【ハイキュー】木兎光太郎のエースの心得とは?ハイテンションスパイカーの実力は?

「ハイキュー」には様々なバレーボール選手が登場していました。今回は、作中でも活躍していた木兎光太郎というキャラクターのプロフィール情報などを中心に解説していきます。木兎は東京の強豪校である梟谷学園のエースでした。そんな木兎光太郎が掲げていたエースの心得とは一体どのようなものなのでしょうか?エースの心得やプロフィール、さらに作中で残していた名言なども見ていき木兎光太郎の魅力に迫りましょう。

【ハイキュー】木兎光太郎のエースの心得とは?ハイテンションスパイカーの実力は?のイメージ

目次

  1. 木兎光太郎とは?
  2. 木兎光太郎のエースの心得とは?実力も紹介
  3. 木兎光太郎のかっこいい名言や名セリフ集
  4. 木兎光太郎は日向と月島の師匠?
  5. 木兎光太郎のエースの心得に関する感想や評価
  6. 木兎光太郎のエースの心得まとめ

木兎光太郎とは?

「ハイキュー」に登場した梟谷のエース・木兎光太郎は、多くの読者から注目されているようでした。今回はそんな木兎光太郎のプロフィールやエースの心得などを徹底解説していきます。木兎光太郎は作中で一体どのような活躍をしていたのでしょうか?今回は、作中で木兎光太郎が残していた名言や烏野の選手として活躍していた日向・月島との関係を解説していきながら、木兎光太郎の魅力に迫っていきます。

ハイキューの作品情報

ハイキューの概要

「ハイキュー」は週刊少年ジャンプに連載されているバレーボール漫画でした。作者は古舘春一です。2012年から連載の始まった「ハイキュー」は2020年7月に連載を終了しています。2014年にアニメ化もされ、2020年には第4シーズンも放送されていたそうです。そんな「ハイキュー」のキャッチコピーは「劇的青春」というものだったそうです。宮城県が舞台になっている作品としても話題になっていました。

ハイキューのあらすじ

日向翔陽はある時、烏野が春高バレーで活躍している姿を見ます。中でも日向は小さな巨人に憧れていました。その後日向は中学でバレーボール部に入ろうとしますが、部員はおらず試合に出場することもできませんでした。日向は後輩や友人を集め、中学最後の試合になんとか出場します。相手は北川第一という強豪でした。北川第一にはコート上の王様と呼ばれている天才セッター・影山飛雄がおり、日向は影山と試合で対決します。

木兎光太郎のプロフィール

木兎光太郎のプロフィール情報を解説していきます。木兎光太郎は、東京にある梟谷学園という学校に通っているキャラクターでした。バレーボール部に所属しており、チームではウイングスパイカーとして活躍していたようです。木兎光太郎はかなり強い選手であり全国で5本の指に入るエースだとされていました。スパイクだけではなくサーブやレシーブにも長けており、全国で3本の指に入るエースにも劣らないと言われているようです。

木兎光太郎は梟谷のハイテンションスパイカー?

木兎光太郎には気分屋という一面があるようでした。普段からテンションが高く後輩にもツッコミを入れられていました。しかし、テンションが下がると木兎は本来の実力すら発揮できなくなってしまうようです。木兎のテンションはちょっとしたきっかけで下がってしまうようで、チームメイトが苦労している姿も描かれていました。一方絶好調の時は会場にいる全ての人間をアゲてしまうほどの力を発揮するようです。

ハイキュー!!.com

木兎光太郎のエースの心得とは?実力も紹介

木兎光太郎は作中でエースの心得というものを掲げていました。常にハイテンションな木兎光太郎ですが、強豪である梟谷のエースであり全国的にも有名な選手だったようです。一体エースの心得とはどのようなものなのでしょうか?ここからは木兎光太郎のエースの心得や実力などを詳しく解説していきます。

木兎光太郎のエースの心得

梟谷は、春高でも活躍していた高校でした。烏野は準々決勝で敗退してしまいますが梟谷は決勝まで進んでいたようです。木兎光太郎は決勝の試合でボールを打ち切ることが出来ず、落ち込んでしまいました。その後木兎光太郎はプロへの道を歩み、稲荷崎の宮侑や日向と同じチームで活躍をするようになります。木兎光太郎の前には3人のブロックがいましたが、それでもトリッキーな攻撃スタイルで得点を決めました。

そんな木兎光太郎は、3つのエースの心得を掲げます。「背中で味方を鼓舞するべし」「どんな壁でも打ち砕くべし」「全てのボールを打ち切るべし」というのが、エースの心得。どれだけ厳しい試合でもエースなら攻めるという気持ちで挑んでいるようです。かつて一緒に戦った梟谷のメンバー達に心の中で「普通になった俺を見てくれ」と語りかける木兎光太郎の姿には多くの読者の方が感動していたようでした。

木兎光太郎は5本指のエース!実力を紹介

「ハイキュー」には実力のある選手がかなり登場しましたが木兎光太郎は5本の指に入るエースだと言われているようです。技術だけではなくスタミナもあるようで、合宿の際にも残って練習をしている姿が描かれていました。そんな木兎光太郎は勢いのあるスパイクが特徴的な選手だと言われているようです。ストレートだけではなくインナーも打てるようで罠にも負けずインナーで得点を稼いでいるシーンも作中には登場しています。

木兎光太郎が3本の指のエースになれない理由

全国5本の指のエースの中でも飛び抜けている3人は、全国3本の指のエースと呼ばれています。木兎光太郎は、5本の指には入っていましたが3本の指には入っていません。その理由として、木兎光太郎の性格が挙げられていました。木兎光太郎は常にハイテンションでチームを導きますが、一度落ち込むと調子まで崩してしまうタイプの選手なようでした。練習中に落ち込んだ時には机の下に潜り込む姿が描かれていたようです。

また落ち込んでしまうとエースであるにもかかわらず、自分にトスを上げないで欲しいと言ってしまうそうです。梟谷の選手はそんな木兎光太郎の扱いに慣れているようでした。木兎光太郎のテンションを戻すためにメンバーが四苦八苦している姿を見た月島は、こうした気分屋の一面が5本の指に入れなかった理由だと納得したそうです。

木兎光太郎が桐生八に勝利?

梟谷は、春高準々決勝で狢坂高校と対戦している姿が描かれていました。狢坂高校には桐生八という名前の選手がいたようです。桐生八は三大エースの1人で、かなりの実力の持ち主でもありました。桐生は悪球打ちという異名をつけられており、梟谷はそんな桐生のスパイクに苦しみます。さらにセッターである赤葦の調子も良くないようでした。しかし赤葦が調子を取り戻した第2セットから、反撃を始めます。

木兎光太郎もサービスエースを決めている姿が描かれていました。第3セットでは狢坂も調子を上げてきますが、赤葦のトスを木兎光太郎が決め梟谷が勝利しました。木兎光太郎のエースらしい姿に感動した読者の方は多くいらっしゃるようです。

Thumb【ハイキュー】桐生八は狢坂高校のエース!木兎光太郎との関係や名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎のかっこいい名言や名セリフ集

木兎光太郎の名言①「ヘイヘイヘーイ!…」

ヘイヘイヘーイ

ここからは「ハイキュー」に登場した木兎光太郎の名言を解説していきます。木兎光太郎の名言の中にはこちらのようなものもありました。こちらの名言は、木兎光太郎の代名詞とも言われているようでした。作中木兎光太郎はこのセリフを何度も言い、チームのテンションを上げていたようです。読者の中には、テンションの高い木兎がかっこいいという感想を述べられている方もいらっしゃるようでした。

木兎光太郎の名言②「世界が!!!俺に…」

世界が!!!俺に加勢している!!!

プロフィールも紹介してきた木兎の名言の中にはこちらのようなものもありました。こちらの方は、こちらの名言は春高決勝で戦った狢坂との試合で登場したセリフだったようです。この名言を言った後、木兎はサービスエースを決めていました。狢坂が相手でも強さを見せる木兎光太郎に、多くの読者の方が感動していたようでした。

木兎光太郎の名言③「“楽”じゃなく“楽しい”を…」

“楽”ではなく“楽しい”を考える

木兎光太郎の名言の中にはこちらのようなものもありました。プロフィールでも解説した通り、木兎光太郎はテンションの高いキャラクターです。楽しそうにバレーボールをプレイしている表情が特徴的だとも言われているようですが、決して楽をしているわけではないようでした。木兎光太郎は楽な道ではなく楽しいことを考えているようです。楽しくバレーをプレイするために練習を積み重ねてきたことが表れた名言だと言われていました。

Thumb【ハイキュー】木兎光太郎の名言集!「ただのエースになるよ」などかっこいいセリフを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎は日向と月島の師匠?

木兎光太郎と日向の関係

日向翔陽の通っている烏野は宮城県にある高校です。梟谷とは、合同合宿などで交流している姿が描かれていました。読者の間では木兎と日向の関係も注目されているようです。日向は身長の低い選手ですが、ある時ワンタッチを狙って得点を入れようとしました。そんな日向を見ていた木兎は日向のプレイに感動しフェイントという必殺技を授けようとしたそうです。日向のことを第一の弟子と呼ぶ姿も描かれていたようでした。

木兎光太郎と月島の関係

木兎は、月島と関係も注目されていたようです。プロフィールで解説したように木兎はハイテンションなキャラクターですが、月島はローテンションが特徴的なキャラクターだと言われているようでした。バレーに一生懸命に慣れない月島に木兎はバレーにハマった瞬間の出来事を話します。その後も木兎は月島のことを気にかけていたようで日向と同じく弟子と呼んでいたようです。

Thumbハイキュー木兎光太郎のかっこいい画像まとめ!梟谷学園エースの魅力とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎のエースの心得に関する感想や評価

ここからは木兎のエースの心得に関する感想を紹介していきます。木兎のエースの心得に関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。こちらの方は、アニメ版で描かれていたエースの心得のシーンについて、打つ時のシルエットがかっこいいというような感想を述べられています。エースの心得とは木兎が掲げているエースとして守べき3ヶ条のことでしたが、試合シーンと共に描かれ多くの読者の心を掴んでいたようです。

プロフィールも解説してきた木兎光太郎が作中で掲げていたエースの心得に関する感想や評価の中には、このようなものもありました。こちらの方は、エースの心得を掲げる木兎みたいな人についていきたいというようなことを述べられています。エースの心得とはチームを引っ張るエースとしての木兎の気持ちが表れたものでしたが、そんな木兎のことをかっこいいと思う読者の方は他にも多くいらっしゃるようでした。

木兎光太郎が掲げていたエースの心得に関する感想や評価の中にはこちらのようなものもありました。こちらの方はエースの心得の中でも「背中で味方を鼓舞するべし」という言葉に注目されているようです。エースの心得とは木兎が強豪である梟谷のエースとしてチームを率いるために大切にしている言葉ですが、こちらの方はエースの心得にある通り木兎の背中がカッコよく描かれているという感想を述べられていました。

木兎光太郎のエースの心得に関する感想や評価にはこちらのようなものもありました。プロフィールで解説したように木兎光太郎は常にテンションが高く、トリッキーな攻撃技も披露しています。しかしエースとしてチームを引っ張る責任感も持っていたようでした。こちらの方は、木兎の掲げるエースの心得について3つ全てこなすのは凄いことだけど全部こなすことが当たり前だと木兎は思っているというような感想を述べられています。

木兎光太郎のエースの心得に関する感想や評価の中にはこちらのようなものもありました。エースの心得では、エースとはどのような人物であるべきなのかということが述べられていると言われています。そんなエースの心得は結晶展にも展示されていたようでした。こちらの方は、エースの心得は木兎の名言ではないけど木兎を象徴する言葉ではあるというような感想を述べられています。

プロフィールも解説した木兎光太郎のエースの心得に関する感想や評価の中にはこちらのようなものもありました。こちらの方は、エースの心得の通りであろうとした高校時代の木兎や普通のエースになった木兎について常に背中で鼓舞し続ける木兎はスターだというような感想を述べられています。木兎は作中で普通のエースになろうとする姿も描かれていました。そんな木兎がかっこいいと思われている方もいらっしゃるようです。

Thumb【ハイキュー】木兎光太郎の声優は?梟谷エースとしての実力や名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

木兎光太郎のエースの心得まとめ

今回は「ハイキュー」に登場したキャラクター・木兎光太郎について紹介をしてきました。木兎光太郎が作中で話していたエースの心得とは、背中で味方を鼓舞する・どんな壁も打ち砕く・全てのボールを打ち切るの3つだったそうです。ちょっとしたことで試合に影響してしまうほどテンションが下がってしまう木兎光太郎ですが、エースとして誇りを持って試合に挑んでいるようでした。

作中ではそんな木兎光太郎と日向・月島の関係も描かれています。違う学校に通っていますが、合同合宿などを通し交流を深め2人のことを弟子と呼んでいたようでした。木兎光太郎は高校卒業後、プロになり日向と同じチームでプレイをするようになります。今回は木兎光太郎の名言やプロフィール情報なども解説してきました。そんな木兎光太郎も登場する「ハイキュー」一度ご覧になってはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ