【転スラ】ウェンティはアダルマン配下のデスドラゴン!進化してかわいい美少女に?

『転生したらスライムだった件(転スラ)』に登場するデスドラゴンのウェンティはご存じでしょうか?ウェンティはデスドラゴンという名の通り腐食吐息(ゾンビブレス)を使って相手をゾンビ化させるなど凶悪な魔物でした。推定20mの巨体を誇る姿もまた凶悪に拍車をかけることとなっています。ところがそんなウェンティは転スラの物語終盤で進化したことによってかわいい美少女へと変貌を遂げました。当記事ではウェンティについて、進化した理由やアダルマンとの関係、強さ・スキルを紹介していきます。

【転スラ】ウェンティはアダルマン配下のデスドラゴン!進化してかわいい美少女に?のイメージ

目次

  1. 転スラのウェンティはアダルマン配下のデスドラゴン
  2. 転スラのウェンティは進化してかわいい美少女に?
  3. 転スラのウェンティのスキルや能力・強さ
  4. 転スラのウェンティの活躍をネタバレ
  5. 転スラのウェンティとアダルマンの関係
  6. 転スラのウェンティに関する感想や評価
  7. 転スラのウェンティまとめ

転スラのウェンティはアダルマン配下のデスドラゴン

『転生したらスライムだった件(転スラ)』に登場するウェンティは今でこそ闇色の衣を纏ったかわいい美少女の姿をしていますが、元々は推定20mの巨体でありながら全身が骨で構成された禍々しい姿をしていました。そこで当記事ではウェンティが進化した過程やアダルマンとの関係、活躍シーンを中心に紹介。他にウェンティのスキルや能力、強さも紹介するのでぜひご覧ください。それではまず転スラの作品情報から見ていきましょう。

転スラの作品情報

転スラの概要

魔物・スライムの姿で異世界へと転生した主人公の物語を描いた作品『転生したらスライムだった件(転スラ)』は、小説家になろう発の異世界ファンタジー作品です。2013年2月20日から連載されていた転スラのWEB小説を改訂したことによって、2022年1月時点では漫画やアニメ、外伝漫画などのメディアミックス展開がおこなわれるなど大いに人気を博しています。

転スラのあらすじ

ここでは転スラのあらすじを簡単に紹介していきます。転スラの主人公は最弱に位置づけられている魔物・スライムの姿で異世界へと転生した三上悟ことリムル=テンペストです。三上悟が異世界へと転生した場所はとある洞窟でした。その洞窟というのが、かつて異世界で暴れまわった暴風竜ヴェルドラの封印地。そんな洞窟に転生してしまった三上悟は、封印されているヴェルドラと遭遇したことによって人生を大きく変えることとなります。

ウェンティのプロフィール

ここからは転スラに登場するデスドラゴンのウェンティについて紹介します。まず転スラの作中で見られるウェンティの姿は2種類存在しており、1種類目が全身が骨で形成されているデスドラゴンとしての姿と2種類目が闇色の衣を纏ったかわいい姿のゲヘナ・ドラゴンです。そしてその2種類は進化前と進化後の姿で見分けることができます。また転スラの書籍6巻では、アダルマンとアルベルトの仲間としてデスドラゴンの姿で初登場しました。

ウェンティのドラゴンゾンビという種族は珍しい?

かわいい姿になる前のウェンティは死せる魔物の頂点に位置する死霊竜(デスドラゴン)でしたが、そもそもドラゴンゾンビの中でも最凶の座についているデスドラゴンは珍しい種族です。

かわいい姿に進化する前のウェンティは死霊系魔物の頂点に位置する死霊竜(デスドラゴン)でしたが、そもそもデスドラゴンはドラゴンゾンビの中でも最凶の座に君臨する種族であるため、その事実を考慮すればいかに珍しいかが分かります。また死霊系のドラゴンゾンビは数が少ないことを含め、特定の場所でしか活動することができないことも関係しています。

そんなデスドラゴンであるウェンティは、ルミナス教からデスドラゴンの討伐依頼を受けた生前のアダルマンが死を覚悟して挑むほどの強さを誇ります。さらにさまざまなスキルを所持しているデスドラゴンですが、スキルを使わずとも身に纏う妖気に触れるだけで精神を破壊されるという事実から厄介な存在であるといえるでしょう。

ウェンティの性格やリムルとの関係

先に生前のアダルマンがルミナス教からのデスドラゴン討伐依頼を受けたとお伝えしましたが、その後対峙したアダルマンとデスドラゴンのウェンティは相打ちとなります。それから月日を経て本編に登場することとなりますが、登場時のウェンティはアダルマンと主従関係を結んでいました。

また主従といってもアダルマンのペットといった立ち位置にあります。その後シュナとの戦闘で敗北したウェンティたちはリムルの配下に加わり、リムルのことをアダルマンと同様に神と崇めるようになりました。実際に転スラの作中ではリムルを前にすると、仰々しく信奉の言葉を口にする姿があるのでそのシーンをチェックしてみてください。

【公式】「転生したらスライムだった件」ポータルサイト

転スラのウェンティは進化してかわいい美少女に?

ネタバレ①「ウェンティ」と名付けられて進化する

転スラの「竜魔激突編」ではウェンティが進化したことにより、闇色の衣を纏うかわいい美少女へと変貌を遂げています。ではなぜウェンティは進化しかわいい美少女へと変貌を遂げたのか?それに関係するのが転スラの作中で描かれた東の帝国との防衛戦です。

東の帝国が侵攻してくる前のウェンティはアダルマンたちとともに地下迷宮の60階層を守護していましたが、東の帝国が侵攻してくる直前でガドラが地下迷宮60階層を守護することになったため、彼女たちは70階層を守護することとなりました。

その後始まった防衛戦では、ウェンティたちが地下迷宮70階層で帝国軍の侵入を阻止する役目を務めることとなるのですが、ウェンティたちは惜しくも帝国皇帝近衛騎士であるザバンたちに敗れてしまいます。

しかし、その防衛戦の終了後にその様子を見ていたリムルがウェンティたちの戦いぶりを高く評価したため、論功行賞にてアダルマンを覚醒進化させ、それに伴ってウェンティがアダルマンの「祝福」を受け取ったことで進化することとなりました。それと同時にウェンティ自身もリムルからの褒賞として「ウェンティ」という名を授かっています。

ネタバレ②冥霊竜王(ゲヘナ・ドラゴン)に覚醒進化

リムルからの名付けとアダルマンの覚醒進化による影響で進化したウェンティの種族は「冥霊竜王(ゲヘナ・ドラゴン)」といいます。さらにウェンティの場合はシエルから究極贈与「不朽不死(エターナル)」を与えられたため、実質的に不死の存在となりました。

Thumb【転スラ】リムルの配下キャラ一覧!その他の仲間や恋愛関係・相関図もまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

転スラのウェンティのスキルや能力・強さ

能力や強さ①ウェンティの各種耐性

転スラに登場するウェンティには5つの耐性スキルが備わっており、その各種耐性によってほぼ無敵といっても過言ではない強さを誇っています。その5つの耐性スキルというのが「物理攻撃無効」「精神攻撃無効」「状態異常無効」「自然影響無効」「聖魔攻撃耐性」です。究極贈与「不朽不死」による不滅状態と合わされば相当な強さを発揮するといえるでしょう。

能力や強さ②腐食吐息(ゾンビブレス)

転スラの作中では死霊竜らしくブレスを吐くウェンティの姿が描かれていますが、それはただのブレスではなく「腐食吐息(ゾンビブレス)」と呼ばれる効果付きの技・スキルです。

この技・スキルは体から撒き散らした瘴気を利用し、相手の精神を蝕むことができます。さらにこのスキルには他にも効果があり、ブレスを浴びて精神を破壊した相手をゾンビ化させることができるのです。死霊系魔物特有の効果もしっかりと備わっているため、各種耐性を考慮すれば恐ろしい存在といえるでしょう。

能力や強さ③究極贈与「不朽不死(エターナル)」

ウェンティの究極贈与「不朽不死(エターナル)」については簡単にお伝えしましたが、ここでは不朽不死の権能を見ていきましょう。まず不朽不死の権能は3つ存在しており、1つ目が完全再生、2つ目が思考加速、3つ目が隷属不滅とそれぞれが備わっています。

またこのスキルの効果が発動されずともウェンティがアダルマンに魂を預けている限りは死ぬことはありません。さらにアダルマン自身も不死であることを考慮すればそれに伴ってウェンティも不滅の存在だといえるでしょう。ちなみにシエルによって与えられた究極贈与「不朽不死」は豊穣之王の能力贈与によってそれを可能にしているため、贈与されたスキル「不朽不死」は究極スキルの一つであるといえます。

Thumb【転スラ】究極能力(アルティメットスキル)の強さ・権能まとめ!所持者は誰? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

転スラのウェンティの活躍をネタバレ

当初は推測20mの巨体を持ったドラゴンでありながらも、全身が骨で構成されているなど凶悪な姿をしていたウェンティ。しかしリムルから「ウェンティ」と名付けられて進化したため、転スラの読者からは「かわいい」と評価される美少女へと変貌を遂げていました。

またそんなかわいい姿のウェンティが再登場するのを待ち遠しく思っている方もいるようです。そこでここからは転スラで描かれたウェンティの活躍をネタバレし、ウェンティがいつ頃進化するのかをチェックしてみましょう。

ウェンティの活躍①魔王誕生編

まずウェンティが初登場を果たしたのが転スラの「魔王誕生編」における一幕です。魔王誕生編はワルプルギスにてリムルと魔王クレイマンが戦闘を繰り広げるシーンが中心となっていますが、その裏でシュナとソウエイ、ハクロウの3人がクレイマンの拠点に侵入しています。そしてその拠点の防衛機構に組み込まれていたのがアダルマンとアルベルト、そしてウェンティでした。

ウェンティは進化前の死霊竜(デスドラゴン)の姿で登場しシュナたちの前に立ちはだかります。早速シュナたちと戦闘に入るウェンティはソウエイの相手をすることとなりました。

しかし、ウェンティはリムルが覚醒魔王へと進化したことで受けた、ラファエルの「祝福」によって力を得たソウエイに敵わず撃破されてしまいます。ところがウェンティの真の強さはアダルマンとの関係性にありました。ウェンティはアダルマンに魂を預けていたため何度でも復活できるのです。こうしてウェンティはシュナとアダルマンとの戦いが終わるまでソウエイと戦い続けていました。

ウェンティの活躍②戦争前夜編

ウェンティはシュナたちとの戦いに敗れたことでリムルの配下に加わることになり、その後テンペストにある地下迷宮でフロアボスを務めることとなります。

そしてウェンティが次に登場したのが転スラの「戦争前夜編」における一幕でした。戦争前夜編はテンペストと東の帝国との戦争前に軍備や設備を整えている描写が中心となっており、ウェンティはフロアボスに任命されたアダルマンとアルベルトとともに帝国軍の侵入を阻止する役目を任されます。

ウェンティの活躍③帝国侵攻編

ウェンティが次に登場したのは転スラの「帝国侵攻編」における一幕です。帝国侵攻編は「戦争前夜編」の続きとして東の帝国軍がテンペストの地下迷宮へと侵攻する様子が描かれており、帝国軍の侵入を阻止する役目を任されたウェンティは地下迷宮攻防戦を繰り広げることとなります。

そして遂にやってきた帝国軍は、圧倒的な数の軍勢が地下迷宮に侵入。テンペスト側は迷宮十傑メンバーがそれぞれのフロアを守護していましたが、60階層を守護していたガドラが侵入を阻止できなかったため、次に70階層を守護するウェンティたちが帝国軍と対峙することとなりました。

その後、ウェンティたちは精鋭100名が送り込まれてきた第二波で帝国皇帝近衛騎士ザバンたちと対峙します。そして始まった戦闘ではウェンティVSザバン、アルベルトVSクリシュナといった構図で、アダルマンがウェンティたちの戦いを援護する形で戦闘が開始されましたが、惜しくもアルベルトとクリシュナの防具性能の差が原因で2対3の数的不利の状況となってしまい敗北してしまいました。

ウェンティの活躍④竜魔激突編

ウェンティが次に登場したのは転スラの「竜魔激突編」における一幕です。竜魔激突編でのウェンティは地下迷宮で活躍したことにより、論功行賞でアダルマンがリムルから覚醒進化を与えられることとなります。

そしてウェンティも「祝福」を受け取ったことで進化し、さらにウェンティ自身も褒賞として魂5000人分に値する「ウェンティ」という名前を与えられ、「冥獄竜王」の二つ名を授けられることとなります。こうしてウェンティは見た目が変化し、闇色の衣を纏うかわいい美少女へと変貌を遂げました。

ウェンティの活躍⑤遊戯終了編

ウェンティが次に登場したのは転スラの「遊戯終了編」における一幕です。遊戯終了編は竜魔激突編に続く話で、ウェンティはその序盤で進化後に訪れる睡眠状態から目を覚ましました。そして闇色を纏うかわいい美少女へと変貌した進化後のウェンティは種族が冥霊竜王(ゲヘナ・ドラゴン)へと変わっていることが明らかとなります。

さらにウェンティはシエルから究極贈与「不朽不滅(エターナル)」も与えられたことにより、実質的に不滅の存在となりました。その後、リムルが三妖師筆頭のザラリオが迷宮に侵攻してきたと知らされたため、彼の依頼でウェンティとアダルマン、そしてアルベルトの三人が援軍として向かうこととなります。

Thumb【転スラ】聖魔十二守護王のキャラ一覧!12体の強さランキングもまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

転スラのウェンティとアダルマンの関係

ネタバレ①アダルマンに浄化された?

これまでウェンティについてスキルや能力、活躍シーンなどを交えながら紹介してきましたが、彼女に付随して登場してくるのがアダルマンの名前でした。ではウェンティとアダルマンはどのような関係なのでしょうか?ここからはウェンティとアダルマンがどのような関係なのかを具体的に解説していきます。

まず初めに紹介するのはウェンティがアダルマンと出会う前の話です。アダルマンと出会う前のウェンティはジュラの大森林に住んでいました。しかし、ジュラの大森林はウェンティのように死霊系魔物が住み着く地だったため、死霊系魔物による大規模な災害が発生する危険がありました。

そこで登場したのが、ルミナス教の司祭だったアダルマンとアルベルト、他2名の騎士。アルベルトたちはルミナス教の死霊系魔物の浄化依頼によって派遣されてきたのです。そしてウェンティは派遣されてきたアダルマンたちと対峙し、その後壮絶な戦いの末に浄化されてしまいました。

ネタバレ②アダルマン達は死霊へと変身した?

ウェンティはアダルマンたちに浄化されてしまったのですが、アダルマンたちも濃い瘴気が漂う中で大量の腐食の吐息(ゾンビブレス)を浴びながら、その戦いを長時間継続したことによって相打ちとなってしまいました。

ところが、アダルマンたちはウェンティとの戦いでゾンビブレスや大量の魔素を浴びたことによって死霊になってしまいます。こうしてアダルマンが司祭から死霊王(アンデットキング)に、聖騎士隊長を務めていた死霊聖騎士長に、そして他聖騎士3名が死霊騎士として蘇り、ウェンティはアダルマンの従者兼ペットとして活動することになりました。

ネタバレ③ウェンティとアンデットキングのアダルマンの関係

ウェンティがアダルマンの従者兼ペットになったのは、アダルマンが死霊王(アンデットキング)になった事実が関係しているわけではありません。ではなぜウェンティはアダルマンと主従関係を結んだのか?

その理由がアダルマンの強さ・能力にあります。というのも、ウェンティが生前のアダルマンの戦いぶりに惚れたのです。それによってウェンティは死霊王として蘇ったアダルマンと主従関係を結ぶこととなり、それに伴ってアダルマンと同様の立ち位置となりました。

ネタバレ④アダルマンはいつでもウェンティを呼び出せる?

これまでの紹介で簡単に触れていましたが、ドラゴンゾンビであるウェンティはアダルマンと主従関係を構築した際に魂を預けたため、いつでも呼び出せる状態にあります。また魂を預けているアダルマンが死なない限り何度死んでも蘇ることもできます。そして転スラの作中ではシュナがアダルマンを倒して消滅させた様子が描かれているのですが、それに伴いウェンティも消滅し、一時的に転スラの作中に出てこない状態になったことがありました。

Thumb【転スラ】マリアベルの正体と死亡理由は?強さ・能力やグランベルとの関係を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

転スラのウェンティに関する感想や評価

こちらでは転スラの作中でかわいい姿に進化したデスドラゴン「ウェンティ」の姿に関する感想や評価が取り上げられています。感想では転スラのウェンティが「かわいい」と評価されているようです。やはり死神を心象付ける大きな鎌と闇色の衣を纏った姿を好む方は一定数いるのでしょう。興味を持たれた方はウェンティが進化する転スラの書籍14巻以降から見られる彼女のかわいい姿に注目してください。

こちらでは転スラの作中でかわいい姿に進化したデスドラゴン「ウェンティ」の初登場に関する感想や評価が取り上げられています。感想では転スラのウェンティのことを「伏兵」として表現されているのですが、おそらくこの方も転スラの書籍14巻でウェンティが進化したことで、かわいい姿を見せることになった様子を評価しているのでしょう

転スラファンとってはウェンティがかわいい美少女に変貌したことに驚いた方はきっと多いのではないでしょうか?また、転スラの作中で活躍するシーンがあまりないためか、ウェンティのスキルや能力の強さが際立っていませんが、実はかなり強いスキル構成をしているといった事実も伏兵と表現されている理由なのかもしれません。

こちらでは転スラの作中でかわいい姿に進化したデスドラゴン「ウェンティ」の活躍シーンに関する感想や評価が取り上げられています。感想を見るとウェンディたちが地下迷宮70階層のフロアボスとして、さまざまなスキルや能力を使い活躍する様子を待ち望んでいたことがうかがえます。

またウェンティたちの活躍シーンは初登場シーン以降あまり見られませんでしたが、転スラの書籍15巻ではさまざまなスキルや能力を使って活躍しているシーンを見れるのでぜひチェックしてみてください。

Thumb【転スラ】アダルマンの強さは魔王級?死霊になった経緯や登場話を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

転スラのウェンティまとめ

アダルマン配下として転スラに登場するデスドラゴン「ウェンティ」について、転スラの作中で描かれた強さやスキル、かわいい美少女に変貌を遂げた進化後のウェンティなどの情報を交えながら紹介してきましたがいかがでしたか?転スラに登場した当初のウェンティは骨で構成された竜の姿をしており、死霊系魔物であるドラゴンゾンビの中でも最凶の座に君臨しているデスドラゴンでした。

やはり見た目から凶悪なデスドラゴンが転スラの書籍14巻でかわいい美少女へと変貌したことで多くの転スラファンが驚いたことでしょう。また闇色の衣を纏った姿が一定数の人気を得ていることも想像に難くありません。当記事でウェンティに興味を持たれた方はぜひ転スラを読んだ際にウェンディの活躍に目を向けてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ