【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の自爆死亡シーンを考察!家族を巻き添えにした理由は?

鬼滅の刃の産屋敷耀哉の自爆死亡シーンについてを、家族を巻き添えにした理由と共に紹介しています。さらに産屋敷耀哉の持つ能力や性格について、鬼舞辻無惨との意外な関係性についてもまとめています。お館様と呼ばれ慕われていた人物がなぜ死亡してしまったのか、鬼滅のファンは見逃せない衝撃シーンです。産屋敷耀哉に関するTwitter上での感想や評価についても併せて紹介しています。

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉の自爆死亡シーンを考察!家族を巻き添えにした理由は?のイメージ

目次

  1. 産屋敷耀哉とは?
  2. 産屋敷耀哉の自爆死亡シーン考察!家族を巻き添えにした理由は?
  3. 産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨との関係
  4. 産屋敷耀哉の能力や性格
  5. 産屋敷耀哉に関する感想や評価
  6. 産屋敷耀哉の自爆死亡シーンまとめ

産屋敷耀哉とは?

衝撃の最終回が話題となったばかりの鬼滅の刃ですが、作中ではファンにとって衝撃を受けるシーンが数多く登場していました。今回はそんな鬼滅の刃の中でも印象深いシーンのひとつである、産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)の自爆死亡シーンについてを紹介します。お館様と呼ばれ柱からも慕われていた耀哉ですが、家族をも巻き添えにしたという死亡シーンでは、なぜ自爆を選ぶこととなったのでしょうか?

鬼滅の刃の作品情報

まずは鬼滅の刃という作品についてを紹介します。鬼滅の刃は吾峠呼世晴先生によるダーク・ファンタジー作品で、2016年から2020年まで週刊少年ジャンプにて連載されていました。アニメ化によって一気に人気に火が付いた本作は、アニメの放送期間中にコミックスの売り上げを大きく伸ばし、累計で6000万部を突破するという大人気作品になりました。

鬼滅の刃の概要

鬼滅の刃のテレビアニメは原作の7巻までの内容を、2019年4月から9月までの2クール形式で放送していました。アニメを制作したのはufotableで、人気アーティストのLiSAがオープニングテーマを担当したことでも話題となりました。2020年10月には物語の続編にあたる「無限列車編」が、劇場版として公開を予定しています。

鬼滅の刃のあらすじ

父親を亡くして以来、跡継ぎとなった竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、炭を売りながら家族を支えていました。しかしある日仕事で家を不在にしている間に、鬼によって一夜にして家族を惨殺されてしまいます。唯一の生き残りとなった妹の禰豆子(ねずこ)は鬼と化していましたが、そんな彼女を人間に戻す方法を探すために、竈門炭治郎は冨岡義勇(とみおかぎゆう)という剣士に導かれ、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)を訪ねます。

産屋敷耀哉のプロフィール

鬼滅の刃の登場人物の一人である産屋敷耀哉は、鬼殺隊を管理している産屋敷一族の97代目当主です。隊士たちのことを「私のこども達」と呼んで大切にしており、顔の上半分が火傷を負ったようにただれているのが特徴的です。盲人でありながらカリスマ的な人物で、個性的な柱たちも皆、彼を信頼しています。穏やかで公平な判断ができる人物でもあり、イレギュラーな事態にも冷静な対応を見せています。

産屋敷耀哉は「お館様」と呼ばれていた

産屋敷耀哉は、鬼殺隊の隊士から「お館様」と呼ばれています。人心掌握術に長けていることからも、柱が反抗的な態度を取ることがあっても、穏やかに場を収める術を持っています。立場だけではなく人格者であることからも、お館様と呼ばれ慕われる理由も頷ける人物です。

産屋敷耀哉の家族構成

産屋敷耀哉には家族がいることも明かされています。家族構成は妻のあまねと、5人の子どもたちです。息子の輝利哉(きりや)は唯一、耀哉と同じ黒髪をした子どもです。残る子どもは全員があまねと同じ白髪の娘で、ひなき、にちか、くいな、かなたという名前です。子どもたちはそれぞれに案内役を務めるほか、姉2人は耀哉の世話を担当しており、妹2人は後継者となる輝利哉の補佐役などを務めています。

産屋敷耀哉の病気

産屋敷一族は、病によって短命であることが宿命とされている一族です。産屋敷耀哉も同様に病を抱えているために、現在のような容姿となっています。神職の一族から妻を娶ることで多少寿命は延びたものの、30歳までは生きることができないことでも知られています。耀哉は現在23歳で、寿命が近い年齢であることがわかります。

見た目や視力だけではなく、耀哉の身体は着実に病に侵されています。ほぼ寝たきりのような状態になりながらも、隊士たちに苦しんでいる姿を見せるようなことはなく、鬼舞辻無惨を倒すためにお館様としての使命を果たし続けました。

Thumb【鬼滅の刃】産屋敷あまねはなぜ産屋敷耀哉と結婚した?正体や死亡シーンを考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

産屋敷耀哉の自爆死亡シーン考察!家族を巻き添えにした理由は?

重い病を背負いながらも最後まで静かに戦い続けた産屋敷耀哉ですが、続いては自爆による死亡シーンについても順番に紹介します。自らの力では剣を振ることすらできない耀哉が、柱すら不在の場で鬼舞辻無惨と対峙するシーンは、あまりにも絶望的なものでした。幼い娘たちを含めた家族をも巻き添えにする自爆を選んだ理由は、一体何だったのでしょうか?

産屋敷耀哉の自爆死亡は無惨を始末するための作戦?

屋敷で布団に入る産屋敷耀哉は、顔中が包帯だらけになり見た目にも病が進行していることが明らかな状態でした。傍らには妻のあまねも寄り添っており、どう足掻いても鬼舞辻無惨と戦える状態ではありません。しかし耀哉は、現れた無惨に対して穏やかな笑みを浮かべたまま会話を交わし続けました。誰一人守る者のいない場で油断を誘った耀哉は、柱たちの到着を待たずに屋敷と家族ごと自爆を選びました。

自爆によりダメージを負った無惨ですが、殺すことは叶いませんでした。自爆だけでなく柱たちがこの場へ向かっていることを察知した無惨は、肉体を再生させようとするものの思うようにいきません。穏やかな顔で言葉を交わしていた耀哉は、腹の底で無惨に対する憎しみを燻らせ、爆薬の中に無数の撒菱のようなものを仕込んでいたのです。耀哉は自らを囮として攻撃を仕掛けたのでした。

産屋敷耀哉が家族を巻き添えにした理由

自爆を選んだ産屋敷耀哉ですが、鬼舞辻無惨が屋敷の場所を特定して襲撃に来ることを、すでに察知していました。それも直前ではなかったため、家族を避難させようと思えば十分にできたはずです。実際にお館様亡きあとの役目を果たすため、息子の輝利哉と2人の娘たちは屋敷の中にはいませんでした。つまり共に死亡することとなった妻と2人の娘は、耀哉が意図的に巻き添えにすることを選んだものとも考えられます。

恐らく無惨の目的は耀哉ただ一人でした。必ずしも家族を巻き添えにする必要は無かったと考えられますし、巻き添えとなった家族が自爆することを承知していたかどうかは定かではありません。しかし相手が無惨であることを踏まえて、耀哉が一人でいることに不信感を抱かれ、自爆の意図に気付かれてしまうことを考慮した可能性はありそうです。

産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨との関係

衝撃的な死を選んだ産屋敷耀哉ですが、憎むべき鬼舞辻無惨とは意外で深い関係性がある人物だったことも明かされています。続いては耀哉と無惨の関係についても、順番に紹介します。重く短命という病を背負うこととなった産屋敷一族ですが、その病を背負うこととなった理由はまさに無惨という存在にありました。

鬼舞辻無惨が人間だった頃

鬼滅の刃の中で、無惨が鬼になったのは平安時代の頃のことでした。人間として生活していた頃の無惨は、貴族階級の人間でした。母親の胎内にいた頃から何度も心停止してしまうほどに病弱で、出産時にも死産と思われたほどでした。20歳になる前に死亡するとされていた無惨でしたが、そんな彼を不憫に思い少しでも長生きできるよう、とある医者が薬を与えてくれました。しかしその薬は、まだ試作段階の新薬だったのです。

その薬を飲んでも体調が良くなるどころか悪化するばかりであったことに腹を立て、無惨はその医者を殺害してしまいます。しかしその後薬による効果が、徐々に表れ始めたのです。けれど常人離れした肉体を手に入れる頃になると、太陽の光を浴びることができなくなり、人間の血肉に対す売る欲求が強まっていきました。この衝動により、最終的に無惨は人間から人喰い鬼へと変化してしまったのです。

産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨は同じ一族?

他の鬼と同様に元は人間であった無惨ですが、実は耀哉と無惨は同じ血筋の人間だったことが明かされています。無惨という怪物を世に送り出してしまったことから、産屋敷一族の子どもたちには短命の病という呪いがかけられてしまったのです。一族の血が絶えそうになった時、とある神主から、「血族から出た鬼を倒せば一族は絶えない」との助言を受けます。これにより鬼舞辻無惨討伐が、一族の悲願となりました。

少しでも寿命を延ばすために、産屋敷一族では神職の一族から妻を娶ることとしています。さらに魔除けの風習もあり、男児であっても13歳という年齢に達するまでは、女児の着物を着用することが決められています。しかし13歳になる前に当主交代となった場合には、男装に戻されます。耀哉の息子である輝利哉はまだ13歳に達していませんでしたが、耀哉が自爆によって死亡したことで、幼くして当主の座につきました。

Thumb鬼舞辻無惨は産屋敷耀哉と同じ一族?その正体・過去や能力を考察【鬼滅の刃】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

産屋敷耀哉の能力や性格

鬼滅の刃のラスボスでもある鬼舞辻無惨と深い関りがあることがわかった産屋敷耀哉ですが、お館様と呼ばれ慕われるのには、その能力や性格にも理由がありました。続いては耀哉の持つ能力と彼の性格などについても、順番に紹介します。最後まで柱たちにお館様と慕われていた耀哉ですが、その人となりを知れば慕われる理由も理解することができるはずです。

産屋敷耀哉の能力

産屋敷耀哉はいわゆる天才と呼ばれる人物の持つ、先見の明の持ち主です。自らは病弱さゆえにまともに動き回ることもできない状態ですが、この能力によって財を成して一族の危機を救い続けてきました。耀哉自身もどこか不思議な雰囲気を纏う人物で、そういった能力を持っていると言われても素直に頷けるだけの人物です。その精度の高さから、先見の明ではなく未来予知とも言えるほどです。

耀哉は多くの人間を従えるお館様ですが、能力的な部分だけではなく人柄によるところも大きいことがわかります。耀哉の声はF分の一揺らぎと呼ばれる発声で、その声を聞いた人は安らぎを得ると共に高揚感も覚える不思議な声をしています。耀哉の喋り方自体も物腰柔らかで、穏やかな声と言葉遣いによる相乗効果で、自然と耳を傾けて聞いてしまうような言葉にし難い魅力を持っている人物です。

産屋敷耀哉の性格

重い病を患いながら使命を全うした産屋敷耀哉ですが、最後まで冷静沈着で思いやりのある姿を見せていました。声を荒げて怒り狂うような姿は当然一度もなく、誰と会話をしても穏やかで、包み込んでくれるような慈愛に満ちた雰囲気の人物でした。しかし自爆シーンでは無惨を倒すために自身の感情をすべて隠しきっていたことを思えば、他人に対して感情を隠すことが上手い人物でもあるのかもしれません。

穏やかな性格をしている耀哉ですが、隊士たちを戦いのための駒として扱うのではなく、思いやりのある人物であることもわかっています。自らも病により不自由な身でありながら、これまでに戦死した隊士たちの墓参りや見舞いなどを欠かすことはありませんでした。さらに自らが当主となってから死亡した隊士たちのことをすべて記憶しており、遺書の内容なども頭に入れているなど人格者であることがわかります。

産屋敷耀哉に関する感想や評価

隊士たちからも慕われ、衝撃の死亡シーンとなった産屋敷耀哉ですが、鬼滅の刃を読んでいるファンからはどのような評価を得ている人物なのか、気になる人も多いのではないでしょうか?続いては産屋敷耀哉というキャラクターに対する、Twitter上での感想や評価についても少しだけ紹介します。

自らと家族の命を引き換えに自爆を選んだ耀哉ですが、決して自暴自棄になっての選択ではなく、自分が死亡した後のことまできちんと計算されていると考察している意見もありました。子どもたち5人ともに巻き添えとなっていた場合には苦肉の策といえるのかもしれませんが、跡継ぎの息子とその補佐役の娘たちを生き残らせていることからも、周到に計画されたものであったことが窺えます

数々の非道な行いを繰り返してきた無惨ですが、家族もろとも巻き添えにした耀哉の自爆は、そんな無惨ですらも引いてしまうほどの予想外の作戦でした。無惨の反応にいっそ面白さを感じてしまったとの意見もあれば、無惨よりも耀哉の方に狂気を感じるといった声もありました。

耀哉の自爆死亡シーンを知ったことで、鬼滅の刃を読み始めたという強者の声もありました。確かにファンにとっても衝撃的なシーンですが、作品を知らない人からしても、どういった経緯でその行動を選んだのか気になる展開だったのかもしれません。

産屋敷耀哉の自爆死亡シーンまとめ

鬼滅の刃に登場する産屋敷耀哉というキャラクターについて、衝撃の自爆死亡シーンや家族を巻き添えにした理由、さらに無惨との関係についてを紹介しました。これまでお館様に注目してこなかったという人も、改めて初登場シーンからラストまでを確認し直したくなったのではないでしょうか?命を賭して戦い続けた鬼殺隊の隊士たちですが、彼らと同じく耀哉もまた最後まで命を賭けて戦っていたのです。

家族までもを巻き添えにしてしまったことに関しては、ファンの間でも賛否両論の意見があるようです。しかし無惨という強敵を追い込むためのひとつの要因となったことは事実であり、大きな覚悟を持って挑んだシーンだとも察することができるはずです。衝撃のシーンも多く登場する鬼滅の刃ですが、この機会に改めて物語を読み込んでみてはいかがでしょうか?

Thumb【鬼滅の刃】お館様こと産屋敷耀哉の顔のただれは呪い?子供・妻や最期も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ