【黒子のバスケ】小金井慎二は器用貧乏?誕生日などのプロフィールや名言・声優も紹介

黒子のバスケで周囲から「Mr.器用貧乏」と呼ばれている小金井慎二は、猫のようなかわいい口を持っていました。「コガ」という愛称で呼ばれている彼は、成績もある程度優秀で不得意分野がありませんが、得意分野もなかったのです。バスケにおいてはコートのあらゆる範囲からシュートを放つことができましたが、成功率はあまり高くありません。そこで、なんでもある程度は器用に行うことができる小金井慎二の誕生日などのプロフィールやかっこいい名言、彼の声を担当した声優も紹介します。

【黒子のバスケ】小金井慎二は器用貧乏?誕生日などのプロフィールや名言・声優も紹介のイメージ

目次

  1. 小金井慎二は器用貧乏?誕生日などのプロフィールは?
  2. 小金井慎二の名言や名セリフ集
  3. 小金井慎二のアニメ声優
  4. 小金井慎二のかっこいい・かわいい魅力
  5. 小金井慎二のキャラソン
  6. 小金井慎二に関する感想や評価
  7. 小金井慎二まとめ

小金井慎二は器用貧乏?誕生日などのプロフィールは?

黒子のバスケでなんでも器用に行うことができる小金井慎二は、器用貧乏と言われており何においても極めることができないという特徴を持っていました。優秀でありながらも最終的には何もできないのと同じとみなされてしまう悲しい所があったのです。しかし、内面が熱くどんなことにも一生懸命な彼は中途半端な位置に身を置いていながらも仲間を勇気付けたり思いやったりする精神力の強さを持っていました。

黒子のバスケで頼もしい先輩として後輩からも慕われている小金井慎二は「Mr.器用貧乏」と呼ばれながらも猫のようなユニークな口をしては周囲をいつも温かく盛り上げていたのです。そこで、コートのあらゆる場所からシュートを放つことができる器用貧乏な彼の誕生日などのプロフィールや心に響く名言、彼の声を担当している声優、かわいい魅力やかっこいい姿なども紹介します。

黒子のバスケの作品情報

黒子のバスケの概要

東京都出身の漫画家である藤巻忠俊(ふじまきただとし)さんによって描かれた「黒子のバスケ(くろこのばすけ)」は、週刊少年ジャンプで2009年2号~2014年40号に渡って連載された漫画となっています。2010年3月5日~3月26日に渡ってヴォイスコミックとしてテレビ東京、VOMIC公式サイトによって放送された黒子のバスケは、全276話に渡って全30巻まで単行本で刊行されました。

高校のバスケットボールを題材にして描かれた黒子のバスケは、その後も全8話で2011年1月7日~1月28日に渡って放送されています。3100万部の国内累計発行部数を記録した黒子のバスケは、漫画家である藤巻忠俊さんにとって初連載作品となりました。小説化やVOMIC化などもされている黒子のバスケは、2006年に第44回ジャンプ十二傑新人漫画賞を読み切り版で受賞したことで週刊少年ジャンプでの連載が決定したのです。

黒子のバスケのあらすじ

キセキの世代として活躍していた5人の天才的な選手は全国の高校バスケットボールにおいて大活躍をしていました。身体能力が低く普段から存在感の薄い黒子テツヤは、自らの存在感のなさをバスケに上手に利用することでキセキの世代を圧倒していく存在へと成長していきます。姿勢誘導の能力に長けている彼は相手チームの目を欺く動きを見事にすることができたのです。彼は光と影のプレイスタイルを次第に確立していきました。

小金井慎二のプロフィール

バームクーヘンが大好きな小金井慎二は、私立誠凛高校の2年生でバスケ部に所属していました。「元気があればなんでもできる」を座右の銘にしている彼は、なんでもある程度器用にこなすことができる器用貧乏な性格を持っていたのです。ヨーヨーが得意な小金井慎二は、試合に負けた後の練習を苦手としていました。「コガ」と呼ばれている彼は、影のような存在の黒子テツヤ(主人公)と交代で入るベンチ待機の選手だったのです。

  • 名前:小金井慎二(こがねいしんじ)
  • 誕生日:9月11日
  • 年齢:16歳→17歳
  • 体重:67kg
  • 身長:170㎝
  • 所属:私立誠凛高校2年生
  • 血液型:B型
  • ポジション:フォワード(F)
  • 背番号:6番
  • 座右の銘:元気があればなんでもできる

コートにおいては全範囲からシュートを放つことができる小金井慎二でしたが、成功率はあまり高くありません。料理もある程度なんでも作ることはできますが、あまり美味しくありませんでした。9月が誕生日の彼は勉強も不得意科目は特にありませんが、得意科目もなかったのです。なんでも平均的にやることはできましたが、極めることができないので結局は何にもできないと見なされてしまう器用貧乏なところがあったのです。

小金井慎二は器用貧乏?

「Mr.器用貧乏」と呼ばれていた小金井慎二は、平均的にあらゆることを器用に行うことができる反面、特別に優れた能力を持っていなかったために最終的には何もできない損な体質だと周囲からも残念がられていました。しかし、テストの成績においては得意科目はないものの300人の生徒の中では52位に位置するなど相当優秀な生徒だったのです。誠凛バスケ部の2年生の中では、3番目に頭が良いと言われていました。

とりあえずじっとしていられない性格の小金井慎二は、あらゆるものに積極的に挑戦しますがある程度すぐにできてしまうため、それで満足してしまって極めることができなかったのです。できなくて苦労をするということがないために必死に努力をするという習慣もありませんでした。適当にやるとある程度の結果が出てしまうので、何となくそれで満足してしまいいつも適当にこなしてしまう習慣が身についてしまったようです。

勉強、スポーツにおいてもある程度優秀な能力を持っていながらもハングリー精神に欠けるために、バスケにおいても優秀な選手の控えの選手的なベンチ要員となっていました。常に二番手的な位置をうろうろしてしまうことになっていたのです。「ニャンコ小僧」と呼ばれている彼は猫のような口元を持っていました。基本的に中途半端な位置に存在している彼は周囲からも弄ばれるキャラクターとなっています。

練習してもなかなか上達しない1年生に対して、励ましてあげたり、応援したりする心優しい性格を持っていました。意気消沈している仲間を見ると放っておけない彼は、猫のような独特な口を披露しては周囲を笑わせたり、励ましたりしていたのです。カリスマ的な要素を持っている選手ではありませんが、いざという時に頼りになる先輩として後輩や仲間からは慕われていました。

アボカドや鳩が嫌いな彼には彼にそっくりな顔をしている姉がいます。あまり几帳面でない性格の彼は、ついつい部室のロッカーにパンツを大量にため込んでいたのです。バスケをはじめ勉強、料理においてもある程度のところまではすぐに到達することができる彼でしたが、そこからの成長がなかなか見込めない器用貧乏な残念なところがある高校生でした。

黒子のバスケ アニメ公式サイト

小金井慎二の名言や名セリフ集

小金井慎二の名言①「ねーちゃんの言ってた…」

元気があればなんでもできると思っている小金井慎二は、彼にそっくりな姉がいましたがその姉の言葉を素直に心にとめているかわいい姿を見ることができます。9月が誕生日の月となっている彼は、ある程度なんでも実践できてしまうという器用なところがありました。しかし、あまり極めることができないためにどれも中途半端なポジションに位置することになったのです。

「ねーちゃんの言ってた続けてみてわかることが何かはまだピンとはこないけど 続けてみて色々思うようになった あん時 水戸部ありがとーとか こん時みんながいてよかったーとか 最近バスケ楽しーかもーとか 色々あったから…だから 何がなんでも勝ちてー!」

彼の性格をよく知っている姉は、続けてみることでわかることもあるといって弟を激励していました。純粋な彼もその言葉の意味はすぐには理解できなかったものの、少しずつ実感を持てるようになっていきます。その時に放たれた名言が上記のセリフとなっていました。苦難を乗り越えながら続けることで彼は何としてもバスケの試合に勝ちたいという思いを持つことができるようになったのです。

小金井慎二の名言②「やったぜオレ! 五将を倒したりは…」

バームクーヘンが大好きな小金井慎二は、猫のようなかわいい口から下記のようなかっこいい満足そうな名言が放たれています。9月11日が誕生日の彼は、キセキの世代や五将を倒すのはさすがに難しいと思ったようですが、自分の今できることを確実に行っていく事でチームの役に立てたという実感を持つことができたようです。全国大会の決勝で自分なりによくやったと褒めることができたのはかなりの成長となっていました。

「やったぜオレ!五将を倒したりはさすがにムリだったけど…チームの役には立ったんだ!しかも全国大会の決勝で…我ながらよくやったよ!オレに身長があれば…もっとやれたかな…?オレがもっと早くバスケを始めてたらもっとやれたかな…?チームのために戦えたことは嬉しい。それはウソじゃない。だからこそもっともっともっとオレはコートに立ってたかった」

試合においての悔いはないものの、もっと身長が高かったら、もっとこうしていたらどうなっていただろうということをポジティブにイメージしています。着実に成長したことでもっともっとという欲が芽生えていったようです。なんでも器用にこなしながらもいまいち極めることができなかった彼の最大の弱点は強く求める姿勢だったのかもしれません。続けることで向上心を持てるようになった彼は今後の活躍が期待されていました。

Thumb黒子のバスケの作者は藤巻忠俊!イケメン?女性?経歴や年収・印税も調査 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小金井慎二のアニメ声優

江口拓也のプロフィール

9月11日が誕生日で猫のようなかわいい口が特徴的な小金井慎二の声を担当したのは声優の江口拓也さんです。中学生の頃にバスケのキャプテンを務めていた江口拓也さんは、声優以外にも歌手として活動をされています。彼は高校2年生の際に深夜ラジオを聞いたことで声優に興味を抱くようになりました。さらに、漫画やアニメゲームも好きだった声優の江口拓也さんは、声優の道を志すようになります。

  • 名前:江口拓也(えぐちたくや)
  • 愛称:えぐっち、えぐー、えぐたん、エロタク
  • 出生地:東京都世田谷区
  • 出身地:茨城剣
  • 血液型:B型
  • 生年月日:1987年5月22日
  • 身長:188㎝
  • 職業:声優、歌手
  • 声優デビュー:81プロデュース

高校生で生徒会長を務めた声優の江口拓也さんは、高校を卒業してからは日本工学院専門学校に通いました。2007年において第1回81オーディションで合格した彼は、日本工学院専門学校に通いながら声優への道を目指して81プロデュースの養成所に通うことになります。翌年には声優デビューをした彼は、2012年においては声優としての活動が認められて第6回声優アワードにて新人男優賞を受賞しています。

江口拓也の主な出演作品

声優の江口拓也さんの主な出演作品には、極上!!めちゃモテ委員長の杉村太一役やポケットモンスター ベストウイッシュのイシズマイ役、コロモリ役、GOSICK -ゴシック-の久城一弥役、イナズマイレブンGOの雨宮太陽役、古手川咲夫役、織田信奈の野望の相良良晴役、妖狐×僕SSの渡狸卍里役、イクシオン サーガ DTの火風紺役、機動戦士ガンダムAGEのアセム・アスノ役、ビーストサーガのオーガ役などがありました。

その他のテレビアニメとしては、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の比企谷八幡役やバトルスピリッツ ソードアイズのルベル役、ムシブギョーの恋川春菊役、魔界王子 devils and realistのウイリアム・トワイニング役、俺物語!!の剛田猛男役、LOVE STAGE!!の一条龍馬役、虹色デイズの松永智也役、TSUKIPRO THE ANIMATIONの篁志季役、BAKUMATSUの桂小五郎役、ギヴンの梶秋彦役などがあります。

Thumb【黒子のバスケ】赤司征十郎の身長はどれくらい?他のキセキの世代と比較検証 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小金井慎二のかっこいい・かわいい魅力

かわいい魅力①高校からバスケを始めた

「Mr.器用貧乏」と呼ばれている小金井慎二がバスケットボールを始めたのは高校生からとなっています。かわいい魅力を持っている彼は中学生の時代はテニス部に所属していました。なんでもある程度器用に行うことができる彼は、テニス部においてもある程度の活躍を見せていたようです。中学生時代はテニスに夢中になっていたためにバスケとは無縁の学生生活を送っていました。しかし、高校生ではバスケに興味を持ったようです。

9月11日が誕生日の彼は、高校生でバスケットボール部に所属することで本格的にバスケと関わっていくことになります。高校生でバスケ部に所属している多くのメンバーの中には中学生時代からバスケをしていた生徒は多くいました。しかし、器用貧乏な彼はセンスの良さからすぐにベンチ要員にまでなってしまいます。高校からバスケを始めたにも関わらず試合に出れるということは相当優秀であることは間違いないようです。

猫のようなかわいい口になってしまう彼は、影の存在として独特な個性を放っている黒子テツヤと交代する控えの選手でした。独特な個性を放っている優秀な選手の控えということからもかっこいい名言を放っている彼の優秀さがわかるでしょう。9月が誕生日となっている彼は、競争率が激しいバスケ部の中でも控えの選手にまで上り詰めることができる才能を持っていたのです。いざという時はかなり頼りになる選手でした。

かわいい魅力②水戸部との関係

憎めないかわいい要素が満載の小金井慎二は、時にかっこいい名言も放っています。9月11日が誕生日の彼には中学生時代から一緒だった水戸部凛之助(みとべりんのすけ)の存在がありました。ハイポストからのフックシュートを得意としている水戸部凛之助は、「素直に謙虚に穏やかに」を座右の銘にしているため、常に穏やかな雰囲気を漂わせていたのです。料理やあやとりも上手で彼と同様に器用な人物でした。

  • 名前:水戸部凛之助(みとべりんのすけ)
  • 血液型:A型
  • 体重:78kg
  • 身長:186㎝
  • 誕生日:12月3日
  • 所属: 誠凛高校2年生
  • ポジション:センター(C)
  • 背番号:8番
  • 特技:料理、あやとり
  • 家族構成:父親、母親、弟5人、妹3人

話すことが苦手な水戸部凛之助は、非常に無口だったために彼の声を聞いたことがない人はバスケ部の中にも多く存在していました。しかし、バスケをしている時の水戸部凛之助は、とてもイキイキしておりかっこよかったために、同級生だった慎二は彼の活躍に憧れを抱くようになりバスケをしてみたいと感じるようになります。寡黙な同級生である水戸部凛之助のバスケをする姿を見て楽しそうだと感じバスケ部に入ったのです。

かわいい魅力が満載の無邪気な慎二は、非常に無口な水戸部凛之助とは中学生時代からの同級生であるため彼のことは何となく理解してしまうようです。そのため、一向に話さない彼の通訳的な存在となっていました。時にかっこいい名言を放つことができる彼は、会話をしたわけでもないのになんとなく無口な水戸部凛之助と意思疎通ができてしまったのです。これは9月11日が誕生日の彼の特技でもありました。

バイオハザードや怖い話が密かに好きな水戸部凛之助は、作中でも全く話さないためレギュラーキャラでありながらも声優がいないという特殊なキャラクターとなっていたのです。それほど話さない徹底的に無口なキャラクターでした。声優が付けられていないほどの無口な水戸部凛之助の通訳をしてしまう慎二に対して周囲はどうして何も発していないのにわかるのかと驚いています。彼の器用貧乏さがここで活きていました。

かわいい魅力③野生

時に心に響く名言を発している小金井慎二は、器用貧乏な要素を持っているあまり極めることができない人物でしたが無口で何も話さない水戸部凛之助の通訳が難なくできてしまうほど人の気持ちを察することができる人物でもありました。9月11日が誕生日の彼は、器用貧乏ですが飛び抜けた才能は持っていないために必殺技などは持っていません。しかし、無冠の五将の一人である実渕玲央を焦らせる実力を放っていました。

オネエ言葉を使用している実渕玲央は、実力を持っている選手の野生を見抜くことができたようです。そのため、虎の野生を持っている火神大我、黒豹の野生を持っている青峰大輝などと野生を見抜いて高く評価していました。器用貧乏と言われている慎二もその野生のメンバーに入っていたのです。彼には山猫の野生があると彼から評価されていました。猫の口を持っている彼はかわいい山猫の野生を持っているようです。

ウインターカップの決勝において無冠の五将の一人である実渕玲央を追い詰めた彼は、野生の勘によって敵を焦らせていきました。無邪気で人の気持ちを察することができる彼は、かわいい野生を持っていたことになります。そのため、突き抜けた選手としての能力はないもののみんなを支え、人の気持ちを察することができる素晴らしい能力を披露することになりました。猫のような口も山猫の野生からきているのかもしれません。

Thumb【黒子のバスケ】青峰大輝の名言集!キセキの世代エースの名シーンを厳選紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小金井慎二のキャラソン

アッパレ誠凛DAYS

9月11日が誕生日の小金井慎には、「アッパレ誠凛DAYS」というキャラソンが用意されていました。作曲は京都府出身で作詞家・作曲家・編曲家・音楽プロデューサーを務めている山田高弘さん、作詞は石川県出身でシンガーソングライターであり作詞家のこだまさおりさんが担当しています。また、「アッパレ誠凛DAYS」の歌手を務めたのは、慎二の声を担当した声優の江口拓也さんとなりました。

「好きこのんで自主練休みが~」という歌い出しからスタートする「アッパレ誠凛DAYS」は、彼の賑やかな性格が見事に表現されています。どうせやるなら楽しんでしまおうという前向きな内容となっていました。通訳を担当している中学生時代からの無口な同級生である水戸部凛之助も歌詞に登場しているため彼らの関係がかなり深いことがわかります。仲間思いの彼の温かい気持ちが込められたキャラソンとなっていました。

平凡えれじい

「コガ」という愛称で呼ばれている小金井慎二には、「平凡えれじい」というキャラソンも用意されています。「平凡えれじい」というキャラソンでも「アッパレ誠凛DAYS」というキャラソン同様に、作詞はJ-POPやアニメソングのシンガーソングライターとして活躍しているこだまさおりさんが担当しました。作曲は、ギタリストであり作曲家、作詞家、編曲家である佐々木裕さんが担当しています。

歌手はかわいい雰囲気が満載の慎二の声を担当している声優の江口拓也が担当し、見事に歌い上げていました。「器用貧乏ですが十把一絡げ~」という歌詞が歌い始めとなっている「平凡えれじい」では、自分の座右の銘や器用貧乏という特徴も立派な個性として前向きに捉えている彼の姿が描かれています。普通を尊いと感じ、ありのままの自分を受け入れています。ここでも友人の水戸部のことを紹介していました。

Thumb【黒子のバスケ】黄瀬涼太の声優はだれ?黒子テツヤとの関係や能力・名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小金井慎二に関する感想や評価

かっこいい名言を放つことができる小金井慎二が、洛山戦において見せた意地に感動し、我慢できずに悔し涙を見せた姿がたまらなく好きだと感想を寄せている人もいました。中学のテニスで体力をつけることができた彼は高校からバスケを始めたのにも関わらずベンチ要員として試合にも出場しています。悔し涙を流すようになったということは勝ちたいという気持ちが強く表れたからだったのです。

山猫の野生を持っている小金井慎二は、なんでも一生懸命に取り組むムードメーカー的な存在でかわいいと感想を寄せている人もいます。コガくんのおかげで誠凛高校のベンチがすごく賑やかだと高く評価している人もいました。常に一生懸命な彼を応援しているのでこれからも頑張れと声援を送っている人もいます。

Mr.器用貧乏の力によっていつも誠凛高校を救ってくれている小金井慎二の笑顔が大好きだと感想を寄せている人もいました。彼のかわいい人懐っこい性格と無口な水戸部凛之助の気持ちを通訳して仲間に伝えてあげている優しさに感動している人もいました。心優しくバスケの仲間たちに心を配ることができる彼の存在が尊いとコメントしている人もいます。

Thumb【黒子のバスケ】赤司の名言集!キセキの世代キャプテンのセリフ・名シーンまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小金井慎二まとめ

9月が誕生日の小金井慎二は、高校生からバスケを始めたにも関わらず試合に出れてしまうほどの器用貧乏な能力を持っていました。天才的な要素は持っていませんが、常に仲間を気遣い導いていけるムードメーカー的な存在となっています。他校の選手にも山猫の野生を持っていると高く評価されている彼は、中学時代からの同級生である水戸部凛之助の通訳的な存在でもあり人間としての懐の深さを持っていました。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ