友である夏油傑の身体を乗っ取ったことで簡単に五条悟の心を乱し、1分の時間を作り出せると偽夏油は確信していました。そのため、渋谷事変において五条悟の前に堂々と登場した偽夏油は、心が乱れ少し動きが止まってしまった五条悟の一瞬の隙をついて封印することができたのです。

封印させれてしまったことで六眼も失われる?と心配されましたが、六眼は無事だったようです。圧倒的な強さを誇っている五条悟を封印することに全力を注いだ偽夏油は、最高の能力を秘めている六眼を奪うことは無理だったようです。封印されてしまった五条悟は、六眼などのあらゆる能力や術式は奪われずただ、時が止まった空間に閉じ込められてしまいました。

考察②五条悟の六眼喪失の噂の理由は獄門疆のデザイン?

呪術廻戦で渋谷事変において封印されてしまった五条悟の六眼(りくがん)を失う可能性についてさまざまに囁かれるようになりましたが、実際は六眼は奪われず術式も健在だったことで誰もが安心したようです。無下限呪術などの術式・能力も話題となっている五条悟が封印されてしまった際には、下記の画像のように目が付いた獄門疆のデザインとなっていたため六眼喪失の噂が立ってしまいました。

獄門疆とは特級呪霊である漏湖でさえも欲しがっている特級呪物となっていました。そのため、相当の力を持った特級呪物であることがわかります。しかし、獄門疆という特級呪物はあくまでも目のデザインが施されている箱であるため、最強の五条悟を封印できるだけの能力はあるものの、相手の能力や術式まで奪う力はなかったようです。時が止まった空間へ投げ出されてしまったような状態となっていました。

特級呪術師となっている五条悟が封印されてしまったことで、呪術高専の東京校の生徒たちも動揺してしまいますが、担任である五条悟を救おうとトップに位置している天元様にアドバイスをもらいに行っていました。獄門疆のデザインが披露されたことで、五条悟の素晴らしい能力である六眼が失われるのでは?と心配した人もいましたが、健康な状態で時が止まった空間にいるということで安心した人も多かったようです。

Thumb【呪術廻戦】ナナミンがメガネ(サングラス)をしている理由は?素顔や過去も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟の術式や強さ

呪術廻戦で六眼(りくがん)を失う可能性や無下限呪術などの術式にも注目が集まっている五条悟は、日本人離れした美しい顔を持ったイケメンとなっています。そのため、女性の心を鷲掴みにしてしまう人気キャラとなっていました。甘党で脳をいつもイキイキさせている五条悟は圧倒的な強さを披露していました。そこで、相手の術式を瞬時に見抜いてしまう五条悟の術式や強さを紹介します。

五条悟の術式や領域展開

無下限呪術

呪術廻戦で六眼(りくがん)を披露している五条悟の術式や領域展開を紹介します。特級呪術師となっている五条悟は、無限を現実にしてしまうという「無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)」を扱うことができる呪術師となっていました。あらゆる空間には無限が広がっています。無下限呪術を使用することができる五条悟は、無限を味方にしてしまったことであらゆる空間を支配することができたのです。

無限を現実化することができる彼は、戦いにおいて相手の呪力による攻撃はもちろん、打撃や返り血であっても受けることができない状況を作り出すことができました。敵対する相手が五条悟に近づきたいと思えば思うほど、結果的に離れることになってしまったのです。そのため、敵対する五条悟との戦いにおいてあらゆる攻撃や術式が全く効かない状況を作り出してしまう術式が無下限呪術だったのです。

無下限呪術は応用して使用することもできました。自身の攻撃を加速することができたり、長距離を瞬間移動したりできました。しかし、ある条件が揃わなければ応用することができないため、簡単に応用できるということではなかったようです。無下限呪術を扱うためには六眼も必要不可欠となっていました。無限を緻密にコントロールすることが必要であったため、六眼を持っている五条悟だからこそ扱える術式となっていたのです。

術式順転「蒼」

呪術廻戦で無下限呪術などの術式を扱うことができる五条悟は、術式順転「蒼」(じゅつしきじゅんてん あお)という術式も扱うことができました。六眼(りくがん)を失う可能性について心配されていた五条悟は、無下限呪術の本来の術式を強化することで術式順転「蒼」を使用することができたのです。術式順転「蒼」とは吸い込み反応である「収束」を現実に発生させることができる術式となっていました。

吸い込み反応を動かすことによって、凛々しくかっこいいと評判の五条悟は、荒れていた状態の土地であっても更地に変えることができたのです。術式順転「蒼」の応用によって瞬間移動することもできる彼は、特級呪霊である宿儺や漏瑚との戦いにおいても認識できないようなスピードによって殴打を放つことができました。術式順転「蒼」によって相手も把握できない素晴らしい攻撃を放つことができたのです。

術式反転「赫」

呪術廻戦で六眼(りくがん)を失う可能性についてもさまざまに考察されていた五条悟は術式反転「赫」(じゅつしきはんてん あか)という術式も扱うことができました。何を考えているのか掴みにくい性格の五条悟は、無下限呪術の術式反転となる術式反転「赫」を活用することで進化することができました。呪術高専の東京校の生徒だった頃はまだ未熟であったため、かなり失敗しており苦手としていた術式となっています。

ある少女の護衛を任された際に死にそうになった五条悟は、仕方なく術式反転「赫」を放ったことで自分の新たな力に目覚めることができました。術式反転「赫」とは術式順転「蒼」とは異なり、無限を「発散」させる術式となっています。衝撃波のような対象物を弾き飛ばすように無限を発散させることで、相手を回避不能なまでに強烈に吹き飛ばすことができました。

回避不能なまでに強烈に吹き飛ばすことが可能な素晴らしい術式となっていますが、出力が非常に大きすぎるため、周囲に人がいる際には使用することができない扱いにくい術式でもあったのです。渋谷事変においては多くの人が人質に取られていたため、術式反転「赫」という術式は扱うことができませんでした。しかし、周囲に誰もいない時にはかなり威力を発揮する術式となっています。

虚式「茈」

呪術廻戦で五条家において400年ぶりの六眼を持った人物として誕生した五条悟は、無下限呪術をはじめとしてかなり強力な術式を扱うことができる特級呪術師となっています。彼は虚式「茈」(きょしき むらさき)という術式も使用できるようになります。

吸い込み反応である収束を現実に発生することができる術式順転「蒼」や強烈な吹き飛ばし技である術式反転「赫」を扱えるようになった五条悟は複合術式も扱えるようになります。虚式「茈」とは術式反転「赫」と術式順転「蒼」の複合術式だったのです。五条家の奥義ともなっており、五条家においても使用できるのは極わずかの人物となっていました。

無量空処

呪術廻戦で特級呪術師となっている五条悟は、無量空処(むりょうくうしょ)という領域展開も使用することができました。無下限呪術などの術式・能力や六眼(りくがん)を失う可能性にも注目が集まっている五条悟は、宇宙空間のような領域に相手を引き込んで、伝達や視覚を無限回強制することで、相手をパニックに陥らせて自分の思考で行動できなくすることができたのです。

伏黒恵には五条悟と同じポテンシャルがある?

呪術廻戦で圧倒的な強さを披露している五条悟は生まれながら持っている六眼(りくがん)のおかげで、周囲を寄せ付けない能力を持つことになります。現在において彼に並ぶ人物はなかなか登場していませんが、無下限呪術などの術式・能力を披露している五条悟同様にかつて素晴らしい能力を持った人物がいました。

その人物とは禅院家出身であり、呪術高専の東京校の生徒である伏黒恵が扱うことができる「十種影法術」という禅院家の奥義を持つ人物だったのです。しかし、御三家の手合わせをした際に、五条家のみが生き残り、他の二人は死亡してしまいます。

それ以来、五条家と禅院家の仲は険悪となり、その時禅院家の代表として戦ったのは「十種影法術」という術式を扱える人物であるため、五条悟と同じポテンシャルを持っているのは伏黒恵ではないかと囁かれるようになったのです。

Thumb【呪術廻戦】狗巻棘には悲しい過去がある?おにぎりの具で話す理由をネタバレ考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟のアニメ声優

中村悠一のプロフィール

  • 名前:中村悠一(なかむらゆういち)
  • 職業:声優、ナレーション
  • 声優デビュー:2001年
  • 血液型:B型
  • 身長:175㎝
  • 出身地:香川県
  • 生年月日:1980年2月20日
  • 性別:男性
  • 所属事務所:インテンション

呪術廻戦で生まれながらに六眼(りくがん)を持っている五条悟のアニメ版の声を担当したのは声優の中村悠一さんです。声優の中村悠一さんは、無下限呪術などの術式・能力を披露している圧倒的な強さを持っているものの、何を考えているのか掴みにくい、軽薄で無駄に軽いノリで周囲を混乱させる五条悟を見事に演じていました。相手を煽って怒らせることを面白がっている性格の悪さも繊細に演じていました。

中村悠一の主な出演作品

声優の中村悠一さんの主な出演作品には、ディバインゲートのアーサー役や蒼穹のファフナー EXODUSのダスティン・モーガン役、魔法科高校の劣等生の司波達也役、私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の黒木智貴役、東京喰種トーキョーグールの四方蓮示役、輪廻のラグランジェのデ・メトリオ・ル・ヴィラジュリオ役、ラストエグザイル-銀翼のファム-のソルーシュ役などがありました。

Thumb【呪術廻戦】禪院真依の初恋相手は誰?候補キャラを公式ファンブックからネタバレ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟に関する感想や評価

呪術廻戦で自分のことを性格が悪いと自称している五条悟が本当に大好きで、本当にかっこいい、世界一大好きだと感想を寄せている人もいました。六眼(りくがん)を失う可能性や術式・能力も話題となっている五条悟が登場している映画には必ず行くと考えている人も多いようです。

呪術廻戦で六眼(りくがん)を失う可能性についてさまざまに考察されている五条悟の誕生日を祝う声はたくさん寄せられていました。無下限呪術などの術式・能力にも注目が集まっている五条悟は、友達に勧められたキャラだったため見たら、どちゃくそかっこよかったので大好きになってしまったと感想を寄せている人もいました。

呪術廻戦で無下限呪術などの術式・能力や六眼(りくがん)を失う可能性についても話題になっている五条悟の最強でかっこいいところが大好きだと感想を寄せている人もいました。上司であろうと京都校の校長であろうと立場など関係なく、相手を煽って怒らせることが好きな五条悟は、後輩であるナナミンからは信用しているものの、尊敬していないなどの評価をされていました。

Thumb【呪術廻戦】伏黒恵の目の色は青?緑?アニメと原作で違う理由やイメージカラーを考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

五条悟の六眼まとめ

呪術廻戦で渋谷事変において封印されてしまった五条悟は、六眼(りくがん)を失う可能性や死亡説についてさまざまに考察されるようになりました。イケメンで最強の呪術師であるため誰もが心配していたのです。無下限呪術などの術式・能力についても話題となっている五条悟は、相手の術式を見抜いて、操作してしまう能力まで持っていたため周囲に敵なしの状態となっていました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ