【東京喰種:re】瓜江久生は裏の主人公?強さやかっこいい魅力・苦難の日々ネタバレ

大人気アニメ「東京喰種トーキョーグール」の続編、「東京喰種トーキョーグール:Re」に登場する瓜江久生についてまとめています。瓜江久生の強さやかっこいい魅力は一体どんなものなのでしょうか?また、瓜江久生に降りかかる苦難・試練の日々についてもネタバレを含め紹介していきます。「東京喰種:Re」で活躍する六月と瓜江久生との関係などについえも言及していますので、瓜江久生が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

【東京喰種:re】瓜江久生は裏の主人公?強さやかっこいい魅力・苦難の日々ネタバレのイメージ

目次

  1. 瓜江久生が登場する東京喰種:re
  2. 瓜江久生は裏の主人公?強さも紹介
  3. 瓜江久生のかっこいい魅力
  4. 瓜江久生の苦難の日々・活躍をネタバレ
  5. 瓜江久生の声優
  6. 瓜江久生に関する感想や評価は?
  7. 瓜江久生の強さや魅力まとめ

瓜江久生が登場する東京喰種:re

東京喰種:reの作品情報

アニメ「東京喰種:re」は、大人気アニメ「東京喰種」の続編である2部として位置づけされる作品です。原作漫画は『週刊ヤングジャンプ』で2014年から2018年に連載されていました。『東京喰種』は原作者である石田スイのデビュー作となります。単行本は全16巻発刊されています。2018年には「studioぴえろ」よりアニメ化されました。

テレビアニメでは、東京喰種トーキョーグールを第1期、東京喰種トーキョーグール√Aを第2期とし、東京喰種トーキョーグール:reは第3期・第4期で構成されました。東京喰種は、一見人間の姿をするも人肉を喰らいながら人間社会で生活を営む「喰種」(グール)と言われる化け物と戦闘していくというダークファンタジー・サイエンスファンタジーです。

東京を舞台に繰り広げられる『東京喰種』は、シリーズ累計発行部数は3700万部を超えており、国籍を問わず全世界で人気の作品となりました。『東京喰種』は、漫画・アニメだけでなくノベライズやスピンオフ作品『東京喰種トーキョーグール [JACK]』、舞台化や実写映画化など様々なメディアミックスがされています。今回のまとめでは、大人気アニメ「東京喰種:re」の瓜江久生についてネタバレを含むまとめをしていきます。

原作者:石田スイ

石田スイは日本の漫画家です。『東京喰種』は自身のデビュー作にしてヒット作となりました。石田スイは、1986年12月28日生まれの福岡県出身です。プロフィールの詳細などは明かされていません。

2010年には、ヤングジャンプ月例第113回MANGAグランプリで『東京喰種』が準優秀賞を獲得し話題になりました。『東京喰種』シリーズ完結後は、ブロッコリー共同プロジェクト『ジャックジャンヌ』でキービジュアルを担当しています。

東京喰種:reのあらすじ

東京喰種:reは、1部となる東京喰種の主人公金木研に変わり、佐々木琲世という喰種を取り締まる捜査官が主人公です。1部に引き続き、「喰種(グール)」という人を喰らう化け物が蠢く世界を舞台とし、東京喰種:reでは”喰種の在り方・生き方”をテーマに描かれました。主人公の佐々木琲世は、闇を抱えながらも喰種と人間の共存する現実に立ち向かっていくストーリーとなっています。

1部の東京喰種から2年後を描いた東京喰種:reでは、人々は依然喰種の存在に怯えていました。喰種対策局では、CCGと呼ばれる喰種専門の捜査官たちが日々喰種の対処に追われていました。CCGに所属する佐々木琲世は一等捜査官に昇格し、上等捜査官に昇進した真戸暁の部下になります。そんなある日、CCGはクインクス計画という計画が実行されようとしていました。琲世は実験体集団をするクインクスのメンターに選ばれたのです。

クインクスは5人で構成されており、今回まとめの中心人物である瓜江久生(ウリエクキ)もこのクインクスのメンバーの1人。琲世は、個性的なメンバーをまとめる温厚で活発な性格をしており、尚且つ責任感に満ち溢れていました。ですが、琲世は過去20年に空白の記憶があるという謎の一面がありました。そして、琲世は過去に半喰種体にされていたため、喰種としての力を秘めていたのです。

TVアニメ「東京喰種:re」公式サイト | 2018年10月第2期放送スタート

瓜江久生は裏の主人公?強さも紹介

裏の主人公と言われる瓜江久生のプロフィール

では、東京喰種:reで活躍する捜査官瓜江久生とは一体どのよう人物なのでしょうか?ネタバレも含め紹介していきますのでご注意ください。まず、瓜江久生は2月12日生まれのO型、推定20歳前後と言われています。身長は173.5cm、体重は60kgです。所属は真戸班所属クインクス班元班長、階級は77期一等捜査官です。喰種の特殊能力を示す細胞Rc値は902、タイプは甲赫です。瓜江久生の声優は石川界人さんが担当しています。

CCGアカデミージュニアスクールでは首席で卒業しました。父は「隻眼の梟」の闘争で殉職しています。それの過去から、S3班の昇進を密かに狙っています。見た目の特徴は、左目下方に2つホクロがあります。琲世とは正反対の性格をしており、瓜江は無口な反面毒舌で不愛想です。礼儀正しく見えますが、心の中は黒く猜疑心に溢れています。その一方で分析能力に優れており、勤勉な一面もあります。 趣味は油絵です。

クインクスのメンバー

瓜江が当初所属していたクインクスは5人います。上等捜査官で真戸班に所属するクインクス班メンター佐々木琲世傍。若無人で自分の利益と手柄をあげようと躍起になり協調性のないクインクスの班長瓜江久生は一等捜査官でクインクス班元班長として活躍します。不知吟士(しらずぎんし)は、妹のためにお金を貯め一生懸命働き仲間を想いやる気持ちがあります。

一等捜査官の二等捜査官でクインクス班班長の六月透(むつきとおる)は、父に虐待された過去がトラウマになり男だと偽り、血が苦手な一面があります。二等捜査官の米林才子(よねばやしさいこ)は、基本的にやる気がないという特徴を持ちます。

瓜江久生の強さ

そんな瓜江は、これまで何か事が起きれば誰かのせいにし自分を守るという姿勢でしたが、ドナート・ポルポラとの闘いによって少しずつ変化が現れます。ドナート・ポルポラは亡き父が捕らえた喰種でした。そんな父の成果を自分が無にはできないと必死に食いつきましたが、その後も戦闘は続き、父の同僚であった黒磐を憎んでいた瓜江は、ピエロとの闘いでボロボロになった黒磐から父親を守れなかったことを謝られます。

その時、瓜江は突然父が亡くなったことを受け入れられずにおり、行き場のない気持ちを黒磐のせいにし心の整理をつけていたのです。黒磐の言葉で、瓜江は自分の気持ちの整理や現実を受け入れることができました。初回登場シーンから最終話にかけて瓜江の活躍は目立ったものがあり、また、彼の心情や態度の変化も顕著に表れるところに注目です。

瓜江久生のかっこいい魅力

瓜江久生のかっこいい魅力①心の声

瓜江久生は、自分の昇進や活躍などの目的の為に表向きの自分を作っています。そのため、漫画では吹き出し内の括弧で心の声が書かれており、その体裁を取り繕った瓜江と心の中の瓜江とのギャップに驚かされます。猜疑心の塊のような勝手な行動をする瓜江を嫌う読者もいますが、これも瓜江の魅力の1つだと言えるでしょう。また、瓜江はストーリーが進むにつれ成長していくので、そんな瓜江の心の声にも注目してみてください。

瓜江久生のかっこいい魅力②優しい

東京喰種:re序盤では傍若無人でとげとげしい瓜江ですが、ストーリーが進んでいくにつれ「優しい」という言葉が似合わなかった瓜江も優しさというものを知っていきます。六月に惹かれていく瓜江は、六月の危機的状況に援護しにいったり、最初はバカにしていた才子にも後半では優しさを見せます。東京喰種:reを前半後半で分けると、瓜江の優しさは目に見えて分かることでしょう。少しずつ成長していく瓜江の心情にも注目です。

瓜江久生のかっこいい魅力③和修政との関係

瓜江の魅力は、CCGの高官の和修政(わしゅうまつり)との関係性にありました。和修政とはファンの間で度々「和修政はゲイなの?」、「和修政と瓜江の関係って?」などの疑問が飛び交っていました。和修政は、瓜江に叱咤激励をされた際彼に惚れてしまった…と言われています。和修政は既婚者ではありますが、それは不本意の結婚だったと言います。瓜江にその気はありませんが、ゲイの和修政は一方的な想いをぶつけています。

瓜江久生のかっこいい魅力④六月との関係

瓜江の魅力は六月との関係にあります。東京喰種:re前半では傍若無人な感じの悪い青年でしたが、黒磐との一件のあと、六月との掛け合いが多くなりました。そして六月が女性だということも知り、天涯孤独の瓜江は自分を受け入れてくれる六月にだんだんと惹かれていきました。

ですが、班が分かれてからというもの六月との進展はなく、また、局内では六月の派閥と瓜江の派閥が対立していたことや、加えて六月の琲世への告白を聞いてしまったことで瓜江は失恋します。2人はそれ以上の関係には至りませんでした。

瓜江久生のかっこいい魅力⑤才子との関係

瓜江の魅力は、才子との関係です。瓜江と六月は班が変わったため関わりがなくなっていましたが、六月の代わりに才子との時間が増えていきます。ドナート・ポルポラとの闘いでは、喰種化し暴走し始めた瓜江を才子が体を張って助けてくれました。それによって才子を意識始めた瓜江でしたが、六月のことも気になっています。最終的にはどちらとも結ばれることはありませんでした。ですが、才子とは良好な相棒関係が続いています。

Thumb東京喰種:reの最終回をネタバレ考察!金木とトーカの結末や感想まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

瓜江久生の苦難の日々・活躍をネタバレ

瓜江久生の活躍①オロチ編

ネタバレその1、瓜江は指名手配喰種であるトルソーを捜査中からオロチ遭遇戦に渡り、自分自身の功績と昇進目的に独断で行動し、琲世によって班長職を解任されることになります。ですが、野望のあった瓜江はそのくらいではへこたれず、班長の座に戻ろうと要領の悪い才子を遣い瓜江の次の班長になったシラズの足を引っ張りチームを機能不全にしようと企みますが、思っていたよりもシラズが頑張ったことでその目論みは失敗します。

瓜江久生の活躍②人間オークション編

ネタバレその2、功績や昇進を目論んでいた瓜江は、六月を本部へと避難させる途中に再び独断行動を始めます。六月を本部へ輸送せず、ビッグマダムとアオギリの樹たちと勝手に戦闘を始めてしまったのです。瓜江の戦闘は有利な戦況でしたが、途中から赫子が暴走してしまい瓜江はビッグマダムに負けてしまいました。その暴走は六月にまで及んでしまいますが、六月が瓜江を抱擁し暴走は止まります。

ですが、ここで瓜江は六月が女性だという秘密を知ってしまうのです。また、瓜江はオークション編以前は六月に対して良く思っていませんでしたが、お互い孤独で苦しい思いを抱えていたことを共有し、自分を受け入れてくれた六月に対し少しずつ心を開いていくようになります。

瓜江久生の活躍③ロゼ編

ネタバレその3、瓜江は自身の身体能力強化に励んだお陰でアオギリの樹の撃退を成功させました。自分自身でも身体能力が向上していることを実感し喜びますが、それも束の間、その直後に琲世の戦いぶりを間近で見た瓜江は、琲世の実力と自分の実力の差を見せつけられたように感じます。それからというもの、瓜江はもっと実力をつけようと琲世を慕うようになります。

瓜江久生の活躍④流島編

ネタバレその4、瓜江は再び班長に就任します。不知が殉職したからです。そして、班長以外にも琲世がメンターを辞任したことで瓜江はメンターも兼任することになりました。それと同じくして3人の新しいクインクスが加わり瓜江班として活動していくことになったのです。表向きはアオギリの樹撲滅の為に忠実な態度を見せていますが、本心はS3班長の座を狙っています。

「この世の不利益は、すべて当人の実力不足」という瓜江自身の実力のなさで不知火を死なせてしまったという意味を含んだ言葉は瓜江を突き刺しました。これにより瓜江は今まで以上に自分自身を鍛え向上していきます。

瓜江久生の活躍⑤黒山羊VSピエロ編

ネタバレその5、瓜江は戦闘が次々起こったことや、フレームレベルを上げたことによってRc値が瞬く間に上昇してしまし、だんだんと人間離れの症状が現れるようになっていきます。ピエロ奇襲戦では、脱獄したSS級喰種ドナート・ポルポラと遭遇してしまいます。ドナート・ポルポラは、亡き父がかつて黒磐らとコクリアに収監した罪人でした。

ドナート・ポルポラは、流島編の裏で起こっていた琲世のCCG離反、また、コクリア襲撃の混乱によって脱獄をしました。ドナート・ポルポラにより瓜江はボロボロになりますが、才子やシャオに救出され助かりました。

瓜江久生の活躍⑥新編

ネタバレその6、新編では瓜江はS2班に就任、また上等捜査官にも昇進することになったのです。本来の野望に着実に近づいていました。瓜江は、黒磐武臣軟禁とその妻である依子を喰種隠匿罪に処した六月に不信感を抱き始めます。これに加え、六月が主導するオツガイ班による度重なる殺人や残虐行為を繰り返すCCGにも不信感や嫌悪を感じた瓜江はCCGともに六月を見限ることを決意しました。

その際、瓜江自身と才子2人で組織から離反します。そして、瓜江は特等捜査官の黒磐巌とともに反撃を開始しました。黒磐親子に一方的にわだかまりを持っていた瓜江は、この一件により2人に対しフラットな感情になっていきます。ですが、旧多により瓜江黒磐以外のメンバーはやられてしまいます。

窮地に立たされた2人は丸手や政らにより助かりますが、黒磐はまもなく亡くなりました。黒磐の死により、これまで勝手な単独行動をしてきた瓜江は以前琲世が放った「どれだけ実力を高めていても一人ではどうにもならないこともある」という言葉を痛感しました。新編では、より一層成長した瓜江が誕生した回でもあったのです。以上で瓜江の行動に関するネタバレは終わります。

Thumb【東京喰種:re】クインクス班とは?メンバー一覧や赫子・能力も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

瓜江久生の声優

瓜江久生の声優は石川界人

瓜江久生の声優を担当しているのは石川界人さんです。石川界人さんは、2011年から活動する若手声優の1人で、デビュー以降様々な作品に出演し活躍しています。2011年のラジオドラマ「AKIBA'S TRIP」でモブキャラクターとして声優デビューを飾りました。2014年には第8回「声優アワード」で新人男優賞を受賞するなど、今後の活躍に注目が集まっています。

石川界人のプロフィール

石川界人さんは、1993年10月13日生まれの東京都出身です。プロ・フィット声優養成所を経て現在はプロ・フィットに所属しています。血液型はAB型、身長は173㎝です。声優を志したのは高校1年生、当初両親には反対されていましたが、石川さんの頑張りを見た両親は以降応援してくれるようになったと言います。現在では様々な作品に出演し、その美声にファンも沢山つきました。

石川界人の主な出演作

石川界人さんの主な出演作は、アニメ「RDG レッドデータガール」、「ゴールデンタイム」、「翠星のガルガンティア」、「東京レイヴンズ」、「凪のあすから」、「残響のテロル」、「テラフォーマーズ」、「ハイキュー!!」、「終わりのセラフ」、「初恋モンスター」、「DYNAMIC CHORD」、「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」、「宇宙戦艦ティラミス」があります。

Thumb東京喰種:re156話のあらすじ・感想をネタバレ!六月は改心した? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

瓜江久生に関する感想や評価は?

瓜江久生に関する感想や評価①

瓜江に関しての評価はこのようになっています。やはり、序盤の瓜江と後半の瓜江の成長ぶりに評価が集まっていました。とげとげしく傍若無人振りが凄まじかった登場シーンとでは雲泥の差があるでしょう。自分のことしか考えられなかった瓜江が最終的には仲間のために行動し、琲世の言葉を心に留め、一人では何もできないことを痛感した瓜江は「東京喰種:re」を通して一人前の捜査官になることができました。

瓜江久生に関する感想や評価②

瓜江に対する評価はあまりよくないものもあります。瓜江の身勝手な行動や無愛想な態度に「嫌いだ」という視聴者も一定数いました。また、「東京喰種」の続編として「東京喰種:re」に移行しましたが、ストーリーが長くてグダグダしているといった感想もありました。瓜江と続編のグダグダ感、複雑なストーリーや登場人物の多さに困惑するファンもいましたが「東京喰種:re」を未視聴の方はぜひこの機会にご覧になってみてください。

瓜江久生に関する感想や評価③

こちらの感想も瓜江の成長に関するものです。瓜江は前半と後半での態度の差が激しいので、ちょっとしたことでも「成長した」と思わせるキャラクターです。瓜江を嫌う方もいますが、着実に成長をし単独行動よりも仲間と行動することの大切さを黒磐の死や琲世の言葉によって変わったことで「嫌いだけど好きになった」という方も見受けられました。

瓜江久生に関する感想や評価④

分かりやすく瓜江の良いところ・悪いところをまとめている方もいました。こちらにも上げられているように、瓜江は身勝手で自己中心的な思考や狡猾な性格以外はとても優秀な青年です。アカデミーを首席で卒業したのは素晴らしいことでしょう。また、最終的に「東京喰種:re」で1番と言ってもいいほど凄まじい成長を遂げた瓜江は、非常に努力家でした。その性格からストーリー最後には仲間を思いやる気持ちを得られたのでしょう。

瓜江久生に関する感想や評価⑤

こちらのような評価・感想も多く見られました。ストーリー初期の瓜江の捜査官としての姿勢は、父親を喰種によって失った過去があったためだということ、そして「感情がない」、「自己中」などと言われていましたが、それは誰よりも人間的であった証拠だともとれるでしょう。父親想いの優しい子どもであったからこそ、捜査官としての責務を自分なりに果たそうとしていたことも窺えます。

Thumb【東京喰種:re】佐々木琲世の正体は金木研?かっこいい魅力やアニメ版声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

瓜江久生の強さや魅力まとめ

以上、東京喰種:reの瓜江久生についてまとめてきました。ネタバレを含む瓜江の活躍や魅力はいかがでしたか?目立った活躍を見せてきた瓜江は目立った人気はありませんでしたが、これを機に彼の魅力を知って頂けた方もいるかもしれません。サイト内には、他にも東京喰種:reに関するネタバレまとめがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ