【BLEACH】ドン・観音寺は実は有能な霊能力者?強さや魅力・名セリフを紹介

『BLEACH(ブリーチ)』に登場するドン・観音寺は実は有能な霊能力者?強さや魅力・名セリフを紹介していきます。ドン・観音寺と言えば現世の霊能力者で、子供に大人気の芸能人でもありますが、『BLEACH』の作中ではギャグキャラとしての立ち位置のイメージが強い人物です。アニメ版では有名声優が担当しているというドン・観音寺について、一護との関係や能力など今回徹底検証していきます。

【BLEACH】ドン・観音寺は実は有能な霊能力者?強さや魅力・名セリフを紹介のイメージ

目次

  1. ドン・観音寺とは?
  2. ドン・観音寺は実は有能な霊能力者?能力や強さを考察
  3. ドン・観音寺の魅力は?性格と名セリフを紹介
  4. ドン・観音寺のアニメ声優
  5. ドン・観音寺に関する感想や評価
  6. ドン・観音寺まとめ

ドン・観音寺とは?

ドン・観音寺の名セリフや能力についてまとめていく前に、彼のプロフィールを紹介していきます。ドン・観音寺についての基本情報が分かるだけでなく、一護との関係もネタバレしていきますので、ドン・観音寺について詳しくなれる内容となっております。また、『BLEACH(ブリーチ)』の作品概要やあらすじも解説していきますので、ぜひご覧になってみて下さい!

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

『BLEACH(ブリーチ)』は久保帯人が『週刊少年ジャンプ』にて2001年から2016年まで連載していた漫画作品です。『友情』『バトル』を題材にしており、死神達による戦いを描いています。原作の単行本は全74巻で、コミックシリーズの全世界累計発行部数は2018年時点で1億2000万部を突破しているほどの人気作品となっています。また、20周年プロジェクトとして2022年10月には『千年血戦篇』が放送予定です。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

本の画像

霊感の強い少年・黒崎一護は尸魂界(ソウルソサエティ)から来た死神の女性・栗木ルキアと出会った事で死神の力が覚醒し、死神代行として活動をする事になります。虚(ホロウ)関連の事件をこなしていくうちに信頼関係で結ばれていった一護とルキアでしたが、ルキアが死神の力を譲渡した罪人として死刑判決を受けた事で尸魂界に連行されてしまいます。一護はルキアを助けるために強力な死神の待ち受ける尸魂界へと向かうのでした。

ドン・観音寺のプロフィール

ドン・観音寺はテレビで活躍する霊能力者芸能人です。ドン・観音寺という名前は芸名で、本名は観音寺美幸雄(かんのんじみさお)となっています。身長188センチ、体重71キロ、血液型BO、誕生日は3月23日生まれです。帽子にサングラスにマントといういで立ちで強烈な個性を持っており、冠番組である『ぶらり霊場突撃の旅』は毎週視聴率25%を超えるという人気ぶりです。

『ボハハハハーッ!』というセリフを発すると同時に熊のような形にした両手をクロスさせるという独特のポージングが大人気となっており、世間の多くの子供達が真似をしています。ちなみに、一護の妹である遊子もドン・観音寺の大ファンです。

ドン・観音寺と一護の関係

ドン・観音寺と一護との初対面は、ドン・観音寺が番組の撮影の為に空座町を訪れた時でした。大人気番組の撮影風景を見ようと現場には多くの人々が集まり、霊能番組が好きではない一護も家族の付き添いで訪れました。ドン・観音寺は虚になりかけている病院の呪縛霊に対して除霊を行おうとしますが、虚の証である穴を棒でほじくってしまった事で虚化が加速して一気に虚になってしまいます。

その事で一護は死神化して虚に立ち向かいますが、この時にドン・観音寺も果敢に立ち向かっていました。一護ほどの戦闘力が無いドン・観音寺でしたが、この時に一護を戦友(とも)として認めて一緒に戦います。しかし、事件の終息後は一護の事を『マイ一番弟子』と称して格下げしていました。その後は、一護をドライブに誘いに来るなど関係を続けていきました。

BLEACH 千年血戦篇 テレビ東京アニメ公式

ドン・観音寺は実は有能な霊能力者?能力や強さを考察

ギャグキャラとしての要素が強いドン・観音寺ですが、虚を見る事が出来るだけでなく、戦う事も出来るなど、現世の普通の人間としては優秀な霊能力者である事が分かります。死神の力を持っていないにも関わらず強い霊力を持つ人間には織姫やチャド、雨竜などがいますが、ドン・観音寺の能力・強さはどれほどのものなのでしょうか?『BLEACH(ブリーチ)』の作中でのドン・観音寺の活躍から検証していきます。

ドン・観音寺の技は観音寺弾(キャノンボール)

ドン・観音寺には必殺技があります。その名も『観音寺弾(キャノンボール)』で、手のひらから霊力のこもった玉を出すというものです。しかし、その玉はピンポン玉ほど小さく、誰が見てもとても高威力だとは思えません。ドン・観音寺は観音寺弾を観音寺流最終奥義と言っている事から、彼の中で最大の必殺技である事が分かります。一応、病院の天井を破壊できるほどの威力はありますが、虚を倒せるほどではありません。

また、『BLEACH』のアニメ版オリジナルエピソードとして、空座防衛隊を結成した時はこの技のパワーアップ版として『二連観音寺弾(ゴールデンキャノンボール)』を繰り出しており、ジン太・夏梨・雨との連携で虚を撃退していました。

ドン・観音寺の強さや能力

ドン・観音寺の強さ①霊圧

独特で強烈ないで立ちでいかにも胡散臭い人物ですが、前述の観音寺弾を放つ事が出来るなど、ある程度の霊圧を持っています。仲間達と共に小型の虚程度なら撃破する事が出来るなど、普通の人間としては優秀な霊能力者である事が分かります。しかし、一護や雨竜などと比べるともちろん格下で、死神や破面を相手にする事は出来ません。

自身の霊圧は個人で戦闘に参加できるほど強くはないドン・観音寺ですが、かなり高い霊圧感知能力を持っています。ドン・観音寺が横浜にいた時も、30キロも離れていた空座町にいる大量の虚の存在を感じ取るなど、一護とは比べ物にならないほど優秀な霊圧感知能力です。並の死神や滅却師以上の霊圧感知能力を持っており、藍染でさえドン・観音寺の事を評価している描写がありました。

ドン・観音寺の強さ②攻撃力

ドン・観音寺は前述の観音寺弾を放つ事が出来るので、ある程度虚にダメージを与える事が出来ますが、致命傷を与えるとまではいきません。また、持っている杖は虚に触る事も出来るので武器としても使えますが、こちらも殴られた虚が多少のダメージを受ける程度で、倒すという事は不可能でしょう。

ドン・観音寺の強さ③戦闘技術

霊能番組を持っているドン・観音寺は霊能力の派手な演出は得意ですが、特に戦闘訓練を積んでいるというわけでは無い為、戦闘技術に関しては皆無です。虚を倒すために一護と共闘した際にも一護に邪魔者扱いされており、足を引っ張っていた様子でした。しかし、空座防衛隊を結成してからは虚と戦う事が多くなった為、戦闘経験を積む機会が増えて技術も向上していると考えられます。

ドン・観音寺の強さ④タフネス

霊圧感知能力も高く、一応攻撃手段も持っているドン・観音寺ですが、基本的には普通の人間である事から虚の攻撃をまともに受けてしまうとひとたまりもありません。むしろ、霊力を持っている事から虚に狙われやすくなっている為、戦う際には味方の助力が必須となっています。

ドン・観音寺の強さ⑤速さ

特にスポーツをやっていたという描写も無く、動きにくそうな服装をしている事から普通の成人男性程度のスピードである事がうかがえます。また、死神の瞬歩や滅却師の飛廉脚も使う事が出来ない為、レベルの高い戦闘には参加出来ません。

Thumb【BLEACH】黒崎一護と朽木ルキアの関係を考察!結婚相手はなぜ井上織姫? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドン・観音寺の魅力は?性格と名セリフを紹介

『BLEACH(ブリーチ)』の中盤以降のようなレベルの高い戦闘には参加できないながらも、普通の人間としては優秀な霊能力者である事が分かったドン・観音寺は、作中ではかっこいい活躍シーンも存在しています。また、ギャグテイストの強いドン・観音寺ですが、真面目で印象に残るセリフを発言した事があります。突然かっこいいセリフを述べるなど、まだまだ謎の多いドン・観音寺をもう少し掘り下げていきます。

ドン・観音寺の性格

ドン・観音寺は明るくハイテンションな性格をしており、目立ちたがり屋でもあります。テレビ番組ではこのハイテンションなキャラが受けており、子供達に大人気です。この明るい性格はテレビ用というわけでは無く、一護の家に来た時などのプライベートでも変わる事はありません。また、自分の信じているものを疑わないところがあり、幽霊を助けていると思いきや虚化を進めていた際にも作業を止める事はありませんでした。

悪く言えば頑固という事になります。しかし、自分の除霊が間違っていたと知った時には素直に受け入れる様子も見せていました。正義感も強く、自分の除霊が間違っていると思い直した時にはテレビ番組よりも人を救う事を優先し、虚に立ち向かうというかっこいい姿も見せています。虚と戦った時には自分の命が危険に晒されましたが、それでも立ち向かっていくなど、常人を超えた勇気も持ち合わせています。

テレビ番組で人気になっていた事から自分の力を過信していたところもありましたが、一護との共闘を経て己の力の無さを自覚し始めます。それに気付いたドン・観音寺は一護の邪魔をしないように立ち回るようになりました。当初はお荷物キャラといった印象だったドン・観音寺ですが、だんだんと自分の力を最大限に活かした戦法も身につけていき、戦闘中でも役立つ男になっていきます。

ドン・観音寺の名セリフ「戦いから逃げるヒーローを…」

戦いから逃げるヒーローを 子供達はヒーローとは呼ばんのだよ

ドン・観音寺が虚と戦っている時に発言した名セリフです。ドン・観音寺が虚と初対決となった時に命の危険に晒されてしまいます。しかし、視聴率しか考えていないように見える胡散臭い霊能力者のドン・観音寺ですが、子供達に自分の弱いところを見せるわけにはいかないというセリフを述べながら強力な虚に立ち向かっていきました。主な視聴者である子供に勇気を与える存在であるドン・観音寺のかっこいい名セリフです。

Thumb【BLEACH】石田雨竜は誰かと結婚した?家族関係や裏切りの理由も解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドン・観音寺のアニメ声優

千葉繁のプロフィール

アニメ版『BLEACH(ブリーチ)』でドン・観音寺の声を担当した声優は千葉繫です。熊本県出身で1954年2月4日生まれの2022年5月現在68歳で、声優事務所は『81プロデュース』に所属しています。声優以外にもタレントや音響監督としても活動しており、高いトーク力を持つ事でも知られています。声優活動においてはバリトンの声種で特徴的な声質をしており、叫び声をふんだんに使うアドリブ王として有名です。

アドリブは本人も執念を燃やすほどにこだわりを持っており、稀にスタッフから注意を受けるほどだという事です。1970年代から声優活動を開始している為、大御所声優の1人として名前が挙がる事が多く、出演作で千葉茂をモデルとしたキャラが作られる事もあります。例えばアニメ『機動警察パトレイバー』では『チバシゲオ』というキャラが作られて担当声優になったという逸話があります。

千葉繁の主な出演作品や演じたキャラ

千葉繫はアニメ版『幽遊白書』の桑原和真の担当声優としても有名です。桑原は当初、主人公である幽助の喧嘩仲間といった立ち位置でしたが、生まれ持った霊感の強さがあった事で霊剣をはじめとした様々な技を会得して活躍していきました。『幽遊白書』の放送初期は、千葉繫以外のメインキャラ担当声優達が新人だった事もあり、幽助役の佐々木望をはじめとした声優達は千葉繫の演技を勉強していたとインタビューで語っていました。

Thumb【BLEACH】雛森桃は最後死亡?藍染・日番谷に刺された理由や最終回の結末は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドン・観音寺に関する感想や評価

『BLEACH(ブリーチ)』の話の中でもドン・観音寺が登場する回が面白いというファンの感想があります。シリアスなバトル展開が多い『BLEACH』ですが、ドン・観音寺が登場する回はコミカル展開がほとんどで、笑いの絶えないほっこりするシーンが多くなっています。その事もあり、ドン・観音寺は笑い担当として作品に欠かせないキャラと言っても過言ではありません。

『BLEACH(ブリーチ)』の推しトークの際に、ドン・観音寺の話が出来る人はガチ勢だというファンの感想があります。人気キャラであるドン・観音寺ですが、一護やルキアなどのメインキャラと比べると登場回数が多いというわけではありません。そんな中で、ドン・観音寺について語り明かせるファン同士は、『BLEACH』の話で盛り上がるようです。

『BLEACH(ブリーチ)』のドン・観音寺ファンは、彼の印象に残るポーズが大好きですが、似たようなポーズを見た時にドン・観音寺を思い出す事が多いようです。アニメ作品のキャラだけでなく、現実世界でもドン・観音寺と似たポーズを見る機会があった時には、多くの『BLEACH』ファンが写真を撮ってツイッターなどに上げて楽しんでいます。

『BLEACH(ブリーチ)』のキャラの中でも、ドン・観音寺はイレギュラーな存在だというファンの感想があります。『BLEACH』で霊圧を発するキャラは死神や滅却師、虚や破面などが存在していますが、ドン・観音寺はどの種類にも属していないにも関わらず、霊力を使った攻撃をする事が出来ます。また、霊力感知能力にも優れているドン・観音寺ですが、普通の人間としてかなりイレギュラーとなっています。

Thumb【BLEACH】バンビエッタ・バスターバインはかわいい滅却師!能力やゾンビ化後は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ドン・観音寺まとめ

『BLEACH(ブリーチ)』に登場するドン・観音寺の能力や名セリフなどをまとめてきましたが、胡散臭さがありながらも、子供達の為にかっこよくあり続けようとする霊能力者である事が分かりました。作中では主にギャグ要員で、真剣なムードを和ませてくれるドン・観音寺は、『BLEACH』の物語に欠かせない人物です。作品の連載は終了していますが、ドン・観音寺はこれからもファンの話題に上がり続けていく事でしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ