【銀魂】マダオ(長谷川泰三)の名言がかっこいい!無職ホームレスの心に響くセリフ集

「銀魂」は、SF時代劇コメディーとして多くの読者から親しまれていた漫画です。今回はそんな「銀魂」で活躍していたマダオこと長谷川泰三の名言集を中心に解説をしていきます。神楽からマダオというあだ名をつけられてしまった長谷川泰三ですが、一体どのようなかっこいい名言・名セリフを残しているのでしょうか?さらに今回は名言集だけではなく、妻・ハツとの関係も紹介をしていきます。

【銀魂】マダオ(長谷川泰三)の名言がかっこいい!無職ホームレスの心に響くセリフ集のイメージ

目次

  1. マダオ(長谷川泰三)とは?
  2. マダオの名セリフや名シーン・名言集
  3. マダオこと長谷川泰三の生活や妻
  4. マダオの声優
  5. マダオに関する感想や評価
  6. マダオの名言集まとめ

マダオ(長谷川泰三)とは?

マダオは「銀魂」で活躍をしていた人物の1人でした。長谷川泰三というのが本名であり、作中ではホームレスとして活躍をしていたようです。元々はエリートだったようですが、とあることをきっかけにホームレスへと転落してしまったようでした。そんなマダオこと長谷川泰三は、作中で数々の名言を残しています。今回は作中に登場していたセリフを名言集として解説していき、長谷川泰三の魅力に迫っていきます。

銀魂の作品情報

銀魂の概要

「銀魂」は週刊少年ジャンプに連載されていた大人気漫画でした。「銀魂」の作者は空知英秋です。連載は、2004年から始まり2019年にはアプリ版で最終回を迎えています。コミックスは全部で77巻発売されており、74巻の時点で累計発行部数5500万部を突破していたことが明かされていました。作者にとっては「銀魂」が初めての連載作品であり、SF時代劇とコメディーが合わさっている物語は多くの読者の心を掴んでいたようです。

銀魂のあらすじ

「銀魂」の舞台となっているのは、江戸時代末期でした。この頃地球は、天人という宇宙人から襲撃を受けてしまいます。長らく宇宙人と戦っていた地球人ですが、宇宙人の力は強大でした。そのため江戸幕府は負けを認め天人の侵略を受けて入れます。そんな天人がやってきてから、20年の時が経ちました。新八は剣術道場の跡取りとして生活していましたが、バイトで生計を立てていたようです。そんな新八の前に一人の侍が現れます。

マダオの元ネタは長谷川泰三

今回名言集を解説していくマダオは、「まるでダメなおっさん」の略称でした。作中で長谷川泰三が神楽から付けられていたあだ名です。元々は幕府の重鎮でありエリート官僚として生活していたようでした。しかしある時天人であるハタ皇子を殴ってしまいます。この事件で処分されてしまった長谷川泰三は、幕府から追い出され妻にも逃げられてしまったようでした。その後新しい職を探しますが、どれも長続きしなかったそうです。

作中ではそんな長谷川泰三がだんだん落ちぶれていく姿も描かれていたようでした。結果、長谷川泰三は無職のホームレスになってしまいます。エリートだった頃は厳しい性格をしていたようですが、無職のホームレスになった後は本来のいい人としての一面も描かれるようになったそうです。器用貧乏でもありどんな仕事もそれなりにこなしていたようですが、最終的にはトラブルなどに巻き込まれ無職に戻ってしまうようでした。

銀魂 テレビ東京アニメ公式

マダオの名セリフや名シーン・名言集

マダオの名言①「腐ってよーが…」

腐ってよーが俺は俺なりのやり方で国を護らしてもらう それが俺なりの武士道だ

ここからはマダオの名言集を解説していきます。マダオのかっこいい名言集の中には、こちらのようなセリフも挙げられていたようでした。こちらは、コミックス第1巻で登場したセリフなようです。この時マダオこと長谷川泰三はまだエリート官僚として幕府で働いていました。幕府にいた時は入国管理局で局長を務めていたようです。エリートとして振る舞っているマダオがかっこいいという感想を抱かれた読者の方もいるようでした。

マダオの名言②「不器用なりに…」

不器用なりに俺は俺らしく生きよーと決めたからね

マダオこと長谷川泰三の名言集の中には、こちらのようなセリフも挙げられていたようでした。こちらのかっこいいマダオのセリフは第3巻で登場しているそうです。マダオは作中で器用貧乏として描かれていました。最終的にいつも報われないマダオの姿は多くの読者の心を掴んでいたようです。中には、マダオなりにポジティブに生きようとしている姿がかっこいいという感想を述べられている方もいらっしゃるようでした。

マダオの名言③「いい女は幸せに…」

いい女は幸せにならなきゃいけねーもんだ

マダオの名言集を解説しています。名言集の中には、このようなセリフもあるようでした。こちらのセリフは第6巻に登場していたそうです。マダオこと長谷川泰三は作中で「まるでダメなおっさん」と言われてしまうほど、不器用な一面が描かれていたキャラクターでもあるようでした。しかしこのように不器用ながらも女性のことを考えている姿には、多くの読者が感動していたようでした。

マダオの名言④「一度枯れた花は…」

一度枯れた花は二度と咲かねーんだよ

マダオの名言集の中には、このようなセリフもあるようでした。こちらの名言は第32巻で登場していたそうです。エリート官僚からホームレスへの転落が描かれていたマダオならではの名言だったと言われているようでした。こちらのセリフは、自身の芽が出ないことに対して諦めたマダオが言ったセリフだったようです。自虐的なセリフですが、綺麗な言葉で表しているのがマダオらしいという感想も挙げられていたようでした。

Thumb銀魂の長谷川泰三(マダオ)登場回は爆笑必至!かっこいい名言や魅力も | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マダオこと長谷川泰三の生活や妻

今回は大人気少年漫画「銀魂」のキャラクターとして活躍をしていた長谷川泰三を中心に解説をしています。数々の名言を残していた長谷川泰三ですが、一体どのような人物なのでしょうか?ここからは、作中で描かれていた長谷川泰三の生活や妻との関係などについて詳しく解説をしていきます。

長谷川泰三の生活

エリートからホームレスへの転落

長谷川泰三は、初登場時江戸幕府の入国管理局局長だったことが明かされています。エリート官僚であり、厳しい性格で仕事をしていたようです。ある時、長谷川泰三は万事屋にペットの捜索依頼を出します。しかし、いなくなったのは長谷川泰三のペットではなく天人であるハタ皇子のペットでした。長谷川泰三はハタ皇子の護衛役でもあったそうです。この依頼がきっかけとなり長谷川泰三は銀時達と交流していくようになりました。

エリート官僚として幕府で働いていた時には、天人と共存していくしかないと思っていたようです。そのため、迷惑行為を繰り返すハタ皇子にも媚を売るように接していたそうでした。しかし、そうした世間の流れを無視して生きる銀時に長谷川泰三は感化されます。結果的に長谷川泰三は天人であるハタ皇子を殴り、幕府から追い出されてしまいました。その後新しい職を探しますが中々定着せず、ホームレスになってしまいます。

なかなか定職につけないマダオ

長谷川泰三は幕府を追い出された後、再就職先を探していたようでした。ある程度のことはこなせますが、仕事に慣れ始めた頃に銀時によってトラブルに巻き込まれることが多くあまり長続きしないようです。タクシードライバーやプールの監視員、コンビニの店員などコミックス30巻までに様々な仕事にチャレンジしている姿が描かれていました。また怪談が評判となり「愚痴百物語」ではそれなりに稼いでいたことが明かされています。

長谷川泰三と妻のハツとの関係

かっこいいと話題の長谷川泰三ですが、彼にはハツという妻がいたようでした。しかしハツは、長谷川泰三が幕府のエリート官僚から転落した際に逃げ出しています。まだ離婚はしていないようで、作中でも度々長谷川泰三と連絡を取り合っている姿が描かれていました。別居状態ですが、ハツには長谷川泰三以外の男がいるようです。そのことを知った長谷川泰三がヤキモチを妬く姿は多くの読者の心を掴んでいたようでした。

Thumb【銀魂】マダオの観察日記を夏休みの宿題で発表?大五郎との友情物語の結末は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マダオの声優

「銀魂」は、週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画です。そんな「銀魂」はアニメ化もされているようでした。アニメ版でも今回紹介をしてきたマダオは活躍をしていたようです。アニメ版でマダオを演じていたのは立木文彦という声優でした。一体どのような声優なのでしょうか?ここからは、アニメ版「銀魂」でマダオを演じていた立木文彦のプロフィール情報や「銀魂」以外の出演作品について詳しく解説をしていきます。

立木文彦のプロフィール

かっこいいと話題になったキャラクター・マダオを演じていたのは立木文彦です。立木文彦は大沢事務所に所属している声優で、ナレーターとしても活躍をしているようでした。1983年に放送された「聖戦士ダンバイン」という作品で声優デビューしたとされていたようですが、「聖戦士ダンバイン」の前番組にも脇役として出演していたことが明らかになっています。アニメだけではなく、海外作品の吹き替えも担当しているようです。

立木文彦の主な出演作品

マダオこと長谷川泰三を演じていた声優・立木文彦の出演作品を解説していきます。立木文彦の出演作品の中には「うる星やつら」「新世紀エヴァンゲリオン」「ゲゲゲの鬼太郎」「名探偵コナン」「犬夜叉」「ポケットモンスターアドバンスジェネレーション」「ケロロ軍曹」「BLEACH」「たまこまーけっと」「ニセコイ」「ばらかもん」「ワンピース」「文豪ストレイドッグス」「3月のライオン」「異世界食堂」などがあります。

Thumb【銀魂】長谷川泰三(マダオ)の声優は立木文彦!実写版映画にも出演してる? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マダオに関する感想や評価

ここからは、マダオに関する感想や評価について紹介をしていきます。マダオに関する感想や評価の中にはこちらのようなものもありました。こちらの方は作中で描かれていたマダオ回について、マダオがかっこいいという感想を述べられていました。第1巻から登場したマダオは、作中に度々登場しメインとなる回も描かれていたようです。マダオが中心として描かれていたエピソードに感動した読者の方は多くいらっしゃるようでした。

マダオに関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。こちらの方は、「銀魂」で一番結婚したいキャラクターはマダオだという感想を述べられています。元々は幕府のエリート官僚だったマダオですが、ホームレスになった後はどんな仕事もコツコツ真面目にこなしています。感想では、マダオを取り巻く空気も余裕が出てきて所帯を持つ甲斐性もあっていい男だと思うということも述べられていました。

マダオに関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。こちらの方はマダオについて、人間臭すぎるけどかっこよくありたい人間として本当に最高というような感想を述べられています。ホームレスになった後のマダオは、いいおじさんとしての一面も描かれていました。器用貧乏でもあり、トラブルに巻き込まれチャンスを逃すこともあったそうです。しかしそんな姿に惹かれた読者の方もいらっしゃるようでした。

マダオに関する感想や評価の中には、このようなものもありました。こちらの方は、マダオになってもタバコを吸い続ける姿がかっこいいというような感想を述べられています。作中でマダオは度々タバコを吸っていたようでした。ホームレスになった後もかっこいい姿を見せ続けるマダオに感動した読者の方は多くいらっしゃるようです。

マダオに関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。こちらの方はマダオがメインのギャグ回は基本ハズレなしという感想を述べられています。中でも観察日記のエピソードが1番好きなようでした。「銀魂」はこれまでに77巻のコミックスが発売され、様々なエピソードが登場しています。読者の中には、このようにマダオがメインとなっている回が1番面白いと感じている方もいらっしゃるようでした。

マダオに関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。こちらの方は、酷い扱いを受けているけど、凄い好きなキャラクターだという感想を抱かれたようです。また「マダオ命名回」「長谷川バスター裁判」「マダオ観察日記」などのエピソードが素敵だということも感想では述べられていました。

Thumb銀魂の最終回のあらすじ・内容をネタバレ!銀時や高杉は最後どうなった? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

マダオの名言集まとめ

今回は「銀魂」に登場したキャラクター、マダオについて紹介をしてきました。「銀魂」の舞台は江戸時代末期です。天人に侵略された地球という設定であり、マダオこと長谷川泰三は江戸幕府の重鎮として登場しました。初めはエリート官僚として天人の護衛をしていたマダオですが、銀時との交流を通じて考え方が変わり天人を殴り飛ばす事件を起こしてしまいます。このことがきっかけとなりマダオは幕府を追放されてしまいました。

作中では幕府を追放された後、長谷川泰三がホームレスになっていく姿も描かれています。妻にも逃げられてしまった長谷川泰三に対し神楽が「まるでダメなおっさん」の略称であるマダオというあだ名を付けていました。仕事を失ってしまったマダオですが、心に残る名言を残していたようです。今回はマダオの名言集も解説してきました。そんなマダオも登場する大人気少年漫画「銀魂」一度ご覧になってはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ