【遊戯王】ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生とは?使用カード・デッキも紹介

ペガサス・J・クロフォードとは高橋和希が原作を務める作品『遊戯王』に登場するキャラクターです。作中に登場するカードゲーム『M&W(マジック&ウィザーズ)』を生み出した天才であるペガサス・J・クロフォードはデュエルとなれば無敗ですが、それには『千年アイテム』の1つ『千年眼』の能力が関係しています。今回はそんなペガサス・J・クロフォードの人生について詳しく解説し、印象に残る名言やアニメ版で声を担当した声優についても紹介していきます。

【遊戯王】ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生とは?使用カード・デッキも紹介のイメージ

目次

  1. ペガサス・J・クロフォードとは?
  2. ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生とは?
  3. ペガサス・J・クロフォードが使用したカード・デッキ
  4. ペガサス・J・クロフォードの名言
  5. ペガサス・J・クロフォードの能力とその他の千年アイテム
  6. ペガサス・J・クロフォードに関する感想や評価
  7. ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生まとめ

ペガサス・J・クロフォードとは?

遊戯王とは

『遊戯王』は高橋和希が『週刊少年ジャンプ』で1996年から連載を開始した漫画作品で、2004年まで続いて単行本は全38巻となっています。物語のあらすじは、いじめられっ子の高校生・武藤遊戯が古代エジプトに伝わる『千年アイテム』の1つ『千年パズル』を完成させた事をきっかけにもう1つの人格である闇遊戯を宿すようになり、悪人に対して闇のゲームを仕掛けて制裁していくというものです。

『遊戯王』は当初、遊戯が闇遊戯となって様々なゲームで戦って悪人に罰ゲームを与えていくというダークファンタジー的な作風で、基本的に1話完結型のオムニバス形式でしたが、作中に登場するオリジナルカードゲーム『マジック&ウィザーズ』が読者に人気となった事で、途中から『マジック&ウィザーズ』を中心としたカードバトル漫画へとシフトチェンジしました。

『マジック&ウィザーズ』は1998年に『遊戯王カードダス』、1999年に『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』として2度の商品化を果たして人気となりました。特に『遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』は世界的な大ヒットとなり、何度も世界大会が開かれているだけでなく、『世界一の販売枚数を誇るトレーディングカードゲーム』としてギネス認定もされています。

また『遊戯王』は1998年にアニメ化を果たし、オリジナルストーリーも交えながら全27話が放送され、2000年からはカードゲームバトルに主体を置いた『遊戯王デュエルモンスターズ』が新たに放送開始して224話放送されました。その後は主人公を変えながらオリジナルアニメが制作され続け、2019年現在はアニメオリジナル6作目となる『遊戯王VRAINS』が放送中となっています。

ペガサス・J・クロフォードとは

ペガサス・J・クロフォードのプロフィール

ペガサス・J・クロフォードはアメリカのラスベガス出身で、10月8日生まれの24歳、身長188センチ、体重65キロ、血液型A型です。父親はラスベガスのカジノを経営している資産家で、自身はゲーム産業企業『インダストリアル・イリュージョン』の名誉会長であり、ゲームデザイナーでもあります。10代の時に『マジック&ウィザーズ』を生み出した天才で、やり手のゲームデザイナーであると同時に無敗を誇るデュエリストです。

『遊戯王』の作中で重要アイテムとなっている7つの『千年アイテム』の1つ『千年眼』の持ち主で、人の思考を読み取る能力を得ているのでデュエルの際には相手の作戦が手に取るように分かり、対策や先手を打つ事が出来ます。

ペガサス・J・クロフォードの性格

ペガサス・J・クロフォードは、実業家でありながら子供のような言動が目立ち、掴みどころの無い性格をしています。しかし本当は自分の目的のためなら手段を選ばない冷酷な性格をしており、デュエルの最中に不正行為を働いたキース・ハワードを顔色一つ変えずに処刑していました。

また、『決闘者の王国』の主催者であるペガサス・J・クロフォードは莫大な賞金を用意していましたが、実は渡すつもりは無かったため闇のプレイヤーキラーに『ああ見えてケチな男』と称されていました。

好きな食べ物・嫌いな食べ物

ペガサス・J・クロフォードの好きな食べ物はワインとゴルゴンゾーラ・チーズです。ペガサス・J・クロフォードは子供の頃から大好きなアメリカンコミック『ファニーラビット』を読みながらワインとゴルゴンゾーラ・チーズを食べる時間が至福の時であると語っていました。また、嫌いな食べ物はイカであるという事です。

担当声優

アニメ『遊戯王』でペガサス・J・クロフォードの声を担当している声優は高杉Jay二郎です。所属事務所は『吉本興業』で、声優の他にラジオパーソナリティやナレーターとしての活動をメインとしています。声優デビュー作品は1998年に放送されたアニメ『ヨシモトムチッ子物語』で、ヤマザキゴキブリの担当声優となっていました。他にもアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で外国人の声優を担当しました。

ペガサス・J・クロフォードの担当声優は高杉Jay二郎の中でも最も知られている声優活動と言っても過言ではなく、2000年に放送された『遊戯王 デュエルモンスターズ』の続編『遊戯王 デュエルモンスターズGX』でも担当声優として続投しており、長い間声優を担当し続けています。

トゥーンとは

トゥーンとはペガサス・J・クロフォードが作中で使用する世界に1枚しか存在しない魔法カード『トゥーン・ワールド』によってアメリカンコミック風に変化したモンスターの事です。トゥーン化したモンスターは敵モンスターの攻撃を避ける事が出来るため、一切の通常攻撃を受け付けなくなるというチート的な力を持つようになります。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ

ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生とは?

ペガサス・J・クロフォードは『遊戯王』の『決闘者の王国編』で黒幕として登場し、遊戯や仲間達に猛威を振るいました。しかし、そんなペガサス・J・クロフォードは遊戯に敗れた後に悲惨な結末を迎える事となってしまいます。

ペガサス・J・クロフォードの来歴

悪人になったきっかけ

ペガサス・J・クロフォードは、将来を誓い合っていた女性・シンディアが若くして命を落とした事で数か月間にわたって無気力な生活を送っていました。そんな中、エジプトで魂を蘇らせる事が出来る言い伝えを聞いた事でエジプトのクル・エルナ村に訪れ、地下神殿で行われていた『千年アイテム』の儀式を目撃します。

禁断の儀式を見てしまった事で拘束されたペガサス・J・クロフォードは、『千年アイテム』の1つ『千年眼』に相応しい男であるかどうかを試すために左目をくり抜かれ、『千年眼』を押し込まれます。『千年眼』に選ばれたペガサス・J・クロフォードはその時にシンディアと一瞬ですが再会を果たし、以降はシンディアと再会するためなら手段を選ばない男となってしまいました。

海馬コーポレーションを手に入れようとしたわけ

ペガサス・J・クロフォードはシンディアのカードを作っており、それをリアルに立体化させる技術を持つ『海馬コーポレーション』を手に入れるために『決闘者の王国』という大規模な大会を開催しました。

ペガサス・J・クロフォードの恋人

ペガサス・J・クロフォードとシンディアは14年前に父親同士を通して知り合い、すぐに恋人関係になりました。しかしシンディアは重い病によって17歳という若さでこの世を去ってしまいました。

ペガサス・J・クロフォードの死亡

ペガサス・J・クロフォードは『決闘者の王国』の最終決戦で遊戯に敗れた後、闇獏良に暗殺されて『千年眼』を奪われました。文庫版『遊戯王』の後書きによると、ペガサス・J・クロフォードは死んだ後に今までの罪を償って天国に行く事になり、シンディアと再会したという事です。

Thumb遊戯王の顔芸画像まとめ!マリクなどシリーズ歴代キャラのアニメ作画崩壊集 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ペガサス・J・クロフォードが使用したカード・デッキ

『遊戯王』の作中でペガサス・J・クロフォードが使用したカードの数々を種類別に紹介していきます。ペガサス・J・クロフォードはデュエルの際、『トゥーン・ワールド』を駆使した戦い方をしますが、本気を出すと全く違うタイプのカードを使用します。

種類①モンスターカード

エレキッズ

ペガサス・J・クロフォードがビデオテープ越しに闇遊戯とデュエルした際に出したカードです。特に特殊能力も無く、攻撃力と守備力も強くは無いので簡単に撃破されていました。

幻想師・ノー・フェイス

遊戯とのビデオ戦でペガサス・J・クロフォードが使用したカードで、魔法カード『幻惑の眼』とのコンボによって闇遊戯のエースカード『ブラック・マジシャン』を操る事に成功していました。

サクリファイス

ペガサス・J・クロフォードが闇遊戯との最終決戦で『トゥーン・ワールド』を破られた事で戦略を変えて召喚したモンスターです。攻撃力・守備力ともに0ですが、相手のモンスターを吸収して自分の数値にする能力を持っています。

サウザンド・アイズ・サクリファイス

『サクリファイス』と『千眼の邪教神』による融合モンスターで、闇遊戯との最終決戦で使用したペガサス・J・クロフォードの切り札です。『サクリファイス』の能力に加えて千眼によって相手のモンスターの動きを封じ込める能力を持っています。

ダーク・アイズ・イリュージョニスト

闇遊戯との最終決戦で使用したモンスターカードで、『千年眼』を思わせる見た目をしています。相手の動きを封じ込める能力を持っており、のちに『サクリファイス』を儀式召喚するための生贄に使われました。

千眼の邪教神

闇遊戯との最終決戦でペガサス・J・クロフォードが使用したモンスターカードで、攻撃力・守備力は0となっていますが『サクリファイス』と融合する事で『サウザンド・アイズ・サクリファイス』となります。

タイム・ボマー

ペガサス・J・クロフォードが闇遊戯との最終決戦で使用したモンスターカードです。自分のフィールド上のモンスターを犠牲にして相手のライフポイントにダメージを与える能力を持っています。

ダーク・ラビット

ペガサス・J・クロフォードが海馬とのデュエルで使用したモンスターカードです。特殊能力は持っていませんが、作中でトゥーン化した初めてのモンスターで、攻撃を受け付けないため海馬を苦しめました。

壺魔人

ペガサス・J・クロフォードが遊戯とのビデオ戦と海馬戦で使用したモンスターカードです。『ドラゴン族・封印の壺』で封印したドラゴン族モンスターを操り手駒とする事が出来る能力を持っています。

デビル・ドラゴン

遊戯とのビデオ戦で使用されたカードで、元々は遊戯のモンスターカードですが、『ドラゴン族・封印の壺』と『壺魔人』によるコンボによってペガサス・J・クロフォードが操る事が出来るようになっていました。

デビル・ボックス

ペガサス・J・クロフォードが海馬とのデュエルで使用したモンスターカードです。原作漫画では攻守ともに高い通常モンスターカードとして登場しましたが、OCGでは融合カードへと変更されました。

トゥーン・デーモン

闇遊戯が持つ『デーモンの召喚』のカードを『コピーキャット』でコピーした後に『トゥーン・ワールド』でトゥーン化させたモンスターです。トゥーンの能力に加えて高い攻撃力で何度も攻撃を繰り返していました。

トゥーン・アリゲーター

ペガサス・J・クロフォードが海馬とのデュエルで使用したモンスターカードです。特に『トゥーン・ワールド』でトゥーン化したモンスターという訳ではありませんが、トゥーンの名前が入っています。

トゥーン・マーメイド

ペガサス・J・クロフォードが闇遊戯との最終決戦に置いて、『トゥーン・ワールド』によって『弓を引くマーメイド』をトゥーン化させたモンスターです。闇遊戯の『エルフの剣士』の攻撃を避けて撃破していました。

トゥーン・ドラゴン・エッガー

ペガサス・J・クロフォードが『ドラゴン・エッガー』を『トゥーン・ワールド』でトゥーン化したモンスターです。闇遊戯との最終決戦で登場し、『トゥーン・マーメイド』とともに闇遊戯を苦しめました。

ドラゴン・エッガー

高い守備力を誇る壁モンスターで、卵の殻に閉じこもっている事が特徴です。『トゥーン・ワールド』によってトゥーン化すると卵から手足と顔を出して姿を見る事が出来ます。

パロット・ドラゴン

ペガサス・J・クロフォードが海馬とのデュエルで使用したモンスターカードで、攻守ともに強力なドラゴンカードでありながらアメリカンコミック風の見た目をしている事が特徴です。

ドラゴン族・封印の壺

遊戯とのビデオ戦と海馬とのデュエルで使用したモンスターカードで、ドラゴン族の動きを封じ込める能力を持っています。原作ではモンスターカードとして登場しましたが、アニメ版及びOCGでは罠カードに変更されています。

ホーリー・ドール

ペガサス・J・クロフォードが闇遊戯とのビデオ戦で使用したモンスターカードです。アニメ版には登場しておらず原作のみの登場で、闇遊戯によって撃破されていましたがペガサス・J・クロフォードは余裕の表情をしていました。

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン

海馬戦において、海馬のエースカード『ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン』を『予言』のカードで奪い、『トゥーン・ワールド』によってトゥーン化した姿です。海馬は自分のカードを惨めな姿に変えられた事で怒りを露わにしていました。

弓を引くマーメイド

闇遊戯との最終決戦で使用したモンスターカードです。すぐに『トゥーン・ワールド』によってトゥーン化して猛威を振るいましたが、闇遊戯の『聖なるバリア-ミラーフォース-』によって『トゥーン・デーモン』の攻撃を跳ね返され、撃破されていました。

種類②罠カード

予言

指定した相手の手札1枚の攻撃力を2000より高いか低いかを言い当て、当たった場合はそのカードを奪う事が出来るというカードです。ペガサス・J・クロフォードは『千年眼』の能力も使用し、海馬の『ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン』を奪いました。

罠移し

闇遊戯との最終決戦で使用した罠カードです。相手の罠カードの効果を跳ね返す事が出来るカードで、闇遊戯が使用した『六芒星の呪縛』の効果を『デーモンの召喚』に移し替えていました。

ゴーゴンの眼

闇遊戯との最終決戦で使用した罠カードです。相手の守備表示モンスターを石化させる事が出来るため、遊戯の『インプ』を石化させて『トゥーン・デーモン』で撃破していました。

人魚の涙

闇遊戯との最終決戦で使用した罠カードです。相手が伏せカードを表にした時にそれを無効化する効果を持っており、闇遊戯が『ルイーズ』を『一角獣のホーン』でパワーアップしようとした際に使用していました。

種類③魔法カード

闇・エナジー

海馬とのデュエルで使用した魔法カードです。海馬が使用する闇属性モンスターの攻撃力を3倍にする効果を持つ『闇エネルギー』と似ていますが、こちらは自分のフィールド上の全てのモンスターの攻撃力を2倍にする事が出来ます。

トゥーン・ワールド

海馬とのデュエルと闇遊戯との最終決戦で使用したペガサス・J・クロフォードだけが持つ世界に1枚しかないカードで、自分の場のモンスターを攻撃を避ける能力を持つトゥーンモンスターに変える事が出来ます。

イリュージョンの儀式

闇遊戯との最終決戦で使用した『サクリファイス』の召喚に必要な儀式カードで、ペガサス・J・クロフォードは『ダーク・アイズ・イリュージョニスト』を生贄にして『サクリファイス』を降臨させていました。

シャイン・キャッスル

海馬とのデュエルで使用した魔法カードです。海馬の『ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン』を奪ってトゥーン化したうえで、このカードを使って攻撃力を500ポイントアップさせていました。

コピーキャット

闇遊戯との最終決戦で使用した魔法カードで、相手が場に捨てたカードに姿を変える能力を持っています。作中では闇遊戯が捨てた『デーモンの召喚』に姿を変えたのち、『トゥーン・ワールド』によって『トゥーン・デーモン』となっていました。

魔法をうち消す結界

闇遊戯との最終決戦で使用した魔法カードで、相手の魔法カードの効果を打ち消す能力を持っています。闇遊戯の『マジカル・シルクハット』を打ち消すために使用しましたが、『魔法効果の矢』で跳ね返されて『トゥーン・ワールド』を破壊されていました。

融合

『遊戯王』の作中で頻繁に登場する魔法カードで、モンスター同士を合体させて1体の強力なモンスターを生み出す事が出来ます。ペガサス・J・クロフォードは『サクリファイス』と『千眼の邪教神』を融合させて『サウザンド・アイズ・サクリファイス』を誕生させていました。

種類④その他

幻惑の眼

闇遊戯とのビデオ戦で使用したカードで、『幻想師・ノー・フェイス』と組み合わせる事によって相手モンスターを操る事が出来ます。作中ではこのコンボを使用して闇遊戯の『ブラック・マジシャン』を操っていました。

使用したデッキ

ペガサス・J・クロフォードが使用したデッキは『トゥーン・ワールド』を中心とした戦略が組み込まれたものとなっていますが、それが破られると『サクリファイス』を中心とした強力な戦術に切り替わります。

Thumb遊戯王の海馬瀬人の使用カードが強すぎる!モンスター画像や名言・声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ペガサス・J・クロフォードの名言

名言①トゥーンはトゥーンでしか倒せない…

ペガサス・J・クロフォードが海馬戦で言い放った『トゥーンはトゥーンでしか倒せない…』という名言があります。トゥーン化したモンスターに手も足も出ない海馬に対してトゥーンが完全なる生命体である事を教えた名言で、自身に満ち溢れたペガサス・J・クロフォードの表情が印象的です。この名言は海馬だけでなく、感染していた遊戯達も驚かせました。

名言②人の未来を切り開く無限の可能性…

ペガサス・J・クロフォードが遊戯と城之内に言った『人の未来を切り開く無限の可能性…』という名言があります。この名言の後に『それはイマジネーションなのデース』と続きます。声優を務めた高杉Jay二郎の喋り方が印象的な名言です。

名言③私はユーの手札を…

ペガサス・J・クロフォードの『私はユーの手札を…』という名言があります。この名言の後に『すべて把握しているのデース』と続きますが、『千年眼』の能力によって相手の手の内が分かる事を伝えている名言となっています。

Thumb遊戯王の名言集!武藤遊戯や海馬瀬人など歴代キャラの名セリフ画像まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ペガサス・J・クロフォードの能力とその他の千年アイテム

ペガサス・J・クロフォードの持つ『千年眼』の能力と、他の6つの『千年アイテム』の能力を一覧で紹介していきます。ペガサス・J・クロフォードは『千年眼』によって無敗のデュエリストとなっていました。

千年アイテム

千年眼

『千年眼』はペガサス・J・クロフォードが持っている『千年アイテム』で、『ミレニアム・アイ』とも呼ばれています。『千年眼』は相手の思考を読み取る事が出来るため、ペガサス・J・クロフォードはこの能力によってデュエルを優位に進めていました。また、『千年眼』は闇のゲームによって負かした相手の魂をカードに封じ込める能力も持っています。

千年秤

『千年秤』は現代ではシャーディー、古代エジプトでは神官カリムが持っていた『千年アイテム』です。罪人の罪の重さを量る事ができ、罪の重い罪人に罰ゲームを与える事が出来ます。

千年パズル

主人公・武藤遊戯が所持者である『千年アイテム』で、古代エジプトの王・アテムの魂が封じ込められています。遊戯はこの『千年パズル』を完成させてから古代エジプトのファラオ・アテムの意志と共存するようになりました。

千年首飾り

『千年首飾り』は『千年タウク』とも呼ばれ、現代ではイシズ・イシュタール、古代エジプトでは神官アイシスが所持していた『千年アイテム』で、未来の映像を見る、もしくは見せる能力を備えています。

千年錫杖

『千年錫杖』は現代ではマリク・イシュタール、古代エジプトでは神官セトが所持していた『千年アイテム』で、相手に触れる事によって精神と肉体を操る事が出来る能力を備えています。また先端のカバーを外す事で鋭利な切っ先が現れ、武器として使用する事も可能です。

千年輪

『千年輪(千年リング)』は現代では獏良了、古代エジプトでは神官マハードが所持していた『千年アイテム』で、5つの指針によって邪念を感知し、悪人の位置を調べる事が出来ます。また、古代エジプトの盗賊『バクラ』の魂が封じ込められているため、現代の獏良了は度々意識を乗っ取られています。

千年錠

『千年錠』は現代ではシャーディー、古代エジプトでは神官シャダが所持していた『千年アイテム』で、対象の人物の心の扉を開けて部屋に入り込む事が出来ます。また、部屋の模様替えをする事によってその人物の精神を操る事も出来ます。

Thumb【遊戯王】獏良了はイケメンなラスボス?闇バクラの凶悪な名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ペガサス・J・クロフォードに関する感想や評価

ペガサス・J・クロフォードが使用する十八番カード『トゥーン・ワールド』は敵モンスターの攻撃を避ける事が出来るため、衝撃を覚えたという読者は多くいます。また、ペガサス・J・クロフォードの名言の1つ『トゥーンは無敵デース』というセリフもあって、当時の読者はどうやってトゥーンを攻略するのか期待しながら読み進めていました。

アニメ『遊戯王 デュエルモンスターズ』でペガサスの声優を務めた高杉Jay二郎による喋り方は非常に特徴的なため、『遊戯王』ファンの8割近くが真似をしているというアンケート結果が出ています。これに対して高杉Jay二郎本人は『嬉しい!』と語っており、ペガサス・J・クロフォードの声優である事を誇りに思っている事が分かる言葉をTwitter上で述べていました。

ペガサス・J・クロフォードはイケメンキャラのため、ルックスだけでもファンを獲得していました。さらに『マジック&ウィザーズ』を生み出した天才で無敵のデュエリストという実際に居たら惚れてしまうかっこいい人物です。

ペガサス・J・クロフォードの悲惨な人生まとめ

『遊戯王』の登場人物であるペガサス・J・クロフォードについて、『千年眼』の能力や名言の数々、アニメ版で声優を務めた高杉Jay二郎についても紹介してきましたがいかがだったでしょうか?アニメ版では声優・高杉Jay二郎の演技が印象的で、ファンを増やす要因にもなりました。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ