【名探偵コナン】山村警部の正体はラム?黒の組織とされる根拠・怪しいシーンは?

漫画「名探偵コナン」は週刊少年サンデーに掲載されている大人気探偵漫画です。今回はそんな少年漫画「名探偵コナン」に登場する山村警部についてくわしく解説をしていきます。山村警部は群馬県警に所属をしていますが、その正体が怪しいのではないかという考察についてや、山村警部が黒の組織に所属している謎の人物ラムではないかという根拠などについてもくわしく解説をしていきます。

【名探偵コナン】山村警部の正体はラム?黒の組織とされる根拠・怪しいシーンは?のイメージ

目次

  1. 山村警部はどんなキャラ?
  2. 山村警部の正体はラム?ラムの特徴を紹介
  3. 山村警部が黒の組織のラムだという根拠・怪しいシーン
  4. 山村警部の正体はラムではない根拠
  5. 山村警部以外のラム候補者
  6. 山村警部に関する感想や評価は?
  7. 山村警部の正体まとめ

山村警部はどんなキャラ?

漫画「名探偵コナン」は主人公である天才高校生探偵の工藤新一が小さくなって江戸川コナンとして事件を解決していく探偵漫画です。今回はそんな漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部についてを中心にくわしく紹介をしていきます。山村警部はその正体が怪しいと言われていて、なんとその正体は黒の組織に所属している正体不明のラムではないかと考えられています。山村警部の正体について迫っていきます。

名探偵コナンの作品情報

黒の組織のラムではないかと言われている山村警部の怪しい正体について紹介をしていく前に、ここではまず山村警部の登場する「名探偵コナン」の作品情報についてくわしく紹介をしていきます。漫画「名探偵コナン」は江戸川コナンを中心として描かれている推理漫画です。ある日、天才高校生探偵として活躍していた工藤新一は黒の組織によって薬を飲まされ体が小さくなってしまいます。そして江戸川コナンと名乗るようになりました。

1994年から週刊少年サンデーで連載されている「名探偵コナン」ですが、現在ではサンデー史上最長の連載作品となっていました。さらに1996年からはアニメも放送が開始されています。毎年劇場版のアニメも公開される大人気作品となりました。単行本の売り上げは現在、2億万部を突破しています。2001年には小学館漫画賞少年部門を受賞していました。そんな「名探偵コナン」は日本だけではなく世界中で愛されている作品です。

山村警部のプロフィール

漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部についてそのプロフィールを紹介していきます。山村警部の名前は山村ミサオです。そんな山村警部は群馬県警の刑事として作中に登場します。工藤新一の母親である工藤有希子の大ファンで、有希子の出ている刑事ドラマを見て刑事になったほどです。コナンからはへっぽこ刑事と呼ばれていました。その名の通り、事件の捜査中には様々なドジをしてしまうことが多いです。

コナンからはどうして刑事になれたのかと思われている山村警部ですが、知ったかぶりをすることが多いキャラクターとしても知られています。また、時々仲間である刑事の足を引っ張ることもありそのことは劇場版「漆黒の追跡者」で描かれていました。作中に初めて登場した時は群馬県警の巡査部長でしたが「漆黒の追跡者」からは警部に昇進をしています。しかしコナンや毛利からは群馬県警を心配されるほどの謎の昇進でした。

「名探偵コナン」原作公式サイト|小学館

山村警部の正体はラム?ラムの特徴を紹介

漫画「名探偵コナン」には、主人公コナンの宿敵として黒の組織が登場します。今回はそんな漫画「名探偵コナン」に登場する山村警部についてくわしく紹介をしていきます。山村警部は正体が怪しいと言われているキャラクターの一人です。ここまではそんな山村警部のプロフィールや作品情報などについてくわしく解説をしていきました。ここからは、山村警部の正体と考えられている黒の組織のラムの特徴を紹介していきます。

山村警部の正体はラムだという噂

漫画「名探偵コナン」に群馬県警の警部として登場するキャラクターである山村警部ですが、その正体がラムではないかという噂がありました。ここからはそんな山村警部の正体に関する噂についてくわしく紹介をしていきます。山村警部には、ラムではないかと言われている数々の根拠があります。そういった根拠から、山村警部はラムではないかという噂がありました。

ラムは黒の組織No.2の人物

漫画「名探偵コナン」に登場する群馬県警の警部山村警部の正体ではないかと言われている黒の組織のラムについてくわしく紹介をしていきます。ラムは、黒の組織の中でも、あの方にもっとも近い人物だと言われています。しかしその正体は作中ではまだ明かされていません。灰原によると黒の組織のナンバー2と言うポジションであるということもわかりました。コードネームを持つメンバーの中でも別格だということが伺えます。

さらに、捜査のために黒の組織に潜入をしていたFBI捜査官の赤井秀一からはジン以上の大物であると言われていました。これまで黒の組織の大物としてジンやベルモットといったキャラクターが登場しましたがそのキャラクターたちよりもさらに大物ということになります。ジンは、ラムの命令は必ず確実に遂行しなければならないということを言及していました。劇場版には「純黒の悪夢」で、声のみで初登場となりました。

ラムの特徴

漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部の正体なのではないかと言われている黒の組織のラムについて、ここからはそんなラムの特徴を紹介していきます。ラムは作中ではまだその姿を描かれていないキャラクターで、正体が大変注目されているキャラクターでもあります。そんなラムですがその正体のヒントを、元黒の組織のメンバーであるシェリこと灰原哀が作中でくわしく言及をしていました。

黒の組織に所属していて、コナンと同じように幼児化の薬を飲み小さくなって組織から抜け出した灰原もラムについて詳しくは知らないようでした。灰原の知っているラムの情報は、外見が証言者によって変わってくるということです。女のような男、大男、老人などその姿の種類は非常に多いようです。しかし共通して片方の目が義眼であるということが判明しています。ボスの側近であり、ベルモットが敬語を使うほどの大物です。

Thumb脇田兼則の正体はラム?安室透との関係や新一を調査する理由を考察【名探偵コナン】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

山村警部が黒の組織のラムだという根拠・怪しいシーン

漫画「名探偵コナン」は、江戸川コナンの活躍を描いた推理漫画です。今回はそんな漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部について詳しく紹介をしていきます。ここまでは、そんな山村警部についてそのプロフィールやラムではないかという噂、そしてラムの特徴などについて詳しく解説をしてきました。ここからは山村警部がラムだと言われている根拠や怪しいシーンについて詳しく紹介をしていきます。

山村警部のラム説①声優

漫画「名探偵コナン」には、黒の組織というコナンの宿敵である謎の犯罪組織が登場します。黒の組織の主要メンバーはコードネームがつけられているのですが、そんな黒の組織のメンバーであるラムはその正体がまだ作中で明かされてはいませんでした。しかしそんなラムの正体が、群馬県警の警部である山村警部なのではないかと言われていました。山村警部の正体が怪しいという根拠の一つには、山村警部の声優があげられています。

山村警部をアニメで担当した声優は古川登志夫です。古川登志夫は「うる星やつら」で諸星あたるというキャラクターを演じていました。そしてコナンが灰原にラムについて聞いているシーンにラムちゃんが描かれていることからこうした関連が、正体が明かされていないラムに関する伏線なのではないかと考えられていたのです。さらに原作者の青山はラムちゃんがお気に入りで自身の作品にも登場させると言及していました。

山村警部のラム説②群馬に関連

漫画「名探偵コナン」に登場する黒の組織のメンバー、ラムですがその正体が山村警部なのではないかと考えられていました。そんな山村警部の怪しいシーンや設定について詳しく紹介をしていきます。山村警部の怪しい設定の一つには、群馬に関することがあげられていました。群馬県の県木は、黒松です。黒松は黒い木であり、「不老長寿」「永遠の若さ」という意味がありました。これは黒の組織に関するキーワードでもあります。

黒の組織は、若さを保つためと言われている薬を開発していました。群馬の県木がそれに関するものに近いことから、山村警部は怪しいのではないかと言われていました。また群馬の特産品である高崎だるまも黒の組織と関係しているのではないかと考えられていました。高崎だるまは、片目を塗らないのが特徴としてあげられています。片目を塗らない、片目がないというのは、現在判明しているラムの特徴としてもあげられています。

山村警部のラム説③実家は鳥取県

漫画「名探偵コナン」に登場する黒の組織のナンバー2、ラムの正体として山村警部が怪しいのではないかと考えられていました。山村警部の怪しい設定やシーンの一つとして山村警部の実家があげられていました。山村警部は作中でよく実家に住んでいる祖母の山村ミサエと話しているシーンが描かれています。そのシーンが、山村警部が黒の組織のナンバー2で未だに正体が明かされていないラムなのではないかと言われている原因でした。

主人公であるコナンの捜査によって、黒の組織のボスについての情報がいくつか明らかになっています。そんな黒の組織のボスの情報の一つとしてメールアドレスがあげられていました。コナンが入手したメールアドレスには「0851」という数字がありました。なんとその数字は鳥取県の市外局番であることが判明しています。山村警部の実家は、鳥取県であるということが描かれているために山村警部の正体が怪しいと言われていました。

山村警部のラム説④異常な速さの昇進

漫画「名探偵コナン」には正体がまだ明かされていない黒の組織のメンバーラムが登場します。そんなラムの正体ではないかと疑われているキャラクターの一人には山村警部がいました。山村警部が怪しいと言われている理由の一つには、山村警部の昇進があげられています。山村警部は作中に初登場した時から、そのドジっぷりが描かれていて、コナンどころかあの毛利にすらも呆れられているほど便りのない刑事でした。

初期は群馬県警の巡査部長として登場している山村警部ですが、劇場版「漆黒の追跡者」では群馬県警の警部に昇進したことが判明していました。このことについてはコナンが大丈夫か群馬県警、などと昇進について心配をしているコメントをしていました。これまで山村警部が手柄をあげているところが作中で描かれていないことからも、この昇進については疑問の声が多く、山村警部の正体について怪しまれるようになりました。

山村警部のラム説⑤名前が中性的

漫画「名探偵コナン」に登場する組織である黒の組織のメンバー、ラムについては作中ではその正体が明かされていません、そんなラムの正体の候補として山村警部が挙げられていました。山村警部が怪しいという理由の一つには、山村警部の名前があげられていました。山村警部の名前は山村ミサオということが判明しています。ラムの特徴として中性的であることがあげられていてその名前から、山村警部も疑われていました。

山村警部のラム説⑥81巻での怪しいシーン

漫画「名探偵コナン」に登場する黒の組織のナンバー2であるラムの正体については、作中ではまだ明らかにされていませんでした。そんなラムの正体の候補として群馬県警の山村警部があげられていました。山村警部が怪しいと言われている理由の一つとして81巻でのシーンがあげられています。山村警部は他のキャラクターが覚えていた赤いハンカチ事件についての記憶がありませんでした。さらにこの時口調も変わっています。

山村警部の口調が普段と違うことを他のキャラクターから指摘された山村警部は、落とした万年筆を拾う時に危なかったとつぶやいていました。さらに、雨が降ってきたシーンでは不自然に左目だけを閉じています。そして、毛利に麻酔銃を打ち込んでいるコナンを見ている描写も描かれていました。こういった山村警部の怪しい行動はすべてラムであるということを暗示しているのではないかと考えられているようでした。

Thumb名探偵コナンの黒の組織のメンバー一覧!ボスの正体・相関図と登場回まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

山村警部の正体はラムではない根拠

漫画「名探偵コナン」は、江戸川コナンが事件を解決していく姿を描いた推理漫画です。今回はそんな漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部についてを中心に紹介しています。ここまでは山村警部のプロフィールや、ラムの特徴、そして山村警部がラムではないかと疑われている根拠や怪しいシーンについて解説をしてきました。ここからは、山村警部がラムではないという根拠について詳しく紹介をしていきます。

ラムではない根拠①羽田浩司殺害事件

「名探偵コナン」でその正体がまだ明かされていないキャラクターであるラムですが、山村警部が怪しいのではないかと言われていました。しかし山村警部がラムではないという根拠もあります。山村警部がラムではないという根拠の一つには羽田浩司殺害事件があげられていました。この殺人事件は、17年前に起こっています。つまり、ラムは17年前から黒の組織に所属をしていたことになります。さらにジンはこんな発言をしています。

ジンはこの殺人事件について「ラムがぬかった殺しだ」と言及していました。ラムが17年前にすでに黒の組織に所属していたのなら山村警部はラムではないということになります。なぜなら山村警部は17年前、まだ子供だったからです。子供である山村警部が黒の組織として活躍するのは現実的にありえません。この事件の存在によって山村警部がラムであるという可能性は低くなったと考えられていましたが、黒の組織と関係があります。

ラムではない根拠②他の候補者が登場

漫画「名探偵コナン」に登場する黒の組織ですが、そのナンバー2であるラムの正体は作中では明かされていませんでした。読者の中には、山村警部が怪しいのではないかという噂がありましたが山村警部がラムではないという根拠がいくつかありました。山村警部がラムではないという根拠の一つには、他の候補者の存在があげられていました。漫画「名探偵コナン」には山村警部の他にも怪しいと言われているキャラクターが登場します。

Thumb【コナン】工藤有希子の登場回と担当声優は?変装術やベルモットとの関係も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

山村警部以外のラム候補者

漫画「名探偵コナン」には主人公江戸川コナンが事件を解決していく姿を描いた推理漫画です。今回はそんな漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターである山村警部を中心に紹介をしています。ここまでは山村警部のプロフィールや、その正体と疑われているラムの特徴、そして怪しいと言われている根拠やそれを否定する根拠も解説してきました。ここからは、山村警部以外のラムの候補者について詳しく紹介をしています。

ラム候補者①黒田兵衛

漫画「名探偵コナン」には黒の組織という犯罪組織が登場します。そんな黒の組織のメンバーであるラムは、その正体が作中では明かされていません。ここからは、ラムではないかと言われているキャラクターについて紹介をしていきます。ラムではないかと言われているキャラクターの一人には、黒田兵衛がいました。黒田兵衛は、義眼のキャラクターです。その特徴が、ラムの特徴と一致していると言われていました。

また屈強な大男というのもラムの特徴と一致しています。このことからラムの正体候補としてあげられていました。コナンも黒田兵衛を見たときに黒田兵衛の義眼について敏感に反応をしています。コナンが疑ってしまうほど、黒田兵衛は怪しい雰囲気をまとっているキャラクターでした。しかし黒田兵衛は、羽田浩司殺人事件を追っている側の人間です。このことから、ラムである可能性は低いのではないかと考えられていました。

ラム候補者②若狭留美

漫画「名探偵コナン」には黒の組織が登場します。そんな黒の組織のメンバーであるラムは、その正体が作中で明かされていないキャラクターです。そんなラムの候補としてあげられているキャラクターには若狭留美がいました。若狭留美は、コナンの副担任として作中に登場します。しかし、この副担任になった時期が不自然なことだったことから、若狭留美の正体についてラムではないかと考えられるようになっていました。

若狭留美の特徴として信じられないほどのドジっぷりがあげられています。しかし殺人犯や強盗犯などと退治をしたときにはドジは姿を決して、顔つきが一瞬で変わります。さらに見た目からは想像もつかないほどの戦闘能力を持っています。そして体には生傷がありました。そして、若狭留美はAPTXの被害者のリストを眺めているシーンも描かれていました。このリストを持っていることからラムではないかと考えられていました。

ラム候補者③脇田兼則

漫画「名探偵コナン」に登場する黒の組織のメンバーラムですが、その正体について作中では描かれていません。そんなラムの候補には様々なキャラクターがあげられていました。そのキャラクターの一人が、脇田兼則です。脇田は、主人公である江戸川コナンが転がり込んでいる毛利小五郎が経営する毛利探偵事務所の横に店を構えている「色は寿司」で働いている板前として、「名探偵コナン」に登場をしているキャラクターです。

そんな「いろは寿司」の板前である脇田ですが、ラムの候補としても名前が上がっていました。その理由として、眼帯があげられていました。そもそも脇田は、前に働いていた板前が事故にあってしまい入院したためその代わりとしてやってきたキャラクターです。眼帯をしている理由としては、ひでえもんができたと発言していました。毛利と推理対決をしますが負けて、毛利の弟子になったことからラムではないかと考えられていました。

Thumbコナン赤井秀一と安室透(降谷零)の因縁の関係とは?二人に隠された伏線を考察! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

山村警部に関する感想や評価は?

漫画「名探偵コナン」に登場する正体の明かされていないキャラクターラムではないかと言われている玉村警部について詳しく紹介をしていてきました。山村警部がラムである根拠やそうでない理由について解説をしてきました。ここからは、山村警部に関する感想や評価について詳しく紹介をしていきます。

山村警部は憎めない

漫画「名探偵コナン」に登場するキャラクターであり、ラム候補の一人でもある山村警部について紹介をしてきました。ここからは、山村警部に関する感想や評価について詳しく解説をしてきます。山村警部に関する感想の中には、憎めないというものがありました。致命的なドジもやらかす山村警部ですが、なんとなく憎めないと感じている読者も多いようです。

Thumb【名探偵コナン】毛利小五郎の声優を新旧で比較検証!交代理由や復活の可能性を調査 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

山村警部の正体まとめ

漫画「名探偵コナン」に登場する山村警部について詳しく紹介をしました。ラムではないかと言われている山村警部ですが、その根拠には声優や群馬県、名前などが絡んでいるということを解説してきました。そんな玉村警部やラムが登場する漫画「名探偵コナン」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ