【BLEACH】市丸ギンがかっこいい!謎多き男の名言や乱菊との関係・過去とは?

BLEACH(ブリーチ)で涼しげな切れ長の目をした市丸ギンがかっこいいと注目を集めています。彼はいつの間にか姿を消したり、いつも涼しげに笑っていたりするためミステリアスな要素があって魅力的だったようです。幼馴染みで同期の松本乱菊に関して常に気にかけている市丸ギンは彼女を守るために戦っていました。そこで、蛇や狐に例えられている市丸ギンの謎多き男ならではのかっこいい名言やスタイル抜群の乱菊との関係・過去、彼の声を担当している声優の遊佐浩二さんをご紹介します。

【BLEACH】市丸ギンがかっこいい!謎多き男の名言や乱菊との関係・過去とは?のイメージ

目次

  1. 市丸ギンがかっこいい
  2. 市丸ギンのかっこいい魅力
  3. 市丸ギンのかっこいい名言集
  4. 市丸ギンと乱菊との関係や過去・最期のシーン
  5. 市丸ギンの声優
  6. 市丸ギンに関する感想や評価
  7. 市丸ギンのかっこいい魅力まとめ

市丸ギンがかっこいい

ブリーチでは幼少期に道端で空腹によって倒れていた松本乱菊を助けた心優しい市丸ギンの姿が描かれています。干し柿が大好きだった彼は、自分の大好物をお腹を空かせていた乱菊に手渡していました。飄々とした雰囲気の彼は一見何を考えているのか見当がつかないタイプの人間でしたが、幼馴染みである乱菊が死神によって傷つけられたことをきっかけに彼女を守り、いつか必ず復讐すると誓っていたのです。

そのため、厳しい修業を積んで死神になります。死神になることで明るくてお酒が大好きな乱菊を守ろうと必死でしたが、そのような素振りは彼女はもちろん周囲にも知られないようにしていました。そこで、ブリーチでかっこいいといわれている市丸ギンの魅力や何を考えているのか読みにくい謎多き彼の名言、同期で幼馴染みである乱菊との関係や過去、彼の声を担当している声優の遊佐浩二さんをご紹介します。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

広島県安芸郡府出身の漫画家である久保帯人(くぼたいと)さんによって描かれた「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプによって2001年36・37合併号~2016年38号に渡って連載されていた漫画となっています。漫画以外にゲームやテレビアニメとしても展開されているBLEACH(ブリーチ)は、全698話(686話+過去編12話)に渡って描かれており全74巻まで刊行されました。

2004年10月~2012年3月に渡ってテレビアニメとして放送されたBLEACH(ブリーチ)では、ごく普通の高校生である黒崎一護が死神になって悪霊から家族を守るために仲間と共に戦う姿が描かれています。全366話がテレビ東京他でテレビアニメとして放送されて注目を集めました。また、「BLEACH “B” STATION」というBLEACH(ブリーチ)の関連ラジオ番組が2005年4月~2010年12月にかけて放送され話題となります。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

オレンジ色の地毛を持つ黒崎一護は周囲から不良と誤解されやすいタイプでしたが、中身は心優しく正義感の強い高校生でした。さらに、彼は非常に霊感が強かったのです。そのため、男勝りな朽木ルキア(女死神)と出会います。人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)によって家族を襲われた黒崎一護は、その後死神の力を手に入れ、黒髪で少女のような容姿の朽木ルキアと一緒に凶悪な虚と戦っていくことになりました。

市丸ギンのプロフィール

ブリーチで流魂街出身の市丸ギンは、旧護廷十三隊三番隊において元隊長を務めていました。また、五番隊においては元副隊長として活躍しています。魅力的な京都弁で話す彼は、狐のような切れ長の目をしており常に薄ら笑いを浮かべていました。そのため周囲は何を考えているのかわからず不気味に感じていたのです。十番隊において副隊長を務めている胸が大きな松本乱菊とは幼馴染みであり同期でもありました。

  • 名前:市丸ギン
  • 斬魄刀:神鎗(しんそう)
  • 誕生日:9月10日
  • 体重:69kg
  • 身長:185㎝
  • 趣味:人間観察
  • 好きな食べ物:干し柿
  • CV(声優):遊佐浩二
  • 特技:針の糸通し

干し柿が大好きな彼は、三番隊において隊長に昇格してからは自分で手作りするようになります。隊舎には彼が植えた柿の木に毎年見事な柿を実らせるため、実る度に他の隊士にも配っていました。しかし、干し芋に関してはかなり嫌っており、嫌いになった原因は干し柿だと思って食べたのが干し芋だったからだそうです。行き先を告げずにいなくなるという悪い癖を持っている彼は掴みどころがない性格をしていました。

市丸ギンの斬魄刀の能力

市丸ギンの始解

ブリーチの護廷十三隊の中でかなり強いと評判の市丸ギンが扱っている斬魄刀は、神鎗(しんそう)となっています。彼の斬魄刀の能力は、高速で刀身が伸び縮みするようになっていました。普段の状態の場合は、脇差ほどの長さとなっており持ち運びに便利ですが、彼の意志によって自在に伸び縮みすることができたのです。始解状態の際には、神鎗と呼ばれており刀の長さは最大で刀100本分の長さにまで伸ばすことが可能でした。

始解状態とは、一段階目の解放を意味しています。虚を倒すことができる斬魄刀には二段階の解放能力が可能となっていました。ちなみに卍解が二段階目の解放となっています。また、解放を行う際には解号(斬魄刀の名やキーワード)を唱えることが必要です。

彼の斬魄刀の始解においての解号は「射殺せ神鎗(いころせ しんそう)」となっており、この言葉を唱えることで始解状態にすることができました。始解状態での斬魄刀の伸縮スピードは、一般人が目で追うことができないほどのかなりの高速となっています。そのため、勘を働かせて瞬時にかわすしかありませんでした。

市丸ギンの卍解

ブリーチでいつもにやりとした笑みを浮かべている市丸ギンの斬魄刀においての二段階目の解放となっている卍解は神殺鎗(かみしにのやり)です。この神殺鎗は、始解状態での神鎗とは全く異なる能力となっています。二段階目の解放によって出現した神殺鎗の伸縮速度は神鎗よりもさらにアップしていました。

また、高速での刀の伸縮の際には斬魄刀の刀自体が一瞬塵になってしまうのです。消えたかと思ったらまた元の姿に戻るという相手を混乱させる斬魄刀となっていました。「神殺鎗(ころせかみしにのやり)」という言葉が解放させるための解号となっています。塵になったり元に戻ったりを繰り返すことができる神殺鎗には「舞踏連刃」や「舞踏」という強力な必殺技があったのです。

さらに、彼の卍解において出現した神殺鎗の内側の刃には猛毒が塗られていました。この猛毒は細胞を溶かすほどの威力があります。そのため、消えたり現れたりする神殺鎗によって体内を突き刺すことができれば、内側から破壊していくという恐ろしい要素を持っていたのです。神殺鎗によるダメージに加えて、体内の細胞を次々と溶かしていく強烈な威力を持つ斬魄刀として活躍していました。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

市丸ギンのかっこいい魅力

かっこいい魅力①作中での活躍シーン

ブリーチで真意のわからない言動によって周囲を混乱させていた市丸ギンですが、彼には大切な人を守り抜くという強い信念がありました。そのため、強くなる必要があると感じた彼は死神になり修業をします。それによって若くして護廷十三隊の三番隊において隊長に就くことができました。戦いにおいて才能を発揮していた彼は、狐のような細い目をしていつもニコニコと笑っていたため逆に不気味がられていたのです。

神槍という伸び縮みする斬魄刀を自在に操ることができた彼は、意外性のある攻撃を仕掛けることができました。そのため、表向きは穏やかで笑みを絶やさない優しい人を演じていた護廷十三隊の五番隊において隊長を務めていた藍染惣右介に気に入られるようになります。頂点に立つことを計画しており野心家であった藍染惣右介が謀反を起こした際には、最終的に彼を倒すために仲間になりました。

表向きは仲間を裏切ったことになってしまいましたが、将来的にみんなに大きな被害を与えるだろうと判断した藍染惣右介を倒すためには彼の懐に入る必要があると判断したのです。卍解の神殺鎗を隠し続け最終的に藍染惣右介に放った彼でしたが、力及ばず敗れてしまいます。幼少期に乱菊を傷つけた仇を討つために嘘までついて戦った彼でしたが、最後はその願いを叶えることができずに死亡してしまったのです。

かっこいい魅力②謎の多い人となり

京都弁を話している市丸ギンは、ブリーチで作者でさえ不気味に描いているとコメントしているキャラクターであるにも関わらず、特に女性には大人気となります。目が細くいつもニヤニヤと不敵な笑みを浮かべている彼は、よくわからない言動が放たれていることからも不気味なキャラクターとなっていました。しかし、戦闘シーンにおいてはたまに目が見開かれ、そのギャップがかっこいいと評判になっていきます。

普段はほとんど見ることができない彼の瞳の色は、アニメでは深紅となっていました。また、原作においてはアイスブルーとなっています。穏やかな京都弁でよくわからないことをペラペラと話している謎だらけなところも彼のかっこいい魅力となったようです。また、声もかっこいいと評判となっており、彼の声を担当した声優の遊佐浩二さんは、京都出身であることから流暢なネイティブ京都弁がまた魅力を引き立たせました。

かっこいい魅力③強い

ブリーチで常にヘラヘラと笑っている市丸ギンは、若くして三番隊の隊長に任命されています。十番隊において隊長を務めている最年少で隊長に就任した日番谷冬獅郎との戦いの際には、感情が読みにくいギンに圧倒されており、まるで大人に遊ばれているような戦いとなっていました。天才と周囲も認める日番谷冬獅郎でさえも彼には全く通用していなかったのです。

彼が授かっている愛刀の斬魄刀は単純明快な能力となっていますが、最速の斬魄刀と評価されているため普通の死神であれば扱うことができない斬魄刀でした。一見地味な雰囲気の斬魄刀でしたが、シンプルゆえに扱う人物の腕前が反映されやすい刀でもあったのです。彼が命懸けで放った卍解によって解放された神殺槍は、塵になって消えたり見えたりする特殊な斬魄刀でしたが、さらに刃には猛毒が仕込まれていました。

皮膚を瞬時に溶かしてしまう猛毒が刀に仕込まれている斬魄刀は、敵の身体の内部から破壊していく要素を秘めていたのです。凶悪な野心家である藍染惣右介に最後放つために100年もの間大切に育て上げ磨き上げてきた斬魄刀でしたが、最終的に冷徹な性格をしている藍染惣右介を倒すことができなくて無念だったようです。しかし、彼なりに最後まで戦い続けていたため彼の心は伝わっていたでしょう。

Thumb【BLEACH】砕蜂の卍解と必殺技・能力を考察!斬魄刀や夜一との関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

市丸ギンのかっこいい名言集

市丸ギンの名言①「胸に孔があいて…」

110年前に五番隊において副隊長を務めていた藍染惣右介は、常に穏やかで包み込むような雰囲気があったために彼の本心を知らない周囲の人からは慕われていました。しかし、彼はかつて五番隊の隊長を務めていた金髪でおかっぱの髪型をした平子真子の部下でありながら裏切りを働き、彼の魂を虚化させています。自分の上司を実験対象として扱っていたのです。その他にも幼馴染みの乱菊を傷つけた敵でもありました。

「胸に孔があいて死ぬんや 本望ですやろ」

彼の本性を見抜いていた市丸ギンは、心を寄せていた乱菊のかつての仇を討つために自ら敵である藍染惣右介の味方となり倒せるチャンスを狙っていたのです。100年もの間彼を倒すためだけに隠してきた卍解である神殺鎗を放ち、彼の内部に毒を残した際に発したのが上記の名言です。彼の名言通り細胞が溶けだしたため大きな孔が胸にあいてしまいます。勝利を確信した彼は珍しく興奮気味にこの名言を放って笑みを浮かべていました。

市丸ギンの名言②「ああ やっぱり 謝っといて…」

クールでかっこいい雰囲気の市丸ギンは、死ぬ間際に下記の名言を残しています。100年もの間自分が大切に思ってきた女性を守り抜くため、彼女の仇を討つために彼は厳しい修業を積んできました。そんな彼は一旦は仲間を裏切った形で愛する乱菊の傍を離れますが、これは全て凶悪な藍染惣右介を倒すためだったのです。彼の胸に大きな孔をあけることに成功した彼はこれでやっと終わると思いました。

「ああ やっぱり 謝っといて えかった」

しかし、彼の反撃にあい致命傷を負ってしまったのです。その際に発せられた言葉が上記の名言となっています。最後にギンの傍に駆け付けた最愛の乱菊へ放たれた最後の名言となりました。このセリフは多くの人が涙を流した名言となっており、かつて仲間を裏切る形で十三隊を去る際に彼女に残した名言と繋がっています。多くを語らない彼らしい不器用な性格が表現されている感動的な名言となっていました。

Thumb【BLEACH】ウルキオラ・シファーの必殺技まとめ!帰刃・解号や能力も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

市丸ギンと乱菊との関係や過去・最期のシーン

市丸ギンと乱菊との関係や過去

幼少期にお腹を空かせて道で倒れていた女の子(松本乱菊)に自分の大好物である干し柿をあげたことで仲良くなった市丸ギンは、それから幼馴染みとして一緒に過ごすようになります。貧しく行き場のなかった乱菊の世話をして一緒に過ごしていた時期もあったのです。そのため、2人はお互いを意識し気遣う関係へとなっていきます。しかし、明るくて元気な乱菊が死神によって傷ついたことで彼女を守る決心をすることになりました。

死神や凶悪な虚から乱菊を守るためにはたくさんの修業をして強くならなければなりません。それには死神になる必要があったのです。彼はこの先大切な乱菊が泣くことがないように必死で守り抜こうとしました。死神となった彼は才能豊かであったためにあっという間に護廷十三隊の三番隊において隊長にまで成長します。しかし、穏やかな雰囲気で護廷十三隊において五番隊の隊長を務めていた藍染惣右介の企みを知ることになりました。

表では穏やかに振舞っていた藍染惣右介は野心家で冷酷な性格をしていたため自らが天に立つ計画をしていたのです。その真意を知ったギンは、彼に才能を認められたことを逆手にとって味方に付くことで最終的には倒そうと計画していました。しかし、真実を誰にも語らない彼は裏切り者として護廷十三隊を後にする直前に想いを寄せている乱菊には複雑な表情で謝っていたのです。それによって彼女も何かあると勘づいていました。

市丸ギンの最期のシーン

部下を駒として扱っている藍染惣右介によって自分にとって大切な存在である乱菊を傷つけられたため、感情が読みにくい雰囲気の市丸ギンは、仇を討つためこれ以上彼女を泣かせないために奮闘します。そのため彼の仲間になって倒すために隙をずっと狙っていたのです。ついにその時が訪れます。一瞬の隙をついて彼がずっと隠していた必殺技である神殺槍を放ちました。

神殺槍の猛毒によって大きな孔を彼の胸にあけることができたギンは、少しホッとしてかっこいい名言を放っていましたが、すでに崩玉の力を手に入れていた藍染惣右介はすぐに再生し復活してしまいます。一瞬焦っていた彼ですが自分に対して牙をむいてきたギンに容赦はしませんでした。彼にとっての致命傷となる攻撃を放ったのです。死にかけた彼の傍には愛する乱菊が駆けつけます。

一時は敵対する関係となってしまった2人でしたが幼い頃からずっとお互いを想い合っていたため、常に気にかけていました。駆けつけた彼女は彼の本心を知り涙を流します。自分を守るためにこれまでずっと戦ってきたギンの存在を知りお互いの想いがやっと繋がった瞬間でもありました。最後は愛する女性と心を通わせることができたギンは幸せでしたが、最終的には死亡し多くの人が号泣してしまう名シーンとなります。

Thumb【BLEACH】天鎖斬月は一護の斬魄刀の卍解!技・能力や真の天鎖斬月も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

市丸ギンの声優

遊佐浩二のプロフィール

真意が理解できない奇妙な言動が多い市丸ギンの声を担当したのは声優の遊佐浩二さんです。掴みどころがない性格のギンの声はかっこいいと評判で彼の声を担当した声優の遊佐浩二さんも注目を集めていました。遊佐浩二さんは声優の他にもナレーターとしても活動をされています。ラジオカセットレコーダーを中学校の入学祝にプレゼントしてもらったことで、ラジオドラマを聞くようになり声優の仕事を目指すようになりました。

  • 名前:遊佐浩二(ゆさこうじ)
  • 愛称:ゆっちー
  • 血液型:B型
  • 生年月日:1968年8月12日
  • 出身地:京都府京都市伏見区
  • 所属事務所:フリー
  • 職業:声優、ナレーター
  • 声優デビュー:1993年
  • 身長:173㎝

大学を卒業した遊佐浩二さんは、本格的に声優の勉強を始めるために勝田声優学院へ入学します。7期生として卒業した彼は、1993年に声優デビューをしました。クールな役をはじめ二枚目や軽薄な役、狂気的な役、陰険な役、冷徹な役など好青年から悪役まで巧みにこなすことができる彼は、幅広い演技のできる声優として注目されるようになります。中国系の役や出身地である京都弁を活かす役も多く演じていました。

遊佐浩二の主な出演作品

声優の遊佐浩二さんが出演した主な作品には、超者ライディーンの鳥飼銀牙/ライディーン・アウル役や、ソニックXのシャドウ・ザ・ヘッジホッグ役、超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説の破壊兵アイアンハイド役、軍師スラスト役、Get Ride! アムドライバーのシーン・ピアース役、遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXの天上院吹雪役、黒執事のラウ役、青の祓魔師の志摩廉造役などがありました。

Thumb【BLEACH】阿近と涅マユリの関係は?声優や漫画・アニメの登場回も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

市丸ギンに関する感想や評価

心を寄せる女性を守るために言葉は少ないながらも全身全霊で戦う市丸ギンが最高すぎて泣けると感想を寄せている人がいました。また、彼のシーンを見る度にしみじみとめっちゃ好きと感じてしまう人もいます。狐のような切れ長の目はいつもニヤニヤとしているため周囲には恐怖を与えていましたが、幼少期にお腹を空かせて倒れ込んでいる女の子に自分の好物の干し柿をあげることができる心優しい人間でもあったのです。

普段はほとんど瞳を見ることができない切れ長の目をしている市丸ギンは、ハートマークを使用しても違和感がないというコメントも寄せられています。本編でも使用されているため、彼の無邪気で何を考えているのかよくわからないキャラクターには逆に可愛らしい雰囲気となっているようでした。京都弁を話す彼は独特なかっこいい雰囲気が漂っており、作者は不気味に描いているようでしたが女性には大人気となっています。

久しぶりにブリーチを見たことで、しみじみと市丸ギンがめっちゃ好きやなぁと感じている人もいました。彼のクールで真意をつくような名言も人気がありますが、門番に対して穏やかに鋭く指摘しているセリフが好きだという人もいました。京都弁を使用しているため、その要素も彼の飄々とした性格やキャラクターにマッチしていて人気だったのかもしれません。

Thumb【BLEACH】市丸ギンの卍解・神殺鎗の能力は最強?名言・セリフや最後も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

市丸ギンのかっこいい魅力まとめ

和服が似合う市丸ギンは、目が細くいつもニコニコしているような感情が読みにくいキャラクターとして姿を現しています。普段は切れ長で瞳がほとんど見えませんが、戦いの際には時折目が見開かれ瞳を見ることができました。このギャップがかっこいいと評判になっています。また、謎が多い人物でありながら最高に強く、一人の女性を心から愛し守り抜こうとした生き方に感動している人もいました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ