【ハイキュー】黒尾鉄朗の声優は?レシーバーとしての実力や孤爪研磨との関係は?

大人気漫画・テレビアニメ『ハイキュー‼』に登場する黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんを中心にまとめていきます。中村悠一さんは一体どんな声優さんでこれまでにどんな作品に出演してきたのでしょうか?また、中村悠一さんのほか、『ハイキュー‼』の黒尾鉄朗のレシーバーとしての実力や孤爪研磨との関係性、黒尾鉄朗の魅力や名言などについてもまとめていきますので、気になった方はぜひ最後までご覧ください。

【ハイキュー】黒尾鉄朗の声優は?レシーバーとしての実力や孤爪研磨との関係は?のイメージ

目次

  1. 黒尾鉄朗とは?
  2. 黒尾鉄朗のアニメ声優
  3. 黒尾鉄朗のレシーバー・主将としての実力
  4. 黒尾鉄朗と孤爪研磨・夜久衛輔との関係
  5. 黒尾鉄朗のかっこいい名言集
  6. 黒尾鉄朗の声優に関する感想や評価
  7. 黒尾鉄朗の声優まとめ

黒尾鉄朗とは?

ハイキューの作品情報

今回のまとめでは、テレビアニメ『ハイキュー‼』に登場する黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さん、黒尾鉄朗の名言や孤爪研磨との関係についてまとめていきます。また、黒尾鉄朗のプロフィールなどについても紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。それでは、黒尾鉄朗や声優の中村悠一さんについて見ていく前に、『ハイキュー‼』の概要やあらすじについて見ていきましょう。

ハイキューの概要

テレビアニメ『ハイキュー‼』は、2012年から『週刊少年ジャンプ』にて連載されていた古舘春一さんの漫画を原作としています。『ハイキュー‼』は、2020年7月20日発売号で全402話を持って完結をしました。コミックは43巻まで刊行されています。テレビアニメは2014年より展開されており、2020年秋には4期の2クール目が放送予定となっています。テレビアニメのほかOVAも発売されており、また、舞台化などもされています。

ハイキューのあらすじ

主人公の日向翔陽は、憧れの”小さな巨人”が通っていた鳥野高校に入学することができました。そして、”小さな巨人”が在籍していたバレーボール部員となりました。”小さな巨人”とは、日向が幼少の頃に偶々見ていた春高で活躍していたバレー選手で、日向がバレーを始めようと思った原点でもあったのです。『ハイキュー‼』は、中学で思うようにバレー活動ができなかった日向が、鳥野高校で春高出場を目指し奮闘していきます。

音駒高校とは?

それでは、中村悠一さんが演じた黒尾鉄朗が通う音駒高校について見ていきましょう。音駒高校は、東京都にある都立高校です。日向翔陽が通う鳥野高校などのライバル校として描かれています。因みに、音駒高校は共学で、他校からは「ネコ」と呼ばれています。音駒バレー部の猫又監督と鳥野バレー部の烏養監督は、学生の頃からのライバルであったことから、練習試合などを通して交流がありました。

全国に行くことをお互いの目標としていましたが、全国に行くことなくお互いの監督は引退、音駒との交流はなくなってしまったのです。ですが、それから数年、再び鳥野と音駒の交流が叶いました。音駒バレー部は、飛びぬけた才能を持っている選手はいませんが、チームプレイや守備が素晴らしく、鳥野は練習試合で勝ったことはありませんでした。音駒バレー部は、赤いユニホームに黒いラインが入っているのが特徴的です。

黒尾鉄朗のプロフィール

では、音駒高校バレー部の黒尾鉄朗のプロフィールを見ていきましょう。黒尾鉄朗は、高校3年生で音駒バレー部の主将を務めており、ポジションはミドルブロッカー(MB)です。誕生日は11月17日、身長は187.7cm、体重は75.3kg。ジャンプの最高到達点は330cmです。周りからは「クロ」と呼ばれています。普段は表情に乏しくあまり笑うことはありませんが、不敵な笑みを浮かべることは多々ありました。

バレー部では、実力者としてチームメイトからも信頼されている主将です。また、高い守備力のほかレシーブもすごく、スパイクやジャンプサーブなどもお手の物です。バレー選手としては高い能力を持っているキャラクターとして描かれました。また、面倒見もよく他校のライバル選手にもブロックを指導することもあり、基本的には温和な人物であることが窺えます。因みに、黒尾鉄朗は父子家庭で育ったことが後に明かされています。

黒尾鉄朗の外見

続いては、黒尾鉄朗の外見についてです。黒尾鉄朗は右目が少し隠れるアシンメトリーのような前髪にツンツンとしたトップをしている特徴的な髪型をしています。バレー部員からは「トサカヘッド」と呼ばれることがあります。ですが、この髪型は黒尾鉄朗の拘りの髪型ではなく、変わった寝相から偶発的にできる”寝ぐせ”だといいます。毎度同じ髪型なので、毎日同じ寝方であることが窺えるでしょう。

黒尾鉄朗の性格

黒尾鉄朗の性格は、非常に責任感の強い真面目な性格をしています。バレー選手としての実力も高いこと以外にも、後輩への的確なアドバイスや世話好きな性格から同期のほか後輩からの信頼も厚い人物です。表情に乏しい印象を受けることから一見近寄りがたい人物の様ですが、実際は気さくで話しやすいのが黒尾鉄朗の特徴と言えるでしょう。練習や試合外だと緊張が緩むのか、爆笑することもあります。

黒尾鉄朗のパニーニ事件

黒尾鉄朗には「パニーニ事件」と呼ばれる事件が存在するのですが、皆さんは「パニーニ事件」をご存知でしょうか?「パニーニ事件」とは、2014年8月8日に『ハイキュー‼』のTwitter公式アカウント(@haikyu_com)にて投稿された原作者である古舘先生書き下ろしイラスト内で起こった事件のことを指します。

このイラストは、梟谷学園高校の主将・木兎(ぼくと)と普段絡みのない伊達工業高校の青根の2人が描かれています。黒尾鉄朗は描かれていません。イラスト内では何やら会話をしているのですが、青根は人見知りを発揮し木兎が話しを振っても返していません。その態度からなぜか「青根はロシア人なの?」と心の声を吐きます。そして、木兎はイラスト内に居ない副主将の赤葦に「ロシア語喋れる?」と聞きます。

すると急に「パニーニ」と黒尾鉄朗が話に割り込んできたのです。その返しに赤葦「パニーニはイタリア料理だ」とツッコミ、木兎は「黒尾ふざけんな」と放ったのです。パニーニ事件の全容はこんな感じです。事件というほどの事件ではないのですが、『ハイキュー!!』ファンにとっては黒尾鉄朗の突然の登場に歓声が起こったのです。当時、「パニーニ」というワードがTwitterのトレンドに入り話題となりました。

黒尾鉄朗のグッズ

そんな一言でも話題となる人気の黒尾鉄朗は、グッズも多数発売されています。まず、黒尾鉄朗の「烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」時のねんどろいどフィギュア、バッジやクリアファイル、ラバーストラップなど定番グッズのほかフィギュアやコスプレジャージなども発売されていますので、気になる方や欲しい方はぜひ検索してみてください。

アニメ『ハイキュー!!』公式サイト

黒尾鉄朗のアニメ声優

中村悠一のプロフィール

それでは、黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんのプロフィールなどについて見ていきましょう。中村悠一さんは、1980年2月20日生まれの香川県出身、ナレーターとしても活動している声優です。事務所はシグマ・セブンに所属しています。高校卒業後に上京し代々木アニメーション学院に所属、2001年放送のアニメ『電脳冒険記ウェブダイバー』で声優デビューを果たしました。

声優デビュー後も様々な作品に出演し、実力ともに人気もある有名声優となりました。1999年より超!A&G+にて放送されているラジオ番組『ノン子とのび太のアニメスクランブル』内のアニメグランプリでは、第18回目の最優秀男性声優賞を受賞しました。その他、「第3回Yahoo!検索大賞」では、パーソンカテゴリ声優部門賞を受賞しました。

中村悠一の主な出演作品

続いては、テレビアニメ『ハイキュー‼』の黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんがこれまでに出演してきた主な作品について見ていきましょう。中村悠一さんはこれまでにどんな作品で声優を務めたきたのでしょうか?主な作品では内容も紹介していきます。

機動戦士ガンダム00(グラハム・エーカー)

中村悠一さんがこれまでに声優を務めた作品は、2007年から2009年に渡ってセカンドシーズンで展開されてきたテレビアニメ『機動戦士ガンダム00』です。『機動戦士ガンダム00』は1970年代から展開されている「ガンダムシリーズ」の1つとして知られています。全50話で放送され、主人公の刹那・F・セイエイを宮野真守さんが務めたことで話題となりました。2010年には劇場版も公開されています。

中村悠一さんが声優を務めたのは、グラハム・エーカー / ミスター・ブシドーです。グラハム・エーカーは2280年9月10日生まれの27歳、「太陽エネルギーと自由国家の連合 (Union of Solar Energy and Free Nations)」通称ユニオンが直轄となる米軍第一航空戦術飛行隊「MSWAD(エムスワッド)」に所属するパイロットです。中尉として対ガンダム調査隊として活躍しています。

CLANNAD-クラナド-(岡崎朋也)

中村悠一さんがこれまでに声優を務めた作品は、2007年に全22話で放送されたテレビアニメ『CLANNAD-クラナド-』です。『CLANNAD-クラナド-』は2004年からKeyによって展開される恋愛アドベンチャーゲームとして発売されていたゲームを原作とした作品です。2008年には全22話で第2期となる『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』も放送され話題となりました。2期は1期の続きとして壮大な物語が描かれています。

中村悠一さんが声優を務めたのは『CLANNAD-クラナド-』の主人公である岡崎朋也です。岡崎朋也は、運動神経抜群でバスケットボールの特待生として高校に入学しましたが、怪我によってバスケットを諦めました。やる気をなくし不良生徒として高校3年生を迎えた春の日、後に恋仲となるヒロインの古河渚と出会い人生が少しずつ変わっていくストーリーが描かれました。

氷菓(折木奉太郎)

中村悠一さんがこれまでに声優を務めた作品は、2012年に全22話で放送されたテレビアニメ『氷菓』です。『氷菓』は、2001年より現在も刊行されている米澤穂信さんの青春ミステリー小説で、『〈古典部〉シリーズ〉』として知られています。シリーズ小説は現在6巻まで刊行されています。テレビアニメは時系列順に並び変え、原作とは所々設定を変えた部分もあります。

中村悠一さんが声優を務めたのは、『氷菓』の主人公である折木奉太郎です。折木奉太郎は神山高校に通う1年生で本シリーズの主人公です。省エネをモットーにしており、やらなければならないことしかやらない主義です。古典部は廃部寸前でしたが、姉の勧めで入部しました。そこで出会ったヒロインの千反田えるは、奉太郎は真逆の好奇心旺盛なタイプの人間であり、そんなえると出会ったことで日常が一変していきます。

その他の出演作

  • おおきく振りかぶって(阿部隆也)
  • しゅごキャラ!(月詠イクト)
  • FAIRY TAIL(グレイ・フルバスター)
  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(高坂京介)
  • デュラララ!!シリーズ(門田京平)

  • 妖狐×僕SS(御狐神双熾)
  • 夏雪ランデブー(葉月亮介)
  • マギ The kingdom of magic(練紅炎)
  • 東京喰種トーキョーグール(四方蓮示)
  • 曇天に笑う(曇天火)

  • 月刊少女野崎くん(野崎梅太郎)
  • 魔法科高校の劣等生(司波達也)
  • おそ松さん(松野カラ松)
  • 終わりのセラフ(一瀬グレン)
  • 弱虫ペダルシリーズ(古賀公貴)

Thumb【ハイキュー】鷲尾辰生の実力と活躍シーンを紹介!身長などプロフィールは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒尾鉄朗のレシーバー・主将としての実力

黒尾鉄朗のレシーバーとしての能力

黒尾鉄朗のポジションはMB(ミドルブロッカー)です。MBは主に飛んできたボールをブロックするブロッカーとしての役割を持ちます。ですが、黒尾鉄朗はブロック以外にもジャンプサーブやスパイクもレベルが高く、そのほかレシーバーとしての能力も高いのが黒尾鉄朗なのです。黒尾鉄朗はレシーバーとしての実力は相当なもので、都内で最高峰のリベロとしての夜久を追いつく勢いのある強さを誇っています。

黒尾鉄朗のバレー部主将としての能力

黒尾鉄朗は音駒バレー部の主将として、部員から頼りにされる存在です。主将でMB、そして、自分のポジション以外のポジションも守備できる能力を持ち、かなりの実力者として部内でも突出した存在として認知されています。また、性格が非常に真面目で自分自身の技術向上のための練習をする姿が描かれています。そのほか、自分の後輩以外にも、他校の部員にも積極的に指導するなど、「the・スポーツマン」の人物です。

Thumb【ハイキュー】田中龍之介と清水潔子が結婚?いつから付き合っていたのか考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒尾鉄朗と孤爪研磨・夜久衛輔との関係

黒尾鉄朗と孤爪研磨の関係

続いては、黒尾鉄朗と孤爪研磨(こづめけんま)の関係について見ていきましょう。その前に、孤爪研磨とはどんな人物なのでしょうか?孤爪研磨は、音駒バレー部の2年生のセッターで黒尾鉄朗の後輩にあたる人物になります。身長は169.2cmと低めで、金髪と黒い地毛のプリンヘアーが特徴的です。内向的ですが、観察眼に優れており、賢いプレーをするのが特徴的な部員です。孤爪研磨と黒尾鉄朗の関係ですが、2人は幼馴染です。

幼馴染ということもあり、先輩である黒尾鉄朗のことを「クロ」と呼んでいます。小学生の頃から内向的で人と交流するのが苦手だった孤爪研磨。そんな孤爪研磨をバレーボールに引き込んだのが黒尾鉄朗だったのです。孤爪研磨自身は特別バレーボールを好きではありませんが、黒尾鉄朗に誘われたことや「辞めるなよ」と言われたことから「もし辞めたらともだち(黒尾鉄朗)が悲しむ」という理由で高校でもバレー部に入部しました。

孤爪研磨は特別バレーボールに興味があるわけではないと言っていますが、黒尾鉄朗は孤爪研磨の優れた観察眼や洞察力、頭を使った指示を出せることから音駒バレー部には欠かせない部員だと言っています。

黒尾鉄朗と夜久衛輔の関係

続いては、黒尾鉄朗と夜久衛輔(やくもりすけ)の関係について見ていきましょう。その前に、夜久衛輔とはどんな人物なのでしょうか?夜久衛輔は黒尾鉄朗と同級生の3年生です。ポジションはレシーブで守備を専門とするリベロです。身長は165.2cmと低めです。ベージュの短髪が特徴的な夜久衛輔は、防御力を武器にしている音駒バレー部にとっては欠かせない存在です。実力も高く”都内屈指のリベロ”と言われています。

そんな黒尾鉄朗と夜久衛輔の関係ですが、2人は中学時代からの知り合いでありライバル的存在です。中学時代は年に1度くらいのペースで試合があたり、お互いのチームが張り合っていたのです。中学1年生の時、黒尾鉄朗が所属するバレー部は夜久衛輔のチームに負けてしまったことで、黒尾鉄朗の闘争心に火をつけました。高校で再開してからも2人のバチバチ具合は変わらず、何かと対立した意見を言っていました。

そんな2人ですが、「全国制覇」という目標だけは一致しています。向かうところ、目指すところが同じ2人は試合ではお互いを信頼しあい息ピッタリのプレーを見せていますので、音駒バレー部の試合シーンでは2人のチームプレーにぜひ注目してみてください。

Thumb【ハイキュー】井闥山学院高校の強さ・メンバーは?佐久早と古森は最強クラス? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒尾鉄朗のかっこいい名言集

黒尾鉄朗の名言①「俺達は血液だ…」

俺達は血液だ 滞り無く流れろ 酸素を回せ "脳"が 正常に働くために

続いては、黒尾鉄朗の名言について見ていきましょう。まず1つ目の名言は上記のものになります。こちらの名言は、試合前の円陣コールであり、音駒バレー部全体の士気を挙げる為に黒尾鉄朗が放った名言です。守備でチームプレーを高めていく音駒に相応しい掛け声であり、”脳”というのは、音駒にとって欠かせない頭脳プレーと的確な指示をする核の孤爪研磨を中心とする意味も含まれてた名言です。

黒尾鉄朗の名言②「ボクが親切なのは…」

ボクが親切なのはいつものことです

続いての黒尾鉄朗の名言は上記のものになります。この名言は、主人公の日向翔陽たちが所属するライバル校の鳥野高校バレー部にアドバイスをした際に、月島たちに言われた「ライバル校のうちになぜ?」といったような言葉に対するセリフです。ライバル校だからアドバイスをしないという選択肢は黒尾鉄朗にはなく、どんな相手でも面倒見よくプレーに対してのアドバイスをしてしまう黒尾鉄朗の親切心が滲み出た名言となりました。

Thumb【ハイキュー】五色工の声優は土屋神葉!土屋太鳳・炎伽の弟?出演作品も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒尾鉄朗の声優に関する感想や評価

感想や評価①好き

続いては、黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんに関する感想や評価について見ていきましょう。まず1つ目の感想・評価は、黒尾鉄朗を演じる中村悠一さんの声が好きだというものでした。中村悠一さんは実力派人気声優なのでファンも多いですが、黒尾鉄朗を演じた中村悠一さんは特に人気があることが窺えます。

感想や評価②声が聞こえる

続いて黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんに関する感想や評価は上記のものになります。アニメ『ハイキュー‼』を見た方は、漫画を読んでいても中村悠一さんの声が聞こえてくるというものでした。みなさんは漫画を読んでいて声優さんの声が聞こえてくることはありますか?

感想や評価③天才

続いて黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんに関する感想や評価は上記のものになります。黒尾鉄朗の声優を中村悠一さんにキャスティングした人が天才だという感想でした。中村悠一さんは他の作品でどんなキャラクターを演じても好評な声優さんです。『ハイキュー‼』でもその凄さが発揮されています。まだテレビアニメを見ていない方は、ぜひご覧ください。

Thumb【ハイキュー】照島遊児はピアスをした条善寺のキャプテン!名言や声優を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒尾鉄朗の声優まとめ

以上、テレビアニメ『ハイキュー‼』に登場する黒尾鉄朗の声優を務めた中村悠一さんに関するまとめでした。中村悠一さんのほか、黒尾鉄朗の魅力や名言、黒尾鉄朗と孤爪研磨や夜久衛輔との関係についてもみてきました。サイト内には、『ハイキュー‼』に登場する他のキャラクターや声優まとめ、名言まとめもありますので、気になった方はぜひほかのまとめも参照ください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ