【BLEACH】阿散井苺花はルキアと恋次の愛娘!強さやブリーチ続編の伏線説も紹介

『BLEACH』の阿散井苺花は朽木ルキアと阿散井恋次のかわいい愛娘であり、かわいい死神見習いとしてファンにも好評を博しています。阿散井苺花はその強さやブリーチ続編の伏線説など様々なことが話題になっていて、両親である阿散井恋次やルキアにも注目が集まっています。今回はメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』のかわいい死神見習い・阿散井苺花について基本的な情報や強さやブリーチ続編の伏線、性格や名前の由来、両親、ネット上の感想や評価などを紹介していきましょう。

【BLEACH】阿散井苺花はルキアと恋次の愛娘!強さやブリーチ続編の伏線説も紹介のイメージ

目次

  1. 阿散井苺花はルキアと恋次のかわいい愛娘
  2. 阿散井苺花の強さやブリーチ続編の伏線
  3. 阿散井苺花の性格や名前の由来
  4. 阿散井苺花の両親
  5. 阿散井苺花に関する感想や評価
  6. 阿散井苺花まとめ

阿散井苺花はルキアと恋次のかわいい愛娘

阿散井苺花は朽木ルキアと阿散井恋次のかわいい愛娘であり、一護たちの息子である一勇との関係性も注目されています。阿散井苺花の存在は『BLEACH(ブリーチ)』の最終回で明かされていて、かわいい新ヒロインとして注目されている新キャラクターとなっています。ここではまずメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』についての基本的な情報をまとめていきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

『BLEACH(ブリーチ)』は現在「BLEACH20周年プロジェクト」が進行中の作品であり、アニメ化や原画展など数多くのプロジェクトが行われています。『BLEACH(ブリーチ)』は日本国内だけでなく世界中にファンを生み出し、そのおしゃれな作風が後世に与えた影響が計り知れません。ここではメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の概要やあらすじを紹介していきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の概要

『BLEACH』(ブリーチ)は久保帯人によって漫画作品であり、『週刊少年ジャンプ』の看板漫画として圧倒的な人気を獲得しています。2001年36・37合併号から15年にわたって連載され、アニメもメガヒットを記録したことでも知られています。2022年には新たなアニメ作品である『BLEACH(ブリーチ) 千年血戦篇』の製作が決定しているので、ネット上でも大きな話題になっています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

​黒崎一護は生まれついて高い霊力を持っていて幽霊が見える事に悩んでいました。そんな中で死神を名乗る朽木ルキアと出会い、一護は空座町の死神代行としてその才能を開花させていきました。そして、一護は死神たちの住む尸魂界(ソウル・ソサエティ)を巻き込む大事件を起こすことになるのでした。一護はルキアを救うために、死神たちと戦うことを決意します。

阿散井苺花のプロフィール

阿散井苺花のプロフィールを見ていきましょう。阿散井苺花は阿散井恋次と朽木ルキアの娘であり、護廷十三隊の死神見習いとなっています。所属の隊は不明となっていますが、班目一角に剣術を教えてもらっていて『師匠』と呼んでいます。髪の色は恋次と同じ赤毛で、瞳の色はルキアと同じ紫色という外見的な特徴があります。性格は恋次に似ていてぶっきらぼうで、規則を守ろうとはしていません。

TVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」公式サイト

阿散井苺花の強さやブリーチ続編の伏線

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花の強さやブリーチ続編の伏線を見ていきましょう。阿散井苺花の強さは多くのファンに注目されていて、ブリーチ続編への伏線になっているのではないかというシーンも数多く生み出しています。『BLEACH(ブリーチ)』はバトル漫画として人気なので、阿散井苺花の強さが親譲りのモノなのかなども注目されています。

阿散井苺花の強さや能力

苺花の戦闘描写は本編では描かれませんでした。しかし、そのセンスはずば抜けていると考えられています。両親が共に護廷十三隊の隊長格であり、父親である恋次は「双王蛇尾丸(そうおうざびまる)」を、母親であるルキアは「白霞罸(はっかのとがめ)」という卍解をそれぞれ習得している才能ある死神です。戦闘能力やセンスを受け継いでいるとすれば、若くしてかなりの強さを持っていてもおかしくはありません。

まだ幼いにも関わらず「死神見習い」をしていて、真央霊術院に通っている描写もありませんでした。最新エピソードである『BLEACH 獄頤鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)』では班目一角に修行してもらっている姿が描かれているので、戦闘力は同世代の死神以上の力を持っていることは確実と考えられています。両親は共に流魂街から隊長格になるほどの才覚があったため、苺花も規格外の強さを持っている可能性が高いとされています。

阿散井苺花と一勇は続編の主人公になる?

阿散井苺花と一勇は続編の主人公になるとも言われています。原作『BLEACH(ブリーチ)』の最終話の最後のシーンで登場して強い印象を残した苺花と黒崎一護の息子である一勇ですが、まるで物語が続くように描かれていて阿散井苺花と一勇は続編の主人公になるという予想がされています。そして、「BLEACH20周年プロジェクト」の一環で描かれた続編『BLEACH 獄頤鳴鳴篇(ごくいめいめいへん)』が発表されます。

多くのファンの予想通り、一勇と苺花がメインキャラクターとして描かれていて、これまで謎の多かった地獄についてのエピソードが描かれています。その際には二人とも特殊な能力があるようなシーンが示唆されていて、一護ですら気付かなかった地獄からの使者にまっさきに苺花が気づくなど特殊な才能の片鱗を見せました。

Thumb黒崎一護の魅力と強さとは?結婚相手や斬魄刀・卍解の謎も考察【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

阿散井苺花の性格や名前の由来

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花の性格や名前の由来を見ていきましょう。阿散井苺花の性格は父親譲りのモノでかなりの大胆な性格を見せています。大ヒットした漫画である『BLEACH(ブリーチ)』は名前などにもこだわりがあり、伏線などにもなっていることが多いため名前の由来などもファンには気にされています。両親からの影響も注目されているので、そうしたことも見ていきましょう。

阿散井苺花の性格は両親に似ている?

阿散井苺花の性格は両親に似ていると言われています。特に父親である阿散井恋次の影響は大きく、ぶっきらぼうで自信家な一面は恋次にそっくりでした。さらに強気なところは朽木ルキアにそっくりで両親である朽木ルキアと恋次の血を継いでいることは確実と言われるほど似ていました。一勇との出会いでも死神としての誇りを持っていることがうかがわれていて、若き日の朽木ルキアにそっくりと言われていました。

阿散井苺花の名前の由来は一護?

『BLEACH(ブリーチ)』といえば緻密に構成された伏線が特徴であり、阿散井苺花の名前の由来にも多くの伏線があるのではないかとも言われています。これまでも一護の名前には『滅却師』であることが示唆されていたり、一護の宿敵である藍染の名が『BLEACH(漂白)』というタイトルと対になっていたりと多くのファンにネーミングセンスが絶賛されている作品です。

阿散井苺花の名前で分かるのは「苺」という『いちご』を示す漢字が使われていることです。これは明らかに一護に因んでいると見られていて、朽木ルキアの恩人でもある一護を示す名前になっています。さらに花は一勇の母親である井上織姫の能力『盾舜六花』から一文字取られていると考えられています。二人は朽木ルキアと阿散井恋次にとって親友でもあるために、二人にちなんだネーミングになっています。

阿散井苺花の登場シーン

苺花はBLEACH最終回、コミックス74巻の終盤で登場します。このシーンでは一護と織姫の息子である一勇との出会いが描かれていて、そこで『阿散井苺花、死神見習よ』と名乗りますが、その瞬間死覇装を纏った一勇は『ぼくは黒崎一勇、ぼくも死神だよ』と返して、苺花が驚くというシーンで『BLEACH(ブリーチ)』は幕を下ろします。こうして新たな死神同士の出会いが描かれて、続編の期待も高まっています。

ThumbBLEACH 獄頣鳴鳴篇をネタバレ!20周年記念漫画のあらすじや登場キャラは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

阿散井苺花の両親

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花の両親について見ていきましょう。阿散井苺花の両親は共に護廷十三隊の隊長格であり、その才能は苺花にも受け継がれていると考えられています。母親である朽木ルキアは一護と共にすべての物語のはじまりとなった死神であり、父親は一護のライバルであり親友でもある阿散井恋次なのでファンにも阿散井苺花の両親は注目されています。

朽木ルキア

朽木ルキアを見ていきましょう。朽木ルキアは護廷十三隊の十三番隊の隊士であり、一護に死神の力を譲渡した死神でもあります。元々は空座町を担当していた死神で、その後一護に死神代行をさせていました。見た目は若いですが、年齢は約150歳前後と判明しています。これは死神としては若い方であり、若手死神として初登場時には十三番隊の隊士の一人にすぎませんでした。

身長は144センチ、体重は33キロ、誕生日は1月14日、南流魂街78地区「戌吊(イヌヅリ)」出身で貴族『朽木家』に容姿として迎えられて、真央霊術院でも厚遇されていました。剣術は不得意ですが、鬼道では好成績を残し、護廷隊員としては実はかなり優秀でした。しかし朽木白哉によって危険な任務からは遠ざけられて隊士として出世が遅れていました。

藍染との戦いから二年経った時には十三番隊副隊長へと昇進していて、その実力が認められていきました。その後、浮竹の死に伴って十三番隊新隊長に就任していて、兄妹そろっての隊長となりました。斬魄刀の名は『袖白雪(そでのしらゆき)』で氷雪系の斬魄刀であり、卍解は自身を一瞬死んだ状態と同じ状態にすることで限界以上の低温を可能にする『白霞罸(はっかのとがめ)』となっています。

阿散井恋次

阿散井恋次のプロフィールを見ていきましょう。阿散井恋次は護廷十三隊六番隊副隊長であり、朽木白哉の副官として副隊長の中ではトップクラスの実力を持っています。身長は188センチ、体重は78キロ、誕生日は8月31日、南流魂街78地区「戌吊」出身であり、ルキアとは幼馴染となっています。五番隊として入隊し、その後、十一番隊に移籍しています。そのため班目一角とは親交があり、戦い方を教わりました。

斬魄刀の名は『蛇尾丸(ざびまる)』であり、直接攻撃系に分類される戦闘タイプの斬魄刀です。卍解は『狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)』で、広範囲攻撃が可能な卍解でした。しかし、阿散井恋次の実力が伴っていなかったことから卍解を完全に引き出せておらず、零番隊との修業で蛇尾丸の真の卍解の名が『双王蛇尾丸(そうおうざびまる)』である事が判明し、滅却師との戦いで習得した姿を見せていました。

Thumb【BLEACH】阿散井恋次の卍解と必殺技・強さを紹介!真の卍解とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

阿散井苺花に関する感想や評価

ここでは大ヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花にネット上の関する感想や評価を見ていきましょう。阿散井苺花は圧倒的な人気を獲得しているキャラクターであり、最新エピソードでも重要な役割をしています。阿散井苺花はかわいいとネット上でも話題になっていて、大ヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花に関する感想や評価はネット上でも数多く存在しています。

阿散井苺花はかわいい!

阿散井苺花はかわいいと絶賛されていて、苺花は新たなヒロインとして多くのファンに注目されているキャラクターとなっています。ネット上には『阿散井苺花ちゃんかわいい。続編読みたい』という声や『阿散井恋次・苺花親子好きになっちゃったな。かわいい』という声、『阿散井苺花ちゃん恋次の娘には勿体ないくらいかわいい』という声が挙がっています。

阿散井苺花は重要キャラ!

阿散井苺花は重要キャラとして注目されていて、今後も物語も描いてほしいとファンからも期待の声が集まっています。ネット上には『阿散井苺花は重要キャラとして今後の活躍も描いてほしい』という声や『苺花ちゃんもみんなが見えてないものが見えてるしで…子たちと恋次が中心になってくるのかな』という声、『一勇と苺花がだいぶ重要っぽそう』という声が挙がっています。

阿散井苺花と一勇の関係性も話題!

阿散井苺花と一勇の関係性も話題になっています。ネット上には『子供達の名前とか関係性が一話と真逆になってるのはすごいとは思った ストロベリー(苺花)とデス(一勇)が逆転してた』という声や『苺花ちゃんと一勇の関係も気になるね 何度か一緒に遊んでるのかな』という声、『一勇と苺花の関係性詳しく。どれくらいの関わりがあるんだ』という声が挙がっています。

Thumbブリーチをネタバレまとめ!あらすじ・感想や最終回の結末まで解説【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

阿散井苺花まとめ

今回はメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の阿散井苺花について基本的な情報や強さやブリーチ続編の伏線、性格や名前の由来、両親、ネット上の感想や評価などを紹介してきました。阿散井苺花は圧倒的な人気を獲得していて、新たなヒロインとしてその強さや経歴なども注目されています。朽木ルキアと恋次の娘である阿散井苺花にも注目して、メガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』をお楽しみください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ