【シャーマンキング】木刀の竜のオーバーソウルを解説!強さ・技や持霊も紹介

シャーマンキングで義理堅い性格の木刀の竜(梅宮竜之介)が放つオーバーソウルに注目が集まっています。高校生でありながら素晴らしい貫禄を放っている木刀の竜(梅宮竜之介)は、料理やシャーマンとしての修行を積む真面目な一面も持っていました。そこで、ベストプレイス探しを趣味としている木刀の竜が放つオーバーソウルの強さや技、かつては悪霊だった蜥蜴郎という持霊との関係、かっこいい魅力、作中での活躍、アニメ声優についても紹介します。

【シャーマンキング】木刀の竜のオーバーソウルを解説!強さ・技や持霊も紹介のイメージ

目次

  1. 木刀の竜とは?
  2. 木刀の竜のオーバーソウルや持霊・技を解説
  3. 木刀の竜のかっこいい魅力
  4. 木刀の竜の活躍
  5. 木刀の竜のアニメ声優
  6. 木刀の竜に関する感想や評価
  7. 木刀の竜のオーバーソウルまとめ

木刀の竜とは?

シャーマンキングでかつては不良高校生として墓場を拠点に活動していた木刀の竜(梅宮竜之介)でしたが、シャーマンの修行を積んだことでシャーマンとして実力を得ることができるようになりました。リーゼント頭は相変わらずですが、シャーマンとしての能力が開花することで不良っぽい雰囲気も次第になくなっていきます。元々人情に厚く義理堅い性格を持っていたため、仲間のために戦うことが大好きだったのです。

侍の霊である阿弥陀丸への復讐のために自分のことを利用した蜥蜴郎であっても、恨みを持つどころか彼の心意気に感動し、居場所がないという事情をくんで自分の持霊になればいいといい放っていました。そこで、義理人情に厚い木刀の竜が放つことができるオーバーソウルの強さや技、かっこいい魅力、かつては悪霊として事件を起こしている蜥蜴郎という持霊との関係、かっこいい活躍、アニメ声優なども紹介します。

シャーマンキングの作品情報

シャーマンキングの概要

1998年6月30日~2004年8月30日(1998年31号~2004年40号)に渡って週刊少年ジャンプによって連載された「シャーマンキング(SHAMAN KING)」は、青森県出身の漫画家である武井宏之さんによって描かれた漫画となっています。全300話によって展開されているシャーマンキングは、単行本においては全32巻、完全版においては全27巻、KC完結版においては2021年4月の時点で34巻まで刊行されました。

3800万部(2021年3月の時点)の累計発行部数を記録しているシャーマンキングは、漫画以外にテレビアニメとしても放送されています。シャーマンキング(2001年版)というテレビアニメは、2001年7月~2002年9月に渡って全64話がテレビ東京系列によって放送されました。2021年4月からは同じくテレビ東京系列においてSHAMAN KING(2021年版)が放送されています。

シャーマンキングのあらすじ

中学生の小山田まん太は、学校の帰宅途中に通りがかった墓場で、幽霊と戯れる麻倉葉という少年の姿を見つけます。シャーマンと呼ばれている麻倉葉は、さまざまな霊と交流ができる人物だったのです。「シャーマンファイト」というシャーマン同士の戦いが500年に一度行われるということで、それに参加するために上京していたのでした。シャーマンである葉と友達になった小山田まん太は、さまざまな戦いを見ることになります。

木刀の竜(梅宮竜之介)のプロフィール

シャーマンキングでアメリカンドッグが大好きな梅宮竜之介は、ベストプレイス探しを趣味としている不良高校生として登場しています。リーゼント頭が魅力の梅宮竜之介は周囲からは木刀の竜と呼ばれていました。東京都出身の木刀の竜(梅宮竜之介)は、当初はシャーマンである麻倉葉たちを敵対視していました。しかし、蜥蜴郎という悪霊によって引き起こされたある事件で敵対する麻倉葉に助けられてからは慕うようになります。

  • 名前:梅宮竜之介(うめみやりゅうのすけ)
  • 愛称:通り名:木刀の竜
  • 生年月日:1980年12月24日
  • 年齢:18歳(初登場時)
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • CV(声優):田中正彦
  • 特技:料理
  • 好物:アメリカンドッグ

ふんばりヶ丘の墓地に住んでいた阿弥陀丸という侍の霊に恨みを持った蜥蜴郎という悪霊が引き起こした事件以降、義理堅い性格を持っている木刀の竜は自分を助けてくれた麻倉葉を旦那と呼び、彼の許嫁であるアンナを女将と慕うようになりました。料理が得意な木刀の竜は板前としても修行しており、ふんばり温泉の板長を自称しています。シャーマンとしても修行を積んだ木刀の竜は頼もしい人物となっていきました。

TVアニメ『SHAMAN KING』公式サイト

木刀の竜のオーバーソウルや持霊・技を解説

木刀の竜の持霊は蜥蜴郎

シャーマンキングで義理堅い性格を持っている木刀の竜(梅宮竜之介)には、蜥蜴郎という持霊の存在があります。かつて35歳という若さで死亡した蜥蜴郎は、当時は盗賊の首領として活躍していたようです。「春雨」という名刀を奪おうとした蜥蜴郎は、侍として素晴らしい実力を持っている阿弥陀丸に返り討ちにされて死亡してしまいます。返り討ちに合って死亡した蜥蜴郎は復讐心によって悪霊になってしまいました。

  • 名前:蜥蜴郎(とかげろう)
  • 享年:35歳
  • 生年月日:1374年11月14日
  • 見た目:痩せた緑色の体型、大きめの鎧を着用
  • 所属:盗賊の首領(生前)
  • 現世での主人・相棒:木刀の竜(梅宮竜之介)
  • 特技:強力な複数のオーバーソウルの発動
  • 死亡原因:阿弥陀丸という侍の返り討ちに合い死亡

オーバーソウルの強さや技にも注目が集まっている蜥蜴郎は、爬虫類っぽさを持った人物となっています。復讐心に燃えて悪霊になった蜥蜴郎は、義理堅い性格を持っている木刀の竜(梅宮竜之介)に憑りついたことでふんばりヶ丘の墓地で成仏できずに彷徨っている侍の霊である阿弥陀丸への復讐しようとしますが、失敗します。復讐心を失った蜥蜴郎は、現世を彷徨い再び木刀の竜と出会ったことで彼の持霊となったのです。

木刀の竜の巫力や強さ

シャーマンキングで居場所を失った蜥蜴郎を自分の持霊として引き受けた木刀の竜(梅宮竜之介)の巫力の強さは、「85000」となっています。旦那と呼んで慕っている麻倉葉の巫力の強さは「108000」となっていました。シャーマンで五人の戦士として選ばれている中で旦那と慕っている麻倉葉は、四番目の実力者となっており、一番目は「197500」という巫力を持つチョコラブ・マクダネルとなっています。

五人の戦士の五番目の巫力は「100001」となっており道蓮(タオレン)であるため、五人の戦士らの巫力には及んでいません。しかし、本線参加時においては「8500」だったことを考えると10倍もの実力をつけたことになります。自分に憑りついて利用しようとした蜥蜴郎であっても、彼の心意気に感動して面倒を見るだけの懐の大きさを持っていた木刀の竜が相当修行を積んだことがわかるでしょう。

木刀の竜の技一覧

紅蜥蜴

心優しく常にベストプレイスを探し求めている木刀の竜(梅宮竜之介)は「紅蜥蜴(べにとかげ)」という技を披露していました。持霊である蜥蜴郎を木刀にオーバーソウルさせることで敵を斬ることができる攻撃となっています。日常的に木刀の竜が使用することができるオーバーソウルとなっていました。何をすればいいのかわからず、行く当てもなくなってしまった蜥蜴郎の力を活かした攻撃となっています。

ビッグ親指

シャーマンキングでユニークな性格を持っている木刀の竜(梅宮竜之介)は、「ビッグ親指」という技のオーバーソウルも使用することができます。木刀に持霊となっている蜥蜴郎の頭をオーバーソウルさせることで、巨大な親指を作り上げることができました。戦いの現場へ向かう際のヒッチハイクにおいてこの技を使用しています。ビッグ親指という技はヒッチハイク以外に傷口の止血にも役立っていました。

ヤマタノオロチ号

シャーマンキングで人情味豊かな性格の木刀の竜(梅宮竜之介)の持霊として活躍している蜥蜴郎は、シャーマンファイト期間中において精霊に進化することができました。精霊に進化することができた蜥蜴郎がオーバーソウルさせることで放つことができるようになったのが「ヤマタノオロチ号」という技となっています。

強さも抜群でヤマタノオロチをイメージしたオーバーソウルとなっていました。「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」という神木から作った木刀を媒体として使用しているヤマタノオロチ号では、人を運ぶこともできます。本選一回戦となるICEMEN戦において披露されており、強さも抜群だと高い評価を受けていました。

刺身包丁スサノロウ

シャーマンキングで料理を得意としている木刀の竜(梅宮竜之介)は、「刺身包丁スサノロウ」というオーバーソウルの技も披露していました。刺身包丁のような刀の形状をしている甲縛式オーバーソウルとなっています。十祭司・ナマリとの戦いである270話において披露している技となっており、戦いには敗れたものの、次のプラントに進むための素晴らしい戦いをしていました。ヤマタノオロチ号の進化版といえるでしょう。

Thumb【シャーマンキング】シルバの正体はハオの子孫?最後は死亡?能力・技や娘も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木刀の竜のかっこいい魅力

かっこいい魅力①義理堅い性格

シャーマンキングで不良高校生として墓場を拠点にしていた木刀の竜(梅宮竜之介)は、登場当初はリーゼント頭に荒々しい雰囲気を放っていました。カレーうどんが大好きな麻倉葉を敵対視していた木刀の竜は、初めは突っかかっていました。しかし、蜥蜴郎という悪霊に憑りつかれてどうすることもできなかった際に助けてもらったことで義理人情に厚い性格の彼は、仲間として活躍するようになります。

オーバーソウルの強さや技にも注目が集まっている木刀の竜は、元々義理堅い性格を持っているため自分を助けてくれた相手に対しては決して恩義を忘れずに生きる人物となっていました。人情に厚く義理堅い性格の木刀の竜は、自分の仲間だと認識した相手には心を開きどのようなピンチの状況でも自分の身体を張ってでも助けるという男らしい姿を披露しています。根っからの兄貴肌だということができるでしょう。

かっこいい魅力②リーゼント

シャーマンキングで不良高校生らしくリーゼント頭を披露している木刀の竜(梅宮竜之介)は、髪の構造が面白いと評判になっていました。オーバーソウルの技や強さも話題となっている木刀の竜は、彼のメンタルとリーゼント頭が連動しているという面白い現象を披露しています。恋をした時の木刀の竜のリーゼント頭はかわいいハートの形になっていました。しかし、がっかりしたり失恋したりするとセットが乱れてしまいます。

蜥蜴郎という持霊と共に戦っている木刀の竜のリーゼント頭は、ウルトラリーゼントと呼ばれておりさまざまな感情の変化と連動して髪型が変化することになりました。逆にリーゼントをガチガチに固めてセットすることで、強制的に気持ちを奮い立たせることもできるようです。感情の変化によってリーゼント頭が変化するため、彼の内面の感情をリーゼント頭の変化によって理解することもできました。

かっこいい魅力③口癖

シャーマンキングでアメリカンドッグが大好きな木刀の竜(梅宮竜之介)は、テンションが上がっている際にはよく言葉の前に「メラ」をつけて話しています。「メラ根性」や「メラ最高」など「メラ」を付けることで最上級の言葉にする効果があるようです。オーバーソウルの強さや技などにも注目が集まっている木刀の竜が、「メラ」という口癖を放っている際には、テンションが上がっていると判断することができます。

かっこいい魅力④美女に目がない

シャーマンキングで義理堅くリーゼント頭を披露している木刀の竜(梅宮竜之介)は一見硬派な雰囲気を放っていますが、やはり一筋縄ではいかない魅力を持っていました。居場所を失ってしまった蜥蜴郎という持霊と一緒に戦っている木刀の竜は、美女や美少女が大好きだったのです。感情とリンクしているリーゼント頭は、美人やかわいい女の子を見た瞬間にハートになっていました。

オーバーソウルの技や強さも話題となっている木刀の竜は、かわいい、美しい女性だけに目がないわけではありません。基本的に美しくかわいいものであれば、性別は関係ないようです。両親を殺され復讐のために戦っているリゼルグ・ダイゼルに対してもリーゼントがハートになっていました。彼は男の子となっていますが、女の子のようにかわいい見た目のため男の子だとわかってからもハートのリーゼントのままだったのです。

かっこいい魅力⑤ベストプレイスを探す理由

シャーマンキングでかなり貫禄のある表情を披露している木刀の竜(梅宮竜之介)は、まだ20歳にもなっていない18歳の高校生となっていました。どこに行っても居場所がない不良高校生の木刀の竜は、仲間と一緒に心からゆっくりできる、くつろぐことができるベストプレイスを常に探していたのです。オーバーソウルの強さや技にも注目が集まっている木刀の竜は、騒いでも大丈夫でコンビニが近くにある場所を常に探していました。

仲間と一緒に好き放題しても誰にも迷惑をかけないそんなベストプレイスを探していたのです。不良高校生として墓場を拠点にしていたのは、その当時は墓場が彼らのベストプレイスだったからでした。復讐心は消えたものの成仏することができず、居場所がなくなってしまった蜥蜴郎を自分の持霊として迎え入れたのも、彼の気持ちがよく理解できたからなのかもしれません。潰れたボウリング場が今の彼らのベストプレイスとなりました。

かっこいい魅力⑥名言や名セリフ

「居場所がねえなら俺が居場所になってやる」

シャーマンキングで義理堅く人情味豊かな木刀の竜(梅宮竜之介)は、霊感がない不良高校生時代から自分たちにとってくつろぐことができるベストプレイスを求めて彷徨っていました。そのため、居場所がなくなってしまった、やることもわからなくなってしまった蜥蜴郎に対して、上記の名言を放っています。彼は自分と同じように寂しい思いをしている人間や悪霊でさえも全て受けいれる懐の深さを見せていました。

Thumb【シャーマンキング】マルコ・ラッソのかっこいいシーン集!過去や技・強さも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木刀の竜の活躍

活躍①蜥蜴郎との出会い

シャーマンキングでオーバーソウルの素晴らしい強さや技を披露している木刀の竜(梅宮竜之介)は、かつて盗賊でありその後悪霊となった蜥蜴郎に憑りつかれてしまいます。自分を殺した阿弥陀丸に復讐心を抱いていた蜥蜴郎でしたが、誰も傷つけずに事件を収めることができました。悪霊に憑りつかれた木刀の竜は、それ以来霊感に目覚めシャーマンの力を得ることができるようになります。

活躍②出雲の修行

シャーマンキングで霊感を持つことができた木刀の竜(梅宮竜之介)は、これまでの自分を反省し板前やシャーマンとしての修行を積むようになります。オーバーソウルの技や強さを披露している木刀の竜は、仲間となった葉の実家である出雲を訪れ、葉の祖父である葉明(ようめい)に修行をつけてもらいます。厳しい修業の末にシャーマンとしての力を得ることができ、蜥蜴郎を持霊に迎え入れていました。

活躍③ボリスとの戦い

シャーマンキングで吸血鬼のような攻撃を放つことができるボリスは、自分の意に反した者であれば仲間でも平気で殺すことができる冷酷な心を持っていました。仲間を何よりも大切にする木刀の竜(梅宮竜之介)はその姿を許すことができず、吸血鬼のようなボリスと戦うことになります。仲間たちを信じ厚い結束を大切にする木刀の竜は、自分勝手で仲間でさえも踏みつけにするボリスを倒すことができました。

活躍④ICEMENとの戦い

シャーマンキングの第一次トーナメントの一回戦では、シャーマンとして葉たちと戦うことができるようになった木刀の竜(梅宮竜之介)は、「ふんばり温泉チーム」として北国からやって来た「ICEMEN」と戦うことになりました。

戦うことになったICEMENはシャーマンとして実力もセンスも素晴らしいチームであるものの、「超・占事略決」という麻倉家に伝わる秘伝書をマスターしたアンナに地獄の特訓をしてもらったふんばり温泉チームのメンバーは誰もが圧倒的な実力を持つことができたため、戦いに勝利し二回戦へ進むことになります。

活躍⑤ナマリとの戦い

シャーマンキングで一次トーナメントを勝ち抜くことができたふんばり温泉チームは、二次トーナメントへ進むことができました。しかし、確実にハオを倒したかったふんばり温泉チームは、二次トーナメントを辞退します。
 

優勝することができたハオが死の眠りについてシャーマンになるところを叩いて完全に倒そうとしていたのです。コブラの精霊を持霊としているナマリとの戦いにおいて相手の手の内を暴く役割を木刀の竜が担います。最終的には負けてしまったものの相手の手の内を見極めることができたため、他の仲間たちによってナマリを倒すことができたのです。

Thumb【シャーマンキング】チョコラブが最強と言われるのはなぜ?巫力や持霊・技を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木刀の竜のアニメ声優

田中正彦のプロフィール

  • 名前:田中正彦(たなかまさひこ)
  • 生年月日:1954年10月1日
  • 出身地:大阪府
  • 性別:男性
  • 体重:68kg
  • 身長:177㎝
  • 職業:声優、俳優
  • 声優デビュー:1977年

シャーマンキングでかつて敵対する相手だったとしても恩義を得た際には心を入れ替えることができる木刀の竜(梅宮竜之介)のアニメ版の声を担当したのは声優の田中正彦さんです。声優の田中正彦さんはその他に俳優としても活動しています。高校を卒業した田中正彦さんは、研修生として学び「シーザーとクレオパトラ」という劇団雲の最終公演において初舞台を踏みます。それ以降は声優や俳優として活躍するようになりました。

田中正彦の主な出演作品

声優の田中正彦さんの主な出演作品には、鉄のラインバレルの城崎天児役や半妖の夜叉姫の扇谷柊弾正役、コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜の滝誠介役、からくりサーカスの才賀正二役、未来日記の来須圭悟役、COPPELIONの梶井五次郎役、ちはやふる シリーズの間下義明役、ポケットモンスター ベストウイッシュのイモリ博士役、ハートキャッチプリキュア!の堀内正役などがありました。

Thumb【シャーマンキング】阿弥陀丸の声優・小西克幸の経歴は?鬼滅の刃の宇随天元も担当? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木刀の竜に関する感想や評価

オーバーソウルの強さや技を数々披露している木刀の竜(梅宮竜之介)がかなり好きだと感想を寄せている人もいました。頑張っている姿がよくわかる木刀の竜がかっこいいと感じる人も多いようです。内面の感情がリーゼントの形にすぐ現れる、かわいいもの美しいものが大好きな木刀の竜が仲間思いで人情味豊かなキャラクターであるため魅力的だと感じている人もいました。

筋を通している不良である木刀の竜がかっこいいと高く評価している人もいました。自分たちの居場所を探すために戦っている木刀の竜は、次第に素晴らしい仲間と出会うことで考え方を改めて修行していくようになります。悪霊である蜥蜴郎に憑りつかれたものの、それを恨むことなく逆に彼の居場所を作ってしまうという懐の深さに感動している人もいました。

不良高校生として登場していた木刀の竜は一見半グレ集団として滅茶苦茶な行動をしているように見えますが、実は自分をはじめ仲間たちがリラックスできる心地よい居場所を作りたいという思いを持った優しい男であるところが最高にかっこいいと感想を寄せている人もいました。以前迷惑をかけられた蜥蜴郎に対しても、彼の心をくんで自分の持霊として居場所を作ってあげるところも素晴らしいと感じる人もいました。

Thumb【シャーマンキング】打ち切りになった理由は?伝説の最終回や完全版・続編も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木刀の竜のオーバーソウルまとめ

シャーマンキングで義理堅く仲間を何より大切にすることができる木刀の竜(梅宮竜之介)は、墓場を拠点にしていた頃は霊感はなかったものの悪霊である蜥蜴郎に憑りつかれたことで霊感に目覚めます。敵対していた葉に助けてもらった木刀の竜は、彼らの仲間となりシャーマンや板前の修行に励むようになりました。シャーマンの実力を手に入れることができた木刀の竜はベストプレイスを探すために戦うようになります。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ