【ワンピース】ナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由は?魅力や名言・名シーンも

『ワンピース』のゾウ編にて登場するキャラクター、ミンク族のワンダがナミの服を着ていて驚いたという人は多いでしょう。その理由は後に明らかになりますが、何故彼女はナミの服を着ていたのでしょうか?ここでは、ナミの服をワンダが着ていた理由や、ナミのかわいい魅力や名言などを紹介していきます。ゾウ編を中心に、『ワンピース』のメインキャラクターであるナミの魅力に迫っていきましょう。

【ワンピース】ナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由は?魅力や名言・名シーンものイメージ

目次

  1. ワンピースのナミとは?
  2. ワンピースのナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由や経緯
  3. ワンピースのナミのかわいい魅力
  4. ワンピースのナミの名言・名シーン集
  5. ワンピースのナミの実写版キャストと声優
  6. ワンピースのナミの服に関する感想や評価
  7. ワンピースのナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由まとめ

ワンピースのナミとは?

ナミは『ワンピース』に登場する主要キャラクターの1人で、麦わら海賊団の航海士です。ここでは、『ワンピース』四皇編の中のエピソードの1つ「ゾウ編」を中心に、ナミの魅力に迫っていきます。ゾウ編でのナミの行動や、ワンダとの関係。ナミの可愛い魅力や心揺さぶる名言などをチェックしていきましょう。その前にまずは、『ワンピース』の基本情報とナミのプロフィールから見ていきます。

ワンピースの作品情報

ワンピースの概要

『ワンピース』は、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡って海賊たちがしのぎを削る大海賊時代を舞台とした少年漫画です。連載開始は1997年『週刊少年ジャンプ』。壮大な世界観と迫力満点のバトルシーン、涙を誘う感動的なエピソードの数々、描かれる仲間との絆が人気を博し、日本を代表する大ヒット作品となりました。1999年からはテレビアニメの放送が開始。コミックスと共に2020年4月時点も放送が続いています。

ワンピースのあらすじ

海賊王ゴールド・ロジャーが遺したと言われる「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」。この宝を求め、多くの男たちが海に出て海賊になり、熾烈な覇権争いを繰り広げていました。主人公のモンキー・D・ルフィも、海賊に憧れる1人。彼は悪魔の実の1つである「ゴムゴムの実」を食べてゴム人間となり、その力を頼りに海賊としての道を歩み始めます。

ナミのプロフィール

ナミは『ワンピース』の主人公モンキー・D・ルフィが率いる麦わらの一味の航海士。年齢は18歳から物語が進んで20歳になりました。誕生日は7月3日。身長は169センチから170センチで、血液型はX型です。好物はみかんを筆頭にフルーツ全般。嫌いな食べ物はオランジェットです。出身地は東の海(イーストブルー)、コノミ諸島にあるココヤシ村。

元々は海賊専門の泥棒で、その異名は「泥棒猫」。懸賞金は1600万ベリーから6600万ベリーに上がっています。幼い頃から海図を描いたり天候を予測する能力に長けており、その力を駆使して麦わらの一味を導いている優秀な航海士。彼女がいなければ、複雑な「偉大なる航路(グランドライン)」を移動することはできません。

ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)

ワンピースのナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由や経緯

『ワンピース』ドレスローザ編終了後。ドレスローザでドフラミンゴを倒し、別行動していたナミたちと合流すべくゾウに向かったルフィたち。そこで一同は、突如現れたミンク族のワンダがナミの服を着ていることに気づき衝撃を受けます。ワンダは何故、ナミの服を着ていたのでしょうか?その理由と経緯を紹介していきます。

理由や経緯①ゾウに向かった理由

『ワンピース』ドレスローザ編にて、麦わらの一味はドレスローザに残る者たちと一足先に「ゾウ」に行く者たちで分かれました。ゾウに向かうそもそもの理由は、麦わらの一味が海賊同盟を組んだトラファルガー・ローの仲間がそこで待機していたため。そして、冒険の途中で出会ったワノ国の者たちが同じくゾウを目指していたためです。

元々は、ドレスローザを通って全員でゾウに行く予定だったのですが、ドフラミンゴの策略によってその計画は破綻しました。ドフラミンゴが必要としているカードは、ワノ国のモモの助と科学者のシーザー。その2人共が麦わらの一味と行動を共にしており、彼らをドフラミンゴの手に渡すわけにはいかないということで、ナミたちは彼らを連れて一足先にドレスローザを離れ、ゾウに向かうことになったのです。

理由や経緯②元凶はシーザー

ゾウに到着したナミたちの目の前に広がっていたのは、毒ガスによって倒れ伏したミンク族たちの姿でした。ワノ国の「雷ぞう」という人物を探してゾウに乗り込んできた、四皇・百獣のカイドウの部下であるジャック。彼は抵抗するミンク族たちにしびれを切らし、強力な毒ガス兵器を使ったのです。

その毒ガス兵器を作ったのが、マッドサイエンティストのシーザー・クラウンでした。シーザーが作り出した毒ガスは、ドフラミンゴからカイドウの手に渡っていたのです。毒ガスによって動きを封じられたミンク族は、ジャックとその部下たちによってある者は殺され、ある者は拷問を受けました。

理由や経緯③誇り高いミンク族の行動

やがてジャックはゾウを出ていき、後には瀕死のミンク族の面々が残されました。ナミたちがゾウに上陸したのは、その翌日のことです。突然目の前に現れたナミたちを見たワンダは、ジャックの仲間であると勘違いし襲いかかりました。毒ガスのせいで虫の息であったにも関わらず、せめて一矢報いようと考えたのです。

ワンダは爆薬を使い、自分ごとナミを吹き飛ばそうとしました。たとえ自分が死ぬことになっても、多くの仲間を殺し、国を滅ぼした者たちを許さないという強い覚悟と誇りの高さからの行動です。ワンダだけでなく、ミンク族の者たちは皆誇り高い生き物なのです。

理由や経緯④麦わらの一味が救世主に?

ジャックたちによって壊滅的な被害を受けたミンク族。彼らの救世主となったのが、麦わらの一味でした。ジャックたちがゾウを離れたのは、ルフィがドフラミンゴを倒した日のこと。ジャックはドフラミンゴ救出のため、ゾウを離れざるを得なかったのです。つまり、ルフィがドフラミンゴを倒したことが、間接的にミンク族を救うことになりました。

また、一足先にゾウに上陸したナミたちは、傷ついたミンク族の治療に当たっています。特にチョッパーは、一緒にいたシーザーに毒ガスを中和させ、解毒薬の調合を手伝わせてそれをミンク族に投与して回るなど、医者として活躍しました。傷の手当てをし、食事を振る舞い、音楽で心を和ませてくれた麦わらの一味に、生き残ったミンク族たちは深く感謝をしています。

理由や経緯⑤ドレスローザ残留組の合流

ドレスローザでのドフラミンゴとの戦いが終わり、ルフィたちドレスローザ残留組はようやくゾウへとやってきました。上陸しナミたちを探す一同の前に現れ、ナミたちの元へ案内してくれたのがワンダです。このとき、ワンダはナミの服を身に纏っており、ゾウで何があったのか知らないウソップやロビンたちは、ナミの身に何かあったのではないかと心配していました。

しかし、無事にナミたちと合流してゾウで何があったのかを聞いたことで、その心配が杞憂であったと知ります。危険どころから、麦わらの一味は命の恩人だということで、ミンク族から手厚くもてなされたのでした。

理由や経緯⑥ミンク族の友情の証?

ワンダがナミの服を着ていた理由ですが、これはミンク族特有の友情の証なのです。ミンク族には、友情の証として異邦人と服を交換するという習慣がありました。この習慣に則り、ワンダはナミの服を身に着け、逆にナミはミンク族の服を身に着けていたのです。

さらにナミはミンク族の服だけでなく、豪華な装飾品も身に着けていました。これはミンク族の国宝。ミンク族は命を救ってくれた感謝の印に、この国宝を贈ってくれたのです。宝に目のないナミは、もちろん喜びました。麦わらの一味とミンク族、特にナミとワンダの間には、友情が生まれていたのです。

Thumb【ワンピース】アーロン編のあらすじをネタバレ!泣ける感動エピソードを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのナミのかわいい魅力

ナミのかわいい魅力①髪型

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その1は、髪型です。ナミの髪型は、『ワンピース』連載開始当初はショートヘアでした。ナミの活発さが表れていて人気の髪型で、時々この短い髪を1つ結びにしたり2つ結びにしたりしていましたが、基本的には何もいじらないそのままの髪型でいることが多かったです。そんなナミのショートヘアが大きく変化したのは、『ワンピース』作中、2年後。

18歳から20歳になったナミは、ウェーブがかったロングヘアになっていました。髪が伸びたおかげで以前よりもできる髪型の種類が増え、映画版などではかなり凝った髪型を披露しています。ナミの髪型に関してはショートヘア派とロングヘア派で意見が分かれているのですが、どちらもそれぞれの魅力があり、ナミのかわいい面を引き立てています。

ナミのかわいい魅力②過去

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その2は、過去です。ナミは戦争孤児で、女海兵のベルメールに引き取られ育てられました。しかしココヤシ村にやってきた魚人のアーロン一味によってベルメールを殺され、また村人たちを人質にされたことでアーロン一味の一員となり海図を描くことを強要されます。

ナミはアーロン一味から村を買い自由になるべく、海賊相手に泥棒を働き、大金をかき集めていました。辛い思いをしながらも、村のために必死で戦ったナミ。そんな健気な一面が、ナミのかわいいところの1つです。

ナミのかわいい魅力③魚人ハチとの再会

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その3は、魚人ハチとの再会です。人魚族の少女・ケイミーと意気投合した麦わらの一味。彼女の友人である「はっちん」が拘束されてしまったため、麦わらの一味はそれを助けに行こうとするのですが、そこである問題が浮上します。ケイミーの言うはっちんとは、元アーロン一味の1人であったハチのこと。つまり長年ナミを苦しめてきた敵の仲間だったのです。

今は改心してたこ焼き屋をしているとのことでしたが、つい救助を躊躇ってしまう一同。しかしナミがハチを助けることを了承したため、結局ハチは麦わらの一味に救われることになりました。ハチは過去にアーロン一味としてナミを苦しめたことを心から後悔しており、ナミはそんなハチの変化を知って彼を許すことを決意。ハチの作ったたこ焼きを笑顔で頬張りました。この笑顔がかわいいと評判です。

ナミのかわいい魅力④天候棒(クリマ・タクト)

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その4は、天候棒(クリマ・タクト)です。天候棒は、ウソップに頼んで作ってもらったナミ専用の武器。天候に詳しいナミに合わせて、3つの棒から「熱気泡(ヒートボール)」「冷気泡(クールボール)」「電気泡(サンダーボール)」という気泡を作り出し、これらの組み合わせで蜃気楼などを発生させるという戦い方ができるものでした。

その後さらに強化された「完成版・天候棒(パーフェクトクリマ・タクト)」に変化し、新世界編から使われるようになったのが「魔法の天候棒(ソーサリー・クリマ・タクト)」。ナミが学んだウェザリアの「天候の科学」の知識が組み込まれた天候棒で、改良はウソップ、加工はフランキーが担当しています。天候棒を器用に振り回して戦うナミの様子は、かわいいと評判でした。

ナミのかわいい魅力⑤技

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その5は、技です。ナミが使う技は、天候棒によって生み出されるもの。天候棒が生み出した気泡から放たれる突風で敵を吹き飛ばす「突風(ガスト)ソード」や、雷雲の性質を持ったブラックボールという気泡を発生させ、それを利用して攻撃に使う「雷雲=ロッド」や「正電荷ブラックボール」。

敵に雷を落とす「サンダーブリード=テンポ」などがあります。また、攻撃に特化した技だけでなく、温水を降らせてシャワーのように使える「シャワー=テンポ」など、生活に便利な技も持っています。

ナミのかわいい魅力⑥ホールケーキアイランド編

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その6は、ホールケーキアイランド編です。『ワンピース』のホールケーキアイランド編は、ナミの出番が多くそのかわいさが堪能できる長編ストーリーの1つ。服装がよく変わり、服によって違う雰囲気のナミを見ることができます。

また服装だけでなく、ナミのかわいい表情や仕草が多く見られるのも、ホールケーキアイランド編の特徴。勝手に一味を抜けようとしたサンジにムッとしたり、逆にその無事を喜んで抱きついたり、またビッグマムのビブルカードを使って手下たちを怯えさせ嬉しそうにするところなど、様々なナミを見ることができます。

ナミのかわいい魅力⑦懸賞金額

『ワンピース』のナミのかわいい魅力その7は、懸賞金額です。ナミにかけられた懸賞金は当初1600万ベリーでしたが、その後6600万ベリーに上がりました。ナミが立派な戦闘員であり、麦わらの一味にとって重要な人物であるという海軍の認識が表れています。

懸賞金額もそうですが、何より注目するべきは手配書の写真。1600万ベリーのときの手配書も、6600万ベリーのときの手配書も、しっかりとカメラ目線で写真が取られており、まるで雑誌の表紙のようにも見えます。

Thumb【ワンピース】ナミの必殺技一覧まとめ!天候棒の進化や今後習得する技は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのナミの名言・名シーン集

ナミの名言・名シーン①「あんたがどれだけ強くても…」

「あんたがどれだけ強くても私の予報は外れない!!」

『ワンピース』のナミの名言・名シーン集その1は、『ワンピース』エニエス・ロビー編での名言。捕らわれたロビンを取り戻すべく戦うことになった麦わらの一味。ナミは敵であるCP9の1人、カリファと戦います。

カリファはアワアワの実を食べた石鹸人間。その能力を使いナミを苦しめますが、ナミは自身がカリファを倒すと「予報」していました。そしてその予報通り、見事カリファを倒すことに成功します。天候を読む力に長けた航海士のナミらしい名言でした。

ナミの名言・名シーン②「助けて…」

「助けて…」

『ワンピース』のナミの名言・名シーン集その2は、ナミが麦わらの一味に加わるきっかけとなったアーロン編での名言。幼い頃からアーロンの存在に苦しめられてきたナミ。その支配から逃れようと必死でお金をかき集めてきましたが、アーロンはナミとココヤシ村を自由にするつもりなど毛頭ありませんでした。

集めたお金をアーロンの差し金で奪われ、村人たちの命も危うくなり、ナミは怒りと絶望で崩れ落ちます。そこに現れたのがルフィでした。ナミはルフィに向けて、泣きながらこの言葉を吐き出します。長い間誰にも頼ることができなかったナミが、ようやく仲間だと思える存在に出逢えて、初めて弱さをさらけ出した名言・名シーンでした。

ナミの名言・名シーン③「私達とビビとの関わりを証拠づけたら…」

「私達とビビとの関わりを証拠づけたらビビは "罪人" になるわ」

『ワンピース』のナミの名言・名シーン集その3は、アラバスタ編での一幕です。アラバスタ王国を支配していた海賊クロコダイルを倒し、国に平和をもたらした麦わらの一味。彼らは次の冒険のためにアラバスタを離れることになります。麦わらの一味とアラバスタまでの冒険を共にした、アラバスタの王女ビビは、ギリギリまで一味と共に冒険を続けるか悩んでいましたが、最終的に国に残ることを決意しました。

ビビはルフィたちに、また会えたらもう一度自分のことを仲間と呼んでくれるか、と問いかけます。ルフィはそれに答えようとしましたが、それをナミがこの言葉で止めました。海軍の見ている前でビビと麦わらの一味が繋がっていることを示せば、王女であるビビの立場が危うくなってしまいます。ビビを仲間だと思っているからこその、ナミの名言でした。

Thumb【ワンピース】ナミの過去・出生の秘密を考察!壮絶な幼少期や伏線も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのナミの実写版キャストと声優

ナミの実写版キャスト

「Indeed」のCMで、『ワンピース』の麦わらの一味が実写化されました。実写版でナミ役に抜擢されたのは、日本のファッションモデル・グラビアアイドル・女優の泉里香です。泉里香のナミは『ワンピース』ファンも唸るほどハイクオリティーで話題となりました。細いけれど出るとこは出たその美しい身体は、ナミそのもの。この役のためにかなり努力をしたようです。

ナミのアニメ声優

アニメ『ワンピース』でナミの声を担当しているのは、声優の岡村明美です。岡村明美は1969年3月12日生まれ。東京都出身で、所属事務所はマウスプロモーションです。2001年に妊娠のため一時声優業を休業したことがあり、その間のナミの代役は、ナミの義姉であるノジコ役の声優だった山崎和佳奈が務めました。

岡村明美の代表作には『ラブ★コン』(小泉リサ)、『紅の豚』(フィオ・ピッコロ)、『ロミオの青い空』(ビアンカ)、『CLAMP学園探偵団』(妹之山残)、『恋風』(千鳥要)、『金色のガッシュベル!!』(キッド)、『レジェンズ 甦る竜王伝説』(シュウゾウ・マツタニ)、『風の少女エミリー』(ペリー・ミラー)、『海月姫』(まやや)などがあります。

Thumb【ワンピース】ナミの正体はDの一族?古代兵器ウラヌス?出生の秘密や親を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのナミの服に関する感想や評価

友情の証に、ワンダからミンク族の綺麗なドレスをもらったナミ。一方でナミも自身の服をワンダに渡しています。ナミが渡した服は、新シリーズのナミを代表する服とも言えるものだったので、それを渡してしまったことを少し残念に思うファンもいるようです。

ビッグマムが登場するホールケーキアイランド編では、ツインテールとフリルがついた服装がかわいいナミを見ることができます。『ワンピース』には多くの女性キャラが登場しますが、その中でも特にナミがかわいいというファンのコメントでした。

ナミの服がかわいいという『ワンピース』ファンのコメントです。ナミは作中、様々な服を着ていますが、それもかわいいものばかり。ストーリー毎に変わるナミの服装を注意深く確認しているファンも多いです。

ゾウ編のナミが最高にかわいいというファンのコメントです。ワンダから贈られた服と、ミンク族の国宝だという装飾品は、ナミの美しさを際立てていました。ゾウ編のナミの服装がお気に入りだというファンは少なくありません。交換した衣装姿のナミを見たサンジも、あまりの美しさに大きな衝撃を受けていました。

ナミのゾウ編の服と髪型を絶賛するコメントです。ワンダと服を交換したあとはもちろん、ゾウに上陸した際の服装と髪型もナミに似合っていて高評価でした。交換前と交換後、どちらの服装と髪型もチェックしてみてください。

ウォーターセブンとエニエス・ロビーのときのナミの服装が好きだというコメント。どのエピソードのときの服装が好きかは、ファンによって違います。『ワンピース』を見て、自分の一番好きなナミの服装を探してみるのもいいでしょう。

Thumb【ワンピース】ナミの懸賞金は6600万?これまでの金額の推移と上がり方を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由まとめ

『ワンピース』作中にて、ナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由を中心に、ナミのかわいい魅力や名言・名シーンについてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?ナミの服をミンク族のワンダが着ていた理由は、ナミたちがミンク族を助けたことで生まれた友情によるものでした。

ナミたちが必死にミンク族を助けるゾウ編は、麦わらの一味の人を思い遣る気持ちが表れた感動のストーリーとなっています。ぜひゾウ編を見て、ナミの活躍やワンダとの友情を確認してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ