【ナルト】うちはサスケがかっこいい!キャラの魅力や強さ・得意忍術も紹介

うちはサスケはNARUTO(ナルト)に登場するキャラクターの中でもとくに有名な超人気キャラクターです。そんなうちはサスケというキャラクターのかっこいい魅力やかなりの強さを秘めている術についてご紹介していきたいと思います。うちはサスケはうちは一族しか使えない「写輪眼」などの特別な技を使えます。NARUTOの作中で様々なかっこいいシーンを見せていたうちはサスケは超人気キャラクターなので要チェックです。

【ナルト】うちはサスケがかっこいい!キャラの魅力や強さ・得意忍術も紹介のイメージ

目次

  1. うちはサスケがかっこいい
  2. うちはサスケのかっこいい魅力
  3. うちはサスケの強さや得意忍術
  4. うちはサスケの声優
  5. うちはサスケに関する感想や評価
  6. うちはサスケのかっこいい魅力まとめ

うちはサスケがかっこいい

うちはサスケとはNARUTO(ナルト)の作中に登場するキャラクターで知られており、NARUTO(ナルト)をご覧になったことがない方でも知っているような超有名なキャラクターとなっています。

そんなNARUTO(ナルト)に登場するうちはサスケの強さ・術やかっこいい魅力についてご紹介していきたいと思います。うちはサスケはかっこいいイケメンキャラクターとしてNARUTO(ナルト)の作中に登場し、NARUTO(ナルト)が大好きだというファンから高い人気を獲得しました。うちはサスケは写輪眼などの特殊な術も使えるので、どれ程の強さを持っているのか注目です!

NARUTO(ナルト)の作品情報

NARUTO(ナルト)の概要

NARUTO(ナルト)とは超人気漫画作品で知られており、週刊少年ジャンプで連載されていました。NARUTO(ナルト)は忍者を題材としている作品で、作中には様々な忍術を使う忍びが登場します。現在は物語が完結して連載が終了しているNARUTO(ナルト)ですが、続編のBORUTOが始まっておりNARUTO(ナルト)の完全続編なので登場するキャラクターや世界感なども全て引き継いでいるので今後も楽しみな作品です。

NARUTO(ナルト)のあらすじ

木の葉隠れの里に住んでいるうずまきナルトは幼いころに両親を亡くしており、里の人間からは嫌われている少年です。うずまきナルトの中には「九尾」という化け物が封印されているので、里の人間はうずまきナルトを嫌っています。孤独に生きているうずまきナルトは、忍者アカデミーを卒業して下忍となり様々な人物と出会って少しづつ変わっていきます。里一番の忍者「火影」を目指して成長していくのでした。

うちはサスケのプロフィール

うちはサスケとはうちは一族という特殊な術を使うことが出来る忍者一族の人間です。うちは一族はうちはサスケとうちはイタチ以外は滅んでおり、絶滅した一族で知られています。うちは一族は天才忍者が多いと言われており、うちはサスケも里では同年代では一番天才の忍者少年です。幼いころに家族と一族を全て兄に殺されてしまい、いつか兄を殺すことを目標として復讐を果たすために日々術を磨いているのがうちはサスケです。

Thumb【NARUTO】うちはフガクは万華鏡写輪眼の開眼者!木ノ葉警務部隊隊長の強さは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちはサスケのかっこいい魅力

うちはサスケはイケメンのかっこいいキャラクターなので非常に人気が高く、様々なかっこいい魅力に多くのNARUTOファンが魅了されてます。うちはサスケのかっこいい魅力をより知りたい!という方は、今からご紹介していくうちはサスケのかっこいい魅力まとめを要チェックです。

かっこいい魅力①クールな性格

うちはサスケは性格としてはとにかくクールで、うちはサスケはクールな性格で忍者アカデミーに通っているころから女の子たちにモテモテです。口数もそれほど多くなくミステリアスな雰囲気を醸し出しているのもうちサスケのかっこいい魅力となっています。

かっこいい魅力②冷酷なところもある?

うちはサスケは兄を殺すという復讐を誓っている人物なので、冷酷な性格の人間でもあります。戦う相手の腕を破壊したりと血が上ると過激になってしまうことも少なくありません。ダークヒーロー的なイメージが付いているのがうちはサスケです。

かっこいい魅力③少年時代

少年時代のうちはサスケのかっこいい魅力としては他の同年代の忍者と比べると圧倒的な天才的な忍者としての才能を見せつけているという点です。うちはサスケは写輪眼なども少年時代に習得して様々な術に応用していました。目が変化するというわかりやすいうちはサスケは、NARUTOファンから高い人気を獲得しました。

かっこいい魅力④青年時代

青年時代のうちはサスケは成長したことで少年時代以上に強さを手に入れており、大蛇丸を超えています。うちはイタチとの決戦シーンなども描かれており、少年時代の時よりも更に激動の月日を過ごしました。青年時代のうちはサスケは衝撃の事実を知って復讐者ではなくなり、里に戻ってきてナルトと協力するというのが一番のかっこいいシーンでした。

かっこいい魅力⑤ナルトとの関係

ナルトとサスケは似た者同士で、どちらも幼いころに家族を亡くして孤独に生きていました。だからこそ二人はお互いが気になり、忍者としてライバルになっています。ナルトとサスケは犬猿の仲のようで実は親友でもあり、成長していくにつれてすれ違っていく二人は最終的には大人になって分かち合います。ライバル・親友というのがナルトとサスケの関係です。大人になってからの二人の関係はかなりかっこいいと評判です。

かっこいい魅力⑥うちはイタチとの関係

うちはイタチとはうちはサスケの兄として登場したキャラクターです。ある日うちはイタチは両親とうちは一族を暗殺する任務を請け負います。サスケだけは生かして欲しいという条件のもとに任務を行ってイタチはサスケの前から姿を消します。真実を知らないサスケは、イタチを殺すことを目標に復讐者として成長しますが、実は兄のイタチは心の底からサスケを愛していた良い兄でした。

かっこいい魅力⑦うちはサスケの師匠

うちはサスケに写輪眼の使い方や術を教えた師匠は「はたけカカシ」です。カカシは写輪眼を親友から譲り受けて使いこなせるようになっており、コピー忍者の異名もついています。写輪眼をうちは一族以上に使いこなしているカカシに鍛えられたうちはサスケは得意の雷遁などはカカシが教えたモノです。サスケが少年時代に使う代表的な技の千鳥はカカシが発明したオリジナル忍術でした。

かっこいい魅力⑧うちはマダラの転生した人物?

サスケは実はうちは一族の先祖であるうちはマダラの生まれ変わりです。うちはマダラもまた、インドラという六道仙人の息子の生まれ変わりで、サスケは最強忍者の生まれ変わりでした。うちは一族の中でも特別な力を持ち、最後は輪廻眼も開眼させて六道仙人の母親であるカグラと戦っています。

かっこいい魅力⑨親としての姿

NARUTOの物語の完結後にうちはサスケは親になっています。サクラと結婚し娘が生まれたサスケは、任務で全く娘のサラダと接しておらずBORUTOでは衝突するシーンもあります。親としてのサスケは他の家庭から見ると失格かもしれませんが、親としての愛情が無いわけではありません。

かっこいい魅力⑩師匠としての姿

サスケはBORUTOの作中でナルトの息子であるボルトの師匠になっています。サスケに憧れているということで、ボルトは頼み込んで師匠になってもらい鍛えられています。サスケもナルトの息子ということもあり、珍しく愛情をもって接していました。

Thumb【NARUTO】不知火ゲンマはイケメン特別上忍!忍術や名言・名シーンも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちはサスケの強さや得意忍術

うちはサスケはかなりの強さをNARUTOの作中で見せつけていました。どんな術を使ってサスケは戦う忍者なのか、サスケの強さ・術に迫ります。

強さや得意忍術①写輪眼

写輪眼はうちは一族だけが使うことが出来る術で、どんな忍術も見抜く最強の瞳力を持っており幻術も使いこなせます。写輪眼はうちは一族しか発現せず、サスケの場合は通常の写輪眼ではなく万華鏡写輪眼という更に進化した写輪眼を使うことが出来ます。

強さや得意忍術②千鳥

千鳥はサスケが少年時代にカカシに教わった技です。手に雷遁を集中させて一気に加速して突き攻撃を放つという技ですが、スピードと雷遁によって破壊力は抜群で我愛羅の砂の絶対防御も貫きました。

強さや得意忍術③スサノオ

スサノオはうちはサスケとうちはイタチが使う最強の術です。スサノオは二人が持っている万華鏡写輪眼によって生み出されるチャクラの集合体であり、尾獣と渡り合うことが出来るほどの強さを持っています。スサノオは変身段階があり、完全体になると太刀を使って戦うことが可能で尾獣に匹敵すると言われていますが、明らかに尾獣よりも強い力を見せつけていました。

強さや得意忍術④天手力

天手力は輪廻眼を使ってサスケが発動する術で、天手力を発動すると自分と任意の空間を入れ替えることが出来ます。時空忍術というカテゴリーに入っておりこの天手力以外で時空をコントロールする忍術はありません。他のどの忍術よりもチート級の性能を持っており、一瞬で発動できるのも強さです。更に不可なども一切なく連発出来ます。デメリットとしてはサスケの視界内だけであり、距離制限もあります。

Thumb【NARUTO】日向ヒアシの強さは木ノ葉最強?勝ち組?孫はボルトとヒマワリ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちはサスケの声優

NARUTOは人気作品なのでテレビアニメ版・劇場版アニメ・ゲームなど様々な作品に展開されています。そんなNARUTOの作中でうちはサスケの声を担当した声優についてご紹介していきたいと思います。うちはサスケの声を担当した声優は、クールな演技でサスケをかっこいいキャラクターに演じており非常に魅力的なキャラにサスケは仕上がっていました。

杉山紀彰のプロフィール

うちはサスケの声を担当した声優は「杉山紀彰」です。杉山紀彰は現在46歳のベテラン男性声優として活躍している人物で知られています。杉山紀彰は1999年から声優としての活動を開始し、下積み時代が長かったということもあり声優としてのデビューは遅かったようです。うちはサスケを杉山紀彰は演じたことで声優としての注目を集めるようになり、現在は杉山紀彰=うちはサスケというイメージで多くの声優ファンから知られています。

杉山紀彰の主な出演作品

杉山紀彰はうちはサスケをNARUTOで演じた以降は様々なテレビアニメ作品に出演しています。代表作品としては「BLEACH」にも出演しています。BLEACHではNARUTOと同じく主要キャラクターの一人である「石田雨竜」を演じたことで注目を集めており、クールでかっこいいキャラクターを演じるのは杉山紀彰の右に出る声優はいないと言っても過言ではないと評価されています。現在も杉山紀彰は最新アニメに出演し続けています。

Thumb【NARUTO】奈良シカクはIQ200以上の天才?強さ・忍術や名言まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちはサスケに関する感想や評価

上記のうちはサスケに関する感想をツイッターに投稿されている方は、うちはサスケが一番アニメキャラクターの中でかっこいい!という感想を投稿されています。うちはサスケはクールでカッコいいイケメンキャラクターとして高い人気を獲得しています。うちはサスケが大好きだというNARUTOファンは非常に多く、少年時代からイケメンだったうちはサスケは、成長して大人になってもイケメンでカッコいいです!

上記のうちはサスケに関する感想をツイッターに投稿されている方は、少年時代のうちはサスケが大好きだという感想を投稿されています。少年時代のうちはサスケはツンデレキャラクターで知られており、たまに可愛い姿を見せてくれることもあります。戦闘シーンでは天才忍者の呼び声が高かったですが、ナルトに敗北したりと粗削りなところもあり、成長過程を楽しめるのも良いです。

上記のうちはサスケに関する感想をツイッターに投稿されている方は、サスケや師匠のカカシが使う千鳥がカッコイイ!という感想を投稿されています。カカシとサスケが使う千鳥という技は、雷遁の術を使って発動する技で写輪眼を応用しています。サスケの少年時代の代名詞ともいえる技であり、見た目が派手で非常にカッコいいのでNARUTOファン方人気の高い術となりました。

Thumb【NARUTO】秋道チョウジの強さ・忍術とアニメ声優を紹介!性格や結婚した嫁は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

うちはサスケのかっこいい魅力まとめ

NARUTOに登場するうちはサスケのかっこいい魅力についてまとめてご紹介しました。NARUTOとは非常に人気が高い週刊少年ジャンプの漫画作品で知られており、うちはサスケはNARUTOに登場するキャラクターの中では特に人気キャラクターで有名です。クールでカッコいいイケメンキャラクターとして人気を集めているうちはサスケは、続編のBORUTOにも登場しました。

うちはサスケは「うちは一族」という天才忍者を多く輩出している一族の出身で、うちはサスケは同年代の忍者の中ではずば抜けた才能を持っていました。うちはサスケは幼いころに家族と一族を兄に皆殺しにされているので、復讐者として成長し強くなっています。うちはサスケは写輪眼を使いこなし、写輪眼を軸として様々な忍術を使って戦います。青年になることにはとんでもない強さを持っていました。

うちはサスケは写輪眼を進化させて「万華鏡写輪眼」を使えるようになり、スサノオという尾獣をも超えるほどの力を持つ術も使えます。悪に落ちていたサスケですが現在は立ち直って主人公のナルトに協力しています。NARUTOの続編のBORUTOにも登場し、大人になったうちはサスケは娘も出来て父親になっています。BORUTOはまだ連載中なので、今後もNARUTOシリーズでのうちはサスケに注目です!

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ