【ハイキュー】二口堅治の声優や名言を紹介!人気の理由と問題児な性格も解説

大人気バレーボールアニメ「ハイキュー」に登場する二口堅治は、主人公の所属する烏野高校のライバル校・伊達工業の新主将です。今回は二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんのプロフィールや声優としての主な出演作品などを紹介し、イケメンキャラとして人気の高い二口堅治のかっこいい名言もみてきます。さらに、二口堅治の人気の理由や問題児な性格、後輩や青根高伸との関係や「にろ」という愛称の由来についてもみていきます。

【ハイキュー】二口堅治の声優や名言を紹介!人気の理由と問題児な性格も解説のイメージ

目次

  1. 二口堅治とは?
  2. 二口堅治のアニメ声優
  3. 二口堅治のかっこいい名言集
  4. 二口堅治の人気の理由と問題児な性格
  5. 二口堅治の声優に関する感想や評価
  6. 二口堅治の声優や名言まとめ

二口堅治とは?

ハイキューの作品情報

今回は「ハイキュー」でイケメンキャラとして人気の二口堅治の声優・中澤まさともさんについてやかっこいい名言を紹介し、二口堅治の人気の理由や問題児と言われる性格、愛称「にろ」の由来などについてもみていきます。まず、ここでは「ハイキュー」の作品情報をみていきます。

ハイキューの概要

「ハイキュー」は週刊少年ジャンプにて2012年から連載されている、古舘春一先生の少年漫画で、高校バレーボールを題材としています。「ハイキュー」のアニメは第1期〜第4期まで毎日放送やTBS系列などで放送されており、第1期は2014年4月〜9月まで放送され、第2期は2015年10月〜翌2016年3月まで放送されました。

そして、第3期は2016年10月〜12月まで放送され、第4期の第1クールが2020年1月〜4月まで放送されました。さらに、第4期の第2クールが2020年10月から毎日放送やTBS系列、BS-TBSで放送される予定です。

ハイキューのあらすじ

偶然、テレビ中継で「小さな巨人」と呼ばれる、烏野高校のバレーボール部のエースが活躍する姿を目にした小柄な少年の日向翔陽は、中学からバレーボールを始めます。最初で最後の公式戦で天才セッター・影山飛雄を擁する強豪校に大敗し、雪辱を誓う日向は烏野高校男子バレーボール部に入学。しかし、そこには影山の姿もあり、最初は反発し合いながらも互いの長所を活かした技を編み出し、共に全国大会を目指すことになります。

二口堅治のプロフィール

「ハイキュー」でイケメンキャラとして人気のある二口堅治(ふたくちけんじ)は、伊達工業高校の2年生で、誕生日は11月10日、身長は184.2cm、体重は71.5kgですっぱいグミが好物となっています。最近は、親知らずを抜くために歯医者に行かなければならないことに悩んでいます。そんな二口堅治のアニメ初登場回は、2014年7月13日に放送された第1期の15話「復活」でした。

さらに、バレーボールの選手としての二口堅治をみていくと、長身と身体のバネを活かしたブロックに長けており、サーブやスパイクでも得点できる実力派です。チーム内ではウイングスパイカーのポジションを担っています。

また、二口堅治の能力パラメーターは「パワー」「スピード」「バネ」が4、「頭脳」「テクニック」「スタミナ」が3となっており、強豪校である伊達工業高校の男子バレー部のレギュラーなだけあってバランス良く高い値を出しています。

さらに、二口堅治は3年生の先輩の引退後、新チームの主将となり、それまで生意気な態度で先輩の手を焼かせる問題児だった二口堅治が主将となったことで、彼の性格に変化が見られるようになります。春高予選篇で二口堅治は主将として冷静に他校を分析し、後輩の面倒を良くみて指導もしっかりと行っていました。

伊達工業高校とは?

「ハイキュー」でイケメンキャラとしての人気のある二口堅治の通う伊達工業高校は、バレーボールの強豪校で「ハイキュー」の主人公である日向翔陽の所属する烏野高校男子バレーボール部のライバル校の1つです。工業高校なので卒業後の進路は就職する生徒が多く、男子生徒の制服はオレンジ色のネクタイに緑色のブレザー、灰色のスラックスとなっています。

さらに、伊達工業高校の男子バレーボール部についてみていくと、ブロック力の高さが特色となっており、どんなに威力のあるスパイクでも「鉄壁」のブロックで跳ね返すことで有名です。そして、敵チームのスパイクを完全に排除してしまうため、対戦相手からは心をへし折られると恐れられています。

そんな伊達工業の男子バレーボール部は、部員数も多く、実力の高いブロックを主軸にしたチームでブロックを主軸にしたチームであるため「伊達の鉄壁」と呼ばれていることなどがクロスチームマッチで紹介されました。また、伊達工業の男子バレーボール部のユニフォームは原作漫画版とアニメ版ではデザインが異なっており、原作漫画では胸元に「伊達工業」という文字が大きく横文字で入っています。

一方、アニメでは右胸側に「伊達工」と縦書きで入っているだけで、チーム内で使われているジャージと同様のデザインとなっています。さらに、伊達工業の男子バレーボール部のメンバーの名字は宮城県内に存在する温泉地が由来となっているそうです。

また、伊達工業の男子バレーボール部の二口堅治のチームメイトをみていくと、3年生は主将の茂庭要、笹谷武仁、鎌先靖志、2年生は小原豊、青根高伸、1年生は作並浩輔となっています。ただ、3年生はインターハイ予選後に引退したため、春高予選篇での選手としての登場はありません。

そして、3年生の引退により、二口堅治は茂庭要から主将の座を譲られ、2年生の女川太郎、1年生の吹上仁悟と黄金川貫至を加えた新チームを引っ張っていきます。

アニメ『ハイキュー!!』公式サイト

二口堅治のアニメ声優

中澤まさとものプロフィール

アニメ「ハイキュー」で二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんは1983年2月14日生まれ、東京都練馬区出身で「なも」「なもさん」「とも兄」などの愛称で親しまれています。また、本名は「中澤匡智」、血液型はO型、所属事務所は東京俳優生活協同組合で声優や俳優として活動しています。次に二口堅治の担当声優・中澤まさともさんの声優としての主な出演作品を紹介していきます。

中澤まさともの主な出演作品

二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんの声優としての主な出演作品をみていくと「藍より青し〜縁〜」少年A役(デビュー作)、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」兵士役、「銀の匙 Silver Spoon」豊田直樹役、「DRAMAtical Murder」クリア役、「キラキラ☆プリキュアアラモード」横川りゅうた役などです。

他に「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」アリアンロッド艦隊兵士役、「サクラクエスト」中山役、「プリンセス・プリンシパル」エリック役、「狐狸之声」リン・ルイジャ役、「フリクリ プログレ」マルコ野方役、「ギヴン」中山春樹役(上の画像)、「巨人族の花嫁」バロ・バロウズ役など多くの人気作に出演しています。

Thumb二口堅治はかっこいいイケメンキャラ!性格・名言や及川徹とのダブルピース組も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

二口堅治のかっこいい名言集

二口堅治の名言①「俺たち普段はクソナマイキな…」

「ハイキュー」でイケメンキャラとしての人気の二口堅治の名言、1つ目は「俺たち普段はクソナマイキな…」です。普段は先輩の手を焼かせる問題児の二口堅治も、実は先輩を慕っていることがよく分かる名言だと言われています。

俺たち普段はクソナマイキな問題児だからな 試合でくらいいい後輩でいなくちゃな

二口堅治の名言②「来年の鉄壁は崩れねえよって…」

「ハイキュー」でイケメンキャラとしての人気の二口堅治の名言、2つ目は「来年の鉄壁は崩れねえよって…」です。新たな主将となった二口堅治がしっかりと先輩の意志を受け継ぎ、主将としての決意を新たにしたことがよく分かる名言だと言われています。

来年の鉄壁は崩れねえよって茂庭さんが言ってくれたんだから絶対崩させねえよ!!

Thumbハイキュー伊達工業高校のキャラクター一覧!演じている声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

二口堅治の人気の理由と問題児な性格

人気の理由①イケメンな容姿

「ハイキュー」二口堅治の人気の理由、1つ目はイケメンな容姿です。二口堅治は右分けにした茶髪に大きな瞳を持つ爽やか系イケメンとして人気があります。

人気の理由②問題児な性格

「ハイキュー」二口堅治の人気の理由、2つ目は問題児な性格です。二口堅治は外見こそ爽やか系イケメンですが、その性格はお調子者で生意気で、先輩に対しても平気でマイペースな態度で接します。

また、烏野高校の男子バレーボール部に所属する東峰旭に対しても、前回対戦した際に彼の心が折れたにも関わらず、再戦したときには彼の心が折れなかったことから、「もっと心折れろよ〜」という不遜な発言をしています。そのため、3年生の先輩は二口堅治のことを問題児と認識しており、その性格に手を焼いていました。

人気の理由③後輩との関係

「ハイキュー」二口堅治の人気の理由、3つ目は後輩との関係です。問題児な性格で3年生の先輩の手を焼かせてきた二口堅治ですが3年生の引退により、自分がチームをまとめる主将となります。そして、3年生の先輩が抜けたポジションに新たな戦力を加え、新生伊達工を率いていくことになるのですが、今度は二口堅治が後輩に振り回されることになります。

3年生の引退により、新たにチームに加わった1年生の黄金川貫至は、大型セッターとして新たな「伊達の鉄壁」の一員となります。黄金川貫至は素直で真面目な性格をしていますが、トスミスをした際には「校庭100周してお詫びします」と発言するなど、物理的にも精神的にもその真面目すぎる性格ゆえの融通の利かない言動で二口堅治を振り回していきます。

このように、問題児として散々、3年生の先輩の手を焼かせてきた二口堅治でしたが、自分がチームをまとめる主将となり、今度は自分が後輩に振り回されるようになりました。そのことで、二口堅治はこれまでの先輩の苦労をしみじみと思い知ったようです。

人気の理由④青根高伸との関係

「ハイキュー」二口堅治の人気の理由、4つ目は青根高伸との関係です。同じチームに所属する青根高伸は二口堅治と対になっているキャラクターだと言われています。まず、青根高伸は大柄な体格を活かしたブロックが得意で、その実力はブロッカーとしてトップクラスだと言われています。そのため、青根高伸はブロックによる鉄壁の守りが要の伊達工業の男子バレーボール部になくてはならない選手とされています。

そして、二口堅治の誕生日の11月10日ですが、実はその日は「ベルリンの壁が壊された日」だとされています。一方の青根高伸の誕生日は8月13日ですが実はその日は「ベルリンの壁が建設された日」とされており、このことから2人は対のキャラクターだと言われています。

他にも二口堅治と青根高伸は同じ学年の同じクラスに所属していますが、その性格は正反対の対となっています。二口堅治の性格は軽薄でお調子者です。しかし、一方の青根高伸の性格は無口で職人タイプとなっています。

このように、性格が正反対で対になっているとされる二口堅治と青根高伸ですが、2人で力を合わせて組み、どんな強いスパイクでもブロックします。そんな実力が高く伸びしろのある青根高伸との関係も二口堅治の魅力だと言われています。

人気の理由⑤愛称は「にろ」

「ハイキュー」二口堅治の人気の理由、5つ目は「にろ」という愛称です。この二口堅治の愛称の由来は「二口堅治」の名字がカタカナの「ニロ」に見えるため、読者から「にろ」と呼ばれるようになったそうです。また、二口堅治の担当声優である中澤まさともさんのマネージャーも「二口堅治」の名前を見て、「にろ・堅治」という名前のハーフキャラだと素で勘違いしてしまった、というエピソードも知られています。

Thumb【ハイキュー】茂庭要の性格や声優を紹介!伊達工業の実力やメンバーは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

二口堅治の声優に関する感想や評価

こちらはアニメ「ハイキュー」で二口堅治の担当声優・中澤まさともさんに関するツイートです。二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんの声がかっこいいと絶賛されています。

こちらもアニメ「ハイキュー」で二口堅治の担当声優・中澤まさともさんに関するツイートです。二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんの声が最高だと高く評価されています。

こちらもアニメ「ハイキュー」で二口堅治の担当声優・中澤まさともさんに関するツイートです。中澤まさともさんの声がとても好きなので、二口堅治ばかりに目が行ってしまうという感想となっています。

こちらもアニメ「ハイキュー」で二口堅治の担当声優・中澤まさともさんに関するツイートです。中澤まさともさんの声が本当に良いと高く評価されており、二口堅治というキャラクターにピッタリだという感想となっています。

こちらもアニメ「ハイキュー」で二口堅治の担当声優・中澤まさともさんに関するツイートです。二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんの声や演技が絶賛されており、男性声優の中で最も好きだという感想となっています。

Thumb【ハイキュー】作並浩輔はアホ毛がかわいい!伊達工業リベロの声優・プロフィール集 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

二口堅治の声優や名言まとめ

いかがでしたか?「ハイキュー」でイケメンキャラとして人気の高い、二口堅治の声を担当した声優の中澤まさともさんのプロフィールや主な出演作品などを紹介し、二口堅治のかっこいい名言や人気の理由についてもみてきました。そして、二口堅治は爽やかなイケメンの容姿とは裏腹、問題児な性格をしており、先輩の手を焼かせていましたが、自分が主将になってからは今度は自分が後輩に手を焼くようになったことが分かりました。

また、二口堅治はチームメイトの青根高伸と対のキャラだと言われており、愛称の「にろ」は名字から来ていることなども分かりました。今後もさらなる活躍が期待される「ハイキュー」の二口堅治そして、二口堅治の声優を務めた中澤まさともさんに注目していきましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ