【血界戦線】神々の義眼の能力と秘密を考察!レオナルドの過去や魅力も紹介

内藤泰弘原作『血界戦線』は「神々の義眼」の能力を持つ主人公のレオナルドが過去の贖罪から異界と人間界の混濁が進む街ヘルサレムズ・ロットに住み着き、妹を救うために秘密結社ライブラに加入して仲間たちと共に血界の眷属に挑んでいくF吸血鬼アクション物語です。この度は主人公のレオナルドが持つ「神々の義眼」の能力と秘密に迫り、レオナルドの魅力や彼に起きた過去についてをまとめ、レオナルドのアニメ担当声優についても紹介していきます。

【血界戦線】神々の義眼の能力と秘密を考察!レオナルドの過去や魅力も紹介のイメージ

目次

  1. 神々の義眼が登場する血界戦線とは?
  2. 神々の義眼の能力とは?
  3. 神々の義眼の秘密を描く10巻ネタバレ
  4. 神々の義眼の所有者・レオナルドの過去とは?
  5. 神々の義眼を持つレオナルドの魅力とは?
  6. 神々の義眼を持つ・レオナルドの声優は?
  7. 神々の義眼はチート能力過ぎる?
  8. 神々の義眼に関する感想や評価は?
  9. 神々の義眼と所有者・レオナルドの秘密まとめ

神々の義眼が登場する血界戦線とは?

「神々の義眼」が登場する内藤泰弘原作の「血界戦線」の物語について紹介していきます。何でも見通すことのできる能力を秘めた「神々の義眼」を持つ主人公のレオナルド・ウォッチを含め「神々の義眼」を中心に見ていきます。レオナルドの担当声優についてもまとめているので是非ご覧ください。

血界戦線の作品情報

内藤泰弘原作の人気作品「血界戦線」は、2009年に「ジャンプスクエア」で「血界戦線-魔封街結社-」として連載が始まったSF吸血鬼アクション漫画です。異界と人間界とが交差し異常な超常犯罪などが横行する、かつてニューヨークと言われた街「ヘルサレムズ・ロット」が舞台です。不可思議な街を混沌から救い、均衡を保つ為に様々な能力を持った「秘密結社ライブラ」が異界の住人たちと日夜戦います。

半年前のある事件で異界の者に遭遇し、妹の視力を差し出すことで救われた少年のレオナルド・ウォッチは、妹・ミシェーラを救う方法を探し求め新聞記者見習いとしてヘルサレムズ・ロットを訪れます。秘密結社ライブラを訪問し取材をしようとする中、身動きが素早い音速猿の「ソニック」にカメラを奪われ、その猿の後を追っているうちに、ライブラメンバーのザップに出会います。

ザップからは新人メンバーと間違われたレオナルドは、魔神の無差別襲撃事件に巻き込まれてしまいます。レオナルドは異界の者から与えられた「神々の義眼」の能力を使用してライブラのサポートをし、事件を解決へと導くと、正式に秘密結社ライブラの一員に迎えられます。そして、過去に妹を犠牲にしてしまったことを後悔し、妹の視力回復方法を探るためにライブラの仲間と共に様々な事件へ挑んでいきます。

血界戦線の漫画情報

≪漫画「血界戦線」作品情報≫

  • 『血界戦線 -魔封街結社-』
  • ジャンル:SF伝奇アクション/吸血鬼
  • 原作:内藤泰弘
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:ジャンプスクエア/ジャンプSQ.19
  • 発表号:ジャンプスクエア:2009年2月号-4月号/ジャンプSQ.19:2010年創刊号-2015年Vol.18
  • 巻数:全10巻

血界戦線のアニメ情報

≪アニメ『血界戦線』作品情報≫
『血界戦線』

  • 監督:松本理恵
  • 放送局:MBS/TOKYO MX/BS11
  • 放送期間:2015年4月-6月(第11話まで)/2015年10月(第12話)
  • 話数:全12話+特別編

『血界戦線 & BEYOND』

  • 監督:高柳滋仁
  • 放送局:MBS/TOKYO MX/BS11/AT-X
  • 放送期間:2017年10月-12月
  • 話数:全12話

TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」公式サイト

神々の義眼の能力とは?

レオナルドが「神界の眼科医」リガ=エル=メヌヒュトから押し付け授けられた、精巧に作られた幾何学模様が浮かぶ青い眼球「神々の義眼」に秘められた力にはどのような能力があるのでしょう?「神々の義眼」の能力を一覧にしてまとめています。

神々の義眼の能力一覧

  • 「動体視力」→超光速の動きを捉えることが出来る
  • 「解析能力」→因果律まで操作し世界を書き換えた幻術をも見破る
  • 「遠隔透視能力」→物体を透かして見ることが出来る
  • 「追跡能力」→生物の残留思念である「色」を識別し追跡てする
  • 「視界操作能力」→他者の視覚を操り情報を得て高性能のナビゲートすることが出来る
  • 視覚神経を敷き写し、遠くにあるものを発見する
  • 通常の目では認識できない多次元レーダー網を見破る
  • 肉体から離れる霊魂を目視して肉体に押し留めることが出来る
  • あらゆるセンサーでも観測不能な「血界の眷族」を目視して真名まで読み取れる

神々の義眼の秘密を描く10巻ネタバレ

漫画「血界戦線」の10巻の内容をネタバレ紹介していきます。気になる「神々の義眼」の能力の秘密が描かれた10巻はどのような展開を見せるのでしょうか?早速、見ていきましょう!

レオナルドが入院する

秘密結社ライブラのザップとツェッドの3人で敵のアジトへ侵入したレオナルドでしたが、その任務中にザップとツェッドが内喧嘩を始めます。レオナルドはザップの前蹴りをまともにくらい後ろに吹っ飛ばされると、そこにいた敵に頭突きを喰らわして運よく敵を倒すことに成功しますが、レオナルドはその頭突きの衝撃でそのまま気絶してしまい病院に運ばれます。

レオナルドが意識を取り戻し病院であることを確認すると、思いついたように病院務める女医のルシアナに自分の「神々の義眼」がどのようなものであるのかを尋ねます。すると丁度そこに院長のマグラ・ド・グラナが現れ、レオナルドに「神々の義眼」が負担になって治療したいのかと問われます。

神々の義眼の摘出は禁忌

レオナルドはマグラ院長に、神々の義眼を手にしたことで妹の視力が奪われ、妹の視力を取り戻すためにヘルサレムズ・ロットに来たことを語ります。その話を聞いたマグラ院長は、神々の義眼保有者の義眼摘出に関する文献は現在存在していないと話します。そして、無理やり神々の義眼を摘出することは神的存在との契約の一方的な契約破棄になり、その代償は計り知れないものがあり、覚悟して慎重に行動する必要があるといいます。

レオナルドは妹の視力を回復させる方法が分からないことに絶望し、過去の事件で妹を犠牲にしてしまった自分の勇気のなさを恥じて後悔します。過去の後悔に苛まれるレオナルドは、しばらく連絡を取っていなかった妹のミシェーラと久々に連絡を取ります。すると、ミシェーラから近々結婚する予定であることを告げられます。

妹の婚約者と謎の化け物

レオナルドはミシェーラが近々結婚する予定であり、そのフィアンセのトビー・マクラクランをレオナルドに紹介するためにヘルサレムズ・ロットにやってくるということを聞いて慌てます。レオナルドは直にライブラのリーダーのクラウスをはじめとしたライブラのメンバーに妹がヘルサレムズ・ロットにやってくることを報告します。

ミシェーラには秘密結社ライブラに関わっていることは秘密であり、妹に何かあった場合、レオナルドの神々の義眼がどのような能力を見せるか分からなかったため、ライブラのメンバーがミシェーラを護衛することになりました。

そして当日、ミシェーラはフィアンセのトビーと一緒にヘルサレムズ・ロットへやってきます。他愛のない会話を楽しむレオナルド達でしたが、場所を移動しようとしたとき、ミシェーラの背後に大きな化け物が佇むのをレオナルドは目視します。しかし、それはレオナルドだけにしか見えていないようでした。

保有者の役割は観察者

ミシェーラの背後にいた化け物の正体はDr.ガミモヅでした。Dr.ガミモヅはレオナルドだけに自分の姿が見えていることを知っていました。そして、レオナルドがトイレに立った時に話しかけてくるのです。Dr.ガミモヅは世界に存在する「神々の義眼」の調査と研究のために体内にトビーを取り込み、レオナルドの前に現れたと話します。

レオナルドはDr.ガミモヅであれば「神々の義眼」について何か知っているだろうと、「神々の義眼」がどのようなものか質問を投げかけます。Dr.ガミモヅは、レオナルドに無理やり移植を施したのは眼科義肢の「リガ=エル=メヌヒュト」だといいます。人間界が大きく揺れ動いた時に「神々の義眼」は現れ、神々が歴史上の大事を記録していく超高性能な隠しカメラで「神々の義眼」の保有者は観察役に選ばれた人物だと教えられます。

ミシェーラは敵に気づいていた

Dr.ガミモヅは「神々の義眼」の調査と研究を進めるために片方の眼を譲ってもらえないかとレオナルドに話します。そうすれば、代替えの眼を作れる可能性があり、妹の目の治療法も見つかり救えるかも知れないと唆します。Dr.ガミモヅの誘いを断ち切ろうとするレオナルドですが、自分1人ではどうにも太刀打ち出来ず、身動きが取れない状況でした。

ミシェーラは目が見えなくなったことで感覚が研ぎ澄まされ、自分の背後にDr.ガミモヅがいたことを以前から気づき、婚約者のトビーを紹介すると言ってレオナルドに助けを求めるために無理やりヘルサレムズ・ロットにやってきたのです。そんな最中、レオナルドのスマホに着信があり、血界の眷属が出現したという緊急事態発生の連絡が入ります。

血界の眷属が現れる

血界の眷属が街に出現したとなれば、レオナルドも向かわなければなりません。ミシェーラには「少しでてくる」とだけ伝え、ライブラメンバーのスティーブンたちと合流後、血界の眷属の討伐へ向かいます。現場にいたのは血界の眷属の力を持ちますが、理性がない暴れるだけの獣で、ライブラメンバーたちは狙撃や肉弾戦で血界の眷属と戦闘を繰り広げていきます。

レオナルドも自分も手伝わなければと思考しますが、自分の動向はすべてDr.ガミモヅにチェックされています。能力を使用すればDr.ガミモヅにばれてしまうとレオナルドは躊躇し思考を巡らしますが、仲間が戦っている目の前の状況にレオナルドはスマホを取り出すと、血界の眷属の真名を記したメールを一気に打ち込んでクラウスに送信します。そしてそのメールを確認したクラウスは血界の眷属の封印に成功するのです。

Dr.ガミモヅに憑依される

ライブラメンバーと血界の眷属が戦う一連の流れを見ていたDr.ガミモヅは、レオナルドの持つ「神々の義眼」の能力には血界の眷属の真名を読み取る力があるという情報を得ます。Dr.ガミモヅは更に研究の高みを目指すために、レオナルドに自分を憑依させるように迫りますが、レオナルドは当然の如く返事をしません。レオナルドの態度を見たDr.ガミモヅは、ミシェーラが人質であることをちらつかせ、レオナルドを追い詰めます。

レオナルドは仕方なくDr.ガミモヅの言うことに従い、現場から立ち去ります。血界の眷属との戦闘が終了したにしても誰にも何も告げずに姿を消したレオナルドに、クラウスは違和感を覚えるのでした。

劣った眼を持つDr.ガミモヅ

レオナルドの元にはクラウスから何度も電話が掛かってきていました。しかし、Dr.ガミモヅの目の前で迂闊に電話に出て人質に取られた妹に何かあってはならないと電話に出ることが出来ません。Dr.ガミモヅにはスマホを捨てるように強要され、レオナルドの脳裏には何をしても全て裏目に出るようなマイナス思考が働き始め、精神的に追いやられていきます。

そこに人間の肉眼では確認することが出来ないほど俊敏に動く「音速猿」のソニックがレオナルドの頬を軽く蹴っていきました。Dr.ガミモヅはソニックの存在には気づかなかったようです。レオナルドは「音速猿」のソニックの動きがきっかけとなり、レオナルドが離れると直ぐにDr.ガミモヅが距離を詰めてくることに気づきます。Dr.ガミモヅはレオナルドとある一定の距離内でないと霧でレオナルドの姿を見失ってしまうのです。

レオナルドはDr.ガミモヅが姿を見失う一瞬の隙を狙おうと考え、敢えてチンピラが居そうな路地裏に入り、わざとチンピラに絡まれます。そして、チンピラから逃げると同時にDr.ガミモヅを振り切ろうと試みます。狙いは成功しましたが、直ぐに追いつかれDr.ガミモヅを完全に振り切ることは出来ませんでした。

クラウスが危機を察知

一方、その頃クラウスは、現場から無言で立ち去るはずがないとレオナルドの身を案じていました。レオナルドに何度も電話を掛けますが繋がらず、GPSでも位置を特定することは出来ません。クラウスは血界の眷属との戦闘中にレオナルドから送られてきたメールを読み返します。すると、血界の眷属の真名の情報より下に改行が続いていることに気づきます。

メールの下方までスクロールすると、最下行に「10-33」という「緊急事態発生」を知らせる暗号が打ち込まれていました。そこからクラウスは「神々の義眼」の能力があるレオナルドだけに見える戦いが起こっているのだと察知するのです。

オペの強行を防ぐレオナルド

レオナルドの状況を察したクラウスは、レオナルドが救難要請を最後に消息を断ったことをライブラメンバーに緊急連絡し、非常事態発生を伝えます。その頃、レオナルドはDr.ガミモヅに操られまいとして、得意でない肉弾戦で体重の軽いDr.ガミモヅを振り回す必死の抵抗を見せていました。そんな攻防をしている内に、Dr.ガミモヅはライブラメンバーがレオナルドを探し回る姿を見かけてしまいます。

時間がないと焦ったDr.ガミモヅは、レオナルドを緊急オペし身体ごと乗っ取ろうとする暴挙に出ます。そんな2人の攻防を見たミシェーラがDr.ガモミヅの足に絡みついて押さえつけます。そして、自由になったレオナルドは倒れたDr.ガミモヅの顔面を攻撃し、Dr.ガミモヅの義眼を破壊します。

ついにDr.ガミモヅを倒す

レオナルドに義眼を壊され、怒り狂って興奮するDr.ガミモヅは、レオナルドを生かすつもりでいましたが、もはやその選択肢はなく、レオナルドを殺して「神々の義眼」を奪おうと攻撃を仕掛けてきます。その時、ライブラメンバーが到着し、クラウスはDr.ガミモヅに強烈なパンチを喰らわせます。そして、Dr.ガミモヅを掴んで引きずり回し、ビルの外に投げ飛ばすと義眼が爆発しDr.ガミモヅ自身も消滅します。

ピンチを仲間に救われたレオナルドはボロボロの状態でしたが、命に別状はなく、ルシアナの病院で入院することになります。妹のミシェーラはレオナルドのことをクラウスに頼むとレオナルドが退院する前に自分の国へと帰っていきました。その後、順調に回復したレオナルドは再びライブラメンバーとして血界の眷属討伐任務に復帰するのです。

神々の義眼の所有者・レオナルドの過去とは?

神々の義眼の所有者である主人公のレオナルド・ウォッチについて紹介していきます。レオナルドには過去に自分の不甲斐なさを後悔するような出来事がありました。レオナルドの過去に起きた出来事について迫ります。

レオナルドの過去①妹の視力を奪われる

レオナルドは秘密結社「ライブラ」と出会う半年前の過去に、妹のミシェーラと共にヘルサレムズ・ロット近郊に観光旅行に訪れていました。その旅行中に異界的存在「神界の眼科医」のリガ=エル=メヌヒュトに遭遇し、レオナルドとミシェーラは「兄妹どちらかの視力を対価とし、神々の義眼を与える」という一方的な選択を迫られることになります。

リガ=エル=メヌヒュトを目の前にしたレオナルドは、その異界の者に恐怖で怯んでしまいます。そんなレオナルドを尻目に、妹のミシェーラは自ら率先してリガ=エル=メヌヒュトに視力を差し出すのです。ミシェーラはリガ=エル=メヌヒュトに視力を奪われ、レオナルドは「神々の義眼」を押し付けるように移植されるのです。

レオナルドの過去②強い後悔に襲われる

ミシェーラの視力を犠牲にして自分が「神々の義眼」を得たという過去に、レオナルドは自分の勇気のなさなどから恥ずかしく思い、深く後悔します。その過去の影響で、自分の欲求を満たす私利私欲のために「神々の義眼」の能力を用いることは好まず、使うこともあまりありません。

過去の贖罪のために秘密結社ライブラに所属し任務を遂行するレオナルドは、任務の給金をそれなりに得ているようですが、そのほとんどをミシェーラへの仕送りに当て、自分自身は貧困生活を送っています。

Thumb血界戦線のOPとEDまとめ!ユニゾンなど主題歌の歌手や歌詞を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

神々の義眼を持つレオナルドの魅力とは?

神々の義眼を持つ「血界戦線」の主人公のレオナルド・ウォッチの魅力について紹介していきます。レオナルドは「血界戦線」の主人公らしくなく、語り部などとファンの間では言われているようですが、レオナルドにはどのような魅力があるのでしょうか?見ていきましょう!

レオナルドの魅力①平凡で心優しい青年

異界と人間界のものが横行し、常識が通用しない超常犯罪などが日常茶飯に起こるヘルサレムズ・ロットに、過去のある事件での妹への贖罪の気持ちから移り住むようになったレオナルドは、常識的な思考を持ち、日々バトルが繰り広げられるヘルサレムズ・ロットの街には似つかわしくないほど平凡で気弱ですが、人が良く素直で心優しい青年です。

異界存在の友人が多いためか、異形の者に対してもあまり偏見を持たず、絡んできたチンピラに反論したり頭突きを喰らわしたり肝が据わっているところがあるようです。それなりに弁も立つようです。

レオナルドの魅力②不運なところも魅力

過去の旅行で異界存在のリガ=エルに遭遇したレオナルドと妹のミシェーラは、どちらかの視力と引き換えに神々の義眼を与えると取引を持ち掛けられます。妹のミシェーラが率先して自らの視力を犠牲にしたことで、レオナルドは「神々の義眼」を無理やり移植されることになります。

過去の不運で妹の視力を犠牲にして全てを見通す力「神々の義眼」を手に入れたことに、後悔と不甲斐ない自分に落ち込むレオナルドですが、妹の視力回復方法を探るために奮起して諦めない姿に心惹かれるファンもいるようです。

レオナルドの魅力③妹を救うためにHLへ

レオナルドは妹の視力回復方法を探し出すために新聞記者の見習いとして、ヘルサレムズ・ロットに住み着きます。そして、あることをきっかけに秘密結社ライブラの一員になり、過去の贖罪として闘争の中に身を委ねます。レオナルドは貧弱で頼りないですが、妹を助けたいという強い信念は揺らぐことはなく、初志貫徹の精神で任務に挑んでいきます。

レオナルドの魅力④コミック版での活躍

登場当初は貧弱で頼りないレオナルドでしたが、様々な事件に関わり数々の修羅場を乗り切ることで「神々の義眼」の使用にも慣れ、粘り強さを持ち、ライブラの戦力となるまでに成長します。妹ミシェーラの視力回復方法を探る中、レオナルドはミシェーラに婚約者を紹介されます。一見人の好さそうなトビーという相手ですが、神々の義眼を通してみた時、彼の背後の悪魔に気づきます。

その悪魔は「神々の義肢」の調査研究する異界の者・Dr.ガミモヅでした。妹は盲目になって研ぎ澄まされた感覚で違和感を感じ、レオナルドに助けを求めに来たのです。Dr.ガミモヅと対峙し肉弾戦が苦手ながらも相手に挑んでいくレオナルドの姿は語り部などではなく、「血界戦線」の主人公であることを再認識させるほどの活躍ぶりでした。

レオナルドの魅力⑤何だかんだかっこいい

「血界戦線」の主人公のレオナルドは、平凡さ故に語り部や狂言回しなどと揶揄されていますが、完成されていない主人公で成長の伸びシロがあり、危機に陥って絶望的な場面でも決して諦めずに僅かな希望に懸けて最後まで挑んでいく姿がかっこいいと言われています。読者の等身大のように描かれているレオナルドに、共感できるというファンも少なくないようです。

レオナルドの魅力⑥グッズやフィギュアが可愛い

「血界戦線」の主人公のレオナルドには様々なグッズやフィギュアあるようです。フィギュアの種類は他のキャラクターよりも種類が豊富でねんどろいどや1/7サイズの全身像フィギュア、ポージングなどが違う可動式フィギュアが発売されています。その他のグッズにはチャームやタペストリー、スマホケースなどといったバリエーション豊富なグッズが揃っており、可愛いと評判のようです。

レオナルドの魅力⑦ホワイトとの関係

アニメオリジナルキャラクターでヒロイン的存在のホワイトは、心臓病を患い入院しており、兄・ブラックが妹を甲斐甲斐しく看病します。レオナルドは2人と交友を深めます。ある大崩落の一件で一度命を落としたホワイトでしたが、ブラックの結界術の延命措置で生き返ります。彼女の命を保つには結界術を使い続けなければならず、ブラックはレオナルドの神々の義眼を狙います。レオナルドとホワイトは恋愛関係にはならないようです。

Thumb血界戦線のチェイン・皇の可愛い魅力を紹介!スティーブンとの関係は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

神々の義眼を持つ・レオナルドの声優は?

神々の義眼を持つ「血界戦線」の主人公のレオナルドの担当声優について紹介していきます。有名なアニメ作品にも多数出演している声優が担当しているようです。果たして担当声優は誰なのでしょうか?レオナルド・ウォッチの担当声優に迫ります。

レオナルドの声優は阪口大助

異界と人間界の激しいバトルが繰り広げられる「血界戦線」の「神々の義眼」を持ちながら平凡過ぎる主人公・レオナルド・ウォッチの声優担当は、阪口大助です。ガンダムに憧れて声優を目指すも、声優デビュー作品が「美少女戦士セーラームーン」のネコだったという声優の阪口大助は、翌年に念願の「機動戦士Vガンダム」の主役、ウッソ・エヴィン役を担当し、以後、様々なアニメ作品の担当声優を務めて活躍します。

声優担当するアニメキャラの役柄は、凄い能力を持ちながら平凡な青年というキャラが多く、声優・阪口大助の男性にして出す可愛らしい声とハイテンションで絶叫系のツッコミが魅力的だと言われています。

声優・阪口大助のプロフィール

  • 出身地:新潟県柏崎市
  • 生年月日:1973年10月11日
  • 年齢:45歳
  • 血液型:A型
  • 身長:166cm
  • 趣味:歴史/スポーツ観戦/その他色々
  • 資格:恐竜検定3級
  • 職業:声優
  • 事務所:青二プロダクション

声優・阪口大助の出演作品

  • 『機動戦士Vガンダム』ウッソ・エヴィン
  • 『銀魂』志村新八
  • 『氷菓』福部里志
  • 『ONE PIECE』ポートガス・D・エース (少年時代)
  • 『少年ハリウッド』富井実
  • 『仮面のメイドガイ』富士原幸助
  • 『ゴッドイーター』藤木コウタ
  • 『バトルスピリッツ ソードアイズ』スオウ
  • 『スマイルプリキュア!』ポップ
  • 『バトルスピリッツ ブレイヴ』硯秀斗 他多数

神々の義眼はチート能力過ぎる?

「血界戦線」の神々の義眼の能力が圧倒的に強すぎると話題となっているようです。「神々の義眼」の能力については一覧に先述していますが、どのあたりが強すぎると言われているのでしょうか?「神々の義眼」の圧倒的に強すぎると言われる能力について迫ります。

「眼球の王」と呼ばれるレオナルド

「神々の義眼」を移植されたレオナルドは、当初視覚から入る膨大な情報量に脳が追い付かず、馴れるまでに10日間ほど要します。「神々の義眼」の使用法に慣れない為か眼球など目の周辺に負荷がかかってやけどを負い、最終的に眼球にヒビが入ったこともあったようですが、神々の義眼には自己修復機能が備わっており、難を逃れます。

「神々の義眼」の能力には主に「動体視力」「解析能力」「遠隔透視能力」「追跡能力」「視界操作能力」などがあります。視覚情報や目に関する能力に優れ、血界の眷族を識別して追跡でき、真名を読み取ることもできるので血界の眷族を封印するにはなくてはならない能力です。ライブラのメンバーはレオナルドの能力に助けられ実際に血界の眷族を封印しています。

稀少性が高く桁違いのパワーを秘めた「神々の義眼」は作中で「至高の芸術品」と呼ばれ、度々義眼を巡た争いにレオナルドは巻き込まれていきます。そんな「神々の義眼」を持つレオナルド・ウォッチは「眼球の王」や「眼球王」とも呼ばれ、最強の能力保持者であると言われているようです。

しかし、レオナルドには戦闘力は全くありません。血界の眷族に襲われて対抗できる術はないので、血界の眷族にレオナルドが「神々の義眼」を使用できるという情報が漏れればレオナルド自身の命が危ぶまれるため、みだりに「神々の義眼」の能力を使用することはなく目立たなくすることで危機を回避しています。

神々の義眼に関する感想や評価は?

神々の義眼を持つ「血界戦線」の主人公・レオナルド・ウォッチについてや「神々の義眼」についてに関する感想や評価を紹介していきます。どのような感想や評価が上げられているのか、早速見ていきましょう!

謎が多い「神々の義眼」の秘密が明かされる回では、「血界戦線」の世界観が少し紐解かれることにゾクゾクとした興奮が抑えられなかったという方がいたようです。「神々の義眼」の能力に厨二病心が擽られるという感想も上がっていたようです。

「血界戦線」の主人公のレオナルドについての感想には、いつも貧弱で頼りないキャラのイメージが強いレオナルドですが、「神々の義眼」が発動しているときにはぱっちりとした目にブルーの吸い込まれるような瞳にでかっこいいとの感想が上げられています。また、普段は線みたいにつぶっているレオナルドの目ですが、普段からもしっかりと目を開けば可愛いイケメンフェイスなのではないかなどと盛る上がるファンもいたようです。

過去に「神々の義眼」を授けられたレオナルドの考え方への感想には、ミシェーラにの犠牲で得たのではなく、ミシェーラに守られて与えられたものと考えるようにすれば、それほど辛くはなくレオナルドの成長も早そうでそれこそ「眼球の王」に相応しいのではないかというものもあったようです。もっと前向きになればいいのではないかという感想が目立ちました。

神々の義眼と所有者・レオナルドの秘密まとめ

神々の義眼の持ち主で「血界戦線」の主人公のレオナルド・ウォッチの過去や「神々の義眼」について、またレオナルドの担当声優・阪口大助についてをまとめて紹介してきました。「神々の義眼」の能力は透視能力や敵の真名を読み取れるなど日常にもあったら便利なような能力で憧れる読者が多かったようです。特に厨二病好きの方には評判だったようです。

そんな「神々の義眼」の保持者であるレオナルドのキャラクターは主人公級ではないとされていたようですが、そのキャラクターが読者の等身大のように描かれていて共感がしやすく、「神々の義眼」が発動しているときのギャップもあって魅力的なキャラクターのようです。レオナルドの声の担当声優の阪口大助の声も少年声の可愛いらしい声質とドタバタノリツッコミで評判がいいようです。

Dr.ガミモヅから妹を守る場面はレオナルドが度胸を見せる必死さが伝わってきて感動したというファンもいたようです。語り部などと揶揄されていた主人公のレオナルドですが、徐々に成長していく様が感動的で「血界戦線」の魅力の1つであり、また「神々の義眼」も最強すぎる能力でファンを惹き付けて止まないようです。そんな「血界戦線」の物語を是非、漫画やアニメの本編でご覧になってみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ