【BLEACH】黒崎真咲は一護の母!最強と言われる理由や死の真相を考察

BLEACH(ブリーチ)で明るくて活発な性格の黒崎真咲は凶悪な虚を消滅させるために戦う滅却師(クインシー)の1人であり、異常なまでの霊感を持っている黒崎一護の母親でもありました。高校生の頃に夫となる黒崎一心と出会った彼女は、裏表のない明るく元気な女の子だったために、すぐに2人は打ち解けることができています。そこで、勇ましく最強と言われる黒崎真咲の死の真相や最強だった理由、石田家とユーハバッハとの関係なども考察していきましょう。

【BLEACH】黒崎真咲は一護の母!最強と言われる理由や死の真相を考察のイメージ

目次

  1. 黒崎真咲とは?
  2. 黒崎真咲は一護の母!
  3. 黒崎真咲が最強と言われる理由
  4. 黒崎真咲の死の真相を考察
  5. 黒崎真咲とユーハバッハの石田家との関係は?
  6. 黒崎真咲に関する感想や評価
  7. 黒崎真咲まとめ

黒崎真咲とは?

BLEACH(ブリーチ)において重要な仕事を受け持っていた黒崎真咲は、滅却師(クインシー)として活躍し最強と言われるようになります。困っている人を放っておくことができない彼女は、護廷十三隊において十番隊の隊長を務めていた黒崎一心が虚と戦っていた際に彼がピンチに陥っているのを見て助けていました。しかし、心優しい高校生の彼女の両親はすでに他界しており天涯孤独の身だったのです。

前向きな性格の彼女は天涯孤独の身となって石田家に居候している立場を感じさせないくらい毎日を元気に明るく必死に生きていました。ひょんなことから出会った黒崎一心とはその後結ばれ3人の子供に恵まれています。そこで、BLEACH(ブリーチ)で辛い過去を背負いながらも明るく前向きに生きていた黒崎真咲が最強と言われる理由や息子である一護にとって優しい母親だった彼女の存在、死の真相を考察していきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

BLEACH(ブリーチ)の概要

全74巻まで刊行された「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプによって2001年36・37合併号~2016年38号に渡って連載されていた漫画となっています。全698話(686話+過去編12話)に渡って描かれたBLEACH(ブリーチ)は広島県安芸郡出身の久保帯人(くぼたいと)さんによって誕生しました。テレビアニメとしては全366話に渡って展開され、2004年10月~2012年3月にテレビ東京他で放送されています。

BLEACH(ブリーチ)では、心優しく正義感が強い黒崎一護が凶悪な虚から家族を守るために修業をし死神になって仲間と共に切磋琢磨して戦う姿が描かれていきました。1億2000万部の世界累計発行部数を達成したBLEACH(ブリーチ)は、平成16年度において第50回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞しています。さらに、最もテレビ東京の業績に貢献している作品としてBLEACH(ブリーチ)も選ばれていました。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

オレンジの地毛を持つの黒崎一護は、100年以上生きている死神の朽木ルキアとひょんなことから出会います。彼は人の魂を喰って生きている虚(ホロウ)によって母を亡くしたため、自分を庇って怪我をしたルキアと一緒に悪霊である虚を倒すために死神の力を得ながら修業をしていきました。クラスメイトであり総合病院の息子である石田雨竜と戦うことになった黒崎一護は、大量の虚を相手に戦うことになります。

黒崎真咲のプロフィール

  • 名前:黒崎真咲(くろさきまさき)
  • 職業:滅却師(クインシー)
  • 誕生日:6月9日
  • 没日:6月17日
  • 夫:黒崎一心
  • 子供:黒崎一護(兄)、黒崎遊子(双子の姉)、黒崎夏梨(双子の妹)
  • 死因:虚であるグランドフィッシャーによって死亡

ブリーチで心優しく最強の母である黒崎真咲には派手なオレンジ色の地毛を持つ黒崎一護という息子がいました。彼女は、人間を襲っては魂を食べている虚らを退治しようと戦っている滅却師の一員だったのです。滅却師とは、凶悪な虚を消滅させるために結成された最強の霊力を持っている人間の集団でした。虚と戦いピンチに陥っていた黒崎一心を助けたのも彼女で、のちに2人は結ばれ息子である黒崎一護や双子の女の子を授かります。

黒崎真咲の性格

滅却師(クインシー)として活躍していた黒崎真咲は、裏表がない明るく元気な性格の女の子でした。自分を大切にしていた彼女はそれ以上に相手を思いやることができる心の優しさを持っていたのです。誰にでも優しくすることができる彼女は、周囲を包み込むような温かさと芯の強さを持っていました。そのため、初対面の相手にも積極的に話しかけたり、優しく接したりすることができたのです。

夫となる黒崎一心と出会った際も凶暴な虚との攻防で戦いにくそうにしていた彼を助けています。彼女の活躍はブリーチの作中の最終章で描かれていました。すでに故人となっている彼女は、千年戦争においての過去の話の回想シーンで登場しています。夫である一心が息子の一護に全てを話していました。彼女は人間を襲う虚を許さない最強の技と心の優しさ、時に天然で可愛らしい性格も持ち合わせていたのです。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

黒崎真咲は一護の母!

黒崎真咲は一護の母

地毛が派手なオレンジ色をしているため何かと不良に間違えられる黒崎一心には、明るく心優しい大好きな母親である黒崎真咲の存在がありました。しかし、彼女は幼少期の頃に息子を庇って虚によって死亡しています。母親である真咲は怖がりで泣き虫だった彼にとっては太陽のような存在だったため、母親の死をきっかけに彼はもっと強くなろうと心に誓っていました。

彼の心の中にはいつまでも裏表がなく明るく心優しかった母親の記憶が鮮明に残っています。そのため、母親の命日が近づくと機嫌が悪くなり、ピリピリとした雰囲気を醸し出していました。毎年母親の墓参りを欠かさない彼でしたが、母親の死を思い出す度にどうしようもない寂しさがこみあげてきたのです。それほど、彼にとって母親の存在は大きく心の支えだったことがわかります。

黒崎真咲は一護の味方

ブリーチで不良っぽい派手な見た目とは裏腹に正義感が強く戦闘能力も高い黒崎一護は、幼少期は怖がりですぐに泣いてしまう泣き虫な性格を持っていました。しかし、太陽のように明るくて心温かい母親である黒崎真咲は、そんな彼をそっと包み込み大切に育てています。男の子だから強くなるように責めたりはしませんでした。そのため、彼は安心して心優しい母親の傍ですくすくと成長することができたのです。

泣き虫だった彼も次第に成長し、自分が母親を守るという意識も自然と芽生えていきました。雨の日に子供でありながら車道側を歩いてずぶ濡れになりながら母親を懸命に守っている姿も描かれています。いつでも彼の味方になってくれた前向きで明るい性格の母親の存在は、弱虫で泣いてばかりだった彼を強くしていったのです。そのため、彼は凶悪な虚によって死亡してしまった母親のためにも最強になることを決意していました。

黒崎真咲の夫は黒崎一心

ブリーチで豪快な性格の黒崎一心はかつては死神として活躍していました。護廷十三隊において十番隊の隊長を務めていた彼は、高校生でありながら滅却師として活躍していた黒崎真咲に危ないところを助けてもらっています。それが出会いとなって2人は結婚して3人の子供を授かるようになりました。

  • 名前:黒崎一心(旧姓:志波)
  • 血液型:AB型
  • 誕生日:12月10日
  • 体重:80kg
  • 身長:186㎝
  • 職業:黒崎医院の医院長
  • 過去:死神であり護廷十三隊十番隊の隊長

男らしくたくましい性格の彼は自分を助けるために戦った真咲が虚化してしまったことに責任を感じ、自分の死神の力を使い果たすことで彼女を助けています。自分のために死神の能力を失い、人間として生きていく彼の潔さと勇ましい姿に真咲も次第に惹かれていきました。お互いのために力を尽くすことができた2人は3人の子供を授かり、穏やかで平和な家族を育んでいたのです。

黒崎真咲と黒崎一心のなれそめ

ブリーチで様々な暗躍をしていた藍染惣右介は、凶悪な虚と死神を融合させて「ホワイト」を作り上げていました。至る所で死神が突然姿を消してしまう事件が起きていたことからそれを十番隊で隊長を務めていた一心が調べることになったのです。不完全でありながら完成したホワイトと戦うことになった一心は苦戦を強いられていました。人の困っている所を放っておくことができない黒崎真咲はそれを見て助けに入ります。

結果的に彼女の活躍によって怪我を負っていた一心は助かりました。しかし、虚によって傷を負ってしまった彼女は虚化することになってしまいます。彼女を救うには死神の力を一心が失うことが必要でした。それを知った彼は迷うことなく死神の力を使用して真咲を助けています。それをきっかけに2人はお互いを強く支え合うようになりました。人間となった一心は熱心に勉強して医者になり黒崎医院を経営するようになります。

自分のために死神の力を捨て人間として1からやり直す一心の姿に心を打たれた真咲は、彼を支えるようになり彼が大学を卒業した際には結婚することになりました。死神だった彼の本名は志波一心でしたが、人間となった彼は妻の姓である黒崎に改名して黒崎一心と名乗るようになります。彼らには息子となる一護、双子の娘となる遊子や夏梨が誕生して家族5人で仲良く暮らすことになりました。

黒崎一心は元護廷十三隊十番隊隊長

人間となって生きていくことを決めた一心はかつては死神として活躍していました。志波家という尸魂界において没落した名門貴族出身だった彼の旧姓は志波となっており、護廷十三隊において十番隊の隊長を務めていました。養子として志波家に迎えられた彼は、最強の力を持っており周囲に対しても温かく接することができていたために多くの隊士からも慕われていたのです。

妻である真咲を救うために死神の力を使い果たした一心でしたが、死神の力を20年ぶりに取り戻しています。隊長だった当時は、隊員だった日番谷冬獅郎の才能を高く評価しており、彼に自分の後任となる隊長を務めさせようと思っていました。そのため、元隊長だった彼の復活を喜んだ人は多かったのです。彼は息子である霊感が非常に強い一護を常にサポートしていく力強い存在となっていました。

Thumb【BLEACH】阿散井恋次の卍解と必殺技・強さを紹介!真の卍解とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒崎真咲が最強と言われる理由

理由①黒崎真咲は最強の滅却師

ブリーチにおいて表向きは穏やかで心優しい死神の振りをしていた藍染惣右介は、護廷十三隊において五番隊の隊長を務めていました。いつも爽やかな笑顔で周囲から慕われていた彼でしたが、かなりの野心家であり、上司を陥れて自分の実験をするという残虐で冷酷な性格を持っていたのです。彼によって誕生したホワイトは、死神と凶悪な虚を融合させた彼の実験によって作り出されたものでした。

まだまだ未完成の実験段階のホワイトでしたが、その力は最強で周囲を混乱にさせる力を持っていたのです。当時の隊長クラスでさえも苦戦するほどの力を持っていました。当時十番隊において隊長を務めていた一心もホワイトと戦っていますが、圧倒されています。そこに突如現れた滅却師の黒崎真咲は、凶悪なホワイトと対等にやり合い、最終的には倒しています。

黒崎真咲はホワイトに勝利

ブリーチで五番隊において隊長を務めていた藍染惣右介によって作り出されたホワイトは、死神と凶悪な悪霊である虚を融合させたものとなっていました。死神が突然姿を消していたのは彼の実験に使用されていたからだったのです。その実験によって作り出されていたホワイトは、まだ不完全な融合体でありながらも最強の強さを秘めた危険な敵でもありました。

隊長クラスでも手に負えない危険な敵の攻撃に素早く反応して逆に攻撃を放つことができた黒崎真咲は、相当優秀な滅却師と言えます。彼女の登場に驚いていた藍染惣右介でしたが、彼女の強さを研究するためにもその戦いをじっと見守っていました。素早い動きと高い攻撃力を放つことで完全にホワイトの動きを止めることができた彼女は、負傷していた一心を助け大暴れしていたホワイトを見事に倒し勝利を収めています。

理由②黒崎真咲は身体能力が高い

第533話において確認することができる黒崎真咲の身体能力は、隊長クラス以上の最強さを誇っていました。純粋な滅却師だった彼女は幼少期の頃から英才教育を受けて育つことになります。そのため、純血統の格別な強さを発揮することができたのです。隊長クラスでも太刀打ちできなかったホワイトとの戦いでも素早い動きによって敵を翻弄していました。

彼女の戦闘シーンはこの戦いのみとなっていますが、のちに夫となる一心が非常に驚くほどの最強さを披露しています。十番隊において隊長を務めていた一心でしたが、彼女に命を助けてもらった形となりました。敵の攻撃を引き出すことで敵の動きを止めるという度胸や覚悟を持っている勇敢な滅却師だったのです。純血統における最強の力を持ち合わせていると同時に何事にも動じない強い精神力も持っていました。

理由③黒崎真咲は攻撃力が高い

滅却師において純血統の黒崎家の生き残りとなった黒崎真咲は、攻撃力が非常に高い滅却師でした。天涯孤独の身となってしまった彼女は、純血統である黒崎家の唯一の生き残りとして石田家に居候することになります。石田家も黒崎家同様に滅却師においては純血統の家柄だったために、跡取りである石田竜弦と結婚させるために引き取ったといっても過言ではありません。そのため、高校生の時には2人は婚約させられています。

純血統の滅却師は貴重だったために重宝がられていたのです。跡取りの妻として英才教育を施されていた彼女は生まれ持っての純粋な能力に加えて、最強の戦闘能力を手に入れることができました。格別の強さを持つことになった純血統の彼女は、死神と凶悪な虚とを融合させた圧倒的な力を持つことになったホワイトも簡単に倒しています。隊長だった父と純血統の母の血を受け継いでいる一護が最強なのも理解できるでしょう。

Thumb【BLEACH】市丸ギンの卍解・神殺鎗の能力は最強?名言・セリフや最後も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒崎真咲の死の真相を考察

黒崎真咲はグランドフィッシャーとの戦いで死亡

明るくて天然な要素がある真咲は、最強の力を持ちながらもそれほど強くないグランドフィッシャーとの戦いにおいて死亡してしまいます。彼女の死の真相には見えざる帝国の指導者であったユーハバッハが深く関係していたのです。狡猾で残忍な性格のグランドフィッシャーは、物語の初期に登場している虚となっています。高い再生能力を持っていたグランドフィッシャーは、死神たちを54年も退けてきた難敵でもありました。

チョウチンアンコウのような容姿をしたグランドフィッシャーは、頭から人間の姿をした疑似餌をぶら下げています。疑似餌を確認することができるある程度霊的な力を持っている人間のみを選んで襲っていたのです。人間を喰らうことで自分の力を高めていました。9歳だった一護は残忍なグランドフィッシャーの疑似餌に引っ掛かってしまいます。そのため、彼を庇った母の真咲は殺されてしまったのです。

黒崎真咲の死を知った一護

太陽のような偉大な存在だった真咲の死の真相には非常に複雑な要素が絡み合っていました。彼女の死の真相には、傷を負った一心を助けるために虚との戦いにおいて負傷し虚化してしまったこと、復活を目指したユーハバッハの存在や企み、さらに、凶悪なグランドフィッシャーの出現など全てが関係しています。

最後は母として自分の力が弱まっていて死ぬとわかっていながらも息子を救うために必死に戦ったことを父によって知ることになりました。亡くなった母の死の真相を父によって知った一護は全てにけじめをつけるために虚や死神でありながら悪事を働いている人物と戦う決意をします。

黒崎真咲が負けた理由

勇敢で最強の力を持っていた真咲の死の真相は、残忍なグランドフィッシャーによっての死亡となっています。彼は再生能力は高いものの彼女の力であればそれほど強敵ではありませんでした。そのため彼女の死の真相は純粋にグランドフィッシャーの力に負けたのではないようです。彼女の死の真相は自分の本来の力を失ったことであり、その結果それほど強くない虚のグランドフィッシャーに倒されることになりました。

彼女の死の真相に直接大きく関わっているたのはユーハバッハです。1000年前に護廷十三隊において総隊長を務めていた山本元柳斎重國との戦いの際に彼は力を失います。彼が力を復活させるには、不純な滅却師の命が必要だったのです。虚の戦いにおいて傷を負った真咲は不純な滅却師となってしまったため、彼に力を奪われ弱くなりその結果殺されてしまいます。彼女の死の真相は、本来の力を失ったことに関係していました。

黒崎真咲は一護や一心の大切な人

母の死の真相に家族である父や自分でさえも関わっていることにショックを受けた一護でしたが、彼女がどのような気持ちで家族を守ったのかを考えると勇敢に前に進む気持ちになれたようです。黒崎家にとって太陽のような大切な存在だった母の死の真相を知ったことで悲しみを乗り越え、虚や極悪な死神と戦う決意を固めることができたのです。母親の死の真相を知った彼は、父親が死神としての力を取り戻した理由も理解できたようです。

Thumb【BLEACH】東仙要の斬魄刀と卍解・能力は?元九番隊隊長の最期も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒崎真咲とユーハバッハの石田家との関係は?

黒崎真咲とユーハバッハの関係

1000年前に総隊長を務めていた山本元柳斎重國との戦いにおいて大きなダメージを負ってしまったユーハバッハは復活の時を待ち望んでいました。自分の力を取り戻すには「聖別」が必要でした。聖別には、不純な滅却師の命が必要だったのです。その標的にされたのが虚によって負傷して虚化してしまった真咲でした。彼の復活に彼女の死の真相が深く関わっていたのです。

黒崎真咲と石田家の関係

黒崎真咲と石田竜弦は婚約していた?

純粋な滅却師である黒崎家の出身だった真咲は、早くに両親を亡くし天涯孤独となってしまいます。しかし、同じ純血統だった石田家は跡取り息子となる石田竜弦と結婚させようと考えて彼女を引き取ったのです。そのため、石田家に居候することになった彼女は高校生の時に跡取り息子である石田竜弦と婚約をすることになります。しかし、虚化してしまったため追放されて婚約は解消されてしまいました。

石田竜弦のプロフィール

滅却師十字を持つ   石田竜弦は、空座総合病院の院長を務めています。ヘビースモーカーである彼は病院であっても平気で喫煙していました。お金にならないことを嫌う彼は、滅却師十字の立場を嫌っていたのです。かつては、明るくて裏表がない性格の真咲と婚約しており、彼女のことは心から愛していました。しかし、彼女が虚化してしまったことで結婚することができなくなり、彼女をそっと見守る立場を取るようになります。

Thumb【BLEACH】黒崎一心の正体と過去とは?一護の父親の強さや斬魄刀・卍解も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒崎真咲に関する感想や評価

最強の力を持っている真咲の第60巻35ページに描かれている上記の表情が好きと感想を寄せている人がいました。天涯孤独の身になり居候の立場となっても前向きに明るく生き抜くことができる彼女は、時に凶悪な虚とも勇ましく戦っていたのです。その凛々しい姿に見とれてしまう人もいました。

裏表がない真咲をかなり好きという人はかなりいました。自分の肩を犠牲にして敵に噛みつかせ、敵を撃ち殺してしまうところが最高にチャーミングだと高く評価している人もいます。素早い動きができる彼女は身体能力が非常に高く、さすが純血統の滅却師だけあると感動している人もいました。

困っている人を放っておくことができない真咲を高く評価している人は多く、彼女の話が一番楽しみだとコメントをしている人もいました。故人であるがゆえにそれほど登場回数が多くないキャラクターですが、多くの読者からも支持されています。黒崎家にとっても読者にとっても太陽のような存在であるようです。

Thumb【BLEACH】石田雨竜はクールなメガネ滅却師!強さ・能力や声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

黒崎真咲まとめ

心優しく時に天然な要素も垣間見ることができる黒崎真咲の死の真相はかなり複雑な要素が絡んでおり、家族も含めあらゆる人が関係していました。しかし、大きなポスターを壁に飾り太陽のような存在だった彼女をいつまでも大切に思っている黒崎家の一人一人の心の中には彼女の存在が大きく残っているようです。最強の力を持った滅却師であり、困っている人を放っておけない彼女は優しい心を持った女性でした。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ