ゴールデンカムイ谷垣源次郎はかっこいいマタギ!過去やインカラマッとの関係は?

ヤングジャンプで連載中の漫画・ゴールデンカムイは北海道の大地を舞台に展開する、サバイバルアクション漫画です。アニメ化も果たすほどの人気作ですが、そんなゴールデンカムイに登場するキャラクターの谷垣源次郎が人気です。個性的で魅力的なキャラクターが多く登場して注目を集めているゴールデンカムイの中でも、特に人気と言えるのが谷垣源次郎という人物です。ここでは、話題の漫画ゴールデンカムイに登場するマタギ谷垣源次郎というキャラクターの過去などの情報を詳しくご紹介します。

ゴールデンカムイ谷垣源次郎はかっこいいマタギ!過去やインカラマッとの関係は?のイメージ

目次

  1. ゴールデンカムイの谷垣源次郎が気になる!
  2. ゴールデンカムイとは?
  3. ゴールデンカムイの谷垣源次郎はマタギ!インカラマッとの関係は?
  4. ゴールデンカムイの谷垣源次郎の過去とは?
  5. ゴールデンカムイの谷垣源次郎のかっこいい名言を紹介!
  6. ゴールデンカムイの谷垣源次郎についてまとめ!

ゴールデンカムイの谷垣源次郎が気になる!

面白いと話題の漫画に、ゴールデンカムイがあります。ヤングジャンプで連載中の作品ですが、2018年4月からアニメ化もされています。ゴールデンカムイには主人公「不死身の杉本」や、アイヌの少女アシリパなど、個性的で人気のキャラクターが数多く登場しています。そんな魅力的な登場人物の中の、マタギの谷垣源次郎も人気です。

ゴールデンカムイに登場するキャラクター・マタギの谷垣源次郎とは、いったいどのようなキャラクターなのか。その性格や過去などの情報をご紹介します。また、谷垣源次郎と言えば、同じくゴールデンカムイに登場するキャラクターで、ミステリアスなアイヌの美女・インカラマッとの関係も気になります。ここでは、ゴールデンカムイの人気キャラクター谷垣源次郎の魅力を隅々までまとめていきます。

TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト

ゴールデンカムイとは?

今大人気の漫画ゴールデンカムイは、数多くのヒット作品を生み出している雑誌、ヤングジャンプで連載されている作品です。ゴールデンカムイは、ヤングジャンプで2014年から連載が開始されました。ゴールデンカムイの物語は、明治末期の北海道を舞台に進行しています。主人公の杉本佐一は日露戦争帰りの猛者であり、一攫千金を夢見てアイヌ文化の残る北海道を訪れます。

北海道で主人公杉本は多額の金塊の存在を噂で知ることになります。アイヌの埋蔵金であった金塊ですが、一人のアイヌの男「のっぺらぼう」に奪われ、どこかに隠されたと言われていますのっぺらぼうは網走監獄に囚われており、そこで囚人の男たちの肌に入れ墨を掘り、全ての入れ墨を合わせると金塊の在処が分かるように仕組んだというのです。そこで杉本は網走監獄を脱獄した囚人の入れ墨を集め、金塊を手に入れる旅に出ます。

主人公の杉本の相棒にはアイヌの美少女アシリパもおり、アイヌ独特の文化を織り交ぜながら物語が進行していきます。アシリパの作る狩りで獲った動物料理の描写など、バイオレンスなアクションに織り交ぜられるグルメ描写も話題を呼びました。様々な要素で楽しませるゴールデンカムイは、「このマンガがすごい!2016」第2位や、「マンガ大賞2016」の対象など、様々な賞を獲得しています。

ゴールデンカムイの谷垣源次郎はマタギ!インカラマッとの関係は?

谷垣源次郎はかっこいいマタギ!

ゴールデンカムイに登場するキャラクター谷垣源次郎は、マタギ出身の人物です。初登場した場面では、第7師団に所属している軍人で、杉本と戦闘になって負傷した尾形の行方を追っていました。その途中でアシリパと出会い、彼女を守ろうとしたエゾオオカミのレタラに襲われて足の骨を折る重傷を負います。重傷を負いながらも一命はとりとめた谷垣源次郎は、レタラの毛並みの美しさに心を奪われます。

秋田県出身の阿仁マタギである谷垣源次郎は、レタラと出会ったことでマタギの血が騒ぎだし、レタラを自分の手で仕留めたいと思うようになります。そこで出会った二瓶と意気投合し、伝説の猟師である二瓶に感化されながら、谷垣源次郎の心は軍人からマタギへと戻ってきます。レタラは仕留められなかった谷垣源次郎ですが、罠にかかったところを助けてくれたアシリパやそのフチ(おばあちゃん)に恩を感じるようになりました。

谷垣源次郎の性格は?

谷垣源次郎は、非常に真面目で義理堅い人物として描かれています。元々マタギは猟をする時に音を立てずに食事をするなど、寡黙でストイックな職業です。谷垣源次郎も同様に寡黙で男らしい性格をしています。また、優しい性格でもあります。恩を受けたアイヌの村の人々や特に子供には積極的に世話を焼くなど、人柄の優しさが描かれています。時にはアイヌの少年チカパシやインカラマッを身体をはって守る場面も見受けられます。

義理堅くまじめな谷垣源次郎は、助けられたアイヌの村でアシリパのフチらと共にしばらく生活していました。すっかりアイヌの村に馴染んでいた谷垣でしたが、そこに第七師団の上官の尾形らが現れます。谷垣を始末しようとする尾形らかた、フチたちを守るため自分の立場は顧みずに尾形と闘うなど、お世話になった恩を返したいと強く思っています。

アシリパが網走監獄へ旅立った後、二度と孫と会えないという占いに不安を感じるフチを安心させるため、アシリパを追いかけて旅に出ることになります。谷垣源次郎はアイヌの村を離れす際には、涙を見せるほど人情味のある人物です。

谷垣源次郎とインカラマッとの関係は?

アシリパを追いかけて旅に出る際、谷垣はアイヌの少年チカパシと占い師の女性インカラマッを連れて行く事になります。旅の道中、食料を得るために狩りを行う谷垣でしたが、中々うまくいきません。そのため、占いを生業にしてお金を稼いでいるインカラマッから食事をおごってもらう事になります。こうして半ばヒモのような状態になってしまう谷垣でしたが、「ヒモは良くない」とチカパシに言い、猟に励んでいます。

アシリパのフチに不吉な予言をして不安にさせたのはインカラマッだったため、谷垣は旅の当初はあまりインカラマッと密接に関わらないようにしていました。インカラマッ自身もまた、ミステリアスで目的がよくわからない状態でもあったため、信用できないという側面もあります。旅を続けていくうち、谷垣とインカラマッの関係は少しづつ変化していきます。

旅を続けるうち、最初はカモフラージュのためにも夫婦のような関係を演じていた二人でしたが、次第に距離は縮まり、半ばなし崩しのような状態で肉体関係まで持ってしまいます。アシリパの父親ウイクルの事を想い、再開を果たしたいと願うインカラマッでしたが、谷垣の事もまた大切に思うようになります。そんなインカラマッを谷垣も意識するようになり、命がけで守るようになっていきます。

様々な人物の思惑がぶつかり合い、命の危機に何度も見舞われながらも共に旅をしてきた谷垣とインカラマッですが、ついにはプロポーズを約束するような関係になっていきます。谷垣と一緒に未来を見ていきたいと話すインカラマッに、谷垣は時が来たら自分からプロポーズすると約束しました。

Thumbゴールデンカムイの白石由竹は脱獄王?モデルになった人物・白鳥由栄も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ゴールデンカムイの谷垣源次郎の過去とは?

ゴールデンカムイの登場人物たちは、壮絶な過去を抱えているキャラクターが多く登場します。そのため、ゴールデンカムイでは、それぞれの人物が譲れない想いを持ち金塊をめぐって争う事になっているのです。ゴールデンカムイの谷垣も同じく波乱万丈な過去を持っています。谷垣の過去を詳しくご紹介します。

谷垣源次郎の妹が焼死体で見つかる

ゴールデンカムイには、登場人物の過去を描いて背景を掘り下げる場面が多く出てきます。マタギの谷垣の過去も詳しく描かれています。谷垣は故郷秋田で、マタギの父親と優しい母親、兄弟たちと一緒に平和に暮らしていました。マタギの大人たちに囲まれ、子供のころから猟に興味を持っていた谷垣も、当然のようにマタギとなっていきました。

谷垣の妹のフミは、谷垣の友人賢吉と結婚します。しかし、ある日突然賢吉の家が全焼したと知らせが入ってきたのです。急いで現場に向かった谷垣が見たのは、焼死体となり変わり果てたフミの姿だったのです。フミの遺体には心臓を刺された傷があり、そばには賢吉の小刀が落ちていました。さらには賢吉の行方は分からなくなっており、谷垣は妹フミを殺したのは賢吉だと確信します。

谷垣源次郎の復讐

賢吉への復讐心を燃やした谷垣は、止める父親や涙する母親にも構わず、北海道第七師団へ入隊したという賢吉を追って自らも入隊します。復讐からマタギを捨てることとなった谷垣は、第七師団の軍人として戦地へ赴きます。賢吉を探して第七師団へと入隊したのは良いものの、第七師団には数多くの駐屯地があったため、中々見つけることはできませんでした。

そんな時、旅順の最中に谷垣はゴールデンカムイの主人公杉本と遭遇します。杉本は谷垣との会話の中で、谷垣の話した秋田弁に反応します。同じ訛りを持った人物が同じ舞台に居ると話す杉本に、谷垣は賢吉を見つけたと確信します。しかし、せっかく見つけた賢吉は爆弾を抱えて敵地へと飛び込んでいきました。爆発に巻き込まれて重傷を負った賢吉を谷垣は塹壕に引き込みます。

賢吉から語られる真実とは?

やっと妹の敵である賢吉を見つけ、谷垣は賢吉に「妹にやったように心臓を突いてやる」と復讐を果たそうとします。しかし、爆発で目が見えなくなった賢吉は、そばに誰かがいることを悟り、自分の最期にと話し始めた内容に手を止めました。結婚後仲良く暮らしていた賢吉とフミでしたが、ある日フミは天然痘を患ってしまいます。この時代の天然痘は治療法がなく死の病でした。

更には感染力も非常に強く、天然痘にかかった人物は、家族であろうとも見捨てなければいけませんでした。フミと一緒に心中しようとした賢吉でしたが、フミは賢吉に生きてほしいと願います。話し合った結果、賢吉はフミを殺害し家に火をつけて故郷の村を出たのでした。最後に賢吉が故郷に居るフミの兄・谷垣源次郎にこの話を伝えてほしいと話します。

賢吉はすでに耳が聞こえなくなっていたため、谷垣は自分の正体を聞かせることはできません。そこで谷垣は阿仁マタギが作る非常食、カネ餅を賢吉の口に入れてやります。谷垣は昔からカネ餅を作るときには、内緒でクルミを入れて作っています。そのことを知っているのは親友である賢吉だけでした。カネ餅の味に谷垣を思い出した賢吉は、話した相手が谷垣本人であったと悟って息を引き取ったのです。

親友に嫁いだ妹が殺されてしまい復讐に燃えるという過去を持っている谷垣ですが、結果的に賢吉は妹の敵ではなかったという真実の過去を知ります。復讐を目的として第七師団に入隊した谷垣は、賢吉を看取って自分の命の使い方を考えるようになっていきます。

Thumbゴールデンカムイの尾形百之助がかっこいい!魅力や髪型が変わった理由も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ゴールデンカムイの谷垣源次郎のかっこいい名言を紹介!

名言①フチに尋問しようとする二階堂へ向けた言葉

尾形の行方を追っていた谷垣でしたが、一緒に行動していた部隊は全員ヒグマに襲われて死亡してしまいました。尾形は谷垣が鶴見中尉の命令で自分をおっていると考え、谷垣を始末しようとします。アシリパの村を訪れた尾形らは、谷垣について聞きだそうとフチを尋問しようとします。

フチの肩に手をかける二階堂に向けて谷垣が言った名言が、「そのひとから離れろ二階堂。乱暴するならただじゃおかない」です。負傷した自分を救ってくれた村の皆やフチに恩を感じていると同時に、とても大切に思っていることがわかる名言です。また、谷垣の義理堅くて優しい性格もわかる言葉です。

名言②インカラマッに結婚を申し込むシーン

成り行きで一緒に旅をすることになったインカラマッと谷垣でしたが、次第に深い男女の仲になっていきます。しかし、明確に結婚の約束などをしていた訳ではなく曖昧なままの関係になってしまっていました。網走監獄へと向かう前、みんなで食事をする席で谷垣はチカパシに、「本当の家族になれば?」と促されます。

アシリパの父親への想いを持っていたインカラマッでしたが、谷垣と一緒にいたいと話します。谷垣は、アシリパをフチの元へ返す事を今の自分の使命として感じています。自分の使命を果たしたら、改めてインカラマッに結婚を申し込むと約束します。その時の名言が「俺から改めて半分食べた飯の器をインカラマッへ渡す」というものです。

名言➂谷垣が新たに出来た自分の使命を話した言葉

復讐心から第七師団へと入隊し、戦地から帰ってきた谷垣でしたが、その後の自分の身の振り方に迷っていました。そんな中でアシリパやフチと出会い、恩を感じるようになります。二瓶との出会いにも大きく影響を受け、谷垣の魂はマタギへと戻っていきました。義理堅く真面目な谷垣は、自分を救ってくれたフチに恩を返すためにアシリパを追うことにします。

そんな谷垣が言った名言が、「アシリパを無事にフチの許へ返すそれが俺の役目だ」です。フチを大切に思っているがゆえに、二度とアシリパと会えないのではないかと心配するフチのために、自分が果たす使命だと感じているのです。

ゴールデンカムイの谷垣源次郎についてまとめ!

魅力的な人物が数多く登場する漫画、ゴールデンカムイの人気キャラクター谷垣源次郎についてまとめました。真面目で冗談を言ったりはしない谷垣ですが、ギャグシーンも多いゴールデンカムイにおいて、いじられキャラのような立ち位置になりつつあります。また、正義感で義理堅い人柄と、二瓶と出会ってからの成長過程などもあり、第二の主人公のような役割でもあります。

妹の死によって復讐のマタギとなった過去もあり、壮絶な人生を歩んでいるといえる谷垣ですが、アシリパの村の人物やフチとの触れ合いにほのぼのとさせられる読者も続出しています。ゴールデンカムイに置いて癒しの部分とも言えるでしょう。ここでは、ゴールデンカムイの谷垣源次郎の過去やインカラマッとの気になる関係まで詳しくご紹介しました。是非人気漫画ゴールデンカムイをチェックしてみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ