【銀魂】高杉晋助の声優・子安武人の魅力を紹介!過去の出演作品や演じたキャラは?

実写映画化もして話題となった大人気漫画・テレビアニメ『銀魂』に登場する高杉晋助の声優を務めた子安武人さんの魅力や出演作などについてまとめています。声優・子安武人さんとは一体どんな人物で、これまでにどんなキャラクターを演じてきたのでしょうか?また、高杉晋助のモデルとなった高杉晋作についてもまとめていきますので、高杉晋助や『銀魂』、子安武人さんの出演作が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

【銀魂】高杉晋助の声優・子安武人の魅力を紹介!過去の出演作品や演じたキャラは?のイメージ

目次

  1. 高杉晋助とは?
  2. 高杉晋助の声優・子安武人の魅力
  3. 高杉晋助の声優・子安武人の主な出演作品や演じたキャラ
  4. 高杉晋助のかっこいい魅力
  5. 高杉晋助の名言や名セリフ集
  6. 高杉晋助の声優に関する感想や評価
  7. 高杉晋助の声優まとめ

高杉晋助とは?

銀魂の作品情報

今回のまとめでは、大人気漫画・テレビアニメ『銀魂』に登場する高杉晋助の声優を務めた声優の子安武人さんについてまとめていきます。子安武人さんのこれまでの出演作や演じたキャラクター、そのほか高杉晋助の魅力についてもまとめていきますので、最後までご覧ください。では、子安武人さんの出演作や高杉晋助についてまとめていく前に、『銀魂』の作品概要やあらすじについて見ていきましょう。

銀魂の概要

『銀魂』は、2004年より『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた空知英秋さんが描くSF時代劇バトル漫画です。2018年に全704話で完結を迎えました。コミックは全77巻まで刊行されました。また、本編のほかスピンオフ作品も発売されていますのでチェックしてみてください。2006年よりテレビアニメ化もされ、2018年までに第4期が放送されました。『銀魂』は、漫画・テレビアニメ共に人気作品として知られています。

銀魂のあらすじ

主人公の坂田銀時は、無気力ながらも「万事屋」という”何でも屋”を営んでいました。いつも怠けている銀時ですが、実は攘夷戦争では吉田松陽を巡り「白夜叉」という異名で知られる精鋭の武士だったのです。江戸時代末期に宇宙人「天人(あまんと)」によってもたらされた攘夷戦争が勃発し、それから数十年が経ったある日、銀時が営む「万事屋」に志村新八がやってきます。愉快な仲間と江戸を舞台にコメディを繰り広げていきます。

高杉晋助のプロフィール

それでは、本まとめの中心人物である高杉晋助について見ていきましょう。高杉晋助は、攘夷浪士を中心に結成された鬼兵隊の総督を務める武士です。誕生日は8月10日、名門私塾である「講武館」の出身で下級武士の出です。作中では”危険な男”と言われる過激派の浪士として知られています。いつも煙管を携えており、蝶がモチーフの着物に眼帯が特徴的な色男として描かれています。三味線を嗜み、かなりの派手好きです。

高杉晋助が総督を務める鬼兵隊は所謂”テロリスト集団”であり、幕府を倒すことを目的に活動をする組織です。攘夷戦争後は一時的に組織は壊滅に追い込まれましたが、その後高杉晋助を中心に再び編成され暗躍していくことになりました。高杉晋助は、私塾「松下村塾」の門下生であり、塾の師で恩師でもあった松陽を救うために活動していきましたが、松陽を救えなかったことから世界に憎悪を抱いていきました。

世界に対しての憎しみや恨み、理不尽さを原動力に、そして、世界が滅んでいく姿を願うという狂気的で過激な人物となりました。

高杉晋助のモデル

高杉晋助にはモデルがいます。彼の名前からピンとくる方もいるでしょう。高杉晋助のモデルとなった人物は、幕末の志士として知られる長州藩士であった高杉晋作です。高杉晋助は名前をもじってあります。モデルとなった高杉晋作は、天保10年8月20日生まれ、江戸末期には尊王攘夷派として「奇兵隊」を創設し、倒幕に関わった人物として広く知られています。『銀魂』の高杉晋助も高杉晋作のプロフィールと寄せてあることが窺えます。

また、『銀魂』の高杉晋作が通っていた私塾「松下村塾」は、吉田松陰が師として開かれていた「松下村塾」です。史実となる歴史の高杉晋作と『銀魂』で描かれる高杉晋助は違った部分がかなりありますが、高杉晋作のモデルとしてプロフィールや人となりなどは共通した部分が描かれています。史実の高杉晋作が気になる方はぜひ高杉晋作に関する書籍などを参考にしてみてください。

高杉晋助の身長

『銀魂』に登場する高杉晋助の身長は170cm、体重は60kgです。作中では177㎝の銀時に身長に関して揶揄されることが度々ありました。モデルとなった高杉晋作の身長や体重など詳細は不明ですが、160㎝に満たない身長であったと言われており、小柄なことや小柄なことを気にしていたことなどが分かっています。

『銀魂』の高杉晋助の身長が低いことやそれに対して揶揄されることはモデルとなった高杉晋作をベースにしていることが窺えます。また、170㎝という身長は現代日本ではそれほどまでに小さい印象を与えない身長ですが、160㎝に満たないモデルとなった高杉晋作の身長に寄せてしまうと現実感がなくなってしまうので、10㎝ほど高い身長の設定にしたことも窺えるでしょう。

銀魂 テレビ東京アニメ公式

高杉晋助の声優・子安武人の魅力

高杉晋助の声優は子安武人

続いては、高杉晋助の声優を務めた子安武人さんの魅力などについてまとめていきます。その前に、子安武人さんとは一体どんな人物なのか、プロフィールなどについて見ていきましょう。子安武人さんは、1967年5月5日生まれの神奈川県出身、自身が代表取締役を務めるティーズファクトリーに所属しています。1988年放送のテレビアニメ『どんどんドメルとロン』で声優としてデビューをしました。

子安武人の魅力①ZAZEL

続いては、子安武人さんの魅力やその他の特徴などについても見ていきましょう。子安武人さんは、現在は声優だけの活動が主ですが、以前は声優以外の活動もしていました。2000年から約1年の間、「ZAZEL」という名前で音楽活動をしていました。それ以前にも、『ヴァイスクロイツ』という作品の原案を手掛けており、作品から派生した「ヴァイス」という声優ユニットを結成するなど声優以外の活動をしていたこともあります。

子安武人の魅力②テラ子安

子安武人さんの声はとても特徴的で”癒しボイス”としても人気があります。どんなキャラクターを演じてもその特徴的な優しさを感じる声で「子安武人さんが声優をやっている」と分かってしまうのです。演技に幅がないという意味ではなく、いい意味での「分かりやすい声」の子安武人さんは、いつしか「テラ子安」という愛称で呼ばれるようになりました。

動画サイトなどでは子安武人さんがキャラクターで話すと「テラ子安」というワードで埋まるくらいです。子安武人さんの声はとてもいい声なので、1度聞いたら忘れられないことでしょう。子安武人さんの声を聞いたことのない方はぜひ聞いてみてください。

子安武人の魅力③緑川光にデレている?

また、「テラ子安」という愛称のほか、子安武人さんは声優の緑川光さんにデレていることから「デレ子安」と言われることもしばしばあります。そう言われる所以は、子安武人さん自身が「緑川光さんのファンNo.1」であることを自称していることや、ラジオ番組で緑川光さんと共演した際、聞いたことのないくらいのテンションの高さを披露したことです。子安武人さんの緑川光さん好きは広く知られるようになりました。

Thumb【銀魂】定春はかわいいマスコットキャラ!登場回やアニメ版声優・実写での姿も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

高杉晋助の声優・子安武人の主な出演作品や演じたキャラ

ジョジョの奇妙な冒険(ディオ・ブランドー)

それでは、子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作やキャラクターについて見ていきましょう。まず1つ目の出演作は、2012年よりテレビアニメがシリーズ展開されている『ジョジョの奇妙な冒険』です。『ジョジョの奇妙な冒険』は、1987年より『週刊少年ジャンプ』にて連載されている荒木飛呂彦さんが描くアドベンチャー漫画です。2005年より『ウルトラジャンプ』にて2020年7月現在も連載中となっています。

『ジョジョの奇妙な冒険』は、1部、2部と構成がされており、部によって主人公が変わっていくという特徴的な作風が知られています。1部の主人公となる貴族のジョナサン率いるジョースター一族と下層階級出身でやがて吸血鬼となってしまうディオ・ブランドー。子安武人さんは、この吸血鬼のディオを演じました。ディオの因縁は3部の『スターダストクルセイダース』まで続いていくことになります。

ケロロ軍曹(クルル曹長)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、2004年から2011年にかけて全357話で放送されていたテレビアニメ『ケロロ軍曹』です。また、『ケロロ軍曹乙』、『ケロロ 〜keroro〜』とシリーズ展開もされました。『ケロロ軍曹』は、1999年より『月刊少年エース』にて現在も連載されている吉崎観音さんが描くSFギャグ漫画を原作としています。コミックは現在は30巻まで刊行されています。

子安武人さんが声優を務めたのは、渦巻きマークが特徴的なクルル曹長です。クルル曹長は牛乳瓶の底の様な眼鏡をかけており、カレー色の体色をしています。クルル曹長は、作戦通信参謀として活動しており、年齢は凡そ6000歳以上だということが作中内で判明しました。また、牛乳瓶の底のような眼鏡のほか、ヘッドフォンのようなものを耳にかけているのも特徴的なキャラクターとして知られています。

ボボボーボ・ボーボボ(ボボボーボ・ボーボボ)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、2003年から2006年にかけて全76話で放送されていたテレビアニメ『ボボボーボ・ボーボボ』です。『ボボボーボ・ボーボボ』は2001年から2007年に『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた澤井啓夫さんが描くファンタジーギャグ漫画です。コミックは全28巻が刊行されました。漫画は2部構成で、2部からは『真説ボボボーボ・ボーボボ』として公開されています。

子安武人さんが演じたのは、『ボボボーボ・ボーボボ』の主人公であるボボボーボ・ボーボボです。ボボボーボ・ボーボボは7代目の鼻毛真拳伝承者として登場して描かれています。イカツイ見た目に金髪のアフロヘアー、サングラスが特徴的なボボボーボ・ボーボボは、そのインパクトの強い見た目から幅広い年齢層に注目を集めました。基本的には正義感が強いボーボボですが、時々仲間を売ることもある変わったキャラクターです。

魔人探偵脳噛ネウロ(脳噛ネウロ)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、2007年に全25話で放送されていたテレビアニメ『魔人探偵脳噛ネウロ』です。『魔人探偵脳噛ネウロ』は2005年から『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた松井優征さんが描くブラックコメディ漫画です。全23巻が刊行されました。魔人の脳噛ネウロが食料となる「謎」を求めて人間界にやってきてからの探偵をテーマにしたあれこれが描かれました。

子安武人さんが演じたのは主人公の脳噛ネウロです。脳噛ネウロは、突然変異種の”魔人”であり、「謎」を喰らうことでエネルギーにしているという変わった生物として登場しています。地球で出会った桂木弥子を謎の見つける為の「探偵」に据え、謎を求めていくストーリーは独特な作風が特徴的な作品となっています。

戦国BASARA(猿飛佐助)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、2009年よりテレビアニメ放送されていた『戦国BASARA』です。『戦国BASARA』は、2005年にカプコンから発売されたPS2を対象にした同名ゲームを原作にしています。現在もシリーズ展開はされており、2020年7月には『戦国BASARA4 皇 ANNIVERSARY EDITION』が発売されました。テレビアニメは4期までが放送されました。

子安武人さんが演じたのは猿飛佐助です。猿飛佐助は、小説などメディアミックスされる作品の中で登場する架空の忍者であり、実在する人物ではありません。設定としては、真田十勇士の1人です。

ONE PIECE(青雉/クザン)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、1999年より放送されているテレビアニメ『ONE PIECE』です。『ONE PIECE』は、1997年より現在も『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎さんが描く海賊ファンタジー漫画です。コミックは96巻までが刊行されています。

子安武人さんが演じたのは、元海軍本部大将の青雉(あおキジ)で知られる人物・クザンです。クザンは冷静沈着な一方で掴めない性格をしているキャラクターとして描かれており、実力も高くルフィに圧勝したことでも知られるキャラクターです。

機動戦士ガンダムSEED(ムウ・ラ・フラガ)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、2002年に全50話で放送されていたテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』です。『機動戦士ガンダムSEED』は、1970年代より展開されるガンダムシリーズの1つとして知られる作品です。続編には『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』があります。

子安武人さんが演じたのは、地球連合軍の第7機動艦隊のパイロットであるムウ・ラ・フラガです。ムウ・ラ・フラガは上流階級の出で、何不自由なく育った人物として描かれています。パイロットの才能があり、操縦技術に長けています。

∀ガンダム(ギム・ギンガナム)

続いて子安武人さんがこれまでに出演した主な出演作は、1999年に放送されていたテレビアニメ『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』です。『∀ガンダム』は先ほど紹介した『機動戦士ガンダムSEED』よりも前に放送されたガンダムシリーズの1つであり、『機動戦士ガンダム』の20周年記念として制作されました。

子安武人さんが演じたのは、軌道艦隊総司令として月面都市で勤務するギム・ギンガナムです。ギム・ギンガナムは威圧的な話し方と挑発的な性格をする扱いにくいキャラクターとして描かれています。

Thumb【銀魂】ヒロインキャラをまとめて紹介!かわいい女性キャラランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

高杉晋助のかっこいい魅力

かっこいい魅力①初登場回

続いては、高杉晋助のかっこいい魅力について見ていきましょう。まず、高杉晋助が「かっこいい」と話題になったのは初登場回でした。高杉晋助は第17話の「親子ってのは嫌なとこばかり似るもんだ」で初登場となりました。登場時は、それまでのおふざけな雰囲気からは一変し、シリアスなシーンになりました。また、高杉晋助の目つきや態度からインパクトの強い登場となったのでした。

かっこいい魅力②強さや実力

高杉晋助は、初登場後はしばらく戦闘シーンなどが描かれず、強さや実力に関しては不透明な部分が多くありましたが、『将軍暗殺編』にてその強さや実力が明かされました。高杉晋助の実力は高く、『銀魂』の中でもかなりの強さであることが判明したのです。

かっこいい魅力③高杉晋助が結成した鬼兵隊

高杉晋助が作中で総督を務める鬼兵隊は、もともと攘夷戦争中に活躍した組織でしたが、攘夷戦争後は解体に追い込まれていきました。その後、高杉晋助を中心に過激派のテロリスト組織として、メンバーを新たに迎え入れました。メンバーは高杉晋助のほか、岡田似蔵、河上万斉、来島また子、武市変平太がいます。

かっこいい魅力④左目に包帯を巻いている理由

高杉晋助は初登場時から左目に包帯を巻いていますが、その理由とは一体なんでしょうか?これまで、高杉晋助の左目の包帯はオシャレなどと言われていましたが、実は攘夷戦争時に朧によって左目を潰されてしまったという事実が後に判明したのです。

かっこいい魅力⑤唯一ボケないキャラと言われている?

『銀魂』は登場人物が次々にボケていくギャグ漫画として知られていますが、高杉晋助は『銀魂』で唯一ボケないキャラと言われています。ボケずに正統派のかっこいいキャラを守る高杉晋助に、読者からは「早くボケろ」という声もありましたが、実はこの”ボケないキャラ”自体がギャグであり、扱いにくいキャラクターであることが高杉晋助の最大のボケだったのです。

かっこいい魅力⑥ヤクルトが大好き

続いて高杉晋助のかっこいい魅力は、見た目に反して好物がヤクルトであることです。また、ヤクルト好きであることを描いたシーンでは初のボケシーンが描かれたのです。ですが、正確に言うと実際に高杉晋助がボケたのではなく、登場人物たちの記憶の改変でボケたということになります。気になる方はチェックしてみてください。

かっこいい魅力⑦冷血硬派高杉くん

『銀魂』にはスピンオフ作品が存在し、その中でも特に人気のある作品に『3年Z組銀八先生』があります。高杉晋助は不良でヤンキーのため停学処分を受けた生徒として登場してきます。5冊目となる『帰ってきた3年Z組銀八先生リターンズ 冷血硬派高杉くん』ではこれまで登場してこなかった高杉晋助が描かれていますのでこちらもぜひご覧になってみてください。

かっこいい魅力⑧金魂の万事屋晋ちゃん

『銀魂』のコミックのカバーを外すと見られる『金魂』。こちらでは高杉晋助が「万事屋晋ちゃん」という店名で便利屋を経営している姿が描かれています。『金魂』が見たい方はぜひコミックをチェックしてみてください。

かっこいい魅力⑨2年後

『銀魂』の最終章となる虚との闘いから2年後のシーンでは、銀時との関係もだんだんと良好になっている姿が描かれています。また、仲間に頼ることなく自分自身の力で探りを入れたり、朧のお墓を建てるなど気持ちの整理がついたかのような高杉晋助が描かれていますので要チェックです。

かっこいい魅力⑩コスプレも人気?

高杉晋助はコスプレも人気があり、様々なコスプレイヤーの方が高杉晋助のコスプレをしています。高杉晋助が好きな方はぜひ高杉晋助のコスプレをしてみてはいかがでしょうか?

Thumb【銀魂】イケメンキャラクターランキング!プロフィールとともに紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

高杉晋助の名言や名セリフ集

高杉晋助の名言①「二度と俺たちを…」

二度と俺たちを同士なんて呼び方するんじゃねぇ そんな甘ちょろいもんじゃねぇんだよ俺たちは

続いては、高杉晋助の名言について見ていきましょう。まず1つ目の名言は上記のものになります。このセリフは岡田似蔵に放ったもので、このセリフの意味は、銀時と桂小太郎、高杉晋助の過去を知ると納得できるでしょう。過去が気になる方はぜひ本編をチェックしてみてください。

高杉晋助の名言②「どうせ踊るなら…」

どうせ踊るならアホとよりとんでもねェアホと踊ったほうが面白ェだろうよ

続いての名言は、上記のものになります。このセリフは安保提督から神威を救出した際に放ったセリフです。高杉晋助の異常性が垣間見える言葉となりました。

高杉晋助の名言③「まだ俺は破門されて…」

まだ俺は破門されてなかったんだな…

続いての名言は上記のものになります。このセリフは、銀時と戦った際に呟いた言葉です。銀時が高杉晋助に対して「高杉は松下村塾の一員」だという言葉を放ったことから、「まだ自分は塾生だったんだ」と嬉しさも含まれたセリフとなりました。

Thumb【銀魂】坂田銀時と金太郎の関係は?モデルが同一人物?坂田金時について考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

高杉晋助の声優に関する感想や評価

感想や評価①優しい声

続いては高杉晋助の声優を務めた子安武人さんに関する感想や評価について見ていきましょう。まず1つ目の感想・評価は上記のものになります。子安武人さんは『ムーミン』のスナフキンの声優も務めているのですが、高杉晋助のイケメンボイスもスナフキンの優しい声もどちらも好きだという感想でした。

感想や評価②イケボ子安

続いては、高杉晋助の声がイケメンボイスな子安武人さんになるのが困るという感想です。困るというのは、イケメンボイスだからドキドキするといったような良い意味であることが窺えます。

感想や評価③DIO

続いての感想は、『ジョジョの奇妙な冒険』のDIOと『銀魂』の高杉晋助の声優が子安武人さんだったことで驚いている方の感想です。2人の声の感じやイケメン度合いはとても似ているので、ぜひ『ジョジョの奇妙な冒険』のDIOと比較してみてください。

Thumb【銀魂】志村新八のかっこいい名シーン集!ツッコミメガネの名セリフまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

高杉晋助の声優まとめ

以上、『銀魂』に登場する高杉晋助と高杉晋助の声優を務めた子安武人さんに関するまとめでした。子安武人さんは紹介したテレビアニメ以外にも沢山の出演作がありますので、気になった方はぜひ検索してみてください。また、サイト内には『銀魂』に関する他のまとめもありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ