【七つの大罪】マトローナとディアンヌの関係は?「大地の牙」復活の理由を考察

今もなお国民的大ヒットアニメとなっている「七つの大罪」の中で登場しているマトローナの事について細かく紹介していきます。そのマトローナとディアンヌの関係性や、マトローナがなぜ生きているのかといった疑問点や大地の牙の復活、可愛い子供についても細かく紹介していきます。そしてマトローナを務めている声優さんなど、マトローナに関しての詳細を紹介していきます。そして七つの大罪の作品情報や簡単なあらすじなどもまとめたので是非チェックしてみてください。

【七つの大罪】マトローナとディアンヌの関係は?「大地の牙」復活の理由を考察のイメージ

目次

  1. マトローナが登場する七つの大罪とは?
  2. マトローナとディアンヌの関係について
  3. マトローナが「大地の牙」復活の理由を考察
  4. マトローナの基本情報
  5. マトローナのアニメ声優は誰?
  6. マトローナに関する感想や評価は?
  7. マトローナとディアンヌの関係まとめ

マトローナが登場する七つの大罪とは?

それでは記事をご紹介していきます。国民的大ヒットアニメの一つともなっている「七つの大罪」についての作品情報や簡単なあらすじもまとめて紹介してきますが、今回はその七つの大罪の中で登場してくるキャラクターともなっているマトローナというキャラクターに関しての詳細を主にご紹介していきます。七つの大罪は一人一人のキャラクターでも個性溢れる魅力的な部分も沢山あるので是非チェックしてみてください。

七つの大罪の作品情報

七つの大罪の作品情報を紹介していきます。まず七つの大罪の原作者となってる人物は鈴木央さんという方であり、七つの大罪の連載がスタートした年は2012年からとなっています。そして今もなお「週刊少年ジャンプ」で連載は続いており、単行本も新刊を出し続けている長編アニメの一つとなっています。映画もリメイク版で公開され大ヒットを記録した経歴もあります。

2015年漫画賞で少年漫画の中で一番人気のあるアニメに贈られる賞にも選ばれ更にその名を轟かせていきました。累計発行部数は2019年においても記録を更新しており3700万部以上売れている漫画となっています。テレビアニメもシリーズ化されて、3シリーズの作品がすでに放送されています。そして今後も続編が続いていくとして期待が高まっています。

七つの大罪のあらすじ

七つの大罪の簡単なあらすじを紹介していきます。まとめるとまずは国として成り立っていたリネオス王国という場所が物語のスタートとなっていきます。しかしそのリネオス王国の中である聖騎士7人が裏切り国を逃げる事になります。その7人の集団を「七つの大罪」と言われています。

そしてエリザベスという作中の中ではヒロインとなっているキャラクターが指名手配されている七つの大罪のメンバーを探していましたが、なかなか見つからず諦めかけていると同時に疲れ果てていました。そんな窮地をある金髪の少年が救う事となります。それが七つの大罪のアニメの主人公となっているメリオダスというキャラクターでした。しかもそれが七つの大罪のリーダー的存在でした。

そして更にメリオダスも七つの大罪のメンバーを探している途中でもあることからエリザベスとメリオダスの目的は一緒という事で、二人は仲間を探す旅出るという事になります。このように七つの大罪では様々なキャラクターを探したり、敵との遭遇で魔力や神器を使い戦ったりするシーンなどはアニメでも漫画でも迫力があり初めての人でもわかりやすい物語の入り口となってるのではないかとされています。

なぜ七つの大罪のメンバーがバラバラになってしまったかという事を説明すると、リネオス王国の聖騎士による攻撃によりバラバラになってしまったとされています。一緒に固まっていると捕まってしまう可能性があることから、別々の場所へと非難したり逃げたりしたという事になります。

しかしエリザベスはそのリネオス王国の総攻撃の跡に聖騎士たちが暴走をしてしまっている事に気付き、それを何とか食い止めようと七つの大罪のメンバー探し出していることがわかっています。そして七つの大罪メンバーは2018年に放送されたアニメでは全員集合しており、最後にチームに迎えいれられたのは七つの大罪最強キャラクターでもあるエスカノールというキャラクターで彼も七つの大罪のメンバーです。

TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」公式サイト

マトローナとディアンヌの関係について

それではマトローナの詳細について触れていきます。まずは七つの大罪の中でも登場する女性キャラクターの一人でもあるディアンヌとマトローナの関係性について紹介していきます。ディアンヌは作中の中でも強い部類に入り最強キャラランキングでも上位にランクインするなど非常に強力なキャラクターとなっていますが、どのような関係性があるのか細かく調べたので是非チェックしてみてください。

ディアンヌの親代わりで師弟関係

マトローナとディアンヌの関係性は師弟関係なのではないかという事です。マトローナが師匠でディアンヌが弟子のような形となっています。なぜそのような関係になったのかという経緯に関しては、ディアンヌが十戒という七つの大罪の中でもメリオダスとライバル関係にあるような集団ですが、その十戒にディアンヌは遭遇してしまい死も覚悟するような大ピンチを迎えてしまいます。

そこでディアンヌを救ったのはマトローナでした。マトローナはディアンヌを救いだし絶体絶命のピンチを脱出することができたという経緯からです。ディアンヌは元からマトローナの事に関しては知識を持っていたような雰囲気がありました。そしてマトローナは両親がいないディアンヌを引き取るような形でディアンヌを子供のような形で親代わりとなっていました。

マトローナはディアンヌに対して戦いの本質を色々な面で変えていこうという師弟関係らしい部分を築いていこうとしますが、ディアンヌはマトローナの戦い方には反発する部分も多くあり突き放したり近づいたりの関係がしばしばあったことがわかっています。

Thumb七つの大罪の最強キャラクターランキング!能力・神器や闘級も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マトローナが「大地の牙」復活の理由を考察

七つの大罪の中でマトローナの謎として考えられている「大地の牙」の復活の理由に関してを考察していきます。復活したマトローナの呼ばれている大地の牙という異名はマトローナについてる名称のようなものでしょう。復活したマトローナは巨人族でありその中でも「メガドーザ」という巨人の集団の戦士長を務めている巨人族の中では指折りの実力者となっています。

そのマトローナは作中で一回死んでしまっているとされていましたが、なぜか復活して再び登場しているシーンがあることが判明しています。なぜ生きているのかそして復活の経緯はどのようなことがあったのかというマトローナの謎の疑問点等をまとめて考えていきます。

マトローナはなぜ生きてるのか

まず疑問としてマトローナはなぜ生きているのかという事に関して紹介していきます。マトローナは巨人族の中でも戦士長となっていますが巨人族の若手の育成にもしっかり励んでいるところは巨人族の中心的人物として尊敬されています。

では本題に移ります。記憶を失ってしまったディアンヌが七つの大罪に入っていますが、その保護者の役割を担うかのようにマトローナがその役目を果たしています。そして生きているかという理由に関してまずマトローナの踊りが関係しているのではないかとされています。

しかし踊りは何の関係があるかという疑問もありますが、それは巨人族伝わる踊りとなっておりその踊りをディアンヌにその踊りを習得させようとマトローナは考えていたとされています。その踊りは非常に重要となっており大地と一体化することができる舞踊で非常に重要であることが判明しています。そしてディアンヌは習得しようと必死に練習しコツを掴むことに成功しました。

しかしディアンヌは完璧に習得したのではなくあくまでコツとなっていましたが、マトローナはディアンヌがその踊りを習得したことにより確実に強くなることが予想されていたため、親の代わりとしてやるべき役目を果たすことがマトローナの復活の理由であるのではないかと推測されています。しかしまだ具体的な解明はしていないのが現状です。

マトローナの復活の経緯

そしてマトローナは毒矢により死んでしまったという推測がされていましたが、マトローナはディアンヌに関して一人で生きていけるように強く育てるという事等を強く頼み息絶えてしまう事になったという事でしたが、マトローナはまだその時は生きていたことが明らかとなっています。マトローナが亡くなってしまった事を告げようとして移動するときに十戒に遭遇してしまいます。

十戒に遭遇してディアンヌはピンチになりましたが、そのピンチを救ったのが上記でも紹介しましたが死んだと思われていたマトローナであったという事です。そして十戒からなんとか振り切った後にマトローナはディアンヌに真実を告げました。マトローナを見つけたザルパはそのマトローナを見てしっかり的確な処理をして

マトローナの基本情報

マトローナの復活のいきさつなどが分かったところでプロフィールやその性格について細かく紹介していきます。そしてマトローナの戦い方やマトローナの強さ、そして可愛い子供がいるという情報に関してもまとめて公開していきます。七つの大罪の中でディアンヌの大事な存在であることから是非チェックしてみてください。

マトローナのプロフィール

まずはマトローナのプロフィールについて紹介していきます。マトローナは巨人族の中でも戦士長を務める立派なキャラクターとなっています。マトローナは巨人族であるため人間ではありません。七つの大罪のキャラクターの中で人間はあまり登場しませんが年齢は800歳を超えているという事が判明しています。出身地は巨人族の里でもあるメガドーザと言われる場所に住んでいます。

身長は巨人族ということもあり9mは超えているということがわかっています。魔力はクリエイティブを使うことができるとされており、七つの大罪の中で必要とされている魔力の強さはしっかり持っていることがわかっており、色々な意味で優れているキャラクターとなっています。

マトローナは頼れる姉御

マトローナは頼れるお姉さん的存在でもあり、巨人族の中での実力は相当なものを持っています。そしてその強さからは「大地の牙」と言われており戦士として戦い方には誇りを持っており、女戦士として素晴らしい戦い方をしています。容姿も巨人族ながら女性らしい美しい姿をしており姉御と呼ばれるのも納得な存在となっています。

マトローナの勇猛・流麗な戦い方

マトローナの強行な戦い方ながら華麗でもある戦い方についても解説していきます。マトローナは戦う敵に対しては死んでしまう事に関しては何も躊躇せず殺してしまう程の残虐な戦い方をしていますが、その戦い方には華麗な技を魅せる部分も持っており、相手には弱みを見せず相手を殺してしまう時もしっかりと自分の地震のある技でトドメを刺すという気持ちを持って戦いを望んでいます。

そしてその戦いはマトローナの気持ちの部分だけであって子供のような存在でもあるディアンヌは反発を抱いていました。しかしそんなディアンヌでも反発だけでマトローナの戦い方を変えることは出来ないという事からマトローナは巨人族として強い位置にいるということが改めて実感できることとなります。

マトローナにはかわいい子供がいる

七つの大罪の中でマトローナは可愛い子供がいるという事に関しては、まず一命をとりとめたマトローナの復活を果たした要因としてザルパという男性キャラクターが適切な治療をしました。そのザルパと前の妻によって生まれた可愛い子供が存在しており、マトローナとは血がつながってはいませんでした。しかしマトローナはその子供に対して「実の子供のようにかわいい」という優しい言葉を言い放ちます。

マトローナは子供が非常に好きなのではないかと推測されています。そしてディアンヌは実に可愛い子供というマトローナの言葉に対してディアンヌはその変化について気付いていたとされています。やはりそこは親子子供のような関係であることが予想されます。マトローナはザルパに出会えて可愛い子供に会えた事はディアンヌがいてくれたおかげと感謝の言葉を珍しくマトローナは言います。

マトローナのバイゼル大喧嘩祭りの参加理由

マトローナがバイゼル大喧嘩祭りの参加理由について解説していきます。マトローナはその可愛い子供達と一緒に暮らしており、復活したマトローナは幸せな家庭を暮らしていました。マトローナの表情は真剣な戦いの眼差しではなくお母さんのような存在から優しい雰囲気を漂わせていました。

しかしそんな時デルゾラが大怪我をしてしまいます。そして大喧嘩祭りに参加することを決意します。その優勝者には望みが叶えることができるという事からデルとゾラの怪我を治そうという優しいマトローナの性格がにじみ出ます。しかしマトローナの参加したのは十戒の罠となっておりデルとゾラの別の方法で回復することに成功して、なんとかマトローナの生活は保たれることになります。

ディアンヌの基本情報

七つの大罪の中でマトローナとディアンヌは切っても切り離せない関係があることが明らかとなりましたが、ここでディアンヌの基本情報も少しお伝えしていきます。ディアンヌもマトローナと同じ巨人族の一員であり、メリオダスに誘われて七つの大罪のメンバーとなりました。

ディアンヌは実際に悲しい経歴があり記憶を二度失ってしまっているというキャラクターです。一度だけであればなんとなく想像がつく場合もありますが、二度失ってしまうのはかなり不幸なのではないかと考えられます。しかし七つの大罪のメリオダスも絶対死ぬことができないという呪いにかけられており、これもこれでかなりきつい呪いなのではないかとされています。

ディアンヌの元々の見た目は相当可愛いと話題になっているキャラクターとなっていますが、巨人族の戦士でマトローナと同じメガドーザに住んでいます。マトローナとは性格はだいぶ異なっており、仲間を傷つけるものは許すことができず仲間想いなキャラクターであることが判明しています。

そして記憶を二度も失ってしまっていることに関しては2018年でひとまずシリーズを終えた七つの大罪でしたが、その時のディアンヌは記憶を全て取り戻しているということが判明しています。ディアンヌが記憶を取り戻したことにより、ディアンヌはキングが恋人であることもしっかり覚えていました。

Thumb七つの大罪・ディアンヌの記憶はどうなる?身長やスタイルは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マトローナのアニメ声優は誰?

七つの大罪の中で登場しているキャラクターの巨人族の戦士長ともなっているマトローナというキャラクターを演じている声優は誰なのかという事について細かく紹介していきます。その人のプロフィールやどのような活躍を主にしているのか、そして七つの大罪というアニメ以外に声優を担当しているキャラクターなどもまとめて公開していきますので、是非チェックしてみてください。

マトローナの声優は佐藤利奈

マトローナの声優さんは佐藤利奈さんという女性の方であることが判明しました。佐藤利奈さんは声優以外にも歌手やラジオのパーソナリティーなども務めたこともあるとされています。佐藤利奈さんは1981年生まれで2019年は37歳です。テレビアニメの声優として登場したのは2003年からテレビアニメの出演を果たしています。次は佐藤利奈さんが声優として他の出演作品についても細かく紹介していきます。

マトローナの声優・佐藤利奈の出演作品

マトローナの声優さんでもある佐藤利奈さんの他の出演作品を紹介していきます。佐藤利奈さんという声優さんが有名になったアニメの一つとしては「魔法先生ネギま」の主人公ともなっているネギ・スプリングフィールド役を演じました。このアニメはシリーズ化もされていたため、人気アニメの一つとなっていました。その主人公ともなっていたことからすると佐藤利奈さんはこれで一躍有名になったと考えて良いでしょう。

「セーラームーン」では日野レイを演じたり、数々のアニメ映画にも声優として出演しています。マトローナの可憐なお姉さん的存在や、かわいい美少女の声なども担当できることからバリエーションに富んだ技術を持っていて今後のアニメ界のキャラクターの声優業を代表する人となっていくことは間違いないとされています。

マトローナに関する感想や評価は?

マトローナに関する感想や評価を紹介していきます。マトローナは七つの大罪の立場では色々なキャラクターが登場していますが、七つの大罪を観た人はどのような感想を抱いているのかどうかという事からピックアップして解説していきます。しかし戦い方には独特なこだわりを持っていますが、そのような戦い方には疑問があるのかということまで紹介していきますのでチェックしてみてください。

この方は七つの大罪を見逃さず見ている人の感想であることがわかっています。そしてその中でもマトローナとディアンヌのシーンは非常に感動するという感想です。復活をしたマトローナと子供のようで師弟関係ともなっている記憶をなくしたディアンヌの関わっているシーンは感動を呼ぶシーンが多くなっています。そして七つの大罪の主題歌等も評価していることから全体的に良い評価をしています。

この感想も七つの大罪の中でマトローナとディアンヌが再会を果たしたことに感動している感想であることがわかります。そしてマトローナは女性ながら巨人族の戦士長でもある事から大人びた女性でもある部分はかっこいいという解釈ができるという事になります。女性でかっこいいキャラクターはなかなかアニメでは登場してこないため、マトローナはよりカッコよく見えるのでしょう。

この感想は七つの大罪が放送されるのは楽しみにしていたという感想であることが分かります。マトローナが復活してから更に人気が高まっているのではないかという推測されますが、今後のシリーズ化をした七つの大罪では色々な意味で様々なキャラクターが登場してくるのが期待が高まっています。

マトローナとディアンヌの関係まとめ

マトローナとディアンヌの関係をまとめて公開していきました。マトローナとディアンヌは親と子供のような関係でもあり師弟関係でもある面白い関係となっていました。七つの大罪の巨人族の中でも戦い方に誇りを持っているプライドの高いキャラクターであることも判明しました。

そしてマトローナが演じていた佐藤利奈さんという声優さんもとても人気ある女性声優さんの一人となっていて数々のアニメのキャラクターの声を担当していたり、ラジオのパーソナリティーを務める経験があるなど声優活動だけではなく色々な場面で活躍していることがわかりました。そして復活したマトローナは今後とも登場する可能性もあるため、是非今後の七つの大罪をチェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ