【ハイキュー】木兎光太郎の名言集!「ただのエースになるよ」などかっこいいセリフを紹介

バレーボール漫画『ハイキュー!!』に登場するキャラクター、木兎光太郎。彼は東京の強豪校・梟谷学園高校の主将でありエースで、作中、数々のかっこいい名言・名セリフを残しています。ここでは「ただのエースになるよ」に代表される木兎光太郎の名セリフを名言集として紹介。木兎光太郎のかっこいい魅力に迫っていきます。『ハイキュー!!』の人気キャラクター、木兎光太郎について知り、作品をより深く楽しみましょう。

【ハイキュー】木兎光太郎の名言集!「ただのエースになるよ」などかっこいいセリフを紹介のイメージ

目次

  1. 木兎光太郎とは?
  2. 木兎光太郎のかっこいい名セリフや名シーン・名言集
  3. 木兎光太郎のかっこいい魅力
  4. 木兎光太郎のアニメ声優
  5. 木兎光太郎の舞台版キャスト
  6. 木兎光太郎に関する感想や評価
  7. 木兎光太郎の名言集まとめ

木兎光太郎とは?

木兎光太郎は、バレーボール漫画『ハイキュー!!』に登場するキャラクターの1人。東京にあるバレーボール強豪校・梟谷学園高校、通称「梟谷」で主将を務めており、エースでもある人気キャラです。

ここでは、「ただのエースなるよ…」に代表される木兎光太郎のかっこいい名言・名セリフを名言集として紹介。木兎光太郎の魅力に迫っていきます。木兎光太郎の名言集などを見ていく前に、まずは『ハイキュー!!』の基本情報から押さえておきましょう。

ハイキューの作品情報

ハイキューの概要

『ハイキュー!!』は、日本の漫画家・古舘春一による高校生のバレーボールを題材にした少年漫画作品。2012年2月に『週刊少年ジャンプ』での連載が開始され、2020年7月に惜しまれつつも完結を迎えました。話数は全402話となっています。バレーボールシーンのわかりやすさや魅力的なキャラクターで多くの支持を得た作品で、2014年4月にはテレビアニメ『ハイキュー!!』第1期の放送が開始。

その後もアニメ化が繰り返され、2020年7月時点でアニメ第4期の1クールまでが放送されています。アニメ化以外にも、劇場版化や舞台化、ゲーム化やノベライズ化など様々なメディアミックスが展開されており、多くの人々にバレーボール部の魅力を伝えてきました。

ハイキューのあらすじ

日向翔陽は、宮城県立烏野高等学校バレーボール部に所属していた小柄なエース「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めた少年。彼は中学最初で最後の公式戦で、天才セッター・影山飛雄と出逢い、彼が所属するチームに惨敗してしまいます。日向は高校という新たなステージで影山にリベンジすることを決意。

憧れの烏野高校に入学し、バレー部の門を叩きました。そこで日向は、影山と再会します。影山も烏野高校に進学していたのです。ネットを挟んだ敵同士だった2人はチームメイトとなり、やがて良きライバルであり相棒という関係に変わっていきます。

木兎光太郎のプロフィール

『ハイキュー!!』に登場する木兎光太郎は、東京にある私立高校「梟谷学園高校」に通う3年生。バレーボール部主将であり、チームのエースでもあります。誕生日は9月20日、身長は185.3センチ、体重は78.3キロ。

最高到達点は339センチです。好きな食べ物は焼き肉。ポジションはウイングスパイカーで、全国で5本指に入るスパイカーと言われるほどの実力者です。底抜けに明るい性格で、敵味方関係なく士気を高めてしまうほどの影響力を持つ人物。

選手としての能力は全国でも有名なだけあってずば抜けており、サーブやスパイクの威力は高く、レシーブ技術も相当なもの。しかしかなりの気分屋であるため調子が一定せず、調子が良いときは全国3本指のエースに食い込む働きを見せますが、調子が悪いときはとことんダメになるのが弱点です。そんなときに彼をフォローするのが、梟谷のチームメイトたち。

梟谷が「木兎光太郎に引っ張られるチーム」ではなく「木兎光太郎を全員で支えるチーム」になったのは、木兎の浮き沈みが激しい面倒臭い性格ゆえです。そのため、梟谷の中では末っ子的ポジションに位置づけられており、メンバーたちからはハイテンションをうざがられつつも愛されています。面倒臭いところもありますが、スター性があって多くの人から愛される。それが木兎光太郎というキャラクターです。

ハイキュー!!.com

木兎光太郎のかっこいい名セリフや名シーン・名言集

ここからは、木兎光太郎が作中で放った名セリフを名言集としてまとめて紹介していきます。名セリフ・名言集を見て、木兎光太郎の魅力に触れていきましょう。名セリフ・名言集には「ただのエースになるよ…」という人気のセリフも登場します。それでは早速、名セリフ・名言集を見ていきましょう。

木兎光太郎の名言①「それがお前がバレーに…」

「それが お前がバレーに ハマる瞬間だ」

木兎光太郎のかっこいい名セリフ・名言集その1は「それがお前がバレーに…」です。烏野高校バレー部の1年生・月島蛍はクールな性格で、周囲ほど熱心にバレーとは向き合えずにいました。月島には烏野高校でバレーをしていた兄がいました。月島は兄が烏野高校のエースだと聞きそれを信じていましたが、実際は試合にすら出られない選手であったことを知り、ショックを受けます。

中学はそれなりの選手として活躍した兄ですら、努力が報われることはありませんでした。その事実は、月島に必死で頑張ることは無意味であるという考えを植えつけてしまいました。無意味なはずなのに、月島の周囲にはがむしゃらにバレーに打ち込む面々が揃っています。彼らの原動力が理解できない月島は、他校の先輩である木兎光太郎、赤葦京治、黒尾鉄朗のもとを訪れ、どうして必死になれるのかと訊ねました。

月島の問いかけに、木兎は自身がバレーにハマった瞬間のことを語り始めます。木兎自身、バレーが楽しいと感じ始めたのは最近でした。元々得意だったクロス打ちを相手ブロックに止められ、悔しさから練習を重ねた結果、木兎は次の大会で同じブロック相手に渾身のストレートを放ち打ち抜きます。そんな歓喜の瞬間があるかないかだと、木兎は言いました。

バレーが何に役に立つかや、試合で勝てるかどうかではなく、ただ目の前の敵を超え、自分の力が最大限発揮されたときの快感を得られるかどうかが重要なのです。そしてもしその瞬間が月島に訪れたなら、それが月島がバレーにハマり本気になれる瞬間であると、木兎は断言するのです。

この一連のシーンと最後のセリフを見て、木兎がとても魅力的なかっこいいキャラであると気づいた人は多かったようでした。以上、木兎光太郎のかっこいい名セリフ・名言集その1「それがお前がバレーに…」の紹介でした。

木兎光太郎の名言②「ただのエースになるよ…」

「ただのエースになるよ」

木兎光太郎のかっこいい名セリフ・名言集その2は「ただのエースになるよ…」です。「ただのエースになるよ…」というセリフが飛び出したのは、春高バレー準々決勝の対狢坂高校戦でのこと。狢坂は春高バレー常連である大分の強豪校です。全国3大エースの1人である桐生八がチームを率いており、その実力は当然ながら全国トップクラス。東京の強豪校である梟谷とはいえ、簡単に勝てるような相手ではありません。

狢坂は、木兎をコントロールできるセッターの赤葦を崩すという作戦で、試合を有利に運びます。梟谷がじりじりと追い詰められていく中、木兎は冷静に超インナークロスにスパイクを放ち、得点をもぎ取ります。常であれば、ハイテンションでチームの皆に絡みにいく場面。しかし木兎は自身のスーパープレイに浮かれることなく、静かにチームメイトに視線を向け、この「ただのエースになるよ…」というセリフを言い放ちました。

木兎は、自身がチームメイトのフォローのおかげで「エース」でいられたことをわかっていました。時に調子の上がらない木兎をおだてて盛り上げ、時に調子に乗った木兎を窘めて、彼がより活躍できるようチームメイトたちは木兎を支え続けてきたのです。一般的なエースを「チームを牽引する者」と考えるなら、木兎は特殊な存在でした。そして木兎は、いつまでも自分が特殊なエースでいられないこともわかっていたのです。

木兎は3年生であるため、春高バレーが終われば卒業はもう目の前です。木兎をエースにしてくれたメンバーとはお別れをしなくてはいけません。だからこそ木兎は春高バレーの準々決勝という局面で「皆のおかげのエース」ではなく、「ただのエース」となってチームを引っ張ることを決意したのです。

「ただのエースになるよ…」というセリフには、これまで支えてくれたチームメイトへの感謝と、残された時間が僅かであるという寂寥、最後は自身が引っ張って最高の形で現メンバーでのバレーを終えるという決意が宿っていました。「ただのエースになるよ…」というセリフの意味を考え、号泣したファンは少なくありません。以上、木兎光太郎のかっこいい名セリフ・名言集その2「ただのエースになるよ…」の紹介でした。

Thumbハイキューの梟谷学園高校のメンバー一覧!画像・プロフィール紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎のかっこいい魅力

かっこいい魅力①名前のモデル

木兎光太郎の魅力その1、名前のモデル。梟谷学園高校バレー部のメンバーには、フクロウ(梟)に由来する名前がつけられています。もちろん、木兎光太郎の名前もフクロウが由来。木兎の名前は、「羽角」いわゆる「耳」があるフクロウ科の鳥「ミミズク」からきています。ミミズクを漢字にすると「木菟」や「木兎」と書くのです。木兎の髪型はミミズクの羽角を彷彿とさせるツンツン頭となっており、ミミズクヘッドと称されています。

かっこいい魅力②ポジション

木兎光太郎のかっこいい魅力その2、ポジション。木兎光太郎のポジションはウイングスパイカー(WS)。その名の通りスパイクを打って得点を狙うことを主な役目とするポジションです。ウイングスパイカーが点を稼げるかどうかでチームの勝敗が決まるので、かなり重要なポジションであることがわかるでしょう。

スパイク技術を活かして強烈なサーブを放ったり、サブブロッカーとしてブロックに貢献したり、レシーブをしてそのまますぐに攻撃に転じたりと、様々な力量が試されるポジションでもあります。また木兎は、攻撃を担うウイングスパイカーの中でもさらにその中心となるエーススパイカーです。ここぞという場面での得点が期待される立場であるため、プレッシャーはかなりのもの。

チームが苦しいときにボールが集まるのがエースであるため、重圧を跳ね返すことができる精神力と、疲労が溜まる試合終盤になっても攻撃のために動き続けることができる体力が必要です。木兎はその条件を満たしており、全国で5本指に入るエースだと称されていました。

かっこいい魅力③誰とでも仲良くなれる性格

木兎光太郎のかっこいい魅力その3、誰とでも仲良くなれる性格。木兎光太郎は明るく、初対面の人間とも積極的にコミュニケーションが取れるタイプのキャラクターです。無邪気に距離を縮めていき、いつの間にかどんな相手とも仲良くなってしまいます。あまり他人と関わりたがらない烏野の月島相手にも積極的に距離を縮め、また日向ともすぐに意気投合していました。

かっこいい魅力④しょぼくれモード

木兎光太郎のかっこいい魅力その4、しょぼくれモード。どうしても自分の思い通りのプレイができずショックを受けると、木兎はしょぼくれモードに突入します。このモードに突入すると、セッターの赤葦に「今日はもう自分にトスを上げるな」と言うなど、わかりやすくふてくされてしまいます。

そうなった場合はとりあえず一旦放置して落ち着かせ、タイミングを見計らってチームメイトがおだてて調子を戻させるのがしょぼくれモードの対策方法。梟谷のチームワークが光ります。

かっこいい魅力⑤弱点

木兎光太郎のかっこいい魅力その5、弱点。しょぼくれモードもそうですが、木兎にはいくつかの弱点があります。例えば、ストレートのスパイクをあまりに多く打ち続けると、クロスへのスパイクの打ち方が頭から抜け落ちてしまいます。

プレイにムラがある、調子に乗って浮かれやすい単純さなど他にもいくつか弱点があり、木兎をよく知る赤葦いわく37個以上の弱点が彼にはあるそうです。にも関わらず強豪校のエースでいられるあたり、チームメイトたちの相当な努力が垣間見えます。しかし、それだけの弱点を周囲がフォローしようと考え動くのは、木兎の愛され力の賜物でしょう。

かっこいい魅力⑥過去

木兎光太郎のかっこいい魅力その6、過去。いつも明るく頼りになる仲間に囲まれて幸せそうな木兎ですが、過去には辛い経験もしていました。木兎はバレーに並々ならぬ情熱を傾けており、驚くほどの練習量をこなしていました。

中学時代はそんな木兎とチームメイトの間にバレーに対する情熱の差があり、部の中で浮いていたようです。だからこそ木兎は、同じ目標を持って共に努力を続けてくれる梟谷のチームメイトたちを大切に思っているのでしょう。

かっこいい魅力⑦赤葦京治との関係

木兎光太郎のかっこいい魅力その7、赤葦京治との関係。木兎光太郎というキャラクターを語る上で欠かせないのが、梟谷のセッター・赤葦京治という存在です。赤葦は梟谷学園高校の2年生。梟谷の正セッターであり副主将で、試合はもちろん部活の様々な面で木兎を支えています。赤葦のすごいところは、木兎光太郎の生態を熟知していること。

木兎の性格や行動パターン、弱点などを知り尽くしており、木兎のコントロールにかけて彼の右に出る者はいません。赤葦を軸に梟谷メンバーが木兎を支えるのが、梟谷バレー部のスタイルです。赤葦は木兎がのびのびとプレイし、いかに気持ちよくスパイクが打てるかを常に考えており、そんな赤葦のトスは木兎のお気に入り。強い信頼関係で結ばれた良いコンビなのです。

赤葦はよく先輩である木兎に対し遠慮のない物言いをしますが、2人の面白おかしいテンポの良い掛け合いも信頼関係ができあがっているからこそ。先輩後輩というよりも、同等の相棒という言葉がしっくりくる関係です。

Thumbハイキューの赤葦京治の魅力は?人気の理由とかっこいいシーンまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎のアニメ声優

木村良平のプロフィール

テレビアニメ『ハイキュー!!』で木兎光太郎の声を担当したのは、声優・俳優の木村良平です。木村良平は1984年7月30日生まれ、東京都出身。所属事務所は劇団ひまわりです。

3歳の頃から劇団ひまわりに所属しており、子役として実写や舞台など様々な経験を積んできました。声優活動を始めたのは、1996年から。歌手としても活動しており、レコードレーベルKiramuneに所属する男性声優3人から成るユニット「Trignal」の一員として、CDを発売しています。

木村良平の主な出演作品

木村良平の主な出演作品その1は『黒子のバスケ』です。この作品で木村良平は、キセキの世代の1人・黄瀬涼太を演じました。黄瀬涼太は私立海城高校バスケ部に所属する1年生。ポジションはオールラウンダーです。バスケを始めたのは中学2年の頃と、キセキの世代の中では一番遅いのですが、瞬く間にその才能を開花させました。

木村良平の主な出演作品その2は『SERVAMP』です。この作品で木村良平は、サーヴァンプの7人兄弟の5番目、強欲の始祖・ロウレスを演じました。ロウレスは我儘な性格のサーヴァンプ。自分の主人(イヴ)になる人間はいつも著名人ばかりを選び、飽きるとイヴを殺してしまいます。

木村良平の主な出演作品その3は『ツキウタ。』です。この作品で木村良平は、アイドルの霜月隼を演じました。霜月隼はツキノ芸能プロダクションに所属するユニット「Procellarum」のリーダー。常に微笑みを湛えた不思議な魅力を持つ青年で、白の魔王様という異名があります。

Thumbハイキューのアニメ声優陣が豪華と話題!顔写真や他に演じたキャラも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎の舞台版キャスト

舞台版キャスト①吉本恒生

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で木兎光太郎を演じたキャストその1は、吉本恒生です。吉本恒生は1993年8月17日生まれ、大阪府出身のモデル・俳優・タレント。主な出演作品は、舞台『パタリロ!』、映画『帝一の國』、映画『漫画誕生』などです。

吉本恒生は舞台『ハイキュー!!』"進化の夏"に木兎光太郎役で出演。続編である"はじまりの巨人"でも引き続き木兎光太郎を演じる予定でしたが、公演が始まる前に右足を骨折してしまい、急遽降板することになりました。

舞台版キャスト②東拓海

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で木兎光太郎を演じたキャストその2は、東拓海です。東拓海は1997年3月10日生まれ、東京都出身の俳優・タレント。主な出演作品は、舞台『おとぎ裁判』、テレビドラマ『DOCTORS〜最強の名医新春スペシャル』、映画『ハルチカ』、映画『きょうのキラ君』などです。

東拓海は"進化の夏"に木葉秋紀役として出演。"はじまりの巨人"では、木兎光太郎役だった吉本恒生が怪我をしてしまったため、急遽代役として木兎光太郎を演じることになりました。その後は木葉秋紀役に戻り、続編である"東京の陣"と"最強の挑戦者"に出演しています。

Thumbハイキュー木兎光太郎のかっこいい画像まとめ!梟谷学園エースの魅力とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎に関する感想や評価

普段は賑やかで無邪気な木兎。そんな彼がふとした瞬間に見せる猛禽類を思わせる鋭い目と、核心を突く発言に心惹かれるファンは多いです。月島に対し、バレーに真剣になれる理由を答えた木兎の普段とのギャップに、多くの人が衝撃を受けました。作中屈指の名シーンなので、ぜひアニメ・漫画両方でチェックしてみてください。

元気いっぱいで細かいことは気にせず、天然で少し馬鹿。それが周囲の人間が抱く木兎のイメージです。しかし実は冷静で、物事の本質を見抜く力も持っている木兎。普段は褒められると調子に乗りがちですが、ある一定のラインを超えると精神が研ぎ澄まされてどんどん冷静になるタイプなのかもしれません。

春高バレーが終わったら、木兎たち3年生は卒業してしまいます。今のメンバーで公式戦ができるのは、春高バレーが最後。その事実を、木兎は誰より理解していました。木兎がただ甘やかされるだけの末っ子ではなく、思考して物事を冷静に受け止めることができる大人な部分を持ち合わせている人間だということが窺えます。

名言集で紹介した「ただのエースになるよ…」を声ありで聞きたいというコメントです。多くのファンを感動させた「ただのエースになるよ…」というセリフを、声優の木村良平がどのように演技するのか気になっている人は多いです。これまで木兎光太郎というキャラクターを魅力的に演じてきた木村良平が「ただのエースになるよ…」というセリフを口にすれば、もっと感動的な名言になるのではないかと期待されています。

Thumb【ハイキュー】これまでの試合結果一覧!戦績やゲームの内容をまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎の名言集まとめ

木兎光太郎のかっこいい魅力や、「ただのエースになるよ…」などの名言を集めた名言集を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?木兎光太郎は面倒臭い性格と言われながらも不思議と周囲を惹きつけ、仲間たちに支えられながら大きく成長したキャラクターでした。木兎光太郎のかっこいい活躍を、ぜひ漫画・アニメ『ハイキュー!!』でチェックしてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ