ブリーチが面白い理由を考察!あらすじやアニメオリジナルのおすすめシーンも紹介

メガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由は多くの漫画ファンが気にしています。『BLEACH(ブリーチ)』は数多くの魅力やアニメオリジナルのおすすめシーンなども注目されており、2020年に続編となるアニメ作品の制作が決定していることでオリジナルストーリーや原作漫画などにも再注目する声が高まっています。今回は『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーンやアニメオリジナルストーリー、作品の魅力、ネット上の感想などを紹介していきましょう。

ブリーチが面白い理由を考察!あらすじやアニメオリジナルのおすすめシーンも紹介のイメージ

目次

  1. ブリーチとは?
  2. ブリーチの面白い理由を考察
  3. ブリーチのあらすじやアニメオリジナルの面白いおすすめシーン
  4. ブリーチの漫画の面白いおすすめシーン
  5. ブリーチの最終回が面白い?
  6. ブリーチの面白いセリフ集
  7. ブリーチに関する感想や評価
  8. ブリーチの面白いシーンまとめ

ブリーチとは?

『BLEACH(ブリーチ)』は圧倒的に人気の高い漫画として知られており、王道漫画として漫画史に残る作品となっています。その魅力は数多くあり、個性的なキャラクター達や緻密な伏線、壮大な世界観など挙げればきりがないほど多くの魅力が詰まっています。ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の基本情報などをまとめていきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の概要

『BLEACH(ブリーチ)』は『週刊少年ジャンプ』で15年以上に渡って連載されていた少年漫画であり、1億部を突破しているメガヒットコンテンツとして知られています。テレビアニメも好評を博し、劇場版作品も4作品制作されています。『BLEACH(ブリーチ)』は実写映画化されており、2020年には最終章である『千年血戦編』のアニメ化やスピンオフ作品の連載も決定するなどますます注目度が高まっています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

黒崎一護は高校生であり、その高い霊力から死神『朽木ルキア』に『死神代行』として空座町を守るように依頼されます。一護は『死神代行』としてその才能をあっという間に開花させますが、その存在は死神たちがいる『瀞霊廷(せいれいてい)』にも届き始めており、『護廷十三隊』の死神たちが動き出していました。そして、一護は『現世』と『瀞霊廷(せいれいてい)』を巻き込む陰謀に巻き込まれていくことになります。

BLEACH(ブリーチ)のソウル・イグニッション

『BLEACH(ブリーチ)』はゲームも発売されており、特に2011年に発売されたPS3専用『BLEACH(ブリーチ) ソウル・イグニッション』は高い評価を獲得しています。数々のキャラクターやハイクオリティーのグラフィックは多くのブリーチファンに絶賛されました。『破面編』をフルボイスで収録しており、戦闘シーンのカッコ良さなどで今でも話題になることが多い作品です。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ブリーチの面白い理由を考察

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由を考察していきましょう。『BLEACH(ブリーチ)』は日本を代表する漫画作品であり、数多くのキャラクターや圧巻のバトルシーン、壮大なストーリなど数々の魅力がある作品です。男性ファンだけでなく、女性ファンも多く獲得しているのはおしゃれな構図を多用した作画やイケメンキャラクターの登場などが要因として挙げられています。

面白い理由①個性的なキャラクター

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由①は『個性的なキャラクター』です。『BLEACH(ブリーチ)』の魅力は個性的なキャラクターが登場することだと言われています。『護廷十三隊』の隊長格などのイケメンキャラクターや織姫やルキアなどの可愛い女性キャラクター、一心やコンなどのコミカルなキャラクターまで数多く個性的なキャラクターが登場することで知られています。

特に『護廷十三隊』の隊長・副隊長のキャラクターは人気が高く、朽木白哉や日番谷冬獅郎などのイケメンキャラクターは主人公を超えるほどの女性ファンを獲得しています。さらに、敵キャラも魅力的であり、『グリムジョー・ジャガージャック』や『ウルキオラ・ルシファー』、『藍染惣右介』などは敵キャラクターでありながらも高い人気を獲得しています。

こうした個性的なキャラクターが多いため、コスプレイヤーのコスチュームとしても高い人気があることでも知られています。男性キャラも女性キャラも人気なので、男女問わずコスプレにはもってこいの作品となっています。

面白い理由②王道なストーリー展開

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由②は『王道なストーリー展開』です。『週刊少年ジャンプ』で長年連載されているので、王道なストーリー展開も注目ポイントです。主人公が高校生という年齢設定や剣で戦うバトル、仲間たちとの友情など『週刊少年ジャンプ』の王道漫画ともいえるシーンが多くあります。『週刊少年ジャンプ』といえば『友情・努力・勝利』であり、『BLEACH(ブリーチ)』にも当てはまります。

『BLEACH(ブリーチ)』はダークファンタジー要素があり、鬱展開も多い作品でありながらストーリー展開としては一貫して王道なストーリー展開が織り込まれていることもファンには注目されています。卍解を修得するための修行や次々と登場する敵、ライバルたちとの共闘など王道展開をうまく入れ込んでいくことで幅広い読者を獲得しました。

面白い理由③バトル描写

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由③は『バトル描写』です。バトル描写のカッコよさに定評があり、『週刊少年ジャンプ』屈指の画力を持っていることでも知られています。斬魄刀を使った死神同士のバトルや破面(アランカル)や滅却師(クインシー)などとの圧巻のバトルシーンは語り継がれています。スピード感あふれる作画やキャラたちのかっこいい衣装などバトル描写を盛り上げる要素が多くあります。

面白い理由④かっこいい必殺技

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由④は『かっこいい必殺技』です。『BLEACH(ブリーチ)』の魅力といえば『かっこいい必殺技』です。『BLEACH(ブリーチ)』には「斬魄刀」や「始解」、「卍解」、「破道」、「縛道」など数多くのカッコいい技が存在します。特に主人公である黒崎一護の卍解である「天鎖斬月」や必殺技「月牙天衝」などは圧倒的な支持を獲得しています。

その他にも「完現術(フルブリング)」、「帰刃(レスレクシオン)」、「滅却師完聖体(クインシー・フォルシュテンディッヒ)」や「刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)」など敵キャラクターの技も好評です。「卍解」に対抗しうるかっこいい必殺技を敵キャラクターも持っており、ネーミングや描写などかっこいい必殺技といえば『BLEACH(ブリーチ)』と言われるほど数多く生み出しています。

面白い理由⑤ストーリーのテンポ感やリズム感

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由⑤は『ストーリーのテンポ感やリズム感』です。ストーリーのテンポ感やリズム感は『BLEACH(ブリーチ)』の魅力であり、次々と展開が変わり、新たなキャラクターが登場することでも絶賛されています。大きなテーマを主軸にし、様々なキャラクターたちの闘いが次々と描かれるので一気読みしてもストレスなく読破できると言われています。

一つのエピソードが長く続くことでも知られており、一番長いのは「藍染惣右介」との激闘です。このエピソードは「破面(アランカル)編」と呼ばれ、「破面出現篇」、「虚圏救出篇」、「過去篇」、「空座決戦篇」とコミックス33巻に渡って描かれています。場面転換も多く、新たな展開が続出するなどストーリーのテンポ感があるため、これほど長いエピソードであると意識せずに楽しむことができます。

面白い理由⑥見開きページの構図

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由⑥は『見開きページの構図』です。多くの漫画ファンに絶賛されているポイントとしては『見開きページの構図』です。『BLEACH(ブリーチ)』は見開きページの構図がオシャレと言われていて、数多くのキャラクターが登場する場面でもキャラクターを全員コマの中に収める配置力の高さで違和感なく描写されています。

見開きページの使い方は漫画家の腕の見せ所であり、『BLEACH(ブリーチ)』の作者である久保帯人の圧倒的なセンスを見ることができます。「カッコ良くオシャレ」といわれている『BLEACH(ブリーチ)』なので、こうした構図にも注目が集まっています。初代担当曰く、かなりの速筆であると語られていたり、アシスタント経験のなさなどから考えると『生まれついてのセンス』があると考えられています。

面白い理由⑦ギャグ要素

『BLEACH(ブリーチ)』が面白い理由⑦は『ギャグ要素』です。『BLEACH(ブリーチ)』の魅力の一つにはコミカルなシーンの多さを指摘するファンもいます。かなり鬱展開も多い作品ですが、ギャグ要素を忘れない作者の遊び心が絶賛されています。初期から多くのコミカルなシーンが描かれており、緊迫感のある『破面(アランカル)篇』や『千年血戦編』でもコミカルなシーンが多く描かれます。

キャラクターたちの顔芸なども注目されており、圧倒的な画力をこうしたコミカルな方面に反映させていることもファンを喜ばせるポイントとなっています。シリアスな展開も多いため、こうした息抜きのシーンがあることで読みやすい仕上がりになっていると称賛する声も多いです。

Thumbブリーチの人気投票結果まとめ!イケメン・美人キャラクターをランキングで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチのあらすじやアニメオリジナルの面白いおすすめシーン

ここからは『BLEACH(ブリーチ)』のあらすじやアニメオリジナルの面白いおすすめシーンを紹介してきましょう。『BLEACH(ブリーチ)』は長年テレビアニメが放送されており、原作に追いついてしまうとアニメオリジナルを入れるということが恒例となっていました。そのアニメオリジナルストーリーの出来栄えも称賛されており、アニメファンには人気を集めています。

『BLEACH(ブリーチ)』のアニメオリジナルストーリーは第64話から第109話まで46話に渡って描かれた『バウント篇』と第230話から第265話まで描かれた『斬魄刀異聞篇』の二つが有名であり、ファンの人気も高いことで知られています。

面白いシーン①アニメオリジナルの「バウント篇」

アニメオリジナルストーリーの「バウント篇」は大きく分けると、第64話から第91話までの『バウント篇』と第92話から第109話までの『バウント・尸魂界 強襲篇』に分かれます。「バウント篇」は『尸魂界(ソウルソサエティ)編』の直後のストーリーであり、バウントと呼ばれる人間の魂魄を食って生きる突然変異した人間たちとの戦いが描かれます。

「バウント篇」の面白いシーンはバトルシーンです。『護廷十三隊』の隊長クラスとの闘いでは日番谷冬獅郎、涅マユリ、砕蜂といったキャラクターとバウントとの戦いはファンなら見逃せないシーンとなっています。個性的なキャラクターであることと『尸魂界(ソウルソサエティ)編』では敵として登場した隊長たちのバトルも見ることができるので必見のエピソードとなっています。

面白いシーン②アニメオリジナルの「斬魄刀異聞篇」

ここからはアニメオリジナルの「斬魄刀異聞篇」の面白いシーンを紹介していきましょう。アニメオリジナルストーリーの「斬魄刀異聞篇」は第230話から第255話まで『斬魄刀異聞篇』、第256話から第265話までの『刀獣篇』の二つの分かれています。「斬魄刀異聞篇」は死神たちの斬魄刀が暴走し、具現化した姿の斬魄刀と戦うというストーリーになっています。

「斬魄刀異聞篇」ではそれぞれの隊長たちの斬魄刀を詳しく見ることができるエピソードとして話題となっています。擬人化した斬魄刀は原作でも登場していますが、「斬魄刀異聞篇」では未登場であった斬魄刀の擬人化した姿を見ることができます。作中でも重要なアイテムである『斬魄刀』のことを深く知ることができるエピソードとして興味深いものとなっています。

Thumb【ブリーチ】キャラネタバレ強さランキング50!最強なのは誰? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの漫画の面白いおすすめシーン

ここからは『BLEACH(ブリーチ)』の原作漫画での面白いおすすめシーンを紹介してきましょう。『BLEACH(ブリーチ)』は数多くの面白いシーンがあり、カッコいいシーンからコミカルなシーンまで幅広い要素のあるコンテンツとなっています。ここではテレビアニメ化された『死神代行篇』から『死神代行消失篇』までの『BLEACH(ブリーチ)』の魅力が分かる面白いおすすめシーンをまとめていきましょう。

面白いシーン①死神代行篇

『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーン①は『死神代行篇』です。『死神代行篇』は第一話から展開された空座町での話であり、黒崎一護の才能が開花する様子や仲間たちとの出会いなどを描き、『BLEACH(ブリーチ)』の下地にもなっているエピソードです。まずは一護の初登場シーンは欠かせません。職業欄は『高校生』となっていることが重要です。

ルキアと出会い、一護は『死神代行』の力を受け継ぎます。そして職業欄は『死神』と変わるシーンは『死神代行消失編』にもつながる演出となっています。こうしたオシャレな演出が『BLEACH(ブリーチ)』が人気の理由となっています。

白夜の登場は『BLEACH(ブリーチ)』の人気を決定づけたシーンであり、『尸魂界(ソウルソサエティ)編』へと続く名シーンとなっています。これまで無敵ともいえる強い霊力と実力を見せていた一護が一瞬で敗れ去るシーンは当時の読者を驚かせました。そして壮大な世界観で絶賛された『尸魂界(ソウルソサエティ)編』に突入する前日譚として序章ともいえる『死神代行編』は幕を閉じました。

面白いシーン②尸魂界潜入篇

『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーン②は『尸魂界潜入篇』です。ルキアが攫われて、一護、織姫、チャド、石田雨竜、夜一の五人は尸魂界へと潜入します。これまでライバルだった雨竜や守る対象となっていた織姫やチャドが真の仲間となったシーンは必見です。

さらに、志波家の面々との出会いと新たな仲間である岩鷲の登場も欠かせないシーンです。さらにギンの登場や圧倒的な強さを見せる剣八との戦いなどは名シーンとして語り継がれています。一護が新たな仲間や敵と出会い、より強くなるために修行するシーンも見逃せません。

個性的なキャラクターたちが多い『護廷十三隊』の隊士たちの登場も名シーンです。その後、主人公を超えるような人気を獲得するキャラクターたちが多く在籍しています。彼らの登場が『BLEACH(ブリーチ)』の人気を決定づけたと言われていて、彼らの登場シーンは名シーンとされています。

面白いシーン③尸魂界救出篇

『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーン③は『尸魂界救出篇』です。いよいよ『護廷十三隊』の隊長格との闘いが描かれ、藍染惣右介の暗躍や一護の修行などを経て、ついにルキア救出に成功します。『尸魂界救出篇』では『BLEACH(ブリーチ)』史上最高の名シーンである一護の卍解である『天鎖斬月』が登場します。このシーンは連載時にはフルカラーで描かれるなど、大きな話題となりました。

さらに、『護廷十三隊』の隊長たちの始解や卍解のカッコ良さなども話題になっており、斬魄刀人気が高まった名シーンで溢れています。『BLEACH(ブリーチ)』が王道バトル漫画になったのもこうした斬魄刀のカッコよさが支持されているからです。

さらに一護の宿敵となる藍染惣右介が裏切るシーンなどは漫画史に残る裏切りのシーンとして注目されています。ここから藍染惣右介が率いる『破面(アランカル)編』に突入するため、『BLEACH(ブリーチ)』のストーリー上で最も重要なシーンとされています。

面白いシーン④死神代行消失篇

『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーン④は『死神代行消失篇』です。ファンにも高い評価を得ているエピソードである『死神代行消失篇』はこれまでとは違った雰囲気でストーリーが進むことでも知られています。藍染惣右介を倒すために死神の力を使えなくなった一護は『普通の高校生』に戻ってしまいます。そして『死神代行消失篇』の始まりでは職業欄が『高校生』となっていることに注目です。

一護が能力を取り戻すために、新たな仲間・銀城と出会い、新たな力である『完現術(フルブリング)』の取得を目指します。これまでとは違った方向性の技の数々が登場し、オシャレな『完現術(フルブリング)』の技も注目されています。

『死神代行消失編』の名シーンと言えば、月島の能力によって記憶の改ざんが行われるシーンです。一護の仲間たちが次々と奪われていき、一護にこれまでにはない絶望感が押し寄せていきます。月島の能力は強力であり、ルキアたちの登場にも一護は絶望してしまいます。しかし、ルキアたちは月島には改ざんされておらず、一護は死神の力を取り戻す名シーンもあります。

Thumbブリーチをネタバレまとめ!あらすじ・感想や最終回の結末まで解説【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの最終回が面白い?

ここでは15年間連載された『BLEACH(ブリーチ)』の最終回について見ていきましょう。数々の激闘を描いた『BLEACH(ブリーチ)は『週刊少年ジャンプ』2016年38号にて最終回を迎えており、全698話でストーリーを終えました。最終回では数年後の世界が描かれており、主要キャラたちのその後の生活を見ることができます。

ブリーチの最終回あらすじ

ユーハバッハとの最終決戦から十年後、尸魂界は復興されつつありました。しかし、涅マユリは不穏な気配を受信しました。一方、現世では朽木ルキアと阿散井恋次が一護の元を訪問します。さらに一護の同級生が集まっており、一同は格闘家としてデビューしたチャドの試合を見るために久しぶりに集結していました。そんな中で、『尸魂界(ソウルソサエティ)』の研究所の計器はユーハバッハの襲来を知らせていました。

ブリーチの最終回で登場人物が結婚?

『BLEACH(ブリーチ)』の最終回で登場人物が結婚していることも話題になっています。一組目は主人公である黒崎一護と井上織姫です。長年一護を想い続けた織姫が一護と結婚したことは多くのファンが祝福しました。さらに、ルキアと阿散井恋次が結婚していることも明かされて、多くのファンを驚かせる結婚が相次いで描かれました。

さらに驚かせたのは一護と織姫の息子『一勇(カズイ)』とルキアと恋次の娘である『苺花』の交流が描かれたことです。『苺花』は強気な少女であり、『一勇(カズイ)』に対して高圧的に接します。しかし、おっとりした性格の一勇(カズイ)は笑顔で応対し、幼いながらも死神に変身して見せます。こうした時代の流れを感じさせる最終回で『BLEACH(ブリーチ)』は幕を下ろしました。

Thumbブリーチの最終回・漫画の結末をネタバレ!感想と打ち切りの噂は?【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチの面白いセリフ集

ここからは『BLEACH(ブリーチ)』の面白いセリフ集を紹介してきましょう。『BLEACH(ブリーチ)』は数多くの名言を生み出していることでも知られ、特にネタ的に使われるとような面白いセリフが多い作品としても知られています。ネット上では面白いセリフ集を集めたサイトも多く、ここでも『BLEACH(ブリーチ)』の面白いセリフ集をまとめていきましょう。

面白いセリフ①「一体いつから鏡花水月を…」

一体いつから――――鏡花水月を遣っていないと錯覚していた?

面白いセリフ①は藍染惣右介の名言であり、『BLEACH(ブリーチ)』の中でも最も有名なセリフの一つとなっています。人の認識を支配する完全催眠を可能とした斬魄刀『鏡花水月』は『護廷十三隊』の隊長クラスでも看破できない作中最強の能力です。『鏡花水月』の完全催眠にかかったものは自身が催眠状態にあることも気づけなくなることが特徴です。

『空座町決戦』では複数の隊長と交戦し『鏡花水月』発動前に倒そうとしますが、この時点ですでに『鏡花水月』にかかってないと勘違いしていることが明かされます。このセリフはネット上で高い人気を誇っており、『BLEACH(ブリーチ)』史上最高の名言と言われています。

面白いセリフ②「命を刈り奪る形をしてるだろ…」

面白いセリフ②は九番隊副隊長であり、後に隊長となる檜佐木修兵(ひさぎしゅうへい)の名言です。続編となる小説『BLEACH Can't Fear Your Own World』では主人公として採用された人気キャラクターであり、その人気の一端をこの名言が握っているといっても過言ではありません。檜佐木修兵の斬魄刀である『風死(かぜしに)』を初めて解放したときの名言としてネット上で好評を博しています。

面白いセリフ③「なん…だと…」

面白いセリフ③は主人公・黒崎一護が多用するセリフとなっています。『なん…だと…』は一護が驚いた時、絶望した時、騙されていた時などに使用されるセリフで、『BLEACH(ブリーチ)』の代表的なセリフとなっています。このセリフはアニメ化で声優の演技も相まって、高い人気を誇りました。

これと同じように『うそ…だろ…』というもの名言として知られています。多くのキャラが驚愕した時に発する言葉であり、裏切りや騙しなどが多くある『BLEACH(ブリーチ)』ならではの名言としてネット上でも親しまれています。この二つは『BLEACH(ブリーチ)』を知らずとも、ネット上で使用されているのを見たことがある人も多いほど、ネットでは定着しています。

面白いセリフ④「月島さんのおかげ」

面白いセリフ④は「死神代行消失編」でのこのセリフです。月島は「過去に偽の出来事を挟み込む」という強力な能力を持っており、織姫やチャド、一護の家族などすべての人が『月島さんのおかげ』と口をそろえて一護に話します。このシーンはネット上でも人気となっており、言いようのない不気味なシーンとして多くのファンを恐れさせました。

このセリフはネット上でもハッシュタグに使われるなど、ネット流行語となりました。月島はその後も登場し、最終章でも重要な役割りを果たすキャラクターのため、この名言にも注目が集まっています。

ThumbBLEACH(ブリーチ)の名言集!名セリフをランキング形式で紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ブリーチに関する感想や評価

ここからは『BLEACH(ブリーチ)』に関するネット上の感想や評価などを見ていきましょう『BLEACH(ブリーチ)』はネット上でも圧倒的な人気を獲得しており、ネタ的にも扱われることも多くあります。『BLEACH(ブリーチ)』は少年漫画として最高峰の作品なので、最終回や名言の多さなども注目されています。

『ブリーチ』は最高!

『BLEACH(ブリーチ)』は最高の作品であると絶賛する声が多く集まっています。『BLEACH(ブリーチ)』は王道バトル漫画としても、ダークファンタジーとしても、鬱展開が多い作品としても多くのファンを獲得してます。ネット上には『やっぱりブリーチは最高の漫画だったのだ』という声や『ブリーチ全話見終わった、最高でした』という声などが挙がっています。

『ブリーチ』は名言が多い!

『BLEACH(ブリーチ)』は名言が多いという声が多く集まっています。『BLEACH(ブリーチ)』の名言はネット流行語になることも多く、ネット上では名言に関する意見を数多く見つけることができます。ネット上には『ブリーチは名言多いから楽しみだなぁ』という声や『大人になって気づいたけどやっぱブリーチ名言多いな?』という声などが挙がっています。

『ブリーチ』はかっこいいシーンが多い!

『BLEACH(ブリーチ)』はかっこいいシーンが多いことでも知られており、バトルシーンやイケメンキャラクターなどのかっこいいシーンも絶賛されています。ネット上には『ネタにされてるとこもいっぱいあるけど、めっちゃかっこいいシーンもたくさんあるから』という声や『キャラがかっこいいし、戦闘シーンが多いので、さらっと読めます』という声などが挙がっています。

『ブリーチ』はオリジナルストーリーも好評!

『BLEACH(ブリーチ)』はオリジナルストーリーも好評です。アニメ『BLEACH(ブリーチ)』はオリジナルストーリーも数多く制作されていて、その内容が素晴らしいと絶賛されています。ネット上には『ブリーチのオリジナルストーリーが始まった!』という声や『ブリーチのオリジナルストーリーは完成度高し!』という声などが挙がっています。

『ブリーチ』の最終回も話題!

『BLEACH(ブリーチ)』の最終回も話題になっています。『BLEACH(ブリーチ)』は15年以上の連載期間があるので、その最終回の展開には多くのファンが注目していました。キャラクターが結婚していたり、子供がいたりと様々なことが話題になり、ネット上には『ブリーチ最終回で一護と織姫結婚したんだよなぁ〜』という声や『今更だがブリーチ最終回素敵でした!』という声などが挙がっています。

ブリーチはおしゃれ!

『BLEACH(ブリーチ)』はオシャレという感想が多くある漫画です。『BLEACH(ブリーチ)』はキャラデザインやネーミング、構図など数多くの点がオシャレすぎると言われています。ネット上には『BLEACHオシャレすぎるな、何もかも』という声や『あれだけ多いのに毎回違うししかもオシャレで本当に凝ってるよなぁ』という声、『BLEACHのアニメって今見返してもオシャレじゃん一護もルキアも』という声などが挙がっています。

ブリーチの面白いシーンまとめ

今回は『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーンやアニメオリジナルストーリー、作品の魅力、ネット上の感想などを紹介してきました。『BLEACH(ブリーチ)』は圧巻の戦闘シーンはもちろん、緻密な伏線や衝撃の展開、個性的なキャラクターたちなど数々の魅力があることで知られています。2020年には続編となるアニメが制作されており、ますます注目が集まっています。

『BLEACH(ブリーチ)』はアニメ界の評価が高く、世界中で支持されているアニメとなっています。今回の『BLEACH(ブリーチ)』の面白いシーンや魅力などを参考にして、今後も盛り上がっていくこと間違いなしの『BLEACH(ブリーチ)』をお楽しみください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ