進撃の巨人100話「宣戦布告」のネタバレあらすじと感想!ヴィリーが死亡?

3期まで登場している大人気アニメの一つともなっている主人公がエレンの「進撃の巨人」の100話の内容のあらすじをネタバレ紹介していきます。それとともにこの話を見た人の感想も細かく紹介していきます。そして進撃の巨人の100話目でヴィリーというキャラクターは死んでしまったのかという疑問についてもこの記事で紹介していきます。今もなお連載が続いている人気漫画の一部となっていますが、面白い記事となっておりますので是非確認してみてください。

進撃の巨人100話「宣戦布告」のネタバレあらすじと感想!ヴィリーが死亡?のイメージ

目次

  1. 進撃の巨人100話「宣戦布告」とは?
  2. 進撃の巨人100話「宣戦布告」のあらすじをネタバレ
  3. 進撃の巨人100話「宣戦布告」のヴィリーをネタバレ考察
  4. 進撃の巨人100話「宣戦布告」のエレンをネタバレ考察
  5. 進撃の巨人100話「宣戦布告」に関する感想や評価は?
  6. 進撃の巨人100話「宣戦布告」まとめ

進撃の巨人100話「宣戦布告」とは?

今もなお大人気となっている話題のアニメ「進撃の巨人」というアニメの中の一部となっている100話の宣戦布告とは一体どのような内容であるかを主に細かく紹介していきます。宣戦布告とは昔から使われている言葉で戦いを自ら申し込む事を発表するという意味になりますが、進撃の巨人の中で誰がどこで宣戦布告をしたのかなども楽しみにチェックしてみてください。

進撃の巨人の作品情報

進撃の巨人とは2013年の春に放送された漫画の一つとなっており、週刊少年マガジンでは8000万部以上も売り上げをされていて今もなお売り上げ枚数を更新中であり大人気アニメです。2013年のseason1からseason3まで放送を開始されていて、色々な伏線が様々回収されていますが、今後の進撃の巨人season4もまだ不明となっていますが、話は終わっていないため続くと推測しています。

進撃の巨人の原作者は諌山創さんという人物でまだ若い男性の方となっています。そして代表作は今作の進撃の巨人で日本の中でもトップレベルの大人気アニメとさせた原作者です。小説やテレビでのアニメ放送や、劇場版でも放映されており、全てにおいて人気のアニメです。

進撃の巨人100話「宣戦布告」が掲載された別マガ

進撃の巨人は別冊少年マガジンでも100話の「宣戦布告」が掲載されました。ついに連載100話目を突破したという事でそのマガジンには様々な特典が設けられています。進撃の巨人の中で人気キャラクターを発表していたり、進撃の巨人のクリアファイルが付属をしているなどの特典で進撃の巨人ファンの心を掴んでいました。

進撃の巨人100話「宣戦布告」の前回のあらすじ

進撃の巨人の100話の「宣戦布告」の前回のあらすじを紹介していきます。前回の内容は99話の「疾しき影」のあらすじとして、4月の歳月を経てやっとエレンとライナーは再会を果たすことができました。エレンは怯えているライナーを冷静に見つめていました。マーレという舞台に来てしまった理由をライナーには「お前と同じで仕方なかった」と伝えます。
 

一方ではマーレ軍の偉い人達の集団が閲覧席に座っており、全世界の新聞社までもがレベリオ収容区に集結することになります。偉い人たちを目の前にして演説をするのはヴィリーという人物であり、ヴィリーとはタイバー家の当主でもあります。ヴィリーはこれまでの歴史を偽物だと主張し、マーレという舞台の復興を導いてくれたのはフリッツ王という王であること発言します。

そしてそれは「巨人大戦」であることを意味していて演説を聞いている人達は混乱の嵐となっていましたが、ヴィリーは演説を続けており平和を願っていたフリッツ王は「始祖の巨人」を奪い再び戦争を開始しようとしている反逆者がいることを告げましたが、その反逆者の名前はエレンであり進撃の巨人の中での主人公であることが判明しています。

進撃の巨人 作品公式サイト

進撃の巨人100話「宣戦布告」のあらすじをネタバレ

本題となっている進撃の巨人の100話でもある「宣戦布告」のあらすじをネタバレ紹介していきます。99話で紹介しましたが、内容ではヴィリーが演説をしたという事が明らかとなっています。その100話目では更に深堀して前夜の事などが細かく描かれています。是非一つのポイントとなっている100話目のあらすじをチェックしてみてください。

あらすじネタバレ:演説前日

内容の中でヴィリーが演説をする前日の内容が描かれていました。ヴィリーは殺されてしまう事を想定してその対策を考えていました。マーレの偉い人たちが一斉に集い全世界新聞社も集う事となっており、ヴィリーが当主としているダイバー家はエルディア人や上位的地位の交流をしていきましたが、敵はどんどん忍び寄ってきておりヴィリーはいつ襲われてもおかしくないとされていました。

マーレには敵が多すぎることからマガトもヴィリーを完全に守ることはできないと言及しますが、ヴィリーの周りには大勢の敵、攻撃手段が何であろうかという事も判別することができない危ない人たちが集う場は危険であるとヴィリーに告げますが、ヴィリーは「恐れてはならない、予期せぬ襲撃の被害者だ」と覚悟を決め当日の演説をすることを決めました。ヴィリーとマガトは硬い握手も交わしました。

あらすじネタバレ:ポルコとピーク

この時ピークとポルコは落とし穴に落ちてしまう所からスタートしており、お互いが痛がっている様子が描かれています。しかしピークとポルコは巨人であるため修復能力がしっかりしています。この時二人は落ちたせいで骨折をしてしまいましたがその回復力によりなんともなくなってしまいます。この落とし穴は元々用意されていたもので落ちることは前提であったとされています。

そしてその落とし穴には食料やトイレなど様々な実用品が置かれていることから、気が利いているなと考えてしまいますがこれには巨人の力を封じて戦士として使えなくしてしまう意味が込められています。そして二人はどのような目的でここに置いたんだという事を探っている様子が続いています。マーレは「単独犯なのか、マーレ軍の誰かなのか」という事を話しています。

あらすじネタバレ:戦槌の巨人

「戦槌の巨人」の巨人は誰が継承しているのかについては、戦槌の巨人とは9つの巨人の一人となっていたがヴィリーはダイバーの家主となっているが継承者ではないということがわかっています。「戦槌の巨人」の継承者の見解としてはダイバー家は関わっているのは間違いないとされていますが、実際にヴィリーではなくその一族であるという事になります。

あらすじネタバレ:壁の名前

壁の名前はヴィリーが演説で話している内容と考えると幾つかの「超大型巨人」で作られているという事を発言しています。そしてその巨人はカールフリッツというフリッツ王の始祖の巨人の力で作られた盾であるという多くの意見があります。その壁の名前はウォールと全て名がついており「マリア」「ローゼ」「シーナ」という名前によって三重の壁が作られています。

この壁には一度「地ならし」が起きてしまうと壁の進行を止めるのは誰であっても不可能とされており、発動されてしまえば終わりであるという結末を迎えています。いわばこれが発動されてしまった場合は生態系がひとまず終了を迎えてしまうという事になってしまいます。そして全く普通の平らな土地となってしまうということになります。

あらすじネタバレ:エレンの仲間

ファルコというキャラクターがいますがそれはヴィリーが演説をしている最中にエレンに対して「お前を騙した」という言葉をかけます。ファルコがエレンをずっとだましていたことにライナーは胸に傷を抱えている事ということになっています。ファルコはエレンを尊敬している人物であっただけに騙すというのはどうなのかという理由からであるからと推測しています。

そしてファルコはエレンが送ろうとしていた手紙についてを問いただしましたが、エレンはその手紙の件に対しては家族に送るとエレンは言っています。しかしそれは実際に誰に送ったのか、それは仲間にはしっかり届いていると言っています。エレンの家族はジークという人物しか残っていないためその家族ではなく仲間に手紙は届いたとなるとかなり限られてくるのではないかとされています。

エレンの仲間となるといつも一緒に行動しているミカサかリヴァイといったメンバーたちなのではないかと予想されています。実際にはどうなのかという目星はたっていませんが、ジークでなければそのメンバー達でジークであればジークはすでに仲間となっているという見解です。

あらすじネタバレ:ライナー

ヴィリーが演説で言っていた事を気にしていたライナーでしたが、超大型巨人が作ったとされている作動してしまったらどうすることもできなくなってしまう壁の脅威を止めるとしたらライナーは今この瞬間ではないという事を考えていました。エレンはヴィリーに再び戦争を始めようとしている悪者であると言われてしまいましたが、ライナーも同様に悪者だと告げています。

エレンは母親を巨人に食われてしまった過去を持っています。そしてエレンの母親がなぜ目の前で食べられてしまったことについては、ライナーがその時にあの壁を破壊してしまった事が大きな原因となってしまっているという事が考えられています。ライナーは世界を救うためにやむを得ず壁を破壊してしまった事をエレンに告げます。

エレンは「世界を救うためなら」としょうがないという気持ちになっていました。エレンはライナーに対して大人が何も知らない子供に対して教え込んでしまっていることを知り、相当苦しかったのではないかというライナーの心境を聞きましたが、ライナーは「違う」とはっきりエレンの言葉に対して否定をしています。ライナーは無理矢理作戦を続行させてしまった事から悔いを抱いていました。

この作戦を無理矢理遂行してしまった理由はライナー自身が英雄という称号が欲しかっただけだったという事は明らかとされています。そしてエレン達に兄貴のような感じで偉そうに振舞っていたのも自分自身が尊敬される人になれるのではないかと感じたからだとされています。ライナーは自らを悔いてエレンに対して「自分を殺してくれ」等といった残虐な提案を懺悔しながら言っています。

あらすじネタバレ:ヴィリーの最期

ヴィリーの最後としてヴィリーがずっと行っていた演説は最終段階へと突入していきます。しかしこれは予想も出来ない結末を迎えることとなります。実際に未来に向けての演説と共に戦う事をここで約束したヴィリーの演説に対して観客は総勢立ち上がり拍手を送っています。

エレンは自らの意思をライナーに告げることとなります。エレンは「俺は進み続ける」という言葉を残して駆逐するまでは進み続けるという宣言をしています。そして演説を終わろうとした瞬間ヴィリーの頭上にエレンの巨大化が現れており、ヴィリーを握りつぶしています。そして巨大化したエレンの手にはヴィリーが潰されている姿となって落ちていきました。

Thumbエレンが巨人化した理由は?2つの能力や隠された謎・今後を考察【進撃の巨人】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

進撃の巨人100話「宣戦布告」のヴィリーをネタバレ考察

進撃の巨人の100話の「宣戦布告」のヴィリーの事に関してネタバレ考察をしていきます。ヴィリーは巨人化したエレンの手によって握りつぶされてしまっており死亡してしまったのではないかという意見がたくさん上がっています。そして実際にヴィリーはどうなっているのかどうかという事について細かく触れていきます。是非チェックしてみてください。

ヴィリーは本当に死亡した?

進撃の巨人の宣戦布告で果たしてヴィリーは本当に死亡してしまったのかという事について紹介していきます。ヴィリーが「戦槌の巨人」という継承者の場合はこんなことで死ぬことは絶対ありえないとされています。恐るべき修復能力を持っているという事を想定すると継承者であれば死んではないとされています。

しかしエレンの手により握りつぶされた画像を見ると、かなり体自身がボロボロになってしまっており相当な修復能力がないと無理なのではないかとされています。となるとヴィリーは巨人の継承者ではないのではないかと予想されている事が明らかとなっています。

ヴィリーは戦槌の巨人の継承者ではない?

ヴィリーは戦槌の巨人の継承者ではないのかという事について考察していきます。ヴィリー自体は「巨人の継続者ではない」という事は間違いないのではないかとされています。実際に戦槌の巨人が誰であるのかという事をヴィリー自体が訪ねてしまっていることがヴィリー自体が巨人の継承者ではないということが一番の理由とされています。

そしてこの上記でも紹介したように99話でマガトがヴィリーをこれ以上援助することが出来ないという事をヴィリーに伝えており、マガト自体は「このままでは貴方は死んでしまいます。」と述べていることから巨人の継承者であれば護衛すらいらないのではないかとされています。巨人である場合は恐るべき修復能力があるため周りからの攻撃もあまり気にすることはないでしょう。

Thumb進撃の巨人をネタバレ考察!残されている謎・伏線や重要設定をわかりやすく解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

進撃の巨人100話「宣戦布告」のエレンをネタバレ考察

進撃の巨人100話の「宣戦布告」のエレンに関してのネタバレを考察していきます。エレンは最終的にヴィリーを巨人化した手で潰してしまい死亡させてしまったのではないかという事も多く取り上げられています。自裁にエレンが巨人化した時の能力の度合いや、始祖の巨人を発動することが可能であるのかどうかという事も踏まえてチェックしてみてください。

エレンの巨人化能力の練度を考察

エレンは元々巨人化の能力は最初は全く操ることができなかったり、自分自身をコントロールすることができず我が身を傷つけてばかりとなっていることがわかっています。シガンシナの決戦の時はエレンは自らをコントロールすることが可能になり、硬質化という自らを硬くする能力を付けることも習得をしていることから、エレンの巨人化の強さはかなり実力が上がっていることがわかっています。

進撃の巨人の中で一つエレンの治療シーンというものがありますが、脚の部分を自ら治療をしていることからエレンの巨人化に対する対応はかなり適応できてきているのではないかとされています。腕の怪我に関しては治療をしていません。治療をしていないその理由は巨人化にどんな時でもなれるように準備をいつでもできているという事になるとされています。そのためあえて傷をつけているという事が判明しています。

エレンは始祖の巨人を発動できる?

続いてエレンは「始祖の巨人」を発動することができるのではないかという考察に関して紹介していきます。そもそもエレンは始祖の巨人を使うことができた場合は王家の血統が巡っている必要性があるということになります。実際に王家の血統が繋がっている人に接触した際にはエレンは始祖の巨人の効果を発動しています。

それ以降もそれ以前も全く発動している様子がないとされているため、今後の動向に注目していく必要性があるとされています。上記でも紹介しましたが王家の血統者でない以上可能性はほとんどないといって良いという予想になっています。始祖の巨人の王家の血統が流れていると予想しているエレンの家族であるジークとの接触できれば巨人化になる事ができると推測されています。

Thumb戦鎚の巨人の能力と正体は?万能すぎる力やタイバー家の目的を考察【進撃の巨人】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

進撃の巨人100話「宣戦布告」に関する感想や評価は?

進撃の巨人の100話の「宣戦布告」に関する感想や評価はどうなっているのか紹介していきます。進撃の巨人の100話記念もあり、たくさんの感想があることがわかっています。様々な視点から感想を取り上げていくので、是非チェックしてみてください。

この感想は進撃の巨人の100話を読んでの感想であることが推測されます。100話の「宣戦布告」が激アツということは凄い面白いという事が想像することができます。ヴィリーの演説や、エレンの巨人化のシーンそしてヴィリーの宣戦布告発言では進撃の巨人の読者からも「今後に注目するしかない」といった感想が多くあったとされています。

続いての感想として進撃の巨人は物語の中でも真骨頂であるという感想をツイートしています。進撃の巨人はまだまだストーリーが続いていますが、100話というのは今後の進撃の巨人の動向を注目せざるを得ない部分がたくさん集まっていることが推測されています。エレンはなぜ巨人化をしてヴィリーを襲ったのかどうかなど様々な謎がたくさん出てきています。

進撃の巨人の100話の感想でありながら、二人の主人公の表裏に関してしっかり書かれている感想であることが判明しています。進撃の巨人の完全なる主人公ではエレンであり、エレンは破壊衝動を秘めているエレンであることが分かっていますが、裏の主人公となっているライナーはエレンに色々な事をすべて吐き出し、自らを死にたいといった負の言葉を言い、悔いを背負っている姿が描かれています。

進撃の巨人の100話に関しての感想であり、100話にふさわしい内容という感想を取り上げられていると同時に進撃の巨人というアニメ自体が今一番日本で注目となっているアニメであるという感想も挙げています。日本を代表するアニメの一つとなっているのは間違いないとされているので、このツイートは進撃の巨人を更に人気化させるツイートであることが推測されています。

進撃の巨人の100話では別冊少年マガジンで人気キャラ投票が行われていることがわかっています。そしてその人気投票キャラクターのランキングとしてエルヴィンが1位に輝いているという事が判明されています。エルヴィンはこのアニメでは殺されてしまう事となってしまいましたがそんな中でもしっかりファンの中では票を獲得しているというエルヴィンの凄さがわかる感想であるされています。

進撃の巨人の連載100話目を突破したというツイートであることがわかりますが、この方は進撃の巨人の毎月の連載を楽しみにしている熱烈な進撃の巨人ファンであることが確認することができるでしょう。毎回面白い内容で進撃の巨人の物語が進んでいるようなので、一話目から全てチェックしても飽きさせないアニメであることも予想することができるでしょう。

Thumb進撃の巨人101話のあらすじと感想ネタバレ!戦鎚の巨人の正体・能力とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

進撃の巨人100話「宣戦布告」まとめ

進撃の巨人の100話の「宣戦布告」についてまとめを紹介してきました。様々な内容のあらすじをネタバレをしてきましたが、色々な伏線や謎がたくさん集まる結果となりました。この100話に関しても感想がたくさん集まっていましたが、どの感想も素晴らしい内容で進撃の巨人の中でも最高のストーリーの一つとなっています。

進撃の巨人はアニメ化でもseason3の終わり方も今後につながるような終わり方になっていたとされているので、今後のアニメにも注目しておくと良いでしょう。そしてまだ進撃の巨人を観たことがない方はアニメや漫画共に発刊されているので、是非チェックしてみてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ