【呪術廻戦】真人の強さと術式・無為転変を考察!虎杖を憎む理由とは?

呪術廻戦では憎しみや恐れなど人間の負の感情から誕生した真人の姿を確認することができます。彼は表面上は人間に優しい言葉をかけながら密かに欺いていくことを楽しんでいました。日本に4人しかいない特級呪術師の夏油傑は呪術師でありながら特級呪霊として誕生した真人と手を組んで新世界を創ろうと暗躍していたのです。そこで、呪術廻戦で継ぎ接ぎだらけの皮膚を持っている真人の強さや能力、彼が扱っている術式の無為転変を考察しながら、領域展開や宿敵となっている虎杖を憎む理由もご紹介します。

【呪術廻戦】真人の強さと術式・無為転変を考察!虎杖を憎む理由とは?のイメージ

目次

  1. 呪術廻戦の真人とは?
  2. 呪術廻戦の真人の強さと術式・無為転変
  3. 呪術廻戦の真人が虎杖を憎む理由や対戦結果
  4. 呪術廻戦の真人の性格は?嫌われている?
  5. 呪術廻戦の真人の謎を考察
  6. 呪術廻戦の真人に関する感想や評価
  7. 呪術廻戦の真人の強さまとめ

呪術廻戦の真人とは?

呪術廻戦で特級呪霊として誕生した真人は、青年のような姿を持っているためそれなりに歳を重ねているように見えますが、呪霊としては生まれたばかりの赤ちゃんのような存在でした。そのため、何にでも興味を示し、子供っぽく無邪気に行動している姿が描かれています。しかし、特級呪霊として誕生した彼は成長スピードがとても速く戦術や戦略などの能力も高まり強さも増していました。

呪術廻戦で人間から発生している憎しみや恐れなどの負の感情から誕生している彼は、人間の奥底に眠っている負の感情に働きかけることができるため呪術師も非常に戦いにくい呪霊でもあったのです。そこで、好奇心旺盛な真人の強さや能力、彼が繰り出すことができる術式となっている無為転変を考察していきます。また、何度でも殺したいと考えている虎杖を憎む理由や彼の領域展開についてもご紹介しましょう。

呪術廻戦の作品情報

呪術廻戦の概要

2020年4月の時点で10巻まで単行本で刊行された「呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)」は、週刊少年ジャンプによって2018年14号(3月)から連載がスタートした漫画となっています。現在も連載中の呪術廻戦は岩手県出身の芥見下々(あくたみげげ)さんによって描かれました。呪術廻戦では呪術師が呪術を使用して人間の負の感情によって誕生した呪霊や化け物を祓っていくバトル・ダークファンタジーが描かれています。

人気となった呪術廻戦は、テレビアニメとしては2020年10月からTBS系列や毎日放送によって放送されることが決定しました。450万部(2020年5月時点)のJC累計発行部数を突破している呪術廻戦は、全国書店員が選んだおすすめコミック2019では第1位になります。また、みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019で大賞を受賞しており、今後の展開が期待されている作品として成長し続けていました。

呪術廻戦のあらすじ

素直でノリが良い性格の虎杖悠仁は誰とでもフレンドリーに接することができる高校生でした。彼は祖父に育てられ常人離れした優れた身体能力を持っていたのです。両親の顔を知らない彼は育ての親だった祖父が亡くなったことで死について考えるようになります。1000年も誕生しなかった宿儺の器の素質があった彼は特級呪物である両面宿儺の指を食べて無事だったのです。宿儺を受肉し人の役に立つために呪いと戦うようになります。

真人のプロフィール

呪術廻戦では人間が人間を憎み恐れる感情から誕生した真人は、特級呪霊として姿を現しています。いつも黒いローブを身体に纏っている彼は、全身が継ぎ接ぎだらけの皮膚を持っていました。呪いによって新世界を創るために日本では4人しか存在していないとされている特級呪術師を務める夏油傑(げとうすぐる)と手を組んで暗躍していたのです。人懐っこい性格の虎杖悠仁を目の敵にしており何度でも殺したいと考えていました。

  • 名前:真人(まひと)
  • 等級:特級呪霊
  • 領域展開:自閉円頓裹(じへいえんどんか)
  • 能力:改造人間、無為転変 (むいてんぺん)
  • 容姿:継ぎ接ぎだらけの皮膚を持つ青年
  • 宿敵:虎杖悠仁
  • 性格:好奇心旺盛、子供っぽく無邪気、軽薄

誕生したばかりの彼は好奇心旺盛で、子供のような無邪気な姿を見せています。人間に対しても表面上は優しいふりをしていますが、軽薄な性格を持っており人間を常に見下していました。しかし、自分と同じ呪霊に対しては親友や家族のように心から親しみを持って接することができています。基本的に冷酷非道な性格の彼は、人間を欺きながら自由気ままに楽しく生きることを目指していたのです。

TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

呪術廻戦の真人の強さと術式・無為転変

呪術廻戦で気の向くまま自由に生きることを好む真人は、新世界を創るために自分の強さや術式である無為転変についてさまざまな研究を重ねていました。人間の負の感情によって誕生した彼は、呪霊としてはまだ赤ちゃん的な存在だったため人間の感情を学びながら自分の力をつけようとしたのです。

呪術廻戦で自分の力や強さ、術式などをまだ自分のものにいていない彼は、好奇心旺盛な性格をしていたために数々の実験を行っては急激な成長を遂げていきました。そこで、表面上人間に優しくすることができる彼の強さや術式である無為転変についてご紹介します。

真人の強さや能力①術式・無為転変

呪術廻戦で好奇心旺盛でさまざまな実験を行っている真人は、自分の魂や他の人間の魂の形を自由に変えることができる「無為転変」という術式を扱うことができます。人間の魂を変えることによってその人間の身体もそれに伴って変容することになりました。そのため、変容した魂や肉体は彼によって自由に操ることができたのです。彼の術式によって魂を変形させられた人間は操り人形のようになってしまいました。

呪術廻戦で魂そのものを知覚することができる彼は、自分の術式によって自分の魂の形も変容させることができます。そのため、自分の姿も自由に変えることができたのです。この能力は戦いにおいては非常に便利な術式となりました。自分に術式を使用する場合は、リスクなく使用することができます。また、この術式を使用する際には自分の手で相手を触ることが条件となっていました。

そのため、遠い距離では活用することができなかったのです。どうしても近寄って相手に触れないとこの術式は使用できないというデメリットもありました。術者である真人の魂に傷をつけない限りは何度でも肉体を再生することができたために、彼の魂に傷をつけることができなければ倒すことは不可能だったのです。しかし、彼よりも格上の存在である宿儺が憑りついている虎杖の魂は干渉することができませんでした。

真人の強さや能力②領域展開 自閉円頓裹

呪術廻戦で人間の魂を変容することができる真人は、高校でいじめられていた吉野順平をそそのかして殺してしまいます。それによって、映画好きだった吉野順平と仲良くなりかけていた虎杖悠仁は怒り、呪術高専東京校のOBであり1級呪術師となっている七海建人と一緒に凶悪な真人と戦うことになったのです。誰とでもすぐに打ち解けることができる虎杖悠仁は彼を瀕死の状態まで追い詰めることができました。

呪術廻戦で瀕死の状態になってしまった真人は、「自閉円鈍裹(じへいえんどんか)」という領域展開を得ることができます。仲間思いの虎杖悠仁らとの戦いによって瀕死の状態となった彼は死へのインスピレーションによって領域展開を発現させました。この領域展開では格子状に無数の手が張り巡らされ球体を作り上げています。発現した領域展開は領域内に存在している人間にダメージを与えることができる特性を持っていました。

そのため近距離しか使用できない無為転変という術式の弱点が克服され、幅広く活用することができました。しかし、領域展開のメリットを得るために大きなエネルギーが必要なため、多大な呪力を消費することにあります。この領域展開を使用した際には10日間の回復する時間が必要となりました。しかし、領域展開を使用することで領域内に入った人間は負けとなるため素晴らしい強さと能力を持っているといえるでしょう。

Thumb【呪術廻戦】特級呪術師を一覧で紹介!4人の中で最強なのは誰?特級呪霊とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真人が虎杖を憎む理由や対戦結果

呪術廻戦で子供のように無邪気に行動している真人は誰とでもすぐに友達になれる虎杖悠仁を非常に憎んでいました。そのため、肉体は1度しか殺せませんが、魂であれば何度でも殺すことができることを知っている彼は何度でも殺したい相手となっていたのです。

呪術廻戦で新世界を創るために特級呪術師である夏油傑と手を組んでいる彼が必要以上に悠仁を憎む理由や気さくでノリが良い悠仁との対戦結果などをご紹介します。彼らが激しく戦うことになった理由は友達である吉野順平を無惨に真人が殺害したことでした。それらも踏まえてみていきましょう。

真人が虎杖を憎む理由

呪術廻戦において高校でいじめられていた吉野順平の弱みにつけ込み散々利用した上に殺した真人は、映画の話で仲良くなった虎杖悠仁から徹底的に攻撃されることになります。凶悪な性格の両面宿儺の受け皿となっている虎杖悠仁は、彼よりも格上の存在だったために戦った際に勝利を収めたことはありません。初戦で術式を使用しようとした彼ですが、残虐な両面宿儺が現れたことで反撃を食らうことになります。

また、呪術廻戦で瀕死の状態になったことで手に入れた領域展開も領域内に入った全ての者に作用するという特性からノリのいい虎杖悠仁には全く使用できなくなってしまったのです。さらに、修業によって急成長を遂げている虎杖悠仁は2人分のパワーの相乗効果によって冷酷非情な性格を持っている真人の魂に傷をつけることに成功します。彼の魂に傷をつけるのは容易ではないため相当恨まれることになりました。

人間の魂を見ることができ、魂を変形することで操ることもできる彼は、呪術師や一般人にとっては手に負えない狂気的な存在となっています。いまだかつて誰にも自分の魂に傷をつけられたことがなかった彼は相当な怒りを抱くようになりました。今まで対等に戦える相手がいなかったために冷静を装ってこれた彼ですが、精神的に余裕がなくなったために、ライバルとなった虎杖悠仁を徹底的に憎むようになったのでしょう。

真人が虎杖たちと対戦した結果

呪術廻戦で表面的に人間に優しく接することができる真人は、いじめられっ子の吉野順平の魂を上手に操り呪術を操れるように指導しながらも最後には殺しています。彼の死によって映画を通して友達になった虎杖悠仁や1級呪術師の七海建人を敵に回してしまいました。高校のOBである七海は戦闘経験が豊富だったために対決では未熟な悠仁を引っ張って見事な戦いを繰り広げます。

また、呪術廻戦で呪いの王と呼ばれ恐れられている両面宿儺が彼の魂を守っているため、冷酷な真人の人間を操ることができる能力も使用することができなかったのです。圧倒的な能力や強さによって攻撃された彼は死を目前にして領域展開を取得することができましたが、その領域展開では自分よりも格上の両面宿儺も領域内に入ってしまったために大きなダメージを負うことになりました。

呪術回戦で死のインスピレーションのおかげで領域展開の強さを手に入れた彼でしたが、全ての能力や攻撃が裏目に出てしまいます。大きなダメージを負ってしまった彼は何とか生き延びるために撤退していきました。そのため、映画を通して仲良くなった吉野順平の死によって戦うことになった彼らでしたが初戦はフレンドリーな性格の悠仁や経験豊富な七海、呪いの王と呼ばれている両面宿儺の協力によって勝つことができたのです。

Thumb【呪術廻戦】キャラクターの強さランキング!最強の登場人物は誰?能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真人の性格は?嫌われている?

呪術廻戦で自らの能力によって人間の魂が見れる真人は、多くの人間の魂に触れては変形させ操っていました。高校でいじめられていた吉野順平も彼の弱みにつけ込み最終的には殺害しています。呪術廻戦で残虐な振る舞いや発言が多い彼の性格に注目が集まりました。そこで、人間の魂を変形させて操ることができる彼の性格や嫌われてしまっている理由をご紹介します。

真人の性格

呪術廻戦で憎しみや恐れなど人間が人間に抱く負の感情で誕生した真人は、人間の感情が豊かに表現されている特級呪霊でもありました。人間の感情が手に取るようにわかる彼は、さまざまなことに興味津々で多くの実験を行っていました。人間に対して表面的に優しく接することができる彼は人間の感情の奥に眠っている恐怖心や憎しみに深く働きかけることができたのです。

呪術廻戦で生まれたばかりの呪霊である彼は、子供のように天真爛漫な振る舞いをすることもできました。無邪気に笑う彼の笑顔を見てついつい気を許して騙されてしまう人間も多かったのです。基本的には人間を見下しており、呪霊らしい冷酷な性格の持ち主でした。人間に表面上優しくするのも自分の実験を成功させて新世界を創り出すためだったのです。

また、研究熱心な彼は自分が扱うことができる術式や領域展開についても理解を深めるためにさまざまな実験を積極的にしていました。実験に果敢に取り組んでいるのも自分の能力や強さを高めるためであり、実験によって人間が死亡しても全く何とも思わない冷酷非情な性格を持っていたのです。また、人間を欺きながら自由に生きることを何よりも重要視していました。

真人の印象は悪い?嫌われている?

呪術廻戦で人間の魂を変形させて自分の思いのままに操ることができる真人は、彼の残酷な行動によって読者に対しても印象を悪くして嫌われてしまうことがあったようです。自分の力を理解するために多くの人の魂を実験という形で次々と変形させていました。この行為の時点でもあまり良い印象は与えていません。また、人間を学ぼうとした彼は映画館を訪れます。   

呪術廻戦で映画鑑賞をしていた彼は、マナーの悪い高校生を自分の力を利用して殺してしまいました。映画鑑賞が趣味だった吉野順平はたまたまその場に居合わせ、マナーの悪い高校生を殺害している彼を見てしまいます。しかし、高校でいじめられていた吉野順平はその力が欲しいと自分から話しかけていきました。それがきっかけとなって、人間研究をしている彼はいじめられっ子の吉野順平に呪術を教えていきます。

毒を操ることができるようになった吉野順平は映画によって仲良くなった虎杖悠仁と戦うことになりました。献身的に吉野順平に呪術を教えていた彼でしたが、敗北した吉野順平が改心しようとしたために殺害してしまいます。その行為があまりにも非情で惨たらしい行為だったために多くの人が不快に思うようになり、嫌われる原因にもなったようです。

Thumb呪術廻戦のアニメ放送日はいつ?声優キャストや原作漫画のあらすじも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真人の謎を考察

呪術廻戦では人間を見下している真人ですが、呪霊に対しては心を開いており親友や家族のように心から優しく接することができています。しかし、人間に対しては自分の力を試したり知ったりする材料だと考えていたのです。

呪術廻戦で人間を遊び道具だと捉えている真人の魂そのものを見ることができる能力やとても優秀な特級呪術師だった夏油傑と手を組んで新世界を築こうとしている理由などについて考察していきます。

考察①夏油傑と共に描く新世界

呪術廻戦で最悪の呪術師と呼ばれている夏油傑は、日本でたった4人しか存在していない特級呪術師の1人という貴重な存在でした。しかし、非術師を毛嫌いしていた彼は一般人を100人以上も呪殺してしまったために在籍していた東京都立呪術高等専門学校から追放されることになります。同じ呪術師が嫌いだったわけではありませんが、その世界にどうしても馴染めなかったようです。

そのため呪霊として誕生した真人と手を組んで心から笑える新世界を創ろうと暗躍するようになります。呪術廻戦で人間を滅ぼして呪霊による新世界を創ろうと考えたのは漏瑚(じょうご)ら呪霊たちですが、黒い僧衣と袈裟を着用して登場している夏油傑が次第に指揮を執るようになりました。自由気ままに生きている真人も絶対にそれを達成するという意気込みを持っているわけではありませんが賛同して参加していたのです。

呪霊は呪霊らしく生きることが大切だと考えている自由な発想の彼は、自分の命に懸けても呪霊の世界を築き上げようと意気込んでいる漏瑚らと手を組んでいるものの、あくまでも自分のスタンスは崩さない姿勢を貫いていました。そのため、自分の命は懸けず戦闘に対しても自分の能力や強さを試すチャンスとして捉えていたのです。戦いにおいては術式や領域展開も披露されていますが、あくまでも実験の要素が含まれていました。

考察②真人は魂がみえる?

呪術廻戦で人間を見下している冷酷非情な性格を持っている真人は、彼の術式の能力によって人間の魂が見えるようになります。人間は目に見えないものを特別に考える傾向がありますが、魂を見ることができる彼にとっては肉体と同じで魂も特別なものではないと語っていました。魂の代謝によって喜怒哀楽の感情が誕生しているため、あまりにも機械的な存在を特別する必要はないと考えているのです。

呪術廻戦で彼が扱う術式自体が人間の魂に強く作用する能力を持っていました。人間の魂の構造を見ることができ、よく理解している彼にとっては魂に関しては力を発揮することができる得意分野でもあったのです。子供のように好奇心旺盛な彼は自分が扱う術式によって人間の魂に大きな影響を与えられることに興味を示し、熱心に研究することになります。呪霊や呪術師の中でも唯一魂を見ることができて構造を知っている人物でした。

Thumb【呪術廻戦】釘崎野薔薇は戦うかっこいいヒロイン?魅力や強さ・必殺技も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真人に関する感想や評価

憎しみや恐れなど人間の負の感情によって誕生した真人をすごく強いと評価している人がいました。彼は飄々としたノリがいい性格だった虎杖を唯一怒らせた人物でもあります。その残虐性はかなり強烈で多くの人から嫌われていたのです。しかし、人間の魂を変形させて思いのままに操ることができる力に関しては注目されており、強いといわれるようになりました。

人間の喜怒哀楽の感情をよく理解している彼は、作中でもさまざまな表情を見せていました。そのため、彼の表情が豊かすぎるという感想も寄せらせています。人間の魂を見ることができる彼は魂について肉体と同じだとクールに評価していましたが、彼の表情は人間の喜怒哀楽の感情を見事に表現したものとなっていたのです。

人間の負の感情によって誕生した彼のキャラクターを興味深いと思った人も多かったようです。見えない世界の魂を操ることができる彼はラスボスみたいなキャラだと呼ばれてもいました。人間でありながら人間に対する憎しみや怒り、恐れなどさまざまな負の感情は計り知れないくらい膨大なためそれによって誕生した彼の力も相当だろうと想像する人もいたのです。

Thumb【呪術廻戦】伏黒恵の強さ・実力と正体を考察!玉犬など十種影法術の式神も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

呪術廻戦の真人の強さまとめ

呪術廻戦で子供のように好奇心旺盛な真人は、人間の魂を変形させて自由に操ることができる術式を扱うことができました。さらに、無為転変 (むいてんぺん)の犠牲になって改造人間とされた人間もいたのです。実験を繰り返し自分の力を高めていた彼は死にそうになったことで自閉円頓裹 (じへいえんどんか)という領域展開を手にすることに成功していました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ